Kumiko's Home BBS 過去ログ 12

戻る


「フレンズ」マウスパッドが届いたよー! 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月27日(火)23時18分52秒

「フレンズ」第1シーズンDVD特典のマウスパッドが届きました!この写真は、ロスの髪型から見て第5シーズンのはじめ頃かな?みんなゴージャス!6人の顔の上でマウスをすりすりするのが惜しくて、まだ袋に入れたまま…

>紅弥さん
「フレンズ」は第3シーズン頃までは放送時間が定まってなくて、(「メガヒット劇場終了後」なので、その日の映画の長さによってちがう)毎回プログラムガイドをよーくチェックした上で録画していたものです。最近は基本的な放送時間が定まっているのに変更が多いのでかえって注意が必要ですよね。粗末な扱いとまでは言わないけど、時間は定まっていた方がありがたいです。

「フレンズ」のアメリカでの放送はなんだかんだで休止だったり、再放送の週が多いそうなので、日本での放送を必ず毎週やると話が早く進みすぎるのかも。

「ザッツ・ダンシング」はレンタルビデオで見ました。一時フレッド・アステアにはまってビデオで見られる限りの映画を見まくったことがありましたが、あんまりV出てないですよね。「ザッツ・エンタテイメント」と「ザッツ・ダンシング」はDVD化してほしいです!コレクターズBOXかなんかで。絶対買うわ!どこでだったか忘れましたが、ジーン・ケリーがアステアについて「ダンスをしている人間でアステアに感謝しないのは馬鹿だけだ」というようなことを言っていたような…アステアは体格的には恵まれているとは言えないのに、あのエレガンスには惹かれてしまいます。アステアの全盛期の作品の多くはMGMじゃないので、「ザッツ…」には入ってないのです。これもDVDコレクターズボックスにして欲しいー!(でもこういう願望が全部実現したら、私は破産かも…)

>エイジ&まゆさん
カウント「8888」ゲットおめでとうございます!何も出ませんが(ごめんねー)末広がりでおめでたいので、何かいいことがあるかも(笑)。そういえば今迄キリ番って気にしたことなかったけど、一万アクセスもうすぐですね。うーん、何かやろうか、どうしようか…

「フレンズ」第3シーズンDVDは私も待ち望んでおります。第1、第2の売れ行きから見て、きっと出るのでは?気長に待ちましょう!

>どみさん
たいへん遅ればせながら、「ゴールデングローブ・プレショー」のラッセル見ました〜!うーむ、写真で見た時より、ずっとステキに見えたような。なぜだかわからないけど、静止画像だと魅力が伝わりにくい人なんですよね。やっぱり生がいいわん。


カウントゲット! 投稿者:エイジ&まゆ  投稿日: 2月26日(月)01時40分38秒

はじめまして。初めて訪れてカウント8888ゲットしてしまいました!
フレンズはDVDで見てます。もう最高にはまってしまいました!
セカンドシーズンまでは見ましたが、サードシーズンは発売の予定も決まってないみたいですね。
早く続きが見た〜〜〜い!!

http://www04.u-page.so-net.ne.jp/rd5/eiji-tak/di-disney/


エンジェルの壁紙がベリ・キュート♪ 投稿者:紅弥  投稿日: 2月25日(日)15時04分48秒

kumiko(める)様&みなさん、こんにちは〜♪

先週は「フレンズ」がお休みだったので、残念でした(シクシク←嘘泣き/笑い)ところで、前から思っていたのですが、Wowowって何年も「フレンズ」を放送しているのに、もう少し力(リキ)いれてくれてもいいのに〜て思います。酷いときなんか放送時間が定まっていない時もありましたよね…。月の放送予定誌の表紙になったこともないし、何か、イマイチ粗末な扱いのような気がするのは私だけでしょうか?

kumiko(める)様:「ザッツ〜」のアステアとエレノア・パウエルの「ビギン〜」はロマンティックで楽しくて大好きです(はぁと)若いエレノア・パウエルの的確でテキパキとしたダンスは、人柄もサッパリとした人だったのでは?と思えて好感が持てますし、対する年長者のアステアはダンスシーンで身体がふらついたりするのですが、このときはもうすでに、それすら魅力として見せてしまうほどのキャリアと実績には脱帽です。「ザッツ・ダンシング」ではエレノア・パウエルの凄まじいダンス・シーンを観る事ができます。このVもあまりにも酷使したので(笑い)「ダンシング」はVでも見かけないのでDVDでリリースされる事を切望しております♪

エレノア・パルエルは若い頃器械体操をやっていたそうです。時代もジャンルも違いますがバレエダンサーのギエム(でしたっけ?/笑い)も器械体操をしていたそうで、テキパキとしたメリハリのきいたダンスが、エレノア・パウエルを彷彿させて納得!でした。

「アステア」の小林信彦さんの帯びの文章が素晴らしいのでちょっと紹介〜「たとえば、ミッキー・マウスの名が[まんがのねずみ]だけを意味するのではないように、また、チャップリンの名が[一人のコメディアン]を意味するだけではないように、フレッド・アステアの名もまた、[有名なダンサー]というだけではすまされない大きなものを含んでいる」
昔、本屋でこの文章を読んだ瞬間、泣きそうになった事があります(若かったので、多感だったのです/笑い)

どみ様:ナンシーさんって白竜ファン?と思ったきっかけは角川文庫にもなった「なにもそこまで」での「徹子の部屋」についてのコラムでした。「スキャンダル」についての白竜の文も熱く語ってる訳ではないのですが、私の中ではナンシーさんは白竜ファンということになっております(笑い)きっと、白竜のライブ会場に紫のバラが届く日も近い事でしょう(まさか/笑い)
今回ナンシーさんの本を探したのですが、最近の本屋ってメチャ!回転が早いですよね…。
「スキャンダル」の文章がドコに載っていたのか突き止めることが出来ず、ちょっと悔しかったです。まるで、愛人宅に乗り込んでいく美人妻のような心境で本屋に行ったのですが、ガッカリでした(笑い)どみさんも小林信彦さんがお好きなのですね♪私は小林さんのエッセイで身体の不調を嘆く文章を読むと、ドキドキしてしまいます(笑い)爆笑問題との対談本も良かったです。爆笑の太田君がとっても文章力があるのには、ビックリしました(笑い)


魔のCATV 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月25日(日)00時26分50秒

>どみさん
どみさんのCATVのガイドは親切ですね〜。私のガイドのCSN1のページは「Movie Talk」の内容は載っていないのですよー。CATVを入れてから、チェックしなければならないものが多すぎて、うれしいような、たいへんなような。見逃しているものも多いです。「マイアミ・バイス」も当初は大喜びで録画してたけど、忘れることも多くて。でもラッセルのファンになってからCATVをフル活用するようになりましたわ。私は賃貸生活で引越し魔(?)なのですが、また引っ越したらCATVなくなってしまうかも。BSは必須なんですが、CSまではちょっとためらってしまって。このままではCATVに縛られて引っ越せないというおそろしいことに…

そう、その「頭にキス」の写真、私も覚えております。どこで見たんだったか…うーん、ちゃんと保存しておけばよかった(じたばた)


さすがだわCSNムービーチャンネル 投稿者:どみ  投稿日: 2月23日(金)23時34分53秒

こんばんはー。ケーブルテレビのプログラム、やっと見つかりました。
CSNムービーチャンネルでは、ゴールデングローブ賞特集番組の他に、MOVIE TALKという番組で「プルーフ・オブ・ライフ」特集があるようです。主にメグちんのインタビューで構成されているようですが、きっと映画の場面も出ると思います。
2月23日(30時)、24日(30時)、25日(29時45分)、26日(30時)、27日(29時30分)、28日(30時)です。
30時って何よ? なんなのよ?とビビリましたけど、朝の6時のことですね。指折って数えちゃったわ。23日30時はこれから数時間後ですね。
CSNムービーチャンネルといえば、今、木曜と金曜の深夜にマイアミバイスが放映されているのですね。Kumikoさんご存じでした? 海外ドラマといえばスーパーチャンネルと思いこんでたので、CSNムービーチャンネルは盲点でした。

かなり前に、どこかのサイトで、「インサイダー」のラッセルの次女役の女の子、ハリー・ケイト・アイゼンバーグちゃんが、スキンヘッドラッセルの頭にぶちゅーっとキスしてるかわいい写真を見たのですが、今になって探そうとしても全然見つかりません。Maximum Russell Croweにも載ってないようでした。同じスキンヘッドでも「ネオナチの刻印」とはえらい違いですね。


いつも心にマルコビッチ(意味不明) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月22日(木)23時01分31秒

壁紙は、天使にしてみました。別段意味はないんですが、かわいかったので。

*ペコさん
仕事帰りにおなじみの店に行って「インサイダー」と「フレンズ」DVDを買ってきました!まだ「インサイダー」の特典映像のメイキングしか観てないけど、インタビューのラッセルかわいいですね♪ラッセルは薄毛のカツラをかぶるために剃髪しちゃったっていうから、きっとあのキャップの下は坊主なのね。脱いで欲しかったわ。(←意味もなくボールド強調体)

*どみさん
おお、「ゴールデングローブ・プレ・ショー」にもあのビッチな親娘(失礼!)が出てましたか。これはチェックですね。遅ればせながら「カレンダー」に載せました。ありがとうございます。

まんまる頭のチャーリー・ブラウン…うん、なんとなく理解(笑)。

>どうして私の心の片隅に位置するマルコビッチの存在に気付かれたのかしら?
どみさんの心の真ん中にはシド6.7、片隅にはバッハカツラのマルコビさんがいるのですね。すごいメンツだわ。マルコビッチはいつまでも片隅でおとなしくしているタマとも思えませんので、そのうち暴れ出すかも。ご注意あそばせ。

壁紙とは裏腹に少々お下品モードで失礼しました。


あらあら! 投稿者:ペコ  投稿日: 2月22日(木)00時29分54秒

間違えました。題名「明後日フレンズ入荷日ですね」→「明日フレンズ入荷日ですね」です。
失礼致しました。どうやら慌てて書き込んでしまいました。

>どみ様
お久しぶりですね!ええ、私も財布の方も悲鳴が上げております。
「プルーフ・オブ・ライフ」小説を保存用と読書用に2つ分けて買ってしまいました。ああ、また無駄使いしてしまって・・・


時間がほしい〜 投稿者:どみ  投稿日: 2月21日(水)23時56分58秒

CSNムービーチャンネルの「ゴールデングローブ・プレ・ショー」という、例のファッションチェック母娘が出ている番組にちょこっとラッセルが映ってました! アンドレ・ブラウアーもちょっと出てたので感激倍増でした。まだ再放送があると思いますが、今、番組表がどこかに紛れて見あたらないので、興味のある方はYAHOOなどで検索してCSNムービーチャンネルのHPで番組表をチェックして下さい。ラッセルの登場シーンは後半です。

☆Kumikoさん
はっ、どうして私の心の片隅に位置するマルコビッチの存在に気付かれたのかしら? Kumikoさんってもしかしてエスパー?(←古すぎ)。「危険な関係」のマルコさんは、白塗りだったか頬紅だったか、なにかメイクをしてましたよね。あのメイク顔のラッセル……強烈かも。
☆ペコさん
私もインサイダーDVD買いました。でもまだじっくり見る時間がないので、メイキングと、なぜか「ししゃもと天ぷら」シーンだけ見ました。メイキングに出てきたラッセル、かわいかったですね。体型はワイガンド博士のままだけど、キャップをかぶったらなんだかチャーリー・ブラウンみたいに見えると思ったのは私だけ?……だろうな…。フレンズDVDももうすぐ発売ですか。嬉しい悲鳴が止まりませんが、お財布の方も悲鳴をあげてますわ、とほほ。


明後日フレンズ入荷日ですね 投稿者:ペコ  投稿日: 2月21日(水)05時54分32秒

>Kumiko様
おはようございます。壁紙を変えましたね。可愛いです!!昨夜、入荷されたDVD「インサイダー」を堪能しました。美味しい特典映像つきですので、ファンなら必見だと思います。
いよいよ明日「フレンズ」セカンドシーズン2DVDの入荷日ですね。わくわくしております。


ビヨンド・マイ・コントロール… 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月16日(金)23時43分24秒

*紅弥さん

いやー、昨日の「フレンズ」は面白かったですね!久々にドクター・ドレイク・ラモレーのクサい芝居が見られたのも感涙モノでした。「トリビアーニ氏と呼びたまえ」的なシーンもありましたね(笑)。でも売れっ子俳優になっても、やっぱりジョーイはいいヤツでよかったです。女ぐせの方も相変わらずで、きっとどんな環境におかれてもあんまり変わらない人なんでしょうね。一方でフィービーの変りっぷりはお見事です。喋り方がアースラになってるし(笑)。

あっ、私も「ザッツ・エンタテインメント」大好きです!フレッド・アステアとエリナー・パウエルが「ビギン・ザ・ビギン」でタップダンスするところが特に好きで、何回も何回もビデオ巻き戻して観てました。私の「ザッツ・エンタテインメント」のビデオはVHSですが、うちも最初に買ったデッキはベータだったんですよね(涙)。「マイアミ・バイス」の、日本で放映された分は全て録画してあったんですけど…ベータで。しくしく…

*どみさん

>もちろん白orパツキンのバッハタイプのヅラ必須。それから19世紀英国の文芸ものなんかもいいですね。

ひょっとして「危険な関係」のマルコビッチをイメージしてますね?あのヅラは強烈でしたね。ラッセルにあのカッコですか?うーーむう…

スーザン・サランドンとジャック・レモンが婚約している役の「フロント・ページ」ですが、当時はスーザンはチョイ役あつかいであんまり出てきませんでした。スーザンは40越えてから本格的に売れ出した希有な女優ですね。「フロント・ページ」はむちゃくちゃ面白いです。えー簡単に言うと、ウォルター・マッソーがスーザンからジャック・レモンをあの手この手で奪い返す話(笑)。今回のWOWOWの特集に入ってないのが残念ですが。


小林信彦さんも好きです 投稿者:どみ  投稿日: 2月15日(木)22時35分06秒

☆Kumikoさん

>やっぱりどみさんとシドは運命の赤い糸で結ばれているのですねー(え、うれしくない?)
赤い糸ならまだいいんですけど、シドの青い体液にネバネバとからめ取られている気がする今日この頃なんです(なんか汚いわ)。

ぷぷっ、「オーストラリアン・カサノヴァ」。ヘルシーなんだか退廃的なんだかわからない語感がラッセルらしくてほほえましいですね。
ラッセル出演の歴史物映画は今のところ「グラディエーター」だけでしたっけ。強いて言えば開拓時代の「ハマーアウト」もその範疇に入るかもしれませんが。ルネッサンス期のイタリアとか、17、18世紀のおフランス宮廷が舞台の、愛欲に溺れるプレイボーイ・ラッセルの映画を一度見てみたいです。もちろん白orパツキンのバッハタイプのヅラ必須。それから19世紀英国の文芸ものなんかもいいですね。彼にはクイーンズ・イングリッシュなんてお茶の子さいさいでしょうから。

そうそう、「ホイト」はジョーイの発案でしたね。それを受けてモニカが「プールから上がってきた子どもたちを、ホイトがバスタオルで包みこむの」みたいな台詞を言ってたのでしたっけ? なぜかそこでウルウルきてしまった私でした。

>え、どみさんは「マイアミ・バイス」が打ち切られた時電話で抗議したのですか?
いえ、私が12チャンに抗議電話というか哀願電話したのは「SOAP」の打ち切りの件なのです。あの頃は「マイアミ・バイス」は円満に放映されているとばかり思ってました。おまけにその数年後、テレビ朝日での深夜の「SOAP」再放送の時も再度電話したのでした。

☆紅弥さん
ナンシーさんの白竜評は「テレビ消灯時間」に載っていたのですか。確か週刊文春連載のコラムでしたね。「スキャンダル」放映時の頃は既に白竜ファンだった私。確か当時は文春も毎週買っていたはずなのになぜか記憶にありません。不覚です。でも「テレビ消灯時間」は単行本になってますから、今度書店で調べてみます。情報サンクスです。
スーザン・サランドンとジャック・レモンが恋人同士という設定の映画があるのですね。全然思いつかない組み合わせですが、聞いてしまったら絶対見たくなる組み合わせでもあります。


トリビアーニ氏と呼びたまえ、ビングくん(ニヤニヤ)。 投稿者:紅弥  投稿日: 2月14日(水)18時59分15秒

kumiko(める)様&みなさん、こんばんは〜♪

今日はバレンタインデーでしたね♪うちの職場ば男が少ないのと、そういう事に疎いみたいで義理チョコをあげずにすみました(倹約×2/笑い)もちろんシッカリと「ゴディバ」のチョコは買いました(当然/笑い)。とっても、美味しかったです(って、自分で食べたんかい!/笑い)。

いきなりな「題名」が分かりづらかったかもしれませんが(笑い)、明日の「フレンズ」では売れないギャグライターのチャンは、人気俳優のジョーイのアシスタントになるそうです(笑い)テレビガイドの番組予告を見て、一人「題名」のような会話があったら〜と萌えておりました(笑い)
あっ!でもこれってネタバレですよね。もし、まずかったら削除して下さいませ★

kumiko(める)様:「ザッツエンターテイメント」を知ったのも和田誠さんの本でした。何年もの間、ハマリ続けて「ザッツ〜」の1、2のV(当時はβでした/笑い)を観過ぎてオシャカにした前科(笑い)があります。小林信彦さんのエッセイ(ショービズモノ)は新刊が出ると買います。双葉さんは、小林さんをはじめとして玄人の方が評価なさってる印象があります。私も映画評の本を読まなくてはと思ってはいるのですが、なかなか(笑い)
連休開けの仕事はキツイですよね…今週も今日のヤマを越えればチョットは楽だと思いますので、お互いに頑張りましょう(笑い)。

今回のバレンタインの壁紙、ステキでした♪kumiko(める)さんはいつも読みやすい壁紙にしてくださるので助かっています(はぁと)


似合わんか。(笑)  投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月13日(火)23時39分00秒

>ペコさん
やっぱり似合いませんか…(笑)。そうですよね、「オーストラリアン・カサノヴァ」というたびに吹き出してしまいそうだもんなあ。(<自分で言い出しておいて…)

さんざん浮名を流した挙げ句、結婚したら妻一筋っていうのが、一番カッコいいと思いますが、ラッセルにはそうなって欲しいような、欲しくないような…複雑なファン心。

オスカーノミネートが出そろって、もう今からわくわくしてきました。スティーブ・マーティンはどういう手を出してくるのでしょうか?ラッセルの笑顔は見られるのか?(<受賞するかどうかではなく、文字どおりの意味で)「ゴールデングローブ」と「アカデミー」の「ワースト・ドレッサー」二冠制覇なるか??(<冗談よ。)

あ、下の「グラ」のノミネート、「衣装デザイン賞」が抜けてました。


今ちょっと混雑中かもしれないけど… 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月13日(火)23時04分42秒

オスカーノミネートは↓のリンクへどうぞ。

「グラディエーター」は、作品賞、主演男優賞、助演男優賞(ホアキン君)、作曲賞、美術賞、撮影賞、音響賞、監督賞、視覚効果賞、脚本賞、編集賞…えーっと、これで全部かな?…に、ノミネートされています!

http://www.oscar.com/nominees/nominees_home.html


似合わんです。 投稿者:ペコ  投稿日: 2月13日(火)22時49分23秒

>Kumiko様
今晩は!今ごろアカデミー賞ノミネート発表ですね。

「オーストラリアン・カサノヴァ」なんて似合わんです!ラッセル様はどう見てもやっぱり牛とか馬とか犬とか熊とか労働者風とかダサいかっこうとか芋っぽいイメージしか思い浮かばなくて・・・
ごめんなさい。それにしても酷いあだ名ばかりなのですね。
「ハリウッド一色男」とも呼ばれるようですね。うちの父はラッセル・クロウだけはいつまでも結婚しないでプレイボーイの名が欲しいままに過ごしてほしいだって。(父の名誉の為に言いときますが、こういう気(け)はありません。ラッセルを可愛く思っているだけだそうです。)


おめでとう! 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月13日(火)22時47分36秒

作品賞、主演男優賞、ノミネートされましたね!とりあえずはおめでとう!
詳しくは後程…(興奮気味)


さー明日からまた仕事だ!(タメイキ) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月13日(火)00時11分08秒

>どみさん
*シド
やっぱりどみさんとシドは運命の赤い糸で結ばれているのですねー(え、うれしくない?)

*「ホイト」
ジョーイが語ったモニカの理想のダンナ「ホイト」は金髪でスイマー体型でしたね。チャンドラーとはずいぶん違うタイプですが。

*マイアミ・バイス&SOAP
え、どみさんは「マイアミ・バイス」が打ち切られた時電話で抗議したのですか?私など「日本唯一のファン」を自認していたわりにそれはしませんでした…今更ながら、自分の小心さがうらめしい。「SOAP」は2年前にスパチャンでやっていたのですねー。そのころはまだCATV入れてなかったから…残念。またやってくれないかな?ビリーがオスカーの司会をしないのはホント残念ですね。やっぱり毎年はきついんだろうなあ。ノミネートは、されますよ。絶対。

*声の悪いプレイボーイはいない
そういえば、私が個人的に「世界で2番目にセクシーな声の持ち主」だと思っているリーアム・ニーソン氏もかつてはいろんな大物女優と浮き名を流して「アイリッシュ・カサノヴァ」なんて呼ばれてましたね。ナスターシャ・リチャードソンと結婚してからは真面目にやってるみたいですが…しかし、「アイリッシュ・カサノヴァ」って呼び方はカッコイイですよね。かたや「狂気の女たらし」…この差は何(笑)?せめて「オーストラリアン・カサノヴァ」とか呼んで欲しいわ〜(似合わんか。)

>紅弥さん
今週の「フレンズ」は「もしかしたらこうだったかもしれなかった話」ですね!とても面白そうで楽しみです。デブモニカも見物ですが、「売れっ子昼メロ俳優ジョーイ」と「結婚生活の不満を空手にぶつけるロス」が楽しみ♪

ケビンの旦那ってゲイに見えます?フィービー・ケイツとの結婚はもしかしたら…(笑)「イン&アウト」は「フィラデルフィア」でオスカーを取ったときのトム・ハンクスのスピーチがネタ元だそうですが、ケビンは「リチャード」ことトム・セレックとお似合いでしたよね(笑)。

そうそう、私もビリー・ワイルダーの映画を見始めたのは和田誠さんの影響でした。映画に関して影響を受けたのは和田誠さん、小林信彦さん、双葉十三郎先生の3人かなあ。

>ゆみさん
初めて歌うラッセルを見ました♪きゃ〜
ニューアルバム、プレオーダーしてあるんですが、26日発売でしたね。楽しみです。


30ODDのライブ 投稿者:ゆみ  投稿日: 2月12日(月)22時19分38秒

メロディさんから情報、入ってるとは、思いますが・・・
pm.10:30〜
コチラでライブがあります。
  ↓

http://ninemsn.com.au/entertainment/tofog.asp


そっと、おやすみ♪ 投稿者:紅弥  投稿日: 2月11日(日)22時42分13秒

kumiko(める)様&みなさん、こんばんは〜♪

次回の「フレンズ」の「もしあの6人が〜だったら」って面白そうですね♪特に予告でのタイトルバックの噴水のトコでオデブちゃんのモニカには笑ってしまいました(笑い)
この間、ケビン・クラインの「イン&アウト」を観ました。マシューもそうですがこの方もゲイに見えますよね(笑い)観終わった後、久しぶりにビレッジ・ピープルのベスト盤をかけてケビンよろしく「マッチョマン」で踊ってしまいました(笑い)吹き替えの大塚芳忠さんも良かったです♪

kumiko(める)様:そうですね♪それまでのシットコムと比べて現実感のあるトコが「フレンズ」は新鮮でした♪あと、喫煙&飲酒のシーンにホッとしてしまう私です(笑い)ジョーイのエージェントのエステルの、開けるとタバコが四方に広がるタバコ入れってエステルのキャラとあっていていい味だしてる〜って感じで好きです(笑い)
あと、ビリー・ワイルダーは和田誠さんのイラストが印象的だったりします♪私はそんなに詳しくはないのですが、「お熱いのがお好き」のマリリン・モンローの可愛い事!そしてジャック・レモンのキュートさと女装した彼と踊るお爺さんも良いですね(はぁと)
そして「フロント・ページ」も良かったです♪特に最後のその後の登場人物については洒落ていて
面白かったです♪確か、ジャック・レモンの恋人役ってスーザン・サランドンだったような気がしますが…。

どみ様:前回はカタカナ表記ですみませんでした(ぺこり)そうですね、役者さんも人間で人の代えってないんだな〜と思います…。特に楽しませていただいた方たちって何処かで幸せに暮らしていると思っているので、亡くなった事を知るのって寂しいものがありますよね…。
ナンシーさんの白竜についての文章はたぶん「テレビ消灯時間」だと思います。大塚寧々が主演した「スキャンダル」というドラマのコラムだったと思います。今はもうその本が手元に無いのです
う〜ん、今回もお役に立てなくてすみません(シクシク)


やっぱりラッセルが最高! 投稿者:どみ  投稿日: 2月10日(土)22時55分59秒

最近「ホミサイド」組の端正なアンドレ・ブラウアーとラブリーなカイル・セコーにちょっとだけ浮気してまして、ラッセルにご無沙汰気味だったのですが、またも「バーチュオシティ」を見ましたら、シドちゃん登場後3分で愛がむらむら〜っと復活しました。私のラッセルへの愛って即席カップ麺並みなのでしょうか?(そして何故にやっぱりシドちゃんなの?)
カイル・セコーが脇役で出演してる「思い出のハートブレイクホテル」という映画のビデオを見ましたら、「ホイト」なる登場人物が出てました。「ホイト」って、確かモニカが数シーズン前にジョーイに語った理想の旦那の名前ではありませんでしたっけ? 初めて聞いた時は、そんな名前ほんとにあるの?と思ったのですが、やっぱりあったんですねー。
◆ペコさん
妹さんはMACを持っていらっしゃるんですね。私はMAC歴7年くらいになるのですが、そろそろ新しいパソを買わなきゃならぬ時期にさしかかりまして、MACにするかWINにするか迷っているところです。MACはウィルス騒ぎに巻き込まれることが少ない(皆無ではないけど)のはいいんですが、スクリーンセーバーとか、WINでしか使えないものも多いんですよね。
「伝説の白い馬」は、スカパーの711〜713チャンネルで放映されるようです。わが家はケーブルテレビなのですが、残念ながらそのチャンネルは映らないのでした。まあ、そのうち日本でもビデオ化されるような気はしますが。
◆Kumikoさん
SOAPは伝説の番組だったのですか。リアルタイムで見てしまった私は幸運だったのかしら。2年ほど前にスーパーチャンネルでも放映されていたので、録画しておけばよかったなと今さらのように後悔しております。日本では「マイアミ・バイス」のごとく、途中で放映が終了してしまいました。12チャンに電話して抗議したのも懐かしい思い出でございます。10年ちょっと前の民放深夜の再放送の時に録画したテープが例のミラクル物置にあったはずなのですが、3倍速だったので、もう見るに耐えない状態になっているのが悲しいのでした。
あの番組での一番の出世頭は、ゲイ青年のジョディを演じたビリー・クリスタルだと思います。彼は一度番組内で日本の視聴者向けにボイスメッセージを送ってくれたことがあるのです。確か「Hi! To all of you wonderful Japanese audience. I'm Billy Crystal as SOAP pipely Jody Dallas……何ちゃらかんちゃら」と喋っていらっしゃいました(綴りには自信なしです)。彼が今度のアカデミー賞の司会をしないのは残念! ラッセルをおちょくる彼の姿が見たかったのにー。(ってすっかりラッセルがノミネートされると思ってるけど……ノミネートされますよね?)
◆くらいむさん
学生時代、とっても女タラシーな先輩がいたのですが、「森本レオの声がほしい。あの声があればもっと…」とのたまう彼の後頭部を「何がもっとじゃ!」と、どついたのは懐かしい思い出でございます。レオ様もラッセルもすごくいい声してますよね。二人とも美形でも何でもないのに、何故かとっても魅力的ですね。やっぱり「声の悪いプレイボーイはいない」という言葉は真理なんだなーとつくづく思います。「中」の謎は今後の課題となりそうな気がします。


「中」の謎は解けず 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月 7日(水)23時32分49秒

>くらいむさん
そういえば、私は「アメリカン・ヒーロー」の第1回を見逃していたので、富山敬さんのオープニングのナレーションがなかったら、ラルフが「ヒーロー」になった事情もわからなかったのでした。ラルフとビルがUFOと遭遇して、宇宙人からあのスーツをもらうのだけど、取り扱い説明書をなくしてしまって、それであのような無様な飛び方になったのでしたよね。テーマソングも、なかなかいい感じでした。

>ペコさん
マックといえば、この間WOWOWでアップル社の創始者スティーブ・ジョブスを「ER」のカーター先生ことノア・ワイリーが演じたドラマを見ました。ジョブスさんは、結構やな奴でした(笑)。


アメリカンヒーローと森本レオ 投稿者:くらいむ  投稿日: 2月 6日(火)21時33分02秒

そうそう、UFO時代のときめき飛行ですよ。UFO時代ってなんだ?って突っ込みたくなりますよね。オープニングの富山敬のナレーションがかっこいいのでした。
「中」ってなんだったんでしょうね。

森本レオも好きですよ。いい声してますもんね。住宅のCMがはじまるとつい聞き入ってしまいます。あんないい声してたらなぁ・・・


ヴァレンタイン限定壁紙です。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月 5日(月)19時54分51秒

>ペコさん
ウィルス騒動たいへんでしたね。うちのPCもウィルス検知ソフト強化しないと…バチが当たったなんて、恐ろしいことを言わないで下さいな。そんな下心でバチが当たるのなら、私のパソなんてとっくに爆発炎上してるわ。ぶるぶる〜

メル・ブルックス作品、どれもずっと以前に見たきりの作品ばかりなので、楽しみです。ビリー・ワイルダー特集は「アパートの鍵貸します」とか「お熱いのがお好き」のようなメジャーどころでなく、渋い作品選択で嬉しい♪特に「ねえ!キスしてよ」と「シャーロック・ホームズの冒険」はお気に入りなんです。そういえばメル・ブルックスは「エレファント・マン」のプロデュースなんていう仕事もしていたんですね。自らの監督でお笑い版「エレファント・マン」も作ってほしかったわ。

>どみさん
「マイアミ・バイス」の認知度はけっこう高かったのですね。認知している10人中7人のうち2人でもいいからちゃんと見てくれていれば、第4シーズン半ばで「低視聴率につき打ち切り」なんて憂き目には遭わずに済んだでしょうに…(泣)。当時マイアミに住んでいる知り合いがいたら、私も同じことを(「ドン・ジョンソンがフェラーリ・テスタロッサに乗って走ってる?」)聞いてうんざりさせたでしょうね。

あの伝説の番組「SOAP」を見ていらしたのですね!私は見たことないのですが、見たかった…私にとっては「幻の名作」です。たしか、若きビリー・クリスタルがゲイの役で出ていたのでは?


うきうきしますね。 投稿者:ペコ  投稿日: 2月 5日(月)01時42分48秒

>Kumiko様
こんばんは!ここに訪れるたびに気持ちがうきうきしちゃいます。だってハートだらけで・・・今日もマキシマスと対面してきました。いつ観てもとてもセクシーですね。どのシーンも絵になります。
そうそう、ムービースター3月号にラッセル・クロウ様の傑作な記事が掲載されています。古ネタかもしれませんが、イギリスは例の馬跨りのラッセル様に夢中らしくえんえん1週間も話題をもちきりだったそうです。ラブシーンや下半身のヌードをもう見せないぞと宣言したラッセル様を裏切って(笑)昔出たオーストラリア映画時代の馬跨りのワンシーンを彼の作品の紹介として放送されたそうです。さすが!イギリスはラッセル様の魅力を知り尽くしてますね。英国アカデミー賞ノミネートでも「グラディエーター」と「グリーン・デスティスニー」が最多14部門もノミネートされていますね。

おおお!パロディの巨匠メル・ブルックス監督ですか!あなたの書かれた作品名の全て観ました。どれもコメディのセンスが素晴らしいですね。デビッド・リンチ監督の「エレファント・マン」をプロデュースしたのも彼だったそうですね。道理、奥様のアン・バンクロフトが出演してるなと思いました。ずっとまえにNHK衛星で「プロデューサーズ」(1968年・日本では未公開)を観て、脚本が大変素晴らしいなあと思っていたら、アカデミー賞脚本賞を受賞したそうですね。

ビリー・ワイルダー監督も好きです。アカデミー賞特別賞を受賞した時のスピーチがとても感動的でした。えっ!嘘〜!知りませんでした。例のウィルスでごたごたしておりまして、見逃がしてしまいました。悔しいです。

>どみ様
いいなあ〜。憧れていたの、アップルは。うちの妹も生意気にもMACを持っているんです。会社の寮暮らしなんですけど。元々パソコンを買う時にウィンドウズかMACか迷っていて、妹と相談したけど、断然ウィンドウズがいいと言われてMACだと何も手伝えないからと。購入後、暫らくたってから、こそこそ自分はMACを買っちゃいました。もう!と思いました。でも、今は愛するラッセル様のスクリーンセーバーを観られて幸せですが・・・たぶんラッセル様のマキシマスに対していやらしい下心があったせいか、それがバチに当たってウィルスに感染されたかもしれません。反省しております。わあ!いいなあ・・・スカパーで「Silver Brumby」(「伝説の白い馬」)を観られるそうですね。羨ましい羨ましいです。馬跨りに弱いなんです。


バレンタイン仕様壁紙ですか? 投稿者:どみ  投稿日: 2月 4日(日)22時56分30秒

ちょいと個人的にバタバタしておりまして、ご無沙汰致しました。
フレンズ2のDVDの応募券も無事にワーナーから送ってもらって一安心です。

☆おやぢ好き
Kumikoさん、私も幼い頃から今に至るまで、30歳以下の俳優のファンになったことがありません。実は「アメリカン・ヒーロー」放映時に、ウィリアム・カットの切り抜きをクリアー下敷きに入れていたという恥ずかしい過去がありましたが、それはあくまでもカムフラージュ。心は森本レオ(当時30代半ばだったか)に捧げておりました。36歳のラッセルも、18歳のリーリー・ソビエスキーちゃんから見たら立派なオヤジですね。対象外かしら。私がリーリーちゃんだったらノープロブレム! OKよおぢさま!なんですが(ラッセル聞いちゃいないって)。ジーン・ハックマンにも一時はまりました〜。

☆んで、アメリカン・ヒーロー
あの「中」マークは「大中小」の「中」にあらず、という説明を「スクリーン」か何かで読みましたが、何やら深遠な内容で、すっかり頭から消えてしまいました。
くらいむさん、はじめまして。Kumikoさんも書かれてますが、「UFOマン!」というのは、確か民放での最初の放送の時にも言っていたと思います。初回から言っていたかどうかは記憶にないのですが。あのヒーローって空を飛ぶのが下手で、飛びながらよろけたりするのが面白かったですね。声優は富山敬さんでしったっけ?

☆マイアミ・バイスの認知度
Kumikoさん、友達が一時マイアミに住んでいたのですが、住所を日本の知人に教えると、10人中7人くらいに「おお、マイアミ・バイスじゃん」とか「やっぱドン・ジョンソンがオープンカーで走り回ってる?」などと言われたそうです。実は私もその一人で、そう聞いたら溜息をつかれてしまいました。質問した人たちがTV放送を見ていたかどうかは別として、「マイアミ」といえば「バイス」ということで、認知度は高いドラマだとみました。

☆語らねばなるまい
紅弥さん、やはり「奥様は魔女」「大草原の小さな家」は誰もが通る道なのですね。
私はその後12チャン(テレビ東京)のお下劣ドラマ「SOAP」にハマり、「白バイ野郎ジョン&パンチ」を経て、またも12チャンの「俺がハマーだ!」にも釘付けになりました。「ナイトライダー」も好きでしたが、基本的にお笑い系志向でした。最近、インターネットムービーデータベース(imdb)で、昔のドラマのことをいろいろと調べられるので楽しいのですが、「奥様は魔女」の主要キャストが殆どお亡くなりになっていることを知って悲しく思いました。
それにしても、ナンシーさんが白竜のファンだったとは! 彼女の彫った白竜の消しゴム版画をぜひ見たいです。

☆まだ見られない
ペコさんはもう「プルーフ・オブ・ライフ」の予告もごらんになったのですよね。そして「隣のヒットマン」のチラシもゲットされたとはうらやましい。私は先日ワーナーマイカルシネマに、「そろそろ『プルーフ・オブ・ライフ』のチラシが手に入るかな」と思いつつ「BROTHER」を見にいったのですが、チラシはおろか予告編も見ることができませんでした。ウィルス感染大変でしたね。大事に至る前にワクチンで退治できて良かったですね。私のパソコンはマイナーなMacなので、あまりウィルス騒ぎに巻き込まれることもなく、世間が騒いでいる時ものんきな気分でいたのですが、そろそろ新しいワクチンソフトをインストールしなければ。

☆貴重な映画
Kumikoさん、WOWOWもなかなか素敵な特集を組んでくれますね。ビデオやDVDになっていない作品も放映されるのでしょうか? そういえば、スカパーのどこかのチャンネルで、今月「Silver Brumby」が「伝説の白い馬」とかいうタイトルで放映されているそうです。


ぜぇぜぇ〜!疲れました。 投稿者:ペコ  投稿日: 2月 4日(日)00時35分07秒

今晩は!ちづやん様やdaifuku様のサイトの掲示板にて書き込みをしたように、私のPCが新型コンピュータウィルスに感染されてしまい、自力では対策できず、やむえず購入先に本体を持ち込んで、いろいろなテストで検索してみたが、”異状なし”で、1月30日付け送信元の不明メールがきてるのを思い出し、それを調べてもらってみたら、ウィルス名ワームが検出されました。最新版ウィルスワクチンソフトを購入して店員に駆除の作業してもらい、うちに戻って改めて全てスキャンして検出されたウィルスを追い出しました。PCを購入した時のワクチンソフトを定期的にアップデートのインストールしておかないと、期限切れで新型ウィルスが検出や予防する事が出来ないそうです。私のPCの管理や知識の無知さが思い知らされました。ウィルスはとても恐ろしいので、気をつけてください。私のメールにて感染させてしまった可能性もありますので、アップデートをインストールしてスキャンしておいてください。ご迷惑をかけてしまい申し訳ございません。

>Kumiko様
今日も「グラディエーター」を観てきました。横浜日劇にて12日までやるそうです。
わあ、この掲示板や色々なコーナーの背景も変えましたね。可愛いです!


今月のWOWOW 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 2月 3日(土)02時41分42秒

ラッセルともフレンズともまったく関係ない話ですみませんが…

今月はWOWOWで、私の大好きなふたりの監督の作品が特集放映されます。
ビリー・ワイルダーとメル・ブルックスです。

古今東西の映画監督の中で、とにかく一番好きなワイルダー監督作品は、
3日朝に「地獄の英雄」、10日朝に「ワン・ツー・スリー!」、17日朝に「ねえ!キスしてよ」、24日朝に「シャーロック・ホームズの冒険」。特に「ワン・ツー・スリー!」は、ワイルダー監督作の中で観てない数本の1本なので、楽しみです。

パロディの巨匠メル・ブルックス作品は、6日深夜に「ブレージング・サドル」、7日深夜に「サイレント・ムービー」、8日深夜に「新サイコ」、9日深夜に「ヤング・フランケンシュタイン」。

どれもオススメですので、WOWOW加入者の皆様は、ぜひ観てみてね。


マシューに虫歯治してもらいたい。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月31日(水)22時24分02秒

>紅弥さん
「奥様は魔女」と「大草原の小さな家」はやっぱり原点ですよね〜。「ファミリー・タイズ」、「愉快なシーバー家」、「フルハウス」…のように、日本で放送されるシットコム(Sitcom)ってファミリー物が多かったので、私はシットコムとはああいうものだと思っていたのでした。だから、「フレンズ」を初めて見た時はある意味衝撃でした。しかも初めて見た回ではレイチェルがチャンとコーヒーハウスのテーブルでHする夢を…(笑)。「サインフェルド」…たしかに、あそこまで徹底していい男(女も)の出てこないドラマも珍しいですよね(笑)。

エッセイ、読んで下さってありがとうございます。「おいしそう」って書いたのは、トマトソースのことです、あくまで(笑)。余ったトマトソースは製氷皿に入れて冷凍しておくと、ちょっとづつ使えて便利です。(なんのことやら)

>ペコさん
おお、「隣りのヒットマン(The Whole Nine Yards)」やっと公開ですか。情報ありがとうございます。ブルースがヒットマン、マシューが隣りに住むお人よしの歯医者さん、というコメディのようですね。クリップを見た限りでは、マシューはかなり丸々としていましたが…(笑)。この共演がきっかけで、ブルースとマシューは仲良しになってブルースが「フレンズ」にゲスト出演したそうです。そのエピソードは第6シーズンの終わり頃だそうですから、映画よりそちらの方がWOWOWで先に見られそうですね。

あ、ついでに告白…私、ブルース・ウィリスのCDなんかも持ってます(笑)。


チャンドラーことマシューの新作 投稿者:ペコ  投稿日: 1月31日(水)00時10分39秒

>Kumiko様
今晩は!会社帰りに東劇にて「レッドプラネット」を観に行ったら、チャンドラーを演じているマシュー・ペリーの新作「隣のヒットマン」(主役はブルース・ウィリス)のチラシを入手しました。4月上旬ロードショーだそうです。もうご存知だと思いますが・・・・

昨日、「フレンズ」セカンドシーズンBOX@を買ったHMVに寄ってみたら、やはり応募ハガキと応募券が用意されていました。メーカーの手違いだそうです。

「レッドプラネット」には、あのLACのオカマを演じたサイモン・ベイカーが出演してました。彼もオーストラリア出身だったとは知りませんでした。LACってけっこうオージーだらけですね。あの可愛い顔の面影がもうなくなってすっかりおっさん顔になっているのにびっくりしました。


海外ドラマ今昔(笑い) 投稿者:紅弥  投稿日: 1月30日(火)23時04分20秒

kumiko(める)様&みなさん、こんばんは〜♪

え〜、私の思い出の海外ドラマと言えば、やはり「奥様は魔女」から始まります♪当時はまだ小さかったので、外人の俳優の方が日本語を喋っているとばかり思っていました(笑い)で、「大草原の小さな家」ではローラのお父さんに憧れ(ファンザコンじゃないですよ/笑い)、「バイオニック・ジェミー」ではリンゼイ・ワグナーの知的な美貌に憧れ、「刑事スタスキー&ハッチ」ではハッチファンの友達とデビット・ソウルのコンサートに行き、深夜にやっていたTV版の「フェイム
」も観ていました。そして「ミステリー・ゾーン」はモノクロの画面がかえって怖さを倍増していたように思います。で「ファミタイ(ファミリー・タイズ)」でマイケル・j・フォックスにハマリました♪吹き替えのお父さん役に富山敬さん(「ヤマト」の古代進)というのには時の流れを感じました…。で、後は「フルハウス」、「愉快なシーバー家」、そして「フレンズ」(パチパチ〜/笑い)あと「となりのサインフェルド」を初めて観た時はショックでした…。だって、いい男が一人もいないっ!あまりのショックに寝込んでしまいました(ウソです/笑い)。あ〜、「サインフェルド」のファンの方すみません(ペコリ)

kumiko(める)様:ヒロミ・ゴーはまだ歌っていますか?この間の「ハレルヤ・バ―ニングラブ」では間奏に「裸のビーナス」のフレーズがチョコッと使われていて、そのあまりのセンスの良さにCDを買ってしまいました(笑い)。あと「フレンズ」のエッセイUP、お疲れ様でした♪「アンチ・パウロ」の謎(笑い)が解けスッキリしました。ありがとう〜♪

ドミ様:励ましてくださりありがとうございます(ぺこり)。白竜といえばコラムニストのナンシー大関(こら!/笑い)さんもファンみたいですね★あと「ファミタイ」のマイケル・j・フォックスの声は宮川一朗太でキマリですよね〜♪他の作品でもマイケルjの吹き替えが宮川さんだと嬉しいですね。マイケルjの映画では「ドク・ハリウッド」が好きです。この作品もTVでは宮川さんが吹き替えていて、メチャ×2、嬉しかったです♪


「UFO時代のときめき飛行」でしたっけ? 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月30日(火)20時28分47秒

>くらいむさん
はじめまして…というか、フレンズチャットでお会いしたことありましたよね?どうもこんにちは。

「アメリカン・ヒーロー」、CSでやっていた時は録画できなかったのですが、リアルタイムで見た時の曖昧な記憶では飛ぶ時「UFOマン!」とも叫んでいたような。(多分、吹き替えだけだと思うけど。)いやー懐かしい。思えば、我が家にビデオを買ったのはこの番組がきっかけ、二カ国語録画できるやつを買ったのは「マイアミ・バイス」を録りたいから、DVDプレーヤーは「フレンズ」のためにゲット…と、アメリカンドラマと共に歩む我がAVライフではあります(笑)。

「マイアミ・バイス」の音楽は最高でしたね。サントラも持ってますよ…ヤン・ハマーのCDも。それに、「マイアミ・バイス」で使われた曲でサントラに入っていないものを自分でコレクションしたテープも作ったりしてました。それに…(えーい、これも告白してしまえ!)私はドン・ジョンソンのCDを持っている!ああ、これを告白したらもう怖いものはないわ(笑)。おまけにそれが、初めて買ったCDだったという…(なぜか赤面)。

私、くらいむさん、どみさんのお友達で少なくとも日本に3人はファンがいたわけですね。でも本当に3人きりかも、と思えてしまうところが悲しいわ。


アメリカンヒーロー!! 投稿者:くらいむ  投稿日: 1月30日(火)16時57分02秒

はじめまして。くらいむといいます。
アメリカンヒーローの話でもりあがっているので横から失礼します。僕もアメリカンヒーローとてもとても大好きなんですよ。
前回のCSでの放送を念願かなって録画できたんだけど、何話かとりそこねちゃったし、Pilotはやってくれないし、早くまた放送しないかなぁって待ち望んでるんです。

で、前から不思議なんだけど、昔々テレビで見たときにはラルフは「タンタンターーン」って掛け声で空を飛んでた記憶があるんですよ。なのに前回CSで見たら「UFOマン!!」って。
FBI捜査官のビル・マックスウェルの「よーし、シナリオどおりだ」をあんまり言わないし。
各エピソードの終わりで言ってたのは気のせいだったのかなぁ。
当時はラルフの教え子4人(でしたっけ?)組が妙に気に入ってたのでした。あとビル。

と、「マイアミ・バイス」もファンだったのできっと3人はいたはず。
マイアミバイスのテーマは当時はやってたし、きっと人気はあったと思いますよ。少なくとも自分は大のお気に入りでした。

http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Studio/4770/


私は告白する 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 1月29日(月)20時23分49秒

*告白その1:フレンズ第2シーズン
大雪の土曜日、一日家にこもって「フレンズ」DVD(第2シーズン1〜12話)を一気見。いや〜、やっぱり第2シーズンって好きだわ〜。何度見ても最高!この頃のレイチェルの可愛いこと可愛いこと…私は友達にするならフィービーだけど、オツキアイするならやっぱりレイチェルかしら。(<モニカ、ごめん。)

*告白その2:アメリカンドラマ
>どみさん、ペコさん
私は「バイオニック・ジェミー」では上司のゴールドマン局長、「アメリカン・ヒーロー」ではウィリアム・カットではなくロバート・カルプ扮するFBIのおっさんが好きだったという筋金入りの「おじさん趣味」少女でした。歳を重ねるにつれ好きになる俳優の年齢が下がってくるという、普通とは逆のことをやってしまっているのが悲しい。

*告白その3:GG賞
>どみさん
悪い予感はしてたけど、「E!オンライン」でもリヴァース親子の番組でも、ラッセルは堂々の「ワースト・ドレッサー」受賞のようですね。告白すると、私も男性のフォーマルはシンプルな方が好きなので、ちょっと同感。(怒られそうですが…)まあ、本人にしてみればそれがどーした、ってとこでしょうが。

*告白その4
>紅弥さん、どみさん
ここ数日、「♪どうしたのついて来ないのかい〜お日様が見てるだけだよ〜♪」と、若きヒロミ・ゴーの歌声が頭の中をぐるぐるまわっています。なんとかして〜(泣)


はい!見ました! 投稿者:ペコ  投稿日: 1月29日(月)00時28分04秒

>どみ様
今晩は!
さすがですね。ええ、「ホロコースト」を見ました。小学生だった私には本当に衝撃でした。
見た後、夜は眠られませんでした。「シンドラーのリスト」なんてまだまだ甘いもんだと思ったんです。日本のシンドラーと呼ばれた「命のビザ」杉原千畝の方が遥かに感動的でしたね。

「アメリカン・ヒーロー」も観ました。全部ではないけど・・・・マーク「中」がとてもユニークでしたね。主演を演じたウイリアム・カットは「キャリー」や「ビッグ・ウェンズデー」等青春映画によく出ましたね。懐かしいだわ!さっきではあまり見かけませんね。

「ハワイ5−0」は台湾で生活した時しか観てませんでした。主役を演じた俳優さんはもう亡くなられたとは知りませんでした。残念です。(私はスパチャンに入ってません。泣!)


ガーン!入ってないわ応募ハガキ 投稿者:どみ  投稿日: 1月28日(日)23時11分37秒

◆Kumikoさん
>アメリカドラマ
さ、さすがの私も「ハワイ5-O」はリアルタイムでは見てないっす〜。
一昨年から昨年にかけて、スーパーチャンネルで延々と放映されてましたね。あの主役の人はずっとハワイ在住で、最近亡くなったみたいです。

「バイオニック・ジェミー」おおー!
「アメリカン・ヒーロー」おおおー! 胸の「中」マークが謎ですね。
「ファミリー・タイズ」今スパチャン(<略してるし)でやってますね。やっぱりマイケルの吹き替えは宮川一朗太で決まりです!
「ホミサイド」来月から始まるのは最終シーズンで、アンドレ・ブラウアーが降板しているのが残念です。私のもう一人のお気に入りのベイリス刑事ことカイル・セコーは残ってます。フレンズの第二シーズンでロスとつきあってた中国人女性がいましたよね。あの女優さん、「ホミサイド」ではベイリス刑事と刹那的な恋に落ちる魔性の女を演じてたんですよ。役の上とはいえつくづくうらやましかったです。
「マイアミ・バイス」私は見てなかったんですが、友達がファンだったので、少なくとも日本でのファンはKumikoさんと合わせて最低でも二人はいたはず。

フレンズって、リサ・クドローがエミー賞を一度穫ってましたっけ? 作品自体は無冠なんでしょうか? 納得いきませんね。出演者の魅力もさることながら、あの脚本の緻密さが素晴らしいと思うのですが。
最近、ショウビズで「フレンズ」のプロデューサー(だったかな)が新番組の「サバイバー」に対抗して「フレンズ」を40分番組にすると言ってましたが、期間限定なのかどうか興味深いところです。 ショウビズといえば、最近放映が終了してしまったのが残念ですね。ラッセル&フレンズがらみでよくチェックするようになった矢先だったのに。

ラッセルのGG賞でのお召し物、ラフな格好なんて書いてしまいましたが、実はアルマーニだったとは。よく見たらいい生地ですもんね。去年の、いかにもジョディーに飼い慣らされて引率されてる熊みたいな姿(フローラ・プラムの役作りか)もかわいかったけど、今年の男臭い着こなしのほうがラッセルらしいといえばラッセルらしいですね。

◆ペコさん
「ケインとアベル」は素晴らしいドラマでしたね。あれを見てからジェフリー・アーチャーの小説に一時はまりました。「ルーツ」の少し後だったと思いますが「ホロコースト」はごらんになりましたか? あれは私にとって「シンドラーのリスト」以上にショッキングなドラマした。TV放映を見た後になけなしのおこづかいで原作本を買って読んでました。
「白バイ野郎ジョン&パンチ」の「パンチ」って実は「ポンチ」なんですよ。アメリカでは98年の11月に「あいつらが帰ってくる!」とかいうクサいキャッチコピーつきで、「ジョン&パンチ」の続編スペシャル番組が放映されてました。ジョン&パンチはもちろん、懐かしのギトレア部長やボニーも出ていたようですが、20年経っても皆さん全然出世していないようでした。

◆紅弥さん
会社勤めしてると何かとヤサグレネタがつきませんね。お互い頑張りましょ。
長瀬くんのドラマといったら「池袋ウエストゲートパーク」でしたっけ? 白竜がゲスト出演でヤクザのボスをやってた時の一回だけ見たことがあります。実は中尾彬と同じくらい白竜が好きなんです。
(ドラマの話をしているつもりが、自分の妙な趣味の暴露大会になってるぞ)
「池袋ウエストゲートパーク」の脚本家だったか演出家の監督作品が最近封切られたようですが、それに白竜も窪塚洋介も出ているみたいです。タイトルど忘れしましたが(<意味がないじゃん!)。
ヒロミゴーの「裸のビーナス」……、これ、すごいツボにはまりました。あの中尾様のCMは衝撃的でしたね。あまりにも衝撃的すぎて、何のCMだか全然覚えてないのも、これまた意味なしです。
……ラッセルネタもフレンズネタもない……今日だけ勘弁して下さい