映画祭がやって来る

The Hard Days & Nights of the FILM FESTIVALS


 

 トロント国際映画祭をご紹介

 Introducing TRONTO INTERNATIONAL FILM FESTIVAL

 ダニエル・ガーバー

 by Daniel Garber

 (English Versionを読みたい方はここをクリック)

 

 

 トロント国際映画祭…世界にますますその名を知られるようになってきたこの映画祭は、その本質的なところで他のほとんどの映画祭と趣を異にしています。それは、商業映画作家であれ、インディ系の映画作家であれ、熱心な観客の前で自分の作品を「テスト」できる場であるということです。そして、それはまた映画配給者や製作者にとって、映画祭の観客たちの反応を元に契約を取り交わそうとする、きわめて重要な機会でもあるのです。

 トロントは世界で最も人口に対して映画観客の多い街であると言われています(映画祭を勘定に入れずにですよ!)。私自身トロント出身者ですが、その通りだと思いますね。ここ東京では、私も2カ月かそこらに1本映画を見るくらいのものですが、トロントなら2日に1回ぐらいは映画を見るんじゃないでしょうか。少なくとも(すべての映画が半額になる)火曜日と週末には映画を見るでしょうね。これは別に奇妙なことではない、普通のことなんです。

 それで一年に一度、映画祭の時期が来ると、みんな出かけていって新作映画を見に行こうとするわけです! 私はいつも10日間の期間中、だいたい30本かそれ以上は見ますね。午後6時までに始まる映画なら3本まで見ることのできる「一日パス」を使うんです。こんなパスがおよそ7000円で手に入るんですよ。

 もしその映画がワールド・プレミア上映だったり、カナダ国内や北米での初上映だった場合には、映画作家が必ず出席して、上映前か後に質疑応答に応じます。その時により出演者、プロデューサー、他の関係者が来ることもあります。

 例えば1998年の映画祭では、オーソン・ウェルズの「黒い罠」“ディレクターズ・カット”版のプレミアのためにやってきたジャネット・リーを見ました。これはおよそ30年前の作品で、チャールトン・ヘストンやもう年老いていたウェルズが主演しています。ウェルズのオリジナル・ノートに従って再編集された古典的名作。その鮮やかなニュー・プリントにジャネット・リーは感激し、実際に泣き出してしまったのです。あの偉大なるジョン・ウォーターズも「I LOVE ペッカー」のキャストと来ましたし、ホウ・シャオシェンも「フラワーズ・オブ・シャンハイ」プレミアのために訪れました。そのほかにもいろいろ。

 私が映画祭に行った最初の時はまだ学生で、「プレンティ」のオープニングの切符を何とか手に入れようとしていました。映画そのものはメリル・ストリープ主演のひどいシロモノでしたが。でも、映画は今は取り壊されてしまったユニバーシティ・シネマという劇場で上映されることになっていて、ここが2つのバルコニーと大きなステージを持ったばかでかい劇場で、巨大スクリーンの前に実物のメリルの華奢な姿を見ることができて、とても興奮しましたね。

 映画祭はまた、隣の席に座った見知らぬ人と話をする機会を与えてくれます。どの映画がもっともいい出来かを訊ねたり、会場でささやかれている噂にチェックを入れたり…。そして、近所の「セブン・ウエスト」カフェで買ってきた99セントのカプチーノや、ヨンジ・ストリートにある東南アジア料理のファスト・フード店で仕入れたベトナム料理のランチを堪能する1週間でもあります。映画が始まるまでの間、これらの食べ物をひざの上に乗っけてたいらげるわけです。

 それからたくさん開かれる映画祭のパーティー…毎晩2つや3つは開かれています。もしチケットやゲスト・リストを手に入れられたら、飲み食いは思いのまま。しかも、ウロウロ歩き回っているハリウッドのセレブリティたちには飽き飽きってな顔もできますよ。

 しかし最終的に映画祭というのものは、あなたが日頃映画館やら、かなり通好みのビデオショップでさえも、お目にかかれないような映画を見ることのできる場であると言えましょう。私が今まで見てきた映画は、ハンガリー、ブルキナファソ、モンゴル、ブラジルの映画。そしてイスラエル、モロッコ、チャド、キューバ。さらには中国、フィリピン、タイ、韓国からの作品も…名前を挙げることができるどんな国であっても、そこにそれなりの映画があるならば、いつか映画祭で上映されるでしょう。たとえその映画の出来は悪くても、見たこともない国の作品であれば、それもまた一興というものです。

 だから、来年の9月にトロントに行く機会があるなら、ぜひ映画祭で映画を見るべきですよ。確かにカンヌほどの魅力や、ヴェネチア、ベルリンほどの権威はないかもしれない。でも、山ほどの良質で面白い映画が待ちかまえているんですからね。

 

●ダニエル・ガーバー

東京在住のカナダ人ライター兼TVディレクター。幅広い好奇心と活動範囲を誇るガーバー氏は、実は映画にもめっぽう強い業界通です!

 

 ガーバー氏とコンタクトをとりたい方は、下記のアドレスまで

 (ただし英語か日本語ローマ字表記のみ)

 gator1999@hotmail.com

 

  


 

 Introducing Tronto Film Festival

 by Daniel Garber

 

The Toronto Festival, while increasingly famous around the world, differs from most festivals in one essential way: it is a place where commercial and independent film makers can "test" their new works in front of an enthusiastic audience. And it's an extremely important time for the film distributors and makers to meet and conduct deals, based in part on the reactions of the festival audiences.

They say that Toronto has the biggest movie audience per capita in the world (this is not counting the festival!) I can confirm that notion being from Toronto myself. While here in Tokyo I might see a movie once every two months or so, in Toronto I was more likely to see one once every two days. At the very least I would see a movie on Tuesday (when all movies are half price) and on the weekend. This is not considered strange or unusual.

So when once a year, when the film festival comes, everybody is ready to go out and see new movies! I usually see about 30 movies or so over a ten-day period -- with the use of a "day pass" which lets you see up to three movies a day as long as they start before 6 pm. Such a pass costs about Y7000.

If the movie is a world premier or even a national or North American premier, the film maker never fails to show up, often to answer questions before or after the show. Sometimes cast members, producers, and other people will also come.

For example, at the 98 festival I saw Janet Leigh who was there for the premier of a "Director's Cut" version of Orson Welles's A Touch of Evil, which she, Charlton Heston and the Late Orson Welles had starred in about 30 years ago. She actually burst in to tears she was so moved by the clear new print of this classic which had been re-edited according to Welles's original notes. The great John Waters was there with the cast of Pecker; Hou Hsiao Hsien for the premier of Flowers of Shanghai; and others.

The first time I went to the festival I was still an undergraduate and managed to get a ticket to the Galal opening of "Plenty" a bad movie starring Meryl Streep... but the fact that it was at the (since demolished) University Cinema, a huge theatre with two sets of balconies and a big stage, to me it felt terribly exciting to see her tiny figure in front of the huge screen way below.

The film festival is a time of talking with the stranger seated beside you to ask what's the best film so far, and to check out the rumours going around. It's a week of 99 cent cappucinos from the nearby "7 West" cafe and vietnamese lunches -- from one of the many Southeast Asian fast-food restaurants on Yonge Street -- eaten on your lap in the theatre while the movie starts.

There are lots of festival parties -- two or three every night -- and if you manage to get a ticket or get on the guest list -- you can feast on the food, drink all you like, and pretend to be bored by all the Hollywood celebrities walking past.

Finally the festival is a place where you can see movies that will never make it to the movie theatres or even the esoteric video stores. I've seen movies from Hungary, Burkino Faso, Mongolia, Brazil and Vietnam; from Israel, Morrocco, Chad, and Cuba; from China, the Philippines, Thailand, Korea, and just about any country you can name that has a cinema to speak of will be at some point represented in the festival. Often the movies are terrible, but you never know until you see it -- and even a bad movie is interesting if it's from a country you've never seen.

So if you get a chance to go to Toronto next Septemeber try to catch a few films at the festival -- it doesn't have the glamour of Cannes or the prestige of Venice and Berlin, but it has a hell of a lot of good and interesting movies.

 

 Click here to write to Mr. Garber :

 gator1999@hotmail.com

 

 

 Flashback of the 15th AKIRUNO FILM FESTIVAL

 

 MICHINOKU INTERNATIONAL MYSTERY FILM FEST

  

 Film Festivals in Japan

 

 "TITANIC" World Premiere in TOKYO FILM FESTIVAL

  

 Whose Are the Film Festivals Anyway ?

 

 

 to : Topics

 

 to : Warehouse Index

 

 to : HOME