ー青春を憎め!ー


  「青春を憎む2日間の始まり!」
   いよいよ当日!ってカンジで元気に行きたかったんですが,
前日の準備でみんな少々寝不足気味で迎えました。実行
委員長は何よりもお客さんの入りが気になっていましたが、
初回の「Keiko」から結構な数のお客さんに来ていただき、
みんなとりあえずは安堵の表情。そのあとは着実にお客さん
の数も増え、「曾根崎心中」、「書を捨てよ町へ出よう」
辺りが本日の最高動員数となりました。
 私個人の感想としては、「書を捨てよ町へ出よう」に
衝撃。「寺山、オソルベシ!」といったカンジで、
気持ちよく打ちのめされちゃいました。みなさんは
いかがだったでしょうか?まだ今日1日分だけですが、
かなり面白く、楽しめる作品を上映する映画祭に
なってるのではないかと思っています。
 明日はいよいよ、「青春の殺人者」を上映しますし、
ゲストに井筒和幸監督が来られます。私自身も
めちゃめちゃ楽しみな1日ですし、みなさんにも
「こりゃ、スゲェ」と言っていただけるような1日に
なることを祈って、今日は早く寝ましょう。
 それにしても本当に明日1日でシネフェスが終わって
しまうんですね。少し寂しく感じる夜より。


 「井筒監督で笑う!」
 2日目。天気、晴れ。いよいよ井筒監督が来高されるという
ことで、委員長は朝から緊張しっぱなし。お客さんの入りの方
はこの日も初回よりなかなか良し。井筒監督の「ガキ帝国」
には、一番の動員となり、上映中は、紳助、竜助たちの
ボケっぷりに笑いが起こる回となりました。
 そして、井筒監督のゲストトークのコーナー。50分間と
いう設定のトークの時間、「監督、話してくれるのかな?
時間あまらへんかな?」という実行委員会の心配をよそに、
井筒さん、喋る、喋る、毒舌、毒舌で、予定の時間は押す
は、質問もお一人の方しかできませんでしたけど、ATGの話や、
「ガキ帝国」の撮影秘話など、みなさんには楽しんで頂けたの
ではないでしょうか。また、トークの後、サインや写真撮影に
応じる監督を見て、私自身、監督のイメージが変わりましたが
皆さんはいかがでしたか?
 その後の「青春の殺人者」では予定していた上映時間より、
早くに終わるというちょっとしたハプニングもありましたが、
次の「生きている小平次」をもってシネフェス、無事終了しま
した。
 2日間で10本のATG映画を上映するという、見る側にとっては
何ともハードな映画祭となりましたが、実行委員としては「あっ」
と言う間の2日間でした。大満足とまでは行かないまでも、満足
感ある映画祭だったと思います。皆さんもお腹いっぱいになって
頂けたでしょうか?完全入れ替え制という、皆さんにはお手数を
おかけした上映会でした、ご協力誠に感謝しております。そして
ご来場いただき、誠にありがとうございました。「ATG」、
「日本」映画って本当に面白いですよね。これからも愛し続け
ましょう。
十人十色
(スタッフ紹介)

どすこい!ATG
(ゲストブックに記帳を!)

わっしょい!ATG
(ゲストブックを見て!)

人畜無害
(リンク)


プログラム
11・25(土) 11・26(日)
10:00-12:00 Keiko 10:00-11:36 股旅
12:10-13:46 日本の悪霊 11:50-13:39 肉弾
13:46-14:45 休憩 13:39-14:30 休憩
14:45-16:37 曽根崎心中 14:30-16:25 ガキ帝国
16:50-19:08 書を捨てよ町へ出よう 16:25-17:15 ゲストトーク
19:20-21:19 絞死刑 17:25-19:37 青春の殺人者
19:50-21:09 怪異談生きてゐる小平次

入場料
全作品券:前売 2000円 当日 2500円
一作品券:前売 800円  当日 1000円
<完全入れ替え制ですのでご協力お願いします。>





ご意見、ご感想、アドヴァイス、おねがいします。
また、運営スタッフ只今募集中です。自分の紹介を書いてメールで連絡してください。