PROFILE





 
     KAZUNORI KUMAGAI 熊谷和徳 1977. 3.30 宮城県仙台市出身
 
 

               
 
 

       15歳で佐藤勝のもとでタップダンスをはじめる。19歳でNYに渡り、チャールズゴダーズ、バーバラダフィー、テッドリーヴィーに師事。
   96年、『FUNK UNIVERSITY』に入学し、ブロードウエイミュージカル『BRING IN DA'NOISE BRING IN DA' FUNK』に関わりその
   スタイルを学ぶ。1999年NYにてタップダンス祭典ナショナルタップダンスデイに参加。
   日本においては98年、熊川哲也主演の『イエローエンジェル』にソロとして出演する。
   その後NYのクラブ、ニッティングファクトリーなどでライブを行い、2001年にはBILL WARE (VIBES) MARSHALL DAVIS (TAP)
   日野賢二(BASS)とともに東京などで自らのショウをおこなう。 
 
 

    
       5月/97’      BROADWAY SHOW "BRING' In DA' NOISE BRING In DA' FUNK'の養成学校
         "FUNK UNIVERSITY"のオーデイションにうかり3ヵ月間のトレーニングをうける。

      9月            同名のショウNOISE/FUNKに合格の報告

    2/98’ 熊川哲也主演のショウ"YELLOW ANGEL"にソロとして出演。

 

    5/23  NYにて年に1度のタップの祭典”NATIONAL TAP DANCE DAY”Gregory Hines,
          Savion Glover等と共にに出演しソロ、振りつけをてがける。

    6月         NY JAZZ FESTIVALBILL WARE(groove collective)率いる VIBESと共に参加。
  

            1/21ー31/99’

          NY La Ma Ma theater において"VAUDAVILL 2000"に出演。ソロ、振りつけ。
    
             2月   NYにて日本の和太鼓グループ”鼓童”のライブに飛び入り参加。

    3/14  PEG LEG BATES MEMORIALセビオン、ジミースライドと共に参加。
      
     6月   NY、TOWN HALLにてNY JAZZ FESTIVALにVIBESと共に参加
     
     7月   仙台にてFREEDOM JAZZ DANCE3回公演。

    
    2000年 1月 BILL WAREとのコラボレーションBLUENY KNITTING FACTORY にて公演

     5月  BLUE 5回公演 KNITTING FACTORYにて
       
     8月  同タイトル公演BLUEを仙台にて2回公演 榊原光裕ヤヒロトモヒロらと共演。
         
     10月 NY KNITTING FACTORY main spaceにて単独ライブ BILL WARE日野賢二と共演

    2001年 4月 東北地方にてドキュメンタリー番組「ぼくらの時代」放映。新番組の第一回目。

      夏  NYのメンバーを引き連れ日本各地で"NO BEATZ NO LIFE"を公演、

      @photo by zhou mi

                                                     -menu-