RENT
NEDERLANDER THEATRE (NEWYORK)
NEDERLANDER THEATRE
25.OCT.1998 20:00〜   AA111 MEZZ $75.00 Roger Davis RICHARD H.BLAKE Mark Cohen JIM POULOS Tom Collins BYRON UTLEY Benjamin Coffin III CALVIN GRANT Joanne Jefferson GWEN STEWART Angel Schunard JUAN CARLOS GONZALEZ Mimi Marquez MARCY HARRIELL Maureen Johnson YASSMIN ALERS プレイビルを受け取ると一枚の紙が挟まっている。  そこには10月25日 日曜日 夜の出演者と書かれ、全キャストが載っている。  ということは案の定プレイビルのキャストとは大幅に違っていた。Rogerは  毎週日曜夜のみの指定キャストであるが、Collins、Benny、Angel、Maureenは  スタンバイである。  しかし、やはり本場のRENTは違う。どの人も歌う、そして響く。さすがである。  さて、Collinsが2人いると思いきや一人はBennyだった。この2人は良く似ている。  2人とも背が高いし、黒人だからだろうか。Bennyはトロントで半年前に観た小柄の  イメージでいて日本のKONTAも同様の雰囲気であり、そのつもりでいたからちょっと  びっくりした。ラスト近くでCollinsとBennyが一緒に飲みに行くところは何か兄弟  とか双子のようでもあった。  Mimiの歌う「Out Tonigt」の最後のキメのポーズが日本と違っていた。キメたと  いうよりそのまま止まったといった感じでどちらかというと日本の方がいい。  今回、メザニン(二階席)の最前列で観たが、2階方面によく目線を合わせるのは  Markくらいで他の人は結構下向きかげんというか1階を見ていることが多く残念  だった。Markは客席に語りかける役柄なので当然といえば当然ですが。  ブロードウェイのRENTを見終わってみて、今更ながら思うが日本のマークと  ジョアンヌはかなり近いところまできていて健闘していると確信した。  最後のプレイアウトの曲(客追い出しの曲)で1階最前列にいた観客の太った  おじさんがうれしそうにステップを踏んでいたのがほほえましかった。  やはり、ここには若者向け作品、熟年向け作品なんて垣根がないんだなー。