インタヴュ−/K2umiさんに聞く/聞き手/愚民党/漫画王国にて

−−どうも,このたびはオンライン連載物語,承諾していただき,ありがとう ございました.連載小説ははじめてだと聞きましたが? あっ!ここはみなさ ん、静かに漫画読んでおられますから、ちいさい声で話しますか?

K2 大丈夫だよ、おれはここの常連だから、連載に関してですが、 まぁ.おれはいつも動物的本能で動いてきたから,なんとなく自信はあ るんです.それに大きな物語の時期に再突入したような実感があります. まぁ,70年から30年間を奇蹟的に生かされてきて,ようやくにして,道具 もそろってきたと思う?

−−日本崩壊とマイクロソフト・YAHOO!無料インタ−ネット展開ですか?

K2 そうですね.パソコン通信がでてきたときも,これで既成メディアを打 倒できると錯覚したけど,インタ−ネットにおいては,もはや世界最大帝国の 広告代理店『電通』の権力が及ばないでしょう.彼らはオ−ルドメディアであ る新聞とテレビネットだから,一生懸命,防衛戦をやっているけど,インタ− ネットの普及でも,韓国に遅れていることが明確になっているし.もはやこの 国のネグレクト(歪曲)は,あらゆる分野で革命不可能を証明したと思います.

−−6月総選挙の結果からですか?

K2 共産党躍進を阻止するための「共産主義」ネガティブ.キャンペ−ンは 1億枚の謀略宣伝チラシで起動されましたね.つまり,実行部隊は創価学会な んだけど政権党は実にイデオロギ−たる思想家の全体主義が起動している.お れはここが権力の弱点だと思いました.「あなたは共産主義の真実を知ってい ますか?」「あなたは日本人民共和国に賛成ですか?」神の国からの逆襲と国 体の危機.北朝鮮よりも遅れている.(大笑い)

−−おもしろい,おもしろいですねぇ,やっぱ,『電通』でしょうか?

K2 『電通』がいちばん儲けたんだと推測しています.その意味でこの国は 再度,おもしろいと思いましたね.『電通』とは挑発屋です.つまり,あるイ メ−ジ,ある気分へと誘導回路をつくる.帝国主義の詩人だから.ある言語に よって刷り込むわけです.印刷機に信仰をもっているんですよ.「紙の国」 (大笑い)まあ今回の謀略宣伝に政権党の政党助成金から流れた金が10億円 と云われていますね.せっかく奴らが10億円の宣伝費をかけて「共産主義」 と「日本人民共和国」言語を普及してくてたんですからね.いやぁ,闇の配達 人創価学会の人件費を加算すると100億円ですね.これを誰が集約して奪う かですね.それが緊張ある政治と文学そしてゲリラだと思います.

−−そうするとテ−マは日本人民共和国ですか?(笑い)

K2 おれも連載するまえからネタはあかさないよ.まぁ構想には20年かけ てきたから,やっぱり物語を素描するためには経験しろと云われて,革命運動 もやったからね.最高指導者に「おまえは小説をいずれ書くために,革命やっ ているのか?」と間接的に云われてギクッとしたときがあった.まぁ,79年 頃,ビジネス雑誌に「クラウゼヴィッツ・戦争論もいいが、経済は戦争ではな い」という文章が掲載された.おれは,ふざけるな!と思ったね.これが日本 経済の理念喪失なんだよ.78年のころから生き残り戦略ということで,さん ざんクラウゼヴィッツ・戦争論をもてはやしながら、おそらく当時のビジネス マンは読破や対象化できずに終わったんだよ.それが「われわれは実際に戦争 をしているわけではない」と部分をかじって気分でおわる.しかし70年代か ら80年代実際に国内戦争してきた「もうひとつの日本」が確実に居た.それ が日本人民共和国だと定性できると思いますね.それからもうひとつ,やはり イデオロギ−戦争を甘くみるなということです。

−−なるほど,笑い事ではないわけですね.なにか執念を感じます.イデオロ ギ−って何ですか? 連載物語に戦争をもちこむわけですか? まぁ自分とし ては、BBSを立ち上げたばかりだし、ジオシティ−ズに無料でスペ−スをか りているので、あのぅ、やっぱぁ、過激な戦争はこまるんです。今回、K2さ んに連載をお願いしたのは、現代史の記述なんです。主要には80年代総括と いうことで、ロマンをお願いしたかったんですが?

K2 ロマン! ふざけるなよ! そんなものは空洞なんだよ、おれが書く現 代史とは日本の暴露だよ、権力構造を裸にする、それが現代史じゃあないの!

−−こまったなぁ、 それとや っぱ,あれですか.いまK2さんは47歳ですよね,たしか寺山修司が亡くな ったのが83年で46歳ですから,危機を越えたということなんでしょうか? 元天井桟敷のひとびとは46歳をどう越えるのかが,しんどかったと聞いたこ とがありますが?

K2 寺山さんが亡くなった日と翌日は覚えていますよ.丁度,森田童子が朝 日新聞の夕刊にコラムを連載していまして,書いてありますよね.5月4日で したね,新潮7月号の寺山修司評伝「遊戯の人」にもくわしく葬式のことは書 いてある.テレビで唐十朗さんや鈴木忠志さんが棺をかつぎだすシ−ンをみて いました.森田童子もテレビでそのシ−ンの情感を,朝日新聞に書いていまし たね.翌日5日はみごとな五月晴れでした.おれは朝から成田空港に反対する 三里塚農民への援農でした.

−−援農といいますと?

K2 農作業ですね.畠の草とりだった.昼の休憩時間,土手に寝て青い空を ながめていたんですよ.寺山修司がコ−トを着て天国に登っていく姿を幻視し ました.そのとき実感したんですよ.寺山とおれは近いと,近いというガイス トは遠回りするんですよ.武装への戦争に入って読んだのは国文社が出版した 寺山修司演劇論でしたね.とても戦争には参考になりました.おれは日本人民 共和国に居たから市街演劇論などリアリティがありましたね.まぁ三島由紀夫 とかもアジト生活で集中的に読んだし,傑作だったのは,おれのオルグ対象が 栃木へ引っ越したとき,彼の死んだお父さんがもっていた山岡荘八「徳川家康」 全巻ををゆずりうけ読破したことですね,

−−オルグ対象って何ですか?

K2 集会参加者です.演劇に置換すれば観客動員.

−−なるほど.つまり演劇や文学と戦争とはかなりリンクしているわけですね?

K2 寺山修司と天井桟敷の阿片戦争はまさに戦争演劇だと思います.寺山さん は連合赤軍の諸問題をあつかっている.ヨ−ロッパで台本を書き,ヨ−ロッパで 上演されましたよね.あの70年代「日本人民共和国」の諸問題でしたから日本 では上演されなかったと思います.まぁ,寺山さんが戦死した83年からは日本 人民共和国では三里塚闘争の分裂と党派の競争による,権力へのゲリラ・パルチ ザン闘争と防衛そうじて日本に抗拒する戦争状態が90年、天皇だいじょう祭ま で継続されましたね。まぁ、おれは90年の11月に全国指名手配で逮捕される んですけど、90年12月の横堀決戦もすごかったよ。

−−寺山さんの戦死という言い方はわかるような気がします.横堀決戦といいま すと?

K2 ゼネコンと機動隊による空港拡張工事のための団結小屋破壊と土地強制収 容への抗拒ですね、天皇だいじょう祭闘争と大阪西成釜が崎暴動闘争がおわった ら、すぐ三里塚決戦でしたよ,おれは獄中からでてきてすぐ三里塚へ行ったよ. ゼネコンの巨大重機とそこからの高圧放射水銃はすごかったよ.恐竜だよね.お そらくあれで90年代の大規模工事はやられ,森林と海はズタズタにされてきた んだと思う.92年に三里塚農民の象徴的な小川源さんが亡くなり人民葬に行っ てきたけど,もう家屋の裏まで工事侵略されていた.むざんにも光景は変貌して いたよ.涙が止まらなかったね,「日本人民共和国」は日本によって敗戦したん だよ.湾岸戦争の翌年だったね.

ーー湾岸戦争は世界戦争として,第3世界イメ−ジが敗北しましたからね,自分 もいま,表現と演劇における90年代総括を日記帳に送信していますので,まぁ 連載小説とタイムアップしながら番組をつくっていければと思います.世界中学 生が喜んでくれればいいのですが.

K2 いま期待が中学生ということは,おれの本能でもわかる.だからあなたと 契約したんだよ.

ーーありがとうございます.7月3日登場ということで,新聞連載小説のように 毎日はむずかしいと思いますので,K2さんから,わたしのメ−ルに届きしだい 突発連載という形態でよろしいでしょうか?

K2 おれもそのほうがいい.寺山修司は現在進行形だからね.天国で寺山さん も応援してくれると思うよ.ところで中学生はあなたのBBSにきているの?

ーーまだ,中学生から書き込みがないものですから,わからないのですが,中学 生がアクセスしていそうなBBSをさがして,それとなく宣伝しておきます. (00年6月26日、新宿歌舞伎町「漫画王国」にて)

トップペ−ジに戻る