第12回 『I'm proud』に見る小室哲哉のセンス

(1)まず、コード進行を

華原朋美の『I'm proud』を例題に取り上げましょう。 作詞・作曲:小室哲哉です。  キーがEなので、わかりやすいようにCメジャー版も作りました。 サビの部分です。 |E B/D#|A/C# E/B|F#/A# A |F#m7 Am| |E/G# A |E/B B |E/G# A |E/B B | repeat わからない方のために歌詞をつけますと Lonely   くじけそうな 姿、窓に  映して  |E B/D#|A/C# E/B    |F#/A# A |F#m7 Am| あてもなく 歩い た人知れずため息  つく |E/G# A |E/B B|E/G# A  |E/B B |

(2)ダイアトニックじゃないのはどれ?

いつものようにダイアトニック・コードを考えてみます。 Eメジャー(シャープ4つ)なので使えるコードは E F#m G#m A B C#m D#m-5 となります。(-5はマイナーフラットファイブ) それを頭に入れて、このコードを見るとわかりますでしょうか? |E B/D#|A/C# E/B|F#/A# A |F#m7 Am| |E/G# A |E/B B |E/G# A |E/B B | 太字の部分がダイアトニック以外の進行です。 F#はマイナーだとダイアトニックながら、あえて、メジャーを使ってます。 Aは逆でメジャーが普通なのに、あえてマイナーを使っているのです。  さて、ここで鼻歌でも歌いながら、このコードを実際に弾いてみてください。 F#/Bで引き締まった感じ、Amで切ない感じが出てくると思います。  メロディの音を取ればわかりますが、メロディ自体はキーの構成音だけで作られてます。 これ見てないで、楽器にGO! 

(3)普通はどうするか?

普通(非常に曖昧ですが)はどうするか? メロディがごく普通のスケールのみから出来ているので、コードも普通の ダイアトニックにしても問題ないはずです。  太字の部分はF#mなりAなり、ごくスタンダードなコードを割り当てても 曲は自然に進行したと思います。(実際にやってないのでわかりませんが) が、そこであえて、二つの切ないコードを入れたのが小室哲哉のセンスなのでしょう。  この二つのコードによって、メリハリがつき、曲にバリエーションが生まれています。 ベース音もセンスティブで美しいコード進行と言えるでしょう。   「I'm proud」は「LOVE BRACE」というアルバムに収録されてますが 今なら中古で100円とか相当、安い値段で手に入ると思います。  学習用に(笑)1枚、買ってみてもいいんじゃないでしょうか? 第13回へ
♪この曲を聴いてみよう♪
華原朋美 I'm proud  「LOVE BRACE」
デヴィッド・フォスターの曲など
メニューへ戻る

Cメジャー版

(1)まず、コード進行を

華原朋美の『I'm proud』を例題に取り上げましょう。 作詞・作曲:小室哲哉です。 サビの部分です。 |C G/B|F/A C/G|D/F# F |D#m7 Fm| |C/E F |C/G G|C/E F |C/G G| repeat わからない方のために歌詞をつけますと Lonely   くじけそうな 姿、窓に  映して  |C G/B |F/A C/G |D/F# F |D#m7 Fm| あてもなく 歩い た人知れずため息  つく |C/E F |C/G G |C/E F|C/G G|

(2)ダイアトニックじゃないのはどれ?

いつものようにダイアトニック・コードを考えてみます。 Cメジャー(シャープ4つ)なので使えるコードは C Dm Em F G Am Bm-5 となります。(-5はマイナーフラットファイブ) それを頭に入れて、このコードを見るとわかりますでしょうか? |C G/B|F/A C/G|D/F# F |D#m7 Fm| |C/E F |C/G G|C/E F |C/G G| 太字の部分がダイアトニック以外の進行です。 D/F#はマイナーだとダイアトニックながら、あえて、メジャーを使ってます。 Fmは逆でメジャーが普通なのに、あえてマイナーを使っているのです。  さて、ここで鼻歌でも歌いながら、このコードを実際に弾いてみてください。 D/F#で引き締まった感じ、Fmで切ない感じが出てくると思います。  メロディの音を取ればわかりますが、メロディ自体はキーの構成音だけで作られてます。 これ見てないで、楽器にGO! 

(3)普通はどうするか?

普通(非常に曖昧ですが)はどうするか? メロディがごく普通のスケールのみから出来ているので、コードも普通の ダイアトニックにしても問題ないはずです。  太字の部分はD#mなりFなり、ごくスタンダードなコードを割り当てても 曲は自然に進行したと思います。(実際にやってないのでわかりませんが) が、そこであえて、二つの切ないコードを入れたのが小室哲哉のセンスなのでしょう。  この二つのコードによって、メリハリがつき、曲にバリエーションが生まれています。 ベース音もセンスティブで美しいコード進行と言えるでしょう。   「I'm proud」は「LOVE BRACE」というアルバムに収録されてますが 今なら中古で100円とか相当、安い値段で手に入ると思います。  学習用に(笑)1枚、買ってみてもいいんじゃないでしょうか? 第13回へ
♪この曲を聴いてみよう♪
華原朋美 I'm proud  「LOVE BRACE」
デヴィッド・フォスターの曲など
メニューへ戻る 2001年 10月10日