*美術史リンク集*

美術史研究に有用なサイトあつめました。
久々に大幅刷新。新規は*印。
2004/07/14 
Home Amigolinks NYLinks

1.国内図書館 2.オンライン書店 3.画像、資料DB 4.リンクサイト、ポータル
5.関連分野ツール 6.辞書語学ツール 7.美術館、美術館リンク集 8.文献検索@欧州
9.文献検索@米国 10.国内美術史研究室 11.米国東海岸美術史研究室  

1. 日本国内図書館

 
NACSIS Webcat 国内大学図書館OPAC総合検索。他大に足を運ぶ際は、各館のOPACで調べ直しましょう。
東京芸大図書館 繋がらない時は芸大のサーバーごとダウンしてるので諦める。
東大図書館 Nacsisも横断検索可能。ちなみにNacsis*印の東大本は大概紛失中らしい。
上智大図書館 イスパニアセンター所蔵本も入力されたようだ。スペイン以外の美術史は手薄。
東京都立図書館 和書に関しては広尾が意外に使える、気がします。
実践女子大図書館 便利な図書/雑誌検索のページにリンクしてあります。
日本国内図書館OPACリスト 農林水産研究情報センター林賢紀氏作成です。50音順リスト。
日本国内の大学図書館関係サーバ 東京工業大学付属図書館内のページ。地域別リスト。
*西洋美術館研究資料センター 上野の。利用は予約制です。
*Art Libraries' Consortium 東近美、都現美、横浜美の美術図書室蔵書横断検索。


2. オンライン書店


AMAZON.COM 本家アメリカのサイト。CO.JPに入荷していればそっちで買ったほうが安い。
ABEBOOKS 世界の古本屋メタ検索。「世界最大」の名に恥じない内容。
BOOKFINDER 世界の古本屋メタ検索。最近は↑のほうがよろしいようで。
赤い靴 日本の古本屋メタ検索です(洋書)。↑には負けますが、日本語ってことで。
日本の古本屋 まんまな名前ですが、和古書はここが一番見つかる気がします。
Books.or.jp 現在入手可能な和書65万点のDB。検索結果からオンライン書店にリンクがあり便利!
LIBROARTE スペインじゃ貴重な美術書専門店。近刊は大体そろってます。
CASA DEL LIBRO スペインの大型書店。カタログにあっても在庫がないものが多い。
LIBRO CO 個人的に愛用している、在フィレンツェの美術書専門店。
*Michael Shamansky NY州北部にある美術書店。アドレスが胡散臭いがレスも早くケアも細かい。
UMI Dissertation Express 米国のPhD論文はこちらで検索&購入可能。


3. 画像・資料データベース(#は有料サービス)


Artcyclopedia 古今東西美術作品画像リンク。作品が見たい時はまずここで検索。
Web Gallery of Art ハンガリー発、オールドマスター中心の画像アーカイヴ。Artcyclopediaから検索可能。
Base Joconde フランス国内の文化財DB。画像はあったりなかったりだが資料価値絶大。
L'Agence photographique de la Reunion des musees nationaux 仏国立美術館連合写真局、とでも訳すか。Jocondeに出てない画像もある。
CRIBECU On Line ヴァザーリとベッローリのテキスト全文に加えCruscaまで引けてしまう、イタリア美術史マンセーなDB
Artehistoria.com スペインの美術()総合サイトでマイナーなスペイン人画家の図版がある。
Saskia, Ltd. METの写真部で紹介されたスライド屋。検索すると結構揃ってるぞ。
GROVE Art Dictionary #必須アイテム、グローヴ美術事典全34巻電子版。これで図書館に行く用事が一つ減る。
*Index of Christian Art #プリンストン大が90年近くかけて構築した中世美術DB。


4. リンクサイト、ポータル、美術史関連団体


美学の部屋 関西学院大加藤哲弘先生作成、美学美術史リンク集。定番です。
*IFA-Electronic resources ニューヨーク大美術研究所図書館作成による、美術史研究のためのリンク集。
AHRC カナダ、コンコルディア大作成の美術史総合リンク。最近更新されていない。
Kataweb Arte イタリアの美術情報ポータルサイト。展覧会情報などが有用。
Arte.it 同上。広告が極めてうざい。
*アートスケープ 大日本印刷が提供する日本各地の美術館展覧会情報、美術用語集など。
Collage Art Association アメリカの美術史学会。実技、作家の人も数多く加盟しています。
美術史学会 こちらは日本のね。最近更新作業が軌道に乗ってきたようです。


5. 関連分野ツール(#は有料サービス)


*JSTOR #代表的なオンラインジャーナルポータルサイト。
*Encyclopaedia Britannica ブリタニカ百科事典てやつですよ。全文検索は有料。
*Columbia Encyclopedia 上よりは簡単な内容だがフリーということで。
*New Advent Catholic Encyclopediaが引ける。あと「神学大全」のテキストとか。
*New American Bible 代表的な英語版聖書。ヴルガタ版はこちら
*Electronic Text Collections in Western European Literature 西欧文学作品のオンラインテキストへのリンク集。著名な古典は結構揃う。
*UT Perry-Castaneda Library Map Collection オンラインで入手可能な世界中の様々な地図の集成。テキサス大学作。
*世界帝王事典 欧州、アジアの歴代王朝の構成員リスト。日本語。
*アリアドネ辞書・用語集 各種ジャンルの辞書事典類へのリンク集(含む語学系)。


6. 辞書・語学ツール


Merriam-Webstar On Line 米語の辞典で有名なウェブスター。英英だけでなく、シソーラスも引ける。
Real Acedemia Espan~ola スペイン王立言語アカデミー。西西辞典が引けるだけでなく、動詞の活用までチェックできる。
アクセス独和辞典 三修社の同辞典を引くことが出来る。
GOO>英和辞典 英和/和英/国語辞典が利用可能。
エキサイト>翻訳 英和/和英のテキスト翻訳とウェブページ翻訳が利用可能。
SYSTRAN 英仏独西伊葡間のマルチリンガル機械翻訳。
翻訳のためのインターネットリソース そのほか、各種語学辞書ツールへのリンク集。
*yourDictionary.com 各種言語の辞書、自動翻訳サイト類のリンク集。


7. 美術館・美術館リンク集


Virtual Library museums pages 世界各国の美術館リンク。英語。
5000 Museum Links サイトのタイトルを上回る7000件以上の美術館・博物館にリンク。日本語。
全国ミュージアムデータベース アートスケープ内の日本各地の美術館リンク集。展覧会情報も。
全国博物館・美術館ガイド 日本各地の美術館リンク。なぜか日本板硝子樺供。
プラド美術館 マドリード。言わずと知れたスペイン美術の殿堂
レイナ・ソフィア芸術センター マドリード。現代美術専門。ピカソの「ゲルニカ」はここに。
ティッセン=ボルネミッサ美術館 マドリード第三の美術館。北方やモダンに強い。
*ルーヴル美術館 日本語ページもある。フランス国立美術館連合はこちらにまとめて。
ウィーン美術史美術館 日本にもいい作品がたくさん来たらしいね。ってことで御本家。
プラハ国立美術館 ボヘミア美術に目覚めよ。市内6ヶ所に分散して建物がある。
メトロポリタン美術館 やっぱ載せとこうやね。その他NYの美術館はこっちに。
ボストン美術館 アメリカ一由緒正しい美術館。スペイン物も意外に持っていて侮れない。
ワシントンナショナルギャラリー オールドマスターは全米一の充実したコレクションを持つ。
フィラデルフィア美術館 セザンヌの大水浴図!意外に初期ネーデルラントとかいいのがある。
ワズワース・アシニアム美術館 米コネチカット、ハートフォード。バロック絵画が充実。
キンベル美術館 米テキサス、フォートワース。バロック絵画が充実。
メドウズ美術館 お隣り、ダラス。サザンメソジスト大学所属。スペイン絵画コレクションがある。
国立西洋美術館 日本国立です@上野。通称「西美」。HP使いにくい。
東京芸術大学美術館 @上野。所蔵品DBも試験公開されています。
新潟県万代島美術館 先輩が勤めている新しい美術館であります。03夏グランドオープン。


8. 文献検索・図書館@欧州


スペイン国立図書館  ARIADNAというカタログで検索。異様に重いことがある。
CSIC Opac スペイン高等科学研究所図書館のOPAC。スペインの文献はこちらも。
IRIS フィレンツェの人文美術史系6図書館の総合OPAC。参加館はヴィラ・イ・タッティ、ウフィツィ図書館、ロンギ財団、国立ルネサンス研、オランダ研、ピエトレ・ドゥーレ。検索は英語で!
Art Libraries Network Florence - Munich - Rome フィレンツェ美術史研究所(ドイツ研)ミュンヘン美術史中央研究所ヘルツィアーナ図書館(ローマ)の3館連合OPAC。なんだドイツ連合か。
大英図書館 英国版Webcatこれ。日本の大学図書館で複写取り寄せ可能。こちらは欧州各国図書館リンク。
KVK(Karlsruhe Virtual Catalog) 欧州各国図書館の横断検索。↓も同じですが、検索するDBは自分で選択。
MultiOpac 同じく欧州各国図書館の横断検索。イタリア中心含む北米。
LIBDEX 世界各国のOPACリンク集。


9. 文献検索・図書館@アメリカ、NY


NYU-BobCat ニューヨーク大図書館。その他、提携図書館数館の蔵書も同時検索。
Columbia-CLIO コロンビア大図書館。美術史はNYUよりずっと充実してます。
CATNYP ニューヨーク公立図書館リサーチライブラリーのOPAC
Watsonline メトロポリタン美術館の図書館。
*FRESCO フリックコレクションの美術図書館。
アメリカ国会図書館(LC) 世界最大だそうですが、当然ワシントンDCにあります。
NY近郊の図書館OPACリスト マンハッタンカレッジ提供。


10. 日本国内美術史系研究室


東京芸術大学 西洋美術史研究室 上野の山は中世一色、でもなくなりつつある。
神戸大学 美術史研究室 通称「おやびん」先生の研究室。
東北大学 美術史学講座合同研究室 日本におけるイタリア美術史研究のメッカ。


11. アメリカ東海岸美術史系研究室


ニューヨーク大学美術研究所 規模だけは全米最大だそうです。学部はこちら
CUNY Graduate Center美術史学科 ミッドタウンにあるニューヨーク市立大の大学院大学に所属。
コロンビア大学美術史考古学科 NYの雄。David Freedberg, Rosalind Klaussらが教えています。
プリンストン大学美術考古学科 NYから1時間。Index of Christian Artもここにあります。
イェール大学美術史学科 NYから2時間、コネチカットのニューヘイヴンに。美術館英国美術センターあり。
ハーヴァード大学美術・建築史学科 フォッグ、ブッシュ=ライジンガー、サックラーと併設の美術館群充実。
ペンシルヴァニア大学美術史学科 在フィラデルフィア。ここもアイヴィーリーグの一角を成す名門。
ジョンズホプキンス大学美術史学科 在ボルティモア。チャールズ・デンプシー、ハーバート・ケスラー…。