馬犬
ダメな映画を応援しちゃうメルマガ

「あの映画、つまんないらしいぜ」
「そうなんだ。見るのやめとこ」


……ちょっと待って。本当にそれでいいの?
ダメと言われている映画の中にも、
美点の一つや二つくらいは埋もれているもの。
そんな財宝発掘の旅に、ご一緒に出かけてみませんか?
メルマガ【馬犬】は、あなたの好奇心を、適度にくすぐります。

これまでに取り上げた、主なダメ映画たち
【洋画】 【邦画】
『ドメスティック・フィアー』
  創刊号(2002.10.12発行)にて紹介
『パコダテ人』
  第10号(2002.12.28発行)にて紹介
『ドリームキャッチャー』
  第23号(2003.04.26発行)にて紹介
『八つ墓村(豊川悦司主演版) 』
  第14号(2003.02.08発行)にて紹介
『カスケーダー』
  第33号(2003.08.16発行)にて紹介
『戦後猟奇犯罪史』
  第15号(2003.02.15発行)にて紹介
『原始のマン』
  第46号(2003.11.29発行)にて紹介
『ドラゴンヘッド』
  第36号(2003.09.13発行)にて紹介
発行人からのメッセージ
武智葉 もっと映画を大事にしよう──。

だってほら、一生のうちに鑑賞できる映画の本数など、ほんのわずかなもの。せっかく貴重な時間とお金を費やしているのに、一本一本の作品を、「つまらない」「くだらない」だけで片付けるのは、せっかくの出会いを無駄にしているように思いませんか?

作品の優劣と、それに注ぎ込める愛情の量とは、必ずしも比例しません。親にとっては、出来の悪い息子ほど可愛いと言うではありませんか。駄作を愛しても、恥ずかしいことではないのです。さあ、もっと映画を大事にしよう!

メルマガ【馬犬】発行人:武智 葉
馬犬