ラッセル・クロウ掲示板過去ログ25
Kumiko's Russell Crowe Message Board Archive 25
戻る


Welcome aboard! 投稿者:Kumiko  投稿日: 8月13日(水)23時31分17秒

*ペコさん
以前じゅうばこさんがおっしゃっていた恵比寿ガーデンプレイスの「グラディエーター」上映に行ってらしたのですね。今時、暑いんじゃないかな…と思っていたけど、涼しかったようでよかったですね。屋外で観るのも、また気分が変わっていいかもしれませんね…特にコロシアムのシーンとか。私も久しぶりにDVDを観ようかな。

*秋林 瑞佳さん
初めまして!よくいらして下さいました。私も縄跳びは下手ですので(?)どうぞ気軽にご参加を。まったりとゆきましょう〜

拙いサイトをお褒め頂きありがとうございます(照)当サイト、「パトリック・オブライアン」では、必ず検索が引っかかるようになっております。(他にないからだけど)「ラッセル・クロウ」では、なかなか上位に来ないのが問題なんですけど…

初めて見たのが「クイック&デッド」で、「LAコンフィデンシャル」では気になってはいたけれどファンにはならなかった…というのはだいだい私と同じ。ここにいらっしゃる他の方とも同じかもしれません。その後の「グラディエーター」でとどめをさされた方が(私を含めて)多いです。

何気なく…というか、苦し紛れ(?)で出した「今月の一枚」が、自覚なさるきっかけになったとは誠に光栄です。

今秋NYへ?いいですね〜私も、猛烈に、見に行きたいです。ああもう一刻も早く見たい!

これからも、暑い熱い書き込みお待ちしております。

*いばらさん
10日の日記に暑い暑いと愚痴ったのですが、あの日が暑さの盛りだったようで…ちょうどお墓参りだったんですか。大変でしたね。

リンダ・ブレア…山本リンダ…どちらも「あの人は今?」って感じですね。しかし、「うらら〜ん」って…日本語版脚本を書く人も映画が映画なんで気楽に遊んでいるのでしょうか。

>「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」
はりぽたファン(特に大人の女性ファン)には、私を含めて「他の巻もまあ好きだけど、3巻だけは特別」って人が多いと思うので、作る方は気合入れてかからないと、ですね。観る前に「脳内映画」が出来てしまいそうな映画が多くて大変です。

おかげさまで、トラは連敗脱出でほっとしました。

シャープシリーズ…見たいです。NHKBSで、ホーンブロワーの次にやってくれないかなあ。

ジャックは上流階級ですが、スティーブンには「百年前のカリブ海で海賊をやっていた方が似合っていた」などと言われています。「カリブの海賊」(<やっぱり、この邦題の方が合っていたと思うのですが)、今週末までに観る予定です!


お嬢さん、お入んなさい〜 投稿者:いばら  投稿日: 8月13日(水)22時10分01秒

秋林さん はじめまして〜。Kumiko様より先にご挨拶してすみません〜。
私も縄跳びヘタですが、ご一緒に「master & commander」楽しみに待ちましょう!

11日には『グラ』の上映があったのですよね〜。私は10日に酷暑の中、墓参りをしてバテて一日寝てましたけど…。いつか大画面で見たいものです。

先日『BAZAAR日本版』という雑誌を立ち読みしました。ジェニファー・コネリーが表紙で、中身にも特集が組んでありました。ポールさんとのお話とか乗っていましたよ。その他にも、映画に出てくるファション史の特集などもありました。

うららうららの山本リンダと言えば、昨日ダンナが『超能力学園Z2・パンチラウォーズ』つー映画を見ていたのですが(昼のTVでやっていたのをわざわざ録画した)、その中にリンダ・ブレアがお色気教師の役で出ていて、声が山本リンダでした。「うらら〜ん」って言ってましたよ〜。リンダつながりなんでしょうね〜。(それだけなんですけど…)

アズカバンの囚人は大分かたちになってきたんですね〜。今日、TVで三階建てバスの写真も出てましたよ。そんなことを言いながら、まだ『秘密の部屋』も見てない私ですが、アズカバンが一番面白かったと思うので、少し期待してしまいます。しかし主役の三人組は大きくなりましたね〜。

タテジマの虎も連敗かと思いましたら頑張ってますね〜。そろそろ心安らかに応援できる頃でしょうか? あたくしは父の代からの赤ヘルなんです〜。

ということで話題の虎ですが、私はシャープシリーズの未邦訳にとうとう手を出してしまいまして、この題名が『Sharpe's Tiger』なのです。まだ若き日の一兵卒のシャープのインドでの戦いです。どうもシャープにのめり込んでいるようです。

で、今日は『著作権侵害者オブカリビアン』見てきましたよ〜。スパロウ船長のろくでなしっぷりが最高でした。しっとりしたシーンはほとんどなかったけど、ノンストップアクションでよかったわ〜。カリブの海賊のアトラクションに後ろから入った感じですね〜。オーブリーさんで予習したかいがあって、船が少し身近に感じられたのもよかったです。

初めての上流階級! 写真だけですが、ちょっと気取った感じの身のこなしが感じられて(よい意味でですよ)、どんなふうになるのかな〜と、楽しみです。

小ネタばかり、長々と……、になってしまいました…。


初めまして 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日: 8月13日(水)12時38分11秒

管理人のkumikoさん、みなさま

初めまして(勇気を出して初めての書き込みです)、秋林と申します。
けっこう前からロムだけ致しておりましたが、掲示板への書き込みとなるとなかなか勇気が出なくて。縄跳びの輪にどうやって加わろうかとタイミングを計る、子供のような気持ちでございました(昔から縄跳びはヘタっぴだったからニャ〜…)。上手く跳べるかどうかわかりませんが、よろしくお願い致します。

それにしても素敵なファンサイトですね〜♪
管理人さんのラ…ッセル(←まだ呼び慣れてない)への愛とその文章センスをずしりと感じ、うるるるるる〜となってしまいました。
パトリック・オブライアンについて検索していて、たまたまこちらのサイトにヒットしたのですが、こんな素敵なサイトに出会うとは思わなかったです。検索サイトに「Tah!」しないと♪

で。私のラッセル歴をいちおうちょっとだけ。
えっと…1995年の「クイック&デッド」で初めて彼を観ました。サム・ライミの映画を観に行ったら、たまたま発見したという感じ。そのときはそれまでだったのですが、「L.Aコンフィデンシャル」「インサイダー」で「おおお〜!こりゃいい俳優だ!」と。いつの間にか、気になる俳優になっていました(海外サイトで情報収集してたくらい)。

でも好きだと自覚したのは、つい最近…本当につい最近…日付をいうと8/7。こちらのサイトの「今月の一枚」を拝見させて頂いたときです。A&Mシリーズの文章を見て…あの一節で自覚しました。…自覚するのに、何年かかったんだか…。


新作の「マスター&コマンダー」はとても楽しみです。今秋NYへ、ヒュー子ちゃんのブロードウェイデビューの舞台と合わせて観に行きたいと思うほどです(今のところ思うだけ〜)。もともとピーター・ウィアー監督の大ファンなのですが、好きな監督が好きな小説を演出、さらに好きな俳優が出演するなんて滅多にないこと。ああ〜早く観たいな〜…。

…初めてなのに、ヘンな書き込みですみません。やっぱ暑さのせいかしら…。


グラ観てきました! 投稿者:ペコ  投稿日: 8月12日(火)01時00分35秒

>Kumiko様
今晩は!今日恵比寿にて開催されたオープンシネマにて『グラディエーター』を観てきました。今年3月自宅にて観て以来、本当に久しぶりでした。やっぱり泣いちゃいました。カッコよかったんです。しかも屋外で観るのは生まれて初めてでした。周りの照明のせいで明るくてスクリーンの画面が薄暗くてやや見づらかったけど、夢中であまり気にしませんでした。涼しくて気持ちがよかったんです。


どこにも行けず… 投稿者:Kumiko  投稿日: 8月10日(日)03時54分36秒

や、暑くなってきましたねぇ。暑さに超弱いわたくし、今年は冷夏かと思って喜んでいたけど甘かった。早くも夏バテです。(なんか、毎年同じようなことを言っているような…)皆様いかがお過ごしでしょうか。

>じゅうばこさん
「いらいらと」すごされているのかと思えば、よく読むと「いららいらら」でしたね。そう言えば高校野球の応援では未だに山本リンダの「ねらいうち」がよく演奏されていますが…(<それは「うららうらら」)

私も暑さでぼうっとなっています。取っ手がトラジマになっているバッグ、いいですね!私も見かけたら買ってしまいそうです。(高価なバッグを買っている余裕はないのだが…)阪神ファンだと思われる危険はありそうですね。いっそのこと、ついでに阪神ファンになってしまわれては…(<来年以降の人生にプラスになるかどうかは保証しませんが。)

どーも元気が出ないです。それというのも、わたくしに元気を送ることのできるポテンシャルを世界一持っている人があんまり働いてくれないからです。くそー。それで代わりにトラジマ球団から元気をもらおうとしているのだけど、それも最近ちょっと…やはり他力本願ではだめですな。

錯乱気味のレスですみません。


海にも行けず… 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 8月 5日(火)21時36分23秒

いららいららとすごしています。皆さまはいかがですか?

それで先日、暑さでぼうっとなって、あるホテルの売店で、イタリア製というビニールのバッグのものすごく高い(私にしては)のを買ってしまいました。緑の草の中に、トラが歩いていて、なかなかかわいいのです。取っ手のとこまで、しっぽのようなシマシマです。
もちろん私は「あー、マキシマスー」と思って買ったのです。でも今日あたりになって冷静に考えてみると、今どきこんなバッグかかえて歩いていたら、ただの阪神ファンとしか思われませんよねえ。まあ、それだってもいいけれど。

というような毎日です。あ、「パイレーツ・オブ・カリビアン」見て来ましたよー。まあまあなかなか面白かったです。


夏は海!(行く予定はないけど…) 投稿者:Kumiko  投稿日: 8月 4日(月)14時51分42秒

>いばらさん
中国語は、漢字を読むと結構分かった気になるのが不思議ですよね。以前、仕事の関係で知り合った香港の人と英語が全然通じなくて(お互いに訛りが違うらしい)、一生懸命筆談していたのを思い出しました。

オーブリーは貴族ではないのですが(貴族だとサーとかロードとかついてるんですよね?)、荘園領主の息子ではあります。それって上流階級…ですね。そういえば、ラッセルが上流階級を演じたことないですね。もっとも、ジャックはあんまり上流階級って感じはしないのですが…父は陸軍の将軍ですけど、迷惑にしかなっていないみたいだし。後の方の巻に「囲い込み」の話とか出て来て、世界史の授業をぼんやりと思い出したりしました。

本物の海に行く予定はないので、せめて「カリブの著作権侵害者」(by Excite翻訳)…じゃなくて「パイレーツオブカリビアン」でも観て来ようと思います。その方が日焼けもしないし。

ところで海映画と言えば、今夜12時からNHK衛星第二でホーンブロワーのドラマが放映。1作目が面白かったので、楽しみです。

http://www3.nhk.or.jp/kaigai/bs/index.html


海映画 投稿者:いばら  投稿日: 8月 2日(土)18時57分29秒

新しいトレイラーは、笑顔が増えてよかったですよね〜。原作のオーブリーと少し重なってきました。くるくる金髪もなかなかでしたわ。ホント、あの女性はなんなんでしょう?
日本語がないのは、公開が遅いからなんでしょうか? でも中国語でも結構わかるもんなんですね〜。(私は、英語の場合も同じような理解度かも…)

ところで、オーブリーさんって爵位とか持ってるんですか? オーストラリアやハリウッドものの映画を見てるとあまり気になりませんが、最近、ショーン・ビーンのおかげでイギリスものをよく見るようになると、必ずどの階級に属しているかを確認しないといけないような気になってきました。軍隊でどんなに出世して階級があがっても、その出自のせいで本当の将校じゃないっていたぶられるシャープさんはとてもツボではあります。でもオーブリーは労働者階級ではないですよね〜。上流階級を演じるラッセルって初めてのように思います。どんなふうに演じるんだろう? 想像がつかないわ。

ペコ様
「ハルク」見てらしたんですね〜。いかがでしたか? ジェニファー・コネリーは、いっつも美人のヒロインという位置の役ばかりな気がします。せっかく助演女優賞取ったのだから、もう少し文芸路線とか開拓したらいいのにな〜。(それにしても美しさは変わらず…ですけれど)

しばらく前に「ブルークラッシュ」見てきました。海が!海が!すごかったですよ〜。すぐに公開が終わってしまうのかと思ったら、なんだかヒットしてるようで続いてるみたいですね〜。来週あたりには「パイレーツオブカリビアン」に行こうと予定してます。あと年末の「ファインディング・ニモ」で、海の予習は万全です!

ベタニーさんの「唯一誇れる映画」という言葉は、ラッセルのLACの「初めての大人の映画」という言葉に似てますね〜。いい脚本にめぐり合うっていうのは難しいことなのですね〜。


待ち遠しいですね。 投稿者:Kumiko  投稿日: 8月 2日(土)01時43分36秒

>ペコさん
お久しぶりです!ジェニファーの「ハルク」とポールの「デッドベイビーズ」をご覧になったのですね(夫婦つながりですね)。「CUT」に載っていたインタビューでポールは「ギャングスター・ナンバー1」のことを「あの頃に出た映画の中では唯一誇れる映画」と言っていたから、つまり他の映画は……ってことですね。

「M&C」のトレーラー、めちゃめちゃいいですよね!今回はオーブリー艦長の笑顔も見られたし。
でも、私「女性は出てこないらしい」とか書いていたら、ちらっと映ってましたね女性が。あれは誰なんだろう??

余談:「M&C」オフィシャルサイトについて(原作読者限定?)
中国語と韓国語があってなぜ日本語のページがないんだろう…と思いつつ中国語のところを見たら、「演員」のキリックの説明が、「Jack身邊常常失禮的僕人」となっていたのはウケました。やっぱり常々失礼なんでしょうか。


やっとですね。 投稿者:ペコ  投稿日: 7月30日(水)00時53分13秒

>Kumiko様、皆様へ
今晩は!ご無沙汰しておりました。ラッセルつながりとして3日前『ハルク』(ジェニファー・コネリーとジョシュ・ルーカス)と今日レイトショー『デッドベイビーズ』(ポール・ベタニー主演)を観てきました。『ハルク』は『ビューティフル・マインド』のアリシアとダブって見えてしまうぐらいでしたが、『デッドベイビーズ』はイギリスらしいグロくてナンセンスギャグだらけでひどかったんです。『ギャングスターナンバーワン』のほうが遥かに優れているかと思いました。

おニュートレイラーがついに公開なさったのですね。めちゃくちゃかっこよくて楽しみです。日本公開が来年3月なんて待ち遠しいですね。


興奮ついでに 投稿者:Kumiko  投稿日: 7月29日(火)01時10分36秒

Crowe Graphicsのページで、新しいトレイラーのキャプチャ画像がアップされています。

…よく見ると、ジャックとマストに登っているのはトム・プリングズくんですね。ちと残念。まあ、スティーブンならこんな余裕たっぷりな登りっぷりなわけはないか。

http://www.crowegraphics.net/pages/fsotw.html


興奮状態 投稿者:Kumiko  投稿日: 7月26日(土)16時09分19秒

*じゅうばこさん
ラッセルは「権威」の言う事は聞きそうにないタイプですね。でも、尊敬する監督とかに言われたら案外言う事聞くかも…。ここはロン・ハワード監督に言ってもらうとか(笑)。あるいは一番効きそうなのは、やっぱりダニさんが「金遣いの荒い妻」になってくれることかも(<しつこい)

>「もっと若くてけんかできる体力のある時でなきゃ、実際につきあえる相手じゃない」
なんか、それこそ子育てみたいな話ですね(笑)。

*rainbowさん
>筋肉質の二の腕(太)で相手の彼女をひきよせたとき
うーん、みなさん、二の腕に弱いんだから(笑)

>いろいろな脚本に目をとおしているはず、ダイヤのような脚本にあたって、チーンと鐘がなったら、必ず出演するはず
そうだといいですねえ。ラッセルの言う「鳥肌効果」ですね。私(一ファン)としては、贅沢を言っていないでさっさと出て欲しいのですが。


*いばらさん
>きっと牧場で牛や馬の世話なんかして育つのではないかと思います。
たくましい良い子に育ちそうですね。男の子でも女の子でも。

シャープ情報ありがとうございます。うっ、ちょっと高いですねー。金欠の私には苦しいかも…臨時収入でもあったら検討します。あと、図書館ですね。

「マスター&コマンダー」のトレイラー、ここですね↓

http://www.masterandcommanderthefarsideoftheworld.com/intro.html

うわっ、すばらしい!!!今度はスティーブンもいっぱい出てる!トム・プリングスくんも、可愛い士官候補生も!
わーい、二人がマスト登ってる!!

実は昨日「最初の」レビューというのを読んで、ちょっとネタバレしてしまいました。興奮しております。ネタバレ嫌いの方にはオススメしませんが…
(あ、もしネタバレを目にされても、この掲示板には書かないで下さいね。よろしかったら「オーブリー・マチュリン」掲示板の方に「映画ネタバレ」とつけてお願いします。)

トレーラーのお陰でかなり興奮状態なので、乱文失礼いたします。さ、もう一回見よっと♪


さっき 投稿者:いばら  投稿日: 7月26日(土)12時06分00秒

20世紀FOXからメールが来て、新トレイラーが見れるようになったのですって。
マストの上に立つ艦長の姿もあって素敵でしたよ〜。
今度のは笑い顔も少しあって、よかったわ〜。

いろんな言語に対応してて、中国語や韓国語もあるのだから、日本語も〜。
編集済


妊娠話は 投稿者:いばら  投稿日: 7月25日(金)11時11分25秒

確かなものになったようですね〜。私は前に言ったように子供のいる男はいいんですが、子供を抱いた男は嫌なので、エンターティナーとしては私生活は出さない方向でいくといいな〜。(本人はそのつもりでも、まわりが許さないでしょうが。)
セレブのお子様ではありますが、きっと牧場で牛や馬の世話なんかして育つのではないかと思います。そして、どちらに似ても、きっとタレ目。

Kumiko様
そうです、シャープです。ご存知でしたか〜。
ベタニーさんの隣にいるのがシャープ(ショーン・ビーン)ですね〜。
私は北米版のビデオで買いました。全部で14本のシリーズものです。
4本4本3本3本のパックになってます。(だから最近とても貧乏)。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/6303421334/ref=lm_lb_1

米とか英のアマゾンに行くとバラ売りもあります。DVD(バラと2本組と全巻パックあり)も出てますが、米にはリージョン1の壁があり、英にはPAL方式の壁があるので、突破するのは大変。あ、もちろん日本語字幕はなし。ラッセルのおかげで「愛で観る」のは慣れてたので、大丈夫。英版には英語字幕があるそうです。
原作の本も邦訳が12冊でていまして、とても面白いです。1809〜1815(1820)なので、半島戦争の経緯がなんとなくわかります。
『炎の英雄シャープ シリーズ』バーナード・コーンウェル著 光人社
ちょっと気恥ずかしいシリーズ名ですが…。文庫じゃなくてハードカバーなので高いです。(さらに貧乏…)。第一巻は品切れ状態らしいので、図書館のほうが見つけやすいかも。

rainbow様
ジェイソン・ステイサム、いいですよね〜。「トランスポーター」では、もう動く動く動く動く動く…という感じで、映画館の中で一緒になって足をバタバタさせてしまいました。「ミニミニ大作戦」にも出てるみたいですけど、宣伝では全然映ってませんね〜。

リンは確かにエドを挑発して誘ってますけど、最初はレイプでしょー、襲いかかってるでしょーー、と思います。その場面そのものより、法を遵守する品行方正なタイプだと思ってたのに、そのギャップがショックでした。(原作を先に読んでれば、裏表のあるタイプだってことがわかったかもしれませんね。)バドが黒人を撃ち殺した時は、こいつはやりそうだと思ってたので、ショックじゃなかったわ(笑)。
脚本はほんとに上手いですよね〜。特に巨大テーマパークの部分なんかは絶対表に出せないですから、きれーに取り除いてるな〜と思います。

じゅうばこ様
ギュっと勘どころを押さえるというお話をきいて、お釈迦様になって手のひらの上で踊るラッセルを見てたら楽しいだろうなーと思いました。自分ではムチャしてるつもりでも、ちゃーんと手のひらの中におさまってたりして。
編集済


お久しぶりです! 投稿者:rainbow  投稿日: 7月23日(水)22時41分46秒

いばらさんの浮気話(でも浮気してらっしゃいませんが)につられてでてきてしまいました。
「トランスポーター」のジェイソン・ステイサム私も好きです。お友達によろしく。そう、スナッチの時とてもよかったのでトランスポーターを観て「これスナッチの人やん!」と騒いでいたのですが、筋肉質の二の腕(太)で相手の彼女をひきよせたとき、「もーっ、いいやん!」と思ってしまいました。一度、ラッセルでもジェイソンでも引き寄せられてみたい〜。
LACといえば、原作をやっと最近読み終えました。原作の雰囲気を壊さずにエログロい部分をかなり一般向けにして上手に映画化したんだなーとつくづく感心しました。。
でも、エドがレイプに走ったって?リンのことですか?あれはほとんど合意にもとづくものだと…。変ですか。とにかく、LACは3人の刑事が3人ともとてもいい演技をしていて、私にとっては今までにみた映画の中でも最高傑作の中に入っています。ラッセル出演作の中では一番です。。。
しかし、今は、、まったく、、働く気あんの!!それに、子どもはあまりちやほやしないで育てて欲しいなあ。でもセレブの子だからそれは無理か。
でも俳優の道が天職だという感じでつきすすんできたのだから、いろいろな脚本に目をとおしているはず、ダイヤのような脚本にあたって、チーンと鐘がなったら、必ず出演するはずですよね(それはリチャード・ハリスか)。
久しぶりに来てかってにしゃべってすみません。みなさんといっしょに、新しい出演情報を心待ちにしております。


もうこうなったら 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 7月23日(水)22時18分30秒

誰かが育児学者(いるのか、そんなの)の権威に化けて、ラッセルに「親がちゃんと働いてないと、子どもは健全に育たない」とか嘘言って信じさせるしかないですね。
でも、権威にはやたら強そうだからなあ。
今日、久しぶりに会う友人(ラッセルのファン)と話して「人のいうこと聞きそうなタイプじゃないしなあ」と言ってて、私が「でも、どこか、かんどころをぎゅっと押さえたら、案外言うこと聞かせられそうな気がする」と言ったら「甘い。あなたは彼には甘いんだから(ちょっとちがうよね、その甘いとこの甘いとは)」と言われてしまった。
彼女は40代、私は50代なんですが、「もっと若くてけんかできる体力のある時でなきゃ、実際につきあえる相手じゃないな、あれは」ということで意見が一致しました。が、それじゃブラッド・ピットやベッカム君あたりと遊んでたらいいかというと、それはものたりないだろうなあ、と、まったく相手の意向も都合も無視した考察で盛り上がったのですが。


いろいろ複雑… 投稿者:Kumiko  投稿日: 7月23日(水)16時25分40秒

*いばらさん
>働かないと浮気しちゃうぞ
同感、同感。でも、とりあえず浮気の相手が見つからない私…

ボクシングものっていうと、私もあまり好きではないかも。というか、あまり観ていないかも。デンゼル・ワシントンの「ハリケーン」(イマイチ)と、「ロッキー」シリーズ(一作目は好きですが、後はあんまり…)ぐらいかな。ボクシングものの枠にはまらない傑作を期待したいところです。

「LAC」の頃、気になっても情報が少なかったってこともたしかにあるかもしれませんね。インターネットは一応もうやっていたのですが、今よりはずっと見る機会が少なかったし、個人ホームページも今に比べれば無いに等しかったし。映画を観るだけじゃなくて、いろいろ詳しい情報を調べたり、掲示板で語り合ったりしているうちにますます好きになってしまうってことはあるかもしれません。

いばらさんが浮気している陸軍さんって、ショーン・ビーンのシャープですか。オーブリーと同時代モノですよね。これ、私も観たいと思っているのですが、日本でもビデオ出ているのかしら…?

>聖子ちゃんヘアのようなベタニーさん
これですね(笑)。

*あずきさん
お久しぶりです。お元気ですか〜?

ダニ奥さん、妊娠14週間だそうで。14週間ってことは、えーと4ヶ月目?予定日は年末ごろかしら?

えー、子供が生まれることそのものは別にいいんですが、というか祝福してあげなくちゃと思うんですが、子供が生まれたらますます「子供の成長を見守りたいから」とか言って映画から遠ざかるのではないかと思うと素直に祝福できない気も…

>くそー、仕事しろよ〜。
その通りです、はい。


ちょっと・・・嫌だなあ 投稿者:あずき  投稿日: 7月23日(水)14時25分09秒

ラッセルがパパに?
あまりに衝撃的なニュースが飛び込んできたので、泡をくって駆けつけました。
ゼエゼエ。
いや、結婚したからにはいずれはそうなるだろうというのは、分かっていましたが、実際耳にすると、やっぱりショックかも。
それにしても、仕事が早い。
きっと、良いパパになるであろうことも予想がつくので、余計にがっくり。(笑)
なんだか、力が抜けてしまいました。トホホホ。
くそー、仕事しろよ〜。

Kumikoさま>
お久しぶりです〜。お久しぶりなのに、いきなりの毒舌お許しください。
あー、禁断症状がおきてるところに加えて、このニュースだもんなあ。
こうなったら、もう、馬車馬の様に働いて欲しいものですわ。


働かないと浮気しちゃうぞ 投稿者:いばら  投稿日: 7月18日(金)11時35分54秒

さっさと働け〜 に、同感です。次は「シンデレラ・マン」なのですね〜。私、あんまりボクシングものは好きじゃなくて、今まで面白いと思ったことないんですよ。私のボクシングものへの認識を変えてくれるような作品になるでしょうか? レニー・ゼルウィガー共演は楽しみなんですけど。

*「LAC」を最初に見たときはラッセルのファンにならなかったことは確かで
ホントに何でだろう? 気になっても、当時は情報がなかったってことかな〜。
コートの頃は一応探したんですよ〜。でもわからなかった。インターネットもなかったし。
「LAC」の宣伝をしてた頃は、当時の刑事ものにしては非常に残虐だという印象でした。(だからナイト・アウルのシーンをじっくり見ちゃったりして… ホラー好きの私)今はもっとひどいものが沢山出てるので特には思いませんが…。エルロイ原作だからそうなって当然でもありますね。

*この人ですね。
そうです! ちゅぱです。

早稲田松竹には、「リベリオン」の2回目を見に行ってきたのです。クリスチャン・ベールもさることながら、ちょっとだけ出たショーン・ビーンがよかった〜。前に言ってた私がラッセルから浮気しそうな陸軍さんもショーン・ビーンです。イギリスのTVドラマなんですが、先日そのシリーズを見ておりましたら、ポール・ベタニーが出てまして、聖子ちゃんヘアーのような髪形で可愛かったわ。
一緒に行ったラッセルの画像を見せていた例の友達が併映の「トランスポーター」のジェイソン・ステイサムにはまってしまいました。彼女は筋肉ファンなんです。「スナッチ」を激しくお薦めしてあげました。ブラット・ピットじゃなくて、ジェイソン君が主役ですよねえ。ところで、プラピのミニスカで話題の「Troy」にもショーン・ビーン出ております。オディッセウス役です。こちらも楽しみにしてます。

*観る前にあんまりイメージを作ってしまうのはまずいとは思うのですが
私は、観る前にいろいろ情報を仕入れてから観るほうなんですが、原作本の印象とラッセルの写真の印象がなんだか違うもんで、混乱してます。どんなオーブリー像になるのか逆に楽しみでもあります。


結婚休暇は終わり!さっさと働け〜 投稿者:Kumiko  投稿日: 7月13日(日)23時21分20秒

ミもフタもない題名ですみません。私はこういうファンなのです。

次回作の「シンデレラ・マン」はレニー・ゼルウィガー共演になりそうですね。それは楽しみだけど、レニーは「シンデレラ」の撮影前に2本も映画撮る予定とか。ラッセルはその間ロング・バケーションですか?くう〜もったいない…

>じゅうばこさん
恵比寿ガーデンプレイスで野外上映ですか〜。しかもタダ。人が集まりそうですね。雨にならなければいいですね。私は行けそうもありませんが、大画面で観た事のない方は是非ご覧になって欲しいです。

ケビン・スペーシーとラッセルって、じっくり見比べると似ているとは思えないのですが…私も、ふっと見た写真を「お、ラッセル?」と思ったらケビスペだったことが何度かあります。なんでだろう〜(<唄わないように)やっぱり似てる…かな?「LAC」で見分けがつかないってことは全然なかったのですが、「LAC」を最初に見たときはラッセルのファンにならなかったことは確かで、それもなんでだろう〜

あの当時は私生活が大変だったので、俳優のファンになるような余裕はなかった…ということにしておこう…

>いばらさん
この人ですね。

しかし、「チュパ」って…(笑)「ブレイド2」、機会があったら観てみます。いばらさんも結構幅広く観ていらっしゃいますね。

なんか本当に本当に公開するのね?って感じ、わかりますわ〜。私も、ちょっと待たされすぎて本当に公開するんかい?って感じになりつつあります。観る前にあんまりイメージを作ってしまうのはまずいとは思うのですが、ま、この映画についてはしょうがないかなとも思ってます。でもその次(「シンデレラ・マン」)までもまた長くなりそうで心配。
編集済


食料配給! 投稿者:いばら  投稿日: 7月13日(日)11時25分33秒

ついに来ましたね〜。ポスター! ああ、なんか本当に本当に公開するのね?っていう感じです。どんなオーブリーになるのかは、もう予想はしないことにします。ラッセルの見せてくれるものを信じて待ちたいと思います。それにしても船が素敵ですね〜。

じゅうばこ様
その写真だけ見てまいりました。なんとなく似てますね〜。目のあたりが似てるのかしら?ケビスペさんはほっぺが特徴的ですもんね。
「LAC」では区別がつかないという話をよくききましたが、全然そうは思いませんでした。だって服装から雰囲気から全然ちがうじゃないですか。二重人格者の役ならともかくも、間違えませんよね〜。
とか言いつつ、初見の時はエドに注目して見ていたのでした。ああいう理屈屋のインテリ好きなんです。だから、レイプに走った時はショックだったのでした。バドに気付くのはもっとずっとあと…。
編集済


がつがつ 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 7月 9日(水)10時09分27秒

いばらさん
あら、干し肉と乾燥野菜にはなりますよ!
「ブレイド2」の情報。もうばっちり。笑いましたー!今度ぜひビデオ借ります。

ついでに私もしょうもない話。
昨日、本屋で「ザ・ライフ何とか誰とか」っていう夏だか秋だか公開の映画の原作の文庫本があって、表紙の顔を伏せて、目だけ上げてる写真がどうしてもラッセルに見え、「そんなはずないよなあ」と思いながら、開いてみたら、ケビン・スペイシーの新作で、その写真も彼でした。
うーーん、「LAC」で見分けがつかなっかったって人が多いけど、「そうか?」と思ってましたが、やっぱり似てますね。


ふき流し…じゃなくて風がふくと流れるのね 投稿者:いばら  投稿日: 7月 8日(火)10時24分53秒

Kumiko様
タテジマのトラですか! 快進撃中ですね。夏バテに気をつけてね。
フットボールは母の気持ちですね〜。でも御当人のお母様はそんなこと笑って許してくれそうですね。ダニさんはきっちり締めてそう! ラッセルを見てると時々母になってしまうのですよ、ジェフ君とかラクランとか…。

じゅうばこ様 ラム、ありがとうございます。
「グラディエーター」は大画面で見たいですよね〜。とくにコロシアムに最初に入ってくるところが見てみたいです。私は小さい画面でしか見たことないんで、上映は嬉しいんですけど、野外ですか〜。夜ですしね〜。つらいな〜。タダもいいんですけど、お金払ってでも良い環境で見たいと思っちゃうのですよ。でも、行けるようなら是非行ってみたいですね〜。

最近は名画座とか二番館って、あんまりなくなりましたね〜。先日は「LAC」のあった早稲田松竹に行ってきました。あの時は行けなかったのにね、タイミングって難しい…。
そこでは「トランスポーター」をやってたのですが、その中の敵役で出てた人が、前に見たことあるな〜って思ってて、家で検索したら、やっぱり「ブレイド2」に出てた人でした。なんでその話を出したかって言うと、「ブレイド2」でマキシマス風の役で出てたんですよね〜。いろんな映画のパロを寄せ集めたような一団が出てくるのですが、ご覧になったらどの人かわかります。名前は「チュパ」。あぁ〜。

もう、なんだか、そのへんに浮いている木切れでも掴もうとしている感じです。


おっちょこちょいでごめんなさい 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 7月 7日(月)10時40分53秒

↓8月11日の件ですが、野外上映で「荒天中止」だそうで…遠くの方はおやめになった方がいいみたいですね。私も一応、あきらめてます。


精霊流し 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 7月 6日(日)11時24分48秒

ではなくて、よそで聞いた情報の横流しなんですが。少しは堅パンかラム酒の小びんぐらいの食料補給になりますでしょうか。
8月11日の夜7時から「恵比寿ガーデンプレイス」で、「グラディエーター」の上映があるそうです。ただだそうです(笑)。きっと混雑するでしょうが、スクリーンでごらんになっておられない皆さまは、ぜひこの機会にビデオとはまたちがった魅力をお楽しみいただきたいです!


わたしも漂ってます 投稿者:Kumiko  投稿日: 7月 4日(金)23時58分52秒

>いばらさん
またまた遅い返事ですみません。トラと言っても、私のトラは可愛いタテジマのトラですのでご心配(?)なく…

ホテルでフットボール、ヤですか?なんだか母のキモチになってますね?「またウチのラッセルがご迷惑をおかけして…」なんて、ダニエルさんが頭を下げて回ったりは…しないでしょうね、やっぱり。

ソフィーとダイアナは映画には出てこないことがわかっているので(それどころか女性は一人も出てこないらしい)勝手にキャスティングしてしまいましたが、もし続編が作られるなら出て来てほしいな。その際は、ダイアナはゼタ姐さんを熱烈希望です。でも、ソフィーの方は現在のロビン・ライト・ペンじゃ老けすぎだし、うーん、やっぱり思いつかない…

「トラフィック」のドラマ版の脚本家が「クイック・アンド・デッド」と同じ人なんですね。「トラフィック」(映画)を見た時、「面白いけど、こういう話ならTVドラマの方が上手く作ったりするんだよな…」と思っていたら、やっぱり原作はTVでした。でも「Q&D」と「トラフィック」は全然テイストが違っているのが面白いですね。

サプライズ号が救助に来るまで、水と食料(ネタ)をもたせるよう努力しましょう。
編集済


波間に漂う 投稿者:いばら  投稿日: 6月29日(日)12時44分43秒

Kumiko様 こんにちは
皆様 虎に追われているようですね〜。私の回りは虎はいないのですが、気分が沈没しておりました。ラッセルという救命具に手が届かなくてアプアプしとります。

ホテル内でフットボールはちょっとヤだなあ。ケンカはいいんですよ、ケンカは。それはプライドの問題だから。でも遊びで迷惑かけちゃなあ。昔レストランに子供を連れてって、米つきバッタのように謝ってまわったのを思い出しちゃいます。はあ〜。

ソフィーとダイアナ、拝見しました。ソフィーは白くてふわふわしててそれでいてしっかりしてて、ぴったりですね。ダイアナは誰だろう、あの雰囲気はあの人くらいしか思いつかないな〜と思ってたら案の定で、嬉しかったです。

どみ様 お久しぶりです。
WWWネタ可笑しかったです。「来世で復讐を果たす」といったマキシマスが、突然ラッセルに戻って、「ハイ」ってマイクを渡してるようでした。

「Q&D」の感想ありがとうござます。ヘロッドは映画よりサディストで怖い人ですよね。小説くらい怖ければエレンのおどおどぶりも納得できるかな? 私としては、思ったより読みごたえのある小説だったと思いました。映画で首をかしげちゃうところが、ほとんど氷解したような気がします。これで脳内映画は完璧に…(笑)
某所で「トラフィック」の英国ドラマ版の話が出ていたのですが、映画版よりもドラマのほうがスケールは大きいし、いいって書いてありました。ドラマ版と「Q&D」の脚本家さんが同じなんですよね〜。


救命具の届くのは来年2月ですか〜。早く船に乗せてくれ〜
編集済


皆様、あと8ヶ月の我慢です 投稿者:Kumiko  投稿日: 6月25日(水)21時59分16秒

「マスター&コマンダー」の日本公開が2月下旬に決まったそうですね。アメリカ公開から3ヶ月、思ったより早くて安心しましたが(下手をすれば夏まで待たされるかと思ってた…)でもやっぱり長いなぁ〜

2月下旬ってことは、アカデミー賞にからむと見ているんでしょうかね。そうだといいけど…

>じゅうばこさん
相変わらずお忙しそうですね。月並みですが、お体には気をつけて。トラに食われたのなら半身(阪神)は無事でしょうから、お大事に(何のこっちゃ)

自転車の荷台ロープでプロレスとは素敵ですね。お店に弁償するはめになっていなければいいのですが。


私は仕事というトラに食われてます 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 6月23日(月)11時16分05秒

もう半身ないかもしれない(泣)。

どこまでつづく「グラディエーター」ショータイム。どみさん、○○の××がぜひ知りたいです。

ホテルでフットボール事件、たしかにみょーに笑えます。元気だったのね、というか。
昔、若い人たちと飲みに行った座敷で、彼らがプロレスごっこを始めたことがあります。それこそマイクでほえる真似とかもして。私、たまたま買ったばかりの自転車の荷台の紐を持ってたので、「これこれ」と出して他の連中と四角にひっぱって張ってリングロープの代わりにしてやったのですが、あとで何人かから、「走りよって行ったから止めるのかと思ったら(二階だったし、お店の人に怒られないかと心配していた良識派もいたのね)、ロープ出したんで驚いた」と言われました。


最近、虎の応援に忙しくて 投稿者:Kumiko  投稿日: 6月22日(日)23時32分46秒

毎日暑いですが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。

*どみさん
お久しぶりです!

「WWFネタ」、ニヤニヤしながら読ませていただきました。頭に情景がはっきり浮かびます。礼儀正しくマイクを渡す姿も(笑)。「グラディエーター」公開当時、ラッセルはWWFのスターになれそうだとか書かれていたような気がします。今だとちょっと鍛えないといけないかもしれないけど。(シドニー港でカヤックを漕いでトレーニングしていたようですね。それで沿岸警備隊に不審尋問されたそうです。ちょっと違うか?)コモちゃんも素敵なヒールになれそうです。でも弱そう…

>「OZ」の第4シーズンが始まりましたが、オライリー兄弟のパパって、「Q&D」のユージーン・ドレッドだったってご存じでした?
オライリー兄弟のパパが出たんですか?しかもユージン・ドレッド?実は引っ越してからスパチャン見られないようになってしまいまして…(泣)OZが恋しいです。いや、OZに入りたいわけではないけど。


ムード歌謡ムービー「グラディエーター」 投稿者:どみ  投稿日: 6月20日(金)23時10分51秒

お久しぶりです。

皆様のコロセウムの歌唱ネタを読んで爆笑してました。実は独自に「WWF(ワールドレスリングフェデレーション)ネタ」を考えてました。アメリカンなプロレスラーの皆様は、試合前にリング上でマイクを片手に相手に罵声を浴びせるのが恒例になっているのですが、自分の言いたいことを言い終わったら「はいどうぞ」と、対戦相手にマイクを渡してあげるらしいです。
「コモー! よくも俺の女房と子供を殺しやがったな! この腐れファザコンのシスコン野郎! 血の海を見せてやるぜこの野郎! 現世が駄目なら生まれ変わって来世だぜ!」
と散々吼えた後
「はいどうぞ」
と冷静な顔でマイクを渡すマキシマスと、
「あ、どうも」などと言いつつ丁重にマイクを受け取り、「いい気になるなよマキシマス! おっ、おまえなんて、おまえなんて×××の○○○じゃないか! 僕は知ってるんだからな!」
なんて半ベソかきながら謎の言葉を叫んで豹変するコモの姿を想像すると、ただでさえ笑いが止まらないというのに、それに加えて皆様のネタを読むとあまりにも笑えすぎて「グラディエーター」自体がどういう映画だったか忘れそうになりますので、そのうちじっくりとDVDで再見しようと思います。

いばらさん(改名されたのですね)の「Q&D」、私も読ませていただきましたが、本当に素晴らしかったです。いばらさん、かなり間が空いてしまいましたが、あらためてありがとうございます。
あの小説は登場人物の心理描写がしっかりしてましたね。特にヘロさん(ヘロッド)の歪んだ自己愛描写が生々しくて、背中の毛が逆立つような気がしました。西部劇としてのディテールもやたらとリアルだと思ったら、作者のジャック・カーティス氏は血統書つきの「西部の男」だったのですね。

Kumikoさん
日記のようなもの、の
>頭にすこーんと響くような、すごーく正しい言葉を聞いた時にも泣きたくなる事がある。
を読んで、私の頭にもすこーんと何かが響き、涙腺が刺激されましたよ。
ところで「OZ」の第4シーズンが始まりましたが、オライリー兄弟のパパって、「Q&D」のユージーン・ドレッドだったってご存じでした? 時代設定は違うけど、芸風はあまり変わらないですね。
編集済


こちらもゴシップですが 投稿者:Kumiko  投稿日: 6月18日(水)00時40分24秒

ラッセルは贔屓のラグビーチームサウス・シドニー・ラビットーズの選手たちをホテルのレストランに招待、食事の後レストラン内でフットボールの試合を始め、さらにテーブルの脚をバットにしてクリケットの試合もして、レストランに1500オーストラリアドルの損害を弁償したそうです。

普段はゴシップの話はしないんですが、この話は久々に気に入ったので…(事実らしいし。)やね、ジャックもこういうことをしそうだなあ、と。


ま、またごぶさたで…すみません 投稿者:Kumiko  投稿日: 6月15日(日)20時46分21秒

*いばらさん
パパ話は、報道した新聞が新聞ですからあまり信用はできませんね。まあ、そうであったとしてもおかしくないけど。駄目ですか?子供抱いている男。私は好きだなあ〜。だっこ紐であろうとおんぶ紐であろうと、でんでん太鼓を持っていようと(?)全然OKです。せくしーではないけどね。

>バド・ブラウン
バド・ブラックとかバド・グレイとかもいたりして。みんなそろって「レザボア・バドズ」(何のこっちゃ。)
バドはbuddy(相棒、友達)の略ですね。たしか原作に「ウェンデルなんていう名前をつけられたら別の名前で呼ばれたくなる」って言ってましたが…ひょっとして、父親と同じ名前なんで使うのいやなのかな、と思っていたのですが。

*せんべいさん
「シカゴ」、ゼタ姐最高でしたよね。目力(めぢから)が凄いです。惚れました。アイメイクをするとしないで顔が違うけど。

>はなびら ふれふれ
怖いかも…特に二番が。


やあっと 投稿者:せんべい  投稿日: 6月13日(金)23時38分22秒

シカゴ観てきました! 
ゼタ姐御、いやあ凄かった。目も口も踊っている!
舞台でのあの売りものの踊りがないな、とは少々不満でしたが、でもこれは観る価値のある映画でした。
私は結構ゼタのを観てますがこれは今のところ最高に位置です!
Kumiko様の解説、参考になりました!!

ところで梅雨ですねぇ。
で、一曲・・・(子ども向けではありません)

作詞作曲歌:ファン一同(「雨雨ふれふれ」で)

はなびら ふれふれ コモさんが
きようの しあいを たのしみに
ニタニタ どすんと わきばらへ

あれあれ あのこは ちまみれだ
かわいそ わきばら きずふかそ
コモちゃん ニタニタ だいっきらい


パパ話は気が早すぎだけど 投稿者:いばら  投稿日: 6月13日(金)08時40分48秒

パソコンの調子が悪くて四苦八苦しているうちに、ZAKZAKでも「パパに?」というニュースが出ていましたね〜。(本当かしら? 発表ではないみたいだからわからないけど…。)パパになるのはと〜っても素敵なことだと思うんですけど、絶対にだっこ紐で子供抱いてる姿なんかは撮られないで欲しいわ〜。私、子供抱いてる男って駄目なのよね〜。パパとしては素敵かもしれないけど、なんかセクシーじゃなくなっちゃって…。(でもきっと撮られるんだろーなー)
昔懐かしの「宇宙戦艦ヤマト」で、あんなにカッコよかった古代守さんが子供を抱いて出たとたんに、ただのパパになっちゃったのが蘇ってきます……。(それ以来ダメなんです)
私生活のニュースじゃなくて、お仕事のニュースも出ないかしら。

昨日、立ち読み巡礼に行ってまいりまして、「LAC」のエルロイの短編集を読んでたんですけど、そこに出てきた人が「バド・ブラウン」ですって、「ブラウン」ですってよ(笑)。立ち読みなんで、どんな人物かはよくわかりませんでしたが、残念ながら「ホワイト」さんとは全然違う人物のようでした。
「バド」って名前を検索してみたことがあったのですが、50年代のジャズミュージシャンにこんな名前(あだ名?)の人が何人かいたみたいですね〜。「友達」とか「相棒」って意味なんですって? ウェンデル・A・ホワイトって書いてあったので、「A」の名前の略称なのかなーと思ってたのですが、そうではないみたい? (あ、?ばっかり)

夏休み企画ミュージカル、楽しませていただきました。特にせんべい様のは、私の頭の中でサウスパークに出た面々が唄ってくれてます。
まん中にあずき様のお子さんが、マキシマスカットで…。


ここはわしも、とプロキシモが 投稿者:Kumiko  投稿日: 6月 6日(金)20時55分57秒

「剣闘ほど素敵な商売はない」(作詞・作曲プロキシモ)

*せんべいさん
「夏休み企画:よいこのミュージカル『マキシマスくんとコモドゥスくん〜ころしあむ大冒険』」って感じですね。トラまで踊っちゃいますか。「ムーラン・ルージュ」を越える豪華絢爛さになりそうです。

*じゅうばこさん
私もDVDで確認しました。いいですねブルーの袖なし、可愛いです。

>憎みきれないろくでなし
自分で言うな、って感じですけどね(笑)

*あずきさん
>オーストラリアビール
ラッセルの愛飲しているのは「ヴィクトリア・ビター」でしたっけ?近所で売っているかなあ。探してみます。

>二の腕の心配はご無用
素敵ですね、このフレーズ(笑)。ますます将来楽しみですね。でもジャンボ尾崎カットって、それでは…マキシマスとジャンボ尾崎の髪型が同じってこと?いやーん(笑)

もう終わっちゃったけど、端午の節句には武者人形の代わりにローマ軍の甲冑を飾るのもいいかも、なんてね。

*ペコさん
「ギャングスター」、私も昨日観ました。いや凄かったですねベタニーの下着姿、いや演技。ベタニーは今月号の「CUT」のインタビューで自分の役の事を「サイコパス」と呼んでいましたが、ハマってましたね。

>ワイガンド熊
いえ、こちらこそヒントをありがとうございました。


ポール・ベタニーはすばらしかった〜! 投稿者:ペコ  投稿日: 6月 6日(金)04時17分29秒

>皆様へ
おはようございます。本当にお久しぶりです。先週の木曜日にポール・ベタニー主演『ギャングスターナンバー1』を観てきました。この映画は『ビューティフル・マインド』に出演の前にイギリス映画に主演したものです。評判を聞いてたけど、見てみると、まさにはまり役ですばらしかったんです。残酷だけど美しかったんです。ポール・ベタニーファンなら必見です。まるで『時計じかけのオレンジ』の続編のようでした。(あ、『8mile』も『L.A.コンフィデンシャル』の続編っぽいでした。)

>Kumiko様
超遅レスで失礼いたします。熊の図鑑を拝見しました。ワイガンド熊も追加してくださってどうもありがとうございました。すごくうれしかったんです。どうもありがとうございました。


白のランニングもいけるかと。 投稿者:あずき  投稿日: 6月 5日(木)21時37分21秒

マキシマスカット。
それは、後ろの尻尾部分の無いジャンボ(尾崎)カットともいえるようで。
結構、床屋さんではポピュラーなのかも。わはは。

Kumikoさま>
そうそう、レクター博士。そういえば悪役だったっけ、と思ってしまうほどの(ある意味)ヒーローっぷりですよね。感情移入できて、なおかつやっぱりこいつは悪者だ、と思えるのが真の悪役かもしれませんね。
オーストラリアビール、グッドアイディアですね。それ、いただきです。(笑)

じゅうばこさま>
あ、あの洗いざらしのやつね。
や、髪型がマキシマスになったところで、んじゃー衣装のほうも?と思ったけれど、青のチュニックがなかなか無くて・・・。作るか?(笑)
うちの息子、かなりのムッチリ君なので、二の腕の心配はご無用なんですが。
白のランニングもいけるかも。
しかーし、裸の大将にならないように気をつけないと。おほほほほ。


うさぎとかめ(二番まで) 投稿者:せんべい  投稿日: 6月 5日(木)11時39分50秒

☆舞台:競技場中央にマキシマス。汗に塗れた後ろ髪がチョンと立ってる。マキシマスを囲む形で
このサイト参加者がバックコーラスを。その後方に全グラディエータと虎。虎は後ろ足で立ったまま。歌の前にマキシマス側全員でマオリハカを踊る(虎たちも)。コモは真っ青になって貴賓席で棒立ち。ルッシラ、ルシアスはやきもき。

マキシマス:もしもし コモよ コモさんよ
      せかいのうちで おまえほど
      こんじょの わるい ものはない
      どうして そんなに わるいのか

コモドゥス:なんと おっしゃる マキシマス
      そんなら おまえと うでくらべ
      ここの おおきな きょうぎじょうで
      どちらが さきに たおれるか

>お粗末でしたあ(汗)。


うはあ。 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 6月 5日(木)00時47分56秒

あずきさん
思わずDVDを見て確認しましたがな。
しかしこの、前にくるくると垂れ下がるの、かなりむずかしくないですか。その床屋さん、やりますね。
そろそろ暑くなってきたし、次は坊やに薄いブルーの袖なしの服着せて、腰のとこ幅広のベルトで締めて…(笑)。

せんべいさん、皆さま
マキシマスの妻と子で「里の秋」ってのもかわいいかも。
マキシマスのアウレリウスにささげる歌、「春の日の花と輝く」でもいい?
あ、キケロがマキシマスにささげるんでもいいか。
で、コモはアンコール用に「憎みきれないろくでなし」を歌う。
…ほんとに、とまんないわ。


更に一曲 投稿者:せんべい  投稿日: 6月 4日(水)20時19分28秒

笑って許して!(コモの深層心理を描く歌 作詞・作曲・歌/コモドゥス バック・コーラス/虎たち)

>悪のりを始めると止まらないせんべいです(笑)。


続いてグラディエーターどもの男声合唱 投稿者:Kumiko  投稿日: 6月 4日(水)18時25分46秒

「あんたが大将」(我らがボスを称える歌)

…「マキシマス! グラディエーター・ザ・ミュージカル」が出来そうですね。

*せんべいさん
作詞・作曲はマキシマスの妻ですかあ。それを熱唱するルッシラも切ないものがありそうですね。やっぱり津軽三味線をかき鳴らし−いや、古代ローマだから竪琴か?

*いばらさん
2001年の9月のはじめごろ、「サイト一周年はどうしようかな〜何か楽しい企画でも…」と考えていたところ、9月11日にあんなことが起こったので、それどころではなくなってしまいました(心理的に)。ファン歴はもうすぐ3周年です。記念にオーストラリアビールでも飲もうかな(<それしか考えつかないんか)

「ヒーロー&悪役」、両方とも凄い顔ぶれですよね。さっき見に行ったらマキシマスは7位でした。1位はインディアナ・ジョーンズ。

*あずきさん
いや〜ん、「マキシマスみたいにして下さい」だなんて、素敵すぎ。しかもDVDを見せて?短く刈り込んで前髪がちょっちょっと出ているやつですね。うーん、想像しただけで、かわいい〜

マキシマスに(髪型だけでも)そっくりだなんて、将来楽しみですね。

>悪役のヒーロー化
ハンニバル・レクター博士とかですね。「羊たちの沈黙」は悪役にバッファロー・ビルが入っていたので、「もしかしてレクター博士はヒーローの方…?」とびびりましたが、ちゃんと悪役の方に入っていました。なんだかほっ。レクター博士は悪役の2位、「ダイ・ハード」のハンスは8位でした。

http://www.tvguide.com/magazine/issues/030602/magftr2.asp