ガキとオタクからアニメを奪い取れ!

Welcome to the Animation Film World !


アニメーション映画と言えばディズニー、かつて確実にそう言える時代がありました。しかし、そんなディズニー・アニメはカウンターカルチャーの洗礼を受けたアメリカ社会の中で急速に取り残され、私などの子供時代にはすっかり過去の遺物と化していました。それが現在のような第2の黄金時代を迎えると誰が予想出来たでしょう? そしてその本質はどう変り、どう変っていないのでしょうか? 古今東西の映画に熟知しているカナダ人ライターのダニエル・ガーバー氏が、ちょっと辛口の視点で語ってくれます。


 

 ディズニーは変った…のか?

 Disney Changed ! ...Is It True ?

 ダニエル・ガーバー

 by Daniel Garber

 (English Versionを読みたい方はここをクリック)

 

 ウォルト・ディズニーは万人に愛された映画作家として知られている。いや、万人じゃないな。少なくとも私は違う。ディズニー・アニメの病的な蜜の甘さの裏側には、いつもどこか邪悪なものが隠されていた。私はここで実際のところ彼のアニメ作品に、常に強い女が悪漢として存在していたことを言おうと思っているわけではない。また、彼自身について広く知られているがごとく、第二次大戦前にナチ信奉者で反ユダヤであったことを語ろうというわけでもない。さらに、長髪裸足のいわゆる「ヒッピー」たちを締め出せという、1960年代のディズニーランドで実践されたポリシーと呼応するような、彼のベトナム戦争支持の考え方についても語るつもりはない。彼がフロリダにつくりあげた奇妙な「ステップフォードの妻たち(*)」的郊外型コミュニティーでは、街全体が「古き良きアメリカの街」然と見えるようにそこに建つ家や芝生についての厳格な注意が長々と並べているが、そんなことについても語るつもりなんてない。

 ここではただ、私は彼の映画、登場するキャラクター、そしてテレビショーについて語るつもりだ。

 彼のアニメ作品のユーモアは、そこに登場するキャラクターのぞっとするほどのカワイらしさから生まれている。「蒸気船のウィリー」から七人の小人、さらには「わんわん物語」「ジャングルブック」「ピノキオ」などなどに至るまで、出てくるキャラクターは極めてカワユく、愚かで、幼い。キツいことやシャレのきいた発言をするのは、ドナルド・ダックのように理解し難いやつか、耳を貸すべきではない悪漢だけだ。ミッキー・マウスの頂点は「ファンタジア」の魔法使い見習い役だが、そこでの彼は無垢であり続け、可愛く、愚かで、ほんのわずかな「現実」にも決して関わりを持たないのだ。

 ディズニー・スタジオは、キプリングの「ジャングルブック」やミルンの「くまのプーさん」、「不思議の国のアリス」などの英文学の有名作品を行き当たりばったりに取り上げては、甘ったるくカワユく退屈に作り直した。

 ミッキー・マウス・クラブの恐るべきガキどもは、いつもニッコニコ、キチっと髪も身なりも整えて、どいつもこいつも白人。もちろん、それこそが典型的なクソ面白くもないディズニー・スタイルなのだから。

 ところが私が衝撃を受け、うろたえたことには…いつの間にやらディズニーは変っていた! 私はそれを「リトル・マーメイド」や「美女と野獣」に遡ると思っている。「リトル・マーメイド」は、登場キャラクターがワーナー・ブラザース・アニメよりオカシくエッジが立ってウィットに富むようになった初めての作品だ。ディズニー・キャラが過去のワーナー・アニメからギャグをパクるようになってきた。この傾向は特に、バッグス・バニーを追うヨセミテ・サムを思わせるような、包丁を持ったロブスターを追うコックのキッチン場面で如実に現れている。このギャグのパクりは現在でも続行中で、近作「ラマになった王様」でも悪者アーサ・キット(ディズニーの悪者の伝統は今日も変らないが)は、往年のワーナー・アニメの中に実際にある台詞を口にするのだ。これらディズニーの新しいアニメ作品はかなりオカシいので、私ももはやこれらを嫌いとは言えない。

 「美女と野獣」でヒロインが歌うのは、「白雪姫」以来ディズニーアニメの売り物だった「いつか王子様が…」的甘ったるい戯言ではない、ちゃんと賢さのある歌詞だ。ただ惜しまれるのは、「美女〜」では舞踏室の場面で恐るべきコンピュータ処理のアニメを駆使していることで、それがこの美しい映画の他の部分にキズをつけてしまっている。

 そしてディズニー・キャラは、もはや白人ですらないのだ(やっと!のことではあるが)。このスタジオは最近地球が丸いことを発見し、あらゆる国々からキャラクターをかっさらい始めた。こうして「ノートルダムの鐘」にはジプシーが、「アラジン」にはアラブ人が、「ムーラン」には中国人が、「グルーブ」にはペルーのインカ人が、そして「ポカホンタス」にはアメリカ先住民族のインディアンが登場するに至った。

 さて、こうしたことから何が言えるだろう?

 まず、とにもかくにもウォルト・ディズニーは死に、その存在は消えたということだ。これはまさに自明のことだ。次に言えるのは、ディズニー・スタジオの映画が彼が築いた暗黙のルールを破ったということ。スタジオの人間たちはこれでは他社に太刀打ちできないと理解したのだろう。そして最後に言えるのは、ティム・ライスやエルトン・ジョンがディズニー作品に歌をつくったというあたりから見て…う〜ん。実は私が思ったほどには、ディズニーは大きな変革を遂げなかったのかもしれないな。あのカワユさと甘ったるさが、再び戻ってきちまったんだから。

 

(注*)「ステップフォードの妻たち」:郊外の典型的住宅地での奇怪な出来事を描いた、「ローズマリーの赤ちゃん」で知られるアイラ・レヴィンの小説。キャサリン・ロス主演で映画化もされた(日本未公開)。

 

 

●ダニエル・ガーバー

あだ名は「ゲイター」(わに)。東京都神宮前に在住。

<自己紹介>私は東京在住のカナダ人ライター。雑誌やインターネットへの執筆活動や、テレビの企画を行っています。また、テレビやドキュメンタリー映画の制作業務・ディレクションも私の仕事です。

 ガーバー氏とコンタクトをとりたい方は、下記のアドレスまで

 (ただし英語か日本語ローマ字表記のみ)

 gator1999@hotmail.com

 


 

 Disney Changed ! ...Is It True ?

 by Daniel Garber

 

Walt Disney was known as The Director everyone loved. Not everyone. Not me. There was always something sinister behind the sickly sweet treacle of his cartoons. I'm not referring to the fact that virtually every cartoon feature had a powerful woman as its villain. I'm not talking about the man himself, widely known as a Nazi sympathizer and anti-Semite in the years leading up to WWII. And I'm not referring to his pro-Vietnam war views in 1960's echoed by Disneyland's policy to keep out "hippies" - any man with long hair, anyone who was barefoot. I'm not even talking about his weird Stepford

Wives-style suburban community in Florida, which strictly reinforces a long list of regulations on house and lawn appearance to make it look like the "All-American town."

 

I'm talking about his movies, his characters, and his television shows.

 

All of his cartoons derived their humour from characters' horrible cuteness. From Steamboat Willy through the Seven Dwarves, and on to Lady and the Tramp, the Jungle Book, Pinocchio, and others, the characters were cute, kind of dumb, and pretty. The only ones who might have something sharp or witty to say were either incomprehensible - like Donald Duck - or a villain who shouldn't be listened to. Mickey Mouse at his best - as the sorcerer's apprentice in Fantasia - was still innocent, cute, and dumb, never touching on anything even slightly "real".

 

The Disney studio would take quirky, English works like Kipling's Jungle Book, AA Milne's Whinny the Pooh, or Alice in Wonderland, and turn them into something too bland, cute and boring.

 

The awful kids on the Mickey Mouse Club - always smiling, always perfectly coiffed, made-up, and dressed; and always white, of course - were also typical of the boring Disney style.

 

So it was to my great shock and dismay that somewhere along the way...Disney changed! I trace it back to the Little Mermaid and Beauty and the Beast. In the little mermaid, for the first time characters began behaving like the much funnier, edgier, and wittier Warner Brothers' cartoons. Disney characters began stealing gags from existing WB cartoons. This was especially visible in the scene with the cook in the kitchen pursuing a lobster with a cleaver like Yosemite Sam chasing Bugs Bunny. This gag-stealing continues to this day: in the recent The Emperor's New Groove, the wicked Eartha Kitt character (continuing Disney's evil villainess tradition even today) speaks actual lines from old WB cartoons. And they're funny. And I can't hate them anymore.

 

In Beauty and the Beast, Beauty sings songs with clever lyrics, instead of saccharine "someday my prince will come" -style words that have been the stock in trade of Disney cartoon features since Snow White. On the negative side, BATB included awful computer generated animation in the ballroom scene, which flawed an otherwise beautiful film.

 

Disney's characters aren't even white anymore (finally!) The studio has circled the world recently, to plunder characters of every nationality. So we have Gypsies in The Hunchback of Notre Dame, Arabs in Alladin, Chinese in Mulan, Peruvian Incas in Groove, and N American Indians in Pokahontas.

 

So what are we to make of this?

 

Well first of all, Walt Disney is dead and gone. This is self-evident. Second, the studio's movies have broken many of his unwritten rules - probably because they realized they wouldn't survive otherwise. Finally, with Tim Rice and Elton John writing songs for them now...well, actually, perhaps the changes aren't as great as I first thought, and cute and saccharine are the order of the day, once again.

 

●Daniel Garber

"Gator", Jingumae, Tokyo, Japan

Self Instruction : I am a writer living in Tokyo. I do writing for magazines and the internet, sell stories to television, and also do production work/ directing for TV and sometimes film documentaries.

 Click here to write to Mr. Garber :

 gator1999@hotmail.com

 


 

 Animation Films - Index

 The Works of Hayao Miyazaki

 "Crayon Shin-chan"

 "South Park"

 "Chicken Run"

 "La Planete Sauvage"

 Animation Films in Soviet Union

 "Patlabor"

 "Nightmare Before Christmas"

 "Toy Story 2"

 "Fantasia 2000"

 "The Iron Giant"

 "Metropolis"

 


 

 Cinema Toy Box

 

 Warehouse Index

  

 HOME