ラッセル・クロウ掲示板過去ログ37
Kumiko's Russell Crowe Message Board Archive 37
戻る


申し訳ありませんでした。 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日:10月12日(火)23時35分3秒

しばらく前から、画像の一部が読み込めなくなっていたみたいです。今日、悪戦苦闘しながら移転しています。えーん。まだ一部読み込めないところもあるかと思いますが、ご勘弁を。一時閉鎖しようかと思いましたが、それも面倒なので、お見苦しいところをお見せします。

*Drifterさん
スミマセン、そういうわけで、壁紙は取り払っていたわけではなく、読み込めなくなっていたようです。

「Q&D」は、そのうちまた放映されるのでは?DVDの再発売も、私は希望を持ってます。欲しい人がいるのだから、儲けどころですよ、ねえ。(誰に言っているんだか)

「ブラック・ダリア」、デパルマですか?最近のデパルマは…いや、ちゃんと見てないのに世間の評判だけで言うのはやめておこう。

*いばらさん
ジュリーさんは、ワケあり女性ばかり好きになる悪い癖があるからなあ。ジュリーさんとメルローズの友情は、エルロイとは逆で、さり気なすぎて本当に親友なんかい?ってところがありますが。ほとんど絶版ですか。未訳分の翻訳は難しいかなあ。

ラッセルの話題…「シンデレラ・マン」の撮影も終わっちゃいましたし、公開はまだまだ遠いしなあ。ゴシップ関係の話題は、私がわざと避けている面もありますが。

「農閑期にはわらじを編む」という、いばらさんの金言を胸に乗り切りたいと思います。

*只野さん
おお、巡礼の旅、いよいよご出発ですね!お気をつけて行ってらっしゃいませ〜楽しんで下さい。

*エリクソンさん
「ハログラ」、楽しんでください。私もロンドン行きたいなあ。


金曜日はハログラ2 投稿者:エリクソン  投稿日:10月12日(火)21時04分50秒

いばらさま 
おひさしぶりでございます。いばらさんの名言『画面と一体一で向き合って、ラッセルの表情とか演技とか全部鑑賞してこそ「グラ」を吸収できる』を胸に、再び行って参ります。もちろん28日も行きます!


ロンドンは雨? 投稿者:只野 四十郎  投稿日:10月11日(月)21時06分39秒

グリニッジ、ポーツマスを中心にオーブリーの時代の王国海軍の聖地巡礼の旅ですが、皆様からいただきました情報のおかげで準備も何とか整いました。そのうえ、エリクソンさんからロンドンでパブ・オフをという有難いお申し出もいただきました。どうもありがとうございました。

Drifterさん
出発は今週末の土曜日なんですが、世界の天気をチェックしていると、今週末のロンドンの天気は「雨」、気温14度。寒そうだなあ、何を着ていこうか悩んでいます。

http://www.sailingnavy.com


刑事さんもいろいろ… 投稿者:いばら  投稿日:10月11日(月)13時20分13秒

パブ・シリーズの題名リストありがとうございます。
ほとんど絶版のようですね。復刊ドットコムで見つけました。
http://www.fukkan.com/vote.php3?no=20604
私はやっぱり10巻くらいまで読んだのかなァ。題名になんとなく記憶があります。
私は、ジュリー警視の女性の扱いが、なんとなく冷たいなあと思ってしまったので続かなかったのではなかったかなァ。そんなことはないですか? 「冷たい」と「控え目」の間くらいなところが、ジュリー警視のいいところかなあ。それに比べたらバドは熱くて優しいですよね。

Drifterさん
私も取り寄せに4週間くらいかかりました。早く手に入るといいですね。いつか買おうと思ってると、いつの間にか手に入りづらくなっていたりして、油断できないですよね。
「Q&D」はぜひビデオ版を見つけてください。

エルロイも好きでして、「ブラックダリア」も読みましたよ。二年前の大晦日から読み始めて年越しで6時間ぶっつづけで読み終えました。読み終わった時は読みごたえがありすぎて正月から放心状態になりました。映画化するとしたら、あの、肉体関係一歩手前くらいの男の友情がどれだけ熱いかが決め手でしょうか?

あー、最近ラッセルの話題が見つからないですねーー。


あら、さっぱり・・・ 投稿者:Drifter  投稿日:10月 9日(土)20時16分29秒

壁紙、ないとやけにサッパリですね。
せっかくBSで字幕、ノーカット?で放送された「Q&D」を見逃してしまいました・・・悔やんでも悔やみきれないとはこの事です。DVDにはラブシーンなしと聞いては、今さら買う気にもならないし・・・

いばらさん、お久しぶりです。
以前紹介していただいたTOFOGのDVDをAmazon.UKに注文して待つ事一月、入荷まで4〜6週間かかるとあったのでのんびりかまえていたのですが、あと4〜6週間遅れるとのメールが・・・う〜む、なかなかテコヅっております。

エリクソンさん、グラディエーターのハロッズ上映会、快適だったようですね!
そのセリフ入りCD、私も愛聴しております。さすがに日常DVDを再生しっ放しというわけにもいかず、CDなら延々リピートしながらいろいろ出来るので、いつでもラッセルの声が聞けて幸せな気分です。

只野四十郎さんは、もうイギリスへ旅立たれたのでしょうか?この2、3日とっても寒かったけど、イギリスはどうかな?友人が台風直前に東欧旅行に出かけたのですが、あのあたりは冷え込みそうですね。

「LAC」つながりで読んだJ・エルロイの「ブラック・ダリア」、デ・パルマ監督で映画化されるそうですね。キャストがイマイチなんですが・・・ラッセルは今さら刑事役はやらないだろうから、仕方ないか・・・


そろそろ壁紙衣替えしないと 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日:10月 5日(火)22時30分2秒

*じゅうばこさん
ラブシーンはよかったけど、テレビがこのタイミングで故障ですか?残念でしたね〜。
DVDを買う人なんてマニアが多いのだから考えてほしいですよね。今度別版が出るときはノーカットなだけじゃなくて、特典映像もつけて欲しいです。

ちなみにうちの母、コートをひと目見ただけで「ラッセル・クロウじゃない」と見分けたので、ちょっと意外でした。母にはこの4年間で「グラ」と「ビューティフル・マインド」と「M&C」見せたのですが、顔つきも髪型も違うから、わからないかと思ったのですが…さすがに分かるか。

*いばらさん
お久しぶりです。

「キング・アーサー」の主演といえば、クライブ・オーウェンと間違えているのですか?見てないからわからないけど、全然似てないと思う…まさかヨアン・グリフィスじゃないよね。

サントラって、肝心かなめの曲が入っていないことがよくありますよね。権利の関係なんでしょうけど、がっくりきてしまいます。

パブ・シリーズは、実はサイトを始める時(4年前)、そのコーナーを作ろうという気はあったのですよ。(最初から見て下さっている人の中には、なんかそういうことがトップページに書いてあったと覚えていらっしゃる方もいるかも…)しかし、私の熱中度合いが薄れてしまったために立ち消えになってしまいました。
題名のリストぐらいは作っとこうかしら。

私がこのシリーズを集めた時もずいぶんあちこち本屋を回った覚えがあります。いまはアマゾン・ジャパンとかできて便利ですけど、廃刊になっっちゃったかな?どうでしょうか。


え〜、そんな〜な話ばかりですみません 投稿者:いばら  投稿日:10月 1日(金)11時54分39秒

こんにちは、お久し振りです。

ラブシーン、あってよかったですねぇ。TV放映を見てからDVDを見た人がいたら、「アレ?」と思うこと請け合いですね。
ところで、アマゾンで「クイック&デッド」のDVDが検索できないんですよぉ〜。なんでだろう?とよくよく見たら「クィック&デッド」で登録されてました。よくよく不運な映画ですねェ。

先日、某所(個人の方)に「キング・アーサー」の話が出てたんですが、ラッセル・クロウ主演と書かれてました。え〜、そんな〜。似てるかなあ?

もう一つ「そんな〜」な話、去年「プルーフ・オブ・ライフ」のサントラを買いました。でもラストのあの曲が入ってないんですよ〜。あの曲が無ければサントラ買った意味がないじゃん…とか言いつつ、先日やっとVan MorrisonのCDの中から「I'll Be Your Lover, Too」を探して買えたのでした。この一曲だけでよかったかも…。

パブ・シリーズも懐かしいですね。私は何冊くらい読んだのかな?と検索してみたけど、リストを作ってるサイトってあんまりないですね。10冊くらいは読んだのかなあ? これから再度揃えるのは大変でしょうね。


ほっ 投稿者:じゅうばこ  投稿日:10月 1日(金)11時06分41秒

はあああ〜、よかった。ラブシーン。
実はテレビが故障しまして見られず、カリカリしていたのです。
これで安心して仕事に励めます。
これからも、テレビ放映は、ラブシーンのある版を使ってほしいし、DVDもできたら改訂再発売してほしいものです。


こちらではTVで「クイック&デッド」が観れました。 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日:10月 1日(金)00時13分46秒

心配していたラブシーンも、ちゃんとありました。実は、仕事から帰ってきて思い出してTVをつけたらちょうどそのシーンをやっていて、「これに間に合うようにスイッチオンする私ってどうよ」と思いました。(<あ、ちゃんと予約録画してましたよ。)

*エリクソンさん
英国人って古代ローマものがすきなのですね。そういえば、あちこち遺跡を大事に取ってますね。歴史自体がすきっていうか、大事にしているのかも…

豆腐やチーズにそっくりの石鹸とは。チャールズくんが間違えて食べないように、ラッセルは気をつけてあげないと。

>「セレブお買いあげリスト」ってプライバシー侵害にならないのでしょうか
そういえばそうですねえ。了解を取ってあるのか、このぐらいなら黙認してもらえると思っているのか…


TVでも「グラ」観ちゃいました 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月29日(水)02時30分27秒

26日(日)、CMが入るもノーカットで放映されました。でも3回ほど画面が真っ黒になるアクシデント(うちのTVだけだと思うけど)に見舞われ、その度に「コラァ!」と受像器に喝をいれてました。
昨年のちょうど今頃にも放映があり、それがラッセルにハマるきっかけになったのでした。英国人の「古代ローマもの」好きに感謝。彼らはローマの植民地(ド辺境もいいとこなのに)だったことを誇りに思っているフシがあるようです。

> アルカマーはチーズみたい 
 はいそっくりです。切り身によってはお豆腐ともウリ二つです。
 ところで、ちょっと気になったのは、LUSHジャパンの「セレブお買いあげリスト」ってプライバシー侵害にならないのでしょうか?
また、以前宣伝関係の仕事をしていた時「大女優ほど愛用の化粧品メーカー名をオープンにしない。彼女が使っているからという理由だけで宣伝になってしまうから(化粧品会社のCMしてれば別だけど)」と聞いたことがあります。セレブ側も石けん程度だから問題にしないのですかねえ?


おねいさん、ししゃも二匹! 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月28日(火)20時25分50秒

*エリクソンさん
>連盟旗にはぜひ「ワイガンド白熊さん」をマークに。
おお、すばらしい…
「ししゃも脚」がいいもののような気がしてきました(<ちょっと待てそれは勘違いだ)

ポーツマス(英国)にいらしたのですね〜。日帰りで行けるなんて羨ましい限りです。スティーブンの仕事場、安らぎの椅子、ネルソン提督の蝋人形…ぜひ見てみたいです。ネルソンさんはマグネットになってうちの冷蔵庫にくっついていらっしゃいますが、私も美形だと思います。小柄で痩せていたから、当時の基準では美男と言われなかったのかな〜。ジャックみたいなタイプの方がモテていたのかも。

*秋林さん
ジョン・マルコビッチが「セクシーダイナマイト」お買い上げ?「おお、私にぴったりの商品だ」とか思ったのかしら。

LUSHのサイトを見ましたが、商品名がいろいろとユニークですね。ラッセル(というかジャック?)には「ブラジル娘の唄」なんかいいかな。

アルカマーはチーズみたいですね。美味しそうだ…


アルカマー 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日: 9月26日(日)12時57分10秒

こんにちは〜♪

>エリクソンさん
おおお!ご購入ですか!<アルカマー
LUSHジャパンでは「セレブのお気に入り」というギフト商品がありまして、その中に「ラッセル・クロウさまご購入:アルカマー」となっていたのです。そのほかジュード・ロウ、ユアン・マクレガー、マドンナ、ショーン・コネリーといったお名前が挙がって、みなさんがご購入した商品も一緒に入ってました。でもジョン・マルコビッチが「セクシーダイナマイト」ご購入か〜…想像デッドゾーン突入です。

日本の商品名は、LUSH UK版と違って独特なのですが(ヘアトリートメント剤→髪様)、アルカマーはそのまんまですね♪…ちなみに私が現在使っているソープは「ココにいるよ」(英国名:「I Should Coco」)です。今度、アルカマーをオーダーしようっと♪

>「ししゃも脚連盟」いいですね〜、連盟旗にはぜひ「ワイガンド白熊さん」をマークに。
ぎゃははははは♪
山田く〜〜ん!エリクソンさんに座布団一枚〜〜!

>kumikoさん
>入会条件は、脚がむくんでいない状態で普通に売っているロングブーツが入らないことです
はいはいは〜〜〜い!…条件軽くクリアしてます、私。

LUSHは英国生まれ…というか海の向こう出身なので、けっこう香りがキツイですね。ただ、自分のお気に入りの香りを見つけるとハマってしまいます。この香りの好みというのがクセもので、そのため秋林家では、現在お風呂場がバトルフィールドと化しています(とくに父と決戦中)。

「シンデレラマン」公開延期ですか…う〜む…長いなあ〜…。
編集済


遠くをご覧とポーツマス(1905) 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月26日(日)05時00分58秒

題名はUSAの方ですが、来年はトラファルガー海戦から200年、日露戦争終結からは100年なんですね。

Kumikoさま お忙しいのにレスありがとうございます。
 昨金曜、ヴィクトリー号再訪を決行しました。一部レストア(内部)中のためか、昨年5月に行った時と見学箇所が若干異なっていましたが、重要なネルソンポイントは見られました。ネルソンが絶命した場所のすぐ隣には、メスやらブレイクニーくんの右腕を切断したような鉈やらが載った手術台が置かれ、その並びには薬瓶の並んだ艦医の部屋があり、「おお、スティーブンの仕事場だ」と思いました。
それから「安らぎの椅子」も見ました。こちらのサイトで勉強させてもらったおかげで、ツアーガイドの英語での解説も何とか半分くらいは理解できたかなと。
 同じ敷地内にあるRoyal Naval Museumのネルソンコーナーに、最近の調査に基づいて作製されたという蝋人形が展示されていました。ネルソンて美形だと思うのは私だけ?目鼻だちのはっきりしたお顔でした。ここのお土産ショップのウィンドウにネルソンものに混じってラッセルのM&Cポスター発見!でも実はDVDもVTRも売ってなかった(別棟で原作本や“ジャック・オーブリーの世界”という本が販売されてはいましたが)。
 あっという間に時が過ぎ、終日お天気のに恵まれて、ドキドキワクワクの日帰り一人旅が終わりました。

「ししゃも脚連盟」いいですね〜、連盟旗にはぜひ「ワイガンド白熊さん」をマークに。




アルマーニよりアルカマー? 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月26日(日)01時29分47秒

*エリクソンさん
まいどまいど遅レスすみません。

お客が10人前後…もったいないですねー。でも、豪華なホームシアター独り占め状態とは羨ましい。自分で作ったら百万とかかります。関係者でも子供をつれて入るのを断るとは偉いです。さすがイギリス人(<なんとなく)。

クイントスの年齢は…二人の話している様子からとか、同年輩の友達のように私には思えました。演じたトーマス・アラナさんは、今調べてみたらラッセルより5歳上の1959年生まれでした。あら、思ったより若かったのね(失礼)。

ロイズビルを見学されたなんて羨ましいです。テリー…
ロンドンにも、意外とラッセルゆかりの地がぽつぽつとありますね。地味ですが…

ジャック・オーブリー(&スティーブン)ゆかりの地で、去年行った時に写真を撮ってきたところが数箇所あるのですが、ページ作ろうかなあ。でもほとんどは、ネタバレしないとどうしてゆかりなのか分からないところが悩みのタネです。

「ししゃも脚連盟」でも作りましょうか。入会条件は、脚がむくんでいない状態で普通に売っているロングブーツが入らないことです(笑)。

*秋林さん
LUSHの店は前に住んでいたところの近くにあって、BATH BOMBとかプレゼント用に買ったことありました。香りが強いイメージでしたけど、「アルカマー」は敏感肌用なんですかー。

チャールズくんかダニさん用かも知れないけど…本人が敏感肌だったら面白いですね。

*Drifterさん
「シンデレラマン」公開、3ヶ月も延びちゃってため息、ですね。ポストプロダクションに時間がかかっているのか、やはりアカデミー狙いか…なるべく早くしてほしい!
編集済


アルマーニはムリだけど 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月25日(土)05時20分45秒

秋林さま アルカマー、コベントガーデンにSHOPがあったのでさっそく買ってきました。他の製品に比べて香りが弱めですかね。泡立ちも悪くないし。しばらく使ってみようと思います。手軽に買えるものでうれしいです。ラッセルはチャールズ君のために購入したののかも。
「ギネスの靴下」を買ったら、足を入れるとちょうど1パイントグラスのようなカタチになるはずが、ししゃも脚のため、まったくちがうカタチになってしまいました(悲)。


また延びました・・・ 投稿者:Drifter  投稿日: 9月22日(水)13時51分17秒

CMの公開予定が2005年6月にまた延びました。
Kumikoさんのおっしゃるその理由でないといいですが・・・
ああ、ハドリアン、グラディエーター、ヨーク、ダーラム、アイリッシュ・・・
楽しい話題がたくさん!ではでは、また改めまして。


敏感肌 投稿者:秋林 瑞佳  投稿日: 9月21日(火)23時22分19秒

こんばんは〜♪
私もししゃも脚…仲間に入れて下さいませ。

最近入浴剤&せっけんに凝っているのですが、英国のLUSHショップにて、ラッセルさんが「アルカマー」という敏感肌用のせっけんを購入したという話を聞き、今度そのせっけんを使ってみようかな〜と思っています。

もしご本人用だったら…そんな風には見えないけど(ごめんちゃい!)、「ラッセル=敏感肌」ってイメージがついちゃいますね。

このLUSHネタ、こちらのサイトで既出済みでしたらすみません…。
編集済


ハロッズ「グラ」ご報告など 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月21日(火)01時22分11秒

普段はつけない口紅なんぞさして行って参りました(笑)。
DVD・CD売り場の一画を重厚なカーテン(しかも二重)でしきり、スクリーンは大きいとは言えないのですが、CAPA50の椅子は映画館のそのもの(床に傾斜もつけてあり、最後列にはゴージャスなクッションまで配備!)、音響はLinn undisk SC Akurate Surround Sound System(私には何だかよくわからないのですが)を使っていて、贅沢なホームシアターという感じでした。さすがcinema ITALIAと銘打って、British Film Instituteが後援しているだけのことはあるなーと感激。それから、10才以下と思われる男の子を2人連れたご婦人が(たぶんBFI側の)スタッフともめていて、「残念ですがこの子たちを入場させることはできません。どうしても見せたかったらDVD等で…」と頑として認めなかった姿勢に、映画に関わる人のプロ意識を感じました。
私のチケットはNO.26/50だったのですが、実際の入場者は10人前後でした、もったいない。2列目中央(最前列誰も座らず)というマキシマス独り占め状態で2時間半楽しみつつも、この設備でM&Cを観られたら…と埒もないことを考えてしまいました。
気づいたこと3つだけ;
1.ガイウスとグラックスが話しているレストラン(?)にガラス製のビネガーとオリーブ油入れがあった。ワイングラスだって貴重品なはずなのに〜。
2.先日悩ましげな革のスカートについてカキコしましたが、青い布製でした(革はその上に着ていた鎧の裾)。
3.スーザンさんやじゅうばこさまの小説の影響でクィントスはマキシマスと同年輩だと思っていたら、映画では結構老けて見えた。ラスト近くで兜を取ったら髪が薄かった。

感動さめやらず、もう1つのサントラ(セリフも少し入っているCD)買ったら、入場料分の3£引いてくれました。わ〜い。

 余談ですが、実は、この日の午前中、ロイズビルの見学にも行きました。OPEN HOUSEといってロンドンのいろいろな建築物が無料で一般公開されるイベントが毎年この時期にあるのです。POLでテリーも乗っていたガラス張りのエレベーター(何基もあるので同じものかどうかは?)にも乗れました。忙しかったけれど、お天気も良く充実した「ラッセル日和」の一日でした。

Kumikoさま わ、私も「ししゃも脚」なんです…


ラッセルと英国とビール 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月20日(月)23時22分26秒

*エリクソンさん
Newcastle Brownは日本でも入手できなくもないのですが、Stonesがすぐ買えるなんてさすが英国ですね。Victoria Bitterはオーストラリアのビールなので、英国ではなかなか売っていないかもしれません。私も、ギネスも好きです。いつかアイルランドで飲んでみたい。

ローマン・アーミー・ミュージアムいいですね〜いつか行ってみたいです。マキシマス〜(ハロッズの「グラ」楽しんで下さい。)ラッセルはバイキングの血を引いているのでしょうか。イメージとしてはぴったりですね。

Total Filmのその投票って、題名からして男性向きなのでは?その中に入ってしまうラッセルって…(笑)

関係ないけど、私はふくらはぎが異常に太い「ししゃも脚」なのでブーツがはけません(涙)


「グラ」のミニスカートといえば 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月18日(土)01時46分26秒

以前Total Filmの人気投票で、The most groin-achingly teasing costume(最も股間が気になっちゃう衣装?)の4位にRussell Crowe's little leather skirtがはいってました。1位のニコール・キッドマンのCatwoman's rubber cossie(何でしょう?)をはじめ、5位まで他は全員女優サン。
ラッセルの脚って、逞しい上半身と比べると細めで、まっすぐですよね、私は逞しいX脚なのでウラヤマシイです。


英国&ラッセル 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月17日(金)03時11分6秒

Kumikoさま 貴日記に写真掲載されていたSTONESとNEWCASTLE BROWN ALEを買って飲んでみました!どちらも軽い口当たりでさわやか、とくにSTONES(実は今飲みながらカキコしてます)は汗をかいたあとにぴったり!私はGUINNESS党なのですが、時々FOSTERもいただきます。ラッセルの好きなVBも飲んでみたくて探しているのですが、今だ発見できずです。かほどに全快しております。
英国版万里の長城(あんなにご大層ではないけど)「Hadrian's Wall」2年前に見ました。私は西の端のカーライルから行って、ローマン・アーミー・ミュージアム(!)に近い辺りで見学しました。これも「昔はものを…」で、ラッセル・ファンになってからだったら、「ここにマキシマスも立っていたかも(スーザンさんのプレクエル参照)…」ともっと熱心に見学していただろうなと。
「勲章のお祖父様」はやはり母方ですか、CROWE姓じゃないですものね。その先代がウェールズ系とも考えられますし。さかのぼれば北欧までいくかも(おお、バイキング!食べ過ぎにご注意←ちがうって)。バイオ本読みながら系図を描いていたのですが、イマイチわからなくて。
ラテンの容貌ではないのに、イスパニア出身のマキシマスを演じてあんなに魅力的、違和感ないのは不思議です。キャラの魅力でしょうかね。役の上だけでなく、ハリス翁に気に入られていたようですね。ご葬儀にも参列したそうだし。
あ、それから、「グラ」あと2回ハロッズで観られます。10/15(金)と28(木)にも上映予定だそうです。でも、ちょっと気になったのが、そのキャンペーンの小冊子に「When a Roman General is betrayed and his family murdered, he returns to Rome as a Gladiator to seek revenge.」と書かれていたんです。returnじゃないですよね、書いた人映画ちゃんと観たのかな、英語圏のくせにと思っちゃいました。


ラッセルのご先祖 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月16日(木)21時44分28秒

*エリクソンさん
ロンドンはもう肌寒いのでしょうね。東京はようやく少し涼しくなってきました。
テムズのランチクルーズいいですね!「プルーフ・オブ・ライフ」を思い出します。私はグリニッジに行くときに船に乗りましたが、あいにく雨であまり景色が見られませんでした。

>キルト着てくれないかな〜
「グラディエーター」でミニスカート(<違うって)は経験済みですものね。

お風邪はいかがでしょうか。お大事に〜

*Drifterさん
私が滞在したのはヨークより北の、ダーラムという古都に近いところでした。帰国直前にほんの数時間だけ暇があって、ダーラムの大聖堂とお城の観光をすることができました。素敵でした。ヨークも行きたかったです〜

もうほとんどスコットランドに近いところで、昔、スコットランドの攻撃に対する前哨基地のようなところだったそうです。ローマ帝国最北限を標す壁「ハドリアン・ウォール」とかにも近かったですね。そういうのも見学したかったな〜(<仕事です。)

以前、ラッセルがルーツを調べてみたらウェールズ系が入っていたことが判明し、やはりウェールズの血をひくリチャード・ハリスが「酒好きのところからして、そうだと思っていたよ」とか言ったという記事を読んだような気がしたのですが…記憶がアイマイです。母方のおじいさんの家系はスコットランド系なのですね。ついでにアイルランド系も混じっていてくれれば嬉しいのですが。(いや、なんとなく)母方のおばあさんがマオリとの混血だったのでしたっけ?いろんな血が混じっているところが、俳優として多様な役を演じられる所以なのかもしれませんね。

ああ、やっぱり「CM」は来年ですか…撮影終わったばかりだから、今年中の公開はやっぱり無理ですね。次々回のアカデミー賞に有利にするために公開を伸ばすことだけはやめてね…


訂正・・・ 投稿者:Drifter  投稿日: 9月15日(水)08時52分22秒

すみません。ImdBだっけ?確認したら、やはり「シンデレラマン」の公開は
2005年の3月となっていました・・・アカデミーには間に合いません。
私が見た、ラッセル受賞のオッズ(賭け率)発表間近という記事・・・
何だったんでしょ?まあ、よくある事?


お帰りなさい・・・ 投稿者:Drifter  投稿日: 9月14日(火)10時55分20秒

管理人様、お帰りなさいませ。
いいですね〜・・・お仕事とはいえ、イギリス。北部イングランドって、ヨークあたりですか?
ああ、そっかー・・・その言葉はやはり、バドのもの・・・私、彼が演じたキャラでは、バドが一番好きかもしれない。

こちらのサイト、4周年だったのですね!おめでとうございます。
これからもよろしくお願い致します・・・

うふふ・・・「至上の愛」、ジュディ・デンチがヴィクトリア女王を演じた作品ですね?彼女は女王さまが良く似合う〜!まだ見てないけど、この機会に見てみましょう・・・

ラッセルはスコティッシュ系?(アクターズスタジオではそう言ってました)ウェールズ系?(歌が好きなのはそのせい?)ノルウェーの血も混じってるとか?あの体温を感じさせる柔らかな体型、柔和な微笑みはやはりマオリの血のせいかな?

エリクソンさん、
ラッセルのキルト姿・・・きゃ〜ん、きっとかわいいですよね!
「シンデレラマン」は来年のアカデミーに間にあうかも、という記事を読みました。そして、ノミネートは確実、とも(アカデミーはボクシング映画好きなんだそうな)。授賞式、彼がいないと寂しいわ、今度はどんな正装で来てくれるでしょ?キルトは・・・やはり生粋のスコティッシュ、もしくはゲール語圏の人間じゃないとおかしいのかしら?


秋カゼのロンドンで 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月14日(火)00時59分31秒

11日(土)、テムズ河のランチクルーズを体験しました。POLのような貸切オープン・エアとはいきませんでしたが、天気も上々、ロイズビル(テリーの所属していた保険会社の社屋という設定でしたね)やOXOタワーや、遠方にはグリニッジも眺められて楽しい時を過ごせました。料理の方は、イギリスにしてはまあまあの味なるも、半分程度しか食べられなかったのです!前日まで風邪による胃炎と熱でマトモなものが食べられなくて寝込んでました。でもクルーズには絶対参加したかったので根性でなんとかRECOVERして、「グラ」のTHE BATTLEで気合いを入れて出かけました。
このところ1日を通して気温の変化が激しく、汗が冷えてそれで風邪ひいたようです。皆様も季節の変わり目ゆえ、ご自愛のほどを。

Kumikoさま そうです、「Mrs.Brown」です。帰国後観たいヴィデオがまた増えました。
それから、ラッセルのお祖父様Stan Wemyss氏(オスカー受賞時に身に付けていた勲章の元の持ち主)はスコットランド系だそうです(<バイオ本)。キルト着てくれないかな〜(←マジで考えてる)。


いいじゃないですか 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月14日(火)00時38分43秒

>じゅうばこさん
今時「ラブシーンでドキドキ」できるなんて、めったにあることじゃないですからね〜(笑)


どうしよう… 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月13日(月)08時14分56秒

「クイック&デッド」、放送が近づくにつれて、あのラブシーンはあるのかどうか、ドキドキしてきました。


ありがとうございます 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月13日(月)01時20分33秒

*エリクソンさん
ありがとうございます〜。
うちのサイトの創立日は2000年9月10日で、この日付が災いしていつもお祝いはしそこねているのですが…そろそろやってもいいかなあ。

それにしてもいつの間にやら4年間。月日の経つのは速いものですなあ、ふう。

ジョン・ブラウン氏、「Mrs. Brown(クィーン・ヴィクトリア至上の愛)」という映画でしたっけ(観てませんが)。ラッセルのタータンキルト姿、見てみたいです。ラッセルの先祖は(マオリ以外の部分は)スコットランドではなくウェールズ系でしたっけ。

>私信
掲示板の一番下の「パスワード」のところに何も入れないで「管理者メニュー」を押すと、自分の投稿が変更できます。

*まさきさん
おお、まさきさんも「パブ・シリーズ」のファンでいらしたのですか〜。私も長年の愛読者なのです。メルローズファンなので、「オールド・ペキュリア」を探し回って飲んだりしていました。おかげですっかり英国ビール(エール)好きになりました。

「LAC」、2時間枠ではきついかもしれませんねー。全然別の話になっていたりして…「クイック&デッド」は衛星放送だから、ノーカットでラブシーンつきと信じております!


ビール 投稿者:まさき  投稿日: 9月12日(日)01時03分53秒

ラッセルとは関係ないのですが、日記で触れていらしたパブ・シリーズを以前熱心に読んでいたので、プラントとオールド・ペキュリアの名前が出てきて驚きでした。ビールはめったに飲まないために日本のビールにも疎いのですが、(このシリーズのおかげで)知っている海外のビールの銘柄だったので。ビールの方は美味しかったようで何よりです。

先日の「LAC」で久々にバドが見られたのですが、ジャックが「お望みのままに」のカードを拾う場面など結構重要な場面がカットされていて、初見の人には分かりにくそうだなと思いました。
大昔に放送された「Q&D」では地上波の二時間枠でしたけどしっかりラブシーンは放送されていたので、今度放送されるときも当然ラブシーンありだと思っているのですがどうなるのでしょうか?


祝4周年! 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月10日(金)00時18分38秒

時差の関係で、私ごときが最初にお祝いを述べるのが恐縮ですが、いつも楽しませて頂いているので感謝のつもりです。貴サイトの益々のご発展をお祈り申し上げます。
 
「野にして粗なれど卑にあらず」−余談ですが、ヴィクトリア女王の晩年を支えた「忠実なサーバント(にして愛人と言われる)」ジョン・ブラウン氏について知る機会がありました。「頑固で実直、誇り高いハイランド人(常にタータンキルトを着用していた!)」なんて聞くと、ラッセルに演じてほしいな〜なんて妄想してしまいました。(既に映画化されているのですが)


亀レスすみません 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月 9日(木)20時30分21秒

テストゥード・オーブレイ並の大亀レスになってしまいました…

*じゅうばこさん
お忙しそうですね。ここでよろしければどんどん息抜きなさって下さい。
私の習った「線路は続くよ」の替え歌は、きっとその「鉄道唱歌」替え歌が元になっているのでしょうね。「線路は続くよ」版では4番に分かれていたのが1番に凝縮されていて、こっちの方がシンプルで覚えやすそうです。

コスプレ活劇ナイト、マスターアンドコマンダーは午前4時からの上映のようなので、行かれる方はたっぷり睡眠をとってからお出かけ下さい。(私はちょっと無理です…)

>「用心棒」&「椿三十郎」
私も「あれ、仲代達矢の出てるのってどっちだっけ?」と思って調べたら、両方出ていたのですね…
ベタニ氏、どちらの役でもいけそうです。

ところでラッセルとベタニさん、赤ん坊の服を交換しあっているとか、ロスでランデブーの予定だったのにベタニさんがウィルス性の風邪で倒れて会い損なったとか、最近いろいろ記事が出ていて思わず笑ってしまいます。早くまた共演できるといいね。(もちろん続編で…)

*Drifterさん
北部イングランドは最高気温が20度と爽やかな気候でしたので、日本のじっとりべったりとした暑さがことさらこたえています。

>「野にして粗なれど卑にあらず」
バドにぴったりの言葉ですね。

「LAC」のTV放映はかなりカットの嵐だったようですね。地上波なので仕方ないけど…「クイック&デッド」はノーカットバージョン(ラブシーンあり)だといいですね!

*エリクソンさん
英国といっても、ロンドンは乗り継ぎしただけで素通りだったので残念です。次は(次があるならですが)もう少し時間の余裕があるといいのですが。ヒースロー空港のハロッズ売店で買い物はしましたけど。「グラ」、楽しんで下さいね〜

ところで、掲示板ログを更新し忘れていたのをおかげさまで思い出しました…更新しましたのでどうぞ。

*只野さん
前回のレスでお名前を微妙に間違えてしまったような…(汗)失礼しました。

陸軍決戦地の名をもつ駅から、海軍決戦の旗艦を見に行かれるわけですね。
Waterloo駅には入ったことがありませんが、今回ニューカッスルの駅を通る機会がありました。英国の駅は趣があっていいです。
最近は時刻表などもネットで調べられるので便利ですね。

http://www.nationalrail.co.uk/


えぇっ、Kumikoさまが 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月 8日(水)02時30分26秒

来英されていたとは! お逢いできなくて残念…でも、海外出張(カッコイイ!)お疲れさまでした。復活をお待ちしております。

只野 四十郎さま 横レス失礼致します。WATERLOO駅はホームが十数列並んでいます(終着駅方式)が、行き先の掲示板がありますので迷わずに乗車できると思います。同じフロアにインフォメーション(トラベルセンター)があり、その近くにタイムテーブルもおいてあります(もちろんタダです)。





みなさますみません 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月 8日(水)00時19分44秒

やっと現れた管理人です。急な出張で5日ほど英国に行ってました。
(何となくかっこいい台詞なので味わってみる。海外出張初めてなんですがね)
ロンドンではなく北のほうです。

レスはのちほど…


(無題) 投稿者:只野 四十郎  投稿日: 9月 5日(日)21時54分41秒

じゅうばこさん
はじめまして。あんなサイトですが、訪問いただきましてありがとうございます。
日本語版のDVDが出たのでもう少し情報を例えばウォリーが落ちたミズン・トゲルン・ヤードの場所とか追加しようと思ってはいるのですが、図を描く時間がなかなか無くて・・・
「用心棒」「椿三十郎」古い映画なんですけどねえ、何度観ても良い映画というのは素晴らしいものです。

kumikoさん
ある方に聞いたのですが、ロンドン・ワーテルロー駅からポーツマスまで列車で1時間半で行けるそうな、となれば日帰りが十分可能、これは行くしかない。問題はワーテルロー駅での乗り場がその都度変わるそうなので果たして列車を間違えずに乗れるかどうかです。

http://www.sailingnavy.com


LAコンフィデンシャル! 投稿者:Drifter  投稿日: 9月 5日(日)17時45分49秒

皆さん、もうとっくにご存知とは思いますが・・・
テレ朝夜9:00!「LAコンフィデンシャル」放映です!
嬉しいな〜、今月末にはBSで「Q&D」も!でも、どっちのバージョン?

じゅうばこさん、
なんだか私、「椿三十郎」と「用心棒」がゴッチャになってるみたいで・・・
仲代達也の役、「白兎」と呼ばれてましたっけ?いや、ぴったり・・・
ベタニーは、「三十郎」の加山雄三の役も行けそうですね、こっちはマチュリン系で。

城山三郎が某経済人の生き方を「野にして粗なれど卑にあらず」と形容してて、
これって男性に対する(女もそうかな?)最高の賛辞だと思うのですが、
この言葉、ラッセル君ほどふさわしい役者は見当たらない、と確信する今日この頃・・・


うわ〜 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月 3日(金)22時56分46秒

エリクソンさん
はじめまして。でしたか?もう最近(前からか)記憶がまだら雪でして、失礼しました。
とんでもないものをお目にとめていただき、恐縮です。そうおっしゃっていただいたのに励まされて「大学総長マキシマス」の続き、そろそろまた書きます。これからもどうぞよろしくお願いします。それにしても、「グラ」をスクリーンでごらんになるってうらやましい。ああ、次に私が大画面でマキシマスやらハーケンやらに会えるのはいつなんだろう。

只野四十郎さん
はじめまして。サプライズ号関係で何かわからないことがあると、サイトを拝見してこっそり勉強させていただいてます。
私も黒澤映画では「椿三十郎」が好きで、その昔入れ替え制じゃなかった頃、映画館で一日見つづけたことがあります。しかも間に「天国と地獄」が入って二本立てだったのに!

Drifterさん
息抜きしすぎて、ますます自分を追い詰めてるような私(泣)。
「椿三十郎」の三十郎をラッセルがやっても案外似合う気がしません?仲代達矢の役をたらばがにベタニーにやってもらって。


「グラ」予約しました 投稿者:エリクソン  投稿日: 9月 3日(金)05時52分41秒

ついでにVirginでサントラCD(M&Cも)を買って聞いています。わくわく。あとは「トラ」にじゃまされなければ…

じゅうばこさま はじめまして。貴小説を読ませていただいておりますが、ご挨拶がおそくなってしまいました。「マルクス君の夏休み日記」で爆笑していたところ、「グラ」をスクリーンで観られるチャンスが巡ってきました。ハーケン登場シーンで例の博多弁を思い出しそうです。今後ともどうぞよろしく。「大学総長マキシマス」の続き、楽しみにしております。

Drifterさま 遅レスですみません。またボケたことをカキコしてしまい、失礼しました。はてさて私はどなたと勘違いしたのでしょうか?過去ログが出たら調べます。取り急ぎおわびします。


暑いです・・・ 投稿者:Drifter  投稿日: 9月 1日(水)20時20分45秒

このまま秋になっちゃうなんて寂し〜なんて、甘い事考えてたら、とんでもなかったです。関東は本日34℃の暑さでまた夏ばてがぶり返しそう・・・

じゅうばこさん、
こちらでは初めまして。こちらでも、宜しくお願い致します。
息抜きしないと死にそう・・・仕事が詰まってる時って、必ず他の事したくなりますよね。現実逃避と言わば言え、息抜きしないと死んじゃいますよ、ほんと・・・

Kumikoさん、
原作本、Amazonさんに注文しちゃいました。これから9月末に向けて仕事なんですけど、例のハンド−顔のDVDもそろそろUKから届く筈だし、仕事そっちのけでラッセルにはまりそうです。誰のせいにも出来ないのがね〜・・・全部自分が悪いのよ、今になって泣く事になって・・・あら、ついさっき夏休みの宿題が終わらなかった子供に言ってたセリフだ・・・
「LAC」の原作を読んだ時も、しばらく映画と原作の間、その脚色の妙についてずい分楽しませてもらったので(原作の膨大さ、陰惨さは映画には出来ないと判断した監督と脚本家の賢明さと、それを認めた原作者の理解とか、映画版の・・・う〜ん、ここには書ききれませんが)、「M&C」も楽しみです。Kumikoさんは、翻訳されていない巻まで原語で読んでらっしゃるのですか?それもすごい〜・・・!

只野四十郎さん、
私も、あの二作大好きです!理屈ぬき文句なしにかあっこいいですよね。
ロンドン一人旅、ほんと羨ましいです。お気をつけて・・・


仕事が煮詰まってるので、 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月 1日(水)16時14分42秒

息抜きしないと死にそうで。関係ないおしゃべりで皆さますみません。

Kumikoさん
日記を拝見して新約聖書の目次ですが、私は信者でもない母から幼時にこう習っていました。

またい、まこ、るか、よはねの書
しと、ろま、こりんと、がらてや書
えぺそ、ぴり、ころ、てさろにけ
てもて、てとす、ぴれもん書

これを「汽笛一声新橋を♪」の鉄道唱歌で歌います。母は大正七年生まれ。長崎のミッションスクールで何となく習ったみたいです。

ああ、10月2日のコスプレ活劇ナイトは東京の方がうらやましいです。何か用事がないかなあ、その頃、東京に(笑)。
くだらない書き込みでもう一度すみません!


最近やけに英国づいてます 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 9月 1日(水)00時27分1秒

*エリクソンさん
ハロッズのフードホールや地下のオリジナルグッズのショップは大好きで、ロンドンに行くたびに行ってますが、映画館まであるのですね!3ポンドなら安いではないですか。ぜひご覧になってください。

Let Flyには、(1) (大砲や銃を)撃つ (2) (帆を)張る (3) (旗を)上げる という意味がありますが、只野さんがすでに書いてくださっている通り、ここでは「(偽装をといて)英国旗を揚げろ!」という意味だと思います。かっこいい。

*Drifterさん
原作、面白いですよ〜。まあ好みというものがあるので、絶対気に入るとは保証できませんけど。このシリーズは、他の海洋冒険ものとは少し外れていると思います。海洋冒険ものというジャンルには入らないのかも…陸のシーン多いし。(海洋ものファンの方には、そういう所が気に入らないらしくけっこうボロクソに言われてることも多くて、トラウマになっています。何でもかんでもジャンルでくくって「このジャンルはこうでなきゃいけない」とか決めることはないと思うのですが…小説も映画も、ひとつひとつ違うのだし。)あー失礼、話がそれました。

ウィアー監督の脚本家・監督としての腕がなければもちろんあれほどの映画にはならなかったでしょうが、原作の力も大きいと思います。

*只野三十郎さん
ロンドンが東京と同じ…まあ、都会という点では同じですが。文化や歴史に興味のない人なら、そうかもしれませんね。

ロンドンに行ったとき、グリニッジには行ったのですが、ポーツマスまでは行きませんでした。後で調べたらなんとか日帰りでも行けたみたいですね。行っておけばよかった…いつか必ず。

ちなみに私、三船敏郎の「用心棒」と「椿三十郎」は大好きであります。


(無題) 投稿者:エリクソン  投稿日: 8月31日(火)04時51分16秒

只野 四十郎さま 「軍艦旗(ensignですよね?)を揚げろ!」ご解説ありがとうございました。ネルソン伝を読んでいて思ったのですが、当時の海戦って現代とは比較にならないくらい悠長なかんじですよね。マナーとか段取りぽいところがあって。ところで、アケロン号の艦尾の三色旗が妙に大きく見えるのですが(特にガラパゴスのシーンで)、あれはフランス軍艦だと誇示しているからなのでしょうか?
「ロンドンが東京とおんなじ」…世界中から人とモノが集まってくる都会であるという点ではある意味あたっています。でも、さらに人種のるつぼですね。いろんな文化が混じり合っているというかモザイクになっているというか。新しいモノを受け入れる一方で古いモノも大切にしていて…ロンドンは広いし深いなと滞在3年目にして思います。
私ももっと若い頃にここで暮らしていたら人生変わったかも。


(軍艦旗を)揚げろ! 投稿者:只野 四十郎  投稿日: 8月30日(月)21時55分40秒

アケロンを攻撃するのに捕鯨船の偽装を解いて軍艦旗を掲げないと交戦ルール違反だったので、「Let Fly!」は「(軍艦旗を)揚げろ!」ではいかがでしょうか。

エリクソンさま
>SailingNavy 読ませて頂いております。
それはどうもありがとうございます。あんなんでお役に立つと良いのですが。
ロンドン在住、いつでもNMMやポーツマスにいけるとは、なんとうらやましい。
会社の人間に言わせると「ロンドンなんて東京とおんなじですよ(つまりは何が楽しいのと言いたいらしい)」だそうです。初めてのロンドン行きを楽しみにしている人間にそれは無いよ(笑)

Drifterさま
>このHNは、椿三十郎からですか?
黒澤作品で一番好きなのが「用心棒」と「椿三十郎」でありまして、きわめて安直なHNをつけてしまいました。
本当は来年の200年記念に行きたいのですが、来年いけるとは限らない、それならば行ける時に行っておこうと、ロンドン一人旅です。

文芸座
いくら文芸座でも、いくらカップリングが良くてもオールナイトというと誰でもといわけにはいきませんか。文芸座界隈の深夜と早朝はチョット怖そうですものね。

http://www.sailingnavy.com


寒いです・・・ 投稿者:Drifter  投稿日: 8月29日(日)21時37分26秒

エリクソンさん、
「グラディエーター」上映、いいですね〜。日本では、なかなか昔(でもないか?)の映画はスクリーンで見る機会がありません。ぜひ楽しんでらして下さいね。私も見たいです〜、マキシマス!あの・・・私がロンドン在住?何かの間違いですよ。今も昔も日本在住。リージョン違いのDVD情報を求めていたから、そんなふうに思ったのかな?でも、イギリスを含めヨーロッパはずいぶんフラフラしてました、もう昔の話だけど・・・
ラッセルくん、ロンドンにも家を買ったんですか?トロントでの撮影でカナダがえらくお気に召して、島を買った・・・というニュースはありましたが、そうそう、ジェット機も買ったって。案外不動産好き?

Kumikoさん、
原作、面白そうですね〜。そっかー、マチュリンは映画とは違って、ティム・ロスのテイストなん
ですね?やっぱ読んでみようかな〜。もうずいぶん昔、「ホーンブロワー・シリーズ」の面白さがイマイチわからなかったのがトラウマになってまして、海洋冒険ものは苦手、と思っていたのですが、映画はほんとよく出来てましたから・・・あれはウィアー監督の趣味の良さ、品の良さ、バランスの良さだけによるものでもないのでしょうね。

只野四十郎さん、はじめまして・・・このHNは、椿三十郎からですか?
新文芸座情報、ありがとうございます。カップリング作がなんであろうと(うわ、ケンカ腰の言い方?)またスクリーンで上映されるのは喜ばしい事です。でも、今回は見に行けないかな・・・
渡英とは羨ましいです、それもTrafalgar Day目的とは。来年は200年祭?う〜ん、やはりイギリスは伝統と歴史の国ですわね〜・・・


ロンドンで「グラ」が! 投稿者:エリクソン  投稿日: 8月28日(土)05時34分57秒

デパートの「ハロッズ」が9月にイタリアン・フェア・キャンペーンを予定していて、その一環でイタリアをテーマにした映画を館内の(たぶん小)スクリーンで上映するそうです。で、18日(土)の3:00からが「グラ」なのです!!£3で予約が必要らしいのですが、小さいかもしれないけれど「銀幕」で観られるなら、是非是非観ておきたいなと思っております。
Kumikoさま 恥ずかしながら「Let Fight!」だと思っておりました…。「Let Fly!」は何と訳すのでしょうか?
只野 四十郎さま SailingNavy 読ませて頂いております。当方ロンドン在住なるも、M&Cで初めて帆船に興味を持ったもので、現在「ネルソン提督伝」を読んでおりますが、専門用語はやはり難解で、只野様の図解など本当にありがたく思っております。ご来英の折はお天気に恵まれますように!私も帰国までにもう一度ヴィクトリー号&セント・ポール寺院詣でをと考えております。



Let Fly! 投稿者:Kumiko(管理人)  投稿日: 8月25日(水)22時34分30秒

*Drifterさん
もうこのまま秋になってしまえば…と思いましたけど、まだもうちょっと暑さは続くようですね。
子供の頃は夏の終わりが悲しかったけれど、いまはうれしいです。

油断なくて怖くてジャックをからめ手で虐めるスティーブンは、まさに原作のスティーブンそのものです。ちょっと見には、ティム・ロスの方が原作のイメージにずっと近いのですが、でも私もポール・ベタニーの方がよかったと思います。なんでかなー。

>関節ゆるそうな、タラバガニのような手足
まさに(笑)。

私はジブラルタルっていえば何故か、「ジブラルタルを越えればすべての男は独身」というネルソンの言葉を真っ先に思い出しますわ。

*エリクソンさん
そう、海に落ちて死んだのはウィリアム・ウォーリーくんでした。その後のシーンで、親友のネイグルが泣きながら彼の遺品を整理しているところで、シルエットの絵がでてくるのですよね。昔、ちゃんとした色つきの肖像画を描いてもらうと高いので、庶民はシルエットで肖像を描いてもらって写真代わりにしていたそうです。あのプロフィールはウォーリーの奥さんだったのかな。くすん。

艦長の背中がうつって、その後"Let Fly!"と叫ぶシーンは本当に興奮しますよねー。観る度に(映画館では12回観ましたが)思わずぐぐっと身体を前に乗り出してしまいました。

*只野 四十郎さん
情報ありがとうございます。「コスプレ活劇ナイト」とは素敵なお題ですね。これは、映画の内容がコスプレ系(?)だという意味で、観客がコスプレをしてゆくということではないですよね…?そうだったら、それはそれで楽しそうですが(笑)。

グリニッジ&ポーツマス巡礼の旅、すごくうらやましいです!ビクトリー号によろしく。


文芸座「M&C」再上映 投稿者:只野 四十郎  投稿日: 8月24日(火)21時12分14秒

Kumiko様、お久しぶりです。

東京の皆様限定情報となりますが、文芸座で再び「マスター・アンド・コマンダー」が上映されます
題して「コスプレ活劇ナイト」。
10/2に「トロイ」「パイレーツ・オブ・カリビアン」「マスター・アンド・コマンダー」の3本立てでオールナイト上映です。ちょっとそそる組み合わせではないでしょうか。
http://www.shin-bungeiza.com/allnight.html

ところで、10月にグリニッジ&ポーツマス巡礼の旅に出ます。199回目のTrafalgar DayをポーツマスのHMSヴィクトリーの前で過ごすのが目的だったりします。

一部BBSでマルチポストしています、ご容赦をm(._.)m ペコッ

http://www.sailingnavy.com


(無題) 投稿者:エリクソン  投稿日: 8月24日(火)04時44分19秒

Drifterさま こちらこそはじめまして! たしかロンドンご在住でしたよね?私も来年3月まで滞在予定です。ラッセルがロンドンに買ったとかいう噂の家は見に行きましたか(私はまだです)?
海に落ちて亡くなったのはウィリアム・ウォーリーです(よね、Kumikoさま? あ、またKumikoさまを泣かしてしまいそう…)。私は3回しか観ていませんので、その記念品には(ジブラルタルで買った等)気がつきませんでした。
今日ロンドンへ遊びに来た友人、趣味でチェロを弾く人なので、M&Cのラストシーンの曲(弦を手でつまびく例の曲)を伝えると、どうもご存じないようでした。曲のタイトルと作曲者名のメモを渡して、「日本でもDVDもヴィデオも出ているから是非見てね!」とM&Cの宣伝もしておきました。サプライズ号のクルーが変装を解いて、ユニオン・ジャックがするすると上がっていくシーンは何回見てもワクワクさせられました。あ、私イギリス好きじゃなかったンですけど、つい…。(だってもともとスペインびいき・前世はスペイン人だったと豪語してはばからなかったのです、ラッセル・ファンになってからは更に「剣闘士にきゃーきゃー言ってるミーハーな」とアタマに着く)
あ〜、はやく日本に帰ってラッセルのDVDやヴィデオが観たい!


突然の秋・・・! 投稿者:Drifter  投稿日: 8月23日(月)13時33分11秒

こんにちは、関東は今日は寒いほどです〜・・・

Kumikoさん、
ティム・ロスのマチュリンは、想像すると油断なさ過ぎで怖すぎ・・・!
ジャックをからめ手で虐めそうですね(笑)、それはそれで楽しそ〜〜
ですが、P・ベタニーの関節ゆるそうな、タラバガニのような手足がかもし出す、お育ちの良さ、脇の甘さ、押しの弱さがジャックといいバランスでしたよね?

エリクソンさん、はじめまして・・・
いいですね〜スペイン!食事も日本人好みと聞きました。一度行ってみたいな〜・・・
原作未読なもので、原作ではどうなのかはわかりませんが、映画では、ホーン岬近くの荒海に沈んだ甲板員(ああ、名前忘れちゃった)の遺品の中に、ジブラルタルで買い求めたと思われる記念品がありましたね?影絵のプロフィールみたいな絵?必ず故国へ、と書かれてあって・・・ジブラルタルは大西洋、外海へ出る船の欧州最後の寄港地で、当時の船乗りさんにはそれなりに思い入れのある地なのでしょうね。
でも、映画ファンにとっては・・・ジブラルタルと言えば、あの「Uボート」のクライマックスでしょう!

ところで、3大お宝映像映画!他の2作はDVD入手したのですが、「Romper Stomper」未見なんです〜・・・近所のレンタル屋にもない。ほんと、日本版DVD出てくれないかな〜。ラッセルがもっともっとメジャーになれば、それもかなう?でも、既にもうオスカー俳優なんですけどねえ・・・


海が恋しい季節 投稿者:Kumiko  投稿日: 8月14日(土)22時06分51秒

*Drifterさん
大型テレビ、私も欲しいです…でも今年はエアコンも買い換えたし、家電はこれが限界かな。DVDソフトも欲しいものがいっぱいで、どこかで線を引かないとキリがないです。

ロブロイのティム・ロスのかつら、私も印象に残っていました!オブライアンの海外掲示板でティム・ロスを「M&C」のスティーブン役に推薦している人がいて、あのカツラ姿を思い浮かべてしまいました。ちょっと時代が違うかな?

*エリクソンさん
マキシマスの故郷!羨ましい〜私もスペイン行きたいです。
テラコッタの剣闘士人形、ローマ時代のものなのでしょうね。人気のある剣闘士はグッズが売られていたということだから、マキシマスの人形も売っていたのかも…(などと、想像がひろがりますね。)

アルヘシラスとジブラルタルはM&Cの原作には1巻・10巻はじめ、何度か出て来ています。一度行ってみたいです。マルタも、メノルカ島も行ってみたい!

*まさきさん
お久しぶりです!
「M&C」DVDの特典映像はとても楽しいですね!監督のこだわりぶりは、公開前から記事などで読んでいたのですが、特典映像を見るとまったく想像を超えていました。ウィアー監督はすごい。

続編はやらないと言っていて、他の監督の噂も出ていますが、できればウィアー監督がいいなあ。まあ、とにかく続編が見たいですけど。

「ミステリー、アラスカ」「逃走遊戯」の発売は嬉しいですが、他の作品も手に入るようになるといいですね。


DVD 投稿者:まさき  投稿日: 8月10日(火)00時50分20秒

お久しぶりです。中々まとまった時間がとれずDVDの特典映像は少しずつ見ていたのですが、ようやくほぼ見ることが出来たのでおじゃましました。
特典映像はカットされた場面の中に原作ではおなじみのジャックの水泳や、スティーブンがボンデンに文字を教えているシーンがあって嬉しかったです。原作小説へのアプローチでは監督の映像化への徹底したこだわりぶりにウィアー監督で本当によかったーと感動しました。是非同じキャスト、スタッフで続編を見たいものです。

オーストラリア時代やハリウッド映画に出るようになり始めた頃の作品はほとんど見ていなかったので、「ミステリー、アラスカ」のDVD化は本当にありがたいです。三大お宝映像の3本も見れてないのでDVDが発売、再販されないかなとひそかに期待しているんですが、やはりハリウッドのメジャーな映画でないかぎり再販はしないのでしょうかね・・・。