Kumiko's Home BBS 過去ログ 1

戻る


Marcel様 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月24日(日)01時19分38秒

さっそくのご来訪ありがとうございます!
このHPの開設に当たっては、大変お世話になりました。お蔭様でなんとかアップにこぎつけました。今日やっとフレンズのコンテンツができたんですよー。これから第2〜5シーズンも作ってゆきますんで。

リンク?もちろん光栄です!Marcelさんのところにリンクして頂いたら、「フレンズ」ファンが沢山来てくれるでしょうねー。こっちもがんばらなくては…

それでは、チャットに戻ります(笑)。


こんばんは! 投稿者:れの  投稿日: 9月24日(日)01時10分48秒

チャット中にお邪魔してます。
フレンズのページ、さすがですね。それにラッセル・クロウも!
また今度、じっくりと遊びにきます。


便利!! 投稿者:Marcel  投稿日: 9月24日(日)01時02分36秒

「フレンズ」のページ良いですね〜!
サブ・プロットってどの話だったかほんとに分からなくなる事が多いから、
とても便利だと思います(^^) 更新楽しみにしておりますね!!

ところで、このページってリンクさせていただいてもよろしいのでしょうか?


セックスの次はバイオレンス(笑) 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月24日(日)00時10分07秒

…と、いうことで、第15章アップしました。どうも、バイオレンスの方が訳しやすいようです…ははは。

>ペコさん
カンボジア旅行記、面白く読ませて頂きました。アンコール・ワットをご覧になったなんてすごいですね!すばらしい文化遺産が、戦火で傷つけられるなんて悲しいことです。しかし、第2次大戦中にアメリカが京都を爆撃しなかったみたいに、人命より文化遺産を優先されちゃうとそれもまた違うだろー、と言いたくなるのですが…ポル・ポトの大虐殺は、国の人口の2割とか3割とか殺してしまったというすさまじいものだったそうですね。そういう話を聞くと、人間って信じられないような事ができてしまうんだなあ、と思います。そういう事実を自然に学ぶことができる映画って素晴らしいと思います。旅をする時に、単なる観光じゃなくて、そういった国の歴史に思いをはせることのできるペコさんも素晴らしいですね!

LACのスクリーンテスト映像、いいでしょう!「感想」の方もあれだけじゃあんまりなんで、そのうちまとまったら加えてゆきたいと思います。

>じゅうばこさん
プレクエル、いつもユニークな感想をありがとうございます。「眠そうな声」…それがまた、色っぽいんですよね。マキシマスの声って、普段のラッセルの声とはかなり違う気がします。両方、私は好きですが。感想を作者に送るといっても、日本語を正確に英語に訳すのは私の手にあまりますので、(逆の方がずっと簡単なんです)かなり簡単にまとめたもにになると思いますが、ご勘弁を。じゅうばこさんに映画感想のコーナーを読んでいただけるなんて感激です。すごくやる気がわいてきます。

>あずきさん
15章もアップしました。マキシマス、初陣とは思えぬ強さですよね。ルシアス君に関しては、生死不明で消えたまま(50章現在)です。そのうちまた出てくるのかなあ。ところで、「ゼロ課」ってなんですか?

>どみさん
なんとっ!"Hammers Over The Anvil"がDVD&ビデオ発売!日本で見られる物はあるのでしょうか?なければいよいよリージョンフリーデッキを買うしかないぞっ!あー興奮してきた(笑)。

フレンズのページもやっとコンテンツができました。よかったら見て下さいね。


すばらしいです14章! 投稿者:どみ  投稿日: 9月23日(土)17時08分20秒

昨日、浅草へ「グラディエーター」最終上映を見に行ってきました。
約1カ月ぶりの「グラディエーター」でしたが、今回はprequelネタやら、
じゅうばこさん、あずきさん(お二人とも初めまして、Let's talk about Russell
Moviesでいつも読ませていただいてます)のシリーズやらが頭に浮かび、
感慨深い映画鑑賞になりました。
さて、さっきMaximum Russell Croweのニュースで見てきたのですが、
11月に幻の名作(笑)Hammers over the AnvilがVHSビデオ、DVD発売される
ことになったようですね! 思わずガッツポーズを取ってしまいました。
12月発売のグラディエーターのDVDの内容も充実しているようですし、楽しみです。
そのまえにやっぱりデッキを買わなければ。

http://www.geocities.com/Hollywood/Cinema/1501/shopping.html


手が、手が、手が〜 投稿者:あずき  投稿日: 9月23日(土)10時55分37秒

皆様、おはようございます。

うふふふ、待ってました。14章。朝っぱらから刺激が強いわ〜。
マキシマスの手が、具体的(笑)な行動をするこの場面、最初自分で読んだときには
ルッシラの手の動きを読み飛ばしていたので、改めて生唾モノのシーンを再現して
いただけて、再びゴックン、とやっております。あと、じゅうばこさんも書き込んで
いらっしゃいますが、ペトロニウス君って・・・。
彼とといい、ルシアス君といい、何か、そこはかとなく共通点を感じてしまいました。うぷぷぷ。
この作者の方、章を変えるタイミングが実にイイ。
いつも、続きが気になるように持っていっていますよね。お次は、マキシマスの独壇場ですね。
あと話は変わりますが、私は自分が親になったとき「ゼロ課・・・」とかを読む小学生を
許せるか自信ないです。(笑)

じゅうばこさま>はじめまして。(笑) 「眠そうな声」の一致のこと、私も即座に気づいて、
ウンウン、そうよね〜、日本でも同じように感じてる人がいるよー、と思ってました。

ペコさま>ラッセルって母性本能くすぐりますよねー。(特に、LACのバドは)
ナゼかしら?一見、大きなクマさんみたいなのに。あれ?だからかな?


凄い!LAC画像だらけ 投稿者:ペコ  投稿日: 9月23日(土)07時49分43秒

>kumiko様
おはようございます。
「LAC」の画像どうもありがとうございます。さっそく保存しました。あとでプリントします。
ああ、ロンゲのラッセル様が素敵です!生ヨダレが・・・・・坊主頭もまるで童貞みたいで可愛くて・・・リンとの一夜を過ごした後のうるうるとした眼差しが可愛い・・・母性本能を擽ります!
私は「インサイダー」からファンになったので、(それまでの出演作はビデオやDVDを買って見ました。)「LAC」またはその以前からファンとなった強者の方々が怖くて「グラディエーター」みたいに「LAC」について話すことが出来ませんでした。ラッセル・クロウという名前だけはずっと前から知ってたけど、視野の中に入りませんでした!(ここで懺悔します。)去年の「プレミア」雑誌でラッセルが超大作「グラディエーター」の主役に選ばれた事を知った時は、最近では凡作が続いたリドリー監督がリスクの高い賭けをしたなあと思いました。(「インサイダー」のアメリカにて公開する前でした。)そして、今年のアカデミー賞授賞式の中継もケビン・スペンシーばかりを注目してましたので、同時にノミネートされたラッセル(授賞式開始前にノミネートされたスターへのインタビューの中でラッセル様の到着シーンが放送されなかったんです。)をほとんど無視してました。(ファンになってから録画したビデオを改めてチェックしました。)
地下鉄の通路に貼ってあった「インサイダー」のラッセル様の(老け役とはいえ)美しい横顔が気になり、(’70年代のアル・パチーノが大好きでした)「グラディエーター」の事前学習として観に行きましたら、ラッセル様の魅力に虜になってしまいました。(それまではハリソン・フォードに17年間一筋だったのに)


ペトロ二ウス君? 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月23日(土)05時47分00秒

14章拝見しました。いやー、これは本当に、いろんな意味でエネルギーが必要だったでしょうねえ(くすくす)。「あらすじ」は、今思うとすごく上手にまとめてあったと思うのですが、それでも、あちらを読んでいる時は予想もできなかった詳細な描写の数々に、冒頭から緊張しまくり、最後の部分は別の意味で緊張しまくり、で、最後の最後にまた新たな緊張が生じて、次へつなぐ、という気の抜けない展開に、疲れながらもたっぷり快感を味わいました。
でも、「あらすじ」を読んでいるからいいようなものの(あ、ネタばらしになるか?)、でなかったら私、このペトロニウス君にはずいぶんハラハラしたでしょうね。秘密の(それもこんなにすごい)計画の片棒かつがせるには一番やめときたいタイプじゃないですか、こいつ。まあ、鎧のサイズの問題があるから、誰でもってわけにはいかなかったんでしょうが、他に誰かいなかったの、マキシマス?と言いたくなります。

あのー、作者の方が感想を知りたがっておられるということは、ひょっとしたら、書いたことが伝わるのね、と言うのが最初から心のどこかにあって、実はあまりずっこけた感想が書けずにいるのです(これでも)。(笑)たとえば、14章(?)で私が超個人的に一番受けたのは、ルッシラとのからみでのマキシマスの「眠そうな」声でした。私も同じ表現を同じような場面で、したことがあるんですよね。「あーあ、誰でも、あの声はそういう風に描いちゃうんだ」とおかしくて、パソコンの前にばったりつっぷしました。…といったたぐいのことが、なかなか書けません。

映画の感想の欄もとても面白く読んでいます。でも、私、不真面目なファンで、まだほとんど作品を見ていないため、「ターニング・ラブ」の伏せ字の部分もまだターニングできません。くやしい。


カンボジアの旅 投稿者:ペコ  投稿日: 9月23日(土)03時49分31秒

>Kumiko 様
今晩は!翻訳お疲れ様です。楽しみにしてます。
今回はラッセル・クロウ様の話とはまったく関係がなくて失礼致します。
つまらないかも知れませんが、旅行の報告させて頂きます。確かにカンボジアは治安が悪く危険度1度ですが、観光地は比較的安全な方だそうです。妹と二人だけでは心配なので現地ガイドと運転手を付けるように日本で手配しました。アンコールワット遺跡は道の一部のみ修理中ですが、あとは見学OKでした。雨水や内戦のせいでかなり傷んでいるが、さすが世界遺産だけであって遠景には美しかったです。その建物と「スターウォーズ/エピソード1」のジェダイの建物と酷似してました。壁の浮き彫りも神秘的で素晴らしかったのです。その周りの遺跡群も見物しました。一つだけはフランス人のボランティアによって大幅な修理中の為に立入禁止でした。宇宙の中心と呼ばれるアンコールトム(四面に顔を彫刻された有名な建物)もやはり「エピソード1」のジャージャーの同胞の逃亡先のジャングルと酷似してました。大きな湖の近くにある丘の形も「ミッション・トゥ・マーズ」の謎の顔型物体とそっくりでした。最近のハリウッドは東洋の神秘への憧れているのだと分かりますね。シェムリプには日本人観光客が一番多かったようです。しかし、プノンペンにはあまりいませんでした。映画「キリング・フィールド」の舞台となった実際にある所(ポル・ポト派政権時代に大残虐した所)や元刑務所(今はポル・ポト派政権時代に小学校を奪い刑務所に変えた建物をそのままに博物館になっている)を見ました。あまりにも惨くて衝撃を受けてボロボロ泣きました。キリングフィールドには夥しい頭蓋骨を積み記念塔として建てています。その周辺にはまだ発掘されていない遺体や頭蓋骨や遺品があっちこっち埋められています。そのすぐそばには田んぼが一面に広がっており、カンボジア人がいつもと変わらず平和に生活してるのを見て何故かほっとしてしまいました。(本当に不思議な気分でした。)8ミリビデオカメラでアンコールワットとアンコールトムを撮影したけど、その後はビデオカメラが寿命のせいか調子が悪くて撮影することが出来ませんでした。(*_*)妹のカメラはたぶん大丈夫だと思います。有意義的な旅行でした。地雷は特に国境のあたりにまだあるそうですが、住民地にはほとんど取り除かれているそうです。しかし、まだ勝手に草むらには入れません。やはり現地ガィドと同行する必要があります。遺跡群に入場するのに写真が必要でした。長くなってしまってどうもすみませんでした。


14章アップ! 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月23日(土)01時28分21秒

>あずきさん
あずきさんのお言葉に力を得て(?)安心して14章をアップ致しました。しかし、あずきさん、

>私は小学4年生くらいから、大人の読むようなきわどい小説読んでましたけど。
おお、さすが。やっぱり「あずき版Prequel」は、長年の修行の賜物(?)なのですね(笑)。
小学生がラッセルにたどりついたら、ちょっとコワイですね。

>ゆみさん
オフ会ですかー。私は東京在住なのですが、オフ会って参加したことないので、ちょっと
勇気がいりそうです。…それより、「ヘブンズ・バーニング」観る方にも、勇気がいりそう…
いろんな意味で…

来週いっぱいは仕事でちょっとしたどさ回りツアーに突入しますので、あんまり更新できない
かも。なるべくちょこちょことは、やりたいと思っているのですが。


微妙かな? 投稿者:あずき  投稿日: 9月22日(金)23時21分54秒

たしかに、英語って簡素でストレートで、みもフタも無いときってありますよね。
「ねーねー、おかあさん。即物的ってナニ?」とか。うっ、となりそう。
最近の子供ってそのへんどうなんでしょうね。私は小学4年生くらいから、大人の読むような
きわどい小説読んでましたけど。あと、週間ポストとかも。(すでにオヤジ化)
そうとうのマセガキですね〜。
その後の人物形成には問題なかった・・・とは言いきれないか。(笑)
で、何がいいたかったかと言うと、これくらいの表現なら中学生はOKかな、と。
小学生は、たどりつかないでしょう。ここへ、というよりは、ラッセル様に。


東京近郊のファンの方♪ 投稿者:ゆみ  投稿日: 9月22日(金)03時35分35秒

ラッセル・オフ会しましぇんか?!(^o^)/
作品内容は・・・エヘヘ〜(^^;;;なんすがァ
大画面で また違うラスを・・・という方
メール くだシャイませ〜 ♪

☆映画情報!
東京、渋谷シネ・アミューズで
レイト・ショー「ヘブンズ・バーニング」
が”期間限定公開”されます。
9月30日〜10月27日迄
 開始Pm 9:10〜 11:00

「ヘヴンズ〜」に関してのお問い合わせは
アミューズ・メディア事業部 担当 高桑さん
TEL03-5457-3460 /FAX03-5457-3461


やっぱりR指定か? 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月21日(木)23時55分58秒

>あずきさん
いやー、今14章をやってるんですが、あずきさんのPrequelの優雅かつ流麗な文章と違って、英語の文章というのはなんというかその…訳しながらふと不安になったのですが、これって小さいお子さんが読む可能性なんて、まさかないですよね?

>じゅうばこさん
いつもていねいな感想をありがとうございます。なんとか英訳して、Susanさんに送りたいと思っております。Susanさんは、本当に歴史的背景とかよく調べてるなあ、と思います。私もちょっとは資料とか使った方がいいのかなあ。何か、とんでもない勘違いをしている部分とかありそうでコワイです。


厚みを感じる「13章」 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月21日(木)11時42分14秒

あー、13章、いいですねー。どっかで誰かが思いつきで書いてる冗談まじりの、スカスカのやつとはちがって(笑)、きちんと背景や世界が書き込まれている分、人物がすごく立体的だから、読んでて気持ちがいいし、ドキドキ度もぐっとアップします。ルッシラも、あらすじで読んだ時は、ちょっとわがままよねえと思ったけど、テントの中のうっとうしい生活や、マキシマスの身体がすぐ近くにある様子が、こんなに生き生き描かれると、それは、川の向こうにも行きたかろうと、とても自然に納得できる。
ハーキュリースが活躍(?)していますが、年とったのが、完訳だと細かくわかって、ちょっと悲しいな。先のことをあまり考えたくありません。

旗手って、私が知っているのでは、「オセロー」の悪役のイアゴーが、将軍オセローの旗手ですね。彼は、副官に出世できなくて怒るんですけど、そういう、重要だけど出世途上の職、なんでしょうね。


ピクリッ。 投稿者:あずき  投稿日: 9月21日(木)09時46分33秒

Kumikoさま>こんにちは。13章、読みましたよ〜。
ルッシラのテク(笑)と、即物的なマキシマスにピクリと反応してしまい、読むだけにしておくつもりが、思わず書き込みしちゃいました。アハ。
また、夜にゆっくり、感想を書きに来ますね。


13章にはてこずりました。 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月20日(水)23時42分23秒

マキシマスは辞書にない単語を喋るし、(マキシマスが旗手から出世した階級名は結局わから
ず。適当です。読み飛ばして下さい(汗))ルッシラは1文ごとに手を止めて頭を冷やしたく
なるような事をしてるし…それに、最初に読んだ時もあらすじを書いた時も読み飛ばしてた一
文にぎょっとしたり…「即物的」って…マキシマスっ!(笑)

>ちのさん
おかえりなさーい!ご旅行いかがでした?お疲れのところ、さっそくおいで下さりありがとう
ございます!また「LAC」の話もしましょうね。

>ペコさん
同じくおかえりなさーい!楽しいご旅行でしたようで何よりです。帰国早々おいで下さり、
ありがとうございます。ちずやんさんの方、別に遠慮してたわけではないんですけど、
やっぱり3人の方がお留守だとさびしいですね。J−スカイ対応は、もともと私の借りてる
この掲示板についているもので、どういうものなのか私は知らないのです…ごめんなさーい。

>ゆみさん
リンクありがとうございます。光栄です!アメリカのDVDって、日本で見れるんでしたっけ?
確かイギリスのは、PALだからダメですよね。「グラ」は日本版も特典つき2枚組と聞いた
ので、喜んでおります。私も早く将軍様に再会したいです。


「リンク」ありがとうございま〜す♪ 投稿者:ゆみ  投稿日: 9月20日(水)05時29分42秒

ウチの「リンク」集にもkumikoさんのを入れさせていただきました〜♪
Oh〜!どみさんもvivi_malkoさんもいらっしゃるゥ o(^o^o)
「グラ」DVDのアメリカ(リージョンコード:1)とイギリス(コード:2)
での発売(11/21)でプレ・オーダー開始ですね!
日本でDVDを見る場合は、コード1でしたっけ?!
イギリスのお店

早く もう一度 将軍に会いたいっス〜 (^^)/

http://members.tripod.co.jp/yumi2001/


ちの様に続けてまいりました! 投稿者:ペコ  投稿日: 9月20日(水)01時11分23秒

Kumiko様
おめでとうございます。
さっそくHPを拝見しました。なかなか楽しそうですね。
ときどき遊びにまいります。
心配してくださってどうもすみませんでした。もしかして皆さんが遠慮してカキコしなかったのではと思いまして申しわけございませんでした。はい、ログはじゅうばこ様の言ったとおりまだ残っていました。あとでゆっくり読ませて頂きます。
J−スカイ対応まで設けるとは本当に素晴らしいです!さっそく登録させて頂きました。宜しくお願いします。では、お休みなさい。


さっそく来ましたよ〜! 投稿者:ちの  投稿日: 9月20日(水)00時24分32秒

Kumikoさん
帰国挨拶をしにちづやんさんのサイトへ行ったら、なななんとHP開設されたと・・・!!こんなに早く実行されるとは本当にスゴイ。おめでとうございます。Prequelも着々とUPされているようだし、お疲れ様です。とりあえず今日は帰国のご挨拶と初カキコということで。また遊びに来ますねぇ!!


感激〜 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月19日(火)23時35分46秒

わおー、こんなにたくさんカキコしていただいて、感激で言葉もありません〜!!

>あずきさん
わたしもラッセル求めてネットの海を、あっちへふらふら〜こっちへふらふら〜と
漂っております。フィルモグラフィーのページに面白いサイトのリンクを入れたいのに、
内容は憶えていてもURLを記録してない!それで改めて探すと、見つからないんだなー
これが!くやしー!!HP作るなんて、思ってなかったからなあ〜。また気長に探します。

>あきさん
読んで下さってありがとー!これからマキシマスとルッシラはいよいよラブラブモード
全開になります。もう思い切り、変なこと想像しちゃって下さい!(<おいおい)

>どみさん
いらっしゃいませ〜!おお、「フレンズ」のファンでもいらっしゃる!何て気の合うお方!
「フレンズ」関係のコンテンツも作ろうと努力中です。まだまだ形になってませんが…
できてみたらあまりのマニアックさにびっくり!かもね。わたしはチャンちゃんのファンです。
「ターニング・ラブ」はちょっとだけ「フレンズ」を思わせるところがあったのですよね。
NYだし、「モニカ」だし、「深入り恐怖症」だし(笑)。

>じゅうばこさん
他にも「あらすじ」ではあえてあっさりと済ませている所は、数多し。請うご期待!

>vivi_malkoさん
そうなんですよね〜。私もマキシマスが"Let me go home."と言った時の顔が忘れられません。
じ〜ん…(<思い出している)
Prequelの中でも、奥さんの出てくる話は私も特にお気に入りで、読んでて涙がでそうになり
ます。…って、そこまで訳すのにいつまでかかるだろう?
気長に待ってて下さいね。


“ home” 投稿者:vivi_malko  投稿日: 9月19日(火)23時03分12秒

こんばんは〜♪

Prequel、一気に読ませていただきました〜。
もう、ドキドキ。。。
読みながら、頭の中で想像しています。
マキシマスの少年の頃はこんなカンジで。。。とか、
コモちゃんはこんな顔で。。。とか。
12章のふたり(マキシマスとルッシラ)の会話をイメージしていると
ニヤけて、よだれが出てきそう。。。じゅるじゅる。。。(笑)

「ハンサムな兵士から」
「そうお望みなら」

特にこの(↑)あたりです。

で、今日「グラ」のリピートに行ってきました。
戦いが終わって、マルクスに「褒美はなにが良いか」と聞かれ
マキシマスが“Let's me go home”という時の表情が忘れられません。。。
きっと、きっと、とても幸せがいっぱいの“home”なのでしょうね。。。
奥様との生活や、子どものこと。。。
これからの展開がますます楽しみです♪


追伸
私のトピとリンクして下さってありがとうございます。
こちらのHPにはたくさんの方がいらっしゃると思うので、リンクを見て
私のトピに新しい方もいらっしゃるかもしれませんね♪
恥ずかしくないようにしなくちゃ!
あ〜あ〜あ〜〜〜、よし、おっけ!(←発声練習をしてどうする!!!(笑))


わかってても心配 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月19日(火)23時01分02秒

12章拝見!えっ、えっ、えっ、おいおいおい、再会早々二人でこんなに盛り上がってたんでしたっけ?記憶にないぞー!と動揺した私は、思わず以前にハラハラドキドキしながら読んだ「あらすじ」までチェックしに行ってしまいました。やっぱり「あらすじ」では、さらりとすませていらっしゃる。なるほど、やっぱり完訳でなくてはいけない、と妙に納得しています。ルッシラもだけど、マキシマスもなかなか。でも、こんなに大胆でいいのかなあ。先が心配です。(いや、先のこと、知ってるんだけど、それでも、なおかつ。)


開設おめでとうございます 投稿者:どみ(seattlecoffee)  投稿日: 9月19日(火)22時16分37秒

Kumikoさん、他の素敵な掲示板(YAHOOのvivi_malkoさんトピ、ゆみさんページ、
daifukuさんページ)でも、いろいろとお世話になってます。
どみ(YAHOOではseattlecoffee)でございます。
ホームページ開設おめでとうございます。
Prequel日本語版の大ファンですが、Kumikoさんの映画感想のページも楽しく読ませて
いただいてます。
「ターニング・ラブ」を見た時に、ちょっと違和感のようなものを感じたのですが、
Kumikoさんの感想を読んで、目から鱗が落ちました。
「そうよやっぱりスティーブには、『チャンちゃん』以上に問題があったはずよね?」と
妙に納得してる私は、実はフレンズファンでもあります。
これからも、ご無理をなさならい程度に頑張って下さいませ。
楽しみに読ませていただきます。


ゾクゾクします 投稿者:あき  投稿日: 9月19日(火)10時27分30秒

おはようございます。
12章早速3回程読ませていただきました。ゾクゾクきますね。あずきさん(はじめまして!)がおっしゃっていた通り、人の手で訳したものは血が通ってて、読んだ人間に色々な事を感じさせますよね。情景を思い浮かべられるんですよね。そんな中に、ルッシラ登場!ルッシラのエッチさがいいですね〜。違った意味でゾクゾクワクワク。別に変なこと想像してませんよ!誤解のないように。私もKumikoさんと同じで、純情なんです!!!(強調するところが怪しいですか?)


ふらふら〜、ぷかぷか〜 投稿者:あずき  投稿日: 9月19日(火)00時43分22秒

こんばんは、また来ちゃいました。
ネットの海を漂って、Kumikoさんがリンクした所などにも、遊びに行ったりして。
みなさんの行動半径の広さには、驚いていまします。見習わなければ・・・。
普段の出不精が、影響してるのかなぁ。

12章、早速読みました。やはり、人の手で訳されているのは、血が通ってていいですね。
ルッシラが、ませてて(死語?)、というかエッチで、ムフフフフ〜。
負けるもんか〜。って、ナニを?
最後の2行あたり、くるぞ・くるぞ、って感じでゾクゾクしてしまいました。
コモちゃん、カモ〜ン。


いらっしゃいませ〜 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月18日(月)23時31分40秒

>あきさん
ご来訪ありがとうございます!拙訳を何回も読んで下さるなんて感激です!
間違いなどありましたら何なりとご指摘くださいね。あ、感想もお願い致します。
さきほど12章アップしました。ルッシラ再登場してます。ルッシラがすけべなんで
(失礼!)、照れてしまって訳がすすまなかった純情な私。(<嘘をつけ!)

>vivi_malkoさん
Yahooのトピ主様、これはこれは光栄の至り。士官のテントにお部屋を用意致しました
のでご案内致します。ショートケーキはございませんが、代わりに私のサインなどお持
ちになって下さい。さらさら〜(<書いている)いや、ご遠慮にはおよびませんとも。

>じゅうばこさん
マキシマスの子供の名前、当てて!マキシマスは「自分にとって大切な2人の人間から
つけた」と言ってます。もうわかったでしょ?え…「コモドゥス」?…んなわけないでしょ!
あ、「ダリウス」じゃないよ。ダリウス氏には、勝手にトム・ベレンジャーをキャスティング。


お子さんの名は? 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月18日(月)22時08分51秒

前日談の11章は楽しかったです。作者の方もにこにこしながら書かれたんでしょうね。それにしてもダリウスさん!「あの子は将軍の器」とまで見込んだ子を、見知らぬ土地の、夜の川なんかで泳がせるか、ふつー!?(私、故郷の家のすぐ裏が川だったんです。夜の増水した川って、ほんっとに恐いんだから。)
などと、しつこく言ってるのも、マキシマス少年と一緒にいて、前髪まではらってやれるダリウスさんに嫉妬してるだけかもしれない…。いいよなあ…。(笑)

もうすぐ、ドロドロの部分に突入とのこと、たしかに「あらすじ」で拝見した時も、ハラハラドキドキカッカッの連続だった部分ですけど、今度はもうちょっと落ち着いて読めそうなので、それはそれで楽しみです。

理由は、ちずやんさんの掲示板をごらんになればおわかりと思いますが、マキシマスのお子さんの名前、Susanさんはつけておられますよね、きっと。よろしかったらお教えください。いやもう、別にこれ以上、悪いことをするつもりはありませんけれど。(笑)


HP開設おめでとうございます♪ 投稿者:vivi_malko  投稿日: 9月18日(月)13時18分08秒

こんにちは〜♪

うわぁ〜、すごいですね〜!
いつの間にか、こんなにステキなHPを作ってしまうなんて。。。
それに、マキシマスの過去だなんて。。。なんて魅力的なんでしょう〜!(感激)
明日「グラ」のリピートに行って来るつもりなので、
今からKumikoさんの訳してくださったものを読ませていただきます。
あぁぁ。。。ドキドキ。。。

まずは「おめでとうございます」と「訳してくださってありがとうございます」の
ご挨拶でした。

追伸
>あのトピはトピ主さんのお人柄(?)か、一番のびのびと馬鹿話ができるんで
>(これって失礼…?)大好きです。
大好き、だなんて。。。
Kumikoさんたら。。。もしかして、私のファン?
もしよければサインなぞ。。。(そんなもんいらんわいっ!(笑))


はじめまして! 投稿者:あき  投稿日: 9月18日(月)11時24分49秒

Kumikoさん、はじめまして!
私は、katopuさんのところにちょくちょくお邪魔させて頂いている、全く英語がダメなあきと申します。英語が全くダメなので、いつも海外のページは、写真を眺めているだけでした。でも、Kumikoさんが訳して下さるので、うれしくてうれしくて何度も何度も読ませて頂いております。ありがとうございます。マキシマスがかわいいですね。これから先どんな事が起こるのか、ワクワクドキドキです。ルッシラとの過去が明かになっていくんですね。すっごく楽しみです。こんな私ですがご迷惑でなければ、またお邪魔させていただきます。よろしくお願いします。


いらっしゃいませ! 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月18日(月)00時41分06秒

>c_russel_00さん
いらっしゃいませ!Yahooトピからですか〜。
あのトピはトピ主さんのお人柄(?)か、一番のびのびと馬鹿話ができるんで
(これって失礼…?)大好きです。
思えば10日前には、HPを持つなんて思いもよらなかった私。
突貫工事でなんとかここまで来ました。きっかけを与えてくれた皆様、協力
して頂いた皆様に感謝します。…といっても、まだまだなんにもないページですが…
これから色々加えていきたいと思っているのですが、これからも画像やら音声・動画
ファイルやらは一切ない、私のたわ言がつらつら書いてあるだけの、アイソなしのペ
ージになると思います。それでよろしければ、ちょくちょく来てやって下さいね。


おめでとうございます!! 投稿者:c_russel_00  投稿日: 9月17日(日)23時26分12秒

今晩は!!
Yahoo!の掲示板よりお邪魔しました。
HP開設とのこと、おめでとうございます。
私も作りたい気はあるものの、未だ実効できずです・・・
これからもちょくちょくお邪魔させて頂いてもいいですか?
まずはご挨拶まで♪


わーい。 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月17日(日)23時09分33秒

初書込みだー!うれしい♪ あずきさん、じゅうばこさん、ありがとうございます。

>あずきさん
第1号書込みありがとう!いやー、まだ掲示板なんて必要ないかなあ、と思いつつ、
ゆみさんのBBSからなんとなくTcupとやらに行ってみたら、その場で作れちゃった
のですよ。掲示板って、カンタンにできちゃうんですねえ、びっくり。
何でも結構ですので、またカキコして下さいね。

>じゅうばこさん
プレクエルの感想、頂けると嬉しいです!マキシマスかわいーでしょう!でも
少年時代編はあっという間に終ってしまって、これからはルッシラとコモとの
どろどろの絡み(<?)に突入します。ああ、はやくオリヴィアさんのとこに
行きたいよ。先は長い…

みなさまも、感想など頂けると嬉しいです。気軽に書き込んでねー。


第二号かな? 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月17日(日)22時31分13秒

私も来ちゃいました!11章までの感想を書きたいのですが、夏に遊んだツケがそろそろ回ってきて、キリギリスみたいにあえいでいるので、明日にさせてください。でもでも、一言だけ、マキシマスがかわいーい!


第一号? 投稿者:あずき  投稿日: 9月17日(日)20時33分43秒

こんばんは。いつもお目にかかっているあずきです。
フラフラと立ち寄ったら、なんと、掲示板が・・・。
うれしくなってたので、書き込みしちゃいます。第一号でしょうか?
これからも、どうぞ頑張ってください。
楽しみにしています。
では、また〜。


テストです 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月17日(日)00時47分25秒

掲示板を作ってみました。
テストです。