[管理者プロフィール | 雑居つれづれ日記 | 雑居時代あらすじ | 雑居時代人物紹介 |YaHoo掲示板抜粋 |過去ログ| 過去ログ2 | リンク ]
[
名場面人気投票 | 雑居クイズ| 石立・松木対談 | 松木氏インタビュー |陽のあたる雑居論 | 寅次郎雑記 | ロケ地をゆく| 「雑居時代」掲示板 ]

ユニオン石立鉄男ドラマと
雑居時代を愛するすべての人のために・・


私がはじめて「雑居時代」に出会ったのは、高校1年の頃でした。胸を患い、運動部をやめて「帰宅部」となっていたある日、午後4時、

「雑居時代」の世界にはまりこんだのです。私が見た最初のシーンは、(いまから思えば)5話「フーテンジャックはなぜ泣くの」の終わり

近く、突然帰ってきた稲葉先生を十一が怒鳴りつけている場面でした。北海道土産の木彫りの人形をかかえながら夏代が「男の友情

か。安っぽすぎるワ」といいながらも、十一のやさしさを想う表情を見せるラスト。なんだかわからないうちに物語にひきこまれていった

のを覚えています。その後、毎年のように夕方再放送があり、最終回を見終える度に、次回放映を待ちわびるといった日々でした。や

がて大学入学で地元を離れ、私も新しい生活にのめり込み、テレビをみることもあまりなくなりました。そして気づいたときには「石立ホ

ームコメディー」もなくなっていたのです。この20年間、「雑居時代」をもう一度見てみたい、と思うことがときどきありました。あれほどの

名作がなぜビデオ発売されていないのだろうか、とも考えました。ジョン・フォードや黒澤など、何度見ても見あきない映画もありますが

、そんななかにあっても私にとっては「雑居時代」がベストドラマでありつづけました。「雑居時代」の魅力は松木ひろし氏をはじめとする

脚本家の力もさることながら、夏代役の大原麗子の演技力、十一役の石立鉄男のそれに負うところが大きいでしょう。そしてすべての

製作者のやさしさが、見るものに伝わってくる。ここ最近の「石立鉄男」ブーム、ビデオの発売ラッシュは、私にとっては望外の喜びです

。「夢は願えば叶うものだ」・・・いまは本当にそう思います。                                    ( 管理者:nisimurasan)



(since 6/14,2000)


過去ログ2
「雑居時代」掲示板は、何度か閉鎖と再開をくりかえして現在に至ります。
2003年の騒動(?)を経た2004年再開以降の過去ログを、
「過去ログ2」としてここに再現いたします。
現役掲示板は・・・こちら

過去ログのコーナー
「雑居時代」に対する熱き思い・・・。
雑居マニアの人たちの心やさしき発言をここに残します。
現役掲示板は・・・こちら

nisimurasanの「雑居つれづれ日記」(00’6/21より)。

日記どころか「月記」あるいは「年記」になりつつありますが・・・。

寅次郎雑記
寅次郎さんの過去ログを読みやすくまとめました。
「雑記」としたのは、これはもちろん「雑居時代」の略であります。
寅次郎さんの本文は勿論いわゆる「雑記」ではありません。(笑)

陽のあたる雑居論
のぶりんさんによる「陽のあたる坂道」と「雑居時代」の類似の一考察
のぶりんさんの了解を得て、掲示板の内容をまとめました!

「雑居時代」マニア度判定クイズ
「雑居時代」マニア度を判定するクイズです。ぜひとも挑戦してみて下さい!

松木ひろし氏インタビュー
松木氏の作品に対する姿勢が見えてくる

石立・松木対談
言葉の端端から2人の日頃の関係が浮かんできます。

「おひかえあそばせ」のコーナー
「雑居時代」の原点「おひかえあそばせ」について!(ややマニアックすぎるかも・・・(汗))


「ロケ地をゆく」のコーナー
shimizuhiさんにロケ地の写真を送っていただきました!
shimizuhiさんの了解を得て、ここに公開いたします!
 

掲示板を設置しています!!!!!
よろしければ雑居談義など・・・

第3回名場面人気投票結果発表
今回は100近い投票がありました。ご協力いただいた方々には深く感謝いたします!

雑居時代登場人物をまとめてみました!
主な登場人物の紹介を簡単に・・・

雑居時代各話のあらすじと一口コメント
あらすじはともかく、一口コメントにはいろいろな意見があると思います。
私の勝手な感想に気を悪くされる方もあるかとおもいますが、お許しください。
個人の思い入れのみでつくられていますので、ご意見等は掲示板にでも書き込んでください。
掲示板は・・・
こちら

過去の「YaHoo掲示板」コーナー
(石立鉄男ドラマと題して、YaHoo掲示板にトピックを立ち上げたときの過去の自分の書き込み
を中心に掲載しています。)。


このホームページは「雑居時代」中心のページです。
しかしながら「パパと呼ばないで」
「おひかえあそばせ」などにも
私には同じくらい思い入れがあります。「水もれ甲介」を含め、これら
の愛すべきユニオン作品についても少しづつ充実させていきたいと考えています。


 

管理者メール    nisimurasannn@yahoo.co.jp