Kumiko's Home BBS 過去ログ 4

戻る


第28章は少女漫画ワールド?! 投稿者:ペコ  投稿日:10月27日(金)00時00分23秒

>kumiko様
今晩は!
通勤電車の中で第28章を読みました。
故郷を想うシーンってなんて美しいだろうと思いました。まるで竹宮惠子の「変奏曲」や「風と木の詩」の”セルジュ”の章や「地球へ・・・」(の人類の故郷である地球への想い場面)みたいです。ノスタルジーぶりがもう少女漫画的です!あっ、そうそう白泉社の「ぼくの地球を守って」もです。勝手に解釈してしまって失礼しました。
少し違うけど、「風と共に去りぬ」、スカーレッドが故郷に戻ってみると、母がすでに亡くなられて、豊作だったのに今では不毛となった土地の土のなかに痩せた野菜を掘り出して口に入れてみてぺっと吐き出して、その土を握って立ち上がって、負けるもんかと強く誓う姿を思い出します。
そして、ラストシーンも、レッドパトラーが去り号泣したけど、「明日には明日の風が吹く」と言って故郷のタラヘ・・・大きな樫の木の下に立って、豊かな髪が靡く・・・自分の家へ歩く後ろ姿を連想してしまいました!スカーレッドは運命を自ら切り開くタイプですね。マキシマスは運命に巻き込まれるタイプなので、それが大きな違いですが・・・・
私の頭の中で美しい映像が出来上がってます。それを巧く書けなくて悔しいです。


はじめまして 投稿者:ローズ  投稿日:10月26日(木)23時32分17秒

ものすごーく緊張してカキコしています。
Kumiko様の「プレクエル」「グラディエーター感想」は、感動の中で繰り返し読ませていただいています。新しい「剣をとっては・・・」は処刑のシーンで剣を奪ったとき怪我しなかったのは
なぜ?と友達と話していたので興味深かったです。
「凍りついた剣は抜けんぞ」と言ったときのマキシマス得意の少し顔をかたむけた、剣を持った
揺れるようなしぐさ・・・カッコよさでは映画の中でのNO1です。
Kumiko様がマキシマスのことを、「うだうだと理想を語るよりも、とりあえず自分に出来る事を
しようとする」と分析してみえて、本当に彼の魅力は、この一言に尽きると感動しました。
それなのに、今日お尋ねしたいとドキドキしながら思っていることは、急に話が変わるんですが
「ターニングラブ」のことなんです。(ぺコ様たちに また〜と言われそう)
Kumiko様の映画感想は読ませていただいていたのですが、インターネット初心者でネタバレの
読み方が解らなく、そこにこの映画の評価が低い訳が隠されているのにと、イライラしてました。
それが昨日ようやく解りまして、ど・ど・どうして?と・・ショックでした。
スティーブが、最後の方で「愛とかいうものがダメにした」と言ったように、あの結婚はモニカ
だったから逃げたのだと思っていました。(考え方は幼稚だけれどホントに好きだったと思う)
映画の中でモニカが、結婚は現実(生活の安定)と幻想(愛)だと言い、スティーブは結局
現実的な結婚しか出来なかったのでは?私は、間違った解釈をしているのかもしれません・・
ラッセルクロウにものすごくはまってしまったのは、もちろん「マキシマス」なんですが
自分でも信じられないくらい愛しちゃったのは、「ターニングラブ」が対極にあったからでした。
セリフとは思えないほど、クロウにぴったりとはまったセリフ。素敵な二人のアパート。
使用されているおしゃれで、切ない音楽。数々の美しい二人の場面(別れの最後の1分間は、
本当に悲しい)きっとこれからも繰り返し観るビデオになると思います。
Kumiko様ごめんなさい!!好きな映画のことで力が入ってしまいました!


28章 投稿者:たーちゃん  投稿日:10月26日(木)13時08分43秒

Kumikoさん
いつも読ませて頂いてます。プレクエル、大好きで楽しみにしてるんですよ。
私事ですが、劇場で映画を観られるようになってから4年位になります。
(子育てが一段落したので・・・結婚してからはテレビ放映のみだったのです)
インサイダーからグラにはまって、インターネットでこんなステキなHPに
巡り合えて、感動しています。まだまだラッセル熱は下がりそうもありませんね。
娘も友達もあきれかえっているんですよ。でも一人だけグラに興味をもってくれた
ので、kumikoさんの翻訳のこと教えましたよ―。

始めてカキコミをする気になったのは、kumikoさんと同様、28章で感動したのです。
いつも、マキシマス(ラッセル)の顔・動作などを思い浮かべながら、自分の中で映画に
しながら読んでいるのです。強く生きている人程、人には弱みをみせないから、マキシマスの
心情を思うと、おもわず目がうるうるしてしまいました。特に最後の「胸におさえきれない嗚咽が
こみあげ、肩をふるわせた。  故郷に〜〜〜。」の所では涙が流れてしまいました。
今、こうしてカキコをしてる間にもうるうるしてきます。
うまく、感想がいえない自分に腹立たちさを感じながら、この辺で締めます。

今後も宜しくお願いします。


生レイフ第2弾 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:10月26日(木)01時50分40秒

昨日はアルメイダ劇場公演のもうひとつの演目、「コリオレーナス」を
観て参りました。今度の席は前から3番め、しかもレイフが舞台の端ま
で来て独白なんてしてくれちゃう場所のまん前で、その距離約2.5m。
「あー、映画と同じ声だ…でも今目の前でしゃべってるのねー」とアホ
みたいな感激のしかたをしていました(笑)。彼の手までよく見えて、
なんて長くてエレガントな指なんだろう、とか。(いえ、もうちょっと
真面目な感想も書いた方がいいのかな?まあいいや。)ロンドンのアル
メイダ劇場にはケビン・スペイシーも出た事あるみたいなんですが、
ラッセルも出てくれないかな、なんて…それで来日公演してくれたら最高。
(でも、その公演で携帯電話なんて鳴ったら、それこそコワイかも…)

HPの方はプレクエルの28章アップ。私の一番好きな章なのです。
この章をはじめて読んだ時思わず感動してしまって、(この手のもので
感動するなんて、考えてもみなかったのですが)それまでなんとなく読
んでいたプレクエルにハマるきっかけになったところでした。私の訳文
でその美しさが損なわれていないといいのですが…

>ペコさん
"Proof Of Life"の予告編見ましたよ!なかなか良さそうですね。
でも、日本公開は来年になりそうで、それまで待つのがつらいわー
(なまじ、情報は早く入ってくるだけにね。)


あの父親役は・・・ 投稿者:ペコ  投稿日:10月25日(水)22時13分50秒

>kumiko様
今晩は!
買ったDVD「戦場のメリークリスマス」を22日に観ました。
「人生は上々だ!」を観て、父親役を演じたジャック・トンプソンをどこかで見たことがあると思ったら、ビデオケースのキャストのところに『戦場のメリークリスマス』と書いてありましたが、ぼんやりとしか思い出せませんでした。
改めてみると、日本の捕虜兵の一人強面の英国連邦の軍人として出演しておりました。
雰囲気がぜんぜん違うので、本当にこの人(?)と驚くほどでした。相変わらずなのは、やはり半ズボンの軍服を着てました。オージーらしくてとてもよく似合ってましたね。
高校時代、TVで見たので、あの時は爬虫類系で美男ぞろいの映画に弱くて、デビッド・ボウイと坂本龍一にうっとりしてました。今になって改めて観ると、なんて厚化粧だろうと思ってしまいました。ああ、今の私にはラッセル様のむっちり(命名はともこ様)が一番いいです!
らっそー大好きの掲示板にさちこ様とちゃお様の提供の最新予告編のウェブが掲載されてます。
観ましたら、本当にゴジップなんてブッ飛ばす程、男色気が溢れています!濡れるとはいえ、ますますその色気がアップしますね。実は「クイック&デッド」のコートは泥まみれなのにとても男色気がありすぎて直視することが出来ず、照れ隠しから迷ファッションセンスや爆笑ネタで苛めておりました!


それではみなさま、よいお年を(<冗談よ。) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:10月24日(火)02時30分00秒

>どみさん
ケビンとラッセル、「LAC」ではせっかく共演してるのにほとんど絡み
がなかったですよね。ぜひ再共演してほしいです。今年のオスカーのパロ
ディフィルム、ほとんどは映画のシーンを再編集してあるのに、ケビンだ
けはちゃんと新たに撮ったものに出演してましたね。クリントン大統領が
冗談で作ったフィルムにも出演していたっていうし、そういうのが好きな
んでしょうね。(そういうケビンが、私は好きです。)

「はみだしっ子語録」は、私は買い損ねています。でも実家に行けば
「ハッシャバイ」と「チェリッシュ・ギャラリー」と「はみだしっ子トラ
ンプ」があるはず。三原さんは地下鉄サリン事件の日に亡くなったのです
か…私は彼女の死を1年ぐらい後まで知らなくて、知ったときは愕然とし
ました…「はみだしっ子」のセリフって、結構自分でも気がつかずに引用
してたりします。「どこへ行くのでも、迎えてくれる人がいるのは嬉しい」
とか、「のんびり、めげてないで…」とか。

しかし、どみさん、ラッセルに「フレンズ」に「はみだしっ子」
…わたしたちは、前世で何かあったんでしょうか(笑)?

>あずきさん
「グラ」感想文、読んで下さってありがとうございます。のりやすい
私は早速アップデートしました。ちょっとですが。しかし、映画の感
想というよりも、1から10までマキシマスのことばかりですね。
読み返して自分でもあきれてますけど。

プレクエル、次はいよいよ帰郷編であります。私が一番好きなとこ
です。それだけに、いい訳文が浮かばないのが情けない。

もう一年の総括ですか?のんびりやの私はそういわれると焦ってし
まいます。年賀状とクリスマスケーキの予約でもしようかしらん。
去年は私にとって「インターネット元年」で、いろいろな方とお会
いできて世界が広がった感じがしたのですが、今年は自分でHPを
開いたり、新たな方々にお会いできたりして、また楽しかったです。
これからもよろしくね。(うーんやっぱり年賀状みたい…)

「あずき版prequel」も楽しみに読ませて頂いております。
読んでて顔がにやついてしまうのを抑えることができません…
えへへへ〜。

>ペコさん
次章からは幸せなマキシマスが読めますのでご安心を。
でも、幸せなら幸せで、先行きの事を考えてかえってせつなく
なっちゃったりするのですよね…


どうして!マキシマスを不幸するの 投稿者:ペコ  投稿日:10月24日(火)01時56分30秒

>Kumiko様
今晩は!
「グラディエーター・プレクエル」第16章から第27章まで読みました。
ああ、ため息してしまいました!あらすじでストーリーの展開は知っても、本編を読むと感動はやはり違います。マキシマスのあの魅力的な人柄は色々な経験を味わってるからこそ、だと思います。でも、どうしてマキシマスの人生って不幸ばかりなのか・・・自分の家族を失ってしまい、やっと父のような人物と出会えたかと思えば、また失ってしまうなんて・・・残酷すぎます!
今、書き込みを打ってるけど、涙が止まりません・・・・


よよよよ〜。 投稿者:あずき  投稿日:10月22日(日)20時20分51秒

こんばんは。お久しぶりでーす。

とうとう、ダリウスのおやっさんがぁ・・・。私も、辛いわ〜。
結構、残酷な描写があってビックリしました。
それにしても、クイントスが、イメージダウンしてましたねぇ。
(悪役としてならイメージアップとも言えるかな?)
もしかして、この作者さんは彼のことが嫌いなのかしらん?
とはいえ、確固たる信念の男。とも言えるわけですが、未来が未来だけにねぇ。
あ、でもおやっさんが逝ってしまったということは、いよいよ彼女が登場するのですね。
そのことは、楽しみです。

それから「グラ・・・」の映画評、読みました。
質、量共に充実してて、実に読み応えがありますねぇ。
まだ、暑い盛りに、熱い議論を繰り広げていたことを、懐かしく思い出しつつ
読み返したりしました。

そろそろ、一年を総括する時期に差し掛かってますが、
今年の一番の収穫は「グラ・・・」を通して、Kumikoさんや、じゅうばこさんや、
ペコさんや、「グラ・・・」とラッセルを愛する皆さんに出会えたことでしょう。
映画に詳しいみなさんのおかげで、映画がもっと好きになりましたし。
あれ?なんか、卒業のサイン帳みたいになっちゃいましたね。(テレテレ〜)
これも「グラ・・・」のせいだわ。

まだ、アップされていないグラのコーナーが、待ち遠しいです。


ラッセルも思わず 投稿者:どみ  投稿日:10月22日(日)18時33分51秒

2000年アカデミー賞のことで思い出しました。(遅レスですが)
あの授賞式でのラッセルは、自分の出ていた「インサイダー」が紹介されていたときですら、終始むっつりしてて、「あんた、何が不満なのよ〜!」と口を挟みたくなるほどでした。でも、そんな頑固なラッセルも、主演男優賞候補紹介でケビン・スペイシーの「アメリカン・ビューティー」のユーモラスなワンシーンが流れた時は、さすがにニッコリしてましたね。ケビンファンでもある私は、「LAコンフィデンシャル」で培われた二人の友情を再確認した気分でとても嬉しかったのでした。

vivi_malkoさん、Kumikoさん
私も「はみだしっ子」大好きですー! 「はみだしっ子語録」も買っていたはずなのですが、いつの間にか紛失してしまったらしく、物置をひっくり返しても見つからないのが悲しいです。それにしても、一つのマンガの
「語録」が、独立した書籍として出版されるというのはすごいことですね。台詞の一つ一つに読ませる力がなければ、そういう本は成立しないのですから。三原順さんは、確か地下鉄サリン事件が起こった日に夭逝されたんでしたっけ。「美人薄命」ならぬ「才人薄命」だな、と世の無常を感じました。

Kumikoさん
「グラディエーター」を見て、劇場で散々泣かされましたので、もう当分マキシマスに泣かされることはないと思ってましたが、やっぱり12月のビデオとDVDリリースの時は、また泣いてしまうような気がします。それもは何故か? きっと「プレクエル」のせいでしょう。

ペコさん
「刑事ジョン・ブック」は本当に美しい映画でしたね。私は劇場公開時に4回見ました(ビンボーな私としては画期的な回数なのです)。最近、DVDデッキを購入したので、ペコさんの「ジョン・ブックDVD」情報はとてもタイムリーでした。インタビューも入っているなら、これは買うっきゃないですね!


27章…しくしく(泣) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:10月21日(土)23時28分55秒

あーついにここに来てしまったのね。つ、辛い…
でもここを乗り越えないと故郷には帰れないし…
最初読んだ時も、あらすじ書いてる時も別になんともなかったのに、
訳していると知らず知らずのうちに愛着がわいていたらしい。はあぁ。

と、いうわけでプレクエル27章をアップしました。しくしく…

>ペコさん
もちろんかまわないですよー。というか、私などちずやんさんに事後承諾
もとらずに私とじゅうばこさんの書込みを載せてしまっている…
いいのかしら…(不安)
daifukuさんのページのペコさんのコーナー、いつも楽しく読ませていただ
いております。この掲示板は過去ログに保存しますので、皆様の書込みはこ
のHPが続く限り保存版とさせていただきますが、ペコさんの書込みは
daifukuさんのページのようにコーナーとしてまとめた方が迫力(?)が
あっていいですね〜

私がペコちゃんに似てると言われたのは15年前、1回だけです。自分で
はあんまり似てないと思うけど…


そうだよね。 投稿者:ペコ  投稿日:10月21日(土)01時01分25秒

>Kumiko様
私もそうと思うわ!
「シンドラーのリスト」のシンドラーなら話が分かると思いますわ。
本当にダンデイズムでセクシーでかっこいいですよね。女みんなイチコロなのも納得できますよね。コスチュームやキャラクターなら「ダークマン」のも良かったなあと思います。

サー・コネリーだけなら間違いなくナンバー2でしょう・・・トップはマキシマスが不動だぞ・・・トホホホホホホホホ

はい!ペコについては私の容貌が不二家ペコに似ているからです。名付け親はタクシードライバーさんです。
小学生時代、不二家ペコの店の前にあるペコちゃん人形のとなりに立ていたら、知らないタクシードライバーさんが(駅前で客を待機中)ニヤニヤしながら、歩いてきて身振りで(私のことを耳の不自由だと知ってた)「そっくりだよ」と言われてしまいました。
おお、あなたも言われたそうですね。会ってみたいわね。

このBBSに書きコしたラッセル様の迷ファッションセンスをdaifuku様のサイトの私のコーナーに勝手に載せました。事後報告の形になってしまって失礼致しました。



さっそく買いにいかなくては! 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:10月20日(金)23時25分19秒

>ペコさん
「EMPIRE」誌情報ありがとうございます!さっそく買いに行きます♪
うーむ、インディは4位、さすが!ミシェル・ファイファーは「恋のゆくえ」
ではなくてキャットウーマンで入ってましたね。「お熱いのがお好き」の
マリリン・モンロー(Suger Kane)…「ティファニーで朝食を」のオードリー
(ホリー・ゴライトリー)ふむふむ。
…びっくりしたのはジェームズ・ボンドの順位の低さですねえ。
サー・ショーンだけならもっと上位だと思うんですが、後の俳優がセクシー
さを下げてしまったんでしょうか。私はリーアム・ニーソンはセクシーだと
思いますが、「エピソード1」のキャラは確かにあんまりピンとこないですね。
むしろオスカー・シンドラー氏の方がセクシーだと…やっぱりコスプレ系の方
が強いのでしょうか。おお、「ワイルド・アット・ハート」のニコちゃんが
入ってますか。


アンジーは競争率高いのね 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:10月20日(金)23時14分45秒

>ペコさん
「インサイダー情報」ありがとうございます。DVD出ないのかな?と心配しておりました
が、これで安心ですね。まずビデオをレンタルして、それからDVDを購入、ということに
なりそう。マキシマスとワイガンド先生と21世紀をスタートできるなんて幸せですね♪

こういう情報はいつもdaifukuさんのHPに頼り切りで、自分で集めて載せようという気は
まったくないずぼらな私。ゴシップに関しても同様で、daifukuさんとこと、あと「ぢごくみ
み」で充分かな〜と。でも、「ラッセルがロンドンで下着を盗まれた(しかも犯人は男らし
い)」というような、注目すべき重要な情報があった場合は、この掲示板に載せますので…

あ、なんで「メルモちゃん」の話が出ているのか不思議に思っている人に…
私はyahoo!の掲示板では、"kumiko"も、"meru"も使っている人がいて受け付けてもらえな
かったので、"kumiko_aka_meru"(akaは、also known as =「またの名を」)というHNを
使っているんですが、それを見て「メルモちゃんの赤いキャンディを思い出す」とおっし
ゃった方がいまして…それで、関係ないんですよ、と書いたんです。

「める」の由来は、トップページに名前を出しておきながら今の所コンテンツを作る気が
まったくないらしい「推理作家マーサ・グライムス」の「パブ・シリーズ」に出てくる
「メルローズ・プラント」という人(男です)からきています。私がインターネットの
掲示板に初めて書込みする時に、まさかこんなに長くインターネットにかかわるとは思
わなかったので、まったくのその場の思いつきで「Melrose」と名乗ったのが始まりで。
ところが、それが海外ドラマの掲示板だったため、海外ドラマ「メルローズ・プレイス」
のファンだと思い込まれることが多かったので、略して「める」に変えました。しかし、
ラッセル関係の掲示板に初めて書込みする時、たまたまそこはメル・ギブソンのファン
でもあるという方が多かったので、「める」は避けて本名にしたのです。

あ、私のハンドルの由来なんてだれも興味ないですね。長々とすみません…
ペコさんのハンドルはもしかして、不二家のペコちゃんに似てるからとか?
私も似てると言われたことがあります。いにしえの昔の話。

>vivi_malkoさん
それでは、アンジーの手を両方から引っぱって、先に離した方が本当の母親…じゃなくて、
えーっと…

たしか、ひしさんもアンジーファンではありませんでしたっけ?「カッパのポスペがあった
ら…」なんて話を前にしたような気がいたします。


マキシマス掲載にもう卒倒中! 投稿者:ペコ  投稿日:10月20日(金)21時55分59秒

あらあら、このBBSを独り占めしてしまって申しわけございませんでした。

あの「映画史上セクシー」の詳報です!今日の仕事の帰りに「英国版EMPIRE」No.69号を買いました!
恐る恐る開いてみたら、ああああああああああ「グラディエーター」のマキシマスのあのかっこいいグラディエーター姿がでっかく掲載されました!はあはあはあ、セ・セ・セクシーだわ!!!!男女に区別がなく順位されています。
第1位マキシマス 第2位レイア姫 第3位キャットウーマン 第4位インディ・ジョーンズ(きゃ〜!) 第5位Sugarkanne(マリリン・モンロー) 第6位バーバレラ(ジェーン・フォンダ!姪のブリジット・フォンダよ、あんたは伯母にまだまだ叶わないぞ!)第7位QUI−GONJINN(ニーアム、どこが!) 第8位HOLLY GOLIGHTLY(オードリー) 第9位TRINITY(「マトリックス」のヒロイン) 第10位CATHRINE BANNING(レネ・ルッソ,「トーマス・クラウン・アフェアー」) 第11位ハン・ソロ(なんで!!!11位なの!) 第12位NEO(キアヌ) 第13位ビビアン(「プリティ・ウーマン」) 第14位ELIZABETH(「ナインハーフ」のキム) 第15位CATHERINE TRAMELL(「氷の微笑」シャロン・ストーン!なんで低いの!同性から見てもセクシーなのに) 第16位KAREN SISCO(「アウト・オブ・サイト」のジェニファー・ロペス)・・・・・第21位マッドマックス(おおメル・ギブソン!) 第22位ジェームズ・ボンド(歴代とも、しかし写真はやはり胸毛だらけショーン・コネリー!) ・・・第42位STANLEYKOWALSKI(「欲望という名の電車」若き日マーロン・ブランド!ビビアン・リーをレイプするシーンの映像はないのに何故かドキドキしてしまいました!)・・・第64位SAILOR(きゃ〜!「ワイルド・アット・ハート」のニコラス・ケイジ!あの悪趣味な鱗ジャケットを着てた!でも、私はデビッド・リンチ監督の大ファンなので・・)全部で69もありますので、ここまでにします。もし気になるキャラクターがあれば、質問してください。調べられますから。


速報!インサイダーVIDEO&DVD  投稿者:ペコ  投稿日:10月20日(金)20時39分49秒

>皆様
今晩は!お待たせました!

「インサイダー」
《VIDEO》
★発売日:2001年1月17日(レンタルも同時開始)
★価格:16,000円(税抜)
★発売バージョン:字幕版・吹替版(TVサイズ)
★メーカー:ポニーキャニオン
《DVD》
★レンタル:2001年1月17日開始
★セル版:2001年2月21日発売
★価格:未定
★メーカー:ポニーキャニオン

情報源は「DVD&ビデオでーた」11月号よりです。 

「刑事ジョン・ブック/目撃者」DVDについて
★メーカーの都合より11月22日に発売延期されました。
おわびを申し上げます!


ふしぎなメルモちゃん 投稿者:ペコ  投稿日:10月19日(木)20時49分14秒

>vivi_malko 様
そうそう、「ふしぎなメルモちゃん」は手塚治虫の作品で、子供の性教育の目的で描いておりました。私も小さい時それを見てドキドキしてしまいました!


関係ないですが・・・・ 投稿者:ペコ  投稿日:10月19日(木)20時30分20秒

>皆様へ
今晩は!
ラッセル様とは関係ない話でお赦して下さい。

明日「刑事ジョン・ブック/目撃者」DVD初発売です!
★特典:予告編/インタビュー
★価格:4700円(税抜)
★メーカー:CICビクター
★受賞暦:1985年度アカデミー賞・オリジナル脚本賞、編集賞(ノミネートは作品賞、主演男優賞、監督賞、撮影賞、美術監督・装置賞、作曲賞9部門でした!同時ノミネート作品は「愛と哀しみの果て」「カラーパープル」「蜘蛛女のキス」「女と男の名誉」で、「愛と哀しみの果て」が受賞した。かなり秀作だらけでしたね。)


本名はリフェールでしたね。 投稿者:vivi_malko  投稿日:10月19日(木)14時02分29秒

こんにちは〜♪

あのアニメを見ていた頃は、青いキャンディ(だっけ?赤だったかも)をのんで
あんなナイスバディなレディになりたいと思っていましたが、
今は絶対年をとるキャンディは欲しくありません。
だって、一粒でおばばになってしまう。。。(爆泣)<メルモちゃん

>ペコさん。
「刑事ジョン・ブック/目撃者」は本当に良い映画ですよね。
美しくて、切ないんです。
あの作品を観るたびに、心があらわれるような気がします。
高校生の頃、集団でご覧になられたのですね。
それはさぞ、ドキドキされたことでしょう。。。
#う〜む、「ターミネーター」でなくてよかったと思います。
あれって、結構キワドイ描写がありますものね〜。でも私も好きな作品ですが。。。
<ターミネーター

>Kumikoさん。
うっきゃ〜!
やっぱり「はみだしっ子」ファンでしたのね。(感激)
なんだかそんな予感がしておりました。
おぉ、私も文庫持っております。
#「ハッシャバイ」とか「はみだしっ子語録」なんかもあります。(笑)
アンジーファンですのね?うむ、ライバル出現。(笑)
では、アンジーを半分にしませう。
上下にします?(あわわ(笑))
いや、やっぱし、右半身と左半身に。
オフィーリアには渡さないゾ!(笑)


いいえ! 投稿者:ペコ  投稿日:10月19日(木)01時37分57秒

人脈について、私のはあくまでも追いかけで、そんなに凄くありません!
ゆみ様のほうがプライベートまで付き合っていらっしゃる位なので、本当に本当に凄すぎます!
ささやななえなら知ってます!結構好きです。
私は今練馬区に住んでおります。日本漫画家の聖地(?)といえば、練馬ですね!(私のは偶然です)現に住んでいるのは、ちばてつや、松本零士、牧みやこ(松本の奥様で、漫画家同士結婚第1号!)、弘兼憲史、紫門ふみ(夫妻)ですね。故・石ノ森章太郎も練馬に住んでおりました。
聖地になったかといいますと、手塚治虫は虫プロダクション倒産まで、かつて練馬区(都内とはいえ、田舎のほうで)の最大企業でした!最盛期では500人もの社員がいたそうです。
大島弓子、竹宮惠子、萩尾望都、山岸涼子、ささやななえ、花の24組たちも練馬の大泉に住んでおりました。竹宮惠子本人に確認してみたらその通りだそうです。(筆談で)
あら、私も川原泉が好きですよ!


はあはあはあ!息が出来ない! 投稿者:ペコ  投稿日:10月18日(水)22時47分07秒

>Kumiko様、vivi_malko様(初めまして)、ひし様、どみ様、ゆみ様
今晩は!会社の歓送迎会が終わって帰宅したところです。
おおお、このBBSは別の世界になってしまっていますね。張本人は私なのね、お赦してくださいませ!
ハリソン・フォードに猛烈に惚れたのは・・・・「刑事ジョン・ブック/目撃者」です!きっかけは「スター・ウォーズ」のハン・ソロでラストシーンのウィンクですが・・・
高校時代、文化部の副部長をやっていて校外映画会の企画があって、お勧めの映画をリストアップして2本だけ候補に絞り、「ターミネーター」「刑事ジョン・ブック/目撃者」にしました。そして投稿を行われましたが、私は「刑事〜」をほとんど強制的(?)に勧めて「アメリカで大ヒットをとばしており、質の高いですよ!めちゃくちゃかっこいいぞ〜!」など宣伝文句で一人一人に話しました。「「ターミネーター」なんて安っぽいし、せこい映画ですよ。アメリカでの評判はまあまあです!」と(笑、実はこれも大好きですが、お金を払ってまではいやなのでした。)。その成果があったらしく、「刑事ジョン・ブック/目撃者」に決定されました。さて、全学年の生徒をそろえて、観に行きました。観たら、想像以上大変面白く、恋愛に関しては不器用そうな男を演じるならハリソン・フォードがピカ一だと思いました。すぐに結ばれず、ギリギリところまで行きながら、3度もストップして、ラストシーンにはついに結ばれましたね。別離の時、何もしゃべれず、目だけお別れを告げていますね。(私たちはまだ若くてウブなので、かなりドキドキしてしまいました!)こんなに美しい恋愛なんて初めてだと感動してしまいました!これでハリソン様は初めてアカデミー賞ノミネートされましたね。ピーター・ウィアー監督のファンになり、社会人になってからビデオソフト(当時では1万円が低価格でした!)を買い捲っておりました。
「誓い」を観てメル・ギブソンが美しくてファンになりました!
だから、同じオージーとしてラッセル様と組んで欲しいと思います。そうすれば、念願の監督賞や主演男優賞をもらえるような予感がします!


お前は「ライオネル・リチオ」かぁ〜(<一部の人にしかわからない怒り方) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:10月18日(水)19時16分55秒

>ペコさん、ゆみさん
おふたりとも、漫画家志望でいらしたのですね。なんだかそうそうたる人脈!すごいです。

>ペコさん
プレクエルの10章のダリウスの言葉、私もすごく好きなんです。
「大事な部下に、死ぬかもしれないとわかっていて戦闘に行けと命令しなければならないかもしれない…指揮官は自分の恐怖や悲しみを部下に見せてはならない。」マキシマスの軍人としての原点って感じです。
しかし、「人殺しをしてない時は聖人みたい」ってすごいですね(笑)。でも、その通りかも。あ、ルッシラとマキシマスってやっぱり「結ばれて」ないと思います?私は微妙で、どっちともとれると思ったんですけど。

ブラピとキアヌがラッセルと同じ64年生まれだということは知っていて、この2人に比べるとラッセルは老けてるなと思ってたんですが、ケイジ、ハンク・アザレア、トム・サイズモア、と並べるとラッセルは若い。ブラピとキアヌが異常に馬鹿く…いや、若く見えるだけなんですね。若く見えるっていえば、1コ上のジョニー・デップもすごいけど。

アルメイダ劇場公演は残念ながら字幕はなく、日本語イヤホンガイドの貸し出しがあります。私も字幕の方がいいな…なるべくイヤホンガイドに頼らなくていいように、あらかじめ原作を読んで行ったんですが、やっぱり憶えきれませんでした。

>あずきさん
メグって服のセンスいいと思うんですけどねー、ヒトの服には口を出さないんでしょうか。それとも、ラッセルが素直に言うことを聞かないのかな?んー、でもラッセルが、オスカーで「今日のタキシードはヴァレンチノだよ」なんて言うようになったら、なんかかえっていやかも(<わがままな奴)

>ひしさん
川原泉、好きですよー。「笑う大天使」とか「美貌の果実」とか、実家に積んであります。「千趣会」のカタログでコミック本整理用の箱を買って、作家別に整理して積んであるんですけど、ほとんどが「花とゆめコミックス」です。
「フレンズ」、東京は地上波まだのようです。海外ドラマに関しては意外と東京が一番恵まれてないようですね。
「ヘブンズ・バーニング」は私もまだ見てませんの。11月にビデオが出るというんで、わざわざ大嫌いな渋谷に行くこともないかなと…内容もアレなようですし(<?)。ファンの風上にも置けないかも。ペコさんに怒られちゃうね。

ああ、もう雪ですか…これから地獄の雪かきシーズンが始まるのですね。お身体にお気をつけて。

>どみさん
生レイフと生ライナス最高でしたよー。しかし、ひとつだけ残念だったのは思いきり携帯電話を鳴らした人が3人もいたことです。特に、ライナスのセリフ中に前の方の席で、「ビバリーヒルズ・コップのテーマ」の着メロを一曲まるまる鳴らした奴!許せん!ライナスがロンドンに帰ったら、パブで友達に「いやー日本に行ったらさ、僕のセリフに電子音で伴奏をつけてくれた客がいてさ、信じられないだろう?」なんて話したりするのかなー。悲しいぞ。

ラッセル、ほんとにパーティにあの青シャツ着てきたらすごいですね。

>vivi_malkoさん
ひょっとして「シックス・センス」をお持ち?
「はみだしっ子」のことと「刑事ジョン・ブック目撃者」のこと、ちょうど書こうと思ってたところなんですよー。

はい、私のポストペットの名前「ペンギンのぐれあむ」をご存知の方はご存知の通り(なんという日本語や)、私は「はみだしっ子」フリークでーす。実家に全巻持ってるのに、文庫も買ってしまった…ちなみにアンジーファンです。陰気な少年グレアム君もいいけどね。坂田靖子先生も大好きです。「バジル氏の優雅な生活」とか「マーガレットとご主人の底抜け珍道中」とか。

「刑事ジョン・ブック」は、「ラッセルって他の俳優がやった役なら、どんな役が合うかなー(よくあるファンの夢想)」と考えていた時、真っ先に浮かんだ映画でした。ハリソンがやった役ならだいたい似合いそうだけど、インディよりハン・ソロより一番これが合いそう。

「パタリロ!」も読んでましたよー。(多分10巻ぐらいまでですが…)
私はカッコつけて「Kumiko、またの名をめる」なんて名乗ったりしてるんですが、それを書くたびに「またの名…股に名前があるのか?」というパタリロのセリフを思い出してしまいます。(<自分で言ってどうする)お品の悪いシメですみません。


おはよございます〜。 投稿者:vivi_malko  投稿日:10月18日(水)10時27分40秒

こんにちは〜♪

>Kumikoさん。
おぉ!白泉社ですか〜?(感激)
ではもしや「グレアム」とか「アンジー」とかいう名前に聞き覚えは
ありませんでしょうか?
あの理屈っぽい4人の少年たちに思いっきりハマっていた私です。
もしかしたら時代が違うかもしれませんが、山岸涼子センセイの「妖精王」とか
坂田靖子センセイの「夜のお茶会」なんかも不思議な世界でお気に入りのマンガでした。
#「パタリロ」や「ラシャーヌ」もよく読んでいました〜。

>ペコさん、はじめまして〜♪
ピーター・ウィアー監督、いいですよね〜!!
私は「刑事ジョン・ブック」が大好きです。
切ない切ない大人の純愛、あぁ、これって究極のラブ・ストーリーだわぁ〜・・・と
酔いしれて何度も何度も見ました。。。


おめでとう! 投稿者:ペコ  投稿日:10月18日(水)01時55分40秒

>Kumiko様
ついにグラディエーターの感想コーナーが出来たそうですね。読ませて貰いました。
きれいに整理してあって読みやすかったのです。毎晩のようにグラディエーター論が盛り上がった頃を懐かしく思っています。

おお、生レイフとは羨ましいわ!私はずっと前に「屋根の上のバイオリン弾き」の本場の俳優トボル(?)の公演を見ました。右と左の端に日本語字幕もあって楽しめました。生レイフの公演にも字幕があるのでしょうか?

>どみ様
プッ!すみません。あなたの書き込みに爆笑してしまいました!

>ひし様
あなたもピーター・ウィアー監督が好きですか・・・嬉しいです!


わたしゃてっきり… 投稿者:どみ  投稿日:10月18日(水)01時29分39秒

ゆみさん、「文庫」という文字を見逃した私は、お友達は「魁!男塾」の宮下あきらさんなのね、こりゃまたワイルドな世界だわと
思いきり勘違いしておりました。
「いらかの波」の河あきらさんだったのですね。うーん、どっちにしてもすごい!

Kumikoさん、生レイフうらやましいです。私のMaximum Croweのvoteはもちろん?青チェックシャツでございます。




LOTO6 一回目大ハズレ 投稿者:ひし  投稿日:10月18日(水)01時28分02秒

>めるさん
ちっっ!一回目、外れちまったい!! 北海道の海の幸は遠いです。ごめんなさい・・・。
これから地上波フレンズ見ます(^o^) そちらでは、まだですか?地上波。
私も白泉社系、大好きですよー。川原泉マンガはもしかしたらめるさん好きかも?
読んだことありますか?

>ぺこさん ゆみさん
す、すごい。恐ろしすぎる。いったいこの方たちわ!? ・・・ってカンジですよ(笑)
そうそうたる大先生方のお名前が連なってでてくるんですもん。えびぞっちゃいました。
ささやセンセってホントにななえタン、ってよばれてるのですね〜。
「シルクロード」といえば、オリジン。「・・・レムリア・・」といえばスカラベ(笑)
すぐ好みのオトコの名前がでてくるぜ! 気は若いが、気だけだぜ!!・・・・(^_^;
最近、「ロリィの青春」が文庫サイズで出まして(なぜか秋田書店から)、姉が即買い(笑)
少コミで連載してたの「風と木・・・」と同じ頃でしたよね、たしか。すごい好きだったのに
なかなか文庫サイズ版にならなくて、なんで?と思ってたのでもの凄く幸せ(笑)
私のような人が多かったのか、ネット上での売買で6000円くらいで取引されてたのを見ました。
あだち充も少コミでなんか描いてませんでしたっけ?、あの頃。懐かしい・・・(遠い目・・・)

ちなみに今月末からBSマンガ夜話がはじまるそうです。今回は一条ゆかりセンセの
作品あり、みなもと太郎センセの作品あり・・・とか。ココアとか、おはぎとかで口の
まわりを真っ黒にしてるような顔を見ると、みなもと作品にでてくるドロボーくんを思い
だしてしまうわたしっていったい・・・。


「ヘヴンズ・バーニング」、見たいのですが、まだなのです。見たくて見てないのが山積み。
昨日BSで「グリーン・カード」を見ました。好きなんですよ。何度見てもラストシーンで
涙がじわーっと。『〜everything's gonna be all right〜♪』っていう歌がまたぴったりで
気持ちよい涙がでるんです・・・。ピーター・ウィアー監督の映画、結構ツボみたいです。
後味の良さというか、見て良かったと思わず心の中で呟いてしまうような映画を作ってくれる。
ああ、映画館のお隣に住みたい。 ビデオ屋のお隣でもいいけど(笑)

明日は雪が降るかも・・・。おそろしや〜〜〜・・・・・。


同じ年生まれって似たもの同士 投稿者:ペコ  投稿日:10月18日(水)01時20分11秒

>あずき様
そういえば、ニコラス・ケイジは1964年1月7日生まれでラッセル様と同じ年ですね。
「ワイルド・アット・ハート」のあの凄い皮ジャケットを着て、私生活でもほしくなって、高価なのに無理やり買い取ったそうですね。エルビス・プレスリーに陶酔してたんですね。
うちの父に「ヘヴンズ・バーニング」のチラシを見せて「この三角形もみあげが可笑しいですよね」と言ったら、「そうかな、ちっとも可笑しくないぞ!エルビス・プレスリーに憧れる青年だろ。当たり前じゃないか!」と反論されてしまいました。私は目が点になってしまいました。
(ああ、工藤夕貴の出た「ミステリー・トレイン」もエルビス・プレスリー生誕地を巡るオムニバスでしたね。)他に「ミステリー,アラスカ」のハンク・アザリア(ラッセルの奥さんの元BF役)、「輝きの海」のバンサン・ペレーズ、「3人のエンジェル」のジョン・レグイザモ、「プライベート・ライアン」のトム・サイズモア、「マトリックス」のキアヌ・リーブス、「セブン」のブラッド・ピット、「誘う女」のマット・ディロン、「アウトサイダー」のロブ・ロウ皆1964年生まれですね。

>Kumiko様
本当ですか!ノミネートされたなんて信じられないわ!もしかして独特スタイルだから誉められたのでは・・・・青チェックシャツはなかなかいいけど、毎日に着てなくても・・・妹やその友人の考えでは、1ダース位同じ物を持っているかもって。「ラストエンペラー」のジョン・ローンはアカデミー賞授賞式に着たスーツがベストドレッサーに選ばれたのはいいけど、来日の時もそのスーツを着ていて、他のパーティにもまたその同じスーツを着ていました。でも、愛着を持ってるって素晴らしいと思います。


今夜は英国正統派二枚目ナイト♪ 投稿者:Kumiko  投稿日:10月18日(水)00時30分17秒

今日は赤坂ACTシアターでアルメイダ劇場の日本公演、「リチャード二世」
(レイフ・ファインズ、ライナス・ローチ主演)を見て参りました。
生レイフ生ライナスを堪能してまいりました♪
いやーもう素敵でしたよー。

というわけでちょっと浮かれてますので、残りのレスは改めてに
させていただきます。でもとりあえず、これから映画感想に
「グラ」をUPしますね。


服なんか、着てればいいのよ。(着てなければなおよいかも) 投稿者:元シドの専属スタイリストKumiko  投稿日:10月18日(水)00時19分35秒

>ペコさん、あずきさん
私はシド様のハイセンスについてゆけず、クビにされてしまいました。
後釜はまだいないようです。勇気のある方、立候補を!

ラッセルのファッションセンスについてはいろいろ言われていますが、
「ヴォーグ」のファッションアワードにノミネートされたこともあるんですよ。
もっとも、それを聞いた時の私の第一声は「ヴォーグよ、大丈夫か??」
でしたが…Maximum Croweの、「VH1ファッションアワードにラッセルは何を着てゆくべきか?」という投票で、例のチェックシャツ(左上)に1票を投じてしまった私って…

>ゆみさん
「リトル・ショップ・オブ・ホラーズ」の歯医者、と言っても誰もわからない
かな〜、と、おそるおそる書いたんですが、反応していただけて嬉しいです。
ラッセルって、よっぽど歯医者で痛い目にあったらしいですね(笑)。


さすがですわ〜。 投稿者:あずき  投稿日:10月17日(火)22時53分24秒

あははははは。ペコさんさすがですぅ。爆笑してしまいました。
(夫は、何事かと覗きにきました)
たしかに、公私ともども、ニコラス・ケイジとタメを張るほどのファッションセンス。
やはり、ここは専属スタイリストの復活を待つしかありませんね。
しかし、彼は人の言うことを素直に聞くタマでしょうかね。
メグよ、付き合っても、結婚でもなんでもいいから、アレをなんとかして、
私の夢を壊さないで〜、とか、思ってましたよ。
マキシマスの、センスのよさが光りますね。案外コスプレさせといたらいいのかも。
トーガを着させても似合いそう。ウットリ。

Kumikoさま>これからゆっくり、24・25章読みます。また、感想を書きにきますね。
やっと、半分。(私には、もう半分?!ってかんじですが)一山超えましたね。
続き、楽しみにしてますよ。たまには、ちずやんさんのHPにもきてくださいね。


シド6.7専属スタイリストの復活を! 投稿者:ペコ  投稿日:10月17日(火)22時24分41秒

>Kumiko様
今晩は!先日に「グラディエーター」プレクエル第1章から第15章までやっとプリントしました
。一気に読みました。ずいぶん遅くなってしまって失礼致しました。これから第16章から第25章をプリントします。
アレレレレ、ルッシラってまだマキシマスと結ばれていませんね。ショックでした!いえ、やはり最初から思った通りでした。(威張ってどうするんだ!コロコロ気が変わったくせに・・・いやまた独り言で失礼しました。)
翻訳、本当にお疲れ様でした。素晴らしい文章でうっとりしながら読みました。
第10章教訓、「マキシマスは立ち上がって〜私の言っている事がわかるか?」を読んでジーンとして涙が・・・・・電車の中なので我慢しました。男と男のこういう会話に弱いなんです!胸がいっぱいになります。あああ、やっぱりマキシマスって初めて観た時の「裏も表もなくて人殺し以外の行動ってまるで聖人みたい」と感じた通りの像ですね。うまく言えませんが・・・

ラッセル様のファッションセンスについてはゆみ様の書き込みに同感しております。
だから、何とかしてくださいませ。公私ともです。センスが良かったのはマキシマスだけです!
★「LAC」の同一したスーツはいいかもしれないけど、どうもドブ鼠の集団と見えてしまい、ケビン・スペイシーと区別がつきにくいのでした。今ではちゃんと見分けられますけど。
★「ターニング・ラブ」の時はおお、花婿衣装を着てるかと思っていたら、下がトランクスとは・・・
★「ミステリー,アラスカ」では、セーター姿がとても素敵だけど、あとは私生活の服とそのままでは・・・
★「ハーケンクロイツ」は最悪です!どうやって首のところに刺青を彫ったの・・・苦しくないのか!
★「クィック&デッド」あまりにも汚れすぎて本当に牧師の衣装なのか分かりにくいのでした!(悪党たちに迫害されてしかたないけど)
★「インサイダー」ワイシャツのままにゴルフとは・・・・
★「人生は上々だ!」短パンは本当に丈が短すぎます!
★「ラフ・マジック」尾行するのにでっかい荷物を持っていく必要があるのか・・・
★「NO WAY BACK/逃走遊戯」ヤクザのふりはいいけど、オールパックとは単純すぎます!
★「バーチュオシティ」エメラルドグリーンスーツは迫力あったね。(苦笑)ネームロゴをどうやって用意したの・・・おちゃめなので許してあげます。
★「ザ・クロッシング」ふわふわとした髪型がかわいいのにどうして6分わけしなきならないんですか?
★「ヘヴンズ・バーニング」中途半端なリーゼントに三角形もみあげは可笑しすぎます。あれでかっこいいと思うのか!勘違いしてませんか?ま、タキシードがとても素敵なので許してあげるわ!
(アカデミー賞授賞式の時のラッセル様は珍しく髭を綺麗に剃って、ハンサムな素顔を曝したのはいいけど、タキシードのほうは、まるでウィーン社交ダンスデビューの正装みたいでしたね。もしかして貸衣装では・・・場違いでしたよ。もう!デザイナー諸君よ、ラッセル様の為に腕を振るってくださいませ。他の俳優はパレンチノとかポロ・ラルフローレンとか、プラダとか、有名デザイナーがわざわざ作ってくれたそうですね。)


あらら〜ヾ(^^;;;;; 投稿者:ゆみ  投稿日:10月17日(火)08時35分46秒

すいましぇん(汗)みなさんのツボを突いてしまった(笑)
昔、マンガ家志望だった関係で 友人がその職業という人が何人か(笑)
今は、年のせいで(笑)会ったり、電話したりは、減りましたネ〜(^^;;;
年賀状ばかり・・・ということが(笑)>ネ〜 ペコさん♪
昔々、ななえタン(ささや)というマンガ家さんが、よく恵子さんの
マンションにお風呂を借りに行ってたので(練馬は、風呂がついてない
アパートが多かったのです)ヒマだったので、彼女が出てくるまで
おシャベリしたんでした。そ〜「風と木」の頃・・・<遥か遠い目〜(爆)

Kumikoさん♪>読みました!!!!!「バーチュオ」の感想〜♪o(^o^o)
 もう〜!涙出るほど 可笑しかった。たまりましぇんネ(笑)
 1〜2行 読むたびにブフッと声が出ちゃうし〜(リトル・ショップの
 くだりでは、もう 思いっきり笑っちゃったです)お洋服のセンスに
 関しては、今週も来たオージー・ブックには、なんで彼は、同じチェック
 のシャツしか着てないのか?!っと、写真(小さくですが)が載ってます。
(ボーイのコンサートからず〜っとだもんねぇ・・・よっぽど お気に入り?)
 着替えてくれ〜〜〜!・・・
26才頃のマキシマス・・・「Proof」のアンディの顔で連想〜(笑)<コラ!


漫画について(脱線しちゃった!) 投稿者:ペコ  投稿日:10月17日(火)01時21分23秒

>ひし様
ジルとは!あなたも竹宮惠子のかなりファンに違いない!と思ったんです!
普通には「あのあの○モ漫画の女みたいなやつ」と言うのだから・・・そういえば、ルキノ・ヴィスコンティ監督の「ベニスに死す」の美少年がモデルだそうでしたね。
小学生時代、後輩の勧めで「地球へ・・・」(ラデン語で「テラ」ヘ・・・)に魅せられて、お金がなくてまだ小さいな為にアニメ映画を観につれてもらえませんでした。そして中学生になって朝日ソノラマのコミックスなので、揃えるのに苦労しました!やっと揃えた時の満足感が今でも感動が忘れません。今では文庫本とか簡単に手に入れますね。同じ小学生時代に別の後輩にも「風と木の詩」(昔ブックセンターに「風と木の詩」はありますかと聞いてみたら、津雲むつみの「風と共に去りぬ」を持ってきた。もう!本屋さんの店員なら商品の知識をもっと勉強しろ!と心の中につぶやきました。)に勧められて第3巻を借りて(あの時後輩は第1巻と2巻を何故か持っていなかった。冒頭からジョッキングなシーンを見なかった・・・)なんて綺麗なヨーロッパ風だろうと感動しました。よーし、そろえてやると思いました。中学生になって買い始めました。プチフラワーや週刊少女コミックも竹宮惠子の作品が連載してるから買い続けました。(今では試写会に当たりやすい下心から(?)「BE−LOVE」だけ1本絞っています)CD−ROM版ももちろん持っています。しかし、使いにくいので妹(寮暮らし)に預かっています。学生時代、あまり興味がない同級生たちにも「風と木の詩」や「地球へ・・・」「アンドロメダ・ストーリーズ」を強制的に(?)勧めて貸し回りました。私のあだ名「ペコ」の別名に「歩く図書館」と呼ばれておりました。男女ともでした。でも、面白いと言ってくれました。(もしかして無理に言わせてしまったかも・・)

>ゆみ様
おおおおおお、あの名作「いらかの波」の河あきら先生が友達とは・・・・凄すぎます!
羨ましすぎます!あなたの人脈がとても気になります!しかも初代会長をご存知とは・・・・
「雲の上」人物として尊敬しておりますので・・・私はファンクラブの解散パーティに(久里浜プリンスホテル)招待されて出席しました。歴代会長や歴代スタッフやファンたちと会えました。竹宮惠子先生にはファンなので、10回以上会っています。マンガファンとしてではなく、聴覚障害者団体の活動で、よく会う志賀公江さんとは毎年年賀状の交換してあう仲の程度なんです。だから、映画とかプライベートまで・・・なんて羨ましいです。
里中満智子、木原敏江、故・石ノ森章太郎、故・藤子・F・不二雄、藤子不二雄A、ちばてつや、水島、浦沢直樹、弓月光、いがらしゆみこ、池田理代子、モンキーパンチ、つのだじろう、星野之宣、みなもとたろう、長谷川法世、他多数、サイン会やイベントで会いました。

>Kumiko様
ごめんなさい。またこのBBSを漫画の世界に・・・・
あら、白泉社ですか・・・私も大好きです。雑誌は買わないけど、神坂智子の「シルクロード」シリーズが特に好きです。その影響で、シルクロードの出発点・ローマから終着点・奈良までの各国に踏むのが目標になってしまいました。史劇の影響もあるけど・・・講談社の高階良子は「はるかなるレムリアより」など世界遺産や遺跡のものが得意で、まだ観光解禁でないのにアンコールワット遺跡を背景した漫画を描いていて、踏みたいとずっと前から憧れでした。ラッセル様の「ラフ・マジック」のメキンコの遺跡のシーンがあって、駄作とはいえ、感激してしまいました。私の映画鑑賞や海外旅行が趣味なのは漫画が原点でした。(祖父から三代映画好きは遺伝かもしれないが、祖父も映画好きとは社会人まで知らなかったのです。)小さい時、将来には漫画家になりたくて(才能がなくて挫折してしまったけど)手塚治虫のいわくは漫画家になるには映画鑑賞や知識が必要だと書いてあって従ったのです。
挫折してしまった後、淀川長治も将来に映画監督になりたかったら映画を見なさいとも。ああ、私の趣味の原点を暴露してしまいました。
「動物のお医者さん」も好きです。


に、2万冊… 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:10月16日(月)23時07分01秒

>ペコさん
2万冊って、すごすぎます…それは既に図書館では…?!
実家に積んである私の300冊余りの漫画を処分しろとうるさいウチの両親に
聞かせてやりたいものです。
私も「動物のお医者さん」より新しい漫画はわかりません。それに昔から少女
漫画ひとすじ、それも白泉社系にかたよってます。

>ゆみさん
ほんとうにラッセルにはいい子にして治療に専念してほしいものですね。道端
でメグとキスしたりしてないで…
それに、たまには新しいシャツも買って、毎日ちゃんと着替えてほしいものです(笑)。
インターネット・ムービーアワードって趣味がいいですね!「グラ」って、公開
当初より日をおうごとに評価が高まってゆくような気がします。
そ、それより、ゆみさんのお友達って、「いらかの波」の河あきら先生!?
ひょえ〜、すごい!

>ひしさん
いーんですよ、もともとここがどういう世界なのか自分でもよくわからないので…(笑)
そのかわり、LOTO6が大当たりしたら、北海道の海の幸でもおごってね。
(じゃがバターとビールでも可)一条センセは私も好きです。「有閑倶楽部」とか。

>じゅうばこさん
ご許可いただきありがとうございます。「グラ」の感想、明日あたりとりあえずUP
しますね。なんか、すさまじく、お忙しそうですね。ご無理なさらず、お身体に気を
付けて、トラを退治したらまたゆっくりいらして下さいね。
くれぐれも、ストレスから道端でどなったりなさいませんよう…(ごめん…冗談です)

今日はプレクエル25章をUPしました。やっと、なのか、もう、なのかわかりませんが、
とにかく半分まで来ました。20歳のマキシマスとは、これでお別れ。次に会う時は26
歳になってます。

それから、「バーチュオシティ」の感想もUPしました。いやー、この映画について書く
のって何て楽しいんだろう♪あんなに駄作なのに。


トラ地獄 投稿者:じゅうばこ  投稿日:10月16日(月)18時04分11秒

kumikoさん。
こちらに来たからには、プレクエルの感想を書きたいのに、ほんとにほんとにトラトラトラ状況で。ついに書かずに逃走します、ごめんなさい!というか、これだけ言っておかなくては。ちづやんさんの掲示板での私の発言その他、どうぞ、なんでも、どのようにでも、お使いください。お役に立てばうれしいです。今後はいちいち、お断りにならなくていいですよ。掲示板に書いたことは、道端でどなったと同様と考えてますので。(何のことやら。)
また、感想など書きこみに来させていただきますね。それがもう、いつになるのか(涙)。トラ退治もけっこうしてるんですけどね。あとからあとから、わいて出る。


若ぶっても 年バレバレ(笑)<きゃぁん 投稿者:ゆみ  投稿日:10月16日(月)03時51分32秒

《インターネット・ムービー・アウォード》で「グラディエーター」がベスト映画賞。
ラス君がベスト・アクターに選ばれたよォですね〜 o(^o^o)
(助演男優にホアキンちゃん♪)MTVの方の時期がもう少し遅かったら
「マトリックス」と一騎討ちになったかしら???(笑)
(だったら、「マト」は、去年になるっしょ〜)<マヌケたことを!(^^;
☆ペコさん>友人の名は、大友さんのマンガのタイトルになってますネ(笑)
 ラスの「バーチュオ」のハチマキにも書いてありましたっけ(^o^;)
 下のサイトの8月の編集日記に写真がUPされてるよ〜です。
 (当人は、ムチャクチャ恥ずかしがっていますけど・・・)<(笑)
 オォ〜!元竹宮恵子ファン・クラブですか〜?!私は、入っては、いませんが、
 創設当時の会長と、恵子さんには、お会いしたことがあります。
(だから、コレで年がバレちゃうんだってばァ)<(爆)
☆ひしさん>だもんで・・・私も最近のマンガは、わかりましぇんし〜(笑)
 友人は,映画の熱狂的なファンの私にムリヤリ引っ張られて 映画に
 行かされてる!っと言ってます。当然、「グラディエーター」も!(笑)
 「LAC]は、良く出来た映画なので、ビデオを何回か見せても
 怒りませんけどネ<コラコラ!