Sorry, this site contents only in Japanese.

1968年7月22日(1967年、1970年という説もあり)英国ウェールズのRuthin生まれ。
弟のリル・エヴァンズも俳優。
10歳の時に苗字をEvansから、ウェールズ風のIfansにみずから変えた。
映画のほかにも舞台、テレビなどに多数出演しています。
同じウェールズ出身のスーパー・ファーリー・アニマルズというバンドに在籍していたこともあるらしい。



2005.12.14 フィルモグラフィーを少し直しました。witchさんのサイトをリンクに追加。


(長編映画のみ)
タイトル
(かぎかっこ内は日本題)
制作年
「8月の誘惑」August 1996
リスと同じ、ウェールズ出身のアンソニー・ホプキンスの監督主演作です。舞台ももちろんウェールズですが、残念ながらリスはちょっとしか出てきません。
クロックワークスよりビデオ発売されています。
「ツイン・タウン」 Twin Town 1997
「ウェールズ名物 悪ガキツインズと悪オトナ、ちょっと過激な復讐合戦!」
リースは実弟リル・エヴァンスと共演しています。
はじめに映画館で見たときは、まだリースのファンでもなかったこともあり、過剰な悪乗りが不愉快でした。でもレンタルビデオで再見したら、リースとリルの掛け合いみたいな言葉遊びとか、他の人たちのワルさ加減もとても小気味よく、ハマってしまいました。ウェールズの地域おこし映画的なところも面白いです。
短編(TV)The Sin Eater 1997
ここから見れます
Dancing at Lughnasa 1998
リースにとっての初めてのアメリカ映画出演になるのかな?メリル・ストリープ主演。もとは演劇作品だったらしいです。ちょっと昔のアイルランドを舞台にしたお話。リスの役は、5姉妹の一人の子供の父親。彼女と結婚はしていなくて、たまにふらっと戻ってくる自由なウェールズ人。
公式サイト(アメリカ)
「ギャング・オブ・UK」You are Dead 1998
スタイリッシュな悪党として悪名を馳せたメイトランドは20数年前のカジノでの強盗に失敗して終身刑で刑務所に入っていた。エディとイアンはメイトランドを脱獄させ、3人で銀行に押し入る計画を立てる。
若干23歳のアンディー・ハースト監督の第1作。回想シーンなどでかかる、昔の音楽などが雰囲気良いです。リースはエディという、ちょっとキレた悪者役。
「HEART」 Heart 1999
ジャンル的には、サイコ・スリラーです。
主人公の妻を誘惑する作家役でリスは登場します。ワルくて、かっこいい役。この役で私はリスに惚れました(笑)。先にノッティング・ヒル見ていたら、ファンになれなかったのかも…。
映画としても、大好きな作品です。
「ノッティングヒルの恋人」 Notting Hill 1999
リス・エヴァンスの名前を一気に有名にしたこの映画、説明不要ですね。(実は私は映画見るまで、リースが出ているのは知らなかったのですが。)スパイク役、意外な良い人役で違った一面を見せてくれました。この映画、リスのお陰で大ヒットしたと言っても決して大げさじゃない・・・よね?
「ジャニスのOL日記」Janice Beard 45 WordsPerMinute 1999
地方出身のOL、ジャニスが主人公のオフィス・コメディー。リスはオフィスのメール・ボーイを装った心にトラウマを持つ産業スパイという役どころ。2000年東京国際映画祭コンペティション部門出品。
Rancid Aluminium 2000
大人になりきれないロンドンのビジネスマンがでロシアのマフィアにヘッドハンティングされる。リス主演作品です。公式サイトが見つからないのですが…。
「イビザボーイズ Go DJ!」Kevin and Perry Go Large 2000
テレビシリーズの映画化。リースはイビザのカリスマDJアイボール・ポール役。私はDVDで見ました。馬鹿馬鹿しいけど、超面白いです。そしてRhysはやっぱり、DJ役似合っています。最後ちょっとかわいそうだけど(笑)。
「リプレイスメント」The Replacements 2000
ストにより主力選手がいなくなったアメリカンフットボールチームに寄せ集められた選手たち。弱いと思われたチームが意外にも勝ち進む…。
Rhysの役は「リプレイスメント」の一人で、ウェールズ人の元サッカー選手。ロングシュートを決めてくれます。
公式サイト(英語)
「ロンドン・ドッグス」Love, Honour and Obey 2000
新進気鋭の監督コンビ、ドミニク・アンチアノ、レイ・バーディスが、今最もホットなイギリス若手スターを迎えて贈る、ポップでスタイリッシュでクールな話題のギャングスター・ムーヴィ。 (アスミックエースのサイトより)
公式サイト(日本) 
「リトル・ニッキー」Little Nicky 2000
地獄に住む悪魔の息子ニッキ−は地上で悪行をはたらく兄を連れ戻すために旅に出る。リースの役はニッキ−(アダム・サンドラー)のいじめっ子の兄の役。この兄弟の悪魔のお父さん役はハーヴェイ・ケイテル。
Adam Sandler Goes to Hell(2001) という映画がIMDbには一応フィルモグラフィーとして載っているけど、「リトル・ニッキー」のメイキングのこと。
公式サイト(アメリカ)
「ヒューマン・ネイチュア」Human Nature 2001
全身が体毛に覆われる奇病にかかった女性をめぐる、奇妙な三角関係のお話。Rhysは野生で育ち、文明社会に連れてこられるという役。
A Christmas Carol 2001
チャールズ・ディケンズ原作の有名な話のアニメ化。リスは吹き替えをやるようです。
「ケミカル51」The 51st State 2001
リバプールが舞台のドラッグディーラーの話です。「新時代メガトリップアクションムービー」。
「シッピング・ニュース」Shipping News 2001
不器用な人生を送る主人公クオイルは、娘と叔母と共に祖先の地ニューファンドランド島へ渡り、地元の小さな新聞社の記者として再出発をする。Rhysは主人公の仲間の新聞記者役です。
Against the Dying of the Light 2001
ウェールズのTVで放映された短編ドキュメンタリーのようです。
「Hotel」Hotel 2001
ベネチアのとあるホテルが舞台の奇妙なサスペンス。Rhysは映画監督の役。
「家族のかたち」Once Upon a Time in the Midlands 2002
家族愛を描いたコメディ。リスの役は優しくて情けない男です。
公式サイト(日本) 
Danny Deckchair 2003
オーストラリアが舞台のラブコメディ。
公式サイト(アメリカ)
「悪女」Vanity Fair 2004
昔のイギリスが舞台の大河ドラマ風作品。リスのコスチューム姿が見れます。
「Jの悲劇」Enduring Love 2004
心理ドラマ。リスの役は同性をつけまわすストーカー役。
配給元Wise Policyのウェブサイト
公式サイト(アメリカ)
Not Only But Always (TV) 2004
60年代にラジオやテレビのコメディで活躍した名コンビ、ピーター・クックとダドリー・ムーアの関係をえがくドラマ。イギリスChannel 4にて放送済み。
Chromophobia 2005
日本未公開
El Sueno de una noche de San Juan 2005
真夏の夜の夢のスペイン版アニメ。リスはライサンダー役の声の出演らしいです。
短編(TV)The Undertaker 2005
ここから見れます
Four Last Songs 2006
製作途中。
Young Hannibal: Behind the Mask 2006
製作途中。
フィルモ・グラフィーはimdbなどを参考に書いています。
日本未公開作品など、ご覧になった方がいらっしゃったら、
ぜひ感想など聞かせて下さい。


click the logo


Rhys Ifans Online アメリカ在住のWhimさんが作っているRhyのサイト。映画からの音声や、貴重な写真アップされています。forumも書き込みたくさん! 英語
imdb 映画のデータベース。
気になる映画はまずここでチェック。
英語
Rin's Catchall Rhysのファンでもある哀生龍さん(Bさん)の映画サイトです。 日本語
Alternative Hollywood 趣味の良い映画ページ。
Rhysの写真もいっぱいあります。
英語
Brit Movie 英国映画のみのサイト。 英語
Empire イギリスの映画雑誌。内容はハリウッド系が多い。 英語
Cheeky's Garden  映画でUK&Irelandを感じよう。
映画の舞台を訪ねた体験談なども。
日本語
Amazon uk ご存知通販サイト。本、CD、DVD、ビデオ…いろいろ揃ってます。 英語
ヘレナさんの映画ファンサイト「HYPNOTIC」 このRhysHPのBBSにも来て下さる、ヘレナさんの映画ディスカッションサイトです。姉妹サイトのミラ・ジョヴォヴィッチのサイトも素敵です。 日本語
Cymdeithas Dewi Sant Siapan Rhysの生まれたウェールズってどんなところ?ここでチェックしてみてくださいね。 日本語
ウェールズ語
英語
グランマキャ二オン グランマさんのとても個性的なサイト。
Rhysのイラスト、とても素敵です。
日本語
The Twins, Rayment あんこさんの「マトリックス」のレイメント兄弟中心のサイト。オープニングが凝ってて、すごく楽しい。 もちろん、Rhysについての記事もあります。 日本語
☆Hello,Hello,Hello☆ witchさんの映画の感想中心のサイト。リスの話題がいっぱいです。 日本語
Rhysの待受画像 よくわからないけど勝手にこっそりリンク・・・。



お立ち寄りの際はぜひ一言お残し下さい。

Copyright (C) 2000 Megumi.T., All rights reserved.
since July 15, 2000

ご意見ご感想は下記まで。
love_rhys_ifans@yahoo.co.jp
last updated Dec 14, 2005

リスへのファンレターはこちらへ(本当に届くのかは保証出来ません、念のため):
Rhys Ifans
12-13 Poland St.
London w1v 3de
United Kingdom



Counter