爆笑オンエアバトル 登場芸人紹介 サ行
陣内智則(吉本興業大阪)
成績:第27回初登場、8勝0敗。総得点3864KB、平均483KB。
本名同じ。「リミテッド」というコンビでデビュー。解散後はピンで活動。オンエアバトルは初登場で537KBの 歴代最高得点(当時。次の回でますだおかだに抜かれるが初登場最高得点として今でも残る)を出し、一躍 注目を浴びる。
感想:一人コントとしてはあの芸風は厳しく言えば二人でも出来るが、一人でやるからこそあの完成度になる のだろう。今後もあの色々な発想でやってほしい。ところで、彼はかなりの天然キャラらしいが、どういったエ ピソードがあるのだろう?
スープレックス(太田プロ)
成績:第10回初登場、4勝3敗。総得点2347KB、平均335.3KB。
川島省吾、秋永和彦のコンビ。川島はかつて別の相方と「お笑い甲子園」にでていた。相方がお笑いをやめ たため、プロ志望の川島が秋永を誘ってデビュー。川島の千万変化のキャラクターによるコント調漫才で人 気を得るが、2000年5月に秋永の引退により解散。川島はピンとなり「劇団ひとり」として活動。
感想:コンビの頃から「青春ッ子クラブシリーズ」などのネタで川島が目立っていたが、解散したのは残念。ピ ンでもかなり面白いのだが、やはり秋永の存在は大きかったのではないか。これからの川島に期待したい。
ズームエレファント(フリー?)
成績:第54回初登場、0勝1敗。総得点129KB。
小口弘一郎、実井武雄、中田仁のトリオ。オンエアバトルではおそらくグレチキ以上の酷評をされたのでは?
2001年春に原田おさむとともに事務所を辞めた。
スウィング(サンミュージックGET)
成績:第52回初登場、1勝1敗。総得点646KB、平均323KB。
山田和身、中田善之のコンビ。「あなたに逢いたい」で中田が出ていたことがある。
感想:漫才を1回きりだけだが、結構ベタだと思う。山田の突っ込みは空回りする危険性があるので、今後は 二人がよりかみ合うようなネタを期待したい。
末吉くん(太田プロ)
成績:第3回初登場、0勝2敗。総得点518KB、平均259KB。
本名末吉(すえよし)俊規。デビュー当時は「末吉(すえきち)」といっていた。劇団出身。2000年の「日本も のまね大賞」に素人と混ざって物まねを披露していた。「はるちゃん5」などに出演。
スガジー(フリー)
成績:第75回初登場、0勝1敗。総得点197KB。
森下アナの高校時代の同級生。サラリーマンから転進。家族もいるので「二足のわらじ」となっている。詳し い情報募集しています。
スキヤキ(吉本興業大阪)
成績:第56回初登場、0勝1敗。総得点169KB。
土肥耕平、古高義広のコンビ。baseよしもとを中心に活躍中。キャリアは長い。残念ながら2001年に解散。 土肥は「土肥ポン太」としてピンに。
感想:人気はあるだろうが、他の吉本の若手と比べると地味なのは否めなかった。
スクラッチ(松竹芸能)
成績:第1回初登場、1勝2敗。総得点803KB、平均267.7KB。
田中毅、松岡達のコンビ。「アップスタート」というコンビを組んでいた田中が解散後組んだコンビ。1999年に 上方のお笑い新人賞(なんて賞か忘れた)をとったが、オンエアバトルでは東京で200も取れず、大阪で40 0オーバーするという現象になっていた。2000年夏に解散。田中は「スクラッチ田中」の名でピンで活動をし ている。
スタミナジャック(フリー)
成績:第76回初登場、0勝1敗。総得点109KB。
大阪で活動。片方がジャック山田というらしいので、もう片方はスタミナなんとかというのだろうか?これに出 た直後に解散したらしい。
ストロング・マイマイズ(マセキ芸能社)
成績:第9回初登場、2勝5敗。総得点1974KB、平均282KB。
渡辺剛士、斎藤正憲のコンビ。日本映画学校出身。肉体派のお笑いコンビ。ボキャブラ末期のキャブラーの 一組である。オンエアバトルでは最初の一回のみオンエア、後はすべて次点であったが、最近2年ぶりにオ ンエア。
感想:結構面白いと思うのだが、小さくまとまり過ぎなのではないか?もっとキャラを前面に出して欲しい。
スパローズ(ワタナベエンターテイメント)
成績:第16回初登場、0勝3敗。総得点696KB、平均232KB。
森田悟、大和一孝のコンビ。元は吉本興業福岡の人気コンビだった。吉本を辞め上京。マセキのライブにも でていたようだが、渡辺プロに加入。1997年NHK新人演芸大賞ノミネート。
感想:実力はつけてきているようだが、もう一皮むけないと、パラシュート部隊やノンストップバスには勝てな いだろう。
スピードワゴン(M2.カンパニー)
成績:第29回初登場、3勝3敗。総得点1890KB、平均315KB。
井戸田潤、小澤一敬のコンビ、元は名古屋吉本で「メトロイド」「パルプンテ」という違うコンビを組んでいた二 人が解散し上京して結成。結成当時は「いとだ・おざわ」だった。
感想:初オンエアまでは長かったが、オンエアを勝ち取った頃から勢いがついてきたようだ。これからが楽し みな二人である。井戸田の声はなかなかいいと思うのは私だけか?
スマイリーキクチ(太田プロ)
成績:第40回初登場、4勝2敗。総得点2190KB、平均365KB。
本名菊地聡。「ナイトシフト」というコンビでデビュー。解散後ピンになり、今の芸風に。笑顔の中にある強烈 な毒気が武器。
感想:ピンになり、毒舌になったことでコンビ時代の呪縛から逃れたと思う。話のリアリティが今後の課題か。 あのストレートな毒の笑いはほかには真似できないだろう。
スミス夫人(吉本興業大阪)
成績:第26回初登場、0勝1敗。総得点309KB。
灘儀武、松村博司のコンビ。最近解散しました。
セリョニータ健蔵(シアターDニュースタッフエージェンシー)
成績:第81回初登場、0勝1敗。総得点197KB。
佐賀県出身。不思議な芸風のようだが、詳しくは知らない。情報募集。
003MANIA(京やプロダクション)
成績:第2回初登場、1勝3敗。総得点1061KB、平均265.3KB。
堀井祥明、吉名崇明、峰本大作のトリオ。太田プロで「まじかるず」という物まね漫才コンビをやっていた堀井 が上京し「大吉マニア」というコンビを組んでいた吉名と峰本を誘って結成。「003」は三本の矢から、そして マニアックなコントをやろうということでこのトリオ名になった。結成時堀井は「堀井宇宙」の名前だった。ある 企画で吉名と峰本のみが「002MANIA」で出たこともある。1998年NHK新人演芸大賞受賞。
感想:あのマニアックな発想はそう出てこないのだが、もうちょっと一般受けするようなネタを期待したい。ル ート33やラーメンズらを抑えて大賞を取ったトリオである。奮起を期待したい。
せんたくばさみ(松竹芸能)
成績:第43回初登場、1勝3敗。総得点1140KB、平均285KB。
加藤統士、能勢浩、吉本英和のトリオ。初登場時は3人とも髪の色が違っていた。
感想:4度目で初オンエア。まとめ方に難がある。改良の余地は充分にあるが、3人の役割がしっかりしてい るので今後に期待したい。
底ぬけAIR−LINE(M2.カンパニー)
成績:第4回初登場、9勝2敗。総得点4442KB、平均403.8KB。第1回チャンピオン大会審査員特別賞 受賞。
古坂和仁、小島忍のコンビ。デビュー時は村島亮を加えた3人だった。トリオ名も「よにんぐみ」「YOU1人」「 V3」と変えて今の名前に。トリオの頃はショートコントや普通のコントをしていたが、コンビになってから「AT EBURI」や「テクノ体操」など、音・音楽を融合した新しいお笑いを追求している。
感想:トリオ時代は小島の存在が今一つかめなかったが、コンビになってから互いの役割がはっきりしてわ かりやすくなった。また音楽を取り入れた笑いなど、彼らの世界はまだとどまるところを知らない。そしてテン ポがいい上に気持ちがいいくらいおばかなショートコント。2人ともお笑いが心底すきなのだろう。
戻る



1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 #
33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46