美術・大道具用語

舞台、コンサート、イベント、テレビ、CM&映画などの美術、大
道具、装飾ディスプレイ用語です。
会館、劇場で使う専門用語と木材料、資材、糊、工具、布生地
の種類まで掲載してあります。


 


美術・大道具用語ア行

[ア]
【アース】(端子) 電気用語。
接地抵抗を限りなくゼロに近ずける為、地中に銅板や銅パイプを埋め、抵抗値の小さな
太い線で舞台袖やPA席に出される端子。きちんとアースがとれるとステージ上のギター
アンプから発するジーノイズ等はかなり軽減できる。機器によってはアース付電源コンセ
ント(3本足)の使用が指定される場合がある。 グランドアース。

【合い掛】
平台の継ぎ目に両方にまたがるように馬足や木足を使い組むこと。足として箱馬などを
使う場合、ひとつの箱馬に二枚の平台を載せる。

【合番】
大道具を建て込むときに位置や順序をあらわす記号。

【アイビーム】
建設機械等、より強度の必要な部材に欠かせないアイビーム。優れた寸法制度、安定し
た形状で幅広いニーズにお応えしています。
 
【アイボルト】
スチール製のボルトのミゾ付きの環。

【アイスプライス】
ワイヤロープの先端に輪を作って、ストランドがほぐれないように処理すること。この輪を
「アイ」または「蛇口(へびくち)」と呼ぶ。ワイヤロープにおいて、アイスプライスは、クリッ
プ止め、編込み、圧縮止めがありるが、圧縮止が最も一般です。

【アウトリガー】outrigger
ローリングタワー、移動式クレーン、ルーフトラスグランドサポートなどの揺れ防止、転倒
防止と円滑な作業と安定性と水平に保つために、2本又は4本の脚(ビーム、三角状の
鉄足)を張り出す。
この張り出した脚のことをアウトリガーといいます。。アウトリガーの地面に接する部分
を、アウトリガーフロート(又はジャッキ)といい、左右フロート中心間の距離が、アウトリ
ガー張出し幅で、これが大きいほど安定性が増す。

【煽りかえし】(あおりかえし)
二つに分割された両面パネル(張物)の表と裏に別々の背景を描き、パネル同士を蝶番
を取り付け、その部分を軸にして回転させ舞台を転換します。
その軸に取り付けるパネルの数で、「二枚あおり」、「三枚あおり」などと呼びます。

【あおる】
舞台装置をセットした際の軸方向に対して角度をつける事、または、その角度。

【赤毛物】
日本で演じられている外国製の芝居を言う。

【上がり框】(あがりかまち)
階段など一段上がったふち部分の化粧横木。
平台などの厚み部分を「かまち」と言うことも有るが、実際は部分のことではなく、化粧横
木などの物をさす。

【アクティング・エリア】acting area
舞台面積のうち、大道具に囲まれ、役者・アーティストが演技・演奏を行うスペースのこ
と。

【アクリル】
アクリルは合成樹脂の一種です。塩化ビニールの薄いシートやパネルがあります。
@メタクリル樹脂(PMMA)
『プラスチックの女王』と呼ばれるこの樹脂は「アクリル」の名で親しまれています。
ガラスよりも透明度が高くカラーバリエーションが豊富、軽量で加工性、耐候性に優れて
います。ディスプレイの行灯やチャンネル文字などに使われます。

A塩化ビニール樹脂(PVC)
通称「エンビ」と呼ばれる。
その特徴として自己消火性で耐薬性に優れている。また加工性、着色性がよいなど応用
範囲の広い樹脂です。
テレビ局で使うアクリルシートって言ったらこれのこと。セットの床敷きにつかいます。

BABS樹脂(ABS)
アクリロニトリル・ブタジエン・スチレンの共重合体。耐衝撃性・耐薬品性成型性に優れて
おり軽量です。トレーや容器、ディスプレイの小物に使われます。

Cポリカーボネート樹脂(PC)
「割れないガラス」と呼ばれる程、耐衝撃性があり、かつ耐寒性・耐熱性に優れた樹脂で
す。
バンド台の天板や遮音板としても使います。

Dポリアミド樹脂(PA)
エンプラとよばれる素材のひとつにポリアミド樹脂があります。通称『ナイロン』とよばれ
、金属に変わる材料とも言われている。摩擦係数が小さく耐摩耗性に優れており、自己
潤滑性も特性のひとつです。台車のキャスターに使われています。

【アクリルカッター】
アクリル板やプラスチック板を切断するための、特殊な形の刃を持つカッター。引いて使
用すると、糸の様な切りクズが出て、Vの字形のミゾが彫れる。これを繰り返すとプラ板
を切断出切るが、クズが出る分、寸法には誤差が出る。繰り返さなければ、スジ彫りとな
る。

【アクリルシート】
塩化ビニールシート。通称、タキロンやサンプレートが有名。

【アクリル接着剤】
塩化メチレン。

【アクリル塗料】
水性塗料。筆は水洗い出来るが、乾燥後は耐水性となる。ラッカー塗料の上に塗り重ね
る事が可能。

【揚げ、あぶらげ】
平台の3尺×3尺の2等辺三角形のもの。又は直角三角形の平台。

【揚げ幕】(あげまく)
@能舞台で、橋懸(はしが)かりと鏡の間との境にある幕。切り幕。お幕。能舞台では幕
の下両端を棒に結び二人で幕を持ち上げることで演者を出す。

A歌舞伎で、花道への出入り口幕。

【麻】
天然素材の代表格です。主に暖簾に使われます。

【浅葱幕】(あさぎまく)
浅葱色の木綿幕。浅黄幕と書いたりするが大間違い。浅葱色と言うのは水色のことで
(文字から判断すると薄いネギ色)空の背景などに使う。今時知っている人の方が少な
い。新撰組の浅葱のダンダラという色。知ってると自慢できるぞ。

【浅黄幕 】
浅黄色の背景幕のこと。歌舞伎では日中の屋外を表す。バトンに吊りこんで振り落とし
など大道具として効果的に使用する。

【足場板】
設営や作業を行うときの作業床や通路とするために構築する仮設物。
セットや照明タワーなどの配線、器具の取り付け、修理などに使用する。
合板、杉の足場板やアルミ製の作業用足場板のこと。

【アジャスター】adjuster
テーブルなどの脚の下部に付き、高さを水平に安定させるため、ねじって高さを微調整
するボルト。

【アスファルトマット】
石油原油から人工的につくられた石油アスファルトから作られる。吸音材として用いられ
ます。

【あそび】
物が決まらない。固定していない。緩みがある。

【あたま飾り】
開演時の舞台飾りの状態をこういう。大道具から小道具まですべてをセットして開演でき
る状態にすること。

【当たり】
舞台セットの組合わせの部分のこと。

【アッパー・ホリゾント・ライト】upper cyc light
ホリゾント幕の上部を照らすライト。

【アップステージ】up stage
ヨーロッパに古くからある劇場は舞台奥に行くに従って床が高く傾斜になっています。

【アップライト・タワー】
高所作業用電動ゴンドラ昇降タワー。
最近は、油圧式のアップライトタワーがありますが、必ずアウトリガーを出してから、水平
バランスを合わせてからアウトリガーのテンションをかけて下さい。

【当て物】
@大臣柱の外側、上手のちょぼ床と下手の下座を囲う「張物」の事です。黒の場合と舞
 台を広く見せたい情景の時には絵が描かれる場合とがあります。「囲い」または「打
  物」ということもあります。

A荷を吊る時または固定する時、荷又はロープに傷をつけないように、当る部分に使
  う保護材(木材、布、ゴムなど)のこと。やわら、かませものとも言います。

【粗通し稽古】
最初の立ち稽古の際、幕開きから幕切れまで通しで稽古すること。

【アブスト】
アルミをクローム仕上げしたパーツを組み合わせてバンド台やディスプレイ装飾できる資
材の名称。

【油揚げ】
三角形の平台の通称。おでんの具の油揚げの形に似ているので油揚げと呼ばれていま
す。

【綾目打ち】 
組み紐の中でごく一般的なもの。例えば登山で使われるザイルや、インテリア用の紐な
ど。

【有り物】stock
会館にある平台、箱馬などの備品のこと。事前に用意するまでもなく劇場などにある設
備等。
(特に大道具や小道具として使われる物を指す)

【アルテコ瞬間接着パテ】
液体とパウダーを混ぜて、わずか数分で固まるパテ。

【アルミデッキ】
スチールデッキに比べて軽いが強度は劣ります。サイズは平台と同じ。
アルミ枠ボックスに側面がラチス状になっています。天板は、12ミリのコンパネ。
差込のパイプ長さを替えれば、高さのバリエーションは無限大です。
張出舞台、仮設舞台、客席などにも利用できます。

【合わせ切り】
パンチカーペット、リノリウム、等を二枚重ね合わせて切ると綺麗に張ることができます。

【アンカーボルト】
基礎ボルトともいい、自立トラスや構造物などをコンクリートの基礎に据え付けてるため
埋め込むボルトで、埋め込み部分の先端を曲げて引き抜けないようにし てある。ねじ部
は構造物または機械を正しい位置に維持するために突き出ている。

トラス等を固定するときに、会場や敷地の基礎の中に埋め込んで固定する専用のボル
ト。

【アングルピース】
ビス止めできるL 形のパーツ。

【あんこ】
テレビや映像、CMセット、小道具などで見えない部分でかさあげするもの。

【暗視カメラ】
暗転中の板付き、舞台転換を確認する為にミキシングスペースなどに設置します。

【安全環】【安全環つきカラビナ】looking carabiner
カラビナのうちで、ゲートを固定(ロック)して開かないようにできるタイプ。固定機構には
ネジ(リング状のナット)を回転して締める『スクリュー式』とスリーブ(筒状のつまみ)がスラ
イドして自動的に締まる『オートロック式』がある。

【安全帯】safety harness
高所作業の際、落下防止用のフックが装備してある作業ベルト。

【安全ネット】
@「綱元」の「カウンターウェイト」が万一落下した時に、飛散を防ぐために綱元を「簀の
子(すのこ)」まで覆う金網のガードフェンスのことをいいます。

A「迫り」などの舞台床の開口部からの人や品物の落下を防止するために、開口部を覆
う金網の棚状の覆いのこと。

【安全ブロック】safety block
安全ブロックは落下の危険のある作業現場で作業中や昇降中の誤って万一の墜落を阻
止する物。

【暗転】black out、Dark change 
舞台の照明を落とす照明効果。暗い状態で舞台転換、場面転換します。

【暗転幕】
暗転の際、舞台上の照明をつけて場面転換中の舞台を観客の視線から 隠すための黒
幕や黒引き幕。
幕の素材としては帆布が一般的ですが、別珍やメルトンの幕もあります。
舞台を真っ暗にして転換する代わりに、いったん暗くしておいて、この幕を降ろしてから
幕の中を明るくして速やかに転換を行い、再び舞台を暗くしてから、この幕をあけます。

【行灯】(あんどん)
展示会やショーウインドウにある明かりの付いた看板。
灯入れとも言います。中に蛍光燈を入れてロゴや、文字などを明るく見せるものの事。
主に電飾看板を言います。
浮き上がった文字に明かりが点いているのは、チャンネル文字。

【あんぴん】
安全ピンの略。幕をつなぐときに重宝する。

[イ]
【衣装・衣裳】
出演者の着る物を担当する美術の仕事です。履き物については、小道具扱いなります。

【板】
舞台のこと。最近のスタジオの床は尺目になっているところが多い。

【板戸】いたど
定式道具としての板や土壁などはすべて木の枠に紙を張って作られ、張り物の上に泥
絵具を塗って、板の感じ土壁の感じを描き現わすが本物を使用する場合は甚だ稀であ
る。
使われる板戸は横桟(重桟)、格子桟、一枚板、杉板等があり、鎌倉時代以前の武家屋
敷または公家の館などに「マイラ戸」と呼ぶ形の板戸もある。

【板付き】
開演時に出演者が最初から舞台上にスタンバイしている状態。
暗転板付きといえば暗い中で舞台の定位置に居ること。

【板目布】
定式舞台で主に使う布です。廊下や道場のような板の間に装った場合この布を敷く。
劇場や会館の素舞台は、定式舞台としては利用しない。

【一段】
二重舞台や2尺高の舞台に上がったり、降りたりするための台。H7寸×D8寸×W3尺
〜6尺。白録ともいいます。

【1ベル】
開演5分前を知らせるベル。最近は音楽であることが多い。

【一文字幕】(水引幕、霞幕)
舞台上部に緞帳と平行して吊られている幕。サスペンションライトや美術セットなどが客
席から見えないように視界を遮り、舞台の奥行きに立体感をもたせることができる。『べ
カ』、『カスミ』とも呼ぶ。

【いってこい】
舞台装置や照明の転換で、A場面の次にB場面になり、又、A場面に戻ること。
ロープを大回しするのにも使います。

【一点吊り】
シャンデリアや柱などを「簀の子(すのこ)」から1本のワイヤーで吊り下げる装置の事を
いいます。複数の「一点吊り」を使用して立体の大道具を吊り下げます。

【一杯飾り】
@舞台全体に飾り込んだセットのこと。一つの演目の全幕を一つのセットで上演するこ 
  と。舞台を組み立てることは「飾る」と言う。

A回り舞台に一杯の舞台セットを飾ることもいいます。
  回り舞台上に2場面、3場面飾ったとき『2杯飾り』『3杯飾り』といいます。

【威張る】
木工パネルの立ちが床に対して垂直に立ってなく、後ろに向かって反っているのが人が
胸を張って威張っているように見える様子から使われています。

【井戸】
舞台の切穴、すっぽんを利用して飾ります。水を汲み上げることはもちろん、芝居では井
戸からの出入りを仕組んだものが多いので奈落へ通ずるように装られる。

【居どこ】
舞台の道具を置く定位置。

【居所変わり、居所換わり】
幕を引いたり、回りり舞台を使わず、役者が居所のまま場面を変えて見せる手法のこ
と。田楽返し、煽り返し、がんどう返し、押し出し、引割り、引き道具などの仕掛けを用い
て観客の目の前で場面を変化させること。

【稲妻】
 二重舞台を使う場合、二つをはなして組み、間に平台を渡す時に足の代わりに用いる
鉄製の器具。これを利用して組み立てる二重舞台を(鳥居に飾る)いいます。

【色の3属性】
色を決定づける3つの要素。色相(色あい)・明度(輝度)・彩度(飽和度)。

【岩組】
張り抜きの岩、丸物の造型物をいい、平面的な切り出しに対して立体的な効果がある。

【インカム】
intercommunication 相互通信の意味。「インター・カム」から更に省略された言葉。一
般に連絡用のインターホンのことです。ケーブルのついたインカムと、ワイヤレス(無線)
のものとあり、前者を「ひもつき」「有線」のインカムと呼ぶ場合もあります。また、頭につ
けることから「ヘッドセット」「ヘッドホン」とも呼ばれます。

【イン5】
1寸5分の釘。

【インシュロック】
ケーブル帯、結束バンド、ロックタイともいいます。耐磨耗性難燃性に優れた66ナイロン
材質。

【インチ】
約2.54cmに相当するヤードポンド法による単位。

【インチング】inching
電動バトンの高さ(タッパ)を決めるために、刻みでアップ・ダウンさせること。

【イントレ】scaffolding
建築現場のビデ足場のこと。強度に優れ簡単に組み立てられ、高さを得やすいために、
仮設ステージやタワー、舞台でも使われるようになりました。
舞台の一部として使う演出もよく見かけます。
照明器具を吊ったり、PAスピーカーのフライングでも使います。
映画「イントレランス」のバビロンのシーンで初めて使われたのがその名の由来というの
は、ウソのような本当の話。映画・テレビ・舞台の世界のみで通用する俗称。
イントレには、梯子型建枠、鳥居型建枠などがあります。

【イン2】
1寸2分の釘。

【インパクト/インパクトドライバー】
充電式インパクトドライバー。ネジ用プラスビットや穴あけ用キリ、ボルト用レンチソケット
を交換できる万能ドリル。9〜12Vが基本です。

【インロウ】
印籠のふたのように凹凸で合わせる部分。。

[ウ]
【ウィング】
舞台袖または袖幕のことを指す言葉です。

【ウエス】
器具、機械の清掃に用いるぼろ切れ。使用済みの繊維製品を一定の大きさに祭壇した
雑布のこと。

【ウールサージ幕】
100%ウール繊維の幕。

【薄縁】(うすべり)
藺草(いぐさ)で織った筵(むしろ)に布の縁をつけた敷物。ござ。たたみの表面に張ってあ
るもの。

【ウェイト】counterweight
綱場で使うカウンター・ウェイトで使う錘(おもり)である「鎮子(しず)」のことをいいます。
バトンに吊り下げられた大道具や照明器具などの重さに合わせて「綱元」の枠に乗せて
バランスを取り、昇降操作を容易にするための錘です。
「張物」などを立てるための「人形立て」などに使用する錘もあります。

【打ちかけ】
パネルとパネルの繋ぎを打ちかけ(仮打ち)にして置きます。
釘の頭から10〜15ミリメートル残して、釘を打ち、両サイドの桟をトントンと叩き、パネ
ルとパネルをくっつけます。これは撤去作業の時、釘を抜き安くするためです

【打物】
@平面(平目(ひらめ))の大道具に柱・巾木(はばき)・飾りなどを立体的に打ちつけた物
のことをいいます。

A歌舞伎用語です。大臣柱の外側、つまり上手のちょぼ床と下手の下座を囲う「張物」
のことで、黒の場合と、舞台を広く見せたい情景のときには絵が描かれる場合とがあり
ます。「当て物」または「囲い」ということもあります。

【打ち代】(うちしろ)
張物(パネル)をつなげる為に必要な部分。

【打付け錠】
箪笥(たんす)の引き出しや扉などに打ちつけた飾りのついた錠前。

【内法】(うちのり) the inside measurement
箱などの内側の寸法。⇔外法

【馬】
@あし。はこあし、うまあしともいいます。二重床を組むときに平台を乗せる足。

A機器などを仮置きする際に、直接地面や基礎の上に置かないようにするための枕
木。 バタ角、マンボウともいいます。

【馬立】
舞台の下手、上手などの舞台袖に建てられた枠組で、劇場備え付けの大道具の張物や
切出しなどを、立てて格納するための場所をいいます。

【ウラ打ち】
何枚かつないだパネルが折れないようにパネルの裏に打つ材料。

【裏バリ】
パンチカーペットを何枚も並べて使うときなどに、両面テープを使わないでガムテープの
粘着面を上にしてパンチのジョイント部分に合い掛けした状態で貼ることを言います。

【上場】
基礎舞台の上に飾る舞台セット。

[エ]
【エアガン】
圧搾空気の力を利用したインパクトレンチ、銃に似た形状なのでこう呼ぶ。
ホィールのロックナットを締めたり、緩めたりする装置。

【エアブラシ】
塗料を吹き付けて塗装する道具。エアーボンベや、エアーコンプレッサーに接続して使
う。

【エアコンプレッサー】 air compressor
空気圧縮機。圧搾空気の力を利用したインパクトレンチ、銃に似た形状なのでこう呼
ぶ。ホィールのロックナットを締めたり、緩めたりする装置。

【英国紗】
縫い目のない一枚もの紗幕。

【A型看板】
サッカーの試合などで見るグランドの周りにある横長の三角の形をした看板。

【映写スクリーン】
映写スクリーンと、スクリーン全体を覆うスクリーンカーテン、イメージ寸法を調整するカ
ットマスクなどを一般的に昇降させる装置です。簡易型の巻取スクリーンもあります。

【Aブロック】
プラスチック製の滑車。

【エキスパンダー】
菱形状の網目の付いたメッシュ板。

【エキスパンドメタル】 expanded metal   
金属板を打ち抜いたり、穴をあけたりして製作した網目状の金属板。
舞台の 階段の踏み板に使います。

【エクスランバンデン】
主に国旗の生地として使用されるアクリル繊維(ポリアクリルニトリル)の一つで、生地色
は乳白色です。公式行事で使われる国旗はこの素材です。太い糸でざっくりと平織りさ
れており、軽くて丈夫です。染め旗のほか、暖簾などにも用いられます。

【絵紗】
白や黒紗幕に絵が描いてある紗幕のことです。

【枝滑車】
照明バトンや美術バトンなどの吊り物バトンは、スノコに固定された5〜7ヶの滑車にワ
イヤーを通して昇降します。ワイヤーの真上に設置してある滑車を枝滑車といいます。

【エナメル塗料】
ラッカー塗料、アクリル塗料に重ねて塗装できる油性塗料。
乾燥後も溶剤で拭き取りが出来きます。

【FRP】
繊維強化プラスチック。ガラス繊維などの繊維を種々のプラスチックのマトリックスでか
ためて 成形した複合材料。軽量で強度が高いのでヘルメットなどに使用されます。

【エフレックスパイプ】
ケーブルを通すためのパイプ。ジャバラ状になっており、自由に曲げることができる。ケ
ーブルを引っ張る際も、摩擦抵抗が少ない。

【エプロン・ステージ】apron stage
舞台の額縁より前に出た部分。緞帳より前の部分。緞帳が開いた時は本舞台の延長と
なり、緞帳が閉まっている時は独立した舞台として使うことが出来ます。花道がオーケス
トラボックスをはさんで橋懸かり風に設けられることもある。その形状が女性、前掛け(エ
プロン)風に楕円に張り出しているためにこの名がついた。

【エポキシ系接着剤】
2種類の液を混合すると、化学反応で固まる接着剤。

【エポキシパテ】
2種類のパテ(A剤・B剤などと呼ばれる)を練り合わせる事で、数時間で固まるパテ。

【エレベーション】elevation
道具帳の一つで舞台図透視図(立面図)のことをいい、舞台装置デザインとも舞台デザ
インともいわれる。装置平面図から透視図法の技法に準じて、縮尺により立面図に展開
される。
これに平面図と製作図を合わせて道具帳になります。

【円形ステージ】
360度観客席のある舞台。

【エンコーダ】
昇降・走行機構の現在位置を把握し、正確な停止位置を再現できます。
劇場の制御盤、操作盤に設置されています。

[オ]
【オーケストラ迫り】
舞台と客席間のオーケストラ・ピットに「迫り」機能を加える。
高さ調整で舞台や客席に換可能。客席ワゴンと組み合わせ、客席に転換できる機能が
多くの劇場で導入されております。

【オーケストラピット】
舞台と客席の間に設けられたオーケストラ用の演奏スペース。客席より低い位置にあ
り、一部を舞台下に埋め込んだものもある。オーケストラ-ボックス
迫り上がってエプロンステージになるものもあります。

【大黒幕、バック幕】black curtain
舞台奥に 設営される引き幕(もしくは中割幕)。 用途はホリゾント幕を隠して、舞台全体
の色調を安定させたり、黒背景として使用される。
一枚もの、開閉式(引割り)、昇降式、昇降開閉併用式など舞台の一番奥に吊ってある
幕。

【横断幕】
横に長いものを横断幕と呼び、縦に長いものを懸垂幕と呼びます。 横断幕/懸垂幕は
顔料染色なので、耐候性が非常に強く色あせし難い特長があります。 もちろん雨に濡れ
ても問題ありません。
主な用途は宣伝用(広告幕・宣伝幕)や応援用(応援幕)で、短い納期で丈夫な製品を非
常に安く製作できる特長があります。 素材は、染色性が良くて丈夫な9Aや葛城などの
布地が一般的です。 比較的小さい幕には天竺が適しています。横長に長い幕。素材に
は綿布・混紡布・ターポリンなどを用い、対候堅牢度の強い顔料を型紙捺染して加工す
るのが一般的です。縫製時には、取り付け場所の仕様に合わせてハトメや補強材など
の調製をします。

【大道具】scenery
舞台上の家具や室内装飾品などの小道具を除くほとんどすべてのものを指し、パネル
やドロップなど舞台の背景、建物、張り物、切出し、屋台、遠見、立木、岩、階段など幕
が上がって舞台上に現れる比較的大きな道具を構成する道具。またそれに携わるスタッ
フの呼称。
役者が舞台上で道具として使わないもの。どんなに大きくても、役者が使うならそれは小
道具。
一般に大道具は舞台装置とほぼ同義に用いられることが多い。
もともとは歌舞伎用語で、大工職から独立した大道具方(大道具師、あるいはたんに道
具、道具方ともいう)によって組み立てられた舞台装置を大道具と呼んだことに始まる。
大道具さん=carpenter

【大道具帳】scenery design、set design
舞台セットの図面。平面、側面、正面、青図などあります。
基本的には図面には、会館や劇場のパース図面に持ち込みの舞台セットをおとしていま
す。

【大迫り】
舞台の大道具用昇降設備。大道具を乗せて舞台転換に使用します。

【大迫り落下防止装置】
万一の事態を事前に防ぐための転落防止装置。
大迫りが奈落へ下降すると、落下防止ネットが開口部を塞ぎます。
はみ出し検知スイッチ等、舞台の安全面をより万全にするアイテムがあります。

【大引き受け】
H鋼を受ける資材。

【大簀の子】
舞台の上部にあり吊り物用の機械、滑車(シーブ)などが取り付けられている、昔は木製
の、今では鉄製の簀の子状の作業床をいいます。関西では昔、竹を組み合わせて造ら
れたため現在でも「ぶどう棚」と呼んでいます。

【大平舞台】
歌舞伎舞台で、平舞台の舞台間口一杯に飾られた屋体のことをいいます。

【大欄間】
歌舞伎舞台の「下手大臣柱」と「上手大臣柱」の上部をつなぐ黒塗りの欄間のことをいい
ます。大広間を飾る場合、舞台前、上部一面に吊す欄間、これは柱は取り付けない。

【おがむ】
「張物」などを立てるときに、垂直に立てないで、正面から見て少し前かがみに立てるこ
とがしばしばあります。そのようなときには「おがむ」といいます。

【置道具】
小道具の一つ。出道具ともいい、演出や美術プランナーなどの指示により、開幕前の舞
台上に飾られる道具のこと。陰道具、持道具に対するもので家具調達品、室内装飾など
がこれにあたる。

【置舞台】
歌舞伎用語。「所作(舞)台、敷舞台ともいう。歌舞伎では舞踊または時代物、
十八番物の所演に際し、足すべり、足拍子の効果を上げるため、地舞台の上に桧製の
二重舞台を一面に敷き詰める。

【奥舞台】backstage
@「主舞台」の奥にある、主舞台と同じくらいの広さを持った舞台のことをいいます。
A「主舞台」の後方の空間をいいます。

【押し縁】
アクリルシートや乳半を5ミリ角の木材を使い押さえた縁のこと。

【おす】
舞台の進行時間が予定より遅れること。遅くなること。

【帯鉄】
両面パネル同士を繋ぐ釘穴の空いたプレートやフラットバー。天地に寸2で繋ぎます。

【オフ・ステージ】off stage
客席から見えない部分全体を指す言葉で、つまり舞台裏のこと。

【オペラカ−テン】
引割り幕の一種で、斜め左右上方に絞り上げる開閉機構を持つ幕(緞帳)のことで、オ
ペラの上演でよく用いられます。
「オペラ・カーテン」は和製英語で、欧米では「タブ・カーテン(tab curtain)」といいます。
日本で使われている「オペラ・カーテン」では、引割り幕や絞り揚げ幕の様な使い方が多
いようです。

【御幕】
能舞台で「鏡の間」と「橋懸り」の間に掛ける幕のことで、ふつう唐草地の5色(白青赤黄
黒)の緞子(どんす)を縦に縫った物が用いられています。

【親子回し】
回り舞台の一つで大小大きさの異なる回り舞台のこと。

【親綱】safety rope
高所作業に用いる安全帯のフックを掛ける落下防止用の水平に張ったロープ。

【オープン・ステージ】open stage
客席と舞台とが「プロセニアムアーチ」によって仕切られることなくギリシャ劇場のように
客席と舞台が同じ空間の中にある劇場の形式をいいます。

【音響反射板】=反響板
フライズに収納される昇降式と舞台奥に収納される可動式があります。
舞台奥・袖奥に分割収納し、自走させて組み立てられる「走行式」や、簀の子からワイヤ
ーロープで吊り下げて必要時に下降させ、角度セットを行う「昇降・引掛け式」がありま
す。「自動傾斜式」は天井反射板を下降後、電動による角度調整を実現します。
懸架式反響板は通常三分割されている。正面反射板を正反、側方反射板を側反、天井
反射板は天反と呼ばれます。

【オンジナオイル】
コンセプトのスモークマシンで使用するオイル。流動パラフィン。
本来は食品加工機器用(主にパン)用のオイルである。いくつか種類があるがコンセプト
で使用するのは15番のオイルである。シェル石油のオンジナオイルが有名。

【オン・ステージ】on stage
「オフ・ステージ」に対し、舞台の観客に見える部分のことをいいます。





戻る



美術・大道具用語カ行
美術・大道具用語カ行