*教えて!チェンジマン!!

〜フリートーク女性編・黒田福美さん藤枝かなさん柴田時枝さん

 

こちらのコーナーは予告なく中止する可能性がありますので、ご承知おきください

 

*「朝日ソノラマ ファンタスティックコレクション 電撃戦隊チェンジマン」より

―えー、今回は女性サブレギュラー3人の方に集まっていただきまして、チェンジマンについて色々と・・・。いかがですか、撮影を終了されて。

私は初めてこういう番組に出演して、それで撮影が思いがけないことばかりで・・・。高い所へ登ったりとか、衣装の加減で夏は暑いし冬は寒いし、まあ、大変な仕事が終わってホっとしてる、そんな感じですね。

―かなちゃんは終わってみてどうですか?

かなですか、何かやっぱりアフレコに参加すると全然違うね。アフレコはやってなかったですから・・・。自分なりの研究もやらなかったし。やっぱりアフレコをやって自分の映像を何度も見ていると今になってホント、恥ずかしい気持ちがいっぱいです。

―柴田さんはどうでしたか?

えー、私は途中から入ったんで、一応とけこめたんですけどね、やおおあり色々と緊張しました。怖かったですよォ、今回は何をやらされるのかなァとか。でも最後はあんまり怖いものはなくなりましたね。

そ、色々と体験したもんね(笑)。2人でJACの練習も行ったし。

―あ、じゃあトランポリンを。

2人ともちゃんと本番でやってるんですよ。ねぇー!(笑)

ねぇー!(笑)

―ナナが後半のキーポイントになることは聞いていたんですか?

いえ、何にも。ですから最終回には出ると思わなかった。第5152話で終わると思ってまして、台本もらったらまだ出てるんでびっくりしました。

―じゃあ、剣さんとのからみのことも。

結局何にもなかったですね(笑)。

本当は最後の方でね。

あっ、最終回のラストシーンで剣さんど〜のこ〜のっていうのがね、ちょっとあったんですよ。でもそれがカットされちゃってるのォ(笑)。

一番いいのにね。

―お気に入りのシーンなんかは?

ドラゴンとブーバの一騎打ち。見ててカンドーしちゃった。あれ悪役じゃないですよね。

悪役じゃな〜い、ぜんぜん。

画面いっぱいは真っ赤な太陽でね、それでシルエット。もうカンドー!長石監督らしいなあと思っちゃった。

キレイだっらねぇー!

ブーバのコスチュームなんか、いつも髪がボサボサしてて、不気味なんだけど、シルエットになると光の加減ですごくキレイなのね。

―コスチュームはどうでした?

あれはあんまり・・・。あの、体の線が出ちゃうから(笑)。

ワタシはねー、最初着たとき、何て動きにくいんだろうって思ったのね。

―そんなに動きにくいんですか?

動きにくいですし、寒いし。ヒラヒラしちゃってるから上から何か羽織れないし。で、衣装、変わったでしょ?そしたらもっとがんじがらめになっちゃって。

しかも暑いさかりに変わって。

何かツメがこう、ぐーんと生えてて。

福美ちゃんはね、あのツメの皮をむくのが好きだったの(笑)。

とにかくすごく暑かったですね。ワタシ、本当に汗かかない人なんですけど、あー、あたしでもこんなに汗かけるんだなぁって思うぐらい。でもやっぱり快感ですね、こういう悪役のお芝居って。

泥酔感があるのよね。

―また演ってみたい?

ええ、機会があればぜひ。

―どうもありがとうございました。

 

 

                        

We Can Change」へ    「もっと知りたい・・・」へ    「チェンジマン座談会(その1)」へ