プロセス・コミュニケ−ション
lll インタ−ネット(3)  

  仕事って,いろいろな理由があって選択しますよね!AV女優なら,ある人は,こずかいを稼ぐため,ある人は趣味を生かしてお金を稼ぐため,ある人はその仕事しかないという悲壮感で,ある人は生きるため覚悟を決めて,など職業選択は人それぞれだと思うんですよ。 人それぞれで,自分の仕事に納得している人もいれば,早くこの仕事をやめたいと思っている人もいる・・・自分の仕事に誇りを持っている人もいるでしょう。 自分の仕事を後ろめたいと思っている人に,「AV嬢って僕尊敬してしまうんです」というと,おそらく「バカにしないで!」と怒るかもしれません。   たとえどんな仕事であれ,その仕事に誇りをもって取り組んでおり,その仕事をしている姿が人から見てとても美しいと感じるとき,人はその姿を尊敬するのだと思います。すなわち,尊敬すべきは仕事そのものではなく,仕事をしている人の仕事への態度なのではないでしょうか?   職業に貴賎がないという考え方には,「貴」もないということを含んでいるんです。職業そのものに尊敬できる職業というものはないのです。それを言ってしまった瞬間に,尊敬できない職業がもうひとつの極に自然と浮かび上がってしまうんです!  

在野哲学者「III」スリ−エルさんによる考察