Kumiko's Home BBS 過去ログ 8

戻る


すみません・・・ 投稿者:ころた  投稿日:12月 8日(金)00時38分28秒

めるさん…お名前を間違えてしまいました。
申し訳ございません。


フレンズ・リンクのお願い 投稿者:ころた  投稿日:12月 8日(金)00時31分54秒

いつもお世話になっております。
突然のメール申し訳ございません。

私、はころたと申します。
つたないながら今回、ジオシティーでフレンズのホームページを作りました。
私にとってはじめてのHPでございます。

いつも拝見させていただいております、かつみさんのホームページをリンクさせていただきたく、メールをお送りさせていただきました次第です。

私のHPは
http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/6977/FRIENDS.html
でございます。

もしよろしかったら、ぜひお立ち寄り下さいませ。
すでに、リンクに加えさせていただいておりますが、ご迷惑でしたらすぐに外します。
お手数ですがご連絡くださいませ。

http://www.geocities.co.jp/SilkRoad-Desert/6977/FRIENDS.html


] 要注意!本日は馬跨り入荷日です! 投稿者:ペコ  投稿日:12月 7日(木)20時14分24秒

皆様へ
今晩は!今日の仕事の帰りにレコード店へ急行して、あの麗しき肉体が輝く馬跨り「ハマーアウト」と変なもみ上げパートU「スポッツウッドクラブ」というVIDEOソフトを買いました。

これから若き日のラッセル様を堪能しておきます。
皆様もレンタルビデオ店へ急行しましょう! 


CNN深夜0:00〜、ラッセル出てます! 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:12月 6日(水)20時53分51秒

今日(6日)のうちにこの書込みをご覧になった方で、CNNが見られる方は、お見逃しなく!

>どみさん
またまた情報ありがとうございます!「ショウビズ」、ラッセルのインタビューが見られたのは嬉しかったのですが、なにか映画の話よりメグとのゴシップの話の方に終始していたような。うーむぅ…

「カレンダー」は随時更新、更新してもいちいちトップの「更新情報」には載せませんので時々チェックして下さいね。

>紅弥さん
エクセルの検定試験ですか〜。がんばってください!お勉強の合間の息抜きには、うちのページへどうぞ♪

私も最初のうちはどっちかというとジョーイファンでした。でも6人全員、公平に好きだったんですよね。チャンをひいきするようになったのは実は遅くて、第4シーズンのキャシーの件からです。特に、「ビロード兎の涙」のプレゼントの話にグッと来てしまったのでした。

はい、そうです、ドラマでも映画でもなんでも、いい男がいなくちゃね!(<永遠の真実でしょう。)

ラスベガスで「ビバ!ラスゲイガス」という、男性だけのショーをやっているというチャンドラーのパパですが、私もベガスの話の時に出てくるのを期待してたんですよねー。出なくて残念。チャンのパパの役、もしゲスト出演してくれるなら、ケビンの旦那がぴったりだと思いません?「ファミリータイズ」のリバー君、思い出しました!確か、次女のジェニファーを好きになるオタクっぽい天才少年の役でしたよね。


エクセルに夢中(笑い)。 投稿者:紅弥  投稿日:12月 6日(水)12時33分05秒

って、もちろん冗談ですよ(笑い)。今月、検定の試験を受けるのであまりこちらにカキコするコトができなかったのです(涙)。ところで、通販で「フレンズ」のカレンダーの購入申し込みをしました♪まだ、ブツは届いてないのでどのくらいの出来のものか分かりませんが(笑い)。
さて、それではレス!いってみよう〜♪

Kumiko(める)様:「仕立て屋フランク」の可愛いジョーイの表情ですが、「フレンズ」を初めて観た時に、一番最初に目をひいたのが、誰であろうジョーイだったのですよ(カミングアウト/笑い)。まるでヒガシに目をつけていた森光子みたいですが(笑い)、ドラマでもバンドでも色気のある男がいないと、キレイどころのいない銀座のクラブみたいだと思うのですよ(笑い)。でも、私はチャンのファン(笑い)。

「陽気なお葬式」のロスにおばあちゃんが隠していた砂糖の袋がバラバラと落ちてくるシーンも印象的でした(はぁと)。砂糖の袋がピンクでロスの泣き笑いのような表情とともに、なんだかとてもロマンティックなシーンだと思いました♪
「マザーキッサ―」!覚えていますよ(笑い)。チャンのお母さんって小柳ルミ子みたいでしたね
(笑い)。チャンのお父さんは、ベガスでゲイのレビューをやっているという設定らしいですが、ベガスが舞台として出てきたのに、ドラマがなかったのは残念でした。そー言えば、チャンのお父さんだけ登場していないですよね?

ペコ様:あの頃のリバー君ってよくふて腐れた顔をしていたように記憶しています(笑い)。「ファミリー・タイズ」のゲスト出演がリバー君の「お初」でした★「金田一少年〜」は堂本剛君のドラマを時々観ていたのです。犯罪者になるのも色々手間がかかるようで大変そうです(笑い)。

どみ様:チャンの可愛い写真!ありがとうございました♪たいへん結構なものを見せていただいて
嬉しかったです(笑い)。フィギュアスケートの「グラのテーマ曲」、私もあれを観ていたのです(笑い)。その時にまっさきに連想したのが、こちらのHPのみなさんのことでした♪
スケートは旧ソ連勢強しですね〜。やはりバレエの歴史がありますし芸術としてとらえているような気がします★


ショウビズに登場! 投稿者:どみ  投稿日:12月 6日(水)06時20分18秒

今日、CNN ショウビズで「Proof of Life」が紹介される予定です。時刻
は午後1時半(この時間の放映分は日本語同時通訳なしだと思います)、午後
8時、深夜0時です。ラッセルのインタビューもありそうです。


ロス@ジェイ・レノ・ショー 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:12月 5日(火)23時05分26秒

どみさん情報のおかげでジェイ・レノ・ショーのデビッド・シュワイマー、観ることができました。なんか「ロスそのまま」って感じの、ヒトの好さそうな好青年でした。ちょこっとだけ内容をご紹介。

デビッドは「6デイズ/7ナイツ」でハリソン・フォードと共演したときのエピソードを語ってました。デビッドはハリソンのファンで、初めてセットで会った時にはとても緊張していたそうです。最初の撮影は飛行機の中のシーンで、女性がビキニを持っているのを見て、デビッドが「あれはアイパッチか?」と言うセリフがあって、それはデビッドのセリフ中唯一のジョークだったそうなんですが(すみません、私はこの映画まだ観てないのです)、そのセリフをリハーサルの時に間違ってハリソンが言ってしまうことが続いて、とうとう二人同時に言ってしまったそうです。

デビッドは「ハリソン・フォードが、僕のアイドルが、僕のセリフを盗みやがった!」と、とてもショックだったのですが、後で説明したらハリソンはとても丁寧に謝ってくれて、デビッドは無事そのセリフを言うことができたということです。

…しかし7ヶ月後、プレミアの時に見たら、そのジョークは観客に全然ウケてなくて、デビッドはお母さんに「あれ、ハリソンが言っていたら面白かったんじゃない?」と言われた…というオチでした。

>ペコさん、どみさん
「カレンダー」にはペコさんとどみさんからの情報をたくさん使わせていただいております。いつもありがとうございます。これは随時ちょっとづつ更新しますので、時々チェックして下さい。

アメリカの映画やTVには、実在のTVショーのホストがよく自役自演でゲスト出演してますね。ジェイ・レノの毒舌ジョークは私にはほとんど聞き取れません…しくしく。デビッドの言葉はよくわかったんだけど。

>ローズさん
「逃走遊戯」、私も第1回は見逃してしまいました。次は13日、忘れないようにしないと。私の「カレンダー」は、あまり信用しすぎないようにして下さいね。私のことだから絶対、もれがあるので…


観逃しました!ガクッ! 投稿者:ローズ  投稿日:12月 5日(火)22時17分54秒

昨日はどみ様同様、忘れてしまってました!(カレンダーに○までつけてたのに、、、おバカ)
でも、もうKumiko様のカレンダーがあるので大丈夫ですね!かな?
「ジェイ・レノ・ショー」もすごく楽しみです。情報ありがとうございました。

「へヴンズ」はお金も力も何もないコリンを、ラッセルが一歩も二歩も退いて、ほんとに優しく演じている気がして、こんなに人気が出てしまったこれからは、絶対にあんな演技はしないだろうなと思えてとても貴重なフィルムに感じたんです・・・。


うん! すごく便利! 投稿者:どみ  投稿日:12月 4日(月)22時30分42秒

逃走遊戯、今日の朝にやってたのですね。いきなり録りそこねちゃいましたわ! でもこのカレンダーがあれば大丈夫!
次は13日ですね。
「爺さん、宇宙へ行く」の話ですが、クリントはじめ4人のじいさんズは、劇中で「ジェイ・レノ・ショー」に出演しておりました。ジェイ・レノの毒舌が冴えてましたが、実際の録画の時は、そうそうたるメンバーを前に、さすがのジェイさんも緊張しまくっていたとか。


便利です! 投稿者:ペコ  投稿日:12月 4日(月)22時22分26秒

>Kumiko様
今晩は!さっそくラッセル・クロウ&フレンズ カレンダーを拝見しました。
いつもはシステム手帳やメモに記入しておりますが、このようなページがあってとても便利です。
しかも可愛いイラストつきですね。楽しいです!
12月20日に発売される「DVD&ビデオでーた」1月号には「グラディエーター」の特集をやるそうです!


"Motherkisser!"って憶えてる? 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:12月 3日(日)23時24分39秒

>ペコさん、ローズさん
映像ファイルの件、結局何のお役にも立てませんで、ごめんなさい〜

>ペコさん
ラッセルの美脚は、ただでさえトチ狂っている我々を、これ以上危険にしていはいけないと思ったスコット監督が、あえて自粛したのでは…ほとんど無駄だったようですけど…

>どみさん
ジェイ・レノ・ショーの情報ありがとうございます。さっそくチェックします。生ロスが見られるといいですね。そういえばジェイ・レノは自役自演で「フレンズ」に出演して、チャンドラーのママにインタビューしてましたね。そのママとキスしたロスが出演…と考えるとなんだかおかしいですね。(<ドラマと現実を混同しているやつ。)ラッセルの回、カットされないように祈っております。「テリー」は"Proof of Life"の役名だったのですね。気がつきませんでした。

>ローズさん
▲、感動されたのですか…「観なくても損はしない」なんて言って悪かったかな?私は好きな俳優が出ていると、映画を余計シビアに観てしまうタチみたいなので。でも、私は「映画の好みは食べ物の好みみたいなもん」と思ってますので、(「男の好みみたいなもん」でもいいのですが、私はやっぱり「食べ物」の方がしっくりくるみたい…)、人それぞれでいいのではないでしょうか。


ありがとうございます! 投稿者:ローズ  投稿日:12月 3日(日)14時52分27秒

>Kumiko様
未公開映像の画像は動いていますし、マキシマスだということも解ります。たぶんこんな感じなのでしょうね。ご面倒をおかけしました。
▲!我慢できずについに観てしまいました!!!
よかった!コリンよかった! 「人生は上々だ!」で、ビデオで初めて泣いたと言いましたが、またしても泣いてしまいました。逆にどこが良くなかったかお聞きしたいです。制作費のかかっていないあのレベルの映画と思えば十分楽しめたし、何はともあれラッセルが日本人の中に全然溶け込んでない所がまず満足?(笑)(どうみてもミドリは中学生)
ペコ様が何度も観られた気持ちが良くわかります。しかし、コリンを他の俳優が演じていたら、、、こう思えるかどうかは自信ないです、、やっぱり私も盲目愛でしょうか?(笑)  


瓢箪から駒 投稿者:どみ  投稿日:12月 3日(日)14時15分05秒

▲じゅうばこさん
宇宙の彼方からの交信?、しかと受け取りました。ありがとうございます。
「日記」は電子手帳に取り込んで、通勤時間中に読ませていただいております。

▲Kumikoさん
ジェイ・レノ・ショーって、アメリカでは月〜金の週5回放送されているんですね。
日経CNBCの番組表を見ると、土曜日に2回、日曜日に1回放送で、合計3回分しかないんですが、まさか2回分は切り捨てられちゃってるんでしょうか? ラッセルがゲストの回がカットされたら、立ち直れませーん。
昨夜の放送は一週間前の「感謝祭特集」だったので、放送されるとしたら今週末でしょうね。
日経CNBCのHPにはゲストの名前が出てないので、スカパーのHPにたどりつきましたが、まだ来週のゲストの名前は出ていませんでした。
でも、これぞ瓢箪から駒!? 今夜の深夜のゲストはデビッド・シュワイマーだそうです! 
http://www.sp3.com/EPG/
(万が一違ってたら袋叩きになるかもしれないので、一応お確かめ下さい)

▲ペコさん
製作総指揮ラッセル・クロウ氏! なんだかすごく貫禄がありそう! 彼も完全主義者みたいですからね。
ただ、一族の名前の一致に関しては、単なる偶然じゃないかなーと思いますよ。ほとんどオーストラリア時代か、ハリウッドに来たばかりの頃の役名ですし。
でも、テリー=Proof of Lifeは、ひょっとしたらラッセルの希望だったりして。
お兄さんが「メグ・ライアンと共演するんだって? 脚本家に言って俺の名前使ってくれよ!」
なんてラッセルに言っていたとしたら面白いですね。
それにしてもハリソンってば…(ファンだけど)。そこまで言うのなら、一度製作総指揮もやってみたらどうかと思います。


ええ、信じますとも! 投稿者:ペコ  投稿日:12月 3日(日)02時06分32秒

今晩は!今日は「エニイ・ギブン・サンデー」と7回目「インサイダー」と「タイタス」を観てきました。
「エニイ・ギブン・サンデー」・・・「ベン・ハー」の映像の多用や監督本人が出演がなければ、作品の出来栄えが良くなるのにと思いました。何だか白けてしまいました。スポーツ界の裏話みたいなシーンがあって興味深いのでした。
「タイタス」・・・まるで「グラディエーター」ではやり遂げなかった分を補っているみたいで、なかなか楽しめる映画でした。

>どみ様
凄い発見ですね!それぞれの名前にはフーン、ラッセル様の役名と同じねとしか気が付きませんでした。並んでみるとほとんどとは!面白いですね。それぞれの作品の監督はラッセル様のいいなりだったとは!影の真の製作総指揮の腕が伺えますね。ハリソン・フォードみたいだわ!監督や製作は、やらないけど、発言力はけっこう製作総指揮並だそうです。例えば、「タイタニック」の公開予定日が「エアフォース・ワン」の公開と重なるかもしれないと聞いて、ハリソン本人は「タイタニック」の公開を遅くしろと発言して配給会社を困らせてしまったそうです。ところが、「タイタニック」の製作がまだ終わらず、結局ずらしたことになりました。

>Kumiko様
操作が分からない私の為に一所懸命に探したり試したりしてくださってどうもすみませんでした。
ありがとうございます。
シドの後ろ姿は間違いなく本人のものだと信じておりますので、安心してくださいませ。(笑)
それにしても美尻ですね。いや〜
いよいよ12月8日「ハマーアウト」「スポッツウッドクラブ」がリリースされますね。
あの馬跨り姿をもうすぐ見られると思うと生ヨダレが・・・・・下品でどうも澄みませんでした。
「グラディエーター」では、ハーケンの下が見えたのに、マキシマスの下には真っ暗で見えませんでした。サイトでは、地下牢にて両手を縛れたマキシマスはふんどしの姿でした。どうしてカットされたのでしょうか・・・美足でしたのに。


う〜むぅ(苦悩) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:12月 2日(土)23時44分03秒

Windows Media Playerの最新バージョンをダウンロードしたら、私も未公開映像が
音しか再生できなくなってしまいました。パソに元々あった旧バージョンでは見られ
ていたのに…謎です。


ジェイレノショーは来週かな。 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:12月 2日(土)23時14分21秒

>ペコさん
実は以前、「フレンズ」のチャットでジョーイの話をしていて、「スターの顔の見えないヌードとかって、ほとんど別人の吹き替えらしいよ〜」と言われて、私が最初に考えたのは「えっ、じゃあシドのあのシーンわ??」ということでした。でも、私はあれはラッセル本人だと固く信じております。ええ、信じておりますとも!

>あずきさん
私も好きですフィギュアスケート!シングルもいいけど、ペアとアイスダンスが好きです。フィギュア漫画では、「銀のロマンティック…わはは」ってのもありましたね。「グラ」のテーマはシドニーのシンクロでも使われていたような。当然だけど、人気あるんですね。

テーマ曲といえば、またオスカーネタですが、アカデミー授賞式では俳優が舞台に登場する時にその人の代表作のテーマ曲を流しますよね。ラッセルの場合、来年は当然「グラ」のテーマでしょうが…想像すると、なんか「うわ、なんかむっちゃ強そう(笑)」と、思ってしまいます。

>どみさん
「勝手邦題」のサイト、私も見ましたよ。「暴れん坊元将軍」私もツボでした。…そうそう、勝手な邦題といえば、「爺さん、宇宙へ行く」はいかがでした?

アレックス、デイヴ、ジェフ、マーティン、スティーブ…あら、本当に。「ご一行様」探し、DVDを観る楽しみが増えました。「デイヴ伯父さん」のエピソードで私が気に入っているのは、彼が入院したとき、世界中のラッセルファンから花が送られてくるので、ラッセルが花を送るのはやめてそのかわり病院に寄付して欲しいと言って、そのお金でその病院に叔父さんの名を冠したチャリティの基金が出来た、という話です。これは私の捏造ではありません、念の為。

>じゅうばこさん
これっきりじゃないですよー!映画では子供は8歳で、帰っていない期間は3年弱でしょ?最後に帰ったのは子供が5歳の時って事になります。まだそこまで行ってないです(マルクス君は57章現在2歳)。それから、オリヴィアさんの実家はやっぱり一族郎党、召使いも含めて全員、殺されたんだと思いますよ。言うなれば、マキシマスの一家は、「戦争に敗けた側」ってことでしょうか…

実は57章をこっそり会社のPCで読んでいて泣きそうになり、トイレに飛んでいって涙をふいたりしてました。誰もいなくてよかったけど、見られてたら不思議に思われただろうな〜。(私を泣かせられるような人は、すでに会社内には存在しない今日このごろ。)そしてその後、39章をプリントして電車の中で下読みしていて今度は本格的に泣いてしまった、最近センチメンタルな私。その反動としてアホなことを考えてしまうようです。

それから、じゅうばこさん、メール、お待ちしてますので…というのは、メアドを教えてほしいってことです。内容は一言でもかまいませんので。


頼りない答えですみません 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:12月 2日(土)20時38分03秒

>ペコさん、ローズさん
曖昧な答えになってしまって申し訳ないのですが…というか、全然答えになってない
かもですが…私のパソコンではあのファイルはWindows Media Playerで再生できました。
Windows Media Playerをお持ちでしたら、起動させて、ネットに繋いだ状態で
「開く」のところで以下のアドレス(下のリンクと同じです)を指定してみて下さい。

mms://nsdepot.e-media.com/wms/gladiator/gladiator_56k.asf

Windows Media Playerは下のところでダウンロードできるようです。
(30分ぐらいかかるみたいなので、テレホタイムになったらやってみますので
お待ちを…)


Windows Media Player


私のパソはWindows95なので、マックの場合はどうなるのか、他のプログラムで
再生できるか、とか、全然わかりません…ごめんなさい。
…私ときたらほんとーに無知で、本当にHPやってて大丈夫なのかしら?
でも、あずきさんがおっしゃっているように、再生できてもやはり鮮明な画像ではないです。
私のパソで再生した状態なんかほとんど「コマ落とし」状態です。心の目で見るのよ(笑)!

>トマトさん
はじめまして、ようこそいらっしゃいました!私も夏に某映画ショップで「グラ」のポスターを
買ったのですが、あまりに部屋が汚いので将軍様に失礼にあたるような気がして未だに飾れ
ぬままです。(<ばかでしょ〜)また気軽に書込みして下さいね!

残りのレスは、また、後程…


またおいていかれそう… 投稿者:じゅうばこ  投稿日:12月 2日(土)20時14分47秒

プレクエルにまた、おいて行かれそうです。ぜいぜい。でも、それにしても、この別れは悲しすぎます。多分、もう、これっきりなのですね?それは、ほんとにもう、何と言おうか、あんまりだなあ。しつこいけれど、オリヴィアさんのご実家はどうして…。もういい、ここまで来たら、早く次が読みたい。何がどうなっても覚悟はできていますから。(あせって、だんだん意味不明になってますが、要するに、悲劇を予感すると、もう早く来た方がまし!という心理になるんですね、私。)

どみさま。
おまえは宇宙のかなたに住んどんかい!と言われてもしかたのないような、遅い返事ですみません。「日記」は全文、daifukuさんのサイトに掲載していただきました。よろしかったら、どうぞご賞味を。(笑)

Kumikoさま。
私か、私のパソコンか、どっちもかが間抜けで、うまくご連絡がとれず失礼しています。うちのHPの管理人をつかまえるまでお待ち下さい。いずれにせよ、こちらもちょっと、とっちらかしてるので、またゆっくりお願いにあがることにします。
「ゴシップ集」には、危うくまた亡霊になりかけました(笑)。何か怪しげな電波をキャッチしましたら、私も情報を売り込みに来させていただきます。


クロウ一族を探せ! 投稿者:どみ  投稿日:12月 2日(土)20時03分23秒

いよいよ12月、「グラディエーター」のビデオとDVDリリースまであと少しの辛抱ですね。
おなじみ「Maximum Russell Crowe」でずいぶん前に目にして以来、気になっていた記事を本日確認してきました。
http://www.geocities.com/Hollywood/Cinema/1501/index.html
の、「It's all Relative」です。
このページの記事は、今年の5月に亡くなったラッセルの伯父様、デヴィッド(デイヴ)・クロウ氏が、生前に寄稿されたものだそうです。ページの真ん中あたりの「A Day on the Set」によると、「グラディエーター」には、クロウ家御一行様(ラッセルのお父様アレックス、お兄様のテリー、デイヴ伯父様、プロのクリケット選手の従兄弟ジェフとマーティン、そして親戚じゃないけど一族のお友達のスティーブ氏)が、コロシアムのエキストラとして出演していたそうです。
御一行様のファーストネームって、ほとんどラッセルの映画の主要登場人物名とかぶってますね。
たぶん、上の写真の右から2番目がお兄様だと思うんですが。髪の色とか、垂れ目なところ(笑)がラッセルによく似ています。一番右がお父様でしょうか。だとしたら遺伝学的確率を考えると、ラッセルは今後ハゲる可能性は低そうです。
「グラディエーター」を見ていた時に、何度か彼等のお姿を探してみたのですが、どこにいらっしゃるのか全然わかりませんでした。皆様が身につけているのは元老院議員のコスチュームだそうです。となると、コロシアムではいい席に座っているはずですよね。

私は、書かれている英語を全部理解しきれてはいないのですが、この伯父様が素敵な方だということは伝わってきました。彼が亡くなった時にラッセルがひどく落ち込んだのもよくわかります。そうか、そこにつけこんだメグが「ラス、私の胸で泣いていいのよ…」なんて言って、あんなことになっちゃったんだわ! きぃ〜!!
……と、とにかく、ビデオ&DVDが出たら、「クロウ家御一行様」を探してみませんか?
もしも画面に出ているなら、なんとなくペコさんが真っ先に発見しそうな気がしますわ。


さっきNHKのスケートでグラのテーマが 投稿者:どみ  投稿日:12月 2日(土)20時01分59秒

▲スケベ笑い勝負中のvivi_malkoさんとKumikoさん
スケベ笑い修行も「ぐふふふふ」まできましたか。「ぐふふふふ」だと、越後屋、ぬしもワルよのうって感じですね。それなら私は「ガ行変格活用?」で「げへへへへ」でどうだっ!
…いかん、そこまで行ってしまったらヒヒジジイだわ。
「どっこいしょおばさん」なら、シマスマキ将軍様も「しょうがないなー、ほら、起きて!(うっ、重い!)」と起こしてくださるだろうけど、ヒヒジジイまで行ってしまったら「この痴れ者が!」と、一刀両断されてしまうわ。
でもシマスマキシマス将軍に息の根を止められるなら、それもいっそ幸せかも……。でもお名前をお呼びしているうちに舌噛んじゃうかも。

創作ゴシップ…、もうだめ、剣闘士姿で大暴れの新郎の姿を想像するだけで笑い死にしそうです。
そう言えば、「勝手邦題」という、名前の通り映画のタイトルの邦題を勝手につけちゃうホームページで、「グラディエーター」が「暴れん坊元将軍」と紹介されてました。「ベン・ハー2000」ってのもあったかな。

▲紅弥さん
私ってば、チャンちゃん画像をKumikoさんにお渡ししただけで安心しちゃいまして、肝心な「ジミー」のあらすじをお伝えしてませんでしたね。何のために物置に潜入したんだか。どうもありがとうございました。

▲トマトさん
その節はお世話になりました! こちらでもよろしくお願いします。
「グラディエーター」と「インサイダー」のポスターをゲットされたのですね。うらやましいです。
私は今でも後悔しているのは、とある映画館での「グラディエーター」上映最終日に、映画館の方がマキシマス将軍の大きなタペストリーを外しているところを目撃したのに、「それ下さい!」と言えなかったことです。


NHK杯で・・・ 投稿者:あずき  投稿日:12月 2日(土)19時48分12秒

こんばんは〜。
グラの未公開映像を見ながら、NHK杯を見ていたら、ウクライナのペアが
グラディエーターの音楽を使っていました〜。コーフン!!
くぅぅぅぅ〜。もう我慢できない。バタッ。(再度失神)
あー、でもやっぱりアイススケートっていいわぁ。
槙村さとるのスケート漫画に、憧れてたんですよねぇ。

Kumikoさま>ゴシップ、堪能させていただきました。そして大いに笑いました。
私も色々考えて、またローマ共同通信から配信できるといいな〜。

ローズさま>画像は全く動かないのですか?もし動いていて、ボケボケなのでしたら、
そういう感じにしか見えないみたいです。あんまり、鮮明じゃないものみたいです。
あー、早くDVDを観たいですね〜。

ホントに、DVDが待ち遠しくて。もう、グラの公式サイトでボケた「not yet」
を観るのはイヤだー。


私もです!泣泣泣! 投稿者:ペコ  投稿日:12月 2日(土)06時03分43秒

>Kumiko様
おはようございます。
ローズ様と同じく音しかダウンロードする事が出来ませんでした。
POLの予告編はダウンロードする事が出来たのに・・・・・Quick Time・・・何とかいう物を開いてから出ないと駄目でしょうか?こちらはまだまだ操作が分からなくて・・・

今日もインサイダーを観に行きます。


見、見えません! 投稿者:ローズ  投稿日:12月 1日(金)23時21分33秒

>Kumiko様
せっかくおしえていただいた「グラ」の未公開映像!私のPCではもやがかかったようにほとんど見えません。 音楽ははっきりと聞こえるのですが、、、。トマト様とは別の意味で涙が出そうです。エンディングの曲がやけに悲しく聞こえます・・・・


はじめましてトマトと申します。 投稿者:トマト  投稿日:12月 1日(金)22時20分47秒

>Kumiko様
「グラ」の未公開映像見せていただきました。涙がでそうになりました。本当にありがとうございました。皆様と同じようにマキシマス禁断症状がでております。今日映画の日で色んなポスターや映画グッズが45円で販売されました。もちろん目当ては「グラ」と「インサイダー」でしたが思ったより少なくて何とかポスターは二枚ともゲットしたのですがガッカリでした。とにかく毎日ラッセルのサイトをうろうろする日々が続いております。もちろんこちらも欠かさず立ち寄らせて頂いていたのですがいつも立ち読みさせていただくだけでした。今日久々にうかがって「グラ」の未公開映像を教えていただき嬉しくて嬉しくて書かせていただきました。ありがとうございました。


創作ゴシップを見ましたよ! 投稿者:ペコ  投稿日:11月30日(木)22時52分59秒

>Kumiko様
今晩は!あのR指定調の文が復活されてとても嬉しいです!(また意味不明で失礼しました。)
食事しながら読んでいたので、思わずぷっと食べ物をこぼれそうになったところでした。(汚くてごめんなさい。)
それにしてもとてもリアルなので、本物だと鵜呑みしてしまいそうです!ラッセル様の性格をよく知らないとこんなのような文が書けないと思いますよね。
★「氷の微笑」のバイセクシャルがあったからこそ、こちらのほうが納得できそう・・・
★お尻の吹き替え、「フレンズ」の第1シーズンを見たばかりなので、すぐに分かり、笑っちゃいました。実際の映画にもお尻とかオッパイとか足とかよく吹き替えるそうですね。それが常識らしいですね。特にハリウッドではね。容貌が悪くて、器量がないとか、太りすぎとか、胸の大きさが足りないとか、禿げ頭とか、身長が足りないとか色々な欠陥があると、ぜったいに大きく写らないそうですね。
「プリティ・ウーマン」では、やはりジュリア・ロバーツは脱いでも、映像が暗くてピンボケになっていましたね。ヨーロッパやミニシアター系では、欠陥があってもそれを魅力的に写ってしまいますね。
「卒業」のアン・バンクロフトの胸は本物じゃないそうです。メイクで大きく見えるようにしたそうです。(SFXの本で知りました。「バック・トゥ・フューチャー2」のママさんの胸も作り物。)
「フラッシュ・ダンス」の足のダップは吹き替えたそうです。「グラディエーター」のそれぞれの手のアップはほとんど別の役者が吹き替えたそうですね。後ろの姿もです。(DVD未公開や監督のコメントが明らかになったそうです。)
★優しくてポランティアの精神が強いラッセル様の事だから、人が困ったら、ほっとけないみたいですね。はははははは!夫婦の間に実子が生まれなかったのはトムのせいだと噂されますね。でも、友人の話によると、ニコールが条件を持ち出したそうです。まだまだ女優をやりたいので、出産で体型が崩れてしまうから、当分の間に作らないそうです。(それにしてもトムの前妻の間に子供がいなかったけど、その前妻が他の人と再婚して子供を産んだそうですね。同棲した事のあるレベッカ・デモーネイとの間もなかったみたいですね。)
★もう脱帽です!グラディエーターのそのものではありませんか!5000人なんて吹き出しました!
マキシマスの口癖でしたね。

今度もぜひに続けてください。

>紅弥様
書き込みの題名って「金田一少年の事件簿」の名台詞ですね。ファンでしょうか?私もそうだけど。
あら、両方とも両親がわけありだったんですか・・・「旅立ちの時」は観に行きたかったけど、見逃してしまいました。その作品でリバー君が初めてアカデミー賞助演男優賞にノミネートされて、当時ガールフレンドだったキース・キャラダインの娘マーサ・プリンプトンと一緒に授賞式に出席しておりました。リバー君はイベントがとても苦手そうで、ラッセル様と同じく終始むっつりしておりました。

>vivi_malko 様
読んでくださってどうもありがとうございます。
しかし、この間、多摩映画祭に「グラディエーター」を観に行ったのはいいけど、自分で間違い探しや笑いネタを書いてしまったせいで、「ミイラ取りがミイラになる」というように不謹慎にも泣くべきシーンまでぷっと笑いたくて我慢しました。本当にやばかったんです。

>ローズ様
いやいや、そんなに凄くありません。私よりも上にいたんです。(それは・・・)
私も昔のものばかりに拘っておりません。そうですね、やはりリアルタイムに観た方がいいです。
私の青春に1本といったら、「バック・トゥ・フューチャー」です。あの時はまだ学生なので、2回しか見なかったけど、隅から隅まで、記憶してしまいました。


ぐふふふふ。(<スケベ笑い修行中) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月30日(木)21時11分38秒

どみさんからご提供頂いた興味深い画像をご紹介。

(1)若き日のチャンドラー。「ジミー」のパンフレット写真です。

ぷにぷにマシューと女装のコリー・フェルドマン(嘘)物置から発掘された、青春の1ページ。

(2)プレミア会場で旧交をあたためるラッセルとサルマ・ハエック。

あんたらひょっとして、何かワケあり?サルマは彼氏のエド・ノートンと一緒だったはずだが…

どみさん、Thanks! 笑わせていただきました〜

*vivi_malkoさん
将軍様の名前をあまり何回も唱えるのは危険です。一日15回までにとどめましょう。お酒は2合以内にして、30品目以上の食品を食べるようにしましょう。(<…私も相当、頭をやられているらしい…)

*紅弥さん
「仕立て屋フランク」のエピソード(第2シーズン第1話です。ビデオはレンタル中。)では、チャンも可愛いんですけど、真実を知った瞬間のジョーイの表情が、超かわいい!全シーズンを通じても有数のかわいさです。うふふ。
WOWOW初回放映時の吹き替え(翻訳)と、現在発売中のビデオ・DVDの吹き替えは、確かに違います。放映開始当初は翻訳者が現在の方(野口尊子さん)と違ったので、やりなおしたようです。


「謎はすべて解けた!」(笑い)。 投稿者:紅弥  投稿日:11月30日(木)14時29分43秒

Kumiko(める)様&みなさん、こんにちは〜♪

先日、レンタルSohpに行った際にリバー君のVのコーナーに行き確かめてきました。
マシューが出てる「ジミ―」のストーリーは、リバー君がお金持ちのちょっと不良入ってる男の子の恋愛と進路で悩む青春ストーリーのようです。あと、参考までに「リトル・ニキータ」は両親がソ連のスパイと知ってしまった男の子とFBI捜査官(シドニー・ボワチエ)のお話。で、「旅立ちの時」は両親がテロリストのお尋ね者なのであちこち転々としている家族のお話だそうです。

因みに「ジミ―」はもう12〜3年前の映画と言うのには、時の流れをヒシヒシと感じてしまいました(笑い)。でも、ちゃんと明らかになったので、すっきりしました(笑い)。
色々と教えてくださったみなさん、ありがとうございましたm(__)m

Kumiko(める)様:レスのタイトルに、チャンドラーの台詞の続きをありがとう〜♪
そう!チャンドラーはちょっと大人になってしまった感じがします。私も第3シーズン位の時のチャンが好きです。口が達者だから打たれ強そうにみえるのですが、全然なトコが可愛いです(笑い)。

あの仕立て屋の名前がフランクというのも良いですね。やっぱり、シナトラからきてるのでしょうか(笑い)?あの時のチャンの表情は絶妙で、あの音楽の使い方もセンスが良くって好きだわ★

この時のドラマではチャンとジョーイが、自分の事を「僕」と言ってるシーンもあって貴重かもしれません。普段は2人とも「俺」って言ってますよね?メインキャラで「僕」と言うのはロスだけだし…。

TVでの放送とVは微妙に台詞が違うのですね。訳している方が違うのかしら?
そーいう違いが分かってしまうほどハマッてる自分がちょっとコワイですが(笑い)、でも好きなんだからしょうがないのです(笑い)。


こんにちは〜♪ 投稿者:vivi_malko  投稿日:11月30日(木)13時40分37秒

>Kumikoさん。
・・・そうですね。
誰も起こしにきてくれそうもないので、私も起き上がることにします。
はぁ〜、どっこいしょ・・・っと(さらにオバさん(笑))
あぁ、早く22日にならないかしら。。。
マキシマスマキシマスマキシマスマキシマスマキ・・・シマスマキシマスマキ。。。
あぁ、シマスマキに会いたい(←???)
#名前を唱えているうちに、頭がヤラレてしまいました。(笑)


>ペコさん、こんにちは〜♪
「グラディエーター10倍楽しむ方法」、読ませていただきました♪
とっても詳しく書かれていて、驚きました〜。
すばらしいですね!
え?そうだったんだ〜!
あっ・・・そういえば。。。!と思い当たることがあったりして、
自分の観察力のなさを思い知らされ、勉強になりました、ありがとうございます。
これで今度「グラ」を観るときは。10倍、いや20倍楽しめそうな気がします♪

>どみさん(お世話になります♪)
でへへへへ〜、えへらへら〜、へろへろ〜。
どうですか?スケベな笑いなら私のほうが上のような?
(そんなことではりあってどうすんだ?(笑))


「グラ」未公開映像 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月29日(水)23時25分22秒

うまくリンクが貼れるかどうか自信がなかったりするのですが、
ちのさんに教えて頂いた素晴らしい映像です。

「グラディエーター」未公開映像

DVD発売日まで、とりあえずこれで飢えをしのぎましょう。

>ローズさん
ラッセルがトヨエツ画面で並んでいる姿、ある意味見物ですよ。体型の違いが…(笑)

私は古い映画も好きですが、評価の確定している名作ばかり観るよりも、新しいのをリア
ルタイムで観て、玉石混交の中から「これだ〜!」っていうのを見つける方が楽しいです
よね。「グラディエーター」みたいな映画に出会える事があるから、映画観るのはやめら
れません。


皆さんの優しさが、、、 投稿者:ローズ  投稿日:11月29日(水)00時28分57秒

>Kumiko様 あずき様 どみ様
「逃走遊戯」の件では、くだらないことに駄々をこねているみたいなのにコメントをくださってありがとうございます。トヨエツと画面で並んでいる姿が想像つかず、ふふ、おもしろそうなので観ることにしま〜す!(日本人でも男優だというんで私も余裕なんですよ!)
「ユージの意見」ですね、記憶しておきます。

ペコ様
お父様が「太陽がいっぱい」に感動されてたなんて、素敵な方なんですね。
あの役にドロンがあまりにもはまっているので、実際もぜったいにあんな人なんだ!と思い込んでいましたから。モーリスロネもジュードロウの何倍もよかった! 
こういう風に古い映画で忘れられないものがいくつかはありますが、基本的に私は新しいものの方が好きです。(こういうこと言うと怒る方がみえますよね・・・あくまでも私個人の好みですので) ある意味で映画も生ものだと感じるので、今を生きてる俳優さんたちが演じるのを、リアルタイムで見る!というところで私はドッキ〜ンという感動があるんですよ。
それにしてもペコさんは「グラ」を31回目観られたということは羨ましい!!!
私はたった5回ですが最後の2回は続けて観ました。その晩は興奮しまくってひたすらマキシマス、マキシマスと友人としゃべりまくり、、、あの日のことは忘れられません!
こんなに感動できて、映画ってほんとにすばらしいですね!
 



「…売ったのか、お前は!」(チャン、危機脱出/冷汗) 投稿者:Kumiko(める)  投稿日:11月28日(火)23時48分54秒

失神中につきひとことレスですみません。

>失神中のみなさま
…このまま横たわっていれば、将軍がお見舞いに来てくれるかしら…でもいらっしゃるのが12月22日じゃ、やっぱり待ちきれないわ。しょうがない、とりあえず起きるか。はぁ〜よっこいしょっと。(<オバさん…)

>vivi_malkoさん
U-157って、潜水艦の中で食中毒が起こる映画でしたっけ?

>ペコさん
さすがはペコさん、鋭い観察力ですね!ますます、発売が楽しみです。DVDを見た後に、いろいろ詳しい話をしたいですね!

>どみさん
ディスカバリーチャンネル情報ありがとうございます!またまた楽しみが増えました。「Proof Of Life」の撮影は大変だったそうですが、メイキングを見るのが楽しみです。

>あずきさん
うろうろ、うろうろと…「動物園のクマのように」と付け加えたいのを我慢しつつ。

>紅弥さん
そうそう、あのシーン(風船を「連れて」去るところ)のジョーイはいいですよね〜。ジョーイって、いいヤツなんだなあ、と、しみじみ。でも、私もチャンちゃんの繊細なところが好きです。第6シーズンの彼は、大分人間として成長した(?)ような気がするのですが、なんとなく第3ぐらいまでの、深入り恐怖症でシニカルなジョークで武装した、お子ちゃまな彼が懐かしい…モニカには悪いけど。


「あの仕立て屋に俺を…」(チャン、危機1発/笑い)。 投稿者:紅弥  投稿日:11月28日(火)22時35分49秒

Kumiko(める)様&みなさん、こんばんは〜♪

「フレンズ」の第1シーズンの「ベビー誕生!」のジョーイが付き添っていた女の子が出産した後にお見舞いのバルーンを持って再び病室を訪ねるシーンから、ジョーイが哺乳瓶のバルーンと手を繋いで去って行くシーンは名場面だなと思いました♪
「フレンズ」のしんみりとしたシーンて、ベタベタしていないから好きです(はぁと)。

Kumiko様:そう!私はチャンドラーのファンです♪「フレンズ」の6人はみんな好きですが
チャンのあのクレバーでそして繊細なトコが好きです。最初、マシューを観た時は口が達者な感じがしたので、スタンダップ・コメディアンだと思っていました(笑い)。
ブルース・ウィルスと共演するのですか?タイトルから察するとコメディ映画なのでしょうか?
「隣りのヒットマン」、お願いチャンチャン、ファットマンにはならないでおくれ(笑い)。

ペコ様:どうやら色々な映画がゴッチャになっているみたいで…。たぶん、「ジミー」と「旅立ちの時」と「リトル・ニキータ」がミックス状態みたいです(涙)。
「ジミー」なんかサブタイトルの〜さよならのキスもしてくれない〜って、覚えてる位なのに肝心の内容が…。近いうちに突き止めたいと思います♪「じっちゃんの名にかけて!」←違うって(笑

ローズ様:「愉快なシーバー家」と「フルハウス」は、私も好きでした♪特に「フウハ」のあの明るい画面は「きっと照明が強いのね〜」と変なトコに関心して観ていました(笑い)。
私もバラ好きです(全然、詳しくないですが/笑い)。今は、バラの苗木から3色色違いの花を咲かせる事ができると言うのを、先日知りビックリしてしまいました(笑い)。

どみ様:ジョン・リスゴーというと「フット・ルース」のヒロインの頭の固い父親役が印象に残っています♪あと、チープトリック!懐かしいですね〜☆友達がファンで初来日の武道館公演にも行きました(笑い)。とってもキャラクターが分かりやすいBANDでしたね。10年程前にもエルビス・プレスリーのカバー曲をヒットさせました。

レンタルShopで「フレンズ」のVを借りて観ているのですが、第1シーズンの1巻はいつもレンタル中なのです(涙)。まぁ、明日を信じて、気長に待つ事にします(笑い)。


続いて、くらくら。そして、じたばた。ついでに・・・→ 投稿者:あずき  投稿日:11月28日(火)00時17分08秒

→鼻血ぶーっっ。・・・わたしも、PCの前で悶絶死していたところ、夫に「どないしてん?」と、不思議そうな顔をされてしまいましたとさ。くそー、待ちきれないよぉ。将軍様のDVDのために、スピーカー増やそうかしら。やっぱ、迫力の音で見たいもんな〜。
それから、結婚一周年、なんて、ついもらした言葉に、皆様にお祝いの言葉を頂戴いたしまして、ありがとうございました。

Kumikoさま>じたばた、じたばた。といえば、38章のハーキュリース。私、とぉーってもツボでした。かわいー。そして、ウロウロするマキシマスに、ウロウロするラッセルを重ねて、吹き出してしまいました。へへ。

ペコさま>そうそう、あの暑くて熱い夏のことを思い出しました。相変わらず、深い読みですわぁ。DVD待ちきれないー。将軍様に、再会できたペコさんが羨ましい〜。

ローズさま>「逃走遊戯」TVドラマ的ですが、悪くありません。わたしは、ユージの意見に1票。(ご覧になったら、おわかりになるかと。夜の車の中での会話についてです)また、観たあとでお話しましょうね。楽しみに待ってます。

あー、もっと書きたいし、他の方たちにもおしゃべりしたいのに〜。じたばた。今日は、力尽きました。また、明日きます。カク。


私も、くらくら、ばたっ。 投稿者:どみ  投稿日:11月27日(月)23時09分37秒

▲Kumikoさん
ス、スーさん…。なんと「グラディエーター」の未公開映像までスライドショーにしてくれちゃったのね。
ばったり(私も数十分間失神)。

……でも失神しつつ、しっかり画像を保存してたりして(笑)……

アメリカのほうが、「グラディエーター」のビデオ&DVDの発売日が1カ月早いことは知ってましたが、
「日本版DVDだって、ちゃんと特典映像がついてるもんねー」
 と割り切って、12月下旬まで待つつもりでおりました。
で、でも、やっぱりあんな画像を見ちゃうと、英語版でもいいから注文しておくんだったー!と、じたばたしてます。そう思っても、今すぐアマゾンやDVD EXPRESSなんかに注文しても、すぐに送ってもらえるとは限らないんですよね。今はクリスマスシーズン直前の忙しい時期ですから。ううー、ぬかったぜ!
ディスカバリーチャンネルの「ローマの流血競技」で、マキシマス姿のラッセルが
「僕はすっかり猛獣たちに夢中になったよ。ライオンや虎は特別な存在だ」
 とのたまいつつ、「猛獣に襲われちゃった俺」をおちゃめに演じてましたよね。私はそんなラッセルを見て、
「あの映画に虎は出てるけど、どうしてライオンなの、ラッセル?」
 と疑問に思っていたのです。
その謎が解けました。カットされた本編では、ライオンさんが登場していたようですね。
キリスト教徒の家族がライオンに殺されるシーンだとは、あまりにも悲しいですが、でもやっぱり見たいなー。
「ブレードランナー」みたいに「グラディエーター」も「完全版」が出たらいいのにと思います。
そうだKumikoさん、私もアマゾンドットコムジャパンで「グラディエーター」のメイキング本を購入しました。明後日あたりには届くと思います。楽しみです。

▲紅弥さん
「クリフハンガー」でございますが、私がちょっと前に在籍していたスポーツクラブで、30分間エアロバイクを漕いでいる時に目の前のモニターで上映されていたのが、まさにその「クリフハンガー」のビデオなのでした。そんなわけで、ぢつはあの映画については30分しか知らなかったのでした。確かジョン・リスゴーが出ていたんですよね? リスゴーさんの顔を見ているだけで、あまりの恐ろしさに心拍数が上がって、運動の効率がアップしちゃったような記憶があるのです。すいませんマキシマスの未公開画像のおかげで何を口走っているのか自分でも把握しておりません。
「サレンダー」といえば、「チープ・トリック」というバンドのヒット曲がありましたが、ご存じでしょうか?

▲ペコさん
ペコさんのレポートを読んで、私もやっぱり多摩に行けばよかったー!と後悔しています。
ちょっと風邪気味だったから、悪化したらいやだなーと思って行くのを躊躇したのですが、これからマキシマスを大スクリーンで見るチャンスが少なくなることを考えたら、そんな懸念は「Fuck it」(by ワイガンド博士)ですね。
それにしても、ペコさんの博識ぶりにはいつも驚かされます。

▲ローズさん
「剣闘 ローマの流血競技」が再放送されるのですね! 情報ありがとうございます。
ディスカバリーチャンネルといえば、「Maximum Russell Crowe」に出ていた情報ですが、アメリカ本国のディスカバリーチャンネルで「Kidnapped」(誘拐)という番組が放映されたようですが、その中に「Proof of Life」のメイキングシーンがあったそうです。12月の日本放映分のディスカバリーチャンネルの番組表には出てないようですが、1月以降に放映されるかもしれませんね。
かとぷーさんというラッセルファンの男性のサイト(私はまだ書き込みしたことはないのですが、とても雰囲気のいい掲示板のあるサイトです)に、「逃走遊戯」についてのラッセルのコメントが載っていますが、それを読む限りでは、ラッセルは、トヨエツや日本人プロデューサーと仲良くやっていたのかな?と思います。
「逃走遊戯」も、Kumikoさんの解説の通り…、うーん、なんつーか、いい味出してる映画ですよ。

▲じゅうばこさん
プレクエルのマキシマスは、氷の小屋で近衛兵と恋に落ちる直前に脱出して、スペインの故郷に直行しましたが、プレクエルが進めば進むほど、「グラディエーター」本編のマキシマスの家族の運命を思って泣けてきます。現在のところ、じゅうばこさんのお話は、掲示板に連載という形で読ませていただけるようですが、「マルクスくんの夏休み日記」をまとめてに格納されるようでしたら、ぜひ第一話から読ませていただきたいと思います。何話分か保存しそこねてしまいましたもので。

ここからオンライン
▲vivi_malkoさん
今、書き込みに来て、viviさんの書き込みを発見しましたー。いろいろお話ししたいこともありますので、また今度ゆっくりとね。へっへっへ(←スケベっぽい笑いだけど、引かないで下さいませー)


マキシマスについて、色々 投稿者:ペコ  投稿日:11月27日(月)23時00分26秒

>Kumiko様
今晩は!vivi_malko 様に続けて3人目(かな)失神してしまいました。
はい、分かりました。遠慮なく書きます。

今だから書きますけど、あの掲示板が休止されて、ショックのあまり19日の夜は不眠でした。それに風邪を引いてしまったせいか、マキシマスの夢に魘されてしまいました。マキシマスが蛮族の兜を被って盾と槍を持って仲間と一緒にコロッセオのアリーナに入って、不安そうな表情しながら、360度見回るシーンでした。ラッセル・クロウの夢をやっと見れて喜ぶべきなのに、あまりいい気分しませんでした。ちの様みたいにいい夢を見れたらなあと思いました。

スライドショー<グラディエーター:DVD特典映像>を観て、やはり私の予想した通りで、嬉しかったのでした。(皆様へ、意味が不明で失礼致しました。とりあえず、ちょっと暴走させて頂きます。)
でも、まだ発売されていない日本に美味しい餌を見せびらすなよ!

★某掲示板にて書き込みをした「グラディエーター10倍楽しむ方法」は(daifuku様のサイトにアップしましたので、良ければ↓をご覧になってください)
これで、立証する事が出来て嬉しかったんです。
○肩バッドの件、スライドショーの中で、逃亡中のマキシマスの肩にくっきりと肩バッドの線が見えます。

★あの夏に熱く話し合ったグラ論の中で、小説にはコロッセオのアリーナにてキリスト教徒への迫害シーン(ライオンの餌食になる)が書いてあったのに、映画には泣く泣くカットされたのではと書きましたね。それがやはり撮影してたんですね。それを見てむごいのあまり目をそらしてしまうマキシマスの表情がとてもいいのに、カットされたなんてもったいないですね!

★マキシマスの幻想シーンがとても神秘で素晴らしいのに・・・

http://members.tripod.co.jp/cinema_mystery/movie_re__gladiator_p_01.html


きゃ〜!スゴすぎるぅ〜! 投稿者:vivi_malko  投稿日:11月27日(月)22時23分12秒

・・・バタン・・・!
失神者2人目です。(笑)<グラディエーター:DVD特典映像
早く見たいじょー!
でも見たらほんとに失神しそうだじょー!(笑)
倒れてもいいように、いっぱいクッションを敷いておこう!
(・・・初めてから寝転んで見ればいいのに。。。<将軍に失礼か?(笑))

今日TVを見ていると、とある番組で元マラソン選手の方が
「9月に公開された洋画を5つ答えて下さい」という問題に
「オータム・イン・ニューヨーク、それと、えぇ〜っと、
グラディエーター!」とお答えされており、思わず、ふふ、と笑ってしまいました。
ちなみに「U-157!」とも言っておられて
司会者の方に「それはO-157、じゃないの?」と突っ込まれていました。(笑)