Kumiko's Home BBS 過去ログ 11

戻る


Birthday 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月28日(日)15時20分18秒

>ペコさん
旅の疲れ、残さないようにゆっくりお休みになって下さいね〜。しかし、「男はつらいよ」とは、ペコさんの趣味って幅広いですよね。私は携帯も持ってないのにストラップもらってどうするの?と友達につっこまれちゃいました(笑)。ストラップをつけるために、携帯買おうかしら?(<これを本末転倒という)

>Rachさん
どうもはじめまして。アメリカ在住の方ですか?

放送日が必ずしも話の中の日付と一致しているわけではないんでしょうけど、2月に5月の話ってのは早すぎますね。また矛盾発覚でしょうか?それに、私の計算では第7シーズンにはレイチェルは31歳になるはずです。サバ読みはじめるつもり〜?(<やな女(笑))

それに、「謎」には書いてないのですが、モニカの誕生日の話で後で思い出したことがひとつ。第1−22話の「年下の恋人」で、モニカは自分の年齢を「25歳と13ヶ月」と言ってますね。つまり26歳と1ヶ月、誕生日は1ヶ月前ということになります。この話は前後関係から見て春頃なので、モニカの誕生日は11月とするには、若干の矛盾があるのですが…

年齢や誕生日の話は、実は他にも矛盾だらけです。脚本家も深く考えてないというか、もしかしたらわざと曖昧にしているのかも。私もそれはわかってて、お遊びとしてわざと細かくつっこんでるんですけどね(笑)。


Rachel's birthday 投稿者:Rach  投稿日: 1月28日(日)13時52分51秒

Rachelの誕生日なんですけど、私もGuntherにじぶんで5月5日って言ったの覚えてます。でも、北米で来週放送予定のエピソードがRachelの30歳の誕生日の話なんですよね。3月くらいなら今頃でもいいけど5月なんてまだまだ先なのに…


Re:応募ハガキ未封入の謎 投稿者:ペコ  投稿日: 1月27日(土)05時53分52秒

>Kumiko様
おはようございます。旅行の疲れがたまったらしく昨夜早く寝てしまって失礼しました。
ええ、ショックでした。ここに書き込んだ後、わくわくしながら開封してみたら、肝心の応募ハガキや応募券がない!とわかりました。私だけかと思っていたら、あなたもでしたか・・・メーカーのミスですね。店に言うつもりです。DVD「男はつらいよ」もあるシーズンには応募ハガキ未封入があって、お詫びとして次回のDVDに2倍の応募券が入っておりました。
そうですね。メーカーの電話等の対策が大変になっていると思いますね。


応募ハガキ未封入の謎 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月26日(金)23時19分07秒

>ペコさん

私も今日、「フレンズ」第2シーズンのDVDBOXセットを買ってきました!今、楽しんでいます。

ところで、第2シーズンDVDの初回配荷分に、「携帯ストラッププレゼント」の応募ハガキが封入されていないというミスがあったようですね。ペコさんのには入っていました?私のには入ってませんでした。店の人が取り寄せてくれるようですが、けっこう時間がかかるだろう、とのことでした。ペコさんも入っていなかったら、買った店の人に聞いてみたほうがいいみたいですよ。

ワーナーの人、今ごろ対応に大わらわでしょうね。がんばれ〜


買ったぞ〜! 投稿者:ペコ  投稿日: 1月26日(金)20時05分57秒

>Kumiko様
今晩は!あらら、私がこの掲示板を独り占めしてるみたいで、すみません。
今日の会社帰りにDVD「フレンズ」セカンドシーズンBOX@を買ってきました。
全6巻買うと携帯ストラップを貰えるみたいです。ケースの写真のセンスがとても素晴らしいですね。

>どみ様
「たまにはHPの感想をば」の書き込み
>、この人は思春期の「第二次性徴」だけではとどまらず、20代後半に入ってから奇跡的に「第三次性徴」(何じゃそりゃ)を迎えたんかいな?とすら思いました。

読んで、とても感動してしまいました。巧いですね。マット・ディロン(あまりファンじゃないけど)を思い出します。かつては少年らしくてしなやかな体型だったのに、「アウトサイダー」のあたりから、男っぽくてかっこ良くなってきて、そして、25歳を過ぎると急に胸毛等の体毛が沢山生えるようになってきて、ますます男臭くなってきたのを見て驚いたんです。男性にも3段階くらいに変わるなあと思いました。(そういえば、マット・ディロンはラッセル様と同じ年でしたね。)


さすがお二人様ですね。 投稿者:ペコ  投稿日: 1月25日(木)19時24分02秒

>どみ様、Kumiko様
今晩は!
早いお返事どうもありがとうございます。聞いて良かったと思いました。
風邪を引いていなくてほっとしてます。心配してくださってどうもありがとうございます。

ラッセルのファンの皆様へ
もうご存知かと思いますが、一応書きますね。
★スクリーン3月号
@ラッセル・クローが執筆者の恒例の選出2000年映画ベストの男優ナンバーワンに選ばれた事を記念して全員サービステレホンカードのプレゼントがあります。私は応募しました。
A付録に「プルーフ・オブ・ライフ」のポスターがあります。
★この映画がすごい!3月号
@「プルーフ・オブ・ライフ」の試写会プレゼント
A読者プレゼント・「グラディエーター」のTシャツ&キーチェーンセット


海外ドラマ、いろいろ。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月24日(水)23時11分16秒

>ペコさん
もうどみさんが答えて下さってますが、私もそれは「ハワイ5−O」と「白バイ野郎ジョン&パンチ」(原題:CHIPS)だと思います。ジョン&パンチのラテン系美男は「フレンズ」のモニカも大好きだったというエリック・エストラーダですね。(この話が出てくるのは第3シーズン。ことほどさように、「フレンズ」にはTV番組への言及が多いのです。日本でも放映されたものなら、まだわかるのですけどねー。)…なんて言っても、私が「ジョン&パンチ」を見たのはほんの数回、「ハワイ5−O」に至っては昔々母と再放送を見ていた記憶がウッスラとあるのみなんですが。

>どみさん
「ジョン&パンチ」はともかく、「ハワイ5−O」がすらっと出てくるとは、どみさんも相当な外ドラファンでいらっしゃいますね。私の方はファン歴が「長い」だけで幅広く見ているとはいえないので、知識は中途半端なんですが。

>紅弥さん
私もストレスが溜まるとふらふらと本屋に行ったりしますよ。お互い、色気がないですね…レイチェルみたいに、泡風呂に入って靴を買いに行く、って方がまだ色気があるかも(笑)。「ダマグレ」(勝手に略しているし)は、ダーマはもちろんふたりの両親のキャラがいい味出してますよね。ああ、そういえば私も最後に見た日本製ドラマは「ビューティフルライフ」だったような気がします。最後まで見て後悔しました(笑)。

フレンズマウスパッド、いつ頃送られて来るんでしょうね。楽しみです♪


どうせ、オレなんかよぉ(笑い)。 投稿者:紅弥  投稿日: 1月24日(水)19時27分19秒

kumiko(める)様&みなさん、お帰りなさいませ(って、新妻じゃないんだからさ、笑い)

今日は会社の帰りにちょっとヤサグレれていたので(笑い)、本屋に寄ったのですが(色気のない事で、笑い)雑誌のCUTの表紙の窪塚洋介があんまりキュートだったので、買ってしまいました
(笑い)。と言ってもこの人よく知らないのです(オイオイ/笑い)。tokioの長瀬くん主演のドラマで対抗グループのチーマー(死語?/笑い)役というとってもそぐわないキャラをやっていたのをチラッと観た事がありますが。この人って「少年H」に確か出ていたはず…。
ああっ!すいません。なんかカキコするサイト間違えてますよね(笑い)。

ところで、やっと念願のフレンズのVの1巻を観ることが出来ました♪モニカのヘアースタイルが変だとか(チャンも/笑い)、ジョ−イが異様に痩せているとか、観てて色んな意味で楽しかったです(笑い)。DVDを買ったのにプレーヤーを未だに購入していないのです(アホや/笑い)。
この間、マウスパッドのはがきを投函しました♪写真はみんながイケてるやつだと良いのですが、
6人もいると難しいですよね(笑い)。

どみ様:「TV探偵団」残念でしたね…。私がVに撮ってあればお貸ししたのに…。可愛いチャンの写真を見せていただいた恩返しが出来たのにと思っています♪ところで中尾彬といえば、某CMで往年の郷ひろみの「裸のビーナス」のような衣装を身にまとって、草原をスキップしている姿には驚愕!させられました(笑い)。私が最近最後に観たドラマはキムタクの「ビューティフル・ライフ」です。といっても話の展開が読めたので3話という体たらくでございますが(笑い)。

kumiko(める)様:おおっ!「ダーマ&グレック」を観ているのですか♪あのすっ飛んだダーマのキャラと真面目なグレッグのキャラの対比が面白いですね♪私は吹き替え派なので、あの番組の声優さんのキャストは全部好きなので、観ていて楽しいです★
そうそう、私もレイチェルは昔の方が好きです♪

シャニーンではなくジャニーンでしたね、すみません(ペコリ)。ではみなさん、今夜よい夢を♪


とりあえずのレスでスミマセン 投稿者:どみ  投稿日: 1月24日(水)01時00分27秒

こんな時間まで起きてるから、コモクリームつけてもお肌荒れまくり……
オンラインで書いてますので、取り急ぎのレスですが(テレホに入ってないもんで)
ペコさんのご質問、
ハワイが舞台の刑事ドラマは「ハワイ5−O」かも。先日スーパーチャンネルで再放送
されていたのですが、若き日のクリストファー・ウォーケンがゲストで出たこともある
番組です。でもちょっと自信なし
もう一つはきっと「白バイ野郎ジョン&パンチ」ですね。
今日はこのへんで。またゆっきり書き込みしに来ます。


わあ!懐かしいだわ! 投稿者:ペコ  投稿日: 1月23日(火)23時38分08秒

>Kumiko様
今晩は!私もアメリカドラマが好きです!TVムービーも大好きです。「ルーツ」が最高です。2番目好きなTVムービーはやはり「ケインとアベル」ですね。サム・ニールにメロメロでした。
「将軍」「戦争の嵐」「クィーン」(もうひとつの「ルーツ」)、「V」等。
TVドラマも小さい時から母に影響されてファンでした。「奥様は魔女」「600万ドルの男」(確かに午後10時以降放送でしたね。あの時はまだ小学1年生頃でしたが、この番組だけ母の公認でした。)「バイオニック・ジェミー」」、「ファミリー・タイズ」(「バック・トゥ・フューチャー」でマイケル・J・フォックスが大好きになったので)、「ヤングインディ・ジョーンズ」、「ツインピークス」(TVなのに映像美で、独特な内容に嵌ってしまい、夢中でした。全部VIDEOを持っています。)、「X−ファイル」、「ER」です。アメリカTVドラマに詳しいお二人様(Kumiko様とどみ様)に質問します。
昔、台湾で生活した時、アメリカTVドラマに夢中でしたが、題名が分からなくて・・・
1970年代のもので、内容はハワイにある刑事ドラマですが、分かりますかな?
海の波が高く上がって陸に流れる映像から始まるけど・・・たぶんハワイではないかも。
とりあえず、ビーチのあるところの話です。
もう一つは、金髪のヘアスタイルした男と黒いラテン系ハンサムな男の白バイ野郎の話は知ってますかな?たまに観るけど、かっこいいなあと思いました。


いろいろと。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月23日(火)23時03分58秒

>どみさん
*ゴールデングローブ賞
主演男優賞は残念だったけど、「グラディエーター」の作品賞受賞は嬉しいです!GG賞も、他の賞も、いっつも「オスカーの前哨戦」とばかり言われてしまうのは、考えてみればヘンですよね。選ぶ人も全然違うし、まるで違う賞なのにね。かくいう私はオスカー・マニアですが。

しかしTV部門、エミー賞もだけど、なんで「フレンズ」は賞に縁がないんでしょ??

MRCにGG賞でのラッセルの写真がありましたが、確かにちょっと太ったかな?「冬眠明けの熊」って、何て的確な表現なの。…しかし待てよ、彼は今迄オーストラリアにいて、かの地は今、真夏の筈…と、いうことは正確には「これから冬眠する熊」か?

*アメリカンドラマ
今、絶対欠かさず見ているドラマは「フレンズ」だけなんですが、抜け抜けなら結構見てますねー。「ダーマ&グレッグ」、「ザ・ソプラノズ」、「ER」、そうそう「Sex And The City」もちゃんと見て清楚さに磨きをかけていますとも。

考えてみれば昔から結構アメリカドラマファンだったかも。懐かしいところでレイチェルも好きだった「600万ドルの男」、姉妹編の「バイオニック・ジェミー」、「アメリカン・ヒーロー」、「ファミリー・タイズ」に「マイアミ・バイス」。「マイアミ・バイス」のファンだった人なんていらっしゃるかしら?当時はインターネットもなかったもので、周りでのあまりの人気のなさに日本でファンなのはひょっとして私一人か?と思っていたものですわ。「ホミサイド」は来月から新シーズンスタートのようですね。今度こそちゃんと見よう!

*ハマーアウト
どみさんの文章を読んで「ウェインズ・ワールド」の「ボヘミアン・ラプソディ」を聴いたウェインとガーツのごとく(<何のこっちゃ)ぶんぶんと激しくうなずいてしまいました。「充たされぬ荒ぶる魂」…なんて詩的な表現なのでしょう。ラッセルなら、第4次性徴も第5次性徴もありそうですわ。


私も春の熊にならなければ 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月22日(月)23時40分06秒

>紅弥さん
コートニーがモニカに似ていれば、めちゃくちゃ意志の強い女性なのはまちがいないですね。
ジェニファーはレイチェル役を得るためにずいぶんダイエットしたそうですね。今のジェニファーはただ痩せているように見えますが、よく見ると腕なんか結構筋肉質。「ジム通いしてます!」って感じですね。でも、個人的には第2シーズンぐらいまでの、少しぽっちゃり気味のレイチェルの方がセクシーで好きだなあ…

私も「ダーマ&グレッグ」見てますよ!といっても、「フレンズ」以外のドラマはよく見逃しちゃうんですけど…アメリカのドラマの中でも、日本で放映されているのは選りすぐりのものだろうから、それだけで比較して日本の方が質が低いと決めつけることはできないけど…紅弥さんのおっしゃる通り、ことエンタテイメントに関しては、TVも映画もアメリカは「気合が違う」って感じがします。

>ペコさん
お帰りなさいませ!温度差で風邪ひいてませんか?

タイのニューハーフ・ショウ!私がタイに行った時には民族舞踊のショー(踊り子さんは女性)は見ましたが、残念ながらそれは見ませんでした。…とっても濃そうですねー。見てみたいわ〜

>どみさん
さすが情報早いですね〜。詳しいレスは、また後程…


「グラディエーター」ゴールデングローブ最優秀作品賞! 投稿者:どみ  投稿日: 1月22日(月)22時00分21秒

「グラディエーター」やりましたね! ハンス・ジマーとリサ・ジェラードの作曲賞受賞はまあ当然かなと思いましたが、「Traffic」などの強豪を押しのけての最優秀作品賞受賞は嬉しいです。
ジョディ・フォスターを嬉しそうにエスコートしていた去年の授賞式での姿も記憶に新しいラッセルですが、今年は一人でラフな格好で出席してましたね。
海外のファンページの掲示板では「作曲賞受賞のスピーチの時に、ラッセルの頬に涙が伝ってた!」なんて書かれてましたけど、本当かなー?
アル・パチーノと仲良く肩を組んだツーショット写真も見ましたが、会社の同僚に「ラッセルちょっと太った?」と言われました。確かにマキシマスよりもワイガンド博士寄りの体重に見えましたが、「A Beautiful Mind」の撮影の始まる春までにはダイエットしてくれるかしら。「春に痩せる」というと、まさに冬眠明けの熊って感じ(笑)。

◆紅弥さん
「テレビ探偵団スペシャル」では紫ふんどしの前田吟も放映されていたのですね! あの映像はなかなか放映されないレアものなんですよ。 あの番組を保存版録画しておかなかったのは21世紀初の不覚! 次回はいつになるかわからないけど、気長に待つことにします。

◆紅弥さん、Kumikoさん
私もこのところ全然日本のドラマを見ていません。
去年の今頃はそれなりに見ていたんですが。そういえば、私の上半期のお気に入り俳優はなぜか中尾彬(「月下の棋士」)でした。下半期はもちろんラッセル・クロウです。(並べたらなんだか変)
日本のドラマって、何がいけないんでしょうね。役者の層が薄いのかな? それでもいい役者は大勢いるし、スタッフもいい人材はいっぱいいると思うんですが、やっぱりお金と時間のゆとりがないんでしょうね。
てなわけで、私ももっぱら最近は海外ドラマ浸りの日々です。
今日のゴールデングローブ賞で、ラッセルが主演男優賞を取れなかったのは残念でしたが、最近ハマったドラマ「ホミサイド」に出ていたアンドレ・ブラウアーがTV部門の主演男優賞を逃したのも非常に残念でした。

◆ペコさん
お帰りなさいませ。摂氏30度の国から帰国されたら雪が積もっていたので驚かれませんでしたか?
私はまだタイには行ったことがないのですが、行く機会があったらニューハーフショーは是非見たいと思っています。ショーの歌が口パクとは知りませんでした。「プリシラ」のドラッグクイーンと同じですね。


たまにはHPの感想をば 投稿者:どみ  投稿日: 1月22日(月)21時58分47秒

◆Kumikoさん
映画感想コーナー読みました。
「ハマーアウト」のイーストが「美しい!」というお話を読んで、赤ベコの置物の如く、ぶんぶんぶんと激しくうなずきました。
ラッセルの映画をデビュー作から順番に見ていると、フェロモンの放出量が右肩上がりでぶあーっと増え続けているのがわかります。「PROOF」のアンディくんも、まだまだフェロモン控えめな子供っぽいお姿ながら、主人公のマーティン(ヒューゴ・ウィービング)を支えようとする静かな「受け」の演技の中に、なんとも言えぬセクシーさが漂っていますね。
「君のお母さんの指、彫像みたいに白いんだね」なんて言いながら、マーティンの亡き母の写真をつーっと指でなぞる姿なんて、思いがけずゾクゾクきちゃいました。
「スポッツウッドクラブ」のことはなぜか意識的に忘れてますが(笑)。
「ハマーアウト」では、あまりのまぶしさに、この人は思春期の「第二次性徴」だけではとどまらず、20代後半に入ってから奇跡的に「第三次性徴」(何じゃそりゃ)を迎えたんかいな?とすら思いました。
「m@stervision」という映画評HPで、ラッセルが「身体にマオリ族の血が流れてるという充たされぬ荒ぶる魂」と評されているのを読んで感動したことがあります。「ハマーアウト」の撮影を終えてすぐに「ハーケンクロイツ・ネオナチの刻印」の撮影に入ったというラッセルですが、「ハマーアウト」で炸裂したまさに「充たされぬ荒ぶる魂」が、そのエネルギーを保ったままハンドーの役どころと見事にシンクロして、すごいことになってましたね。
もちろん「アボリジニなんかこの国から追い出してやる」とうそぶくネオナチ、ハンドーと、シドニー五輪でのキャシー・フリーマン(アボリジニの陸上選手)の金メダル獲得を手放しで喜ぶラッセル本人は、基本的な考え方が180度違いますが。
彼のフェロモン放出量のバイオリズムを勝手に想像すると、この時期にそういう役柄が続いたのはまさに理想的な流れだったのでしょう。「ハマーアウト」「ハーケンクロイツ」二作でシアトル国際映画祭の主演男優賞を受賞したのも当然です。
その後はちょっと落ちついたのか、幻の珍作「Love in Limbo」「For the Moment」「人生は上々だ!」と、比較的男性ホルモン控えめな「キュート系」の役柄が続いたのも面白いです。

なんか訳わからん感想(にもなってない)で失礼しました。
まあ、要するに「ハマーアウト」の頃のラッセルはすごいし、その後数年間のキューティーラッセルも味があってよろしいというお話でした。


念願のニューハーフショーを! 投稿者:ペコ  投稿日: 1月21日(日)23時33分28秒

>Kumiko様、皆様へ
只今、気温30度もあるタイから帰国してまいりました。タイには4回目ですが、まだ見てないものや経験してないものばかりで楽しめました。(過去3回は貧乏旅行や個人旅行や経由なので)タイ舞踏やニューハーフショーやアユタヤ遺跡からバンコクまでの3時間クルーズなどです。ずっと前から見たかったニューハーフショーをついに観られて感激してしまいました。私は耳が聞こえなくて踊りやパフォーマンスしか楽しめませんでしたが、母の会社の後輩の話によりますと、(手話で)踊り子の皆は口ぱくで歌っていないそうです。歌のすべてはテープで流れていたそうです。知りませんでした。それにしても化粧がとても上手で凄い綺麗でした。ズボラな私は女として反省されました。ああ、女装したラッセル様を見たかったなあと思ってしまいました。おまけにまだDVD普及率の低いタイでも「グラディエーター」の人気が高かったようです。


今週の「フレンズ」は(笑い)。 投稿者:紅弥  投稿日: 1月21日(日)15時13分46秒

kumiko(める)様&みなさん、こんにちは〜♪

シャニーンとモニカのバトル凄かったですね〜。昔、「フットルース」でヒロインが元カレにグー(笑い)で殴っているのを観て衝撃を受けたものですが、アメリカのドラマとか映画ってケンカのシーンって男も女も妙に生き生きしてるような気がします(笑い)。あとブロンド好きですよね(笑い)。美男&美女は必ず髪がブロンドですよね〜。じゃない方までもそうだったりしますが(笑い)。殆ど「ブロンドコンプレックス」の域まで達しているみたいな…。まさか、アメリカ人のDNAにゴールドラッシュで賑わった頃の思い出が刻み込まれているとか(まさか/笑い)←分かりにくかったら、すみません(笑い)。

kumiko(める)様:モニカ役のコートニー・コックスって真面目な感じがします。あのスタイル保っているだけでも、自己節制できる意志の強さを感じますが(尊敬)。でもモニカより細いレイチェルはこれ以上はもうダイエットすると危険な感じがします…。
ところで、VIPチョコお好きなんですか♪私が「復活」を目撃したのはコンビニの「ローソン」
で売ってました★ロッテのチョコってコクがあって好きです♪
海外ドラマは「フレンズ」の他には、「ダーマ&グレッグ」と「ボーイミーツワールド」を観ています♪1週間にこれだけ観ていると、日本のドラマを観る余裕がないというのもあります。
そして、再放送希望1押しは「恐竜家族」です。人形劇(?)なのですが人形である恐竜の動きが自然で色っぽいのに参ってしまいました(笑い)。こと娯楽に関してはアメリカって仕事が丁寧で大人騙しであるところがスゴイと思います。


トム・ヤム・クンもVIPチョコも好き 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月20日(土)23時05分13秒

>ペコさん
タイ旅行ですか。いいですね〜。もう13年前になりますが、1度行ったことがあります。ものすごく色鮮やかで、活気にあふれた所、という印象でした。今はどうなんでしょうね…食べ物が美味しいことは、きっと変わってないでしょうけど。お帰りをお待ちしております。

>紅弥さん
モニカとロスの「オリジナルダンス」最高でしたね!特にモニカの見事な動きには脱帽です。私も日本のドラマはまったくと言っていいほど見ないんです。アメリカドラマはこんなに見てるのに…

「フレンズの謎」読んで頂いてありがとうございます♪最近のには、私の食べ物への執着の強さが
現れてしまっていますね(笑)。前にアパートの話を書いて、「住・食」ときたので次は「衣」、つまりフレンズメンバーのファッションの話、といきたいところなのですが、どうもその方面には自信がなくて。誰か詳しい方、書いてくれないかなあ…書きたいのに知識がなくて書けないもう一つのネタは、「フレンズに出てくるTV番組(「ハッピーデイズ」とか)」です。こればっかりは、アメリカ在住経験がないと手も足もでないわ。

え、「VIPチョコ」復活したのですか?それは買いにいかなくては。(<これだもの(笑))


こんばんは〜♪ 投稿者:紅弥  投稿日: 1月18日(木)18時04分09秒

kumiko(める)様&みなさん、お元気そうで何よりですわ♪

先週の「フレンズ」のロスとモニカの妙チキりんなダンスサイコーでした(笑い)。
きっと2人とも笑いながら練習したんだろうな〜などど思ってしまいました(笑い)。あれだけで
とっても馬鹿馬鹿しくって楽しくって、だからコメディーって好きです(はぁと)。
日本のドラマって対象年齢が20代位までってカンジなので、観るのはキツイものがあるのです…
あと1時間って長いんですね、私にとっては。海外ドラマだと俳優さんに関しても余計な情報が入ってきにくいので、ドラマの役のまま観ることができるので好きです★ 

kumiko(める)様:久しぶりにカキコに来たのに、暖かいレスありがとうございました(ペコリ)。「フレンズ」ってVのレンタルランキングも良かったのに、いまだに本が出版されていないのはとても残念です…。こちらのフレンズに関してのエッセイとても楽しみにしています♪
「マコレート」はみんなにブーイングされていましたね(笑い)。本当に「フレンズ」の女の子チームはみんな細いですね〜。TVであれだけ細いという事は…。考えるとチョット怖いですが(笑い)。私もロッテの「VIPチョコ」復活に狂喜して食べてる場合じゃないな〜と思いました(笑い)。これとバッカスチョコがあれば幸せ〜ってカンジです(笑い)。

どみ様:「アングラ劇団で踊る紫ふんどしの前田吟」!観ました〜(笑い)。ちゃんと放送されてました(笑い)。なんで大映ドラマって変なんでしょうね(笑い)。



ファンって恐ろしいもんだと・・・ 投稿者:ペコ  投稿日: 1月18日(木)07時44分16秒

>Kumiko様
おはようございます。UPLを貼ってくださってどうもありがとうございました。どのURLなのか忘れてしまったので、助かりました。ええ、それです!!!小さな写真だけど、ラッセル様の後姿だと直に分かりますね。

私事で恐縮ですが、これから、タイへ旅行に行きます。21日に帰国する予定です。では・・・


気分はもうアラスカ 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月18日(木)03時04分23秒

極点到達、白クマ、焼けぼっくいに火、と冬らしい(?)話題が続いてますね。だから、というわけではないのですが「ミステリー、アラスカ」の感想など書いてみました。

*どみさん

>焼けぼっくいに火がついたのか、単なる「今はいいお友達」なのか
ホリデーシーズンをメグと過ごさなかったことで「もう別れた」「メグが捨てられた」とゴシップ紙は騒いでますが、一緒に過ごさなかったのは単に、大晦日ウェディングの噂とかでマスコミが騒いだからじゃないの〜?…と、どうも最近私はマスコミ批判方向に傾いています。メグと別れたって噂には一度騙されているので、簡単には信じられないなあ。べつに別れて欲しいってわけでも、続いて欲しいってわけでもないのですが。

ダニエル・スペンサー嬢は、♪だにえーるだにえーる、Danny, I love you♪…と、全世界に発売されているアルバムで堂々と歌っちゃうぐらいだから、完全に「今はいいお友達」だと思ってましたが。ま、「恋人→別れて気まずい→時が経っていいお友達→焼けぼっくいに火がつく」というパターンもありうるか。ロスとレイチェルのように…(<ちがうかな?)

ありゃ、珍しくゴシップネタを追求してしまったわ。

*ペコさん
「インサイダー」、私は映画館では2回見ましたが、ペコさんは8回ですか。さすがだわ〜

ところで、ヨーロッパ版「ミステリー、アラスカ」のケースを確認しました。(下のリンクを、11/6までスクロールして下さい。)ひゃー、寒そう〜。ぶるぶる。

http://www.geocities.com/Hollywood/Cinema/1501/newsarchive.html


大スクリーンで8回目再会した 投稿者:ペコ  投稿日: 1月17日(水)00時52分21秒

>どみ様
今日、試写会「インサイダー」を観てきました。これで8回目になりました。

なるほどなるほど、分かりました。
ええ、友人は南極点到達まで、人間の我慢限界との戦いだったそうです。とても真似出来ません。
「ガイ」を演じたフランク・ウエイリーは「フィールド・オブ・ドリームス」にも出ましたよ。名優バート・ランカスターの若き日の選手役です。(似てねえ!)

>Kumiko様
ええ、知ってます。どみ様の書いたように、ラッセル様のそれぞれの役名や共演した俳優たちの役名もほとんどラッセル一族の名前だったそうですね。


白クマ博士と再会しましたかー? 投稿者:どみ  投稿日: 1月16日(火)20時29分51秒

家の近所のレンタルビデオ店に「インサイダー」がまだ並んでいませんでしたので、
仕方なく「シティ・オブ・エンジェル」のDVDを借りました。何故にメグちん主演作を…。

さっきショウビズを見ていたら、トム・ハンクスがNY批評家協会賞の主演男優賞を取った
いうニュースが流れてました。ううー、ラッセル惜しかったですね(彼がノミネートされて
いたかどうか知らないけど)。

◆ペコさん
いやー、シドの究極の目標って、なんとなく世界征服なのかな?という気がしたもので、
腐れ縁の身としては、万障繰り合わせて付いて行くべきなのかなーと思ったんですよ
(南極点到達……尊敬ですわ!)
「ザ・プロデューサー」の「ガイ」役の役者さんは、「パルプ・フィクション」では、
ケビスペの「交渉人」仲間ことサミュエル・L・ジャクソンに殺される若造の役でした。
とことん不幸な「ガイ」くんですね。

◆Kumikoさん

23日から放映の「Golden Globe Nominations」ですが、授賞式の録画ダイジェストだと思っ
ていたのですが、CSNムービーチャンネルのHPに「ノミネート作品の紹介」が主な内容
だと書いてありました。ちょっとがっかり。
確か23日にはもう結果が出ているはずですから、少しでも授賞式の様子が映るといいといい
のですが。
ゴシップ誌によると、ラッセルは年末年始に元カノのダニエル・スペンサーを招いてお食事
してたらしいですね。焼けぼっくいに火がついたのか、単なる「今はいいお友達」なのか
よくわかりませんが。ま、これもどうでも良いことですね。


2001年世界征服の旅 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月15日(月)23時03分55秒

*どみさん
ここ数日の東京の寒さにさえ根をあげているわたくしには極点到達など夢のまた夢ですが、そういう楽しそうな旅ならぜひ連れていって〜。コモ化粧品の「コモ・クリーム」でお肌を鍛えておけば怖いものなし(?)

>牛、馬、犬、虎などと戯れてばかりのラッセル(おまけに本人は熊だし)
そういえばシドは「熊度」が比較的低いかも。都会的ということでしょうか。「熊指数」が一番高いのは「ミステリー・アラスカ」のジョン・ビービイさんでしょうか。

*ペコさん
役名の縁といえば、ラッセルが歌まで捧げちゃった元彼女、ダニエル・スペンサーさんの「ザ・クロッシング」での役名は「メグ」でしたね。どうでも良いことですが。


ぜひに私を連れてって 投稿者:ペコ  投稿日: 1月15日(月)00時39分53秒

>どみ様
意味が分からないけど、「世界征服の旅」に私を連れてって・・・地の果てあろうと南極あろうと(私の友人の中の一人は本当に南極点到達しちゃったんです。)ついていけます!!!
凄いご記憶ですね。脱帽します。今DVD「ザ・プロデューサー」の解説を確認しました。
部下の名前は「ガイ」です。しかもその作品はLACの前の1995年に作られたものです。
縁がありますね。不思議〜!


コモちゃんもご愛用? 投稿者:どみ  投稿日: 1月14日(日)23時26分28秒

次回のフレンズは、モニカ&チャンvsジャニーンのケンカが見られるようですね。モニカとジャニーンって話が合いそうだと思っていたので意外でした。その根拠は、お互い趣味が女の子らしいという一点だけですが。
この前モニカの真似をして、ポプリをストッキングに詰めて引き出しに入れてみましたが、なかなかよろしいですね。
テリー・ガーは、「トッツィー」にも出ていましたね。ゴールディ・ホーンほど派手じゃないけど、いいコメディエンヌだなと思ってました。

◆ペコさん
何てすばらしい妹さんとお友達をお持ちなのでしょう!(感涙)
新年早々、マキシマスでもバドでもなく、よりによってシド6.7と腐れ縁になってしまった私は、二人でやけくその「世界征服の旅」に出ようかと思ってましたが、誘えば皆さんも仲間になって下さるかしら?
アキラはちまき締めてツアーを組んだら楽しそうですね。
「いいお尻ですね。」には勿論、「そう! そうなのよ!」ですが、
「都会派ですね。」に大ウケです。
確かに、普段は実生活でも映画でも牛、馬、犬、虎などと戯れてばかりのラッセル(おまけに本人は熊だし)にしては、珍しい都会派ムービーと言えないこともないかも>バーチュオ

◆Kumikoさん
ケビスペのいじめって壮絶そう〜、ぶるぶる。
「ザ・プロデューサー」という映画を見て以来、私の「上司になって欲しくない俳優」の栄えある第一位がケビスペです。あの映画でいじめられていたケビスペの部下の役名は確か「ガイ」だったような記憶が…。

>ほんとに、「For The Moment」と「Proof」と「Silver Stallion」は
>早く日本でもビデオ化されるといいですね!

まったくです。スケベオヤジ連盟(勝手に組織化)としては、あの頃のラッセルの若々しいセクシーさを、一人でも多くの方に知ってほしいですね。この3本は「ハマーアウト」と違って、クローズド・キャプション信号がちゃんと入っているけれど、やっぱり日本語字幕で見たいですし。
そういえば、若い頃のラッセルが出ていたオーストラリアのTVシリーズ「Brides of Christ」がビデオ化(海外の話ですが)されたみたいです。3本セットですがラッセルの出番は少なそうなので、今のところ購入する予定はありません。幻の珍作「Love in Limbo」がビデオ化されたら、即、amazonで注文しますが。

エステといえば、以前行ってたエステ(現在は金欠につきご無沙汰中)で、「コモ化粧品」(笑)という製品を使ってました。特に「コモ・クリーム」という、塗ったらくどい顔になりそうな名前の製品が優れモノで、今でもそれだけは買いに行ってます。


あら、お二人さまだけではありません! 投稿者:ペコ  投稿日: 1月14日(日)12時06分43秒

>Kumiko様
こんにちは!ジョーイの母親役の名前はブレンダ・バッカロというだったか、知りませんでした。小さい時に台湾で両親に連れられて「エアポート’77」を観に行きました。中国語なので、女優の名前が分からなかったんです。まあ、ほんと!続々のゲストが楽しみですね。

スケベオヤジはお二人様だけではありません。私もです。ラッセル・クロウのファンになってから、ますます下品になりつつあります。魅力的で個性的な美しい肉体の持ち主であるラッセル様のせいです!もともとあまり気乗りしなかった妹は「グラディエーター」を観て「スパルタカス」の方がずっと良かったなあと冷たく言ったくせに、「パーチュオシティ」の再生中に昼寝中の妹を無理やり起こしたら、たまたまにオールヌードのシド6.7.の後ろ姿を観て惚れてしまい、結局7回も「グラディエーター」を観に行ってしまったんです。実は妹は尻フェチなので、美尻であるラッセル様に魅せられてしまいました。入手できた「ミステリー,アラスカ」のポスターを私に譲ろうとしない妹なんです。(ちづやん様のサイトの常連のりる様の話によりますと、ヨーロッパ版「ミステリー,アラスカ」のビデオケースには選手たちのヌードの後姿が載せているそうですね。)


いいエステ知らない? 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月13日(土)23時05分26秒

*どみさん
ガイ姐さんにいじめられるドラッグクイーンラッセル、という図を想像したら、ぜひケビスペ姐さんにも参加してほしくなりました。「プリシラ」とは離れちゃうけど…

ほんとに、「For The Moment」と「Proof」と「Silver Stallion」は早く日本でもビデオ化されるといいですね!今のラッセルが劣るというわけではないけど、本当にこの頃のラッセルは脱ぎっぷりの良さといい肌のきれいさといい…いかんいかん、二人でスケベオヤジ化しているわ。反省。

*ペコさん
>「いいお尻ですね。」「都会派ですね。」「肌が綺麗ですね。」「可愛いね」「かっこいいですね。ハイセンスだわ」

ペコさんたら、なんて趣味のいいお友達をお持ちなんでしょう。シドもさぞ喜んでいるでしょう。シド様はハイセンスですって。ハイセンスすぎて常人には理解できないだけで…

ペコさんはERもお好きなんですね。私も第1シーズンからのファンなんですが、最近NHKの放送には追いつけてなくて。月曜の夜という放送時間がなあ〜。この際、一気にDVD買おうか、と思ってます。

ヘレン・ハントはERドクターズと同じく、「Mad About You」という他のコメディ番組からのゲスト出演です。(こちらは役名も同じ。)「Mad About You」にはリサ・クドローがアースラというウェイトレス役で出演していたので、それは「フレンズ」のフィービーとは双子、という設定にしたようです(笑)。そういえば、ヘレンがスピード離婚したハンク・アザレア、フィービーの恋人「科学者のデビッド」役で出てましたね。「ミステリー・アラスカ」の役とはまるで違う可愛い感じで、最初全然気づきませんでした。

ジョーイのママ役はブレンダ・バッカロですね。セクシーな女優さんというイメージがあったので、あの変わりようにはびっくり。ジョーイは「おれのママも若い時はセクシーだったんだ」とロスに言ってましたが、事実なんですよね。フレンズには70年代映画好きななら思わずにやりとするようなゲストが目白押しです。「MASH」のエリオット・グールド(モニカパパ)とか、前に話題に出た「戦メリ」のロレンスさんとか…第3シーズンの終わりにテリー・ガー(「未知との遭遇」「ヤング・フランケンシュタイン」の)が出てきてびっくりしました。(昔、兄がファンだったもので)彼女も随分変わっていました。

人間誰しも年をとるのですね。はあぁ…スケベオヤジ化してないでお肌の手入れでもした方がいいかも…(また反省)


きゃああ!ERレギュラーが出た 投稿者:ペコ  投稿日: 1月13日(土)08時22分10秒

>Kumiko様
おはようございます。
遅まきながら、買い置きがあったDVD「フレンズ」の続きを観ました。
有名な俳優がゲストとして出ると言う事は知ってたけど、まさかERのレギュラーでその役柄がそのままに出るなんて感激してしまいました。ジョーイの母親役はあの「エアポート’77」に出演した美人スッチー役だったんですね。ずいぶん容貌が変わりましたね。ヘレン・ハントも。
回数を重なって見て内にだんだんモニカが可愛くなってきてますます好きになりました。
誰よりも努力しているのに認められてくれる人があまりいなくて、それが切なくて・・・自分の唯一味方だと思っていた兄ロスの本音は出来の悪い妹だとなんて、酷いです。あのロジャーがやっと観られて爆笑してしまいました!もっともっとまた出て欲しいと思いました。


皆様へ お久しぶりですね。 投稿者:ペコ  投稿日: 1月12日(金)06時12分34秒

続々懐かしき方々が来ていらして、さぞ、Kumiko様が大喜びでしょう・・・

ちづやん様やdaifuku様のサイトに書きましたので、もうご存知かと思いますが、
私はソニービルのウインドーに飾ってあるグラディエーターのマキシマス(コモドゥスとの最後の死闘シーンの)とクイントゥス(これは私にとってはどうでもいい存在)の鎧を拝観に3日間連続通ってしまいました。(展示は1月21日までだそうです。)撮影までやりました。

>どみ様
私ももうにわかグラファンがこれで直に離れてしまうだろうと覚悟の上に友人たちに「バーチュオシティ」の放送予定のメールを送りましたら、「いいお尻ですね。」「都会派ですね。」「肌が綺麗ですね。」「可愛いね」「かっこいいですね。ハイセンスだわ」(えっ!嘘おおおおお、エメラルドグリーンスーツがいいの???そうか、にわかグラファンといえば、「グラディエーター」の古代ローマ帝国時代のチュニック姿のマキシマスや「インサイダー」の重量級ワイガンド博士しか知らないんだ・・・)と案外の反響に驚きました。


目黒シネマの「グラ」は明日までの上映です 投稿者:どみ  投稿日: 1月11日(木)23時59分19秒

21世紀の初ビデオは「バーチュオシティ」になってしまいましたが、初劇場鑑賞作品は重厚なのにしよう!と思い立ち、本日半休を取って目黒シネマに「グラディエーター」を見に行ってきました。
「久々に映画館のスクリーンでマキシマスに会えるんだわ」と思ったら、ドキドキしちゃって、映画鑑賞前の昼御飯もろくに喉を通りませんでした。
こんな純な気持ちが自分の心に残っていたなんて、なんだか新鮮ですわ(<勝手に一人でほざいてろって感じですね)。いつもの目黒シネマに比べたら、そこそこ混んでいたかな。

◆Kumikoさん
そういえば「プリシラ」は94年の作品でしたっけ。おー、ジェフくんとラクランくん! 二人ともとても性格のいいキャラですが、あの感じのままドラッグクイーンになってしまったら、道中、海千山千のテレンス姐さんや、小悪魔ガイ姐さんにいじめられそうで心配です。でも、なんとなくヒューゴ姐さんはかばってくれそう。 あの時期のラッセル、私めちゃくちゃ好きなんですよ。顔はまだまだあどけなさを残しつつ、体型のむちむち度が増してきた頃ですよね。しかも脚のラインは綺麗! もうたまりませんわ! 
はっ、「顔はかわいく身体はむちむちが好き」って、若いネーチャンを品定めするスケベオヤジと変わらないかも。ちょっとだけ反省。
ラクランくんの「For the Moment」は、なかなか日本でビデオ化されませんね。ラッセル以外に日本で知られている役者が出ていないのがまずいのかな。お話自体は「スポッツウッド・クラブ」よりも日本人受けしそうだと思うんですが。

◆ペコさん
さすがペコさん、20世紀の締めと21世紀のお初作品は堂々たるラインナップですね。
「ザ・ウォッチャー」と「ペイ・フォワード」も上映されたのですか。素敵な21世紀の幕開けでしたね。
いえ、たとえ「バーチュオシティ」が21世紀最初の鑑賞作品になってしまっても、私はまだいいんですよ。一応ラッセルファンですから。ううう〜(<と言いつつなぜか泣いてる)
実はあの書き込みをした後に、ラッセルファンでも何でもない友人から「お正月に、あなたがすすめてくれた『バーチュオシティ』のビデオ見たよー。マキシマスと同一人物とは思えないね」という内容のメールが届いたんです。彼女はそれなりに楽しんだようですが、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱいになったのでした。
「プリシラ」はDVD化されているのですね。ショップで探してみますー。

◆あずきさん
ラッセル、あの当時は「俺は女装もいけるぜー。」という自信があったようですね。負けず嫌いもそこまでいくと立派です。
ホームシアターいいですね! 私もせめてDVD回りの音響だけはもう少し充実させたいのですが、知識が「リア・スピーカーって何?」というレベルなので、まだまだホームシアターへの道のりは遠そうです。

◆紅弥さん
今年のフレンズのカレンダーは壁掛けも卓上もハズレなのでしょうか。レンタルショップに置かれていたフレンズのカタログチラシの写真は結構きれいでしたから、手作りカレンダーのほうが断然よさそうですね。
私はお正月に「TV探偵団」SPを録画するつもりがすっかり忘れていました。ごらんになってしまったのですね。宇津井健の華麗なるバレエステップを…。宇津井健バレエ、近藤正臣の足ピアノ(「柔道一直線」)は、もはや伝説ですが、私の中でその二つと並ぶ衝撃度を誇るのが「アングラ劇場で踊る紫ふんどしの前田吟」です。確かその番組も「赤い激突」でした。


賞シーズン本格化 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月10日(水)23時05分17秒

…と、いうことでカレンダー更新しました。(どみさん、情報ありがとう!)

*vivi_malkoさん
おめでとうございます〜今年もよろしく!

>ラッセル ケビン ラッセルラッセル ケビンケビン ラッセルラッセルラッセル ケビンケビンケビン・・・・・・
人を陶酔へと誘う危険な呪文(?)ですね。でも、「メグメグ ヘレンヘレン・・・」と唱えると、たちどころに陶酔は醒めますのでご安心を(笑)。

そういえば、「プルーフ・オブ・ライフ」と「ペイ・フォワード」は「共演女優と噂に」つながりですね。ラッセルとメグのことはもはや否定してもしょうがないけど、ケビスペとヘレン・ハントのことはいまだに信じられない私です。

*ローズさん
お休み前の30分に将軍様とデート、いいですね。でも30分で止められずについ夜を明かしてしまったりして・・・

「好きこそものの上手なれ」で、英語は自分の好きなもので勉強するのが一番ですね。えっ、ラッセルに会ったら??英語であろうと日本語であろうと、緊張してとても声なんかかけられませんって。気が小さいんです。本当です。

*ちのさん
あけましておめでとうございます。昨年中はいろいろと楽しい書込みをありがとうございました。「ターニング・ラブ」のページのことでもたいへんお世話になりました。今年もどうぞよろしく!


(無題) 投稿者:ちの  投稿日: 1月10日(水)13時35分13秒

皆様あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致しまーす!
ご挨拶が遅くなってしまって申し訳ありません。

またゆっくり来ま〜す!


英会話、上達するかしら? 投稿者:ローズ  投稿日: 1月 9日(火)22時46分19秒

東京で、6回目の「グラ」を観てからというもの、すっかりDVDづけになってしまいました。いつもパソコンの小さな画面なんですが、これがまたいいんです!おやすみ前の30分は「グラ」タイムです。(笑)
最近セリフはほとんど覚えてしまったので、音声も字幕も英語にしています。こうすると何か英語圏に突入という気がして、(笑)すっごくよいですぅ。
「With all my heart,no 謹んで辞退を」「I will always serve Rome 私はローマの僕です」なんてとっても素敵! もし、ラッセルクロウにニューヨークなんかでばったり会うなんて夢のようなことがおきた時、「Russell! I will always serve you!」なーんて言っちゃったら、、、そりゃやっぱりまずいですよね。(笑)
英語が達者なKumiko様だったら、なんて声かけるんでしょう。

先日「逃走遊戯」を観た友人が、この映画をべた誉めで、、、、。(ちなみに彼女は、クロウの映画の中で「ターニング・ラヴ」が一番のお気に入りと言う変わり者です)ホントに人の好みは様々でおもしろいです。


今年もよろしくお願い致します♪ 投稿者:vivi_malko  投稿日: 1月 9日(火)10時45分16秒

遅くなりましたが・・・。

明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願い致します。

先日、映画館の前を通りかかると
「プルーフ・オブ・ライフ」のポスターが貼ってありました。
そしてその横には「ペイ・フォワード」のポスターが。。。うっ、うれしい〜〜!!

・・・・というわけで、私の頭の中は

ラッセル ケビン ラッセルラッセル ケビンケビン ラッセルラッセルラッセル ケビンケビンケビン・・・・・・といったカンジです。(笑)


モエシアより愛をこめて(謎) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月 8日(月)23時31分42秒

昨夜東京に雪が降ってきたので…というわけではないのですが、壁紙を変えてみました。

>ペコさん
21世紀を「2001年宇宙の旅」と「スパルタカス」でスタートさせるなんて、さすが
はペコさんですね!(なぜかは深くつっこまないで下さい。)「三人のエンジェル」は
ウェズリー・スナイプスとパトリック・スウェイジの女装でしたっけ。…ある意味、ラッセル
の女装に匹敵するものがあると思います。

>じゅうばこさん
お久しぶりです!今年もどうぞよろしくお願いします。私も事情があって年賀状ならぬ寒中
見舞いを今日書き終えたところ。ふ〜

>あずきさん
東京の雪はちょこっと積もっただけですぐに消えてしまいそうです。なんだかものたりない…
なんて言ったら雪かきに苦労されている豪雪地帯の方には怒られてしまいますが。
おお、憧れのホームシアター!私はホームシアター買うお金はあっても置く場所が…しくしく。
でも、実家のTVはけっこう音が良いので、正月休みはDVD堪能できました。

>紅弥さん
お久しぶりです!いらしていただいて嬉しいです〜♪今年もよろしくお願いします!
フレンズのカレンダー、DVDの特典でデスクカレンダーをもらったのですが、写真は
表紙にしか載っていないのですよね。これでは1年間表紙をめくることはなく、それでは
カレンダーの意味をなさないのでは…ということで、会社で使うのは断念しました。

私もTV雑誌のフレンズの小さい写真をコラージュ(?)にしてトイレに飾っていたこと
がありました。まったく、何をしているのやら(笑)。

どみさん家の物置はすでに「どらエモン4次元ポケット」と私が命名済みです。(どみさん、
勝手にすみません。)また蔵出しお宝を期待しましょう。

今日はお久の方が来て下さってとても嬉しいですう〜。
今年もどうぞよろしくお願いします。