★ 宝塚歌劇ファン入門 ★
ミーハーファンになる(その1)



1.きっかけ : 人はいかにして宝塚歌劇を見るようになるか?
   
「宝塚歌劇」を見たことがなくても、関西の人間なら、阪急電車や駅で宝塚歌劇の公演ポスターを見たり、あるいは、かつて関西TVで放映されていた「宝塚花の指定席」という番組を見たことがある、という人が多いのではないでしょうか?また、町内の婦人会や諸々の会の日帰り旅行に「宝塚」が選ばれたり、小・中学校の遠足(中学はないか?)で行った人もいるかもしれません。地方の人なら修学旅行でファミリーランド+宝塚歌劇もありますね。
※宝塚ファミリーランドは閉園されました。現在は英国庭園とペットのための施設になっています


最近ではBS(BS2とwowow)で、宝塚の番組を放映しているので、それを見てファンになった人もいるでしょう。アップにもなることだし。(でも、逆に引いてしまう人もいるんですよね〜☆)


しかし、ファンの多くは、人に連れられて初めて宝塚歌劇を見たのではないでしょうか?かく言う私もその一人。親戚のおばちゃんが大のヅカファンで幼少の頃よりファミリーランド(遊園地)をエサに連れて行かれておりました。今から考えると当時独身だったオバには「姪を連れて行ってあげてる」という言い訳が必要だったのでは(笑)?と思うのですが、それにしてもやはり、人間、自分の好きなものを人にも勧めたいもんですよね〜。


ということで、このページを読んだアナタも

  
早速、宝塚歌劇の公演へGO!


 2.場 所 : それでは宝塚はどこで見られる?


「タカラヅカ」というからには宝塚市に大劇場があるのですが、では、宝塚市はどこにあるかというと、これが大阪だと思っている人が意外に多いんですよね〜。正解は「兵庫県宝塚市」なんです。


宝塚大劇場近辺は「
ムラ」と呼ばれており、「ムラに行く」と言うのは、どこかの農村に行くことではなくて「タカラヅカに行く」ことなのです。


交通機関としては大阪からJRと阪急の2通りがあります。JRは快速が丁度あれば25分と早いのですが本数が少ないのが難点。しかも、東西線が出来てからは「尼崎」で乗り換えないと行けない。片や阪急電車。「宝塚歌劇団」の親会社でもあります(笑)。阪急電車では梅田から直通で行けるものと、西宮北口経由(乗り換え)のものがあります。時間的には、どちらでもさほど変わりません。


JRからだと弱冠徒歩が多くなりますが、陸橋を渡れば阪急なので大して変わりません。阪急の駅からは真っ直ぐ歩いて7〜8分くらい。有名な「花の道」は春の桜の時期がきれいです。周囲はおみやげ物屋さんや、喫茶店などが立ち並んでます。「ムラ」独特の雰囲気があり「タカラヅカ〜♪」という香りがします。(ホントだってば!・・・笑)。


タカラヅカには「大劇場」と「バウホール」(小劇場)があります。新劇場になって3階席がなくなり、座席に余裕を持たせたので、収容人数は弱冠減りました。それでも2500人入る「大劇場」です。以前は柱がジャマでしたが現在は1階席なら最後列でも良く見えます。劇場内は「これぞタカラヅカ」という豪華さです。ロビーの大階段も優雅で素敵。チケット代はS席でも7500円と良心的です。


大劇場にはタカラヅカ独特の「
銀橋」があるのをご存知でしょうか?
これは本舞台の前にオケピ(オーケストラピット)があり、さらにその前にゆるくアーチを描く通路をつけたものです。この「銀橋」を渡れるのはスターさんのみ!(新人公演は除く)


バウホールのほうは500人のこじんまりしたホールで、出し物も実験的な作品があったり、ある程度の学年で主役をもらえたり、ファンにはまた違った楽しみなんですよね〜。「バウ初主演」がトップへのステップですね。



また、東京には「東京宝塚劇場」があります。こちらも改装して豪華に。ただ、出入り口はムラと違って、すぐ普通の道路に面しているので、一歩劇場の外に出れば、そこはもういつもの世界。ムラ全体がタカラヅカ、という雰囲気はありません。


その他には、地方公演・特別公演があります。


東京には「バウホール」が無いので、日本青年館での公演があり、名古屋では主に中日劇場で上演されます。他に大阪・梅田のドラマシティ公演などがあります。


そこで、大きな問題となるのが


どうやってチケットをゲットするか?



3.チケットの入手方法:公演のチケットはどうやって買う?


宝塚に興味を持って、「一回くらい見てもいいな〜」と思ったら、ぜひ実行して足を運んでください!「生」は違うんだから!


公演情報は「宝塚歌劇団公式HP」を見るも良し、本屋さんで「歌劇」「グラフ」などの宝塚本をチェックするも良し、ヅカファンの友人に聞くも良しですが、最初に見る公演が今後の「ミーハーファン」度を少なからず決めるので、できればヅカに詳しい友人に聞くのがベストですね。中には「オイオイ、これを世間の人が見たらどう思う・・・?」と心配になる作品もあるので・・・あ、変な意味じゃなくて、世間一般の人々が「タカラヅカってこういう感じでしょ〜?」とイメージしているようなものが作品になってることがままあって、「これはタカラヅカに偏見を抱く人には見せられん!」と思っちゃうんですよ。運悪く初めて見た作品がそんなだと「やっぱりね〜」ということになるじゃないですかあ・・・。それは大変残念なことです。不幸にしてそういう友人が回りにいない場合は、チラシを見たり「ぴあ」やサイトで情報を集めて、覚悟を決めて下さい(笑)。 


さて、いよいよ見る公演も決まったら、まずチケットをゲットしなくてはいけませんよね。まあ、公演によってはチケットを用意しなくても当日見られることもあるんですが、初めての観劇なら前もって用意した方が無難でしょう?
公演によってチケットの入手方法は異なります。


まず、大劇場は

1.前売り日に並ぶ
 ヅカファンが梅田や日比谷にずらずらずら〜っと並んでいるのを見たこと
 はありませんか?朝早くから並ばないといけないので、初めてだとちょっ
 と大変。でも並んだら抽選だから、運が良ければ良い席で見ることができ
 ます。ちなみに、私設ファンクラブでは前売り日に劇場で並んでファンク
 ラブ(「
」と 言います)に貢献することを「並び協力」と言います。
 これはポイントが高い。


2.前売り日にぴあ・セゾンカウンターに並ぶ
 10時までにカウンターに行けばいいんだけど、やっぱり皆、朝早くから並
 びます。でも「どこの席でもかまわない」というのなら、悠々と11時頃行
 けば、オペレータ
ーのお姉さんが調べてくれます。トップお披露目とか、
 サヨナラ公演でなければ、そこそこの席が買える筈。電話予約もあります
 が、滅多にかからない(涙)。


3.「宝塚友の会」に入って会員予約をする

 「友会」席は大変良い席なのですが、これも抽選。クジ運の悪いれみはあ
 んまり当たりません(涙)。
別名「鴨の会」と呼ばれてます。


以上が一般的なチケットの入手方法ですが裏ワザ(?)として


4.当日券を買う


5.サバキを狙う


6. 私設ファンクラブに入ってチケットを取って貰う


というものがあります。当日券は朝9:30から一人一枚買えますが、皆、当然朝早くから並びます。当日券情報は「宝塚歌劇団公式HP」で調べることができます。


さばき」というのは宝塚独特のもので他の劇団ではあまり見かけません。れみはその昔、劇団四季の窓口で捌いたことがあるけど、ドキドキものでした。これは当日急に来られなくなった友人の分や、ダブって取れてしまったチケットを劇場入り口で売ることです。一般のファンが一般の人に売るのでダフ屋と違い正規料金です。劇場の入り口(日比谷は道路はさんだシャンテ側)でサイフを握り締めて立っている人は「さばき待ち」の人達です。公演によってさばきがたくさん出る時と、さばき待ちが多くてピラニア状態で取り合いになる時があります(コワイよ・・・涙)が、通常の公演なら、そこそこの席で見ることができるはずです。かつて大劇場ではロビーが劇団公認のさばき場所でした(というか見逃して貰ってたんだよね)。けれど、ダフ屋が正規料金ではなく吊り上げて売るというダフ屋行為を繰り返したため、宝塚警察署の立て看板が立てられ、劇団の係員が見回るようになりました。現在は、正面玄関前、花の道、歩道などでこっそり行われていますが、係員が見回りに来た際は、サッとチケットを隠して散らなければなりませんのでご注意ください。本当に良いシステムなのに、ダフ屋が恨めしいです。


これで、アナタも宝塚の公演を見ることができるでしょう。


では次は


いかにして公演を楽しむか?



NEXT        BACK