ラッセル・クロウ掲示板過去ログ28
Kumiko's Russell Crowe Message Board Archive 28
戻る


私も投稿を・・・ 投稿者:まりえる  投稿日:12月29日(月)23時50分20秒

kumiko様
初めましてなのか久しぶりなのか・・。分からないのですが、ROMは欠かさずしています。

雑誌への投稿はするつもりです。映画を見続けて何十年ですが、ここ数年のヤング思考に嫌気がさして殆ど買いません。購買部数が命とは言え流れ星のようなスターがメインの傾向は時代なのですね。
ラッセルがグラビアを独占した「PLO」や「ABM」のような扱いは無理かも知れません。
子供のグラビア満載の映画雑誌になりそうです。インターネットする私達には様々なニュースが毎日見られますが、ネットされない方々の孤独感を癒すのは予告編と映画雑誌のグラビアと記事です。
たまたまこの間、高齢のファンの方と知り合いになりました。その方にはファンサイトのプリントをお送りしていますが、何も拠り所のない方々がどんなに楽しみにしておられるか・・思うと心が傷みます。せめて、雑誌の投稿欄に意見を書こうと思います。


あっ、あ、 投稿者:せんべい  投稿日:12月29日(月)23時16分3秒

もしも、もしもで宜しければ、私も何かのお役に立てればと思っております。
せっせとあのサイトに投稿はしているのですが・・・

あの会社宛のちゃんとしたメール先が検索できなくて、今、探しておりますが年明けになりそうです。

えええ〜補足です。
Kumikoさんの素早さに感激いたしました。出来る限りのことはさせていただく所存です。はい!


協力させてください 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日:12月29日(月)21時45分5秒

>kumikoさん
ようやく今日、日本公式サイトでupされているトレイラーを見ました(米国版と変わらないと思って、見てなかったのです)。

私も同じ原作ファンとして、あのトレイラーと惹句はあんまりだと思います。
まだ映画は観ていないけど、チラシを初めて見たときは衝撃でした。
(日記には「惹句はまあよしとして」と書いちゃいましたが、あのときはスティーブンの扱いのほうに気が回っちゃって…)

公開まであと2ヶ月くらいでどこまでできるかわかりませんが、あのトレイラーでのナレーション(「あなたが教えてくれた〜」うんぬん)が、映画や原作のスピリットとは大きくズレている、信じないで欲しいということを、できるだけ多くの人に伝えたいと思っております。

それにしてもブエナジャパンは、なぜあんなにマックスくんを全面に押し出すんでしょう?
…ダコタ・ファニングちゃん(「アイ・アム・サム」「コール」に出てる名子役)みたいにしたいのかな…。


もちろんです 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月29日(月)21時41分44秒

Kumikoさん
何でも使って下さい。
実は私も今ささやかな「自分のこの件について発言したものを集めた」コーナーを作成中ですが、その中のものも何でも使って下さい。


M&C宣伝に関する意見とお願い 投稿者:Kumiko  投稿日:12月29日(月)21時02分5秒

…というページを作りました。(下のリンク)

どの程度役に立つかわかりませんが、何かしたくて。ご一読下さい。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/kumiko-meru/mc_senden.htm

*じゅうばこさん
なんだか今回、じゅうばこさんに全面共感しすぎて怖いですよ。こんなん初めてじゃないですか(笑)。私も自制装置故障中です。

本当のことを言えば、宣伝担当者がこのサイトを見ていらっしゃる可能性は、かなりあるのではないかと思っています。それでも、今回は遠慮なく言わせていただきます。だって時間がないんだもの。「ロード・オブ・ザ・リング」の字幕改善運動は「DVDで修正+続編での改善」を目標にやっておられましたから、半年ぐらいは時間があったのですが、宣伝っていうのは公開されるまでのものですからね。長く残らないだけ、字幕よりはマシとも言えますが。

それで相談なんですが…「板坂耀子研究室」の方のじゅうばこさんの書き込み、こちらのトップからリンクしてある「意見とお願い」のページに引用させていただけないでしょうか?私一人の意見ではないってことの証拠として。

あっ、そうですね。映画雑誌への投稿。「お願い」に加えておきます。

*いばらさん
大掃除ご苦労さまでした。いや、嬉しいニュースやら腹の立つニュースやらで、疾風怒濤の年末ですね。

>せっかくサイトがあるんだから、歴史的背景とか、ナポレオン戦争とは…とか、当時の軍隊制度とか、この題材を見たときにまず疑問に思うことを書いてくれたらいいじゃないですかねえ。
本当にそうです。本国の(というか「日本以外の」)オフィシャルサイトでは、帆船に関する事、当時の世界情勢に関することなど、いろいろな情報がありますものね。字が小さくて読みづらいとか、映像が凝りすぎていて重いとか、そういう不満はありますが、日本版を見た後では、あれは何て素晴らしいサイトなんでしょうか。韓国や台湾の方は、自国語に翻訳されたこのサイトを楽しんでいらっしゃるのですよね。あ〜、本当に、なぜ日本だけが。

*せんべいさん
この映画は、海外のレビューでは「観客を馬鹿扱いしていない近頃珍しいアクション映画だ」と賞賛されているのに、日本の宣伝は、まさに観客を馬鹿扱いしているとしか思えません。

とにかく早い善処を…願いたいですね。とりあえずやれることはやってみましょう。

*どみさん
>若手男優の事務所が圧力をかけてきたのかな
あっそうか、あの子役、イギリス人と見せかけて実はジャ★ーズ事務所所属だったのね…!などとふざけている場合ではないか。

私はね、映画の本筋をちゃんと宣伝した上で、あの子役(すでに名前を呼ぶ気もなくなっている)を「ところでお姉さん、脇にこんなカワイイ子も出てますぜ」というふうに売りにするのは、まあ許せると思っていたのですよ。だから、子役のファンサイト(なぜかFANSITEではなくFUNSITEになっていますが。本物のファンサイトではないよ〜という意思表示でしょうか)も、「ちょっとサブいな」と思いながらも、笑って見ていたのです。

まさか、予告編そのものをあんな風に捻じ曲げてしまうとは思わなかった。予告編は、当然他の国と同じように本国のものをそのまま使うと思っていたので…

本当に、「敦煌」ではないですけど、「映画のシーンを使って、どれだけ映画とかけはなれた予告編が作れるか」というコンテストをやったら、これは優勝間違いなしだと思いますわ。


もう一つありました 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月29日(月)21時00分33秒

Kumikoさん
他の掲示板である方がおっしゃっていたのですが、このままでは(すでに遅いかもしれない)次号の映画雑誌の大半が、あの宣伝の路線で、つまり主役でも何でもない俳優のグラビアやインタヴューで埋めつくされるような紹介のしかたになるのではないかと。
私は明日にでも主要な映画雑誌のすべてに投稿します。もちろん掲載されないまでも、少しはこの方向の雑誌報道をセーヴできるかしれません。インターネットをしていないファンの皆さんにも何とかして、少しでも本当のことを知らせたい。
できたら、このことも皆さんに呼びかけていただければと思います。


ありがとうございます 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月29日(月)20時52分25秒

Kumikoさん
トップページの「『マスター&コマンダー』の宣伝に関するお願い」を拝見しました。
もう、涙が出るほどうれしいです。ラッセルとポール、いえ、ジャックとスティーヴンもきっと喜んでくれていると思います。


マヌケな予告編 投稿者:どみ  投稿日:12月29日(月)18時35分0秒

何年も前の話ですが、深夜のテレビで「映画予告編コンクール」という番組が放映されてました。
たぶんその番組の中の話だったと思いますが、
「映画の予告編は『低い声の重厚な男性ナレーション』がお約束だけど、それを崩したらどんな感じになるの?」
というコーナーがあったのです。
そこでおもむろに当時の邦画のヒット作品「敦煌」(ふ、古い…)の予告編が流れ、「とんこう♪」と甲高い子供のような声のナレーションがかぶさりました。重厚な歴史大作の予告編が、子供っぽい声音のおかげで腰砕け状態になってしまう様子に大笑いさせていただきました(「敦煌」本編は映画館で鑑賞しました。なかなかいい映画だったと思います)。
今回の「マスター・アンド・コマンダー」の予告編についてのお話を聞いて、そのことを思い出しました。

でも今回は、番組上のお遊びコーナーの中での予告編のお話ではなく、日本国内で公式に流れる予告編が「とんこう♪」状態なのですね。笑っている場合ではないですね。
私が映画本編はまだ見ていませんが、ラッセル・クロウファンかつ原作ファン(まだ途中までしか読んでませんが)の端くれとしては、あの予告編の的外れっぷりには怒り心頭です。

これが邦画だったら、「若手男優の事務所が圧力をかけてきたのかな」という想像もつきますが、「マスター・アンド・コマンダー」は洋画。日本の芸能界のしがらみがあるわけでもなく、ブエナ・ビスタが何を根拠に、オスカー俳優(しかも3年連続ノミネート)のラッセル・クロウを差し置いて、あの少年俳優を強力にプッシュしようと思ったのか? 全く理解できません。観客をなめるのもいい加減にしてほしいものです。あの宣伝で興行的に成功するならばまだしもですが、まあ、まず無理でしょうね。マックス・パーキス君が可愛いのは認めますが、それなりに過去の実績がなくちゃ興行収入にはつながらないでしょう。


あ、早速に!! 投稿者:せんべい  投稿日:12月29日(月)18時26分44秒

>ブエナ・ビスタへのご案内(?)嬉しかったです。
今日はあちらのその下の「一般用」にも書き込んできました。今度は字数を守って。
判ってくれると良いのですが・・・世界的な興行収入が今ひとつなんで苦肉の策なのかもしれませんが、あの宣伝文句はペテン以外のナニモノでも無い。
本来、観たいと思ってた人は腰が引けるし、謳い文句を目的とした人は逆に肩透かしを食ってしまう・・・今どき珍しい下手糞な宣伝方法です。
観客を馬鹿にしてるし、担当者は映画そのものを観てない、としか思えません。観ていたとしたらその眼を疑いたい。
とにかく早い善処を期待したいところです。
年明け様子を見てもまだそのままなら次の手を考えよう、と思っているところです。


怒・嬉・怒 投稿者:いばら  投稿日:12月29日(月)12時10分17秒

…と、最近大きなニュースが多いですね。大掃除で見られないでいる間に、掲示板も怒濤の流れです。

サイトの予告見てきました。Kumikoさんの言うとおり気持ち悪いナレーションですね。やっぱりチラシ通りに少年が主人公の映画になってましたね。少年の写真だけしか使ってないチラシも見ましたよ。いくら少年の出番が多いとはいっても、あの予告を見てから映画を見たら、「あれ?艦長が主役なの?」と(逆に)思うのでは? 主役たちをないがしろにするにもほどがあると思います。
じゅうばこ様…ラッセルへの好意まで消しそうになりましたか、じゅうばこ様を変えるとは、それはすごい威力の予告編です。でもあれを見るとしつこく出てくる大親分のようにしか見えません。海の男達を伝えてこそ、意味があるのに。

せっかくサイトがあるんだから、歴史的背景とか、ナポレオン戦争とは…とか、当時の軍隊制度とか、この題材を見たときにまず疑問に思うことを書いてくれたらいいじゃないですかねえ。そうやって映画の下準備を整えてくれるのが宣伝でしょう? そういう意味では、宣伝が必要な題材なんじゃないかとも思うんですけどねえ。

日本の映画はいつでも女性向き(と思われる)宣伝ばかりで、「泣ける映画」とか「今年で一番泣けます」とか、感想でも「泣けました!」とか言われると、バカか!(すみません)といっつも思います。あの少年が泣きどころだと思ったのでしょうか? 少しは「燃える映画」も宣伝してみろ!、ですよ。

「すべては愛のために」なんて映画も、私が米カウントダウン番組で見たときは、金持ちの妻である境遇を捨ててエチオピアの難民救済のために尽くす女性の話だと思っていたのが、日本のTVCMを見ると、明らかに人妻の不倫の話になっていて、それで泣くのか、そうでないと泣けないのか、見てないからなんとも言えませんが、もうちょっと本質で宣伝してくれよ、と思います。「ダウンタウン物語」で、主役のバグジー・マローン役のスコット・バイオが1枚も写真に乗らず、当時人気のジョディ・フォスターの写真だけだった頃からそう思っております。

せめて身近な人たちだけにでも、違うってこと伝えたいですね。私もあちらの掲示板は行ってみたいと思います。「ロード・オブ・ザ・リング」の字幕騒動もファンの働きかけで替えることができたようですから、何か出来ることがあればいいですね。


たしかにそうですが、 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月29日(月)10時54分33秒

Kumikoさん、せんべいさん
私の言いたいことは掲示板ぐらいではおさまりそうもない。
少し煮詰めるか、他の方法を考えます。

私は普通、こういう場合は「とにかくあの予告編を変えてもらうにはどうしたらいいだろう。相手のプライドや心情を傷つけないようにしよう」とかいう配慮や計算がとっても働く人なのですけど、今回はその装置が壊れてしまって、あの罪のない少年俳優まで含めて、ものすごく残酷な攻撃を言葉でしてしまいそうで、必死で自制しています。
今回、自分の中のラッセル・クロウという俳優への好意まで消しそうになったあの予告編が、それを作った人たちが、本当に私は…ああ、もう言うまい。

何であんな予告編ができたのか、不毛なことをあれこれ考えてしまいます。あの少年俳優が少しでも好きだったら、逆にあんな予告編やあんな売り方はするはずがない。ちゃんと映画をまっとうに売って、その中のあるべき位置で愛され評価されるようにするはずです、彼を少しでも好きな人なら。結局やっつけ仕事の、思いつき?
私は性格悪いので、この予告編に「予告編も一つの作品」「本編とちがった創作」という、大勘違いの思い上がりをしている人の存在もありあり感じて、それも許せないのですけどね。「予告編」や「字幕」はおのれの分をわきまえてこそ見事で美しいのじゃないでしょうか。


その手がありましたね。 投稿者:Kumiko  投稿日:12月29日(月)06時00分33秒

>せんべいさん
おお、その手がありましたね。私も、早速ひとこと言って来ました。下のリンクの掲示板です。

この掲示板は、「書き込み」ボタンを押してもすぐには反映されず、管理者のチェックを経てからになるようです。だから、私の投稿も公開されることはないと思いますが、それより宣伝責任者に読んでもらいたいという気持ちで書きました。

とにかく、意見を伝えるだけでも意義があるかと。

http://www.movies.co.jp/bbs_max/bbsX.php3


嗚呼、ほんとに酷い・・・ 投稿者:せんべい  投稿日:12月29日(月)00時01分46秒

>やっと観ました予告編
換骨奪胎なんてものじゃなくてこれじゃ歪曲。嘘八百。騙し、です。それも非常に悪手。
これで宣伝担当なんて・・・この会社の理解力の無さを天下に知らしめるだけなのに。
なんだかガックリしてしまいました・・・
一応「こんな宣伝お止めなさい」投稿をしておいたのですが、まあ掲載はされないでしょう。でもしっかり読んで欲しいわア。


がーーー!(怒) 投稿者:Kumiko  投稿日:12月27日(土)13時57分44秒

>まさきさん
こちらこそ、よろしくお願いします。

あのカメラかかえているラッセルの写真、けっこう引き締まっているように見えましたね。「シンデレラ・マン」の撮影開始まで二ヶ月、いよいよボクサーモードね!期待は高まります。

試写会、「応募するぞー」と張り切っていたのですけど、ブエナ・ビスタの公式HPには行きたくない気持ちが募っていて…理由は下を読んで下さい(泣)

>秋林さん
チャールズ・スペンサーくん、元気に育つといいですね。それにしても、チャールズっていうのはどこから名づけたのかまだ謎ですね。まさか、英国皇太子じゃないわよね…?

そうですよね、「Q&D」のラブシーン、地上局でやった時でさえあったのにねえ。でも考えてみれば、「ない!」と騒いでいられる我々はまだましで、最初からあれを見たこともないアメリカの人たちの方がかわいそうですねえ。いえ、この件に関してだけは。

日記、読んでくださってありがとう。「ジーザス・クライスト・スーパースター」は、大好きなミュージカルなんですよ。あ、秋林さんの日記の方もリンクさせていただきました♪

「M&C」の公式サイト…クリアファイルなんかは別に欲しくないからいいけど、ストーリーとキャストの紹介、あれはまったくひどいですよね。こらー、ジャックとスティーブンの間に入るな!…じゃなくて、えーと…(こほん。)

>じゅうばこさん
そうそうそうそうそう、そうなんですよ!この件に関しては私もかなり熱くなっているので、もうすこし落ち着いてから書こうと思ったのですが…

まったく、もう、何なんでしょうあの予告編は。(私はブエナビスタの公式ページで見たのですが)信じられません。はっきり言って、こんなにひどい映画宣伝は初めて見ました。じゅうばこさんのおっしゃること、まったくその通りです。この予告編を見て、こういう映画を期待して来る人は、本編をみたら「なんだ、もっと泣かせてくれるのかと思った」とがっかりすると思うのですよね。そして、本当にこの映画を好きになるポテンシャルを持っている人は、この予告編を見たら反感を感じて来ないと思うのです。実際、私が何も知らずにこの予告編だけを見たら、絶対に観に行かないと思う。興味を持っていたとしても、予告編を観て「や〜めた〜」となったと思います。

大げさに言っているのではなく、本当なんです。あのナレーション、本当にぞっとする。「こういう映画じゃないんだよ〜」と叫びたくなります。

これが、「M&C」でなくて他の映画なら「日本の映画宣伝はいつもセンスがないからなあ、しょうがないな、ははは」ですませるところなんですけど、思い入れの強い映画だけに…まったくもう、ぐわーーー!(頭をかきむしっている)ほんと、こんな宣伝ならやらない方がなんぼかマシ。この怒りをどこにぶつけたらいいの。

年末だというのに、怒ってばかりで、ほんと身体に悪いわ。


おさえておさえて 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月27日(土)11時55分18秒

と必死で自分に言い聞かせながら書いてるのですが。

さっき、「M&C」の予告編を見てきたのですが、聞きしにまさる、という感じでした。

あの、これは私の個人的好みもあるので、いちがいには言えませんけど、私がラッセルファンでなかったら、彼を信頼していなかったら、あの予告編見たら絶対にあの映画は見ません。
いや、ラッセルファンでも信頼していても、見る気がほとんどなくなりました。

でも、信じられないのですよね。Kumikoさんはじめ、ごらんになった皆さんのお話とあまりにちがうのですもの。「私が見たのと同じ映画を見せてくれるんでしょうね?」とKumikoさんはおっしゃってましたが、私も思ってます。ほんとに皆さんがごらんになった映画を私は見せてもらえるんだろうか?

とても心配だし、いやなのは、この予告編見て映画館に行った人は、あの映画もラッセルもポールも多分好きにはならない。そして、本来この映画や彼らをものすごく好きになるはずの人は、あの予告編を見たらまず見に行こうとは思わない。私も、皆さんの感想を拝見していて、ラッセルを信じているから何とか持ちこたえていますが、それでも見に行く気がしなくなっています。

え、どんな予告編かとおっしゃるのですか?
ポールが出ないとかいう段階の問題じゃないですよ。ラッセルも脇役でした。


おめでとうございます、親バカさん♪ 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日:12月27日(土)00時23分37秒

こんばんは〜♪

男の子…チャールズくん、すくすく育ってくれるとよいですね♪
カメラ持ってる親バカさんのほうはといえば、ずいぶんスッキリとした顔立ちに。
なにげに私好みの髪型とヒゲだニャ〜♪

そしてDVDのラブシーンカットにはビックリ!(情報、ありがとうございます>いばらさん)
でもそもそも…なんで北米版はラブシーンがなかったのかな…。
(PGやR指定関係うんぬん?)

>まさきさん
こちらこそ、よろしくお願い致します〜!

ところで、ブエナ公式サイトで試写会以外のプレゼントもやっているのですが、「M&C」のクリアファイルは――マジ、マックスくん柄しかないのでしょうか?

「ファーストエイドキット」は…あれ?なんか裁縫セットに見えちゃうな〜(私の目が悪いから〜)。
まあ、傷を手当てするにしても帆を縫うのにしても、海洋映画らしいグッズかもしれません。

しっかし公式サイトでショックだったのは、cast紹介のページでジャックのとなりがブレイクニーくんだってこと。
…そっか…やっぱりその路線なのか…。

>kumikoさん
お疲れさまです〜!<課題終了

ところで。
私も小さい頃、「ジーザス・クライスト・スーパースター」を観て感動しました。
(懐かしいタイトルが出てきて、ちょっと嬉しかったです♪)


おめでとうございます 投稿者:まさき  投稿日:12月26日(金)15時04分16秒

管理人様、常連の皆様これからよろしくお願いします。

お子さんが生まれたのですね。おめでとうございます。写真で見るとオーブリー艦長より引き締まっていて父親業も、俳優としての役作りも徹底しているみたいで次回作も本当に楽しみです。

「Q&D」のDVDでカットされたという場面、後の場面にも少なからず影響がある場面だったので、テレビ放送時でもたしかカットされていなかったように思います。Kumikoさんがおっしゃってるように話がつながらなくなりそうな・・・。

「M&C」の試写会の予定がブエナ・ビスタHPにでていますね。試写会場は一番近いところでも県を二つばかり越えないといけないので、二月末までお預けになりそうです。


すでに完全親馬鹿モードとか… 投稿者:Kumiko  投稿日:12月26日(金)11時16分4秒

ラッセルはチャールズくんにすっかり夢中になっていて、なかなか他の人に抱かせてくれない、とダニーのお父さんがぼやいていたとか。何をやるにも徹底しているラッセルのことだから、当分は(シンデレラ・マンの撮影が始まるまでは)父親業に専念するんだろうなあ。

*いばらさん
>旧作を見ようと思ってDVDを見たら、あのシーン抜きで「Q&D」を語ることになるのでしょうね。
そうそう、考えてみればもったいない話ですよね〜。アメリカの映画会社も、DVD出す時にノーカットロングバージョンにすればよかったのに。だいたい、あのシーンがないと話つながらないような気がするのですが…「エレンとコートはいつ打ち合わせをしたのか?」みたいな。

もうご覧になったかと思いますが、カメラもって病院に駆けつけたラッセルパパ…を撮っているマスコミのカメラ。
http://www.murphsplace.com/crowe/shooting.html


おめでとう! 投稿者:いばら  投稿日:12月23日(火)16時41分6秒

年明けとばっかり思っていたら、もう御誕生ですかー! ホントに英国王室っぽい名前ですね。おめでとうございます。アカデミー賞には出てくれると嬉しいですね。たとえ子づれでも。

しつこく「Q&D」ですが、アメリカでのDVD発売を受けたものだったんですか〜。じゃ、そのまま使ったという可能性は大きいですね〜。これからラッセルの新作を見てファンになる人が増えていくとして、旧作を見ようと思ってDVDを見たら、あのシーン抜きで「Q&D」を語ることになるのでしょうね。とてももったいないわ。
どみ様、私も、ビデオは大切に保存しますわ。


おお、それはめでたい! 投稿者:Kumiko  投稿日:12月22日(月)22時19分24秒

チャールズ・スペンサー・クロウくんですか。何となく英国王室を思わせるお名前だわ。
予定日よりだいぶ早いようですが、とにかく、めでたい!

>じゅうばこさん
無理やり決闘させらるのも受難ですが、手錠をかけられたままシャロン・ストーンに押し倒されるのも受難…かな?

本人に聞いてみたいかも。

>どみさん
最新ニュースをありがとうございます。予定より早く生まれたし、年末年始を妻子とゆっくり過ごした後は、仕事に集中して欲しいです。これでアカデミー賞出席の目もでてきたかな?…などとすぐ考えてしまうのですが。


Breaking News か?←東スポ風 投稿者:どみ  投稿日:12月22日(月)21時48分30秒

今回は「か?」はいらなかったのですが、東スポ好きな性がつい出てしまいました。
ラッセルがついに男の子のパパになったそうですね! 予定日より早かったようですが、母子共に元気そうで安心しました。
あちこちのサイトで報じられていますが、とりあえずCNNのリンクを↓
http://www.cnn.com/2003/SHOWBIZ/Movies/12/22/crowe.baby.reut/index.html

▲Q&D DVDの件
なんと! あの悪名高き北米版が採用されてしまったとは! これはもう手持ちのビデオ(中古、500円、しかも吹き替え版)を後生大事に抱えていくしかなさそうです。

▲まさきさん
はじめまして。LAコンフィデンシャルでラッセルが気になり、その数年後にグラディエーターを見てラッセル池にはまり、その次の日にインサイダーを見て、ついに頭まで沈んでしまったどみと申します。ラッセルは本当に映画ごとに違った魅力を見せてくれる俳優ですね。どうぞよろしくお願い致します。


ひとことだけ 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月21日(日)20時05分26秒

つまらないことですが、牧師のセックスがいけないって、あれはコートが好んでしてることではなく、受難じゃないですかね、言ってみれば。


はじめまして! 投稿者:Kumiko  投稿日:12月21日(日)16時44分25秒

>まさきさん
はじめまして!ようこそいらっしゃいませ。

11月の「グラディエーター」TV放映でファンになられたのですね!私も「グラ」で落ちたクチです。本当に、ラッセルは映画ごとに別人ですよね。そこがすごいです。

オーブリーの原作も読んで下さったのですね。嬉しい〜ページを作った甲斐があったわ。「熊のフローラちゃん」のシーンは、何度思い出してもにやにやしてしまいます。

マックス・パーキスくんの「ファンサイト」、見て来ました。まあ、日本で受けそうなタイプだとは私も思っていましたが、ここまでラッセルとポールを無視して、彼を「売り」にされると…なんか、寒々とした気分ですわ。これでいいのかなあ。

ゴールデン・グローブ賞のノミネートは嬉しいですね!ポール・ベタニーが助演部門で外れてしまったのは残念ですが…主演男優賞の受賞は難しいかもしれませんが、作品賞か監督賞が獲れるといいなあ。

>ペコさん
今頃はハワイかしら?「M&C」が観られるといいですね。ご無事のお帰りをお待ちしております。

>じゅうばこさん
ヒロインなんてどーでもいいなんて、そんなことは…いや、あるかも(笑)。

そもそも、なんでアメリカであのシーンがカットされたのか理解に苦しみますが。彼が牧師さんだから、という理由らしいのですが…それなら、「牧師さんが人殺しをするのは良くて、セックスはだめなの?」と突っ込みたくなってしまいますわ。

>いばらさん
北米公開版にはあのシーンがないということは聞いていたし、今回のDVD発売はアメリカでの発売を受けたものだということはわかっていたので、覚悟はしておくべきだったのかしら。しかし、DVDが何の説明もなくVHS版と異なるというのは問題ですよね。せめて「北米公開バージョン」と注釈を入れるべきだったかも…

でも、画質はすばらしいのですね。うーん…そうなると余計に惜しい気がしますねえ。


ふぅぅ… 投稿者:いばら  投稿日:12月20日(土)21時55分48秒

まさき様
はじめまして! 私は「プルーフ・オブ・ライフ」で落ちました。
ファンになった時には、私も、えっあれもこれもラッセルだったの!?と、その変わり身ぶりにびっくりしました。「M&C」の艦長さんもどんなふうになるのか楽しみですね〜。ノミネートも嬉しいです。これからもよろしくお願い致します。


「Q&D」のDVDの件で、ラブシーンが削除されていないのは日本版だけらしいので、抜きのほうがスタンダードなのかな〜とも思うのですが、もし意識的にそちらを使ったのだったら、やはり一言でも説明があるべきだと思うのですよね。わざわざカットする手間をかけるとも思えませんし、そんなことをするようなシーンだとも思えません。私は、間違ったんじゃないかな〜と邪推してしまいます。日本公開版と北米版が違う内容だってことを、制作者が知らなかったんじゃないかな…と。
こうなってしまったからには、ノーカットでメイキング入りのエクステッドエディションでも出してもらうしかないでしょうが、それもまた夢ですね。せめて削除があることを明記すべきじゃないかと思ったんで、発売元に問い合わせのメールでもしてみようかとサイトに行ってみたのですが、ピックアップした作品以外について、感想などは受付ていないようでした。私には、それ以上の行動はちょっとムリっス。

でもDVD自体は画質も綺麗で、レオ君のピカピカな銃の細かい細工とか、ラッセルの額の左の傷とか、決闘後の頭の後ろの傷までくっきり見えて(見るところが偏りすぎですか…)よかったですよ。ラブシーンがなくても重要な役には変わりないですし、ちょっとでも彼が出ていれば手に入れたくなるのですから、そこがなくてもDVDになったことは嬉しいのですが、購買意欲の半分以上をあのシーンが占めていたので、とっっっても残念ですけどね。


ペコ様 いまはお出かけ中でしょうか。「M&C」を楽しんでいらっしゃるのでしょうね。
ところで、月曜日のブラックジャックのTVアニメは…もちろんご存じですよね。それまでにはお帰りになるのかな? 初めてのTVアニメ化だそうで、どんなふうになるのか、そちらも楽しみにしています。


あそこをカットしたら、あの映画じゃないと思う 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月19日(金)21時38分3秒

まさきさん
はじめまして。私は「クイック&デッド」をテレビで見て気になり始め、ビデオをさがしてまわったのを、思い出しています。

その「クイック&デッド」のカットはひどいですよね。ヒロインなんかどーでもいいと公言されてるKumikoさんとはちがって、私はあの映画のシャロンとエレン(役名)は好きなのです。その彼女の魅力も八割がたわからなくなってしまうし、映画全体の流れも傷つける欠陥商品と言われてもしかたないと思います。
私もまだ買ってないのですが、正直言って手にしたくない…という心境。複雑です。


すみません 投稿者:まさき  投稿日:12月19日(金)00時10分45秒

自分の書き込みを改めて呼んでみたら初めての書き込みだというのに、しっかりミスしてしまいました。
せっかくゴールデングローブ賞にノミネートされたというのに、肝心の役名を間違えるなんて・・・・・。すみません。
GG賞、作品賞、監督賞、主演男優賞ノミネートおめでとうございます


ショックでしたわ! 投稿者:ペコ  投稿日:12月18日(木)23時59分14秒

>いばら様、Kumiko様
今晩は!実は私もラブシーンがあるかしらと期待してチャプターを飛ばして肝心なシーンを確認してみたら、ないと知りました。ショックでした!!!VHS版にはちゃんとあるのにですね。でも、画質はかなり高画質タイプなので、とても綺麗でした。今度、特典映像付き完全版でも出して欲しいですね。

>まさき様
初めまして。『インサイダー』で恋をおちてしまったペコと申します。どうぞよろしくお願いします。

明日仕事の帰りにそのままにハワイへ行ってまいります。まだ『マスター・アンド・マスター』が上映されるといいのですが・・・。


はじめまして 投稿者:まさき  投稿日:12月18日(木)23時34分15秒

はじめまして。まさきと申します。十一月の「グラディエーター」で、ラッセル・クロウのファンになってあちこち検索しているうちにこちらにたどり着きました。
出演作はこれまで見たことないなと思っていたのですが、こちらのサイトで出演作の一覧を見て初めて、「LAコンフィデンシャル」での刑事役や「クイック&デッド」のかっこいい牧師さんを演じていたと知って驚きました。
十一月中はレンタルビデオ店に通いつめて「インサイダー」や「ビューティフル・マインド」を借り、一気に見たのですが演じる役が作品ごとに百八十度違っていてすっかりファンの一人に。
新作の原作はオーブリーの原作紹介の管理人様の紹介文を読んで、「面白そう、読んでみよう」と思い立って、邦訳分を読んでみたのですがこちらにもはまってしまいました。
熊図鑑のオーブリー熊の項目の別名の意味がわかって、にやりとさせられました。熊図鑑のページはとっても楽しかったです。
「マスター&コマンダー」は公式ページはほとんど何もないのに、しっかりマックス・パーキスくんのファンサイト(ブエナビスタのTOPから行けます)は作ってあって、「0−振りーとマチュリンの友情を描く映画じゃなかったのか?」と思いました。
これからもこっそり伺わせていただきます。


ええー!何ですって?! 投稿者:Kumiko  投稿日:12月18日(木)22時12分24秒

「クイック&デッド」のDVDが

ラブシーン抜き?!

それは北米版ですね。確かに、日本で公開されたバージョンと違うのなら、そう明記すべきですよねえ。ええ、もちろんそこだけが観たいというわけではないですけど…
私はまだ買っていないのですが、うーむぅ、どうしよう…

*じゅうばこさん
元々こういうジャンルが好きな人とか、ラッセルやベタニーさんのファンは放っておいても見に来るだろうから、それ以外の層(若い女性層?)にアピールしようとしているのでしょうかね。まあ、それで少しでもヒットしてくれるのなら文句はないですけど。でも、あのコピーは少々こっ恥ずかしい…

*ペコさん
「ファインディング・ニモ」観ましたよ〜。海がキレイでしたね。シドニー・ハーバーが映った時、思わず「あそこにラッセルがいるのね。お〜い〜」と呼びかけてしまいました(もちろん、心の中でですが)。

*いばらさん
ブレイクニー役のマックス・パーキスくんはたしかに出番が多いので、彼を目当てに観に来た人がいたとしても失望はしないと思いますが…でも、主役の二人(そう、二人よ!)より大きく扱われちゃうと、なんだかなあって感じです。

あの宣伝を見てから、日本では早めに打ち切られることを覚悟し「最初の週のうちに3回は観て…」とか計画している私。楽しみなような心配なような、複雑な気持ち…

アメリカでは、興行ベスト10からは落ちたけど、11位。意外に粘っているようですが、続編への道はまだ遠いかな。演歌みたいにじわじわ売れることを期待しています。


ええええーーーー!!! 投稿者:いばら  投稿日:12月18日(木)20時31分13秒

ポニーキャニオンさん! 何かの間違いでは!!
皆さん! 「Q&D」のDVD見ました?? 昼間っからDVD見てたのは私だけかしら??

これ、何をもとに製作したのでしょう! 噂の北米版なのかしらーーー!!

<<【ラブシーン抜きですわよーーー!】>>     (タグの使い方がわからないので…)

あああーーー。何かの間違いであって欲しいーーー!!
        ………いや、そこだけが見たかったわけじゃないけどさ。何か説明を入れるべきだと思う!

ビデオ版をお持ちの皆様、手放してはいけませんよ。


ネタバレ板も賑わってきましたね〜 投稿者:いばら  投稿日:12月17日(水)13時42分19秒

ペコ様もアーサー王ファンですかー。私はまだ入門したてなのですが「エクスカリバー」も見てみたいです〜。魚のマーリン! なんとなく彷彿とさせますよね〜。来年ディズニーで「king Arthur」を、という企画もあるそうな。アーサー王関連で「The sword in Anvil」という章題を見つけて「ハマーアウト」を思い出し、アーサー王の剣が刺さってたのは鉄床だったのかー、と初めて気がついたりしてます。

「Q&D」、私も今日届きました。ジャケット写真にもやっと仲間入りできてよかったわ〜。裏の4人の顔が並んだデザインは「LAC」に似てませんか? 中に入っている紙を見て、しばらく笑ってしまいました〜。サム・ライミらしい場面を選びましたね〜。

Kumiko様 チラシでは、ストーリーのところまではよく読んでいないのですが、あおりの文句は、なんとなく少年が主人公のような書き方でした。それを期待して見に行った人はきっと混乱するかも? 不安ですわ。

どみ様 先日はお褒めの言葉ありがとうございます。題名はてきとーですが、結構悩みますよね(笑)。
全米トップ10の番組では先週は6位。ベタニーさんのことを紹介していましたが、なんだかおざなりで〜〜〜。
……でもきっと演歌みたいにじわじわ売れるのよ!


本日はQ&D発売日です! 投稿者:ペコ  投稿日:12月17日(水)06時01分52秒

>Kumiko様
おはようございます。ついに今日は『クイック&デッド』初DVD化が発売されますね。
私は昨日既に入手しました。ラッセル様はついにシャロン・ストーン、ジーン・ハックマン、3人目名前を挙げています!


お帰りなさいませ。 投稿者:ペコ  投稿日:12月15日(月)01時35分41秒

>せんべい様
今晩は!ご無事に帰国なさったそうですね。しかも4回もご覧になったとは凄いです!!!
もうすぐ出発だというのに、飛行機がまだ決まっていません。決定されるとは出発2日前になりそうです。

>いばら様
>>ペコ様 私も「ファインディング・ニモ」見たいです〜。今、アーサー王にちょっと凝っているのですが、ディズニーのアーサー王物語の「王様の剣」に出てくる魔法使いマーリンとアーサーが魚になって修業するくだりをちょっと思い出します。ニモのパパのマーリンて、もしかしてそこから名前取ってない?<<

ええ、そうと言われてみれば、そうですね!!しかも同じ魚だったとは忘れていました。いばら様が鋭いのでございます!!!私もアーサー王のものが大好きで、ディズニーアニメ『王様の剣』だけでなく、実写版『エクスカリバー』(リーアム・ニーソン映画デビュー!)などのビデオやDVDも集めています。


ふ〜ん 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月14日(日)23時18分0秒

Kumikoさん
いやな予感がする。いや、ヒットするかしないかはそりゃした方がいいけど、万一しないにしてもちゃんと正しく作品の本質を生かして宣伝してくれての上でならあきらめもつくけど、また日本の宣伝係、かんちがいなこと考えてないでしょうね。
でも、すごいお金かけて批評家の評価も高くて、なおかつ人気がいまひとつ、という映画は、ラッセルの経歴の中ではもちろん、他の映画でもあまり例が思いつかないような気がするけど。


スティーブンはどこ〜 投稿者:Kumiko  投稿日:12月14日(日)21時54分39秒

*いばらさん
「M&C」のチラシ、私はまだ現物を目にしておりませんが、噂は聞いております。宣伝文句といい、登場人物紹介といい、あまりのズレっぷりに「わたしが英国で観たのと同じ映画を公開してくれるんでしょうね??」と、ふと不安になってしまいますわ。

艦長より士官候補生の写真が大きいこともさることながら、スティーブン(ポール・ベタニー)が完全無視されていると聞いてちょっとショックを受けております。めへへへえ〜、スティーブンはどこ〜(<錯乱気味)これはジャックとスティーブンの映画だっつの、がきんちょは引っ込んでおれ!

…と、言いたくなったりもしております。しかし、なんだろ…日本はそんなにもショタな人ばかりなのでしょうか。「男の友情もの」では売れないのかしら。まあ正直、日本でヒットするような気は全然しておりませんが…今から早めにリピートする覚悟を決めております。

えー、気をとりなおして。ララ・クロフトとバド・ホワイトの合体なんてすごい最強のキャラになりそうですね。「アンダーワールド」、チェックしておきます。(私もビデオ待ちになると思いますが。)

「ファインディング・ニモ」のマーリンは、そう言えばアーサー王伝説からきているのかもしれませんね。「歴史上一番有名な魔法使い」だそうですし。

*せんべいさん
お帰りなさいまし〜!

4回も観られたのですね。いいなー私も早く4回目が観たい。

>気になったのは、公開してまだ一ヶ月にならないのに、昼間は閑散としていたことです。
そうなのですよね。ロンドンでは公開されたばかりなのに、かなり空席がありました。まあ、平日の昼間だったからかもしれませんが…やはり観客の平均年齢は高めのような気がしました。「ここで笑うのは原作ファンだなぁ〜」ってところで笑い声が起きていたのは嬉しかったです。

いい映画なのに、BOX OFFICEでは苦戦しているようで。原作ファンの評判はいいのになあ。

>あちらにもお邪魔させてもらいますね〜〜〜
お待ちしております。


観てきました 投稿者:せんべい  投稿日:12月14日(日)14時11分38秒

一日はハワイ島の観光に費やしましたが、残りの日々でなんとか4回。
結局、海にもプールにも入らず。日焼けも全然。

いやああ、良かったです。
実は、初日は時差ぼけで知らないうちに所々寝ていました。艦長の怒鳴り声と凄まじい砲撃の音で目を覚ましたような次第です。
それでもおおまかな内容の把握は出来たので、2回目からはじっくりと。
観れば観るほど観たくなる、という映画でした。言葉が判らないせいかも知れませんが、考えようによっては、それも映画鑑賞の方法かも(笑)。
3回目には大事な伏線も判ってきて「良く出来てる。話がたるみなく練れているなあ」と勝手に解釈して褒め称えておりました(笑)。

気になったのは、公開してまだ一ヶ月にならないのに、昼間は閑散としていたことです。
日曜日の午後でも入りは三分の一位・・・か。
観客は中高年ばかり。原作のファンなのでしょう。よく笑っていました。

ネタバレ、参考になります。
あちらにもお邪魔させてもらいますね〜〜〜


艦長室のクリスマスにご招待ありがとうございます。 投稿者:いばら  投稿日:12月13日(土)11時50分59秒

先日「M&C」の日本のチラシを某所にて拝見しました。「オスカー俳優ラッセル・クロウ」で呼び名は定着したようですね〜。でも受賞歴をいろいろ書かれるより、顔見ればかっこいいのはすぐわかるじゃない!!と思うのはファンだからなんでしょうか〜。
チラシの裏側を見ると、カワイコちゃんの士官候補生をメインに売っていくつもりのようです。オーブリーの写真より少し大きく載ってますよ。

書店にて映画雑誌をパラパラと立ち読みしてたら、急に「LAコンフィデンシャル」の名前が出てきてびっくり。「アンダーワールド」の記事の中で、主人公の女性のキャラは「トゥームレイダー」のララと「LAC」のバドを参考にしたんだそうな。バドの、女性に暴力をふるった男は許さないところを取り入れているらしいです。それもちょっと気に止めて(レンタルになった暁には)見てみたいと思ってます。

ペコ様 私も「ファインディング・ニモ」見たいです〜。今、アーサー王にちょっと凝っているのですが、ディズニーのアーサー王物語の「王様の剣」に出てくる魔法使いマーリンとアーサーが魚になって修業するくだりをちょっと思い出します。ニモのパパのマーリンて、もしかしてそこから名前取ってない?


寂しいですね&予告編 投稿者:Kumiko  投稿日:12月11日(木)15時43分16秒

>ペコさん
「グラディエーター」のカシアスこと、デビッド・ヘミングスが亡くなられたのですね。

「グラ」の撮影中、デビッド・ヘミングス、プロキシモ役オリバー・リード、皇帝役リチャード・ハリス、グラックス議員役デレク・ジャコビの酒飲みじいさん4人衆はすっかり意気投合し、リドリー・スコット監督に「地獄の4騎士」とニックネームをつけられていたそうです。4騎士のうちの3人までが亡くなってしまうとは。残ったデレク・ジャコビさんは寂しい思いをしているでしょうね。

「ファインディング・ニモ」も「ラストサムライ」ももうご覧になったのですね。さすが。この2本は私も観に行くつもりですが、「M&C」の予告編は見られるかしら…?


やっていなかった・・・ 投稿者:ペコ  投稿日:12月 9日(火)23時51分40秒

>Kumiko様
今晩は!ネットに詳しい友人に調べてみたら、ハワイでのM&C上映は12月末までやってるそうで、ほっとしています。ネタバレオーケー掲示板を覗きたくても我慢しています。(涙)予告編でも観ようと思って同じ20世紀FOXの『フォーン・ブース』を観てきました。そしたら、M&C予告編は流れていませんでした。本当に残念でした。
話を変わりますが、『グラディエーター』のカシアス役の俳優さんが亡くなられたそうです。まだ62歳の若さだそうです。

『ラストサムライ』先行上映(11月22日)と試写会(11月23日)で既に2回も観ました。日本描写は間違いだらけですが、日本人陣の俳優たちの演技が大変素晴らしかったんです。トム・クルーズはいつものと変わらないが、彼を大いに食ってしまっている渡辺謙がめちゃくちゃよかったんです。音楽は『グラディエーター』のハンス・ジマー氏でした。

『ファインディング・ニモ』は11月29日の先行上映で観ました。今までのピクサー作品の中で一番最高です!!!ニモの右の鰭が左よりも小さくて生まれつき奇形のようでした。何だか、耳の不自由である私は気持ちがよく分かるような気がしました。その後、同行した友人の旧友であった元映写師と偶然に再会して喫茶店で映画の話を盛り上がっていました。その方の話によりますと、私の観た試写会『ラストサムライ』の映写師として雇われてたそうです。偶然さに驚いたんです。


夢の同世代共演 投稿者:Kumiko  投稿日:12月 9日(火)19時56分15秒

「M&C」のサウンドトラックCDに耽溺する毎日。音楽もいいわ〜

*いばらさん
ありがとうございます。ラッセルは「いつものラッセル」ですよ。普通とは逆の意味で。うふふ。

>女性には、かっこいいからインテリからかわいいまで、より取り見取りで大歓迎だと思いますわ。
そうそう、サプライズ号は、年齢は10歳から60歳まで、太めからガリガリ、小汚いのから美少年まで、あらゆるタイプを取り揃えてお待ちしております、なんてね。そこらあたりを、よく宣伝して欲しいですね。

*じゅうばこさん
ネタバレ掲示板を作るのはまだ早いかなーとも思ったのですが、観た方が遠慮なく話したり質問したりする所があってもいいかな〜と思いまして。ま、当分あまり投稿はないと思いますよ。今現在、まだ0ですし。

ネタバレのない感想なら、こちらに投稿していただいて大丈夫です>皆様

ああそれにしても、この映画に限らず、日本の映画公開時期の遅さって苛々しますねえ。いっつもいっつも「最後の大市場」扱い。(「ラスト・サムライ」のような特殊なケースは別にして。)「ファインディング・ニモ」なんてヒットしてますけど、アメリカじゃもうDVD出てますよ。何とかしてほしいものだわ。

*rainbowさん
あまりうらやましがっていただくようなものではないですぅ。作品世界にどっぷりとはまるのは、天国のような地獄のような…はう。お金も時間も食われるし、何より、他の映画や本になかなか手が出ないのは困りものです。ハマリのピークは、何を観ても読んでもコレのことを考えてしまうので、純粋に楽しめないのですよね。

*どみさん
>これも愛。←「いらんわ」ですね。
いえいえ、心からありがたく受け取らせていただきます。時差ボケは、いまだに治ったような治らないような…

そうそう、ジョニーは63年生まれ、ラッセルより1歳上なんですよねー。世間のみなさんにはそこのところ、よーく頭に入れておいて欲しいです。ジョニデがオヤジでないなら、ラッセルもオヤジじゃないぞ!(<まだこだわっているらしい。)

しかし、ラッセルと同世代には名優・大スターが沢山いますね。そういえば、ラッセルは、このへんの同世代俳優とは共演したことはないのでした。同世代の主演格同士って、確かに難しいのかもしれませんね。二人出すと映画の予算が足りなくなりそうだし。ニコラス・ケイジ、ジョニデ、トムちんあたりとは、いつか共演して欲しいです。

「M&C」は2位、4位、5位ときて今週は9位まできてしまっていますね。うーん…いい映画なのだから、なんとか粘って欲しい。


ジョニーのほうがラッセルより年上だったとは 投稿者:どみ  投稿日:12月 8日(月)23時49分37秒

Kumikoさん
無意識に「愛、それは」と書いたらすかさず「気高く」と返して下さるKumikoさん。とてもその数日前まで時差ボケ?だったお方(失礼)とは思えぬ鋭い反応です。あ、いばらさんのタイトルも! お二人に思わず惚れ直しました。これも愛。←「いらんわ」ですね。

昨日見たアメリカ発情報番組では「M&C」は残念ながら興行成績4位でした。うーん、やはり海洋物は興行成績がふるわないというジンクスが出てしまうのでしょうか。でも作品自体の評価は高いのですから、細くとも長く粘っていただきたいところです。
その番組では、嵐の中で部下に指示を飛ばすオーブリー船長の勇姿をちょっとだけ拝むことができました。

Beniさん
お久しぶりです〜! 紅弥さんですよね? ラッセルとフレンズの掲示板だったのに、なぜかナンシー関や中尾彬の話でも盛り上がってしまったことを懐かしく思い出します(笑)。
ジョニー・デップとラッセル・クロウの共演、本当に実現するといいですね。最近、ジーン・ハックマンとダスティン・ホフマンが映画で「初共演」したという話を聞き、「あの二人は共演したことがなかったのかー!」と驚いたのですが、同世代の主演格の名優同士って、意外になかなか共演する機会がないのかもしれませんね。
ジョニー&ラッセルの映画のスケジュールは数年先までは合いそうにないので、せめてこの際サタデーナイト・ライブのセットでも何でもいいから、Kumikoさんもおっしゃる「両キャプテン・ジャック対決」を見てみたいです。


ひ〜2 投稿者:rainbow  投稿日:12月 8日(月)23時18分34秒

Kumiko様、GBまで行ってらしたのですね。
Kumiko様の映画感想はいつもとてもその・・映画の本質みたいなものが伝わるというか、、(ボキャ貧ですみません)ネタバレなしのところだけ拝読させていただきました。
じゅうばこさまと同じく「バレ」も読みたい…弥が上にも高まる期待…2月かあ。
なんといってもKumiko様が続編を切望するほど、作品世界にどっぷりはまってらっしゃる幸福そうな様子がうらやましすぎる〜。原作を読む、映画で観る、そのすべてを堪能してはってゴージャスだわー。はう。
Quick&DeadもうDVDになったのですか?<<遅すぎる?いばら様
今から探しに言ってまいります。


ひ〜 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月 8日(月)10時44分49秒

きれいなお船を見るにつけ、「ネタばれ掲示板」が見た〜い!この誘惑に来年2月までどうやって耐えればいいというの〜!?


あい、あい、あい〜 投稿者:いばら  投稿日:12月 8日(月)08時44分44秒

Kumiko様 感想ありがとうございます〜。
なし感想も、ちょっとあり感想も読んでしまいました〜。ラッセルはやっぱりいつものラッセルなんですね〜(はぁとはぁとはぁと)。

>原作ファンへの「目配せ」
あああ、そうかもしれないですね〜。ストーリーがどうのというより、あの人らしい!!とか、ああ!このシーンね〜とか、そういう楽しみがいっぱいなのですね。
これは二巻でストップしていた私も、三巻を読むしかないですね〜。
もうすぐ『Q&D』のDVDが来るので、その後にでも手に入れましょう!! 今までの巻も読み返さなければ…。
ネタばれ掲示板で、見られた方の感想が読めるようになるのも楽しみにしています。私が見るのはたぶんずっと先なのですが、完全ネタばれになったとしても、私はたぶん読んじゃうと思います!

>ロマンス
私も一般的女性とは違うから、わからないなあ。でも、女っけがないとつまんないのは男性のような気もしますが…。女性には、かっこいいからインテリからかわいいまで、より取り見取りで大歓迎だと思いますわ。

日本公開はまだ先ですから宣伝がないのもしょうがないんでしょうが、『ラスト・サムライ』と『ファインディング・ニモ』の半年前からの宣伝攻勢を見るにつけ、もう少し宣伝してくれないものか! と思いますねえ。来春に「ノミネート!」を宣伝文句にするしか宣伝方法がないんでしょうか? 馴染みがない分野ですからねえ。



愛とロマンス 投稿者:Kumiko  投稿日:12月 7日(日)12時13分55秒

>じゅうばこさん
いえその、素晴らしかったんですけどね。あまりに気に入ってしまうと、客観的に観ているかどうか不安になって「あなたは気に入るかどうかわからないけど…」と保留をつけたくなることってありませんか?「グラディエーター」の時も、私そうでした。海外の批評がほぼ絶賛なのを読んで、「そう、私は間違っていないのよね」と確認している次第です。

いえ、「ロマンスがないと女性は呼べないなんて偏見だ」と言っても、「あなたは一般的な意味で言う『女性』には含まれていません」と返されてしまいそうな気がしてね(弱気)。

映画には、原作ファンへの「目配せ」みたいなシーンがたくさんあって、「ウィアー監督、あなたも好きなのね〜♪」と喜んだ私でした。

>秋林さん
ふつうならね、もう、自分が気に入れば興行成績も賞も関係ないって言えるんですけどね。今回は続編という目標(?)があるんで。賞レースも、興行成績のプラスになるんじゃないかと思うと、がんばって欲しいです。とにかく、続編〜〜。たのんますよ、ロスマンさん(<プロデューサー)。

>せんべいさん
いってらっしゃい〜!…って、もう遅いですよね。楽しんでいらっしゃることをお祈りしています。「あり感想」、遅かったかなあ。まあ、お帰りになってから読んで下さい。

>Beniさん
お久しぶりです。フレンズページの方はすっかりほったらかしですみません。ベビーシッターはフレディ・プリンゼJrでしたね。なかなか意外なキャラで面白かったです。

ジョニー・デップは最近人気爆発ですね。ラッセルとの共演、見てみたいです。両キャプテン・ジャックの対決かな(笑)。

>どみさん
おかげさまで楽しい旅でした。欲張りすぎて、疲労回復するのに4日ぐらいかかっちゃいましたけど。(トシを感じるわ…)旅行記を書く時間は年明けまでとれそうもありませんが、いずれは書きたいです。

愛、それは……「気高く〜♪」ではなくて(笑)。「作り手の愛」とか、shipmates同士の「同胞愛」とかもあるのですが、もっとそのものずばりの「愛」も感じました。日本の映画宣伝は「愛」がお好きですが、宣伝文句に使えるようなものではないかな。


めへへへへえ〜 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月 6日(土)21時19分55秒

実は私は山羊の鳴きまねがかなりうまいのです。スパイで潜入する時か何かに使えないかと思うぐらいです。すみません、くだらぬ話題を。ちょこっとネタばれ掲示板をのぞいて、山羊の話を拝見してつい。しかしそれは、原作読んだ人へのサービスなのか楽しみながら作っているのか、何だかそういうことからも、作り手の人たちの愛と余裕が伝わってきてうれしいです。


愛、それは……。 投稿者:どみ  投稿日:12月 6日(土)20時51分39秒

Kumikoさん
お帰りなさいませ〜。とっても充実した旅だったようですね。
ネタバレなし感想を「へえー」とか「はー」とか、アホのように口を開け、ただただ感動しながら
拝見してます。ネタバレなしの文がこんなに面白いとは思いませんでした。
ペコさんやせんべいさんも、年内に海外でオーブリー船長を見られるのですね。羨ましいです。
私は国内での公開待ち組ですが、冬の宿題として「世界の艦船図鑑」でも買い、せめてジャッ
クやスティーブンの海上での行動範囲だけでも把握しておこうと思います。

「ロマンスの要素がないから女性に受けない」という言葉はよく耳にしますね。
あまりにもよく聞くので、深く考えずに何となく「そんなものか」と聞き流す類の言葉ですが、
女性が見に行かないような映画はヒットしない昨今、ヒット作全てに「ロマンス」があるかと
言ったら、別にそんなことはないですし、言った人が本気でそう考えているとしたら、確かに了
見が狭いですね。
私も別に「M&C」にロマンスは期待していませんが「 愛はある」ならば何回でも見てしまうと
思います。Kumikoさんが太字で語る 「愛」、どんな愛なのでしょう? 非常に気になります。


お久しぶりです♪ 投稿者:Beni  投稿日:12月 6日(土)20時25分44秒

管理人のKumikoさま&みなさん、覚えていらっしゃるでしょうか(汗)?

フレンズの掲示板に、ちょこ×2お邪魔していた者です。
フレンズも、話の展開があんまりないみたいな感じですが、この間のベビーシッタ−のお話は、久しぶりに面白かったです(って、オイ/笑い)
リコーダー演奏の『グリーンリーブス』には、ヤラれました(笑い)

最近、久しぶりに海外の役者さんにハマって、新鮮な日々を過ごしています(笑い)
ぜひ、みなさんのラッセル・クロウ氏と共演して欲しいものです。
手錠モノのストーリーで、つながれた男2人の珍道中ムービーなんか、面白そうです。

来週は『カリブの海賊』のDVDが出るので楽しみです(実は、映画は見逃しました)
オーダーしたハードも、発売日までには届きそうだし、良かった×2。
これで、すでに購入済みの『フレンズ』も、観る事ができます(未開封のままはや数年/笑い)

※わたしが好きなのはオーランドくんではなく、ジョニー・デップです(いやん/笑い)


そうか!なるほど! 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月 6日(土)15時50分11秒

と、ひざを打ちながら「感想」を読ませていただきました。
安心、満足、うれしいです。
映画の内容とは関係ない?けど、最後の部分はふか〜く同感。ロマンスがないと女性が呼べないなんて言い方、女性も男性もバカにしています。
せんべいさん、楽しんで来られて下さいね!


わっわっわ 投稿者:せんべい  投稿日:12月 6日(土)00時01分45秒

絶対に素早く書いてくださると思ってました「なし映画感想」。
私も今夜は仕事でよれよれですが、覗いて正解でした!!

明日は日中バタバタして夕方から成田に向かいますが、読めて良かった!!
ハワイでの上映期間が現サイト上では短くて、どうなってるのか他サイトのベテランの方達のお助けを願って調べまくりました。お陰で上映館はばっちり確認です。そうか、ドルビー館を選んだ方が良いのですね。

上映の点に安心すると、今度は中身。
この「ネタバレなし感想」、語学音痴にはとっても有り難いです。

まだお疲れがとれてないでしょうに、ポイントの示唆沢山で感謝感激です!
やがての「あり感想」にコメントできる実力はありませんが、そちらのほうにも期待が火山(噴火寸前の)状態です。お待ちしてます!!