Kumiko's Home BBS 過去ログ 2

戻る


見る前にストーリー読まない主義 投稿者:ペコ  投稿日:10月 5日(木)06時14分47秒

>Kumiko様
おはようございます。
昨夜29回目「グラディエーター」を観てきました。何回観てもラストシーンにはやはり泣きました!

「フレンズ」についてに何も書いていないのは、まだ見てないからです。
映画もTVも見てからストーリーを読むようにしてますので、先に読んでしまうと、素直な感想が思い浮かばないので・・・・DVD発売されたら見ますので、それまでにお許してください。

「映画史上セクシー」の女性では、「めまい」のキム・ノバクの方がセクシーだと思うけどなあ・・・グレース・ケリーだって?????確かにとても美しいけど、なんか違うなあと思います。肌を見せないほうがセクシーの意味かしら・・・・


どっちも快挙ですね。 投稿者:じゅうばこ  投稿日:10月 5日(木)01時09分59秒

おおっ、何とすかっとするニュースでしょう。これはきっと、説得したのはルッシラね。マキシマスも普通だったら説得されないでしょうけど、ハーキュリースを殺された後だったら、説得されてくれると思うわ。で、あとは二人が結婚して、マキシマスが帝位につけば、すべて、めでたし…と、実際にはいかなかったところが悲しいなあ。それに、その展開だと、オリヴィアさんはスペインで石鹸作って一生終わっちゃうかもしれないし、それは困るし、うーむ…。

ところで、「映画史上最もセクシーな男性」って、ぼーっと読んでいたのですが、「今年度」じゃなくて、「映画史上」となると、それは並大抵じゃないですね。だって、あの人も、あの人も、あの人も、おさえたわけでしょう!?しかも、ベッドシーンなしの、キスシーンは首から上だけの、お尻は映さずの、だったわけでしょう?それはやはり、快挙だわ。「ラッセルが選ばれるより、マキシマスが選ばれたのが嬉しい」と、おっしゃるのも、すごくよくわかります。まったく同感です。おそらく、ラッセル自身が、そう思っているのではないでしょうか?


哀れコモ、ドナウ川に沈むの巻(意味なし) 投稿者:Kumiko  投稿日:10月 4日(水)21時20分12秒

「皇太子、ドナウ河畔にて行方不明」

皇太子の姉、ルッシラ内親王談:「ええ、昨日の夕食後から姿が見えないんです。あの子、先日のマキシマス隊長の活躍の話を聞いてから、それはそれは興奮していて、どうしても現場を見に行きたい、って聞かなくて…またゲルマン兵が来るかもしれないから、危ないからやめなさい、って、わたくしさんざん止めたんですのよ。あの子はほんとうにいつも、そういう勇気を試すようなことが大好きで…え、兵舎で兜と鎧が一式なくなっている?まあ、きっとあの子それで変装して基地の門を出たのだわ!あの子にもしもの事があったら、どうしましょう、よよよよ…」(と、泣き崩れながら、マキシマスに余計な事は喋るな、と目配せを送る。)

…マキシマスがルッシラに黙ってコモを葬る、というシナリオはどうしても浮ばないので、こうなってしまいました。>じゅうばこさん
(くだらないことを考えていないで、次を訳さんかい!(<自分))

>あずきさん
私は女のきょうだいがいないので、姉妹って勝手にあこがれているんですよねー。一緒に旅行したり、買い物したり、年をとっても一緒にいられるし、うらやましいです。「細雪」や「若草物語」だと、さすがに美しすぎるイメージでしょうか…(笑)。

セクシーな映画の女性キャラ、考えてみたんですけど、たしかにあんまり浮びませんね。真っ先に浮かんだのは、「恋のゆくえ」のスージー・ダイアモンド(ミッシェル・ファイファー)。彼女は女からみてもいい女でした。それから、「あなただけ今晩は」のイルマ(シャーリー・マクレーン)、「お熱いのがお好き」のシュガー(マリリン・モンロー)、「裏窓」のリザ(グレース・ケリー)…こう書いてると、キャラクターがセクシーなのか、演じている女優さんがセクシーなのか、よくわからなくなってきました。でもそれが当然なのかな。そのへん、「マキシマス」と「ラッセル・クロウ」は全然違うキャラとしてはっきり認識できるラッセルはすごい。(なんて、いつもこういうことばかり言ってますが…)

>ペコさん
あの「ジェダイの復讐」のレイア姫のビキニね、たしかにちょっと年とってたけど、アメリカの当時思春期の少年たちにはかなりのインパクトを与えたみたい…と、いう話が「フレンズ」に出てくるのですよ。あなどれない。「エピソード1」公開の時にペプシコーラに「スター・ウォーズ」キャラのボトルキャップがついてくるというキャンペーンをやってたんですが、レイア姫のキャップはローブ姿ではなくしっかりあのビキニ姿になっていて、笑ってしまいました。マキシマス以外でセクシーな男性キャラ、と考えていて、(バド・ホワイト…コート…いや、ラッセル以外で…)まっさきに浮かんだのはインディ・ジョーンズ、次がハン・ソロでした。


ああ怖い虎ファンの皆様 投稿者:ペコ  投稿日:10月 4日(水)02時45分53秒

>Kumiko様
わあ!本当ですか!至福ですね、マキシマス様を愛してる私にとっては吉報です!
俳優ではなく役柄の方とは・・・・プ!どこがレイア姫がセクシーだ!「スター・ウォーズ」1977年では、胸が揺れてはいけないので、白いトーガの下にはウェットスーツみたいなもので自慢の肉体を包み隠されています。「スター・ウォーズ/ジェダイの復讐」でやっとセミヌードを披露されましたけど、もう年が取っています。ハリソン・フォードの扮するハン・ソロなら話がわかりますけどなあ〜ウインクがとても素敵ですっかりファンになってしまったけど・・・もしかして愛しいのハン・ソロを虜させてしまったレイア姫の魅力が買われたのではないでしょうか?

「人生は上々だ!」はあのレンタル屋から借りて見て、欲しくなりました。そして生産中止の為に数少ない在庫から無理やり(?)発注してもらってやっと手に入れました。新装のままですが、古い為にノイズが入っています。値段は定価のままです。この3ヶ月の間ラッセル様に間接だけど○○万円も貢いでしまいました!ああ恐ろしい!
マンガの竹宮惠子の「風と木の詩」は少女漫画界の金字塔でもあり、少年愛とはいえ、ストーリー性がとても素晴らしくて虜になり15回近く読み返しています。(魅せられて竹宮惠子ファンクラブに入ってしまいました。今では解散され、竹宮惠子は今年の4月から京都にある大学で世界初漫画科の大学教授になりました。)萩尾望都の「トーマの心臓」「ポーの一族」も愛読しておりますので、アブ・ノーマルに対してはあまり違和感がありません。人間としてみてますので。

実は私は巨人ファンですと言ったら皆様に袋叩きされますね!うん、本当はいい選手が恵まれているから優勝したのに選手より長嶋監督だけなんで騒ぐだろうとムカついています。藤田監督時代まではファンでしたが、今は長嶋監督が大嫌いなので(ファンの方すみません!)休みです。


危険なアドバイス 投稿者:じゅうばこ  投稿日:10月 4日(水)00時21分09秒

ほんとは書き込みしてる時間ないんです。でも、今のパソコンの調子だと、この地をいったん離れてしまったら、馬を何頭乗りつぶしたら、また戻って来れるかわからない。(泣)というわけで、第20章拝見!です。何だかだ言っても、やっぱりペース速いですねえ。
「あらすじ」読ませていただいた時は、ルッシラに、そんなこと言うアホがおるかいと、怒った私ですが、こうして全部読みますと、それなりに気持ちもわかります。しかし、今度は別のことに腹がたってきて…何か、このお話のコモ君て、性格も悪いし、非常に危険な感じがしません?で、マキシマスたち二人は、とても大人びてしっかりしている。なら、ですよ。自分たちの恋のためだけではなく、ローマのためにも、ですね、とっととコモ君を始末した方が…。こんな奴、刺し殺して川に投げ込んでも、誰も嘆かないと思うんだけど。どうして二人とも、そこに気づかないんでしょう…って、気づかないよねえ、そりゃ。しかし、私なら、絶対に選択肢の一つとして考えます。ここまで来たら。犬を殺された時点で、もう全面戦争に突入しなきゃ。
ルッシラが、それだけ弟を愛してるのでしょうか?だったらマキシマスは、ルッシラに黙って、コモ君を葬ってしまえばいいのよ…いや、無理だよねえ。しょせん私は、できないことばかり要求してるな。でも、やっぱり腹たちます。君ら二人とも、いい人すぎるぞ!だから、あんなガキに、してやられるんじゃないか!と、地団駄ふんでしまいます。(どうして、こういつも、むきになってしまうのやら。笑)


細雪? 投稿者:あずき  投稿日:10月 3日(火)22時18分54秒

Kumkikoさま>あはははー。「美しい響き」に爆笑して、夫も呼んでしまいました。よく言われるのですが「三姉妹」とはいえ、美しさも、セクシーさもありゃしません。でも、うれしくなって夫に読ませたら、「三姉妹の実態を知れへんな。響きだけや」と言ってました。
マキシマスが、「最もセクシーな・・・」には納得&嬉しいです。他に誰がいるのさ?って感じです。でも、女性では誰が?と聞かれると困りますねぇ。レイア姫ではありませんね。私には。それで、夫に聞いたならば「ベティちゃん」だそうです。聞くのやめました。


映画史上最も… 投稿者:Kumiko  投稿日:10月 3日(火)19時52分45秒

みなさん、聞きましたー♪イギリスの「Empire」という雑誌で、マキシマスが
「映画史上最もセクシーなキャラクター」の男性1位に選ばれたそうです。
(私はその雑誌の現物を見てはいないんですが)なぜか、ラッセルが最もセク
シーな男性に選ばれるよりも嬉しかったり。

しかし、女性部門の1位は「スター・ウォーズ」のレイア姫だとか…彼女って、
セクシーかなあ?やっぱりあの「ジェダイの復讐」の金のビキニのせいかしら。

>ペコさん
「人生は上々だ!」について、前のレスに書き忘れていたのですが、これって
元々舞台劇だったのですね。ビデオケースは読んだのですが忘れていました。
(ところで、私の見たビデオってペコさんの見たものと同一物だと思うのです
が…ペコさんもあのレンタル屋ですよね?他にも、ペコさんが返された直後に
私が借りたと思われるビデオもあり、何か親近感を感じてしまいます。)
あの映画の、ハリーとジェフが「観客」に話しかけるという演出、舞台では
「生」の観客に話しかけていたのですね。そう思うと納得です。

ペコさんおうちの親子関係って、なんだか素敵ですね。うふふ、やっぱり
「アブ・ノーマル」とか言われてしまうのですね…全然アブノーマルと感じ
ない私がアブノーマルなのかな?

>あずきさん
父と息子というより母と娘のような、というのは納得です。あれほど照れない、
開放的な父と息子の関係って珍しいですものね。むしろ、「愛と追憶の日々」
とかの母娘の関係を思わせるような。ハリーにしろジェフにしろ、愛情を表現
するのに一点のためらいもないところが感動的です。

あずきさんは3姉妹なのですね。いいなあ。「三姉妹」とか「四姉妹」とか、
何か美しい響きがありますね。(<勝手な思い込み)うちは兄だけです。
兄と父は…うーん、やっぱりハリーとジェフとは全然似ても似つかないですね。
当たり前か。

>じゅうばこさん
何か、たいへんだったようですね。手傷を負い、馬を乗りつぶし、瀕死の状態
でようようたどり着いてみれば、時すでに遅くハーキュリースは殺されていた
のですね…号泣。(<勝手に妄想をひろげている(笑))

私も巨人は嫌いです。私は野球のひいきというのは、生まれつきというか、自分
では選べないところがあると思っていて、だから巨人ファンの方々にも何も含む
ところはないのですが(笑)、たまに「巨人が優勝したほうが日本経済にプラス」
などとヌカす奴がいて、そういうのはイヤですね。

Prequelは20章をアップしました。


違和感はあまりなかった・・・ 投稿者:ペコ  投稿日:10月 3日(火)05時11分23秒

>kumiko様、あずき様

おはようございます。しつこくてすみません。

うちには「人生は上々だ!」の父子の会話にあまり違和感がありませんでした。取組んでいる最中に入るのはオーバーですけど、うちの弟が自分の部屋に彼女を連れ込んだ時、父が挨拶に入ってしまったこともあったんです。ずっと前に私の恋人じゃなくて単なる男友達だけなのにその人の講演があった時に、トイレで偶然にパッタリ会ったらしく娘がお世話になっていますって。もうもう止せばいいのに・・・・(私は別の用事があって講演にはいけなかったんです。)
うちの家族って変かも・・・・・(笑)
「人生は上々だ!」はうちの母もお気に入りです。アブ・ノーマルなのにさわやかだそうです。


なるほど微妙ですね(笑) 投稿者:じゅうばこ  投稿日:10月 2日(月)01時13分02秒

ああ、やっとたどりつけました!忙しいのもあったけど、パソコンがぐれていて、あせればあせるほど、行きたい所に行けなくなってしまって。ようやく、来てみたら、案の定ハーキュリースとお別れしなきゃならなかったわ。(泣)
18章のコモとマキシマスのすれちがいぶりは、みごとなほどですね。こういうコモの性格形成に大きな役割を果たしてるのは、あんまり出てこないお母さんって気がします。このお母さん、出番は少ないけど、異様に存在感ありますね。特にコモの口から語られると気持ちが悪いです。
19章、何の何の、迫力あっていいですよー。あずきさんのラブシーンの衣擦れの音が聞こえそうななまめかしさとは、またちがって、鎧の革の匂いがしてきそうな荒々しいリアルさが、うれしいです。しかし、たしかに言われてみると、うーん、何とも、どうなんでしょう、どっちとも言えない気がしないでもない…作者の方も、読者の想像にまかせるおつもりなのかなあ?
あ、トラで混乱させて、ごめんなさい。元凶は私でございます。ちなみにまだ、「仕事というトラ」と格闘しておりますが、やや勝算は見えてきました。それと、私もファンとかいうほどでは、とてもないけれど、阪神が勝つとうれしいです。巨人がキライなわけではなかったんですが、日本のマスコミの巨人びいきはちょっと異常で、しかも、ひいきのしかたが見ていて面白くないというか、洒落や冗談としてもセンスが悪くて、ワイドショーとか見るたびに、巨人がきらいになり、他のチームが好きになるのが困ります。


そうですか、なるほど 投稿者:ペコ  投稿日:10月 2日(月)00時51分05秒

>kumiko様、あずき様
「人生は上々だ!」を観て、ラッセル様の脚ってやっぱり白くて長いんだと再確認できる映画でもありますね。(笑)「グラディエーター」と「バーチュオシティ」しか見てない知り合いの人にラッセル様の脚って短足なのねと言われてしまいましたので。違う違う、あれは前者は重い鎧を着てたから、後者は役作りのために蟹股みたいな歩き方するから短く見えるだけだと反論したくても連絡先が分からない・・・・悔しかったなあ。それにしても疲れたといってカメラに脚を大開きしなくても・・・・あずき様と同じくあまりにも眩しくて本当に直視することが出来ませんでした!
愛しい方ジョン・ボルソンに短パンがいいぞと誉められましたね。うむむむむ〜巧いなあ。全身から演技する方なのね。中性的ですか・・なるほど。


mmmmmm? 投稿者:あずき  投稿日:10月 2日(月)00時45分49秒

Kumikoさま>もしかして、もしかしたら・・・。もしかするかもしれません。わたしも、てっきり二人は出来上がってしまった、ものと思っていたのですが。けっこう微妙ですねぇ。ラブシーン的にも、少々物足りず。もっと、際どくてもいいじゃなーい?とか、思ってしまいました。ウフ。

ところで、ジェフの件ですけど、私もうまく表現できないのですが。うーん。私も「ゲイ」だから女性的、とは思わなかったです。私は三人姉妹なので、父親と夫以外、家庭に男がにいないせいか、男親に対する息子の関係とか、家庭において、男の子のがどれくらい自分をさらけだすのか、ということがイマイチ深く捕らえられないので、ジェフの開けっぴろげさとか、素直さに、「娘」的な、女の子ぽい印象を受けたのでした。それと、デリケートさ。あと、ハリーの「照れ」の無さが母親っぽいなー、と。日本の父親って、どうしても「照れ」がある人がまだまだ多いのでね。ジェフは「男」である自分そのままで「男」の恋人を愛そうとしてましたねぇ。ほんと、Kumikoさんのおっしゃるとおり、彼は、繊細でいて強いですね。 きゃー、ごめんなさい。なんか、作品が素晴らしかったので、興奮さめやらぬ・・・、みたいです。長々かいてしまいました。


ええい、もう、やけくそでーい! 投稿者:Kumiko  投稿日:10月 1日(日)23時25分28秒

…と、いう感じでほとんど直訳してしまった19章。情緒もへったくれもない日本語ですが、
ご勘弁を。あずきさんの力を借りたかったですよ、ホンとに…しかし、ふと疑問を持ったの
ですが、この2人、ほんとに「結ばれて」いるのでしょうかね?
私はそうだと思い込んでいたのですが、詳しく読むと微妙な表現ですよねえ…
(「何を今さら!」と非難ゴーゴーになりそう。ひえ〜)

>あずきさん、ペコさん
ジェフが「女性的」とは、私はあんまり感じなかったのですが…かといって、「男性的」
ということもないし…むしろ、性別を超えた良さを感じてしまったのですね。あんまり
「ゲイだから」とは言いたくないのですよね。ゲイでも、ストレートでも、女性でも、
男性でも、ああいう強さと繊細さを持てたらいいな、と。うまく言えませんが。


あ、やっぱそうですか? 投稿者:あずき  投稿日:10月 1日(日)22時48分56秒

ペコさま>ジェフってやはり、女性的と感じました?実は、私もそう感じたのですが、もしかして私だけかも、と思ってちょっと書けなかったのですよ。きっと、ジェフのデリケートさが、そんな風に感じさせたのかもしれません。親子関係に関しては、娘と女親っぽさを感じてしまいました。男親って、娘の恋愛には寛容になれない部分があるので。あ、男親は息子の恋愛には寛容なのか。ってことは、どっちとも言えますね。テヘヘ。


人生は上々だ!は高度芸術 投稿者:ペコ  投稿日:10月 1日(日)10時07分56秒

>Kumiko 様
おはようございます。しばらくですね。昨夜「ヘヴンズ・バーニング」を観てきました。
採点は・・・・・ですが、出演者達がとても変な役柄なのに真面目に演技するところも本当に可笑しかったのでした!けっこう最後まで楽しめました。耳が聞こえなくても振動がよく伝わってきて良かったのです。

本題に戻りますが、「人生は上々だ」ってもともと戯曲のものでしたね。
ストーリーもセリフも全体的には大変面白く素晴らしいだと思ってたら、ビデオケースの解説を見て納得しました。マッチョなのにジェフ役って女性的でしたね。特に父子の会話を見てまるでやもめ父親と行き遅れ長女みたいでした。私もジョン・ボルソンを見つめるラッセル様が妙に色っぽい視線にドキッとしてしまいました。父親がまだ元気だった頃には、たまに家事をサボって叱れるそうな時にはあら、いいじゃないとでも言いたいような気がして、同じ長女として共感する事が出来ました。Kumiko 様が高く評価してるのも分かります!!!


人生は上々だ 投稿者:Kumiko  投稿日:10月 1日(日)09時24分40秒

>あずきさん
「人生は上々だ!(The Sum Of Us)」ご覧になったのですね。よかったですよね〜♪
ハリーお父さんは理解があるのはいいけれど、恋人を連れ込んだジェフ君の部屋に
突然お茶を持っていったり、やりすぎるのがタマに傷(笑)。「笑顔がまぶしくて
まともに観れない」というの、よくわかります。私もそうでした。そしてあのおみ脚…
本人は「なまっ白い」と謙遜してましたが。その脚が「グラ」ではいい具合に日焼け
して…いかんいかん、朝っぱらからまた危ない方向に行きそうだ。

>Marcelさん
阪神ファンといっても、強い時だけ応援する不真面目&根性なしファンですから。
あ、ということは、ほとんど応援してないってことですね…(モノが飛んできそう)
私は「グラ」回数は9回です。全然、少ないほうですよ〜(笑)。


初耳っす(@o@) 投稿者:Marcel  投稿日: 9月30日(土)23時29分04秒

こんばんは。マルセルです(^^)/

めるさんが阪神FANだったとは。初耳っすよ(@o@)
じゃあ、関西ご来訪の際には甲子園観戦もプランに入れないとね(笑)

大阪のトラの説明、わざわざありがとうございました。
イロイロと大変だったのですね。でも、おかげでめるさんが×回も観た
「グラディエーター」を早く観たくなりました。ビデオ待ちしないで
やってるところ探して見に行った方がいいのかな〜?あっ、めるさんに
聞いたら「絶対探して見に行くべき」って返って来るに決まってるか(笑)

後でチャット行きますんで、良かったら来て下さいませ!では(^o^)/~~


人生は上々だ! 投稿者:あずき  投稿日: 9月30日(土)18時00分58秒

を、今鑑賞し終えました。
噂どおりの名作でした。ラッセルは慧眼ですね。
愛の形は人それぞれで、誰にも強制されたり制限されたりするようなものでは、ないのですよね。ハリーは、世間から見たら少々サバケすぎているのかも知れませんが、ありのままを受け止めて、理解する。それが愛だ。というハリーの考えが見え、息子の恋を応援する彼の姿に泣けて泣けて。愛することは、理解するということだ。という「ジェロニモ」の作者の言葉を思い出してしまいました。(そして、また泣く)
あと、何が満足って、ラッセルの足を、心いくまで鑑賞できたことかしらん。ウットリ。彼のはにかんだ笑顔が、まぶしくてまぶしくて。まともに観れませんでした。不思議だった邦題の意味も、最後まで見てなぞは解けたし。センシティブな秋にぴったりの一本でした。


大阪のトラ 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 9月30日(土)15時29分46秒

>Marcelさん
わーい、ご来訪ありがとうございます!

大阪のトラについての説明(あ、私は元々阪神ファンです、念のため)。
まず、「トラ」というのは、「グラディエーター」でマキシマス(ラッセル・クロウ)が
闘った3匹のトラから来ています。別の掲示板で、じゅうばこさんが、やっかいな仕事が
次々に襲ってくる様子をそのトラに例えていらしたのを、私が真似しただけなんです。
たまたま、出張先の大阪で仕事はトラブルわ、アレルギー(真相は今だ不明)は起こすわ、
というメに遭ったのを「トラに襲われた」と言ったわけで、大阪が悪い訳ではないんです…

しかし関西には何回も行ってるのに、全然余裕のない状況ばかりで、残念至極です…


ご苦労様です! 投稿者:Marcel  投稿日: 9月30日(土)15時18分18秒

める様、こんにちは。マルセルです(^^)/
休日出勤ご苦労様です。そして、「フレンズ」第2シーズン分の
エピガイアップもご苦労様でした(^^)
れのさんと同じく、僕も第2シーズンが一番好きなんですよ〜。
やっぱり本格的に見始めたのがそこだからかな?

ところで、「大阪のトラ」って何ですか?
過去ログを読んでいくと分かるネタなのでしょうか(^^;?
何となく地元ネタには反応せずにいられなくって…。


休日出勤中 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 9月30日(土)12時47分44秒

…というわけで、今だトラに組み敷かれている私です。しくしく。
昨夜なぜかこの掲示板に入れなかったので、禁をやぶって会社から書き込み中。

>れのさん
私も第2シーズン大好きなんですよ!一番最初に見たのが第2シーズンだったので特に
愛着があります。フレンズのエピソードって、それぞれのプロットが同等に進んで、
どれがメインでどれがサブってことはないと思うんですけど、「あらすじ」っぽくまと
めるとどうしてもロスとレイチェルの話が中心になってしまうんですよね。それだと
落っこちてしまう、例えば「マコレート」の話とか、ジョーイが男とキスする練習する
話とかに、私は偏愛があるので…でも、改めて調べないと、私もどれがどのエピソード
に入っていたのか全然忘れてます。

>ちのさん
例のもの、元々こちらの図々しいお願いですから、いつでもよろしいですよ。本当に
ありがとうございます。

>あずきさん
落札おめでとうございます!これでいつでもハンドー君と一緒♪ですね。(ちょっと
コワイかも…)あ、「人生は」も届いたんですね!ではいつでもジェフ君と一緒♪
ですね。(こっちのほうがいいかも。)


ついに・・・。むむぅ。 投稿者:あずき  投稿日: 9月30日(土)00時46分36秒

Kumikoさま>18章読みました〜。コモ君の性根の悪さが表れつつ、3人の微妙な揺れる関係。主従と独占欲。先が楽しみですね。 ところで、飼いならしたと思ったトラですが、今日は危うく噛みつかれそうになり、トラはやっぱりトラ。ネコじゃないのね〜、と再確認してしまいました。ふう、危なかった。そんな中、心のオアシス、待望の「人生は・・・」が届きました。うふふふふ〜。早速、今から見ようと思います。あー、嬉しい。 「クイック・・・」は過去の作品群ではDVDになる可能性が一番高そうですよね。一つといわず、ラッセルの作品全部DVDにして特典映像をつけて再発売してくれ〜、と雄叫び上げてます。

ちのさま>うげっ。ばれてしまいましたね。テヘヘヘ。ありがとうございます。あの価格って、結構きわどかったんですよ。これで、私は自分の中のギャンブラーの血が目覚めてしまったかもしれません。おほほほほ。感想など、またお知らせできたらなー、と思っています。


なんと! 投稿者:ちの  投稿日: 9月29日(金)08時36分40秒

みなさまこんにちは。

>Kumikoさま
例のものもう少々お待ち下さいませ。ちょっと問題発生で・・・。申し訳ありません。でも近々お送り致しますので。

>あずきさま
「人生は上々だ」のビデオのお話、私も読ませて頂きちょっと驚きました。う〜ん欲しい!でもいろいろと他の(低価格の)ビデオを購入してしまって、手が出せない・・・。(ただの貧乏人だ)でももうちょっと余裕がでてきたら購入したいです。情報ありがとうございます。ところで!「Romper Stomper」のビデオを某オークションで落札されましたね!!実は私も入札していたのですよ。残り時間が少なかったので思いきり低い値をつけて、そのままにしてました。さっき落札者を見てビックリしましたよ。おめでとうございます!

はじめましての皆様、はじめまして!こちらにもちょくちょくお邪魔しようと思いますのでどうぞよろしくお願い致します。


嬉しいです 投稿者:れの  投稿日: 9月29日(金)00時09分47秒

>める様

フレンズのエピソードガイド、第2シーズン分もさっそく出来ていて、めちゃくちゃ
嬉しいです。このガイドのおかげで、自分が見たいものが何なのか、すぐに分かるように
なったんですもん。感謝、感激です。
特に第2シーズンは、一番気に入っているので、ほんとにうれしい!
(そんなに気に入ってるならガイドなしでもエピソードを覚えておけ、という感じですが(^^;)


トラと松茸の話 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月28日(木)23時01分50秒

>hiromiさん
はじめまして!拙訳を読んでくださりありがとうございます。美しい日本語と言われるとうろた
えてしまいますが…日本語、破壊しまくっているような気も…
映画感想の方も、読んで下さって嬉しいです。どうしても、映画の感想というより、ラッセル
の演じたキャラの話になってしまったりするんですけど、このへんはファンの性というもので
しょうか。Romper Stomperのラッセルのキャラは、単なる「凶悪な奴」ではなく多面性や人間
性を感じさせ、しかし安易な同情や感情移入はさせていない、というところがいいと思いました。

「優越感と劣等感はコインの両面」…確かに、そういうところがありますよね。ラッセルのコ
メントに「自分の持つ偏見について考えさせた」とありましたが、自分にもそういうところが
ないか、考えさせられてしまいます。あのラッセルのコメントは、「すごく考えて演じてるん
だな〜」と、読んでて嬉しかったので引用してしまいました。

>じゅうばこさん
17章はねえ、週末にほとんど出来ていて、出張から帰ってきてちょっと仕上げをしてアップし
たんですが、その仕上げをしながら私も前夜のことを思い出してウメいておりました。いや、
二日酔いじゃないんですけどね。大阪で松茸の土瓶蒸しをご馳走になったんですが、なぜか
その後胃は猛烈に痛いわ、身体じゅうかゆいわ、耳は燃えるように熱いわ、ということになり
まして…私ってもしかして、「松茸アレルギー」?生まれてこのかた松茸なんぞほとんど食べ
たことがないんで、よくわからないんですが、その時他に食べたものは普段食べても大丈夫な
ものばかりだし…もし、そうだとすると、つくづく私って貧乏向きの体質なのね。とほほほ…

>あずきさん
餌付けできたのですね、いいなあ。私のトラはまだ暴れまわっておりますので、しばらく更新
はスローになると思います。しくしく…
ダリウスさんは私もお気に入り。マキシマスの膝を枕に寝てるなんて、うらやましいぞ。
ビデオ購入のサイト、教えてくださってありがとうございます。「人生は上々だ!」あとで
買ってしまおうかと思ってます。

ところで「クイック&デッド」って、DVD出ないですかねー。レオファンもいるし、売れる
と思うんですけど…


餌付け成功。 投稿者:あずき  投稿日: 9月27日(水)21時27分45秒

ああ〜。トラの餌付けの成功したもようです。私の手から、おいしそうにエサを食べるのも
時間の問題でしょう。ホッ。じゅうばこさん、Kumikoさんすみません。お先でした〜。

Kumikoさま>17章読みました。今週の気になる男No.1は、ダリウスのおやっさんに決定。
一々、おいしいですよね。チラっとしか出てこないのに。私も、二日酔いの描写なら負けない自信有りです。あ、ホメられたものでもないか。
それから、私はラッセル作品のビデオ購入は主にネットでしています。一番ヒットしやすいのは
JAV−NETした。URL付けときますね。
因みに「人生は上々だ」は、キーワード「ラッセル クロウ」ではヒットせず、最初は見逃してしまったんです。
作品名そのもので検索かけたほうが良かったみたい。何はともあれ楽しみです。

じゅうばこさま>他のBBSでも、いつも思ってたんですが、じゅうばこさんのユーモア溢れる言葉使いや気配りを、いつも、見習わなければなー。と思って読んでいます。
では、良い戦いを。アハハ。

http://web.jav.co.jp/


トラづくし 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月27日(水)01時36分41秒

お帰りなさい。大阪のトラは、首尾よくほふって来られたのでしょうか?
私のトラは接近中でして、もはや餌付けもままなりません。食われちゃるの覚悟で、組みつこうかなあ…なんて。
17章を拝見したら、こちらにも、かわいいトラが。こんなトラなら拾いたい。
でも、「あらすじ」では(いちいち比較して、うるさい奴ですが、それだけ印象に残ってるんですよー)、3人の遠乗りのことはあったけど、二日酔いの話はありませんでしたよね。いや、あそこの流れでは書かない方が正解だったと(これは、作者の方も楽しんでおられる遊びで、主筋とは関係ないから。こういうところの、Kumikoさんの選択の正確さに、いつも感心します)思うけど、でも、こうやって読むと、ほんっとに同情しますよ、マキシマスに。あの遠乗りって、二日酔いの後だったのー!?飲みすぎた翌日、馬に乗る!?でもって、いやな奴と話するなんてー!作者の方、二日酔いになったことがおありで、これを書いたのなら、人間じゃないわ!と、この方面に豊かな体験を持つ私は、思い出してうめいております。ルッシラさん、せめて冷たいミルクでも与えて、もう少しだけ寝かせてやってー!


始めまして。 投稿者:hiromi  投稿日: 9月26日(火)23時55分11秒

プレクエルを楽しみに読ませていただいている者です。Romper Stomper に関するお話で私も全く同じ意見をもったので書き込んでます。”負け犬だからこそ、より見下せる存在を求めて人種差別に走るんでしょうか・・・全く同感です。こんなくだりが私の読んでいる本にありました。日本語が美しいと感じさせてくれるkumikoさんですので、原語になってしまいます事、お許し下さい。"You have an inferiority complex because you have a superiority complex. It is impossible to have only an inferiority complex. Inferiority and superiority complexes are the two sides of the same coin...You are always looking up to someone or something that you think is superior to you without looking at yourself
..But at the same time,aren't you looking down on someone or something that you feel is inferior to you without being aware of it? ..お体に気ををつけて頑張ってください。


出張から帰ってきましたが 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月26日(火)23時13分00秒

…大阪でちょっと(じゅうばこさん風に言うと)トラに襲われていました。これが、大阪のトラのくせに(笑)強いのなんのって。はぁ〜
まあ、愚痴はさておきまして。

>じゅうばこさん
プレクエル、17章アップしました。私もこういう、主人公の何でもない普段のシーン、割と好きです。思えば映画では、上映時間の関係もあってか、マキシマスはファーストシーンからラストシーンまで疾風怒濤で、「普段」に近いシーンなんてほとんどなかったですからねー。せいぜい、ジュバと屋上で話すシーンとか、ハーケン達とごはん食べてるシーンとかぐらいで。ああいうシーンはすごく好きでした。プレクエルの方でも、11章とか16〜17章とか、訳してて楽しいです。二日酔いのマキシマス…うふふ。

>ペコさん
「フレンズ」は、第1シーズンの1〜16話までなら、字幕スーパー版がレンタルビデオで出ています。…って、何か強引に薦めているようで気がひけますが。

>あずきさん
「人生は上々だ!」って、レンタルだったので、返してしまって手元にはないんですよ。購入できるルートがあるのでしょうか?

「フレンズ」ファンとは素敵な旦那様ですね!(って、基準はそれだけかい(笑)!)
しかし、ラッセル・クロウと「フレンズ」…「両方、私が好きだ」という以外、何の共通点もないこの2つを、1つの掲示板で語ってしまっていいのだろうか。自分の掲示板ならではのワガママですね。


え?早く言ってよ〜。 投稿者:あずき  投稿日: 9月25日(月)20時59分51秒

Kumikoさま>今晩は〜。出張はいかがでしたか?お疲れ様でした。16章拝読いたしました。ダリウスのおやっさんが、泣かせますね。そして、やっぱりウソの下手なボク。あっははは。
しかし、ルッシラさんやコモ君も、遠い未来の東の地の果てでこんなふうに自分達をネタに遊ばれているとは・・・。あの世とやらで、苦笑いしているでしょうね。歴史に名を残すって、こういうことでもあるのですね。あはは。
ところで、ウチの夫が「フレンズ」ファンだと判明。え?何で早く言わなかったの?wowow歴長いことは知ってたけど、付き合ってたときも、一言も言わなかったじゃないの〜。って感じです。彼にガイドしてもらって、次のシーズンから参加しできそうです。
それから、Kumikoさんもご推薦の「人生は上々だ」が2週間後くらいに手に入りそうです。これで、廃盤の「アンボン・・・」以外は手に入ったことになります。が、だがしかし。日本未発売のものも、もちろん欲しい。でも、字幕無しではストーリーが・・・。ああ、ジレンマ。どこかに、シナリオ落ちてないかしらん。

どみさま>はじめまして。「グラ・・・」を見て、私の拙作を思い出していただけるとは。うれし、恥ずかし。です。まだ、スクリーンでマキシマスに逢えるとは、うらやましいかぎりです。
では、これからも、よろしくお願いします。


フレンズ第6シーズン(wowow) 投稿者:ペコ  投稿日: 9月25日(月)20時05分32秒

>kumiko様
今晩は!もうご存知かもしれませんが・・・・(汗)ファンの為に情報提供したいと思います。
「TVTaro」10月号によりますとフレンズ第6シーズンの放送がスタートされます。
(個人的には加入しているけど、二ヶ国語の為に見られない。)

  フレンズ第6シーズン
★WOWOW
★10月13日(金)午後9:40〜10:10よりスタート!



書類の上では 投稿者:じゅうばこ  投稿日: 9月25日(月)10時53分44秒

16章拝見。たしかに、このあたり、中休みというか、嵐の前の静けさって感じですが、個人的には、こういう、主人公がこれということを何もしてない場面を読むのは、とても好きです。マキシマスの身分のことが一見ごちゃごちゃ出てくるのも、とても面白く、そうそう、ローマの昔からというか、人間がいる限り、ただ強いとか愛し合ってるとかだけじゃだめで、書類とか手続きとか規則とかいう、味気ない退屈なもので、人の運命は左右されるんだよねえと妙にしみじみ納得してます。小説でマキシマスを知っている私たちには、彼は長い睫毛の、ときどきものうくなる声の、あーいう顔の、こーいう身体の人、なんだけど、記録というか正式の書類の上では、そんなの何の関係もなく、誰かの養子、誰かの部下、それでおしまい、なんですよねえ。私たちだって、そうだけど。
ところでルシアス君ですが、私はもう二度と登場しない!に賭けますね、なんとなく。作者の方が忘れておられるわけではないだろうけれど、せいぜいが、あと一度くらいマキシマスが「それにしても、あのひよわな少年はいまごろどうしているのだろう。そんな考えが、ふっと心をよぎったが、すぐに彼は思い出を振り払った。いまは、そんなことに気をとられている時ではない」とかいう感じで、ちらと思い出すのが関の山でしょう…とか言ってたら、どーんと登場したりして。(笑)

どみさま、はじめまして。ありがとうございます。遊び半分で始めたことが、だんだん、収拾がつかなくなって自分でもあわてています。これからも、どうぞよろしく。


フレンズDVD 投稿者:Kumiko  投稿日: 9月24日(日)23時25分29秒

>ペコさん
「おはようございます」でいいんですよ。私はその頃起きたばっかりでしたから(おいおい)
フレンズのDVD、すごーーく楽しみにしています!6000円という値段も嬉しい限り。
PALのビデオ(ハード込み)に何万円もはたく覚悟をしていた頃が嘘のようです。

今日はアマゾンから"Proof"のビデオが届き、若いラッセルに見惚れてました。幸せ。
「プレクエル」の方は16章アップしてます。まあ、このあたりは中休み、って感じですが。
18章あたりからまた急展開になります。

明日は5時半起きで朝一の飛行機乗って出張…しくしく、早起きは大の苦手なのに。


失礼しました! 投稿者:ペコ  投稿日: 9月24日(日)14時57分25秒

>kumiko様
間違えて「おはようございます」と書いてしまいました。今日は!でした。


フレンズDVD発売(日本) 投稿者:ペコ  投稿日: 9月24日(日)14時50分45秒

>kumiko様
おはようございます。さっそくお返事どうもありがとうございます。
映画の感想を楽しく読ませてもらっています。凄いです!
今「DVD&ビデオでーた」10月号のDVD発売をチェックしてみたら、なんと「フレンズ(ファーストシーズン)コレクターズセット@」が書いてありました。もうご存知かもしれませんが・・

 フレンズ(ファーストシーズン)コレクターズセット@
★発売日:11月23日
★価格:6000円 (各2500円で単品発売あり)
★特典:ミュージック・クリップ付き


>れのさん 投稿者:Kumiko(める)  投稿日: 9月24日(日)01時37分03秒

おお、れのさんも!さっそくのご来訪ありがとうございます。
「フレンズ」ページはこれから加えていきますんで、また来て下さいね。
「フィービーのオートミールレーズンクッキーの作り方」なんかも予定してます(^^)。