THIS SITE HAS MOVED
サイト移転しました - - - - > howtofollowbobdylan.com

当ページは こちら に移転しました。
15秒後に強制的に移動します。
大変お手数ですが、ブックマーク、リンク先の変更をお願い致します。


ジオシティーズさん、今までありがとうございました。 2018.10






How to Follow Bob Dylan
ボブ・ディランの追いかけ方

表紙 最近の公演 最近のボブ 基本的なボブ ボブ・ディランの追いかけ方 Links 掲示板 store はじめに
ハーシェイ・メモ 豪/NZ旅行メモ 2001年日本公演 追っかけ日記      ツアー・クルー ツアー・レポート レビュー     

ボブ・ディランの追いかけ方

ボブのコンサートを見に行きたい、と思った時はぜひ見に行きましょう。ボブが近くにやって来ない場合は、追いかける事もできます。

私は少しボブを追いかけた事があるので、その経験を書いてみたいと思います。

具体的に必要なものは、十分なお金時間体力だけです。(主にアメリカ国内の移動を想定して書いています。)


  • 日程情報
  • 現地情報入手
  • チケット入手
  • チケット入手 2
  • ホテル探し
  • 会場探し
  • コンサート
  • おすすめ



    ひとりで行くボブ旅行

  • ハーシェイ・メモ
  • 豪/NZ旅行メモ



    とりあえずチェック!
    最近の公演

  • 1999年6月のレビュー / 1999年7月のレビュー




    ■日程情報入手

    まず、日程を考えます。
    仕事や学校の休みと照らし合わせ、偉大なビル・ペイゲルさんのボブ・ディラン・ツアー日程ページBob Linksの Bob Datesを見て考えましょう。

    ボブはステージ中毒ですから、一週間で5公演見ることさえ可能な場合もあります。もし運悪く、ボブが休暇中の時期と重なってしまった場合は、あきらめて次の機会を待つか、無理して次の機会を作りましょう。

    公演日の1ヶ月前くらいに、チケットの発売日情報が登場しますので、まめにビル・ペイゲルさんのページのチェックが必要です。発表された次の日がチケットの発売日、というのは良くあることです。 良い席を手にするには努力が必要です。もちろん、コンサート会場で当日、チケットを手に入れること自体は大抵の場合、予想より簡単ですので、余り神経質になる必要はないでしょう。それより、どちらかといえば心配なのが航空券です。




    ツアー日程サイト
  • Bob Dates
  • bobylan.com tour
  • Bob Dylan Ticket Sales(サービス終了)
  • Ticket Master
  • Ticket Master Canada
  • Ticket Master Australia
  • Ticketek.com
  • Pollstar On-Line




  • ■現地情報入手

    現地の情報も手に入れましょう。具体的には、大体の会場の場所、現地での移動手段とそれにかかる時間などについての情報です。もし、それが外国ならその観光局に資料を見に行くか、送付してもらいましょう。
    観光情報などは一般的なガイド本や、AB ROADや、地球の歩き方なども参考にしましょう。

    運転免許証を持っている場合は、レンタカーも便利です。アメリカの道路情報については Yahoo Mapsも非常に参考になります。
    移動する場所やその距離、時間的な余裕、予算面を考え、飛行機、列車、バス、自動車、船等、地図を見ながらじっくり考えましょう。




    移動手段
  • Greyhound Bus
  • Greyhound Bus Canada
  • Peter Pan Bus
  • Yahoo Maps!

  • Google とりあえず検索!







  • ■チケットの入手

    航空券に関しては、行く場所にもよりますが旅行会社に頼るのが楽で安心だと思います。

    旅行会社の窓口におもむく場合には、最低限必要な情報を用意しておきましょう。正確な日にち、行く場所、どこの都市間の航空券、どの都市にホテルの予約が必要なのか、などです。

    アメリカ系・ヨーロッパ系航空会社の4都市周遊航空券等も、自分の日程に合えばお得かもしれません。関西空港、成田空港それぞれからのみ出ている路線もありますので、いろいろ詳しく尋ねてみましょう。

    もしその時期が夏休みなどで、航空券のキャンセル待ちになった場合など旅行会社も忙しいのか、連絡もくれない場合があります。待っていないで自分からまめに連絡を入れましょう。

    行き先が1都市だけなら、ホテルとセットになったパッケージツアーも要検討です。

    また、旅行会社によっては旅行案内本などの情報が閲覧できるところもありますので、利用しましょう。

  • 楽天トラベル 海外航空券予約




  • ■チケットの入手2

    コンサートのチケットに関して一番簡単な入手方法は、当日の会場窓口からです。ボブのコンサート・チケットがアメリカの地方で売り切れることは、ほとんど無いといえるので一番手軽でしょう。ダフ屋は、都会の大きな会場ではすぐ見つかりますが、田舎では余り見かけませんでした。

    Ticket Masterは、アメリカ、 カナダなどのコンサート、イベント・チケットのオンライン販売をしています。
    これは日本からでも利用でき、支払いはクレジット・カードで行います。チケットは、写真付ID、クレジット・カードそして暗証番号を提示し、会場窓口で当日受け取る事になります。手数料プラス税金が必要ですが、事前に座席の場所も確認でき、とても便利です。発売日初日のオンライン発売の開始は現地での電話・店頭発売より2時間程遅くなります。

    もちろん、現地の Ticket Masterあるいは、他のチケット発売元に直接電話で申し込むこともできます。
    たいていは電話口でクレジット・カードの種類、番号そして期限日を伝え、窓口での受け取り(Will Call)を希望すると上手くいきます。住所を聞かれますが、日本の住所は形式が違うので伝える時に苦労します。番地は省略して"何丁目"までで構わないでしょう。FAXの有無を聞いて必要な情報、質問等を FAXで送付するのも良いでしょう。

    チケットブローカー(合法的なダフ屋)から購入することもできます。
    ネット上にもたくさんのページがありますし ローリング・ストーン誌の最後の方のページにも広告がたくさん掲載されています。ブローカーの地元公演なら確かに良い席が用意されることもあります。お金が余っていてトラブル覚悟の上でなら、試しても構わないかと思います。

    現地の友人に頼む事もできます。
    やはり、発売日に会場窓口に並ぶ方法も見逃せません。もし友人がいれば頼んでみる価値はあります。。

    その他、ワールド・チケットぴあや、ANAのチケット・サービスなども大きなイベントの場合には有効かと思います。





    ■ホテル探し

    これは全く個人の自由ですが、ホテルの予約はあって困ることはありません。ただ、会場のそばに良いホテルを見つける事もままありますので、現地に着いてから探すのも一つの方法です。

    ヨーロッパでは、駅前や街中などに観光案内所があります。そこで、ユースホステルやホテルの紹介をしています。また駅にホテル案内所がある場合もあります。夏なら、学校が学生寮を開放している場合もあります。

    アメリカの田舎では(多分)観光案内所を探すのは難しいでしょう。ただし、列車やバスの駅、空港などでは近くのホテルへの無料予約電話が設置されている事があります。また当然ですが、電話帳には山ほどのホテル、モーテルの番号が載っています。ハワード・ジョンソンやホリデイ・イン、デイズ・インなどの全米チェーンの手頃なホテルは全米各州のどこに展開しているかをまとめた小冊子を部屋においてありますので、もらってしまいましょう。

    お金に余裕がある場合は、迷わず街の中心にある高級ホテルに泊まりましょう。

  • 楽天トラベル ホテル検索




  • ■会場探し

    既に判っている場合は問題ありませんが、そうでない時はホテルのフロントで会場の住所を伝えて場所を聞いてみましょう。もちろん、会場の正確な名前、住所、電話番号等最低限は調べておきましょう。

    会場までタクシーで行く場合は、ホテルからどれくらい時間がかかるかさえ判れば問題無いでしょう。レンタ・カー、自転車、歩きで行く場合は、地図をもらうか描いてもらうのが無難でしょう。バス、電車、地下鉄等で行く場合は、最寄りの駅に着いたあとはそれらしきTシャツを着た人の後ろについていくと大丈夫でしょう。

    当たり前ですが、時間には余裕を見た方が良いと思います。特に車は道路事情に気をつけましょう。ここで非常に重要な事は帰りの足の確保です。終了時間は思ったより遅くなるかもしれません。良く考えておきましょう。たとえ夏の北欧でも夜中は暗くて恐いものです。





    ■コンサート

    私の知ってる限りですが、アメリカやヨーロッパでのコンサートの開演時間は日本よりも遅いようです(夜8-10時)。終演時間は夜中です。前座はともかく、ボブの登場は毎回ほぼ予告された時間どおりでした。

    会場警備の厳しさは会場によって全く違います。やはり野外フェスティバルや田舎では甘く、都会の会場では厳しいように思います。場所によっては、缶やボトル入りの飲み物を持ち込むことを入口で拒まれます。飲み物は会場内売店で購入するしかありません。カメラ・折りたたみ傘等、持込みを拒まれても預かってはくれず、自分の車に置いてこい、と言われる場合があります。車のない場合は持込み禁止のものは覚悟して持って行きましょう。

    人差指を高くあげている人を会場前で見かけるかもしれませんが、彼らはチケットを探しています。余っているチケットがある場合は話しかけてみましょう。僕は貧しくてお金は払えないがどうしても見なくてはいけないんだ、などと情熱に満ちた言葉を聞けるかもしれません。








    ■おすすめ

    個人的なおすすめは、現地の友人にコンサートチケットを購入してもらいお家に泊めてもらい、会場間の移動時には友人運転の車に同乗させてもらう、という方法です。車の中で走り去る風景を見ながらの自慢のテープ試聴会は楽しいものです。では皆さんそれぞれの方法でがんばってください。









    西村 位津子
    VFF20242@nifty.or.jp

    1997/12/11(2008/1/8加筆・修正)






    上へ