LINK



脱獄広島殺人リンク


YURI CUSTOM WORKS トイガンのドレスアップカスタムによる作品を発表されている 結利 晴信さんのHP。オーダーカスタムも行っており、フォルムとしての 銃器好きには大変興味深く、作品のクオリティもばっちり。 本来、銃器は忌むべき存在ですが、否定できないモノでもあります。 特に男子たるものどうしても本能というか血に問いかける魅力に 抗いきれない場合が。おかげでなんちゃって設定の多い特侠には 心強い援軍になりそうです。ついに俺の無駄なテッポ好きの リミッターが外されるときが来たかもしれない。
トリブレイン カテゴリー的には美少女フィギュアに分類されると思うんですが、通常で指し示される 美少女とはまったく違うアプローチのフィギュアを製作される、桜文鳥さんのHP。 その確立した作家性は並み居る原型師の中でもかなり特殊、かつハイレベル。 記号に逃げ込まない独自の表現手法は、一見の価値ありです。 なにかにつけてイベントで近くに配置されるので、挨拶するのはいいんですが なかなか新作を作らないオリンピックレベルの寡作作家。
コブラ会 言わずと知れたけしからん系フィギュア方面では相当な売れっ子である 唐詩郎氏所属のコブラ会HP。同窓会でも俺はパイオツフィギュアを作ってると 明言します、と豪語する忘八原型師である氏は、ぜひ特侠にも参加して欲しいと 声をかけたら、こういうのをやりたいと「食い込みふんどし熟女」というAVの パッケージ画像を容赦なく送りつけてくる猛者。その肉体は鍛えたマッチョメンながら マッシブボディに蓄積されたエネルギーはパイオツカイデー、ドシフンゲルヌーと 手先にしか集中しておらず、あげく彫刻のいい悪いは自分にはわからないとのたまう 本能のアニマルスカルプター。ますますお下劣街道を突っ走っていただきたいです。
mooooming 雑草魂造型屋mooooming氏のHighPerformance&Low-techな 創作と周辺について教えてくれるブログ。 その技術の完成度たるや圧倒的で、なかなかお目にかかれない 「理解っている」センス爆発の作品群は必見です。実際に写真では ホンモノにしか見えない部分が、実物を見るとまったく別素材の フェイクであったりして、作ってるものはニセモノですが、ノスタルジィや 記号論に逃げ込まない「本物臭い」感じはまさにホンモノ。 近年稀に見るプロフェッショナルで、要チェックなクリエイターです。 オリジナルプロップである「レイガン」のHPも開設。括目!
レンタルスペース GILL GILL 大阪は日本橋にある買って、造って、売れる店。製作工房にして展示販売も行い 造型作家のサポートやイベントのプロデュースなど多岐に渡る活動をするお店です。 ウチなんかこちらに見出してもらったおかげで少し派手に活動出来ているようなもんで。 ちなみに自分が行った時は、飾ってもらって、人の作品にケチつけて、クダまいて、 と悪い見本でしたが、実際こういう場所が近くにあったらいろんなアプローチや 情報量が違うでしょうし、よほど孤高の天才でもない限り、横のつながりは作品の 向上にもつながるはず。近隣の方だけでなく、一度は足を運ばねば損なお店です。
モデラー小林和史氏のブログ。模型だけでなく、CGモデリングもこなす腕利きモデラー。 自分はこの人に声をかけられなければ100%原型なんか作ってなかったわけでして、 原型師になるきっかけを作った人物であり、いわば親。現在も模型全般を教わってます。 特にメカ関係の塗装に関しては絶妙な退色表現など、さすが実写特撮現場で培った腕前で 派手でアニメな凡モデラーとは別次元。ロケット仁義のロケット色も氏の御力です。
ACCEL HP フィニッシャー、ヤタケ氏のページ。模型、GKの完成や商品原型のサンプル塗装など 塗装の鬼。・・・だけだと思ってたら、原型にまで手を広げその原型も鬼。問答&情け無用の 上達ぶりで2作目にしてすでに雲の上。たぶん現段階で自分の8倍くらい上手いんですけど。 模型関係の仕事に興味がある方は、作品として仕上げるという事をぜひこちらで学んでいただきたい。
PEDANTIC REPORT 何かとお世話になっているライダー師匠セヴンさんのブログ。2号ライダーである一文字の登場時 そのベルトに描かれていたのは立花レーシングのマーク。子供の頃はショッカーのマークだと 思ってましたが何故初対面の一文字の腰にそれが描かれているのか?その謎に答えられるほど ライダー漬けなだけでなく、広範な知識で内外の映像作品を網羅しており絶句感心。 キャッチャーフライに対してレフトから突っ込んでくるくらい守備範囲が広いのです。
グレイクレイ 原型師 真辺誠二郎氏のブログ。かつて映画関係の仕事でご一緒。バブリーな時代の ロケだったのに我々だけバスで帰らされたりと辛酸を共に舐めさせられた経験あり。 その後お互いに原型師として再会。現在はヒーローおよび怪人など楽しそうな仕事を たくさんこなしており、そちら方面で有名。お互い映像畑の出身なので「映らない部分は 作らない」という手抜き造型が染み付いてキレイに作れないすよね、と確か話が合ったと 思ってたがそう言ってたわりに自分だけキレイな原型を仕上げている嘘つき実力派。
相互リンク希望の方はこちらまでご一報ください。 banner
HOME