クロサワ アキラ・デラックス 2

A Tribute to AKIRA KUROSAWA Part 2

 


 

 クロサワ追想

 Memories of Kurosawa

 ダニエル・ガーバー

 by Daniel Garber

 (English Versionを読みたい方はここをクリック)

 

 

 17の頃、私がガールフレンドと連れだって、ブロア・ストリート(トロントのダウンタウンでいちばんの大通りです)を歩いていたときのこと。歩道に折り畳んだポスターが落ちていることに気づきました。拾って見てみるとそれは大きなカレンダーみたいにたくさんの四角に区切られていて、それぞれの四角には主に外国語で、2本づつ映画のタイトルが書いてありました。そしてポスターのてっぺんにあったのは次の文句、「メンバー料金は99セント(当時で100円から200円といったところでしょうか)」!

 私たちはその安いメンバーカードを手に入れると、すぐに毎週末には映画を見るようになりました。私はほとんど映画を見たことがなかったので、どんな映画がかかっても見に行ったものです。そんな中で、私がフッ飛ばされるような衝撃を受けたのが、黒澤 明の「生きる」なのです。

 これはご存じの通り、地方自治体で官僚主義的に仕事をしてきた、くたびれきった小役人の物語です。この男は自分がガンであると知って(医者はそのことを彼に告げません)、人生を転換させようと決心します。彼は東京の夜の歓楽街を探検し、若くて素朴な娘と「デート」して、ついには、子供のための安全な公園をつくりたいという地域住民たちの訴えに耳を傾けます。これがどんな映画かを言葉で説明すれば、いかにもつまらなそうに聞こえますよね。市役所で働く死にかかった男についての、1950年代の白黒映画…しかも日本語版??? いやはや。でも、実際にはこの作品、オールタイムで私のいちばん好きな作品のうちの一本なんです。

 確かにテンポはのろい。でも、とても見事にできていて、圧倒的に感動させられます。私に日本行きへの興味を初めてかき立てたものはいろいろありますが、そのひとつはこの映画の次のようなシーンでした。がっくり落ち込んだ主人公の老人が、トーキョー・ボヘミアンとでも言うべき自由人と出会うシーン。この男は老人を、驚きそのものの大都会へと連れ回すのです。黒澤は我々に全く見たことのない東京を見せてくれました。それはサムライ映画や、人々が電車にギュー詰めにされるテレビのレポートなどでは見られない東京です。それは(少なくとも私の記憶の中では)あの戦後の耐乏生活の中でさえ生き続けた大正時代の余韻を引きずる、上流社会とアンダーグラウンドのテイストなのです。

 何年も後になって、自分が東京のある区役所に働き、たくさんの同じようなゴムのスタンプに囲まれていることに気づいたとき、まるで物事が巡り巡って映画の世界を再現したかのようでした。異文化同士のコミュニケーションや「ブンカコウリュウ」に関する仕事をしていた私は、市の施設でこの「生きる」字幕入りビデオを上映しようと手配しました。私は多くの同僚たちにもこの映画を見に来てほしかったけど…彼らはほとんど来なかった。たぶん、この映画は連中にとって「あまりに身近すぎる」ものだったんでしょう。しかし、それでも私は、この偉大な映画を見たことがない(日本人と外国人両方の)地域の人々と、この映画の魅力を共有する歓びを味わうことができたのです。

 

 ガーバー氏とコンタクトをとりたい方は、下記のアドレスまで

 (ただし英語か日本語ローマ字表記のみ)

 gator1999@hotmail.com


 

 Memories of Kurosawa

 by Daniel Garber

 

When I was about seventeen, I was walking around with my girlfriend on Bloor street (a major street in downtown Toronto, Canada), and we notced a folded poster lying on the sidewalk. We picked it up. It had hundreds of squares like a big calendar, but each square had the name of two movies on it, mainly in foreign languages. And over the top of the poster it said "MEMBERS -- 99 CENTS" (about 100-200 yen at the time)

So once we bought the cheap membership card we started going to movies every weekend. I would see whatever was playing, since I had seen so few movies. And one movie that really blew me away was Ikiru: To Live, by Akira Kurusawa.

As you know Ikiru tells the story of a worn-out bureaucrat working in the local government. he discovers he has cancer (although his doctor won't tell him the truth) and decides to change his life. He explores Tokyo's nightlife, "dates" a young, simple woman, and finally listens to a citizen's initiative about building a safe park for kids. When you describe what the movie was about it sounds boring -- a black and white movie from the fifties about a dying old man who works in city hall -- in Japanese????? Yuck! But actually this is one of my favourite movies of all time.

It's pace is definitely slow, but it is finely wrought and very moving. It is one of the things that first got me interested in coming to Japan -- the scene where the old man, overcome with misery, meets a Tokyo bohemian who takes him around the city is nothing less than amazing. Kurusawa showed us a whole other Tokyo you never see in Samurai movies or the TV news reports of people being pushed onto trains. This was (at least in my memory) a taste of the high life and the Underground, with an echo of Taisho life carried on even in the era of postwar austerity.

Things full circle many years later when i found myself working in a Tokyo Kuyakusho -- surrounded by many of the same rubber-stampers that filled the movie. As part of my duties was cross-cultural communication and Kokusai Koryu, I arranged for a sub-titled video of Ikiru to be screened at a city facility. I was hoping that a number of my co-workers would come -- but very few attended -- perhaps it was "too close to home". But I did have the pleasure of sharing the movie with members of the community -- both Japanese and foreign -- who had never heard of this great movie.

 

 Click here to write to Mr. Garber :

 gator1999@hotmail.com

 

 

 

黒澤作品のミフネはカッチョえー!

TOSHIRO MIFUNE, the Cool Guy

みさ by Misa

 

黒澤明の魅力

Appeals of Kurosawa Films

by Hide

 

「どら平太」2000年5月公開記念!

黒澤映画についての私なりのご紹介というかご案内

Coming New Attractions from Akira Kurosawa

映画雑談家 by Eiga-Zatsudanka

 

今なぜクロサワなのか?

Kurosawa, Why?.....Why Not?

夫馬 信一 by Shinichi Fuma

 

 

  

 Cinema Toy Box

 

 Warehouse Index

  

 HOME