ラッセル・クロウ掲示板過去ログ27
Kumiko's Russell Crowe Message Board Archive 27
戻る


長旅、お疲れさまでした 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日:12月 5日(金)23時51分47秒

>kumikoさん
お帰りなさいませ〜〜!

監督がP・ウィアーなので評価が低いわけがナイ!とは思っておりましたが、興行的にイマイチだと…続編希望する人(私も〜!…って、まだ観てないくせに)には、「なんとかして〜〜!うわ〜ん!」てな感じになっちゃいますよね…。

公開時期がやっぱり厳しかったのかも…ううううう…。


安心しました 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月 4日(木)13時21分21秒

他の観られた方の批評からも大丈夫そうとは思っていましたが、Kumikoさんの太鼓判で、もう大船にのった気持ちで2月を待とうと思います。ネタばれなし感想、たっのしみ〜〜〜〜!


素晴らしかったです 投稿者:Kumiko  投稿日:12月 4日(木)01時21分18秒

もはや言うまでもないと思いますが、「マスター・アンド・コマンダー」は素晴らしかったですよ〜。ラッセルファンとしても原作ファンとしても大大満足の出来です。思い切り期待してお待ちになっていて大丈夫です。

>せんべいさん
おひさしぶりです〜!

ええ、オデオン座には3回行きました。もう、ロンドンでの滞在時間中をずっとこれを観て過ごしたい気分だったのですが、それはさすがにやりすぎだと思ったので他にミュージカルを3本とミュージアムを4箇所とテムズ川のクルージングも楽しんで参りました。

ハワイへ観にいらっしゃるのですね!楽しんで来てください。数日中に、「ネタバレなし感想」と「ネタバレちょっと有り見どころ解説感想」をまとめたいと思います。

>いばらさん
「ネタバレOK掲示板」は数日中に作ろうと思ってます。

「ブルース・ウィリス自らを語る」私も見ました。よかったですねー。かつてブルースのファンだった私も焼けぼっくいからぶすぶすと煙が上がりました。(燃え上がるところまでは行きませんでしたけど。)

「シャープ」の放映、私も熱望しております。

>マルコさん
おひさしぶりです〜!

「マスター・アンド・コマンダー」を観た映画館では、「ラスト・サムライ」と「トロイ」の予告編をやっていました。「ラスト・サムライ」も良さそうですね。「マスター・アンド・コマンダー」の客足に響かないといいのですけど。

ほんと、批評はとてもいいのに興行成績は今ひとつのようで…続編を作ってほしいと熱望している私としては、もっとヒットして欲しいです。日本公開されたら何回観に行くことになるのだろうか。

>ペコさん
ペコさんもハワイにいらっしゃるのですね。12月中ならまだ上映されているのではないでしょうか。楽しんできて下さいね!


お帰りなさいませ。 投稿者:ペコ  投稿日:12月 3日(水)23時57分25秒

>Kumiko様
今晩は!ご無沙汰しておりました。英国へ行っていらしたそうですね。『マスター・アンド・コマンダー』を3回もご覧になったとは羨ましいです。私も我慢できなくて今月中にハワイへ観に行くことになりました。でも、まだ上映されるかなと不安ですが・・・。


ご無沙汰してます 投稿者:マルコ  投稿日:12月 3日(水)21時10分41秒

Kumikoさん
お帰りなさい!!そして、お久し振りです。
すっかりロム専になってしまいましたが、時々はチェックはしてますよ〜!
英国では3回も観られたんですか・・・ということは、やなり作品が素晴らしいということなんですよね?アメリカの評価は良いようなんだけど、興行成績に結びついてないようなんで心配してます。トムさんの「ラスト・サムライ」も評判が良いようなんで、ますます、心配になります(と、いってもラストサムライも観にいくけど)。
アメリカでの興行成績がそのまま日本にも反映しそうな気がするし・・・ロングランになるといいけどな・・・!!
ゆっくり休養して疲れが取れたら感想きかせてくださいね


ただいまです。 投稿者:Kumiko  投稿日:12月 2日(火)21時33分27秒

昨晩英国より帰国しました。「M&C」3回観ましたよ〜
ホテルで何気なくテレビをつけたら、ラッセルが出ていたというラッキーもありました。
(Jonathon Rossという人の番組。下のリンクにトランスクリプトが出てます。)

思い切り動き回っていたので、まだくたくたです。レスは後ほど…
まずはご報告まで。

http://sidsplayplace.madasafish.com/fnjr.txt


おみやげ話を楽しみに… 投稿者:いばら  投稿日:11月30日(日)05時04分19秒

Kumiko様
「見に行っちゃう計画」発動中ですね〜。
お帰りになったらネタバレ掲示板を楽しみにしています。
せんべい様もいらっしゃるんですね〜。私はまだまだ先ですが…。
(今夜のカウントダウンでは、少しお顔がおがめるかしら…。)

焼け棒杭も多いのでしょうか。私もいろいろ燃焼中で、サイフの中も火の車です。
「ブルース・ウィリス自らを語る」も良かったですよ。インタビューの時のラッセルの明るい話し方とはまた違って、まじめ〜で静かな口調なのにピー言葉と冗談がてんこもりなのがブルースらしかったですね〜。

どみ様
そうです。SBさんは豆さんです。くれぐれもMr.はつけないように…。TVドラマでは主演も多いんですけど、映画となると脇が多いですね。新作の話が出ると出演時間が何分かがまず気になるというのは悲しいサガです。良い役なら短くてもいいのですが、さすがに「RONIN」は出なくてもよかったんじゃないかと思いまする。
「グラ」で古代史映画ブームが来たように「M&C」でナポレオニックブームが来て「シャープ」が放映されるといいな〜。


初めまして〜? 投稿者:せんべい  投稿日:11月28日(金)23時27分09秒

と言ったほうがよいくらいに超ご無沙汰をしておりました。
でもROMだけは欠かさず、でしたので、今頃Kumiko様がオデオン座○回目!と思うとたまらず「よし、書こう! 続・わたしも旅立つ予定です♪」と(笑)。

但しハワイにですが。
YAHOO・USで調べたら今現在ホノルルでは大きなシネコンの4〜5箇所で上映中。これなら12月半ばまでは安心、と6日に出かける予定です。
しかし、日本にいながらにして目的地の上映時間帯まで判るのですから、このネット社会は驚きそのものです。

全くの語学音痴のせんべいですが、妙に安心して「字幕無しでも観に行くぞ!」なのは、ひとえにこのサイトで「M&C」関連を読ませていただいてるお陰です。予備知識だけはバッチリです。あ、早川の最近の本にすんなりはいれたのもその下地があった故でした。

そういえば、ラッセルの昔の映画で日本ではもう入手出来ない物をUS版で取り寄せられたのも、Kumiko様の内容紹介があったからこそです。もうほんと、御礼の言いようがありません。
もっとも、後の「ラフ・マジック」や「馬」のように字幕付きでTV放映されると、自分の理解度のあまりさにのけぞることしばしばでしたが〜〜

ロンドンの日々、充実した楽しい時を過ごされておいででしょうが、どうぞご無事でお元気で。
山盛りのご報告をお待ちしております!!
映画については、私としてはネタバレのご感想をお聞きしたい状態なのですけど(笑)。


わたしも旅立ちます♪ 投稿者:Kumiko  投稿日:11月25日(火)17時53分37秒

*どみさん
私も「バーチュオシティ」に関してはいろいろヒドいことも言ったような。ラッセルが「登場人物の設定もいいし、人物も深く描かれていた。いい脚本だったよ。」と言っていたなんて…反省。ラッセルにそう言われると、すごくそういう気がしてきました。(素直なファン。)これからはもっと素直に「好きだ」と言うことにします。

世界中で燃え上がる焼けぼっくい…今年は世界的に暖冬か。

ラッセルはヨーロッパを巡業中のようですね。スペインプレミアがマドリード(カスティリア)じゃなくてバルセロナ(カタロニア)なのはスティーブンに敬意を表してかしら。

ああでも、日本公開の頃は子供が生まれているから、来てくれない可能性大ですねえ。アカデミー賞にすら、来ないって言っているそうだし。…私も悲観モードが身についてきてしまったみたい。

まじな話、アカデミー賞にはノミネートされたら来るように奥さんが説得してほしいです。(「私は行きたいわ〜」とか言って。)

とかなんとか言いつつ…皆様すみません、私、明日から6日間ロンドンへ行って参ります。もちろん「M&C」を観に。(ま、他にもいろいろ観て来る予定ですが、主目的はそれ。)行くぞレスタースクェア・オデオン。ジャック、スティーブン、待っててね〜♪


ラッセルは世界巡業中(日本を除く) 投稿者:どみ  投稿日:11月24日(月)20時08分17秒

そろそろ日本の映画館でも「M&C」の予告編が流れてもいい頃かと思いますが、今の時期だと、流れたとしても申し訳程度の映像が紹介されて「2004年、陽春!」と、大きいロゴが出ておしまいなんでしょうね。すっかり悲観モードが板についてしまいました。

Kumikoさん
「ハリウッドセレブの素顔」は、以前放送された「セレブリティ・ファイル」のように、オーストラリア時代の貴重な映像もちょこちょこ出てました。
しかしラッセルが「バーチュオシティ」をあんなにほめてるとは……。意外だわ。いえ、「シドちゃん好き」を公言している私としては、ラッセルがあの作品をほめてくれるのは確かに嬉しいのですが。
私も「グラディエーター」や「LAコンフィデンシャル」については、正座して「大好きな映画です!」と言えるのですが、「バーチュオシティ」への愛は、好きは好きなんだけど、ちょっと斜に構えて好きよ〜というか、薄ら笑いを浮かべつつ好きよ〜というか、とにかく屈折した愛なので、当の主演のラッセルに、ああもストレートに「いい脚本だよ!」なんて言われてしまうと、「ああ、私はシドちゃんファンとして失格なのかも……」とお天道様に顔向けできない気持ちになるのでした。
あの番組には「バーチュオシティ」のブレット・レナード監督も出て、ラッセルを絶賛してました。いかにもラッセルと気の合いそうな、豪快な「熊族」系おじさんでした。

秋林さん
お仕事大変そうですね。風邪が流行っている季節なのでくれぐれもご自愛下さい。
またAXNやスーパーチャンネルあたりでラッセル番組をやってたらご紹介させていただきますね。

グリーンさん
プレミアのリンク、ありがとうございます!
ダニーはそろそろお腹が目立つ頃だけど、どうするのかな?と思ってましたが、なるほどこういうデザインできましたか。
ラッセルも徐々に普通の体型に戻ってきたようで何よりです。

rainbowさん
お久しぶりです〜。Kumikoさんもおっしゃってますが、「焼けぼっくい」についた火が、世界中で燃え上がっていそうですね。我が日本ではまだぶすぶすと燻って、煙くてしょうがないわよという段階と思いますが、早く完全燃焼の日(M&C公開日)を迎えて燃え尽きたいものです……って、灰になっちゃいけませんが。

いばらさん
「ハリウッドセレブの素顔」喜んでいただけて嬉しいです。ラッセルが過去に出演した作品の一つ一つに誇りを持っていることがよくわかる番組だったと思います。
SBさんも、出ている映画自体は結構いい作品が多いような気がしますが、何せ役柄が、最初の10分だけで消えてしまったり、犯罪組織に入ったと思ったら、犯罪を決行して大活躍する前に組織をクビになってしまったり(そんでもってその時に泣いちゃったり)、普通とは違った意味で悲しい結末を迎えていることが多いような……。今後は、「少なくとも後半3分の1までは活躍する」という一文を出演契約書に入れていただきたいですね(ところでSBさんって、『豆』のお方でよかったんですよね?)。


ハリウッド・エクスプレス 投稿者:Kumiko  投稿日:11月22日(土)21時17分07秒

TVを何気なくつけたら、WOWOWのHollywood Expressで「M&C」のプレミアの様子をやっていました。らっき〜。どこのプレミアだったかはよくわからなかったのですが、インタビューに答えるラッセルがわりと長く映ってました。(再放送は火曜日のようです。)

「M&C」の興行成績、週末は2位だったけど週合計ではトップに立ったようですね。よかった〜。やっぱり大人の映画鑑賞は平日の夜ね。

下のリンクはドイツプレミアのラッセル。ラッセルはヨーロッパをあちこち回っているようですね。ダニエルさんはロンドンにとどまって病気の親戚のお見舞いとか。(ダニエルさんって、世界中に親戚がいるらしい。)

このページのSearchのところにRussell Croweと入れると、新しいものから古いものまでたくさん写真が見られます。

http://editorial.gettyimages.com/source/CFW/imageResults.aspx?s=EventImagesSearchState|1|15|1|2743913|0|0|0|0|&p=7


ロイヤル・プレミア 投稿者:Kumiko  投稿日:11月19日(水)19時47分44秒

*グリーンさん
ロンドン・プレミアの写真、見せていただきました。さすがにロイヤル・プレミアだけあって、ラッセルも第一級正装ですね。(でも、いつも思うけど、もうちょっと普通のタックスにしてほしいような…)ビリー・ボイドのキルトが可愛いわ。あと、ウィアー監督がカッコイイですねぇ。ほれぼれ。

プリンス・チャールズって、英国海軍のvice admiral(中将)なんですね。(もちろん名誉職ですが…)軍服着てきてくれればよかったのに。

*rainbowさん
お久しぶりです!ありがとうございます。

映画の公開で、全世界のたくさんの焼けぼっくいに火がついているのでしょうね。rainbowさんも、過去の恋愛関係を思い切り復活させましょう!

*いばらさん
PC復帰おめでとうございます。

ラッセルは最近ケチですが、ボクサー役なら脱がないわけにゆきませんからね。楽しみだわ、うふふ。でもその前に、「M&C」の水泳シーンを楽しみにしている私ですが。(あるかな?)

「M&C」は二位デビューでしたけど、数字は悪くないようですね。他のお子様向け映画がコケたこともあって、「エルフ」が予想外に伸びただけのようです。でも、やっぱり二位だと景気がつかないんですよねー。これからがんばってほしいです。

ブルース・ウィリスの「自らを語る」が放映されるのですね!楽しみです。
編集済


情報の洪水 投稿者:いばら  投稿日:11月19日(水)10時51分06秒

Kumiko様 秋林様
PC復旧への励ましありがとうございます。失われたものもありますが、なんとか復帰しました〜。
「M&C」の興業成績第二位はちょっと悔しいですけど、これからの伸びに期待したいですね〜。
そして今度は、ボクサー役までに脱げる体になるのですね!!

どみ様
「ハリウッドセレブの素顔」の内容! 読めて嬉しいです〜。特に「スポッツウッド」と「ハマーアウト」について何か話しているのを読むのは初めてでした。「Q&D」見て楽しいウエスタン…ああ、その通り!!と思いました。
ラッセルの映画の選び方について……じっくり選んでますよね〜。その分ファンをやきもきさせますけども…。(どこかの誰かに聞かせてあげたい〜。頼まれると何にでも出ちゃうみたいだけど、登場時間10分で死ぬとかが多くて、追っかけるのも辛いです…SBさん)

グリーン様
ロイヤル・プレミアの様子、今朝のTVで少しだけ見ました。チャールズ皇太子と話してましたね。写真頁も拝見しました。素敵だわ。イギリスは寒そうですね。今度のダニエルさんは前回よりはあったかめで、見てても安心。

rainbow様
お久しぶりです! 過去に恋愛関係のあった男女…ですね〜。私も最近いろいろと揺れる心なのでわかりますわ〜。
私のEX彼のブルース・ウィリスの「自らを語る」が今週木曜日深夜にNHK総合で放映なので楽しみにしてます。
「原作を読まれる方へ」は、私も、そうだなあと思いつつ読ませていただきました。でも、3巻以降は「あらすじ」で読ませていただいているのであります……。原作はそのうちに…。


全米公開の前評判に誘われて 投稿者:rainbow  投稿日:11月18日(火)23時01分29秒

また映画やラッセルのサイトをのぞいていたら、Kumikoさまのところは相変わらず充実していますねー。原作を読まれる方へ〜 参考にさせていただきます。(ってなかなか読めていないんですが)
そして、どみさま、セレブの素顔、ありがとうございます!
完全に、やけぼっくいに火が付きました。
やけぼっくいに火が付・く
〔燃えさしの杭は火がつきやすいことから〕過去に恋愛関係のあった男女は一度縁が切れても、再びもとにもどりやすい。
ははは、ずーずーしい<<自分


ロイヤル・プレミア 投稿者:グリーン  投稿日:11月18日(火)20時38分07秒

Kumiko様、他の皆様、以前お邪魔しておりましたグリーンです。北米市場での成績は
残念でした(初日の金曜だけは1位だったみたいですが、金・土・日の週末合計で
2位になったようです)。

ロンドンでのプレミアも無事終わりよかったです。米大統領の来訪も重なり、
いろいろ大変だったことでしょう。こちらで写真が見れますので、ぜひどうぞ。
http://www.empireonline.co.uk/features/events/masterandcommander/gallery.asp#masterandcommander


「M&C」全米公開されましたね。 投稿者:Kumiko  投稿日:11月17日(月)18時02分59秒

「マスター&コマンダー」のボックス・オフィス成績、最初の週末は「Elf」に負けて2位に甘んじたようですね。批評はよかったのだけど…やっぱり大人向き映画は辛いのかな?(「女性には受けないのでは…」という心配に反して、観客は半分以上が女性だったそうです。でも、若い人の割合は少なかったとか。)これからの巻き返しに期待しましょう。

*秋林さん
洪水に押し流されていたわたしですが、レビューは読まないようにしたらちょっとは追いつけるようになりました。ネタバレを避けるためっていうのもあるのですが。あー、でもすでにかなりネタバレてしまった気が…「これはネタバレしそうだな〜」と思っても、つい読んじゃうのよね。

あ、海外などで「マスター&コマンダー」を早めに観られた方、この掲示板ではネタバレ一切厳禁です。管理人が観る事ができたら、別にネタバレ専用掲示板を設ける予定です。

>…ピッチャーとキャッチャーって感じでしょうか〜?
キャッチャーのことはなぜか「女房役」って言いますものね。
えーと、夫婦のように息が合っているってことね、きっと。(苦しい…)

ラッセル、顔立ちとかシャープになっていて、ボクサー役に向けたトレーニングの成果を感じさせますね。早く脱いだところが見たいわ。(<あ、言ってしまった。)


あっぷあっぷ 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日:11月14日(金)21時05分05秒

こんばんは〜。

>Kumikoさん
私も洪水にあっぷあっぷしております…浮き輪…浮き輪はどこかしら〜?

それにしても「妻」ですか。
…ピッチャーとキャッチャーって感じでしょうか〜?

>いばらさん
PCが大変な状況だったのですね。私も昨年同じような経験をしました。
…復旧が無事終了しますように。

>どみさん
ありがとうございます〜〜♪
…かなり貴重なお話だったんですね!(楽しく拝読しました)


いろいろお写真を見てみると、やっぱりスッキリした顔立ちに戻ってきてますね!<ラッセルさん近況
なかなかいい感じ♪


セレブの素顔♪ 投稿者:Kumiko  投稿日:11月14日(金)16時14分50秒

*いばらさん
>それでもミニなんですね〜。冷えるよ!
ほんとですね。「ほらほらダニエルさん、冷えますよ。まあ、そんなにヒールの高い靴を履いて。まったく、近頃の若い人は…」と、すっかりお姑さんの気分になってます。

パソコンクラッシュにお遭いになったのですか…たいへんでしたね。気持ちの復旧の方が時間がかかりますよね。ゆっくり復活してください。

*じゅうばこさん
「妻かい!」と、思い切り突っ込みたくなりますが。ベタニーさんて、面白い人だ。でも、本当に、ラッセルとダブルノミネートされるといいなあ。

*どみさん
おおおーっ!「セレブの素顔」ですね!ありがとうございます。
彼の人柄や仕事観がにじみでるような、素晴らしいインタビューではありませんか。

・バーチュオシティ
ラッセルが「バーチュオシティ」の脚本を褒めていたなんて、嬉しいですね。シド6.7のことを「こんないい役に巡り会うことはめったにない」だなんて、鋭いわ〜。

・LAコンフィデンシャル
ラッセルでも、アメリカ英語を話すの最初は苦労したんですねー。苦労のあとなんかまるで感じさせませんが。

・ミステリー・アラスカ
スケートについて、「カナダの7歳レベルに追いつくのがやっと」って、かなり謙遜ですねぇ。映画ではすごく上手く滑っていたのに。…それとも、あれは何度もNGを出した末なんでしょうか。

・アメリカ進出について
こうして読むと、ラッセルの映画に対する取り組み方とか信念って、昔から一貫してますよね。若い頃も、ハリウッドで大スターになっても、考え方の基本が変わっていないのは偉いと思います。

ご紹介ありがとうございました♪


ハリウッドセレブの素顔 その2 投稿者:どみ  投稿日:11月14日(金)00時10分18秒

・LAコンフィデンシャル
「脚本を読んだ時はこう思った。”職権乱用もはなはだしい、何という悪徳刑事だ”ってね。でも、その理由を調べると彼の道徳的な人柄が見えてきた。信念を貫き通す男だ」
「キム・ベイシンガーは美人ですばらしい女優だ。天性の存在感を持っているし、おまけにダンスもうまい」
「オーストラリア訛りを直すのは大変だった。フランス語を勉強している気分になったね。単語はもちろん、母音や子音の発音から矯正したよ」

・ヘヴンズ・バーニング
「奇妙な”逃避行サスペンス”ものだ。新婚旅行でオーストラリアに来た日本人女性が、旦那を捨てて逃げる。彼女は誘拐だと狂言し、それが大騒動になるってわけ」

・ターニング・ラブ
「これはなかなか変わった作品だ。ある男女が『長すぎた春』を精算しようとするが、思った以上に苦労するんだ」

・ミステリー・アラスカ
「スケートは未経験だったができると思ったんだ。でも考えが甘かった。34歳から始めるには…スケートは難しすぎるね。カナダの7歳のレベルに追いつくのがやっとだ。初めてスケートをやってみていろんなことに気づいたよ。滑りのスピードや、ぶつかった時の衝撃など、体験するまでわからなかった。でもクセになるよ」

・インサイダー
「今まで実在の人物を演じた経験がまったくなかったからね。本人に会えて助かったよ。俳優業は大変だよ。役作りのため、ぶ厚いメークをしたり、23キロも脂肪をつけたり、車から出られないなんてのは序の口さ。(取材陣を見て)でもこの『ピラニア軍団』から逃げる方が難しいよ」
(本物のワイガンド博士が「眼鏡を変えたんだよ」と言い、ラッセルが「ずるいよー」と笑いながら文句を言う場面あり。きっと眼鏡も同じのを揃えてたんだろうなー)

・グラディエーター
「監督は古代ローマ帝国を見事に再現してみせた。彼は現実の世界に別世界を創る名人だよ」
アカデミー賞を受賞して
「僕には全く関係のない世界だった。候補に挙がったことすら信じられなくて、タチの悪い冗談に酔っているような感じだよ。だから本当に驚いているよ」

・プルーフ・オブ・ライフ
「宿から撮影現場まで来るまで1時間半はかかるんだ。しかも道は穴だらけなんだよ。撮影は早朝から深夜までぶっ通しだったから、トレーラーに泊まることにした。食事はジャングルの真ん中でバーベキューさ。夜道の運転より野生の動物の方がずっと安全だったのは確かだよ」

・ビューティフル・マインド
「精神障害に苦しむ数学者の話が大ヒットしたのは、観客が知的になった証拠だ。主役の数学者はクセのある変人だし、観客が素直に感情移入できるキャラクターじゃない。それでも受け入れられたんだ」
「脚本を読んでいくうちに、無意識に役柄の人格になって考え始めてしまうんだ。そうやって僕が発した言葉が、今回この脚本に取り入れられた」

・アカデミー賞受賞後、オスカー像を手にして
「運命に導かれてつかんだチャンスに感謝します。アメリカに、偉大な女王に、そして故郷に神のご加護を」


ハリウッドセレブの素顔 その1 投稿者:どみ  投稿日:11月14日(金)00時09分37秒

先日ご紹介した「ハリウッドセレブの素顔」ですが、AXNが見られない方が大多数のようですので、ラッセルが何かしゃべってるところだけピックアップしてご紹介しますね。他にもニューズウィーク誌の記者や、共演者や監督のコメントもありましたが、ちょいと時間が足りないので割愛させて下さい。長いので2つに分けます。


・俳優としての稼ぎで最初に買った楽器
「誰かの部屋の片隅に埃をかぶったピアノがあったんだ。安酒場で使われていたようなやつさ。でも少し塗料を削ってみたら高級な木材を使った逸品だった。それを、たった100ドルで買ったんだよ。修復に何年もかかったけど、おかげで今はピカピカさ」

・Proof
「4人の男たちに袋だたきにされるシーンだった。場所は野外の映画館。リアルさを出すため本気で殴るように頼んだんだ。僕も殴られ役に徹したよ」

・スポッツウッド・クラブ
「『ザ・クロッシング』で主演を果たしたとたん、スーツを着た映画関係者たちがわんさか群がってきたんだ。僕がこの作品で演じたのはお調子者の営業マン。そうだろ? その映画関係者たちをいろいろと観察して役作りの参考にさせてもらったよ」
「(アンソニー・ホプキンスとの共演について)もちろん不安はあったよ。当時は『羊たちの沈黙』が公開される前で、アメリカの映画界では彼の人気が復活しつつあったんだ。でもオーストラリアではずっと偉大な俳優として名を馳せてきた人だ。だから何を差し置いても共演したいと思った」

・ハマーアウト
「『ハマーアウト』ではオーストラリアの田舎に住む馬の調教師役だった。撮影中は藪にも入ったし馬小屋でも眠ったよ。それくらい大したことじゃないさ」

・ハーケンクロイツ ネオナチの刻印
「オーストラリアの人間は人種差別の問題を、臭いものにフタをするように隠してしまう。でも問題が存在するのは明白だ。だから僕らが問題提起をして自由に討論できる雰囲気を作りたかったんだ。その目標は達成できたと思うよ。製作期間はおよそ6週間。撮影した日数は28日間予算は140万(豪)ドル、つまり、8万5千から9万(米)ドル相当だ。シュワルツェネッガーのトレーラー代にもならない」
「僕の仕事人間ぶりはかなり有名だけど、頭を180度切り替えてリラックスする方法も知っている。音楽鑑賞に読書、普通の人と同じだよ」

アメリカ進出について
「僕の仕事は質のいい映画を作ることだ。それはハリウッドでなくてもできる。もちろんアメリカ映画にも興味はあるけど、つまらない役を受けるつもりは全くない。ギャラが良くてもB級映画はごめんだ」

オーストラリア映画について
「オーストラリア映画は製作に政府が関わるものが多い。主要作品は年17本程度。そのうち15本くらいが政府の資金援助を受けている。映画製作者の情熱が、政府を動かして初めて資金繰りが出来る仕組みだ」

・クイック・アンド・デッド
「洗練された”見て楽しいウエスタン”だよ」

・バーチュオシティ
「登場人物の設定もいいし、人物も深く描かれていた。いい脚本だったよ。難しい役だと思ったけど、こんないい役に巡り会うことはめったにないからね」
「(ブレット・レナード監督について)彼はクルーをまとめる頼もしいキャプテンだ。撮影現場で自由にやらせてくれるから、演じるのがすごく楽しいよ」
(デンゼル・ワシントンが「ラッセルのあの悪役が一番おいしい役だよ。うらやましいね」と笑いながらコメントしているシーンもあり)


ひとことだけ 投稿者:じゅうばこ  投稿日:11月13日(木)13時42分54秒

「家族のうちの二人が、ラッセル・クロウの妻を演じてアカデミー賞の噂が出たことになる」

ベタニーさんーーーーーーっ!!!


羨ましいことばかり… 投稿者:いばら  投稿日:11月13日(木)10時13分13秒

私は外国在住の人だけでなく、衛星放送がつく方もうらやましいですわん。(英語がわかる方もうらやましい…)
今月の一枚、ありがとうございます。役作りについてのお話は、いつ聞いてもとても興味深いです。
髪を切ったラッセルを最初に見た時には、思わず「POL」をもう一度見てしまいました。髪をとかしたりしないのかな〜。絶対手櫛だけね。
ジェイ・レノショーも楽しかったです。
ダニエルさんは、結構お腹が目立つようになってきましたが、それでもミニなんですね〜。冷えるよ!
スティーブンも妻なんですね!

先週パソコンがクラッシュしまして、ハードディスクを交換してなんとか復旧しましたが、まっさらなパソを前に気力がわいてきません。CD-ROMにとっておいたバックアップで少しだけデータは残ったんですが、書きためていたものなどが消えて、私の気持ちの復旧はしばらくかかりそうです。うえ〜ん。


今日のビデオ 投稿者:Kumiko  投稿日:11月13日(木)04時23分45秒

E!オンラインに、LAプレミアのレッドカーペットインタビューのビデオが出ていました。

http://et.tv.yahoo.com/movies/2003/11/12/masterandcommander/

久しぶりにダニエルさんの映像を見ました。おなか、ちょっと目立ってきたかな?
インタビューに答える態度とか、落ち着いていて、しっかりした女性って感じ。
ラッセルのはしゃぎっぷりとは対照的です(笑)。

ポール・ベタニーは「この役でアカデミー賞の噂が出ていますが」と聞かれて、「家族のうちの二人が、ラッセル・クロウのを演じてアカデミー賞の噂が出たことになる」と言ってました。…がくっ。

写真はこちら

http://www.murphsplace.com/crowe/aubrey/laprem.html


アメリカ公開まであと4日 投稿者:Kumiko  投稿日:11月10日(月)17時18分51秒

ニュースの洪水に完全に溺れているわたくしです。

*どみさん
>「ラッセル・クロウ/ハリウッドセレブの素顔」
あ〜いいですねえ。バーチュオシティのメイキング…見てみたい。うちもAXNは入らないんです。(見られる人はお見逃しなく。)

>ラッセルとジェイのかけ合いには愛を感じますねー。
ラッセルとジェイ・レノは本当にプライベートでも仲良しみたいですね。ラッセルが酔っ払って、シドニーからLAに電話して「これから来ないか?」って言った話…笑ってしまいました。結婚したから、もうあんなことはしないって言ってましたけど…それは寂しい。

翻訳のところにリンクした写真では、ラッセルは「クロコダイル・ハンター」の連れてきたヘビを無造作に触ってましたね。実は私もヘビは平気。タイに旅行した時、肩に巻いて記念撮影しました。(証拠写真がお見せできないのが残念です。)

*秋林さん
お忙しそうですね。あまり疲れをためないように、ご自愛下さい。

ジェイ・レノ、いろいろ面白いことを言っていたので、皆様にご紹介したくて。TVのトランスクリプトは英語が簡単なので速く訳せるのです。

くされトマト、さすがに100%ではなくなりましたが、よい評価を維持していますね!あと数日でどっとレビューが増えると思いますが、80%代を維持してくれれば、いよいよアカデミー賞ノミネートも現実味を帯びてきますね。マトリックスは3作目でいきなり評価が落ちたような…見てないからわからないけど、どうしちゃったんでしょうね。

>。「TIME」の表紙のラッセルがなんだか妙に痩せて見えるのは
「TIME」はまだ手にしていないので何とも言えませんが…最近のTV出演やプレミアの写真を見ると、たしかに痩せてますね。トレーニングの成果が現れつつあるのでしょうか。


お久しぶりです〜。 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日:11月 9日(日)21時35分42秒

こんばんは。
…仕事ばかりで休日がなかなか取れない…うううう…。

>kumikoさん
翻訳、お疲れ様でした!…ありがとうございます♪
ひっじょーに参考になりました!

くされトマトは、実は私もチェックしてたんですけど、なかなか評判が良いみたいで嬉しいです♪(この前観に行った「マトリックス レボリューションズ」は…シンドイ評価ですね)

しかし…ここ数日ネットで見かけるラッセルさんのジャック、ホントーにさまざまな髪型になってますね。「TIME」の表紙のラッセルがなんだか妙に痩せて見えるのは…私が乱視だからでしょうか…。

>どみさん
わ〜!いいな〜!<「ラッセル・クロウ/ハリウッドセレブの素顔」
…う〜む…観たい〜〜けど、ウチはAXNが入らない…ぐぐぐ…。
編集済


CSの番組ですが 投稿者:どみ  投稿日:11月 8日(土)23時42分52秒

ただいまCSチャンネルのAXNで「ラッセル・クロウ/ハリウッドセレブの素顔」という番組が
放送されています。
タイトルを見て「もしかしたらゴシップ系?」と思ってたのですが、普通に真面目な伝記番組
のようです。今まで見たことのないメイキング映像も出てきます。
おおっと! バーチュオシティのメイキングまで! 
すみません、番組を見ながら書きこんでますのでちょっと興奮気味です。
次の放送は明日の深夜(日付は10日(月)0時40分)です。
http://www.axn.co.jp/

もたもた書いているうちに番組は終わりました。「M&C」のことは出てきませんでした。残念。

Kumikoさん、ジェイ・レノ・ショーの翻訳ありがとうございます。
ラッセルとジェイのかけ合いには愛を感じますねー。
もう一人のオーストラリア人ヒーロー、「クロコダイル・ハンター」(名前を忘れたけど
いつも半ズボンはいてる人)もゲストとして出ていたようですね。


じたばた 投稿者:Kumiko  投稿日:11月 7日(金)22時27分15秒

>じゅうばこさん
私も外国(というか、アメリカ)の人がうらやましいです。ラッセルは昨日、ジェイ・レノ・ショーに出たのですよね。(今日はポール・ベタニーが出るそうです。)ジェイ・レノを日本で見る方法はなくなってしまったから、見たくてじたばたしています。

トランスクリプトはMRCで読みました(下のリンク)。ラッセルはジェイ・レノと仲がいいですね。他の人が聞けないようなことも聞いてるし、ラッセルも他では絶対言わないようなことを、べらべら喋っているような…時間があれば訳したいと思っているのですが。

>ご両親が映画関係のケータリングかなんかのお仕事していて、子どもの時から撮影現場に連れていかれたりしてたんじゃなかったですか?
そうでした!そうですよねー。ラッセルは両親の仕事について歩いてホテル暮らしをしていて、16ぐらいまで普通の家に住んだことがなかったそうです。

http://www.geocities.com/Hollywood/Cinema/1501/leno2003.html


あーあ 投稿者:じゅうばこ  投稿日:11月 5日(水)23時14分44秒

外国の人がうらやましい。ハンケチかみしめながら、ぼちぼち拝見させていただきます。

「子連れ出勤」について、ふと思いついたのですが、あの人(ラッセル)はたしかご両親が映画関係のケータリングかなんかのお仕事していて、子どもの時から撮影現場に連れていかれたりしてたんじゃなかったですか?案外それで、彼にとっては普通のことなのかも(と、いっしょうけんめい納得しようとしている自分がいじらしい。笑)。
でもよく考えると、まあ立派なお父さんですよね。しかしくりかえすが、まだ生まれていないんだぞー。


まさに嬉しい悲鳴というか 投稿者:Kumiko  投稿日:11月 5日(水)13時33分42秒

Murphplaceはニュースの洪水で、今日だけで26項目もあるし。読むだけで半日かかってしまいます。(それでも読んでいる私…いいのだろうかこんなことしてて)

全部どころか一部も紹介するのは到底無理なので、面白かったところを脈絡なく:

(1) ラッセル、アクターズ・スタジオのインタビュー(時々NHKで「XXX自らを語る」という題名でやっているやつ)に出たみたいですね。日本ではいつやってくれるかなー。楽しみだわ。

(2) ラッセルのオーストラリア版Harpers Bazaarのインタビューに出てきたちょっといい話:
数年前、彼がドライブの途中でビールを飲んでいると、地元の男性が来てビールを奢ってくれたそうです。なんでも、彼の弟がゲイで、両親はそれを認められなくて、弟は家を出て行ってしまった。彼は両親を連れて「人生は上々だ!」を見に行った。映画のおかげで、両親と弟は話し合えるようになった−と、その人はラッセルにお礼を言ったそうです。…大好きな映画なので、なんか嬉しいです。

(3) ぼちぼち「M&C」のレビューが出はじめてますが、くされトマトのメーターは今のところ100%!「ビューティフル・マインド」を上回る前評判です。すごい!

*じゅうばこさん
めろめろなんですか。べたべたなんですか。二人とも新婚なのに、いいのかなぁ〜(<何のこっちゃ)ベタニーさんは「僕はラッセルのマスコットらしい。彼は出る映画全部で僕と共演することを要求しているそうだよ」なんて言っていましたが。(もちろん冗談…じゃなかったりして。)

ラッセルは、先に結婚して子供ができたベタニーさんが羨ましくてしょうがなくて、「ポールとジェニファーのとこはもう子供ができたんだ、ウチも早くしようよ」と奥さんをせっついたそうです(笑)。

「M&C」プレミアのレッドカーペットインタビューで、ポールは「先輩パパとしてラッセルにアドバイスは?」と訊かれていました。「今のうちに寝ておくように」とか言っていたような。

>「そうなればいいなあ」と、太字で書いてらっしゃいました…
そうでした(笑)。わたくし、根が正直なものですから…

*いばらさん
地上波放送の「グラ」、私も見ました!「グラ」はもう何度観たか分からないぐらい観ていますが、吹き替え版は3回目です。なかなか良い吹き替えだったのではないでしょうか。翻訳も適切だったし、声優さんも適役だったと思います。

不満といえば、やっぱりあのCMにゆくタイミングですねー。視聴者を引きつけておくために、仕方ないこととは思いますが…ぐーっと盛り上がったところでCMに行かれてしまうので、なんども「がくっ」とコケそうになりました。まあ、民放の宿命でしょうがないかな。

ショウビズカウントダウンは見逃しました…残念。

>離婚してるかもしれないしさ!
あ、言ってしまいましたね…みんなが密かに思っていることを(笑)。
編集済


しつこい私 投稿者:じゅうばこ  投稿日:11月 3日(月)18時42分41秒

クルージングの件、今、過去ログで確認したら、Kumikoさんは、「そうなったらそれはそれで」なんかじゃなく、「そうなればいいなあ」と、太字で書いてらっしゃいました…


えー、表紙というよりかは 投稿者:じゅうばこ  投稿日:11月 3日(月)17時56分04秒

いばらさん
中身にもかなりドキドキしました(笑)。またゆっくり書きます。

ゆうべの「グラ」は、わりとよかったですね。マキシマスの声優さん、同じ人でしたか。ビデオの時より格段に上手になっておられたような(笑)。コモは、ビデオのはバカなかわい子ちゃんぶりが強調されてて、それはそれでかわいかったですけどね。今回もよかったです(あれは、ツボをつかめば、やりやすい役なのかも)。


グラ! 投稿者:いばら  投稿日:11月 3日(月)09時24分19秒

じゅうばこ様
よかったですね〜。あの本、裏表紙にちょっとドキッとしませんか? ストーリーはだいたい同じでも、作品に流れる雰囲気が微妙に違うでしょう? じゅうばこさんはどちらがお好きですか? とくにラストは違いますね。感想教えてくださいませ。今日は「Q&D」放映なんですよね? 私は見れませんが、比べてみたら面白いかもしれませんね。


昨日は「グラディエーター」でしたね〜。家族のブーイングの中、TV前を3時間占拠しました。TVの吹き替えと二か国語の英語版とDVDの日本語版をザッピングしながら見たのですが、訳が大分かわってましたね。今回のほうが解りやすい日本語になっていたように思います。声の抑揚とか語尾だけでも、随分その場の雰囲気がかわるもんですね。声優さんは、マキシマスは同じでしたが、コモドゥスは違ってました。TVのほうが威厳がありました。
3時間も枠がとってあるのに、ノーカットと書いてないのは何故だろうと思っていたんですが、カットがあったようですね。首切りも胴切りもありませんでした。DVDで見てTVに切り換えてってやっていたので、アレ?のみがしたかな?と思いましたよ。
CM入れが、それはないよー!というところに入っていて、最近のバラエティのような引きをしてヤキモキさせましたが、それでもラストはぞぞぞぞぞと鳥肌が立ってきました。エンディングの音楽がなかったので余韻を感じたくて、DVDのエンディングを最後まで見ました。ふう、やっぱり良かったな。

そのあと、ショウビズカウントダウンを余韻にひたりながら見ていたら、「M&C」がトピックスで出てびっくりしまして、思わず録画してしまいました。内容はトレーラーそのものですが、TVだからおっきい!それに、字幕がついてる! マキシマスにオーブリーまで見れて幸せ!


子づれ出勤…五年後なんて、どうなるかわかりませんよ。第二子がいるかもしれないし、離婚してるかもしれないしさ!


そうでしたそうでした 投稿者:じゅうばこ  投稿日:11月 2日(日)19時23分02秒

Kumikoさん
そんで私が「それを彼女に気づかれて、怒った彼女に海にけこまれて破局にでもなったら」とか心配したら、Kumikoさんが「そうなったらそれはそれでいい」とか書かれたのではなかったっけか?ああ、何と思えば昔のことですねえ…(笑)。

スティーヴンじゃなかった、ベタニーとの見つめあい写真はたしかにもう、ホアキンとの「兄貴…」写真に匹敵しますよね。たしかどこかでベタニーは「ぼくはラッセルに弱いんだ。もうべたべた(めろめろだっけ)なんだよ」とか告白してたのを読んだ気がするし、またそういう人をふやしてしまったんですね、ラッセルは(笑)。

「M&C」のあらすじ、ご苦労さまです。感謝するいとまもなく、読みまくっています。Kumikoさんのコメントも楽しみです。


気になるツーショット 投稿者:Kumiko  投稿日:11月 2日(日)19時07分56秒

>じゅうばこさん
どうやらラッセルは本気で「子連れ出勤」をするつもりみたいですよ。子育てのために映画に出なくなっちゃうのではないかと怖れていたので、それは嬉しいのですけど。本当に、仕事だけじゃなく私生活でも、やるとなったら徹底的にやる人だわ。感心していいのか、呆れるべきなのか…

あ、そうそう。徹底的にやるといえば…最近のインタビューで読んだのですが、彼はオーブリー役に備えて船酔いを克服するため、撮影が始まるまでなるべく長い時間を船に乗って過ごしたそうですね。

去年の5月ごろ、結婚前のラッセルがダニエルと一緒にクルージングをしているという記事を読んで、じゅうばこさんが「恋人と過ごしたいからというより、役作りで船に乗っているだけじゃないの?」みたいなことを書いていらしたのを憶えているのですが…本当にそうだったんですね(笑)。

「クイック&デッド」のノベラゼーション、手に入ったのですね。私はいばらさんに甘えて読ませていただきましたが…小説で読むと、コートやヘロッドやキッドの背景や性格が掘り下げられていて、より映画が楽しめるようになりました。特にコートのところは、何度も読み返しています。

↓はM&Cプレミアの写真。あのー…こんなことを言うとまたアレですけど、ラッセルとポールが至近距離で見つめ合ってる写真、気になってしょうがないんですけど。この写真の大きいのが欲しくて、Wireimageに登録しそうになってしまいました(高いからやめたけど)。

http://www.wireimage.com/GalleryListing.asp?navtyp=SRH&str=russell+crowe&sfld=C&nvc=E&nvv=41245


あ、いけない 投稿者:じゅうばこ  投稿日:11月 1日(土)23時10分23秒

だいたい、これが書きたくてのぞいたのに。ラッセルの発言に動揺してしまった。

いばらさん
私も「クイック&デッド」の小説、やっと古本屋さんで手に入れました。面白いですね!前に紹介していただいたことをいろいろ思い出しながら、ちびちび読んでいるところです。


まったくう 投稿者:じゅうばこ  投稿日:11月 1日(土)23時04分05秒

ご無沙汰してます。仕事でまた死にかけてますが、Kumikoさんのご紹介下さった、ラッセルのインタビューでの発言を読んで、ついもう、一言だけ。あ、それはもうタイトルに書いてしまったが(笑)。

冗談で「あとはもう『子連れ出勤』しかないやん」と言ってたのですけど、マジでそうなるのか。いやいいけど、そんな先まで考えられてちゃ、生まれてくる子が今ごろびびってないか?いやまあ、あのお二人(あのラッセルと、そのラッセルの相手してるダニエルさん)の子どもだからそりゃないか。
なんだかもう、どんな子になるのか、あたしゃ今から楽しみだよ。と、すっかり角の煙草屋のおばさん気分になってます。


メイキング本&サントラ 投稿者:Kumiko  投稿日:11月 1日(土)13時00分27秒

>いばらさん
私のところに届いたのはイギリス版(ハーパーコリンズ社)ですね。ハードカバーです。表紙はこれ↓で、ラッセルの写真は裏表紙でした。値段は2514円。

http://images-eu.amazon.com/images/P/0007163983.02.LZZZZZZZ.jpg

ラッセルの写真が表紙になっているのはペーパーバックかと思っていたのですが、それもハードカバーのようですね。それはアメリカ版(WWノートン社)のようです。

サントラはこちらで試聴できます。
http://music.barnesandnoble.com/search/product.asp?userid=35MFTLKQ06&ean=28947539827

私も最近、買い物熱に火がついてます。メイキング本のほかにも、2冊も関連本を買ってしまって…("Jack Aubrey Command"と"Patrick O'Brian's Navy"というやつなんですけど)

これから「クイック&デッド」と「シカゴ」のDVDも買わなくてはいけなにのに、お金が…(泣)


おかいもの 投稿者:いばら  投稿日:11月 1日(土)12時05分17秒

メイキング本にサントラと期待が高まってきますね〜。
全米で11月14日公開でしたっけ。じゃ11月後半のショービズカウントダウンは、見ておこうかなと思ってます。全米トップテンのカウントダウンをしているので…。(この番組って関東ローカルかな?)

メイキングは、これ?同じ本ですか? 値段も違うんだけど…。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0393058654
ペーパーバック版もあるようですね。

サントラのほうを早めに欲しいなあと思ってます。
原作本には、朗読本もあるんですね。
もうホントにラッセルの声に飢えてるんで、朗読本を吹き込んでくれたらいいのにな〜。
それなら妻の元をそれほど離れなくても出来る仕事でしょう?
どちらかというと歌よりセリフまわしが聞きたいのです。

そういえば、「クイック&デッド」アマゾンにもありましたよ。とりあえずカートに入れときました。
なんだかまたお買い物熱が高まります。


11月だー! 投稿者:Kumiko  投稿日:11月 1日(土)04時55分49秒

ぼやぼやしているうちに11月になってしまいましたね。時の流れは早い…
今月はいよいよ「Master And Commander」の公開です。公開が近いせいか、Murphsplaceのニュースもすごい勢いで更新されていて、読みきれないぐらいです。
(日本語でニュースを読みたい方は、とーこさんのページへどうぞ♪)

ラッセルはあちこちのインタビューに出ているようですね。映画のプロモーションのためとはいえ、やっぱり赤ちゃんのことをよく訊かれるようです。

なんでも、子供が学校に入るまでの5年間は、子供を連れまわりながら映画に出まくり、その後は学校に送り迎えするために控えるそうです。うん、これからの5年間映画に出まくるのはいいぞ!そして5年後には…気が変わっていて欲しい(笑)。

1週間ぐらい前に「Master and Commander」のメイキング本が届き、耽溺しております。すごく綺麗な本です!文章はかなりネタバレを含んでいるようなので、写真だけ眺めていようと思うのですが、つい読んじゃうのよね。ピーター・ウィアー監督の凝り性ぶりがうかがえます。こんなに凝り性じゃ、寡作になるのも無理はないかな〜とか思ってます。こちらで買えます↓

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/0007163983/249-4709512-0200348


唄って映画撮ってケンカしよ〜♪ 投稿者:Kumiko  投稿日:10月29日(水)11時57分52秒

*どみさん
>「サウスパーク『ラッセル・クロウの世界ケンカ紀行』」
わたしも見ました〜。日本シリーズ最終戦のおかげで危うく忘れるところでしたが。早めに予約録画にしておいてよかった。
これって、本国放送は去年のイギリスアカデミー賞の一件の直後なんでしょうね。もう1年半も経ってしまっているので忘れかけていましたが。(「おれのケンカは詩だ!カットするなんて許さん〜」と言ってましたね(笑)。)

>アホでケンカっ早いけど、友情には篤いところがちょっとだけ本人に近いかな
相棒「タガー」との愛情物語には、思わず泣いてしまいました(嘘)。タガーって、いい味出してましたね(船だけど)。絶妙のコンビだと思います(船だけど)。しかし…「歌だけは、かなり似てるじゃん」と思ってしまった私ってファン失格?トレイとマットはTOFOGのアルバムを聴いて研究していたりして。

>トヨエツや工藤夕貴との共演を「ラッセルの恥ずかしい過去」みたいに語ったのが
そうですね〜。あの言い方ではトヨエツや工藤夕貴もムッとしたのでは。私は「そんなこと、ファンしか知らんぞ〜」と突っ込んでしまいましたが。

>「Master and Commander」
ほんと、早く大画面で観たいですね。超前倒しで予告編やってくれないかしら。そうしたら、それが目的で映画見に行くかも…


ラッセルと一緒に世界旅行! 投稿者:どみ  投稿日:10月28日(火)18時22分38秒

「ニュースフラッシュ」のおかげで「サウスパーク『ラッセル・クロウの世界ケンカ紀行』」を無事見られました。ありがとうございます。
ああいうくだらない内容のお話は大好きです。お下劣な「サウスパーク」ですから、キャラの捏造、デフォルメはある程度当たり前ということで、全編笑って見られました。欲を言えばもうちょっとマニアックなネタがほしかったところです。
あの番組の「ラッセル・クロウ」はアホでケンカっ早いけど、友情には篤いところがちょっとだけ本人に近いかな(相手は船だけど)。吹き替えがアデビシ(TVドラマ「OZ」)の乃村健次さんだったのには大笑い。
キッチュ松尾が、トヨエツや工藤夕貴との共演を「ラッセルの恥ずかしい過去」みたいに語ったのがちょっと気になりましたが、懐も腹回りも大きいラッセルは、全然恥ずかしいなんて思ってないんじゃ……というか、何も考えてない可能性もありますが。

「Master and Commander」のクリップ、うちの中途半端なADSL回線(1M)だと、音がブツブツ切れまくり、映像もブロックノイズはいりまくりですが、これを大画面で見たらどんなに素晴らしかろうと期待は膨らむ一方です。
はー、日本公開は約半年後かー。


今日のおすすめ 投稿者:Kumiko  投稿日:10月26日(日)01時11分36秒

Yahoo!に「Master and Commander」のクリップが出てます。
まだ公開前なのにこんなに見せちゃっていいのかな〜。
下から二番目の「Extra Effort」がおすすめです。

http://movies.yahoo.com/movies/feature/masterandcommander.html


すっきり! 投稿者:Kumiko  投稿日:10月23日(木)04時43分18秒

髪を切ったラッセルの写真がやっと出ましたね。噂どおり若くなってます。今は「シンデレラ・マン」に備えてダイエット&猛トレーニング中とか。がんばってね〜

http://www.murphsplace.com/crowe/news.html

*いばらさん
メイキング本の日本語版は…どうでしょう?「グラディエーター」のメイキング本も、私は英語版を買ったのですが、最終的には半年ぐらい後に日本語版が出たような。まあ、出るにしても日本公開後でしょうね。

「ザ・フィールド」って、リチャード・ハリスがアカデミー主演男優賞にノミネートされていた映画ですね。日本では劇場未公開ですが、ビデオは出ているのですね。ショーン・ビーンが出ているのは知りませんでした。

ラッセルの仕事ぶりをちょっとでも知っていれば、プロ意識が欠けているなんて思うはずはないのですけどね。そんなことを書く記者の方がよっぽどプロ意識に欠けているわ。もっとも、映画雑誌の記者にプロ意識なんか感じたことないですけど。「もうちょっと調べて書けよ、いくらなんでも〜」てな記事ばっかりで。ぷんぷん。

*グリーンさん
ロイヤルプレミア出席を申し込めるパンフなんですか!チャールズ皇太子やラッセルと共に赤絨毯を踏みしめて、なんてすごいですね〜。落札した人が行かれるといいですね。

ロイヤルプレミアの報道は楽しみです。チャールズ皇太子とラッセルのツーショットなんかもあるかも。

*ペコさん
三十路なんて、お若い、お若い(笑)。

私も、「インサイダー」を見て喫煙者に説教してしまったクチなので、ラッセルが煙草をやめられないのは残念です。彼は「シンデレラ・マン」の準備でお酒をやめているそうですから、ついでに煙草もやめられないかな。煙草を止めると一時的に太るっていうから、無理かしら。

私も「クイック&デッド」のビデオは持っていますが、高画質には心が動きますね。特典映像がないのは残念ですが…

>かわいいってジャックが考えるポーズのことでしょうね。
ええ、それも可愛いのですけど…ぱっと「かわいいー」と思ったのはベタニー氏の手に乗っているトカゲ…ではなくて、それを観察している彼でした(笑)。メガネ姿が珍しくて。


しっかりと掲載されています。 投稿者:ペコ  投稿日:10月21日(火)04時09分26秒

>グリーン様
今晩は!いやあ、鋭いです。はい、私のサイトのトップページのイラストは自画像です。ヘタクソです。可愛く描いてあるかもしれないが、実際の私はもう三十路に入っております。(汗)
ロンドン・プレミエの申込書がご出品なんですか!凄すぎます!!!
私も禁煙者なんですが、うちの妹と弟とその嫁がヘビースモーカーなんです。ワイガンド博士の講演会に妹を連れてたけど、効き目はありませんでした。ワイガンド博士の仰通り、未成年にタバコの味を覚えたら、一生止められないそうです。妹たちも未成年の時から味を覚えてしまって禁煙したくてもなかなか難しいようです。うちの家族全員は『インサイダー』がお気に入りなんです。ラッセル・クロウが禁煙できない限り、いつまでも映画の効果がありませんでした。(涙)

>いばら様、Kumiko様
今日会社帰りに、まだ情報が入ってないと嘆く某激安電気店に無理やり『クイック&デッド』DVDを予約しちゃいました。帰宅して買った雑誌DVD&ビデオでーた11月号を開いてみたら、DVDリリース速報にちゃんと「ポニー・キャニオンより12月17日発売『クイック&デッド』Hi−Bit Edition 3800円」と載せていました。ハイビットというのはどうやらハイ・クオリティ仕様のようです。特典映像の方は詳しく掲載されていないから、もしかしたらないかもしれませんね。

>Kumiko様
素敵なジャック画像リンクどうもありがとうございました。かわいいってジャックが考えるポーズのことでしょうね。

>いばら様
まあ、中古ビデオを購入なさったのですか!11月に「クイック&デッド」が放送されるそうです。うちには低価格ビデオ「クイック&デッド」が持っていますが、やっぱり高画質DVDが欲しいです。


その後 投稿者:グリーン  投稿日:10月20日(月)21時51分35秒

Kumikoさん
こんにちは。新入りですがよろしくお願いします。私も禁煙者です。
前の職場でいつもプカプカの上司に「インサイダー」はあなたのための映画です、
と言って公開当時見るように薦めたことがありますよ。
結局見なかったみたいなんですが。
プレミア・パンフとご紹介しましたが、正確にはプレミア出席の申込書を兼ねたパンフです。
これで申しこめるので、この時期オークションに出してみました。開催は11月17日夜ですから、
日本では翌18日に報道されると思います。

いばらさん
どうもはじめまして。オークションは日曜に終了したのですが、結局1円で落札となりました。
ドレスを着て赤絨毯を踏みながら入場して、皇太子やラッセルやその他大勢のスターと映画を見るというのはなかなかない機会です。落札された方がいかれるのかどうかはわかりませんが、ぜひ行って楽しんでいただきたいと思います。


うっふふふふふ…なんて… 投稿者:いばら  投稿日:10月20日(月)11時54分48秒

ペコ様
『Q&D』のDVD化! 嬉しいです〜! 12月まで、お金ためますわ〜。三カ月くらい前に、耐えられなくなって、中古ビデオ買っちゃったんですけど…、でもいいです。買いますとも〜。でも特典はあんまりなさそうですね〜。ちょっと残念。

グリーン様
はじめまして。ヤフオクは私もよくお世話になってるんですが、ロイヤルプレミアまではなかなか手が出せなくて、失礼させていただきました。オークションはタイミングが難しいですよね〜。

kumiko様
クリケットとクロッケーというのは、そんなに違うものだったんですか〜。私ゃてっきり同じものだと…。すると不思議の国のアリスがやってたのはクロッケーですね。(あと、Sharpeシリーズでベタニーさんがやってたのもそうかな?)
「肘を曲げずに上投げをする」…これがあの野球での妙な投げ方の正体だったんですね〜。

メイキング本からの写真も、ありがとうございます。私には「考えるジャック」が可愛かったですぅ。この本は日本語版は出ないですかね〜。
それから、あの帽子! やっぱりあれ被るんですね〜。二角帽ってやつかしら?この時代の帽子ってかっこいいのかどうか、ちょっと私にはわかだない〜。グレートコート姿もよかったです〜。

お葬式のシーンの直前にリチャード・ハリスが亡くなったことを知ったのですか〜。すると、映画でそのシーンを見ると、なんとなくリチャード・ハリスのことまで思い出してしまいそうですね。

リチャード・ハリスと言えば(まあ、関係ないんですが)、彼の主演の「ザ・フィールド」を見ました。(ショーン・ビーンが出ていたので…)。アイルランドの小作人が土地に執念を燃やすという静かで地味な話なんですが、一家のお父さん役のリチャード・ハリスが、もう強い強い父なんですよ〜。腕力ももちろんですが、意志の力も強くて立派で、まわりの誰も太刀打ちできない。その息子であるタイグ(ショーン)は、父親に気に入られたい気に入られたいと一生懸命なんですが、どうもいまいち不器用でうまくいかないんです。それで、何かやるたびに「どう? 父さん、誉めて」といわんばかりにチラッと見上げる眼がなんとも切ないんですよ。タイグは、父は昔に亡くなった兄のほうを愛していると思っています。だって死んだ兄の年令は何年と何日まで数えては泣いているのに、生きている弟には「お前いくつだっけ?」ですもんね。
この関係は「グラ」の皇帝とコモドゥウスの関係と同じだな〜と思いました。死んだ兄にあたるのがマキシマスとルッシラかな? 「ザ・フィールド」の、強いけど愛情を伝えることに不器用な父親をイメージして皇帝にキャスティングされたのかしら?と思ってしまいました。

もうすぐ地上波で「グラ」の放映ですね〜。絶対リアルタイムで見るぞー! DVD持ってるのに録画しても無意味だもんね。来年には「M&C」の公開が控えていて…とかナレーションがあるといいなあ。

立ち読みをしていて、雑誌の名は忘れたのですが、「映画というビジネス」という特集を見ました。その中で映画俳優のランク付けについて書いてあったのですが、ラッセルはAランクなんですけど、プロ意識に欠けると書いてありました。ケンカのこととかを指しているのでしょうが、プロ意識に欠けるまわりがいるからケンカしちゃうのであって、ラッセルにプロ意識が欠けているわけではな〜い! と叫びたい思いでした。「M&C」の公開によって評価が決まってくるだろうとか書いてあって、そ〜〜んなに期待されちゃう作品って、逆にこわい〜〜。「ギャングオブニューヨーク」みたいにならないといいけど…とか思いました。


朗報ですね! 投稿者:Kumiko  投稿日:10月19日(日)23時17分53秒

>グリーンさん
はじめまして!ようこそいらっしゃいました。管理人のKumikoと申します。お見知りおきを…

私もタバコは嫌いな方なので、ラッセルには禁煙して欲しいんですけどねえ。10歳から吸っているって話ですから、無理でしょうかね。でも結婚して、もうすぐ子供も生まれるので、禁煙するとしたら今がチャンスかも。

"Master and Commander"のロイヤルプレミア・パンフを手に入れられたのですか。ラッキーでしたね。ひょっとしたら、映画の日本公開までお待ちになった方が高値がつくかもしれませんね。

>ペコさん
おお、「クイック&デッド」ついにDVD化ですか!良かったですね!さっそく「ニュースフラッシュ」に加えさえていただきます。
情報ありがとうございました。

murphsplaceにメイキング本からの写真がまた出ていました。うーん、かわいい〜(<さてどの写真のことでしょう)

http://www.murphsplace.com/crowe/aubrey/makingof/index.html


ペコさんへ 投稿者:グリーン  投稿日:10月18日(土)08時50分29秒

ホームページ拝見しました。背景は自画像?でしょうか。いい感じですね。
ラッセル・クロウとも会われたそうで、幸運というより熱意と努力の賜物なのでしょう。

ロイヤル・プレミアのパンフはここだけの話、タダでいただいた物でした。
これを日本のオークションでいま出品中です。終了が近いのですがまだ1円です(笑)。


吉報です!ついに『Q&D』初DVD化決定! 投稿者:ペコ  投稿日:10月18日(土)06時09分19秒

>Kumiko様、皆様へ
おはようございます。ご無沙汰しておりました。うちのサイトの掲示板にラッセル・クロウファンの管理人でいらしてる方から『クイック&デッド』がついにDVD化されることになりました。詳しいことは私の掲示板へどうぞ。

>グリーン様
初めまして。私のまずいレポートを読んでくださって恐縮です。まあ、講演会にご出席なさったそうですね。今まだ貧乏で英語力がなくてなかなかアメリカのオークションに参加できませんでした。参加なさるグリーン様が凄いです。

http://www.neox.to/~s_peko/


ちょっとお知らせ 投稿者:グリーン  投稿日:10月16日(木)20時40分05秒

Kumikoさん、お仲間のみなさんはじめまして。グリーンと申します。
ペコさんの講演レポートを興味深く読ませていただきました。
「インサイダー」は感銘したドラマで、私もその講演会に出席してました。
マイケル・マン監督はこれがきっかけて禁煙したらしいですが、あれだけの
演技を魅せた張本人がヘビー・スモーカーというのが未だに信じられないです。
私生活と演技を見事切り離すというのもある意味プロフェッショナルな感じも
します。

いま某オークションサイトでMASTER AND COMMANDERの英ロイヤル・プレミア
パンフというのを出品しているのですが、これが全然といっていいほど反響が
ないのです。見られた回数がわかるようになっているのですが、ほとんど
自分なんです(笑)。儲ける儲けない以前にちょっとがっかりです。

またおじゃまします。よろしくお願いします。