第18回 Um−X

(1)トューファイブとは

カタカナで書くと妙のかっこわるいんですが(^^;、まあこのままにしておきましょう。 今回は2度マイナーから5度に進行する2−5を学んでいきましょう。  非常にポピュラーなので聴いたことある人もあるでしょうね。 これは主音から見て二番目の(音を中心とする)コードから5度のコードに進行するもの キーがCの場合、Dm→Gとなります。 同様にGの場合はAm→Dとなります。 Dm、Amがマイナーセブンスになる場合も多いんですが 今回は普通のマイナーコードにしておきましょう。

(2)感覚的には

 この進行、最初に理論書で見た時、「だから、どうしたの?」と思いました。 何か進行してるようで進行してないような曖昧な感じに聞こえたのですね。  今、2−5が入ると引っ張った感じに聞こえます。 イメージ的にはグイ!と引っ張るニュアンスが2−5です。

(3)サビの前で使われる

 この進行は基本パターンなので曲の中で何度も使われます。 ですが、最もよく使われるところは?と聴かれた。サビの前とサビの最後をあげます。 |F# E |D E|F# E/G#|A | |D A|E F#m |G |Esus4 E| repeat |A |F#m |D |Bm E | |A |F#m |D |Bm C#| |F#m |E |D Bm7/E|A | |F#m |E |D Bm7/E|A | これ今、作っていてデモのデモとして友達に送った曲のコード進行です。 生後一週間に満たない新生児です。 MIDIファイル  ピアノとメロディしか入ってないんですけど聞けますか? 上の黒字の部分が2−5です。 ベースがないのでわかりにくいかもしれませんが、比較的強い進行感が出てると思います。  こんな引っ張る感じと感じてもらえれば幸いです。

(5)もっと一般的なケースを

思えば最初の例が悪かったかもしれません。もっともっと一般的な例を考えましょう。 カノン型進行とも言われる超定番パターンです。 |C G |Am Em |F C |Dm7 G| 最後の太字が2−5!  お手持ちのCDでこの進行のものがあればそれを聴きながら見てください。 ZARD「負けないで」の(ベース音は若干違います。) 「♪負けないで もう少し 最後まで走り抜けて〜」(in G) 河村隆一「Love is」の 「♪いつまでも 離さない いつまでも たとえ君を傷つけても〜」(in Eb) 岡村孝子「夢を諦めないで」(古い!)の(ベース音は若干違います。) 「♪あなたの夢を 諦めないで ・・・」(in Db) どれでもいいので自分の好きなキーで弾きながら、最後の2−5に注目してください。 出来ればベース音がシンプルな河村隆一がいいかな? 参考までに全ての歌詞
♪この曲を聴いてみよう♪
何の曲でもいいので耳を敏感にしましょう。それだけで十分!
メニューへ戻る 2002年2月26日