黒澤 明・一周忌小特集

クロサワ アキラ・デラックス

The 1st Anniversary of AKIRA KUROSAWA's Death

(1999/09/05)

 


1998年9月6日にこの世を去った黒澤 明監督。「DAY FOR NIGHT」は存命中にこの偉大な監督を取り上げることはできませんでした。そこで、今回一周忌を機に、黒澤監督の小特集を行います。ただし、ただ黒澤は偉かった…じゃ、そんじょそこらの追悼特集と変わりゃしません。そこでちょいと視点を変えて、「DAY FOR NIGHT」 ならではのユニークな味付けの黒澤特集をみなさまにお届けします。


 

クロサワ映画への個人的な見解

A Personal Point of View for Kurosawa films

ヴィンセント・デヴィッド by Vincent David

 

黒澤パクリB級SF映画「宇宙の7人」

"SEVEN SAMURAI" Goes to Space

- "BATTLE BEYOND THE STARS"

あむじん by Amujin

 

「怖い夢」 黒澤監督の『夢』によせて

"The Frightening Dream" - Inspired by "DREAMS"

ゆりゆり by Yuriyuri

 

「身代金」と幻の黒澤「天国と地獄」リメイク

Between "Ransom" and "High and Low"

夫馬 信一 by Shinichi Fuma

 

 

(C)1999 David Astramskas, Amujin, Yuriyuri

and FUMA'S WORKSHOP


 

 クロサワ映画への個人的な見解

 A Personal Point of View for Kurosawa films

 ヴィンセント・デヴィッド

 by Vincent David

 

 私だって他のどんな映画監督にもまして黒澤に敬意を払ってる。でもね、個人的に言わせてもらえば、彼の作品の大部分は好きじゃないんだな。彼のいわゆるサムライ(この一言で黒澤映画を括ってしまうことがアンフェアだってことは、私だってわかってるけど仕方ないよね)・ムービーが好きじゃないんですよ。でも、それらの作品群を見ながら、その後のさまざまな映画に与えたインパクトや影響を見つけていくのは楽しいね。ジョージ・ルーカスの「スター・ウォーズ」は「隠し砦の三悪人」(のキャラクター設定とワイプの編集)に影響を受けてる。「荒野の七人」や、数多くのセルジオ・レオーネ西部劇は「七人の侍」の影響下にある。「用心棒」だって、ウォルター・ヒルのあのひどい映画「ラストマン・スタンディング」になったしね。

 私のお気に入りの黒澤作品と言えば、まず彼一流のフィルム・ノワール(「天国と地獄」「野良犬」)、それとシェイクスピアもの(「悪い奴ほどよく眠る(*1)」「乱」「蜘蛛巣城」)だな。私は、あまり高く評価されていない「夢」も好きなんですよ。でも聞くところによると、彼はあの作品の挿話の多くを病気のため自分で演出できなかったみたいだね(*2)

 マーティン・スコセッシは「黒澤は基準としてそびえ立ち、我々はみなそこをめざした」と言ってたけど、これは本当だね。彼はまさに映画の師匠で、内容的なことと技術に熟知していた。内容的なことでは、「生きる」や「隠し砦の三悪人」で忘れ難いストーリーやキャラクターを創造したことが言えるし、技術的なことでは「用心棒」で奥行きを生かした絵づくりをしたり、多彩なスクリーン比率を使用(1.85:1 - 2.35:1)したり、カラーとモノクロを混合したり(「天国と地獄」(*3))といったことが言える。

 彼を独裁者と言う人もいたし、一緒に仕事をするには向かない人間(「トラ・トラ・トラ!」解任の理由がこれだった)とする向きもあった。でも、彼の凄い才能と、映画に対する貢献を否定できるやつなんて誰もいやしないね。

 

(F注*1:日本では政治映画としてとらえられている「悪い奴ほどよく眠る」だが、欧米では、これをシェイクスピアの「ハムレット」の映画化としてとらえることが多い。)

(F注*2:実際にはこうした事実はない。筆者の勘違いか?)

(F注*3:犯人が身代金を入れていた鞄を焼却炉で燃やしたところ、特殊な薬品を仕込ませてあったため赤い煙が出るというシーンがあり、ここを全編モノクロの映画の中で煙だけ赤く発色させるパート・カラー処理にした。大ヒット映画「踊る大捜査線 THE MOVIE」でも、このくだりが引用されている。)

 

 

 A Personal Point of View for Kurosawa films

 by Vincent David

 

I have as much respect for Kurosawa as any Director ever, but I do not personally like most of his films. I am not that fond of his Samurai (it would be unfair for me to summarize in one word what a Kurosawa film is, but I have to) films; I do enjoy watching them just to see the impact and influence those films had on later films. George Lucas' Star Wars was influenced by The Hidden Fortress (the characters and the wipes editing), The Magnificent Seven and many Sergio Leone westerns were influenced by the Seven Samurai. Yojimbo was remade in the horrible Walter Hill film Last Man Standing.

My favorite Kurosawa films were his film noir (High & Low, Stray Dog) and Shakespeare (Bad Sleep Well, Ran, Throne of Blood) films. I even really liked the underrated Akira Kurosawa Dreams, but I heard he did not direct many of the segments because of his illness.

Martin Scorsese said "Kurosawa is on a level and we are all trying to get there." That is true, he was a master filmmaker who understood content and technique. Content: creating unforgettable stories and characters in Ikiru and Hidden Fortress. Technique: the use of depth in Yojimbo, the use of multiple aspect ratios (1.85:1 - 2.35:1), to the use of color and black & white together (High & Low).

Some said he was a tyrant and that he was hard to work with (the reason why he was fired from Tora, Tora, Tora), but nobody can deny his talent and contribution to film.

 

FILM UTOPIA

http://www.angelfire.com/la/filmutopia/

米国フロリダ州在住のデイヴィッド氏が主宰する、クールな映画のリンクサイトです。

 

 

 

黒澤パクリB級SF映画「宇宙の7人」

"SEVEN SAMURAI" Goes to Space

- "BATTLE BEYOND THE STARS"

あむじん by Amujin

 

「怖い夢」 黒澤監督の『夢』によせて

"The Frightening Dream" - Inspired by "DREAMS"

ゆりゆり by Yuriyuri

 

「身代金」と幻の黒澤リメイク

Between "Ransom" and "High and Low"

夫馬 信一 by Shinichi Fuma

 

 

 

  

 Cinema Toy Box

 

 Warehouse Index

  

 HOME