−映画をめぐる日々−
2002年


2002年12月31日

「マイノリティ・リポート」
(京極東宝)


2002年12月21日

「色即是空」
(MMC)


2002年12月13日

「ハリーポッター・秘密の部屋」
(MMC)

2002年12月10日

「海岸線」
(MMC)

2002年12月7日

「ピアノを弾く大統領」
(MMC)

2002年12月4日

「クァンボクチョルトゥクサ」
(MMC)


2002年11月24日

「オースチン・パワーズ・ゴールドメンバー」
(スターシックス貞洞)

2002年11月24日

「モンチョンギ」
(MMC)

2002年11月19日

「マイ・スイート・アラバマ」
(MMC)

2002年11月17日

「少年」(ラトビア)
(プサン・テヨンシネマ)

「RUN2U」(日本・韓国)
(プサン・メガバックス)

「リターナー」(日本)
(プサン・市民会館)

2002年11月16日

「シャオピ・イヤギ」(台湾)
(プサン・プサン)

「エリアナ・エリアナ」(インドネシア)
(プサン・テヨン)

「ムンラク・トランジスター」(タイ)
(プサン・プサン)

2002年11月10日

「テン・ミニッツ・トランペット」
(コア・アートホール)

2002年11月9日

「密愛」
(中央シネマ)

2002年11月4日

「タキシード」
(シネコア)


2002年11月2日

「チャップリンの独裁者」
(シネキューブ)

2002年10月31日

「ミスター・ディーズ」
(MMC)

2002年10月27日

「中毒」
(シネックス)


「ロードムービー」
(コアアートホール)


2002年10月22日

「2424」
(MMC)

2002年10月20日

「クッセオラ、クムスナ」
(CGVミョンドン)

2002年10月19日

「i am sam」
(MMC)

2002年10月13日

「YMCA野球団」
(CGV江辺)


2002年10月12日

「秘密」
(MMC)

2002年9月27日

「恋愛小説」
(MMC)

2002年9月14日


家門の栄光」
(MMC)

2002年9月13日

「マッチ売りの少女の再臨」
(MMC)

2002年9月8日

「ヨッキチョギン・クニョ」
(DVD)

2002年9月7日

「ファミリ」
(MMC)


2002年9月6日

「ボス上陸作戦」
(MMC)

2002年3月31日(日)

cats21で映画。「モンテ・クリスト」を見る。
上映中に隣の映画の声が聞こえるのには参った。
もうここでは出来るだけ見ないぞ。

つづいて徒歩でソウル劇場へ。
「大いなる飛翔」を見る。

2002年3月29日(金)

「タイムマシン」を見る。

2002年3月27日(水)

「ソウル」。客は、、、やっぱり10人。夕方の回で10人はきつい。

でも客の入りに反して、映画は面白かった。
観客の評判も悪くなかった気がする。
ではなぜ当たらない?
たとえば日米合作映画、「トウキョウ」。
アメリからたまたま来た刑事が事件に巻き込まれる。ん?そんな映画なかったか?まあいいや。
当たらないかも。
どうも「タイトル」が良くない気がする。
日本ではOKだけど。

2002年3月24日(日)

月曜日、風とともに去りぬ(一発変換できず)。
火曜日、パトレーバー。
水曜日、パトレーバー2、アラビアのローレンス。
木曜日、 オネアミスの翼、黒い仔牛。
以上の5本の録画をビデオにセット。
ビデオの組み合わせ上、ベン・ハーとサウンドオブミュージックは見送り。

2002年3月23日(土)

「ジャングル・ジュース」を見る。舞台挨拶も見る。

「ローラーボール」を見る。はずれ。

2002年3月18日(月)

ホームで映画雑誌を開く。
ああ今週末からこんなにたくさんみたい映画をやるんだ。
こんなに見たい映画がいっぱいあるのに見られないなんて。

2002年3月17日(日)

「ジョン・キュー」を見る。
やはり黒人主役は少し人気がないらしい。
日曜日なのにすいていた。

2002年3月18日(月)

ホームで映画雑誌を開く。
ああ今週末からこんなにたくさんみたい映画をやるんだ。
こんなに見たい映画がいっぱいあるのに見られないなんて。

「ジョン・キュー」を見る。
やはり黒人主役は少し人気がないらしい。
日曜日なのにすいていた。

2002年3月12日(火)

今宵の映画は「アメリカの夜」。要チェック。

2002年3月9日(土)

「バス、停留所」。
眠かった。
後ろの席のやつらが映画の最中からぶつくさ言っている。
男の号泣シーンで観客から失笑。それで終わり。かわいそうである。

2002年3月7日(木)

「ライディング・ウィズ・ボーイズ」を見る。
もちろんドリュー・バリモア目当てである。

2002年3月6日(水)

「アリ」を見る。
どうせすいているやろ、と思ったら係りの人が少ない。しかも前のグループがごねてる。はよきめんかい、と日本語でぼそっと悪態をつく。
映画は思ったより人がいっぱいだった。
でも不思議なことがある。サイトでは上映時間が150分と書いてあったが、120分ぐらいで終わってしまったのだ。
誤植?それとも30分カット?

2002年3月3日(日)

ネゲン・カビョウン・クニョ

2002年3月2日(土)

オーシャンズ11

2002年3月1日(金)

ビデオにとっておいた「カラフル」を見る。

2002年2月24日(日)

さて、ひさしぶりに映画3本立て。
しかも同じ監督の3本はひさしぶり。
さらにそれが鈴木清順である。
12時から7時30分まで。
1つめ、「陽炎座」。
2つめ、「河内カルメン」。
3つめ、「夢二」。
さすがにふらふらとなった。

2002年2月22日(金)

セキを押さえながら「サウラビ」を見る。

2002年2月21日(木)

「翔んだカップル」
インターネットで見るとこの映画が公開されたのは中学3年の時。
つまり約20年ぶりに見ることになる。
20年、何してたんだろうなあ。
この映画を見に行ったときのことを必死に思い出してみた。でも全然憶えてない。
2回見に行ったのだけは憶えている。
ちなみに映画のシーンもほとんど憶えていなかった。憶えているシーンも勘違いしてる。
よくみるといくつかいいシーンがあった。

2002年2月20日(水)

「翔んだカップル」
なんといっても自分が初めてお金を出して見に行った映画である。しかも2度も。
今見るとみんな若くて笑ってしまう。
尾美としのりもやせているし、石原真理子も鶴見辰吾もまだ幼い。
演技もひどいし。
原作のマンガのことも思い出した。自分も若かった。

2002年2月9日(土)

公共の敵

2002年2月3日(日)

「2009ロストメモリーズ」
「夢の中の恋人」

2002年1月23日(水)

「ナップンナムジャ」

2002年1月20日(日)

北京自転車

2002年1月19日(土)

ザ・ワン

2002年1月13日(日)

マルホランド・ドライブ(デビッド・リンチ)

2002年1月12日(土)

アフリカ(シン・スンウ)

2002年1月11日(金)

マリイヤギ(イ・ソンガン)

2002年1月9日(水)

バニラ・スカイ(キャメロン・クロウ)



MailBoxあたまに戻る  映画のホームページへ行く