ウルフェス2004レポ
2004.08.29

思い立ったが吉日とばかりに池袋サンシャインシティめがけて仙台を出発♪
東京もあいにくのお天気で寒いと聞いていたのですが、文化会館目指して歩いているうちに汗がたら〜〜。
「なんでこんなに暑いの??」という自問の答えは「人が多い」。
夏休み最後の日曜日。しかも雨だもんね・・・。
ウルフェス会場のお隣ではセーラームーンやってるし、あの「トミカ博」も大行列。
大人も子どもも並んで待つ、待つ・・・こうして辛抱を身につけるのか・・・あ。レポから離れました(^^ゞ
なんせちっちはお留守番だったのでお気楽だったんです。


どこから見てもイケメンでしょう〜〜♪

とにかく、ライブステージにまっしぐら(笑)
ご一緒したアグル大好きKさんといろいろお話しながら並んで待つのも楽し♪
一足早くウルフェスを楽しんだMさんから左前席をお奨め頂いたのでしっかりそこに着席。

はい・・・お席は確かに200パーセント楽しかったです(笑)


目の前でのアクションは迫力ありました。ジェロニモンの羽まで飛んできました。
なんと言ってもザギという強烈な個性を持ったキャラクターには驚いてしまいました。
最近、幼年雑誌は卒業していたのでノアに関する知識は薄っぺらい私ですが
ザギはただならぬ邪悪を越えた存在と感じ取れました。
ザギを演じてくれたアクターさんに大拍手〜〜〜です。
ひっさびさに釘付けキャラが出ちゃった〜って感じ(笑)

ザギ・・・

この謎の邪悪な存在ザギを追い払い(?)
地球の危機を大勢のウルトラマンの結集で救ってくれたのです。
もちろん、新しい戦士ネクサスも登場しました。
物語はそれで一段落なのですが・・・。

忘れられない思い出ができちゃいました(*・・*)
実はザギが最後に巨大な怪獣と共に脅かしてくるのですが
それがフワフワバルーンで舞台の上でみるみる膨らんでいくのです。
そのお顔は愛嬌があって面白いくらいなのですが
足というか手?が空気と一緒に私たちの目の前にびろろ〜んと伸びてくるんです。
触れるほど目の前に来るので、舞台上のザギは演技しながらもその手の動きをコントロールしてました。
そのとき私たちとザギの間になんか同調する感じがあって
思わず「うん」と頷いてしまいました(笑)
これってテレパシー??
Kさんと二人で「私たちのこと見てくれてましたよね?」「目と目が合ったよね」とか
そう思うことにしました(笑)
あ〜〜〜楽しい〜〜♪


びろろーんさんと絵になるザギ

ライブステージを終えて休憩を経てもう一回ライブステージを見て(笑)
グッズを品定めしてゆ〜っくりウルフェスを楽しみました。
気が付いたら最終の時間が迫ってたんです(あ〜らら)

はっPステージでは最後のイベント。
ジャスティスとコスモスと一緒にエクササイズたいむ♪
最後になって握手をしてくれるとのことでガイア・アグル・ネクサスも来てくれたんです;;
会場のお客さんの数もだいぶ少なくなっていたのに嬉しいハプニングでした。

握手してるのはおこちゃまだけだなぁ・・・どうしよ〜。
並んでも握手してもらえないかな・・・と、小さな胸を(うそです)ドコドコさせておりましたら
子連れのお友達が先頭を切って握手をしなさったので(さすがキャリアのある人だ・・・笑)
彼女に続けとばかりに握手させて頂きました!
アグルとガイアはもう何年ぶり?(爆)
がっちり握った手の力強さに感激。
やっぱ、ちっちも来ればいがったのに(訳:よかったのに)〜〜〜〜と、思ったのでした、はい!
(でも、一緒に来てたらこの時間まで滞在は出来なかったかも)

ばっちしお土産も買いました。
金太郎飴が我が家では人気でした。

もちろんアグル大好きの皆さまとミートザヒーローで記念写真に納まりました。
ノアが私たちがドアを出るまで手を振ってくれて
やっぱり戦士は優しさでいっぱいなんだなぁと感じました。

そうそう!はっPステージのMCのお姉さん
特にマグミちゃん?はステージの合間にも砂絵コーナーにいてたり
子どもたちに話し掛けてくれていたりと休む間もないほど会場にいました。
とても感じがよくて好印象でした^^

なんだかんだで今年も行くことができたので来年も行けますように!
ウルフェスの皆さん、また来年〜〜〜♪



(C)TSUBURAYA PROD

戻る