Kumiko's Home BBS 過去ログ 6

戻る


レス、ありがとうございます♪ 投稿者:紅弥  投稿日:11月21日(火)23時33分39秒

「フレンズ」のDVD!私も購入する予定でいます♪Shopで貰ったチラシに応募券を集めて送ると、「フレンズ」のマウスパッド(共演者6人の写真だと尚嬉しいわ/笑い)が全プレされると載っていました☆私はDVDって詳しくないのですが、日本語吹き替えと英語版の両方が楽しめるのも嬉しいですね(はぁと)。因みに、私が使用しているPCはノートパソコンです(笑い)。

kumiko(める)様:>マシューと一緒ならジム通いしたい。
 「フレンズ」でモニカに煽られてチャン(さっそく、真似っこです/笑い)のダイエット大作戦ってありましたね♪イメージとしては、あんな感じでしょうか?その時のBGMがメンバーが全員がゲイという振れ込みだった「ビレッジ・ピープル」の「マッチョマン」だったのには爆笑でした☆(って、年が分かってしまう/笑い)。

ちのさん:こちらこそ、よろしくお願いします(ペコリ)。DVDプレイヤー購入>良いですね♪
私はとりあえずソフトの「フレンズ」を買います(笑い)。で、マウスパッドの全プレに応募してから、DVDプレイヤーを買う予定でいます(笑い)。今シーズンから観ていらっしゃると言う事は、これから沢山楽しめて羨ましいです☆


楽しみです。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月21日(火)19時11分51秒

>ちのさん
いよいよ「フレンズ」DVDの発売が近づいて、私もわくわくしています。第1から全部何回も見ている私でさえそうなんだから、これから見られる方はもっと…でしょうね。何だかうらやましいです。

「チャーリーズ・エンジェル」、明日見に行く予定です!


フレンズDVD 投稿者:ちの  投稿日:11月21日(火)14時40分04秒

みなさまこんにちは。
この度やっとDVDプレーヤーを購入しました。(ほとんど、「グラ」2枚組のためといってよいでしょう!)

そこで、DVDを1枚も持ってない私ですが、フレンズのDVDを私も購入してみようかと思っています。ファーストシーズンのコレクターズセットでしたでしょうか。
でも、今wowowでやっている第6シーズンから見始めた私、その前に5つもあったのかと思うとすごい歴史を感じます。いや〜楽しみです。

機動戦士ガンダム劇場版3点セットが欲しくもなりましたがこちらはガマン。(あっすごい話ですみません。これ子供の頃の忘れられないマンガなんです。)

>kumikoさん
「チェリエン」絶対見ていただきたい!映画もおもしろかったですし。(細かいことは気にせずどっぷりエンジェルにはまることです!)ジョーイ(マット)もおいしい役どころでしたから!ホントなかなかでしたよ!(シーンは確かに少なめですが・・・)

>紅弥さん
はじめまして、ちのといいます。そんなわけでフレンズ初心者ですが、宜しくお願いしまーす!

明日は「シャフト」あたり見に行こうと思っています。行けたらの話ですが。


いらっしゃいませ〜♪ 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月20日(月)19時44分15秒

*紅弥さん
はじめまして!ようこそいらっしゃいました。「フレンズ」のビデオレンタル開始で、私も改めて第1シーズンを見ることが多くなっているのですが、わずか(?)5年の違いでみんななんか初々しくて可愛いですよねー。今は洗練されてカッコよくなった感じですが。そう、「フレンズ」って適度に毒のあるところが魅力ですよね。フィービーのお母さんの話とか、チャンのトラウマ(?)の話とか、悲惨な現実が抱腹絶倒のギャグになってゆくところが素晴らしいです。私のマニアックエッセイも読んで頂いて恐縮です。

>私もkumikoさんがご指摘のマシュー・ペリーの体重の変動の激しさには、同意見です(笑い)。
「ヒトの脂肪を心配してる場合か」っていう部分に(笑)?「自分のことは棚にあげろ」とも言われたのですが、重くて棚が落ちちゃうもので。ああ、マシューと一緒なら、ジム通いしたい。


初めまして♪ 投稿者:紅弥  投稿日:11月19日(日)23時28分46秒

管理人のkumiko様&みなさん、こんばんは♪初カキコになります☆
紅弥(べにや)と申します。

私も「フレンズ」!大好きです♪
もともと海外のコメディドラマは好きだったのですが、数年前のWOWOWでの一挙再放送を観た時から、ハマッてしまいました。面白さの中に適度に毒(笑い)があって道徳くさくないところが好きです。最近のフレンズのブレイクは、とっても嬉しい出来事でした☆
代1シーズンをSHOPで借りて観たのですが、みんな顔が若い事(笑い)!特にチャンドラーはスリムですね〜(笑い)。私もkumikoさんがご指摘のマシュー・ペリーの体重の変動の激しさには、同意見です(笑い)。

あと、こちらのHPで一番嬉しくそして助かったのが、エピソードガイドでした☆
そして「フレンズ」に関するエッセイも楽しく読ませていただきました。
初カキコなのに長々と語ってしまって、すみません(^o^)丿


プレクエルは36章アップしてます 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月18日(土)23時35分43秒

1パラグラフでこんなに仕事しちゃうなんて、さすがは将軍様。なんかこっちが疲れた〜(<なんで?)

*れのさん
そうなの、ラッセルって映画によって全然別人に見えるんですよねー。

らぶらぶ・マットページ、期待してまーす!れのさんが来日したマットに会った話も載せてね。ジョーイは第6シーズンも可愛さ爆発ですね♪

*vivi_malkoさん
「パロディ」、読んでいただいて、ありがとうございます…

ロジャー君はバドに会いにゆきましたが、1分後には殴られて床にのびていたようです。頭の外側の医者(<?)に転向して、ケビスペを診てあげた方がいいようです。もう手後れかなあ…(笑)。
(「フレンズ」を見たことのないみなさんは、私がロジャーの性格を誇張していると思われているかもしれませんが、彼はまったくあのまんまです。NYで彼の無料分析がいかに喜ばれていたかは、「フレンズ」第4巻をご覧下さい。)


おひさしぶりです! 投稿者:vivi_malko  投稿日:11月17日(金)15時30分21秒

こんにちは〜♪

「グラ」のパロディを読ませていただきました〜!

感想は・・・すっごくおもしろいです!
残念ながら私は「フレンズ」を見たことがないので(今度見てみます!)
ロジャー先生がどんな人かわからないのですが、
それでもとても楽しめました!!

頭のお医者さんのロジャー先生へ。
マキシマスが終わったら、次はぜひバドのところに行ってあげてください。
バドもトラウマをかかえているので、治療のしがいがあると思います。
ただし、相手が男性だと容赦しないので、殴られないように気をつけて!(笑)
あっ、それとついでに共演者のケビン・スペイシーの頭も見てあげてください、お願いします。
でも彼の場合、頭の中、ではなく、外側なんですけど。え?それは、無理?(笑)


はまっちゃった 投稿者:れの  投稿日:11月17日(金)00時12分07秒

>どみ様
お察しのとおり、私はフレンズファンです。でも、ラッセルに関しては超初心者ですので、
こちらこそ、どうぞ宜しくお願いします。
実は、LACを見る前から思ってたのですが、ほんとにラッセルって体型がよく変わりますね。
映画の宣伝などで、ちらっと見ると「グラ」の時は「LAC」とは全然雰囲気も体格も
違って見えたので、「え、今のはラッセル・クロウなの?」と我が目をうたぐってしまい
ました。(「インサイダー」にもでてませんでしたっけ?あの時もぽっちゃりというか、
別人に見えていたのですが・・・。)
まるで、ロバート・デ・ニーロみたいですよね。役にあわせて体型まで変えちゃうなんて。
やっぱりラッセルは大物だ!

>める様
チャーリーズ・エンジェルはまだ見ていません。でも、マットがでているので、近いうちに
必ず行くつもりです。本当は、前にも言ったかもしれませんが、ラブラブ・マットのページを
作りたいとさえ思っているんですよね。なんだかんだと忙しくて、未だに実行できずにいますが。
それともチャーリーズ・エンジェル公開記念にいそいで作っちゃおうかな。
でも、その前にもう一度「LAC」を楽しんじゃおうっと。(すっかりはまってる(笑))

>あずき様
本当にごめんなさい。実は「グラ」見た事ないんです。(それなのに、ここに遊びに来ていて
いいのだろうか・・・(^^;)
この前借りた「LAC」が私のラッセルデビューだったのでした。
でも、「グラ」ではあまりしゃべらない役なのですね。寡黙な男、うーん、ますます
惹かれちゃいます。


ちょこっと裏話 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月16日(木)21時22分13秒

*ローズさん
私は「人生は上々だ!」を観ながら、声出しておいおいと泣いてしまい、観ている間中バスタオルの端を口につっこんでました。(<きたなくてすみません)私はこれでも映画観てよく泣くほうなんですが(<ホントか?と言われそう)、あんなことはさすがに初めてでした。

プレクエル34章ですが、「新婚なのに即日出発しろなんてひどいじゃん!」と思ったのですが、マキシマスったら結婚したことマル帝に言ってなかったのですね。4ヵ月もあったんだから、手紙書いときゃよかったのに、と思ってしまいました。あれ、それとも、手紙を届ける手段はなかったのかな?

*あずきさん
クイントスさんですが、前にあずきさんがおっしゃってたように、プレクエルの作者さんは嫌いなのではないかと思います。この先も、彼の役どころはあんまり芳しくないです…(55章現在)。キケロ君ですが…35章の彼の初登場のシーン、ちょっとヘンな訳で、疑問を持たれた方もいらっしゃるかと思います。実はちょっと問題がありまして。と、いうのは、このシーンでは、皇帝はマキシマスとは初対面のようにキケロを紹介してますよね。ところが、52章には、キケロが怪我をした頃からマキシマスは彼を知っていたような話が出てくるのです。だから、ちょっと苦しいんですが、「実は初対面ではないが、マル帝はそのことを知らなかった」という解釈で訳しました。

ラッセルの白タイツ姿、想像してしまいました…うふふ。でもシンデレラ城には、なぜかシドの方が似合うような気がします。(ゆみさんとこの掲示板で、「シド@ディズニーランド」っていう話をしたことがあるせいかな。)

*ペコさん
「フレンズ」DVDを買って下さるのですね。気に入って頂ければいいのですが、と、なぜかどきどきしています。このドラマ、奥が深くてハマるときりがないです。私の文章(謎)については、とってもくだらない代物ですので覚悟しておいてください…

*ちのさん
ちのさんの投稿を読んでいて気づいたのですが、私もジョーイ以外のマットって見たことがなかったのでした。「フレンズ」の6人のうち他の5人は映画も観たことあるんですが…これはやっぱり「チャリ・エン」観るべきかな。


「Good Morning Charlie !!」 投稿者:ちの  投稿日:11月16日(木)14時58分49秒

お久しぶりです。昨日「チャーリーズ・エンジェル」見てきたのですが、ジョーイ出てたの知らなくて、驚きました。トム・グリーンには負けちゃうけどなかなかおもしろい役でした。他にも「バック・トゥ・ザーフューチャー」のパパ、「グリーン・マイル」のワイルド・ビルなどいろんな人が出ていて楽しかったです。LL Cool Jもなかなかクールでした。もちろん、エンジェル3人もとても良かったです。CNNでの「Who is your favorite Charlie's Angel ? 」という投票があって、以前、観てもいないのに一番票の少なかったディラン(=ドリュー・バリモア)に投票しておいたのですが、さっきアレックス(ルーシー・リュー)に1票入れてきました。
映画自体は・・・。深く考えちゃいけない映画です。楽しもう楽しもう!でも銃を使わないエンジェルたちのアクション!(これはドリューのアイデアらしい)世の中に銃は必要ないというメッセージを込めているそうですね。

>Kumiko様
というわけで!?マットはなかなかでした。出番は多くはないですけど、彼をフレンズでしか見たことがない私は心の中ではしゃいでました。フレンズで見るより頼もしく見えたかも。しかも彼の声聞いたの初めてです。(吹替えが焼き付いてて。)

>ローズ様
『スペインにはマキシマスが、ニューヨークにはスティーブが、オーストラリアにはジェフが・・・』もちろんです。NYにスティーブはいますよ!(笑)

★「人生は上々だ」
私も感激した一人です。最後のパパの涙が忘れられません。あ〜これは私のお気に入りの作品になりました。素敵な親子だ!爽やかだけど心にジーンとくる素晴らしい映画です!(あずき様!感謝感謝です!)
そう言えば「Proof」のアンディと一瞬ダブりました。(見た時期が同じだからかな。)

あっそうそう!「Proof of Life」のスクリーンセーバーを見つけたんです。ご存知でしたらごめんなさい。一応リンク貼りますね。

http://www.screensavers-tlc.com/proofoflife.html


きゃ〜!嬉しい! 投稿者:ペコ  投稿日:11月16日(木)01時33分29秒

>Kumiko様
相変わらずお早いですね。
あとでプリントしてゆっくり読ませていただきます。
「フレンズ」DVDを買う予定です。見たら、読みます。

>あずき様
まあ、メールを送ってくださるのですか・・・とても感激です。はい、喜んで・・・
メールアドレスは投稿者:ペコのところにクリックしてくださると、出ます。
皆さんもご自由にどうぞ。いつでも個人メールを歓迎します。

>kumiko様
私事で失礼致しました。


キケロ君、かわゆい。うふ〜ん。 投稿者:あずき  投稿日:11月15日(水)22時33分23秒

Kumikoさま>〜34章、読みました。キケロ君登場うれしいです。あと、クインさんが、再登場。なんか、彼っていいヤツになったり、ちょっと意地ワルくなったり、あそこの世界では、忙しいですね。はは。 いよいよ、未知の世界へ足を踏み込んでいきますが、これからの展開、とっても楽しみです。ううふ〜。
あと、ビデオ購入なさったんですね。これから、DVDと、オーストラリア時代のビデオ2本が発売されますが、DVDはともかく、ビデオはやっぱりお高いので悩みます。う〜ん。なんで、ビデオってあんなにお高いのでしょうね。

ペコさま>「グリーン・デスティニー」見ました。で、お話したいことや、お聞きしたいことがあるんですけど、メールしてもいいですか? 最後のオチの解釈とか、リー・ムーバイのこととか。周りに、見た人がいない上、ネットでいろんな掲示板を見ても、否定的な意見が多くて。私はとっても気に入って、DVDが出たら買おうかなー、とまで思っているので、評点がわりと良かった、ペコさんの評がききたいんです。
Kumikoさん、掲示板お借りしてスミマセン。

れのさま>ホント、ラッセルの声って、ステキですよね〜。甘くって、深みのある声。後ろ向いてても、彼だとわかってしまいます。「グラ」では、特に意識して、低い声を出していたような気がするんですけど。どう、思われました? とは言っても、主人公のくせして、妙にセリフの少ない役柄ではありましたよね。(もちろんホメ言葉です) それに比べて、脇役どもの喋ること、喋ること。(笑)

どみさま>「金門橋」笑わせていただきました。(>失礼)サイコーですわ。 少々、ヘコんでいたので、おかげで元気が、出ました。しかし、ナゼに金門橋?こうなったら、どみさん発案の「東京タワー」「エンパイア」及び、私の希望としては「シンデレラ城マキシマス」ってのもアリでしょうか。あ、ラッセルに白タイツをはいて欲しいという、かねてからの願望が、出てしまったようです。

ローズさま>わたしも、「人生・・・」は、大好きで、購入してから何度となく繰り返しみています。何度みても、新鮮な気持ちで感動することができ、やっぱりジェフ君と一緒にウルウルしてしまいます。鑑賞し終わったときの爽やかな気持ちも変わりません。あと、彼の笑顔と、剥き出しの足が、まぶしくて正視できないのも。そんなに、あんよ出してちゃダメー。って、言いたくなってしまうのです。うふ〜ん。


プレクエル34章 投稿者:ローズ  投稿日:11月15日(水)17時07分18秒

Kumiko様
とてもよかったです。いままでの中でいちばん感動しました。
幸せに包まれたオリヴィアの夫からマキシマス将軍の顔へと変化していく様子が手にとるようにわかります。出発前にいつものように土を掌にこすりつけ、鼻に近づけるしぐさがとても切なく、、しかしたまらなく美し〜い!!!。


感動は今日も続く 投稿者:ローズ  投稿日:11月15日(水)00時54分24秒

>ペコ様
前者への承認まことにありがとうございます。謹んでご辞退を、、こ、これはマキシマスのセリフでした、、謹んでお受けいたします!
>どみ様
シド6.7ですか・・ウーン・・ちょっと今の私には魅力が理解できんのですよ。テレビで一度みただけなので、もう一度ビデオ借りて観るべきかな?(顔を背けて記憶にない場面も多々あるもので・・) どみ様にとってのもう一人の「カメレオン俳優」はどなたなのかしら?
>Kumiko様
ほんとにこの「ラッセル病」はどうしましょう。ジェフ君でとどめをさされた感じです。
今日母にこのストーリーを話してあげようと思ったとたん、パパの新しい恋に乾杯している時のジェフ君のあのゴールデンスマイルが目に浮かび、涙がドドド〜とあふれて、、、「クールな(決していい意味ではない)あなたらしくないね」と母が驚きました。映画を観てもほとんど泣いた事がないのに、ましてやビデオで泣くなんて!!!あ〜ほんとに重症です、、、


でしょー、でしょー! 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月14日(火)23時37分53秒

*れのさん
フレンズチャットで時々思い出したようにラッセル、ラッセルと騒いでご迷惑を
おかけしております。「LAC」(<「LAコンフィデンシャル」の略。ちなみに、
「グラ」は「グラディエーター」です。いつも勝手に略してすみません)をご覧に
なったのですね。

>私は何といっても、ラッセルの声にひかれちゃいました。しびれちゃいます。
でしょー、でしょー!初登場シーンのどアップからもうノックアウトもんです。
彼の魅力は声と二の腕(笑)、それからあの悲しそうな目でしょうか…

ところで、「チャーリーズ・エンジェル」のマットはご覧になりました?
マットは見たいけど、出番少ないのかなあ、と迷っております。

*ローズさん
>抱えている心の苦しさは深く切ないのに、なぜか暖かく幸せな気持ちにさせてくれる、、
でしょー、でしょー!(今回こればっかり)「人生は上々だ!」のビデオ、
私もあずきさんに教えて頂いたところで買ってしまいました。(少々、お高い
ですよね…その価値は充分あるからいいけど。)「ギルバート・グレープ」私
も好きです。同監督の「マイ・ライフ・アズ・ア・ドッグ」もいいですよね。

スペインにマキシマスがいたら私は大きな網かなんか持ってスペインに飛びま
すが、シドニーには噂によるとジェフ君のような人はごろごろいるそうですよ。
(外見と性的嗜好の話。性格までは知らない)でも、いたとしてもワレワレには
どうしようもないですけどねー。

*ペコさん
そうです、ラッセル病はなかなか治癒困難です。保険もききません。お医者
様でも、草津の湯でも…ってやつでしょうか(<たとえの古いやつ…)

*どみさん
>ううう、××ドゥスさん、やっぱりそうだったのかー。
そうなんですよ…私は「あのガキ」と訳しましたが、直訳の方がよかったかしら。

>なぜ金門橋なんだか理由が全然わかりませんが、
しかも、怒りのあまり(?)巨大化してるし。戦闘機(?)飛んでるし。
おお、ブッシュ&ゴアの共同統治、素晴らしい提案ですね。どっちがが内政担当、
どっちかが外交担当で世界を飛び回る、と。関係者の方がこの掲示板を…
読んでるわけないやろー!!

>実はチャンドラーのように伸縮自在な体型の俳優さんです。
チャン(マシュー)の伸縮自在ぶりは、とっても心配な私です。ラッセルのことも
ちょこっと心配だったりする。ヒトの脂肪を心配している場合か!(<自分)


いつ治るのでしょう、この病気 投稿者:どみ  投稿日:11月14日(火)22時19分30秒

◆Kumikoさん
「不快な小さい男色者」やっとわかりました。最年長様のセリフでしたか。
ううう、××ドゥスさん、やっぱりそうだったのかー。
「最年長」さんは、さすが最年長なだけあって、洞察力に富むお方だったのですね。
「金門橋マキシマス」は、なぜ金門橋なんだか理由が全然わかりませんが、確かにワクワクする画像ではあります。ズッカバールの剣闘士の皆さんまでが橋の上に登って負傷されたので、ERの出動が大変そうです。
こうなったら、あの画像の作者様には「東京タワーマキシマス」とか「エンパイアステートビル・マキシマス」(それじゃキングコングか)なんてのも作っていただきたいものです。
ところで、なかなか決着のつかないアメリカ大統領戦にやきもきするあまり「ゴアさん、ブッシュさん、面倒だから、二人で一緒に統治すれば?」と言いたくなる私は、プレクエルの読みすぎしょうか?

◆ペコさん
私はペコさんの分類で言うと、恐らく前者のタイプのようです。でも「バーチュオシティ」は何度も見ては笑っているのですが、最初見た時にあまりぴんとこなかった「ラフ・マジック」は再度レンタルしようとは思わないし、中古で見つけた「逃走遊戯」も、決して嫌いではないのですが、あまり見返すことがないのです。うーん、これは単に好みが偏っているのかも。
「ラッセル病」には、本当に確実な治療法はないですね。
私も10数年に1度の狂い咲き状態で、ラッセルの出ている映画を「面白いよー」と周囲にすすめまくってますが、幸いレベルの高い作品が多いので、ラッセルの評判は上々。私の狂乱ぶりも温かい目で見守られていると思います(実は完全に呆れられていたりして)。

◆れのさん
れのさんは、フレンズファンの方でしょうか?
私はWOWOWでは第3シーズン頃から見始めて、最近レンタルビデオで、待ちに待った第1シーズンを楽しんでいます。新米ファンですが宜しくお願いいたします。
あの名作「LAコンフィデンシャル」をご覧になったのですね。
バド・ホワイトも素敵なキャラクターですが、よろしければ他の映画のラッセルもご覧になって下さいね。「LAコンフィデンシャル」では筋肉マンな彼ですが、他の映画ではちょっと痩せぎすだったり、かと思うとぷにぷにと肥満していたりで、実はチャンドラーのように伸縮自在な体型の俳優さんです。


人生は上々だ!は素晴らしい! 投稿者:どみ  投稿日:11月14日(火)22時17分54秒

◆ローズさん
「人生は上々だ!」をご覧になったのですね。本当に何度見ても飽きない映画ですよね。
私も最初に見た時は、パパをいたわるジェフくんの涙にもらい泣き、ジェフくんのことを思いやるパパの涙にもらい泣きで、次の日の朝、目元がお岩さんになってしまいました。
特に意味はないのですが、私はオーストラリア時代のラッセルの演じたキャラには、つい「くん」とか「さん」付けしてしまいます(例・ハンドーさん)。
シド6.7も負けず劣らず可愛い奴ですよー(いや、比べてはジェフくんに失礼かもですが)。 冒頭の、食べても食べてもなくならないCG寿司をもくもくと食べる彼を見て、私の脳内の「バカ映画鑑賞スイッチ」が即座にオンになりましたので、あとはコメディ映画として散々笑わせてもらいました。ラスト近くのパソコンモニター内の彼は、「BOMBSHOP6.7」というソフトを使っているのですね。
「シドちゃん、その行動に一体どういう意味があるの?」
 と、ツッコミどころ満載の悪役でしたが、彼には確かにユーモアのセンスだけはあったと思います。何と言っても、あの意味なし裸踊り&意味なし指詰めが最高! あの指、第二関節から切断したはずなのに、ベロリと舐めた時は第一関節がありましたねー。あれ、逆でしたっけ? 

……バカ話はこのくらいにしまして、ローズさんの、
>架空の人とは思えない。スペインにはマキシマスが、ニューヨークにはスティーブが、
>オーストラリアにはジェフが、、、
を読んで、私がラッセルと同じくらい好きな、ある俳優のことを思い出しました。
彼は、どんな役を演じても、いつも「異端」または「異邦人」という孤独な雰囲気を醸し出している役者で、それが魅力にもなっているのですが、ラッセルは、ローズさんのおっしゃるように、どこの国のどんな役を演じても、ぴたりとはまってしまうのですね。
ニューヨーカーを演じたら生粋のニューヨーカーに見えるし、ストックマン(カウボーイ)を演じたら、小さい頃から自然の中で育ってきて、都会など全然知らないような男に見えるし、本当に不思議です。彼がある役を演じると、そのバックグラウンドが、それこそ走馬燈のように鮮やかに我々の目の前に照らし出されるという感じでしょうか。
「カメレオン俳優」という言葉は、演技の幅の広い役者へのほめ言葉として使われていますが、ラッセルの場合、演技力はもちろん折り紙付きですが、それ以前に、基本的なところで「カメレオン」しているような気がします。


いや、やはり前者ですね。 投稿者:ペコ  投稿日:11月14日(火)00時27分48秒

>ローズ様
「人生は上々だ」は良かったでしょう!
私も高度芸術作品だと思っております。もう既に数回も観ました。
あなたは後者かなと思いましたが、これで前者の資格を与えます(>こら、何の権利があって?)
とほほほほほ!一度ラッセル病にかかってしまったら、なかなか治らないんです。
Kumiko様いわくはそれは覚悟なさいよとおっしゃっております。
カンボジア旅行の時は本当にとても苦しかったんです。ホテルにてシドニー・オリンピック開催式の中継にもしかしたらラッセル様が出るのでは・・・とハラハラしておりました。


突然ですが、どうしても 投稿者:ローズ  投稿日:11月13日(月)23時33分27秒

私事ですが、なんとなく自分のものにしたいな〜と思い「人生は上々だ!」(こんな高いビデオを買うなんて!)を買って、あらためてじっくり観たらものすごくはまってしまって、、、土曜の夜から日曜にかけてエンドレステープのようになってしまいました。というのも、観終わってテープを巻き戻し、オープニングでクロウがシドニーの街中を走り抜けていくシーンを見ると、もうたまらなく胸がつまってしまって・・・・好きですあのシーン。
Kumiko様の映画感想で絶賛されていた気持ちがよくわかりました。もしファンにならなかったら決して観る機会はなかったでしょうから、ほんとうにラッキーです!抱えている心の苦しさは深く切ないのに、なぜか暖かく幸せな気持ちにさせてくれる、、そう!この感じは私の大好きな「ギルバート グレイプ」を思い出させます。それにしてもラッセルクロウは凄い人です。どの映画でも同じしぐさ、同じ笑顔をするのだけれど全く違う人物にみえる、、、まるでそれぞれのキャラクターがのり移っているようです。(架空の人とは思えない。スペインにはマキシマスが、ニューヨークにはスティーブが、オーストラリアにはジェフが、、、いるわけないか、、とほほ、、)


ようやく見ました 投稿者:れの  投稿日:11月13日(月)22時54分49秒

めるさん、みなさん、こんにちは。
すっかり遅くなりましたが、ようやく今日、LAコンフィデンシャル見ました。
いやいや、ラッセル・クロウ良いですね。(当たり前か、そんなこと)
今まで彼が出ている映画をきちんと見た事がなかったので、しらなかったのですが、
私は何といっても、ラッセルの声にひかれちゃいました。しびれちゃいます。


お待たせしました 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月11日(土)17時42分36秒

プレクエル結婚式編をUPしました!いや〜けっこう笑えます。(窓、曇るか?夏なのに。)

>じゅうばこさんの亡霊さん
あら、じゅうさん、お見限りねぇ〜(<銀座のマダム風に)と、思ったらいきなり亡霊ですか。ゾンビになって復活したら、また来て下さいね。

>あずきさん
トラは餌付けなさったのではありませんでしたっけ?やっぱり野生動物は油断できませんね。ご武運を。

>どみさん
どみさんに教えていただいた「金門橋マキシマス」壁紙を見たとたんに風邪なんかふっとびましたよん。

入隊の時から「最年長」!さすがは将軍さま。そういえば、ラッセルに「狂気の女たらし」の称号(?)を与えたのは翻訳ソフトの「こりゃ英和」だそうですね。(いえ、実際は「ぢごくみみ」の管理人様ですけど)…「彼」のことも「不快な小さい男色者」と呼ぶ事にしましょうか。(ちなみに、この言葉は第17章に登場します。)

>ローズさん
こ、怖い話??何で?…と、思ったけど、ひょっとして「あなた自身の責任において…」とか脅しちゃったからかな?あれ(Read At Your Own Risk)は、「読んで怒っても、私は知らないよ〜読んだ方が悪いんだからね〜」という、逃げの言葉です。Maximus Croweのゴシップコーナーに、よく出てくるんですよ。(ラッセルに関する悪意あふれる記事を紹介するときとかに…)

あ、私も愛してますよ、シド6.7。「ターニング・ラブ」のスティーブを誰より愛していらっしゃるローズさんも、すばらしい!

>ペコさん
「Xメン」で寝てしまわれましたか。私は昨日見たのですが、結構面白かったですよ。まあ確かに、他愛ないお話ですが…でも実は、「Xメン」を見に行ったというより、ヒュー・ジャックマンを見に行ったようなもので…その意味では、期待を裏切られませんでした。

でも私も、何かに(映画に限らず)夢中になっている時期は、他の映画が見られなくなっちゃうんですよー。「グラ」を9回見ている間に映画館で見た他の映画は、「インサイダー」の他には1本だけ。「フレンズ」に一番ハマっていた頃は1年間に1度しか映画館に行かなかったことも…(だから、20数年も映画好きやってて1000本足らずしか観てないのですよ。)私は映画館で寝ることはないんですが、全然関係ない別の映画を見ながら、「あ、この風景はマキシマスの故郷に似てる」とか「チャンドラーがここにいたら何て言ったかなあ」とか考えちゃって、ストーリーに集中できないんですよ。だから、その間はあきらめてます。


うむうむ、うううううう! 投稿者:ペコ  投稿日:11月11日(土)01時42分54秒

>ローズ様
今晩は!今唸っております。ラッセルファンのタイプを偉そうに分析したけど、実は白黒をつけるなんてあまり自信が無いんです。自称映画マニアのつもりだったけど、ラッセル様に出会ってから、映画批評では駄作でも、私は何でもラッセル様が出るだけで好きになってしまいます。面白いと言われている「Xーメン」等を観ても、途中から寝てしまうだし、色々な映画を観ても退屈だと見えてしまうし、その後にすぐに口直し(目直し?)にラッセル様の作品を観てました。だから、私は前者にしました。
あなたは後者かな・・・シャロン・ストーンが「ハーケン・クロイツ/ネオナチの刻印」を観て「あなたの演技は迫力があったけど、ひどい映画だわ」と言ってラッセル様の目の前にゴミ箱にポィと捨てたそうです。(FLiX12月号のラッセル様のインタビューより)それを読んで、そうかなと思ってしまいました。でもね、ラッセル様本人は「ハーケンクロイツ」のことはけっこう自信作だったのではないかと思います。(だって、わざわざ見せたくらいだからね。)シャロン姐さまにこう言われて内心ではがっかりしたのでは・・・・私としてはバンドー役の演技が大変難しくてここまで演じられるラッセル様って凄くて、秀作だと思っております。嫌いだという人がかなり多いです。それはかまいません。
うちの家族全員はラッセルファンですが、「バーチュオシティ」を観て最低だと言っております。
やはり「インサイダー」「L.A.コンフィデンシャル」「クイック&デッド」「グラディエーター」が、面白くていい映画だと言ってくれます。それが普通でしょう・・・


小心者のために 投稿者:ローズ  投稿日:11月11日(土)00時38分46秒

>どみ様
ありがとうございます!
いずれは誘惑にまけて観る事になると思いますが、まだ今はちょっと、、、どみ様の言い方から察しますと「バーチュオシティー」に負けず劣らず・・ということですね。それは、相当なものです! しかしシドがお好きだなんて、すばらしい!!!


怖いはなし? 投稿者:ローズ  投稿日:11月11日(土)00時19分58秒

Kumiko様
「グラ」のパロディー 読ませていただきました。皆さんおなかをかかえて笑っていらっしゃるようですが、一度だけでは、面白いはなしか? 怖いのか?では、もういちど、、、
今日ビデオ屋で▲があったのですが(もちろん全部貸し出し中)もみあげアップを見ただけで「け、けっこうです」という感じでしたね。でもこういう風にウジウジと考えたあげくに結局観てしまいそうなのは、ペコ様、前者のタイプでしょうか?それとも後者?
>ちの様
「ターニングラブ」と聞いただけで過剰に反応してしまう私ですが、ほんとうに「旅行記」はありがとうございました。いつも眺めては「行きた〜い」と、思いはつのるばかりです。
まだなにか書き残されている想いなどありましたら、ぜひお聞きしたいです。


おっと違いました 投稿者:どみ  投稿日:11月10日(金)23時17分14秒

下の「L.A.Law」は「Law & Order」の間違いでした。
「Law & Order」はなんで日本で放映されないのか不思議な番組です。

そうそう、ローズさん
「▲」は、お話はともかく、ラッセル自体はそんなにヘンじゃないので(モミアゲはちょっと…ですが)
心配されなくても大丈夫だと思います。
でも、あまりにも映画の出来がひどいと「こんなつまらん映画に出やがって」とお気に入り俳優に怒りをぶつけたくなることもありそうですね。
ラッセルファンの「踏み絵度」で言ったら、「バーチュオシティ」のシド6.7のほうが上でしょうか。
あの、怪演が大丈夫なら、他の大抵の映画のラッセルは大丈夫だと思います。ちなみに私はシドは大好きです。


私もとり急ぎ感想をば 投稿者:どみ  投稿日:11月10日(金)23時13分43秒

Kumikoさん、風邪はよくなりましたか? 
「最年長」……。いやー笑いました。
新入隊の時点で既に「最年長」。妙に老成したジジ臭い少年だったのね>マキシマス
「最年長将軍様」はわかったのですが、なぜか、私のパソコンはエキサイト翻訳の最中に
エラーを起こすことが多く、「不快な小さい男色者」の正体がわからずじまいです。
ちょっと気になります。

「Analyze This」
ラッセルとフレンズがテーマのホームページをお持ちのKumikoさんならではの、
豪華タイアップ企画! 思いきり笑わせていただきました。
うーん、キケロくん、茨の道を自覚してしまったのね。2千年の時を超えて、彼の肩を
抱いてあげたい気持ち(いらんわ!と言われるだろうな)。

そう言えば、昨年カナダの知人宅に遊びに行った時、アメリカの人気ドラマ
「L.A.Law」(ジョーイのおばあちゃんが、『サム・ウォーターストン!』と叫んでいた
例の番組)と「NYPD Blue」のタイアップスペシャルという番組がテレビで放映されて
ました。おまけにそれには「ホミサイド」のマンチ刑事(わかる人にしかわからない
ネタかも)も出演していたような記憶が。知人に言わせれば、それは「太陽にほえろ!」と
「白い巨塔」が合体したような、すばらしい豪華企画だったらしいです。
そんな意味不明な企画が実現するのなら、ラッセルもマキシマスの格好で、
「タイムスリップした将軍」の役で「フレンズ」に出てくれないかしら。絶対ありえそうも
ない話ですね。


一言だけ! 投稿者:あずき@仕事中  投稿日:11月10日(金)11時22分58秒

トラがよだれをたらして、控えているので、一言だけ。
わたしも、笑い死に。苦しい〜。


もうだめー! 投稿者:じゅうばこの亡霊  投稿日:11月10日(金)09時02分30秒

「グラ」のパロディ読んで、笑い死にしました。


みなさますみません 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月 9日(木)22時59分39秒

もうペコさんが読んで下さっていますが、はじめてこんなもん書いてしまいました。

「グラ」のパロディです。

何をやっとんじゃ!とおこられそうですが、これを書いてかなりすっきりましたので、
プレクエルの翻訳に戻れそうです。

>ちのさん
マシューは「スリー・トゥ・タンゴ」では、「ゲイと間違われる青年役」なんです。ラッセル
は確かにレイチェルと一番合わなそうですね。レイチェルはお坊ちゃま好みだし。
↑では、妄想が暴走して、「フレンズ」の脇キャラとマキシマス、というとんでもない共演
をさせてしまいましたが。

EMPIREのセクシーキャラ、ほんとに意外な人が多いですよね。納得!って人もい
ますが。一番納得がいかないのは、「テルマ&ルイーズ」のテルマと、「ロビン・フッド」
の代官です。(アラン・リックマンは嫌いじゃないけど、なんでよりによってこの役??)

>ペコさん
生蝿男のこと、教えて下さってありがとうございます。彼がただの優しい小父さんって、
やっぱり想像がつかないんですが…でも、自分の胸ぐらいしか背のない人たちに囲ま
れて、お手上げ〜ってしてる彼は目に浮かびます。なんか、かわいいです。

「穴兄弟」…この表現で、ホアキン君を間に入れられてしまうと…(以下自粛)


おお!グラのパロディとは! 投稿者:ペコ  投稿日:11月 9日(木)22時43分25秒

>Kumiko様
さっそく読ませてもらいました。
時空マニアである私には嬉しくなります!
巧いデス!
グラックス元老院議員の性的嗜好の分析をやって気に入られてしまうとは!本当に彼の性格の特徴がよく現われていますね。怖いもの知らずタイプだもんね。コモドゥス帝が剣をチラチラ見せても怖がっていませんでしたね。
キケロの赤面なんて可愛い!
ロジャーの迷医ぶりがいいですね。敵の骨抜きまでやってしまうとは・・・本当だったらいいですね。
そうすれば、ゲルマニア民族がヨーロッパに大移動する事無く、歴史を塗り替えてしまいますね。
今ごろのヨーロッパはラテン系の民族だらけになるはずです。第一次世界大戦が起きる事無く・・・
ハリウッドもない、映画もない(それは困るよね)・・・
「フレンズ」を観たくなりました!
「フレンズ」のメンバーによる「グラディエーター」のパロディをやってもらいたいですね。
脚本はもちろんKumiko様です。


変ですが・・・ 投稿者:ペコ  投稿日:11月 7日(火)22時26分28秒

>Kumiko様
今晩は!生蝿男とは!ははははは!日本劇場の一般客用エレベーターに乗ろうとしてファンの人がサインのねだりにいっぱい囲まれてしまい、本人はお手上げと言う感じで身振りで両肘を曲がって両手を挙げていました。(あの時は係員がVIP用エレベーターに案内をしなかったようです。)
私もねだりしてみたけど、それを見て諦めましたが、実際に見られて嬉しかったんです。映画を見たよりも、ラテン系ただの優しい小父さん感じで、とても親しみやすい雰囲気でした。オフのせいか、ちょっと太っていて地味な茶色ジャケットを着ていて下には黒ズボンを穿いていました。
サム・ニールは明るい青空色のスーツ(「バーチュオシティ」のシド6.7の艶やかなパープルのかかったブルースーツとはわけ違います。)を包み、アンダーにはノーネクタイで白いブラウスシャツを着ていてセンスが良かったんです。肌がとても白くて青い瞳を引き立ていました。リチャード・アッテンボローの扮する社長の孫の一人少女役を演じたアリアナ・リチャーズにもサインをしてもらいました。サインするのがまだ慣れていないらしく、ゆっくり一つ一つ書いてもらいました。とても可愛いでした。その家族も一緒でした。暖かく見守られていました。

今シネアルバムの「ニコラス・ケイジ」をパラパラと読んでみました。
変な事に気が付いたけど、ニコラス・ケイジとラッセル・クロウって映画の中の話だけですが、本当に「穴兄弟」ですね・・・・下品で失礼しました。
直接には共演しなかったけど、女優とか男優とかで同じように共演してますね。
ニコラス「ボーイ・イン・ブルー」=クリストファー・プラマー=ラッセル「インサイダー」
ニコラス「あなたに降る夢」=ブリジット・フォンダ=ラッセル「ラフ・マジック」
ニコラス「シティ・オブ・エンジェル」=メグ・ライアン=ラッセル「Proof of life」
ニコラス「スネーク・アイズ」=ゲーリー・シニーズ=ラッセル「クイック&デッド」
ニコラス「8MM」=ホアキン・フェニックス=ラッセル「グラディエーター」
ニコラス「ザ・ロック」=デビッド・モース=ラッセル「Proof of life」


長くてごめんなさい 投稿者:ちの  投稿日:11月 7日(火)17時54分04秒

みなさまこんにちは。

>Kumikoさま
「フレンズ」ビギナーの私はマシューがゲイ・・・というKumikoさんのお話読んで「えっ?そうなの?」と驚いてしまいました。最後まで読んで笑いましたが。
ラッセルが「フレンズ」に出るとしたら・・・ってお話なんか楽しい。レイチェルが一番合わないかも。フィービーとの会話は果たしてどんな感じになるのかちょっと見てみたい気もします。(笑)

映画史上…!あれだけの中で1位って改めて見てみると嬉しいですね。意外な人も結構いるなぁ…。

>どみさま
ありがとうございます。なんかトンプキン・スクエアまで行ったからなのか、さらに「ターニング・ラブ」は思い入れが深いみたいです。あの通りを歩いている時、スティーブ(ラッセル)が歩いているのが想像できて、なんだか雰囲気がぴったり合うような気がしたんです。電話をかけようかどうしようか迷っているスティーブや、通りを行ったり来たりじたばたしてるスティーブも想像できて、結構楽しかったんです。おかしいですけど。今のラッセルだと全くあの地に合わない感じがしますけど。(笑)

>ペコさま
スクリーンだと身長ってイマイチわからないんですよね。シュワちゃんは意外に低いんですね。ショーン・コネリーが188cmもあるのもちょっと驚きました。ちなみにジョン・キューザックも188cmあるそうですが、そうは見えなかった…。「マルコビッチの穴」でのあの天井は嫌がらせだ!って言っていたようです。
ラッセルファン、私は前者かな。(笑)

>あずき様
私「お帰りなさい!」と言ってなかったかも。ということで、「お帰りなさいませ!」私もやっと落ち着いてきましたので、いっぱいお話したいです!
ちなみにうちの母親はユンファファンですよぉ。(笑)

>ローズ様
「LAC」の原作を読まれたのですね。何度かこちらでも話題になっていたようですが、小説の中のイネス・ソトとリンは違う女優さんを想像してみたりもしました。 エドは他の俳優さんを考えてみたくもなったけど、ジャックはどうしてもケビスペのイメージが離れないです。

そういえば、続編の「ホワイト・ジャズ」はジョン・キューザック&ニック・ノルティのようですね。


会社をさぼって、何をしているのやら。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月 7日(火)15時17分03秒

こんなもの作ってました。(おぼえてらっしゃいます?)

ページの一番下の「戻る」を押すと「グラ」の感想ページにとんでしまうので、ブラウザの「戻る」を押して下さいね。

>ローズさん
▲ですが、「ファンなら見るべきか?」というより、「ファンだからこそ、見るのが恐い」んですよね。気持ちよーく分かります。私も、日本人がからむと余計に複雑な気持ちになってしまう方なので。でも、▲は、まあお世辞にも秀作とはいえませんが、そんなにビビるほどヘンな作品ではないので大丈夫!(私には逆にそこがものたりなかったりしたのですが。)安心してご覧になって下さい…とまでは保証できませんが。でも、観なくてもあなたの人生何の損もしない作品です。(結局何が言いたい!>自分)


今日は風邪でお休み。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月 7日(火)11時33分28秒

>ペコさん
おお、さすがはペコさん。(<「反証さがし」の話。)詳しくて、説得力があります。背が高かろうが低かろうが、気にならないんですが…シークレットシューズは、ないな(笑)。(ロンドンブーツなら、履きそうでコワイけど…)昔、ロバート・レッドフォードが同じ様な事を書かれていたような気が。ゴシップ記者の考える事って、たいして進歩がないんですね。だいたい、いまどき多少背が低いのなんて気にするかなあ?トムちんなんて、自分よりずっと背が高いうえに平気でハイヒールはいてるニコールと並んでニコニコしてるし。(そういうトムちんには好感が持てたりするんですが、トムちんのことだから、それも巧みな計算かも…)

それよりペコさん、ジェフ・ゴールドブラムにお会いになったのですね!私、好きなんですよ、蝿男。生蝿男とはうらやまし〜(<なにやら、すごい表現ですが)。やっぱりデカかったですか彼は。彼はスクリーンで見てさえなにやら人間離れしてますが、生で見たらどうなんでしょう。

ラッセルファン、私はどっちのタイプだろう、と考えてしまいました。…って、前者に決まってるかなあ。彼の出た映画で観てないのあと3本になっちゃったし、年内にあと2本は観る予定だし。ファンだから観るべきだ、というより、観ずにいられないってことは、もしかして私はファンなのか?(<今更何を言ってる??)って感じです。

>ローズさん、あずきさん
あの大作(「LAC」原作)をこの短期間にお読みになるとは、なんて偉いの!(でも、私も一気読みに近かったような。)確かに、原作と映画のストーリーはだいぶん違うんですが、なぜかストーリーを忠実にたどるよりも(そうしたら少なくとも12時間ぐらい必要ですね)、原作のスピリットに忠実に作られている、と感じさせるところが不思議です。(逆に、スティーブン・キングの映画化なんか、たいがい「たしかにストーリーは原作通りなのに…何か違う」と思ってしまう。)

原作のリンについては、ヴェロニカ・レイクそっくりという設定だけど、私は残念ながらヴェロニカの顔は知らないので、ローレン・バコールとか、バーバラ・スタンウィックとか、他の昔の女優さんを思い浮べてました。昔は歳は若くても、完全に大人の女、って感じの女優さんがいたものですが、今は大人っぽい人というと、実年齢も上になっちゃうみたいですね。キムとかミッシェル・ファイファーも、若い頃は安っぽかったし…難しい。

>あずきさん、どみさん
前に冗談の一貫で「シドの部活の先輩」と名乗った(?)ことがありましたが、その時思い浮かべた部活はなぜか「柔道部」でした。(「先輩」は男性です。)ラッセルに柔道着、似合うでしょうね。ロシアの大統領よりも(当たり前)


ラッセル・クロウファンには2つタイプあり 投稿者:ペコ  投稿日:11月 7日(火)00時20分52秒

>ローズ様
今晩は!
はははは!ラッセル・クロウファンには色々なタイプがあるようです。
私の地元の友達や知人にラッセル・クロウファンがいます。
元々ハリソン・フォードファン→ラッセルファン(スピルバーグ系、リドリー系)
メル・ギブソンファン→ラッセルファン(同じオーストラリア映画スター)

★単なるラッセル様が大好きだから、駄作だろうと傑作だろうと何でも観るファン
★映画が好きで、ラッセル様の演技力に魅せられて優れた作品しか観ないファン

2つ大きく分かれているようです。私はバカですから、前者です。妹は後者のようです。
友人はほとんど後者が多いです。それはかまわないと思いますよ。
だから、見る気がないなら無理に▲を見なくてもいいですよ。だからといってファンじゃないとは、そう思いませんから、安心してね。