戻る
おまけ
'02/05/06

JavaScript:画像をローカルで出さない。
 ローカルファイルを編集中に、絶対パス(http://で始まるURL)で指定した画像がある時、「接続ダイアログボックス」が出てきて困ることありませんか?
 カウンタであったり、他サイトのバナー画像であったり・・・。
 これは、それが困るという人向け。
----<HEAD></HEAD>----
<script language="JavaScript">
<!--
var net = "www.geocities.co.jp";
if(location.hostname == net){
var url = "http://www.nx-72307.net/web_img/banner.gif";
var img = "<img src=\"" + url + "\" width=\"88\" height=\"31\">";
}
//-->
</script>

----<BODY></BODY>----
<script language="JavaScript">
if (img){ document.write(img); }
</script>
<noscript>
<img src="http://www.nx-72307.net/web_img/banner.gif" width="88" height="31">
</noscript>
 「var net」では、自分のホームページのサーバ名。
 「var url」では、対象となるファイルのフルパス。
 <BODY>中のを、画像を貼りたい位置に書きます。
 <NOSCRIPT>中のは、JavaScriptに対応していない人は、画像を見ることができないので、ここで指定しておきます。


HTML:TITLE属性
 IEやNN4.xでは、画像上にマウスを持っていくと、<img src="*" width="*" height="*" alt="画像">というように、ALTで書かれたものが、ポップアップ表示されると思います。
 しかし、本来ALTは画像が表示されない場合に出力されるもので、正確にはTITLEを使用します。
<img src="*" width="*" height="*" alt="画像" title="画像">
 このTITLEは、IMGタグだけでなく、Aタグでも使用可能です。
 以下のリンクにマウスカーソルを重ねて見てください。

<a href="#top" title="ここにテキスト">どう表示される?</a> … どう表示される?

 しかし、あまりに長いテキストを入力するとNetscape側では表示できないので注意が必要です。あくまで補足説明程度で使用します。
 さらに、<SPAN></SPAN>で使用するとで、通常の文章中にも表示できます。

<span title="普通のテキストに。">こんな感じです。</span> …  こんな感じです。

'02/05/24

favicon.ico:アドレス左のアレ。
 あなたがIE5以降や、Mozilla0.9.6以降やNetscape7以降を使用しているのであれば、URLアドレス左のマークがサイトによって変化しているのに気付くはずです。
 このサイトの本家<<http://www.nx-72307.net/>>を見てみると、STAR TREKの記章のようなマークに変わるのが分かるでしょうか。
 ここでは、ソレの作り方を示します。
 Windowsの方が対象です。他のOSでの作り方は理解していません。
 ※用意するモノ
	・BMPファイルで保存できる画像ソフト(ex.Windows付属のMS Paint)
	・BMP→ICOソフト(ex.SouthernCross HopScotch
 まず、画像編集ソフトを使用しアイコンの元になる画像を作成します。その際、32*32のサイズ、256色でBMP形式で保存します。
 その後、BMPファイルをICOファイルに変更します。BMPファイルの拡張子を.bmpから.icoに変更してもIconファイルとして使用できますが、この場合、きちんとフォーマットする必要があるので、ソフトを使用して.icoに変更します。

 SouthernCross HopScotchでは、まず、ツールバーの『ファイルを開く』から、保存したBMPファイルを開きます。
 透過したいのであれば、透過色を選択後、ペンやブラシを使って塗りつぶします。
 最後に、『色』から256に減色し、『ファイル』→『256色アイコンで保存』で『favicon.ico』という名前をつけて保存します。

 保存した『favicon.ico』は、自分のホームページの最上位ディレクトリに保存しておけば、以下の階層にアクセスしたファイル全てで使用されます。
 もし、一部のページで違うiconを使用したいのであれば、
そのページのhead部分で、
<link rel="SHORTCUT ICON" href="http://xxxxx/xxxx.ico">
とすれば、そのページのアイコンを変更することが出来ます。
-トップ-


2002/05/04
http://www.geocities.co.jp/Hollywood-Theater/4449/
作成者:stingo(スティンゴ) stingo@yahoo.co.jp