第11回 ダイアトニック・コードと
斬新な進行

(1)私の曲を

 今回は例題として、私の曲を使いましょう。  タイトルが決まってないので、タイトル未定としましょう。 キーはDmです。  初めてのマイナーキーですが、始めのうちはDmは Fとシャープ、フラットがつく場所が同じと考えてください。 コードを書く順番が変わるだけです。 ごく簡単に考えると  Dm、Em、F、Gm、Am(A7)、Bb、Cとなります。  マイナーキーの場合はAmの場合とA7の場合で両方可です。 <多少、間違っています。厳密な話は市販書を見てください。>  さて、私の曲は Aメロ Dm C Bb A Dm C Bb A Bメロ Gm Dm C F Gm Dm G Csus4 Cとなっています。 上のDmにおけるダイアトニックコードにない仲間はずれは何でしょうか? (susはCと近いのとダイアトニックと考えてください。)

(2)解答

実際に弾いてみてください。 解答はちょっと斬新な感じがするところです。  答えはBメロ、後の方のGです。 Gmはダイアトニックに入ってますが、Gメジャーは違うのです。  そう思って、もう一回、上のコードを弾いてみましょう。 ちょっと、斬新な印象受けません?

(3)解説

Dmの場合、シの音にのみフラットがつきます。  レ、ミ、ファ、ソ、ラ、シb、ドがDマイナーのスケールです。 (ナチュラル・マイナースケールの場合) そのスケールの中、シにフラットがつかないGメジャーが出てくることで 転調に近い印象を与えるのです。  Gメジャー自体は何の変哲もないコードです。 それをGm Dm Gとすることで、はっとする進行になります。  「何か回りくどい説明だなぁ」と思われるかもしれませんが 現在のポップ・ミュージックにおいて、こういうテクニックが 使われていない曲の方が希です。  「Simple is BEST」という言葉もありますが、曲作り キーボードソロの場でこのテクニックを使ってください。
♪この曲を聴いてみよう♪
ASKA hello  「NEVER END」収録、ベスト未収録
非常におもしろい進行です。 ASKAのコード進行は凡人離れした進行でセンスを感じるので、是非、他の曲も聴いてみてください。

 こちらのサイトにhelloのコード譜があります。 GUITAR SCORE of CHAGE&ASKA
キーはCですが、いろんなコードを使ってます。
第12回へ メニューへ戻る 2001年 1月 4日