1999年初演情報

<あらすじ>  <「紙すきのうた」が新聞にその1>    <同左・その2>    <「紙すきのうた」に寄せて>

'99年10月22日、藤掛先生の新作オペラが岐阜市民会館で発表されました。

満員の客席に心揺さぶる感動と涙をのこし、無事閉幕。

 

新作全3幕2時間半のオペラ

紙すきのうた

藤掛 廣幸=作曲・指揮/オーケストラ=藤掛廣幸Solo*Orchestra

 1999年10月22日(金) 国民文化祭 in 岐阜 前夜祭

岐阜市民会館大ホール
#1時30分〜/#6時30分〜  2回公演

前売り3000円(当日3500円)小中高生学生1500円(当日2000円)
お問い合わせ:岐阜市民会館  [058-262-8111]
              岐阜市文化センター[058-262-6200]

総制作費数千万、大規模なステージセット、美しいメロディーに溢れた
とても感動的なオペラです。
マンドリン関係の皆さん!藤掛作品のルーツがここに凝縮されています!
是非お見逃しのないように!

*********************************************************************

吹く風に秋の気配が感じられるようになりました。
作曲家藤掛廣幸は、この秋に岐阜県で行われます国民文化祭で、
新作の音楽劇「紙すきのうた」(2時間半のオペラ)を初演することになりました。
今までのいわゆるオペラとは違い、現代の最新技術と人間の声や動きとの融合を図った新しいスタイルの舞台作品ですが、難解ではなく多くの人達に素晴しい感動をお届け出来るものと自負しております。

このスタイルでの新しいオペラは作曲、編曲、演奏、指揮を全て作曲者本人が担当、これが第三作目になります。

第一作は、1998年3月に日本と中国との初めての合同制作オペラとして初演され、日本と中国双方に絶大な感動の涙を呼んだ「太陽をさがして」

第二作目の「かかみ野の空」は、人気を聞いて駆けつけたもののホールに入り切れない人が続出し、感動的な舞台は「太陽をさがして」と共にダイジェスト版が再演されました。

そして「紙すきのうた」が第三作目という事になります。

オーケストラは、素晴しくダイナミックな音空間を描き出す事が出来る「藤掛廣幸ソロオーケストラ」です。
今までにないスタイルの新しいオペラを是非体験して頂きたくここにご案内させて頂きます。


***** あらすじ **************************************************************

岐阜の伝統産業「美濃紙」は、1300年の歴史を、持つといわれ、手すき紙は、
そのほとんどが、女性によってすかれてきた。
宝暦騒動がおわった明治元年の春。両親を亡くした元郡上藩士の娘「ゆき」は、
長良川沿いの険しい峠を超え、紙すきの里、長瀬村武本家の養女となる。
様々な人々に助けられ、下男であった「弥助」との純愛を秘めながら、
紙すきとして、生涯をささげた娘「ゆき」が、美しい「典具帖紙」を
すき上げるまでを感動的に描く。

*******************************************************************************
スタッフ
   原 作.................................................角田茉瑳子
   作曲.指揮.......................................藤掛廣幸
   演 奏.................................................藤掛廣幸ソロオーケストラ
   台本.演出.......................................松岡直太郎
   演出協力........................................田村 貫
   演出協力........................................藤間金扇
   歌唱指導........................................中島富蔵
   音楽監督.合唱指導.................井戸清輔
   児童合唱指導.............................矢島倫子
   装置プラン.....................................森サチコ
   照明プラン.....................................坪内浩美
   音 響.................................................古宇田玲
   舞台監督........................................富田茂雄
   舞台協力........................................舞台工房アクト
   演出助手........................................篠崎幸子.奥野 葉
   衣装.かつら...................................松竹衣装(株)
   練習ピアノ......................................田口育代.篠田亜紀.青木由美子
キャスト
   ゆき(郡上藩士の娘/武本家の養女)..........篠田弘美
   弥助(元下男/武本家の作男)..........................井上博嗣
   彦四郎(美濃の紙商人.小森家の主)...............田村 貫
   源三郎(武本家の跡取り) ......................................中島富蔵
   つね(武本家の女) .....................................................沢田裕子
   かよ(源三郎の娘).......................................................金山晴香.谷口優香
   とね(典具帖紙を教えた郡上の女) ..................古田真寿美
   ちえ(石徹白から来た少女)....................................小島 睦
   仙太(小森の奉公人) ...............................................吉田金治
   村の男.勘助 ................................................................島 源三
   村の男.常吉 ...............................................................青木 茂
   混声合唱 .....................................................................公募による男女70人
   児童合唱 .....................................................................公募による男女16人

総勢100人を越すスタッフ、キャストと大規模なセットによる上演は、この機会を逃すと
なかなかお目に掛かれませんのでお近くの方は是非お出かけ下さい。
   藤掛廣幸

(藤掛先生より頂いたメールより/1999.10.3管理人記)


「紙すきのうた」が新聞に!(その1)1999.10.15付

白木@岐阜シティ様、FAX誠に有り難うございました。
「紙すきのうた」が岐阜新聞にとりあげられました。それのFAXをいただきました。
以下、抜粋です。

第14回国民文化祭・ぎふ99は、23日から11月3日まで県内各地で繰り広げられる。
県民総参加型の多彩なイベントの中で、人々は何を表現しようとしているのか。
岐阜市では前夜祭として二十二日、市民参加活動の一つの形を示す総勢百人余による
音楽劇「紙すきのうた」が上演される。
主要スタッフの作曲家・藤掛廣幸さん、演出家・松岡直太郎さんに、地域での文化活動の
取り組み、舞台づくりへの思いを語ってもらった。(林進一)

−−これまで県内で取り組んだ音楽劇(オペラ)は。

藤掛   松岡さんと組んだ音楽劇では「太陽をさがして」「かがみ野の空」に次いで今回が三目。こうした共同制作の経験と、率直に意見を言い合える関係が「紙すきのうた」を生み出す基盤になっている。
  松岡   藤掛さんへの県民の信頼感が支えとなっている。市民、県民参加でやる場合はそうした信頼関係があってこそできる。国民文化祭のように行政絡みの場合、当然、予算や期間の制約がある。その中で舞台を作らなくてはならない、キレイごとだけでなく、それを承知で取り組むことにもなる。その時に必要なのがスタッフ、キャストの信頼関係。それが無かったら絶対にできない。
藤掛   私が岐阜で仕事をするのは、岐阜に「劇団はぐるま」や児童文学の「コボたち」、それに「市民劇場」などの活動の歴史と人材がそろっているから。自分が命懸けで書いたものを、命懸けでこたえてくれる。その積み重ねが私を岐阜にかかわらせる。自分の出身地だからではなく、岐阜のそうした伝統と人々があってのことだ。東京で一流のオーケストラ、ソリストとやると確かに間違いもなく、完ぺきにやってくれる。でも何か物足りない。それを指摘すると彼らは「完ぺきに歌っているからいいはず」と答える。でも、岐阜では技術の上手下手を越えた熱意が伝わってくる。その熱意と感動こそが音楽の原点だと思う。
作曲家は、何も間違いの無い演奏だけを求めているのではない。求めているのはやはり感動だ。


−−音楽劇のような大人数の共同作業の中で、「質」の高いステージをどう目指すのか。

藤掛   一人ひとり顔も育った環境も違う人々の思いが結集されることで、感動が何倍にもなって伝わってくる。技術的な質を求める姿勢は崩してはいけないが、そうした感動こそがより大切なものだ。質とはキズ一つない舞台ということではない。
    ・・・(後略)・・・

藤掛先生の信条みたいなものが、わかりますね。
音楽は「感動!」
「技術的な質を求める姿勢は崩してはいけないが、そうした感動こそがより大切なものだ。
質とはキズ一つない舞台ということではない。」
という先生のお言葉には、音楽をこえた含蓄がありいろいろな意味で勇気づけられます。
10月22日は岐阜へでかけてみようと思います。

 

「紙すきのうた」が新聞に!(その2)1999.10.16付

白木さんから、岐阜新聞の記事(10月16日付)の続報がFAXで送られてきましたので、
紹介させてもらいます。

−-角田茉瑳子さん原作の「紙すきのうた」を今回、取り上げた理由は。

  松岡   岐阜県の女性を題材にした作品を、という動きがあったことと、これまでの音楽劇で築き上げた市民合唱のエネルギーを生かしたいということからだった。個人的には舞台ものにしたいな、と思っていたが具体的に話が持ち上がったのは昨年のプレ国民文化祭のころ。でも、あと一年では難しいなと思っていた。まして作曲の占める位置は大きい。藤掛さんがやろうと言わなければとてもできないと考えていた。
  藤掛   期間的に私も難しいと思っていたが、今やらなければと決断した。

−−どんな物語なのか。

  松岡   紙すきの道を選んだ女性ゆき(主人公)の半生と弥助という青年との純愛の物語だ。当然、美濃の自然が大きくのしかかるだけに、劇的な転換を創(つく)るのは難しい。それをさらに合唱でどう包み込むか。この作品の持つ象徴性と村人たちを合唱でどう構成するかだった。

−−物語の背景は江戸時代。それがどう現代につながるのか。

  松岡   紙すきの人たちに貫かれているのは持続の意志。それを今も受け止め、引き継ぐことでしか紙すきの未来はないと思う。周りがバックアップするというより、紙そのものが持つ魅力、素晴らしさにひかれ、自ら紙をすき続ける人しか手すきの紙を支えることはできない。そうした人たちの思いを伝えたかった。美濃市の若い後継者に取材した。紙をすくことは名前を売るわけでもなく、ただいちずに自分の思いを紙に託すだけ。ある意味で全く報われない仕事だ。純白の紙には、そうした名もない人の熱い思いが込められている。その営みの中にしか紙の将来はない。それは地域の文化、伝統を現在、どう支えていくかということと重なってくる。

−−それを音楽で表現することは。

藤掛   江戸時代だからどんなメロディーにしようか迷った。美濃市の古老たちが今も歌う、とても美しい「紙すきうた」を知って、それをアレンジしたりした。また、主人公ゆきの出身地の郡上節も取り入れた。それらを現代のシンセサイザーを使いながら組み合わせ、より新しいエンターテインメントの世界にした。千三百年続くという紙すきの心を、音楽を通して現代に表現したかった。それは私自身にとっても、紙すきのような作業だった。紙すきの世界の中で、ゆきが最高の紙を作りたいという思いは、自分が最高の音楽を作りたいという思いと通じるものを感じた。

−−シンセサイザーの可能性は。

藤掛 シンセサイザーは私にとっては自分のイマジネーションを自由に描ける絵の具を与えられた感じで、自分の手足のようなものになっている。ここ数年、その表現力は以前とは比べ物にならないほど豊かになっている。ただ私はシンセサイザーのみにこだわっているのではない。合唱もピアノもバイオリンも取り込んでやっていきたい。

−−最終的に目指すものは。

藤掛   チャップリンの言ったようにネクスト・ワン、次の作品だ。それが現在の私にとっては今回の「紙すきのうた」。デジタル技術のシンセサイザーと合唱、そして生の舞台。新しいスタイルの幅広い音楽を目指したい。


いよいよ今週の金曜日です。
私はなんとか休みがとれたので、夫婦ででかけてみようと思います。なんかとっても楽しみです。


「紙すきのうた」に寄せて 投稿者:なるなる 1999.10.23

岐阜市民会館に一歩踏み入れると、そこは熱気に包まれた世界。
取り敢えずかぶりつきを確保して、ロビーで新聞記事の切り抜きに目を通しながら開演を待つ。
舞台には圧倒されてしまうような巨大な美濃和紙で出来た緞帳。
開演のブザーとともにいやがおうでも緊張が高まっていく。
keikotosensei.jpg (23370 バイト) そこに颯爽と藤掛先生が登場。
少し静寂を待って、最初の一振り。
シンセサイザーと共に、人々が「紙すきのうた」を歌い始める。
会場内には藤掛ワールドが広がっていく。
そこはもう江戸時代の「紙すきの村」。
女性たちが来る日も来る日も紙を漉き続ける「紙すきの村」。
主人公ゆきと弥助がどのようないきさつで紙すきに関るようになっていったかが展開されていく。
藤掛先生らしい優しいメロディーが私達の心に染み渡っていく。
シンセサイザーと肉声のバランスの良さには本当に驚かされた。
音楽と歌が溶け合っていくような感じさえする。
武家の娘でありながら厳しい紙すきの仕事に携わることになったゆきの可憐な姿に次第に私達も魅了されていく。
そして、市井の人々の明るい暮らしぶりをユーモラスに描く藤掛先生は、音楽が「日々の暮らしの中に存在している」ことを良くご存知なのだと思う。
藤掛先生の厳しい横顔を盗み見しながら舞台からも目が離せない。
冷静に鑑賞しようと決意して臨んだのに段々心が熱くなっていく。
ゆきたちが典具帖紙への想いを募らせながら幕間に入る。
呼吸を整えながら、二幕へ臨む。
ゆきと弥助、ちえと仙太の二組の恋が二重奏のように絡み合っていく。
突然、襲い来る自然の猛威の中、ゆきは透かし模様の紙を作り出す。
人間と自然の厳しい戦いの中で、人間はそれを受け入れるしかない。
そして、ちえの死・・・・・・。
いつか嵐は去り、深い悲しみを残したまま現実の生活は続いていく。
優しい中にも、激しく厳しいものを内包する先生の側面を見る。
逆説的に言えば、自然或いは人生の厳しさを知り尽くしているからこそ優しくなれるのではないだろうか。
舞台は次第にクライマックスへと盛り上がっていく。

三幕に入り、成長したゆきと弥助の抑え切れない恋心が切ない。
弥助のソロには不覚にも涙してしまう。
しかし運命が無情にも二人を引き裂き、雪の婚礼の日、ゆきのためにノリウツギの木を取りにいった弥助は死ぬ。
ゆきの絶叫は、一生忘れることができないほどインパクトがあった。
会場の全てのものが一つになった瞬間であった。
きっと生でしか味わえない、本当に悲しいけれど至福の時でもあった。
時は流れ、やがて完成した典具帖紙をゆきは弥助の墓前に捧げる。
悪意無く二人を引き裂くことになってしまった姑の善意が涙を誘う。
そして典具帖紙を掌にのせて「こんなに軽いのに弥助さんの温かさを感じる」というゆきの言葉。
肉体は滅んでも、魂は決して滅びることはない!!!
一生懸命生きれば、魂は受け継がれていくものだと言う感動が全身に広がっていった。
これは、決して妥協することなく最高の音楽を追求し続ける先生からの熱いメッセージ。
「確かに受け取りました」と大声で叫びたいような気持ちだった。

「岐阜では技術の上手下手を越えた熱意が伝わってくる。その熱意と感動こそが
音楽の原点だと思う」とおっしゃる先生の言葉をかみしめる。

社会人になって・・・年目。学生時代にはあんなに熱い想いで頑張っていたマンドリン音楽も少し懐かしい思い出になり始めていた昨今、運命のお導きから藤掛先生と関わりを持たせて頂くようになり、「紙すきのうた」を見に来ました。
社会人になると音楽に接する機会も自分で余程意識しないと少なくなり、どちらかと言うと「パンのみに生きる生活」でも平気になりがちです。
特にオペラはクラッシックだと気楽に行ける金額ではなく、正直言って敷居が高いです。
今年は幸いにして「オペラ座の怪人」「マダムバタフライ」等、オペラと触れるチャンスがあり、どちらも堪能しましたが、どうしても少し構える部分があります。
今回のオペラは岐阜市民の方々の熱気をひしひしと感じました。
岐阜の歴史が題材となっている為か、すごく身近に楽しんでいる様子でした。
日本語であることも大きく影響していると思います。
「日常生活の中に音楽を」しかも「感動を目的とした音楽を」という藤掛先生の熱意が見事に結実した演奏会と言えるのではないでしょうか。
「顔も環境も違う人々の思いが結集されることで、感動が何倍にもなる」ことを身をもって感じました。
音楽万歳!

心豊かなる時間を下さった藤掛先生、とっても感謝しています。

(写真は終演後、先生とのツーショット/1999.10.22管理人撮影   ※先生より写真の掲載許可を頂いております)


kamisukisukoa.jpg (19728 バイト)

上の写真は当日ステージ前で指揮をされた先生の特設席



全3幕2時間半のオペラ、「紙すきのうた」が再演されました。インターネットでライヴ中継されました!

親と子に捧げる音楽劇
角田茉瑳子原作「ゆきと弥助−紙すきのうた」より
プロローグとエピローグのある三幕八場

第5回 岐阜県民文化祭・岐阜文化の祭典「紙すきのうた」

2000年11月25日(土)/26日(日)
岐阜市「未来会館ホール」にて  


◆『紙すきのうた』 投稿者:IZZYさん  投稿日:2000年11月26日(日)19時48分21秒

『紙すきのうた』見てきました。感動しました!
原作の『ゆきと弥助』は、本が出た時に、岩崎書店の編集者の方に送っていただいたので、ずっと以前に読んだことがあったのですが、とてもうまくまとめられて舞台化されていると思いました。そして、メイン・キャストの方たちの声が、素晴らしかったです。

藤掛さんは、最後の舞台挨拶の時に、客席から舞台へ上がられたのですが、藤掛さんの指揮も見られたらよかったな。あ、でも、藤掛さんが指揮をされていたら、そちらが気になって、演技者の方に 100% 集中できなかったかも(^^;)。

それにしても、インターネットで中継とは、岐阜県もやりますね。
今は画質や音質はまだまだですが、過去何年かの進歩を思えば、なめらかな映像が送れるようになるのも、それほど先のことではないかもしれませんね。
IZZY

◆「紙すきのうた」のインターネット中継 投稿者:Vita さん 投稿日:11月25日(土)07時58分25秒

はじめまして
「紙すきのうた」について調べていたら、ここのページにヒットしました。

まだ、書き込まれていないようなので、提供させていただきます。
11/25,26日に岐阜市で再演される「紙すきのうた」ですが、25日の公演は、インターネットで中継するようです。
岐阜県のホームページの真ん中くらいにある「インターネット放送局」というリンクボタンを押すと、告知のページにいけます。

でも私は、明日、会場に行くので、見ない方がいいのかも。^^

http://www.pref.gifu.jp/s11103/kouhou/index.htm

◆そういえば6 投稿者:後藤さん  投稿日:11月27日(月)22時58分34秒

Vita様 インターネット「紙すきの歌」情報教えていただきありがとうございました。
土曜日、私も仕事で行くことはできませんでしたので、公演終了後だったのですが、アクセスしてみましたがみることができませんでした。ざんねん。

管理人様 千葉様 IZZY 他の掲示板ご覧の皆様。
当日、他、「紙すきの歌」ご覧になれなかった方、感動を味わいたい方。お知らせです。

岐阜県インターネット放送曲というところに、メールだしましたところ。以下のことが分かりました。

25日18:00から行いましたライブ中継「紙すきのうた」は、[映像ライブラリ]にて、より高いクオリティでご覧いただけるよう、ただ今準備中とのことで、 1〜2週間ほど、お時間をいただけませんか。と言う返事と、以前に行ったライブ中継も[映像ライブラリ]にてご覧いただけるようになっているとのこてでした。
岐阜県財団法人広報センターの方から教えていただきました。

ちなみに、インターネット放送局見るための準備で、ダウンロードがすごくかかるんですね。
30分以上かかりました。

ちなみに、「紙すきの歌」指揮された、井戸さんは、藤掛先生のオペラ作品や、合唱曲等指揮をされています。また、「樹魂の歌」の初演も指揮されています。ご参考まで。

◆そういえば7 紙すきの歌について 投稿者:後藤さん  投稿日:12月 6日(水)22時32分09秒

先日インターネット放送局担当の方からメールいただきました。

先般、お問い合わせいただきました「創作音楽劇 紙すきのうた」について、5日付で[映像ライブラリ]にアップロードいたしました。ぜひ、ご覧くださいとのことです。

◆「紙すきのうた」見ました 投稿者:Vitaさん  投稿日:12月10日(日)22時25分37秒

 「紙すきのうた」見ました。しかも3回も。
 まず、翌日に見に行くにも関わらず、11/25のインターネット中継にアクセスしてみました。ISDNでアクセスしましたが、音声が割れる感じで、ときどき画面が止まったり急に動き出したりといった感じでした。それでも30分ほど見てしまいました。
 翌11/26は、岐阜市での公演を生で見て、これが2回目。
 さらに岐阜県インターネット放送局で公開された、完全ノーカット版もこの週末をかけて見てみました。これで3回です。
 ライブ中継時より画面が大きくなっていて、大きなトラブルもなく(そこそこ)動きました。画面はISDN(64K)でもぎこちない感じですが、音声はかなりクリアなのが驚きでした。本当は一気に3時間見たかったのですが、小さなパソコンでぎこちない画面をじーっと見続けるのは予想以上に疲れるので2日がかりでした。
 5年以内に今の100倍(でしたっけ?)くらいの超高速インターネット接続を各家庭に普及させるとかいう政府の計画が実現すれば、その時にはテレビと変わらないくらいのきれいな映像が見れられるのでしょうかね。

 なんだか「紙すきのうた」三昧の最近ですが、改めてみると、感動ひとしおです。

 まだ、ご覧になっていない方はぜひどうぞ。リンクを貼っておきます。
 見るのに必要なRealPlayerはパソコン雑誌の付録に付いているのを入れる方もあります。

http://www.pref.gifu.jp/s11103/kouhou/7_lib/0012/7010.htm

RealPlayerについて>管理人さん 投稿者:Vitaさん 投稿日:12月10日(日)23時21分06秒

管理人さん、おじゃましております。Vitaです。

>Vitaさんから教わった情報で大変助かっております。ありがとうございます。
 いえいえ、「紙すきのうた」について調べていまして、一番詳しかったのはこちらのページです。私の方こそ、たいへん勉強になりました。ありがとうございます。

> とありますが、無料のBasicは、G2以降のバージョンなんでしょうか?
> この無料ので、見れるのでしょうか?
 はい、正確には「RealPalyer 8 Basic」です。このソフトだけで見られます。
 G2ってのはバージョン6にあたりまして、現在の最新バージョンは8になっています。
ですので、G2か7か8なら見られます。

 RealPlayerのダウンロード画面までの行き方を書いておきます。
 岐阜県インターネット放送局のトップページなどにあるロゴをクリックして、リアルネットワークスのページにいきます。右下の方に「Top Free Downloads」というのがありまして、
RealPalyer Basicというアイコンをクリックすると、RealPlayerのダウンロードぺージにジャンプします。
 そのページの下の方に「RealPlayer 8 Basic - は無料でダウンロードできます 」とあるところをクリックすると、無料の「Basic」がダウンロードできるページが開きます。メールアドレスとか名前とかを入れて「無償RealPlayerのダウンロード」ボタンを押すと、ダウンロードサイトの選択画面になるので、たとえば「OSAKA,JAPAN」を選ぶとダウンロードが始まります。ファイルサイズが5MBあるので、通信の環境によっては時間がかかるかもしれません。

Vitaさん、インターネット中継のことや、ダウンロードの仕方を教えていただき、誠にありがとうございました。これからもどうぞよろしくお願いします。(管理人記2000.12.12)


藤掛廣幸ファンページへ    藤掛廣幸ファンページ2へ