HOME

楽団紹介
講師紹介

これまでの演奏会
団員募集


※別ウインドウが開きます
掲示板
リンク
練習カレンダー

三木市吹奏楽団ブログ

Youtube公開中

お問い合わせ




スマホ用ページはこちら

講師紹介


北村  憲昭  Noriaki  Kitamura

 1949年12月12日、兵庫県神戸市生まれ。
父はアマチュアコーラスの指揮者、父方の伯父は1988年に亡くなるまで
ニューヨークで指揮を、母方の伯父もやはり大阪音楽大学の指揮科の
教授という一家の中で育った。

 12才よりフルートを習い始め、京都市立芸術大学に入学。
大学卒業後、指揮法を日本の指揮者の第一人者である 故山田一雄氏に
師事する。
 その後、師のアシスタントを務めながら日本では数少ないオペラの経験を
故朝比奈隆氏のもとで積み、数多くのオペラのレパートリーを身に付けた。
それによりオペラハウスのない日本では大変数少ないオペラ指揮者に成ること
が出来た。

 1981年、ストラビンスキーの「エディプス王」でデビューを果たし、その指揮と
演出で絶賛を博す。

1991年、桂三枝氏の演出によるモーツアルトの「魔笛」の公演では
「斬新な演出にも劣らぬ伝統的かつ格調高い指揮であった」と高く評価され
た。


 神戸山手女子短期大学音楽科等で講師を務めた。また各地のアマチュア
吹奏楽団等を育成指導、吹奏楽コンクールの審査員を務めるなど、

その活動は多岐にわたっている。
 1994年、チェコ国立モラヴィアフィルハーモニー管弦楽団主催の「国際指揮者マスタークラス」に於ける演奏が、”最高の解釈であった”との評価で特別表彰を受け、その栄誉として同楽団とシューマンの交響曲第1番と第4番を録音、CDを発売中。
 2010年に国立スロヴァキアフィルハーモニー管弦楽団とベートーヴェンの交響曲の全曲録音を開始、
現在 第5番「運命」 第6番「田園」 と 第7番を発売中。
2013年2月にワルシャワ・フィルハーモニーとストラヴィンスキーの組曲「火の鳥」、チャイコフスキーの幻想序曲「ロメオとジュリエット」等を録音、9月にはドビュッシーの「海」他、フランス音楽を録音、発売中。
CDはNKB(http://www.nkb-ga.com/)より発売中。

ハイレゾリューション音源データのダウンロード販売は
アイ・クオリア社のショップ(http://shop.aiqualia.jp/)より発売中。

 論文:「演奏の解析法」「旋律要素の解析」(神戸山手女子短期大学紀要に掲載)
 著書:「音楽のマニュアル」「演奏のマニュアル」「合奏のマニュアル」「記譜のマニュアル」ほか。
          北村憲昭先生 ホームページ  http://homepage1.nifty.com/nma-yc/