ティガ熱血座談会

あのロフトプラスワン伝説のイベント「1999・6・19 ウルトラ作戦第一号」を企画制作したメンバーたちが、
今度はウルトラマンティガをテーマに巨匠・切通理作さんに挑んだ、大胆不敵なティガ座談会。
さあ、今一度ティガを熱く語ろう!

CONTENTS

■PART1■
ウルトラマンティガ、スタート!?
衝撃の第3話
演出と造形のリアリズム


■PART2■
ダイゴとレナ(プロローグ)
ダイゴとレナ(盛り上がり編)
ダイゴとレナ(ここまでやるか編)


■PART3■
GUTSキャストの魅力
ティガにおける川崎郷太の存在
ダイナへの繋がりは?
リアルタイムでTVを見るということ
ウルトラマン飢餓状況


■PART4■
ティガのセリフは人生のバイブル
音楽で魅せる演出とは?
クリエイター同士のぶつかり合いが
  ティガを面白くしていく



■PART5■
試写会を見て・・・ティガ映画について

座談会を終わって・・・(出席者のひとりごと)





■お願い
●本座談会の著作権は右記5名に属します。
●座談会内容の転載はかたくお断りします。






▲協力
¥DO〜、にゃおん、こっこ、ねね
  
NOTICE
     
■開催日:2000/3/5(日)

■出席者紹介

●切通理作
大著「地球はウルトラマンの星」(ソニー・マガジンズ)、
そして「怪獣使いと少年」(宝島社文庫)の著者。
平成ウルトラマンを愛し、精緻で的確な分析の評論を
数多く発表。ホームページは→こちら

----------------------------------------
●GEM!
ご存じ大人気BBS「ウルトラ掲示板」を主催。初心者に優しく
間口の広さには定評がある。誰もが知りたい「レナの聞こえない
声を聞くコーナー」や、あらすじ・感想をアップした充実の
ホームページはこちら。最近は仮面ライダークウガにハマり、
こちらもBBSを展開中。特撮と並んで力の入るのが音楽。
本職はベーシストだが、コンピュータミュージックに加え、
ウクレレもこなす。6.19のロフトで、ひし美ゆり子さんが思わず
涙したお誕生日祝いのウクレレ演奏は氏によるものだ。

●ぷるたーく
ネット上では温厚な人格を貫くが実会話では平然と毒舌を
とばす二重人格者。「クウガ3クール以降は巨大ロボットが出る
に違いない」と言って憚らない。幼少時代に怪獣の別名、身長、
体重、武器等を暗記して天才児と呼ばれた果ての現在は、
競馬データの暗記にのみその能力が発揮されている(^_^;)
競走馬写真の趣味(HPはこちら)が高じて、ウルトラマンの
アトラクショーにまで望遠レンズを持ち込む。旧ティガ応援サイト
トップのティガのスナップは氏の撮影による。
(座談会本文中では「ぷる」と短縮表記しています)

●ada-ky
社会に出たとき「卒業」したつもりの特撮にティガで引きずり
戻された「帰り新参」の特撮者。レナをきっかけにはまって
吉本多香美@FIELD』を立ち上げ、ついに父上の黒部進さん
公認ページまで共同運営する筋金入りのタカミスト。
生来のドラマ・映画・役者好きが祟って(?)、何を語らせても
常に脱線するうえ、熱が入ると何時間でも・・・の話好き。
最近多香美ちゃんの事務所の目を意識してか筆致も固くなり
がちだが、元々は単なる熱血感動バカであることはバレバレ!?
ぷるさんもビックリの元祖・二重人格説もある男だが、週末は
ふたりの娘とともに『パパはウルトラセブン』してるとか。
ホームページは→こちら

●takorasu
初代ウルトラマン、ウルトラセブンに浸って幼少期を過ごし、
初恋の人はもちろんアンヌ隊員!(今でも女優ひし美ゆり子さん
のファンである)。平成に入ってティガで再びウルトラマンに
どっぶり。今度はレナにハマって「吉本多香美@FIELD」を
手伝うようになる。この座談会の仕掛け人だが、基本的に
軽〜いお祭り人間なので、あれをやりたい、これをやりたいと
わめいて周囲を無理矢理巻き込んでいく。昨年のロフトイベント、
黒部進さんとひし美ゆり子さんを招いての6.19ウルトラ作戦
第一号もそうだった・・・。
(座談会本文中では「tako」と短縮表記しています)

※このコンテンツは、Internet Explorer5.0以上で最適化してあります。

扉ページへ戻る