"); win.document.writeln(""); win.document.writeln(""); win.document.writeln(""); win.focus(); return false; } //-->

How To Follow Bob Dylan - 掲示板

ボブ・ディランが好きな人もそうじゃない人も、皆さん楽しくご利用ください。
個人間のやりとりには一切関知しませんので、明るく責任を持って楽しんでください。
全角500文字まで書き込めます。
ケイタイからご利用の方もいるため、引用文は最小限でお願いします。

表紙へ



[281]教えてください Cosy 2007/06/27 09:26
 
場違いなことは充分承知で書き込みいたします。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただけませんか?もうここしか頼れる場所がなくなってしまいました。
1978年から1980年ころの音源だと思います。ジャズ・フュージョン系のアーティストだったように記憶しています。クラプトンのレイラをプレイしているのですが、前半パートと後半パートを逆にプレイしているのです。(つまり、ピアノパートから始まってギターパートで終わる・・・)。当時アイデアの斬新さに驚いたりもして、もう一度聴きたいと思い続けて来ましたが、当時の記憶が曖昧な為思い出せません。アーティスト、アルバムタイトル等、ご存知の方いらっしゃいましたら何卒宜しくお願いいたします。
[283]Re:教えてください Cosy 2007/06/30 18:00
 
>いとしのレイラ
Larry Carlton が演奏する Layla は、めちゃくちゃ格好いいです。
でも、'89年の album ですから、違いますよね。。。

てんのうじさん、有難う御座います。実はLarry Carlton
にもたどり着いたのですが、発売時期が違うのと、Clapton
同様にギターパート/ピアノパートの流れなのです。それで
書き込みをした次第です。ジャケットはモノクロで
半分から下のラインにそのアーティストがウェスタンハットを被って立ってたデザインだったような気がするんですが・・・
当時Keith JarrettのMy Back Pagesにハマってた私に
友人がこんなんもあるよ、と聴かせてくれたものなんです。
[284]Re:教えてください 天野 @てんのうじ 2007/06/30 18:37
 
>ジャケットはモノクロで半分から下のラインにそのアーティストがウェスタンハットを被って立ってたデザインだったような気がするんですが
これとちゃう? Cosy さん
http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:dcfixqqgldje

>Keith Jarrett の My Back Pages
いいですよね~大好きです

>Dylan と Paul が褒めあい合戦
http://www.avclub.com/content/node/63171/2
[285]Re:教えてください Cosy 2007/07/01 20:51
 
>>ジャケットはモノクロで半分から下のラインにそのアーティストがウェスタンハットを被って立ってたデザインだったような気がするんですが
> これとちゃう? Cosy さん
> http://www.allmusic.com/cg/amg.dll?p=amg&sql=10:dcfixqqgldje

てんのうじさん、ありがとうございました。
まさしくこれでした。感謝感謝です。
30年来の宿題がやっと片付いた感じです。
それにしてもてんのうじさんの見識の広さと深さには
脱帽です。いつもいろんな情報に助けられています。
これからも頑張って下さいね。

>>Keith Jarrett の My Back Pages
> いいですよね~大好きです;
>
世にDylanのカバー数多くあれど、
DylanよりDylanらしいカバーはこれに尽きるかな?
なんて思います。時に激しく、時に静かに、これほど
Dylanの心象風景を表したものは他には無いかなと
思います。

[286]Re:教えてください 天野 @てんのうじ 2007/07/02 18:25
 
Cosy さん、こちらこそ感謝いたします。
「いとしのレイラ」の前半と後半を入れ替える奇抜な発想をするひとがいたなんて、驚きです。なんか無性に聴きたくなりました。2つの曲をくっつけてひとつにするのは Beatles もよくやっていましたが、Dylan はそんな小細工はしません、というか、不器用ゆえ出来ないのかな?(笑) Jazz もお好きなようですね。以前書き込んだと思いますが、Dylan のラジオ番組(テーマ"Colors")で、Dylan が静かに語っているその背後から Bill Evans の Blue in Green が流れてくるのです。ほんのひと時ですが、甘美な異次元へ誘われたような、そんな錯覚に陥りますよ。

>Keith Jarrett の My Back Pages
http://wmg.jp/artist/KeithJarrettTrio/WPCR000025150.html

>"山"が動いた
http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000ROALT4/dylancove
ralb-20


>Lucky You
日本盤のサントラが出る予定でしたが、中止になったそうです。
[287]Re:教えてください K-DYLAN 2007/07/02 22:01
 

> >"山"が動いた
> http://www.amazon.com/exec/obidos/ASIN/B000ROALT4/dylancove
ralb-20


早速予約いたしました。
いつもながら貴重な情報、感謝いたします!!
[295]Re:教えてください kenken'57 2007/07/21 17:03
 
ハービーマンいいですね。
もともとピアノのバージョンはクラプトンの作ではないというのが定説ですね。
ブッカーTとプリシアの作品に歌入りのものがあってこれがそっくりで、これはあまり知られていない話のような気がしてましたが、書店で見かけた雑誌に同様のコメントが掲載されててちょっと驚きました。
でも、やはり、あのギターリフと後半のピアノ曲の一体感はすばらしいとつくづく思います。


[289]今回のビッグ・イベント・・・ K-DYLAN 2007/07/13 23:18
 
 さすがに御大は出ませんでしたね。
[291]Re:今回のビッグ・イベント・・・ AWA-DYLAN 2007/07/18 00:12
 
>  さすがに御大は出ませんでしたね。

LIVE EARTH の事ですよネ。
今ならネットで見れます。見たい人はお早めに。(CMが多いですけど)
http://liveearth.jp.msn.com/videos

尚、マドンナの 【HEY YOU】(〈Live Earth〉のために書き下ろされた曲らしい)のビデオクリップにDYLANが一瞬出ています
[292]Re:今回のビッグ・イベント・・・ AWA-DYLAN 2007/07/18 00:53
 
>  さすがに御大は出ませんでしたね。

追伸:マドンナの 【HEY YOU】のビデオクリップを見たい人は上記アドレスよりLIVE EARTHのホームページにアクセスし、①再生リストの中から GREEN を選び②アーティスト/タイトルの中より マドンナHEY YOU を選び③ビデオの中の マドンナHEY YOU をクリックすると見れます。
[293]Re:今回のビッグ・イベント・・・ K-DYLAN 2007/07/19 00:03
 
>>  さすがに御大は出ませんでしたね。
>
> 追伸:マドンナの 【HEY YOU】のビデオクリップを見たい人は上記アドレスよりLIVE EARTHのホームページにアクセスし、①再生リストの中から GREEN を選び②アーティスト/タイトルの中より マドンナHEY YOU を選び③ビデオの中の マドンナHEY YOU をクリックすると見れます。

そうでしたか!これはチェックしなければ!!
[294]Re:今回のビッグ・イベント・・・ 天野 @てんのうじ 2007/07/20 21:16
 
>DYLANが一瞬出ています
情報有難うございます。
60年代の映像でなく、ホッとしました。Dylan は今のひとですからね(笑)

>ストレンジ デイズ
Charlie Sexton が Dylan に影響を受けたことなど語っています。
http://www.strange-ds.com/contents/book/bn96.html

>I'm not there
video clip も出回っていますが、どうなんでしょうか?
個人的には、だんだん期待がしぼんできました。
やっぱり、本人を映したドキュメンタリーの方がいいなぁ。。。
http://www.youtube.com/watch?v=imGyrMce-pU

>Rolling Stone 日本版
来月号は、いよいよ Dylan の interview が登場。(Paul をほめたやつ、多分)

>288 知床さん
すみません、まったく聞き取れません(笑)


[290]今夜のNHK-BS2は・・・ K-DYLAN 2007/07/14 22:18
 
やっぱり「フェスティバル」なのかしらん?
一応、録画しておこう。


[288]ヘンなおじさん 知床 2007/07/05 00:49
 
英語力のない私をお助けください。

http://www.youtube.com/watch?v=NSTe0FUMfiI

4:20~6:20あたりにディランの話題が登場します。
孫のために幼稚園でライブをしたというあれです。
ちょっとだけわかるのですが、ディランは女性には怖がられているようですね。

英語のわかる方、大まかな流れを教えていただけませんでしょうか?特に、イラストが出てくる部分らへんは何を言っているのか????です。


[282] Woody Guthrie Live 天野 @てんのうじ 2007/06/30 12:01
 
ぼくが唯一 Dylan に引けをとらないと自負していることは、Woody Guthrie への思い、だけ。その Woody の、なんと、ライブ盤が 9月 6日に発売されます。72ページの小冊子が付くとのこと。是非、日本盤も出して欲しいです。
もう~い~くつ寝ると(笑)、待ち遠しいなぁ。。。
http://www.woodyguthrie.org/news.htm

>Leon Russell が「カリスマ」だったころの音源
「北国の少女」が聴けます。
http://concertvault.com/ConcertDetail.aspx?id=1379|4058

>en-taxi
どうでもいいような裏話が、面白い。
「五感の採譜録」 中山康樹
http://www.fusosha.co.jp/en-taxi/

>いとしのレイラ
Larry Carlton が演奏する Layla は、めちゃくちゃ格好いいです。
でも、'89年の album ですから、違いますよね。。。


[280]中川五郎のボブ・イベントin三軒茶屋 K-DYLAN 2007/06/22 21:36
 
中川五郎がDJ、ミニライヴをしながらボブの曲を流すイベントらしい。
平日の夜か・・・
ボブ・ディラン・サミットでは遠慮していたボブ・ナンバーを五郎さんが歌うのか、かなり気になるが・・・

日程きついなあ・・・。


[263] ポスターと R.S誌 天野 @てんのうじ 2007/06/08 19:18
 
>I'm Not There
カッコいいのですが、公式ポスターなのでしょうか?
http://www.justpressplay.net/movies/im-not-there/news/first
-poster-for-im-not-there.html


>Rolling Stone 日本版 7月号 interview
Whole Earth Catalog でおなじみの Stewart Brand や Ringo Starr が Dylan のことを語っています。(Ringo のは笑えます)

Expecting Rain を見ていて「日の丸」の数字が 2 とか 3 だったら、なんか、嬉しいですよね。自分のことは棚に上げ、誰や?、こんな時間に見てるのは、なんて思ったり。
>Traveling Wilburys
http://wmg.jp/artist/traveling_wilburys/WPZR000030237.html

[264]Re: ポスターと R.S誌 知床 2007/06/10 01:42
 
> >I'm Not There
> カッコいいのですが、公式ポスターなのでしょうか?

カッコいいですね。今のディランバンド版が欲しかったりして。

> Expecting Rain を見ていて「日の丸」の数字が 2 とか 3 だったら、なんか、嬉しいですよね。自分のことは棚に上げ、誰や?、こんな時間に見てるのは、なんて思ったり。

たしかに。あれでチャットができたらなと思ったりしますね。
私は残念ながら、未だに2以上を見たことはありませんけれども。。

ちょっと細かすぎるネタかもしれませんが。。。
"We Are The World"をYouTubeで見ていて発見したのですが、サビ終わりの"Just You And Me~"という部分が、ディランだけ歌い方違うんですよね。
先生以外の人はJust と Youをつなげてるんですけど、先生だけはっきりと発音していたことを発見しました。
英語のことはよくわかりませんが、これは先生がやはり特別な歌い手だということを証明しているのか、はたまた、ただ歌を消化しきれていないのか。。。ファンの悩みの種はつきません。

皆さんは、どう思われますか?
http://www.youtube.com/watch?v=VfgPIgdFTE0
参考までどうぞ
[267]Re: ポスターと R.S誌 天野 @てんのうじ 2007/06/11 23:12
 
> これは先生がやはり特別な歌い手だということを証明しているのか、はたまた、ただ歌を消化しきれていないのか。。。ファンの悩みの種はつきません。

We Are the World には苦い思い出があります。
当時、終日 FM が流れている環境で仕事をしていたのですが、ある日、新譜として We Are the World が紹介されました。Dylan が調子っぱずれ(な感じ?)で歌うのをぼくはすでに知っていたので、みんながどんな反応を示すか気が気でなかったのです。案の定、Dylan のパートになったとたん「誰?これ~っ」と笑い出すひとがいて。。ぼくはぼくで「さっすが~っ、ボブ・ディラン!」なんて白々しく言うしかなかったのです。
我流で押し通してきたひとにスタンダードを要求するのは、酷ですよね(笑)
無理に合わせようとすると我流を忘れてしまい、他人に教えてもらって我流を演じる、なんてややこしいことになったりしますから。。。
[277]Re: ポスターと R.S誌 センザキ 2007/06/21 05:18
 
出典を探していて、結局わかりませんでした(^_^;)
We Are The World をみんながいるところで一緒に聴かねばならないとは、何てお気の毒なんでしょうか(T_T)
確かに「う~ん」と頭を抱えてしまうパフォーマンスなのですが、しかしそれだけでは断じてない、突出したオリジナルとしか言いようのない瞬間だったようにも思えてなりませんでした。
「We Are The World でボブ・ディランの火のようなボーカルを聴いた。ディランも何も変わっていなかった。」
村上龍のコメントです。明らかに畏敬の念あふれるものでした。たった一人の人間のコメントでも、私を救ってくれたのには間違いありませんでした。これを知らずにいたら、私も天野さんのように困ったままだったに違いありません。
どこで何をやっていても、ボブ・ディランはボブ・ディランでしかないのだと、20年ほど前には信じて疑わなかった夢のような時間でした。
[279]Re: ポスターと R.S誌 天野 @てんのうじ 2007/06/21 18:04
 
>ディランの火のようなボーカル
>ディランも何も変わっていなかった
村上龍ですか。。。なかなかいいコメントですね
やっぱり Dylan は極太ゴシック体ですかね(笑)

>3枚組みの Best 盤?
詳細はよくわかりませんが、豪華 Box Set のようです。選曲はファンの声を参考にして決めるような。。。「DYLAN の 2 つの追加バージョン」?、よくわかりませんね~とりあえず、箱だけ豪華、というのはやめて下さいね(笑)
http://www.dylan07.com/trailer.html


[276]おめでとう!ボブ。 luipapa 2007/06/15 16:36
 
ボブ・ディランが、スペイン皇太子賞、芸術部門を受賞したそうだ。世界中の人々に強い影響を与え続けた功績が認められたらしい。
(マドリード 13日 ロイター)