★ 熱風ツアーの頃の CHAGE & ASKA ★


1981年「熱風ツアー」に突入!

そして、その頃に二人が想っていた事・・・

読み返してみると、二人の気持ちは変っていなかった。

項 目CHAGEASKA
身長・体重165cm・53kg170cm・62kg
好きな風景
好きな食べ物 スルメ・イカ・メンタイコ 果物
好きなスタイル 寝る前のパジャマ姿 トレーナー・Tシャツにジーンズ
ステージ 好きなんですよ、ステージが。自分自身を本当にさらけ出せるから。 やっぱり“若さ”。僕等の歌からパワーみたいなみのを感じてくれれば・・・。
結 婚 観2ヶ月の子供がね、僕の顔見て笑うんだ。目がね、とてもきれいなの。27歳ぐらいかな。恋愛をしてね、そのまま結婚に突入するね。
自分たちをストレートにぶつけていく。会場にね。そして2時間の世界ができる。パット消えちゃうけどね。でも最高なんだ。 すごく繊細に顔と身体で表情を表わす人がいますが、僕は、めいっぱい歌うことしかできない。だから、表情なんてかまってられない。
音 楽頭のかたい人がいて、音楽やってるのは不良だとかね。何でいけないのって思うもの。俺たちは一生懸命やってんだ、汗流してんだ!!って。 音楽の中に小さな自分がいて、どこをつついても、音楽とつながっているんです。
小さい頃の夢男の子だったら、レーサーとかパイロットとか、メカニックにあこがれるよね。 僕はバイクかじってたからスピードは大好き。 でも、これでバイクがなかったら町工場のお兄ちゃんだね(ツナギスタイルで) えっ? どうせならマッチって呼んで。こんどは本物のサーキットでやろうよ。 オヤジが自衛官でね。でも、俺をそうさせたくなかったみたい。とにかく剣道やりたくてね。 警官やってみたかったんだ(警官の服装で)さすが、カリフォルニアの警官ってカッコイイね。 俺、制服って好きだしね。これ、私服にして街歩けないかな。えっ? カリフォルニアの警察に剣道部ないって? ねぇ〜、どう思う?
青 春がむしゃら。計算なしで、えいっ、やっちゃえ!! のびのび。たとえ失敗してもはずかしくないな。
ふ た りきれいにハモることなんてできない。僕等は“火魔神”のツイン・ボーカルだ。 デュオって呼ばれるのは好きじゃない。2人の個性がぶつかり合うスリル。計算じゃない。
ショッピング家を出る前に“今日はこれとこれを買う、それ以外は買わない”ってきめちゃう主義。 そこが飛鳥と違うところ。そのかわり、気に入ったものがないとず〜〜っと探し回っちゃう。 部屋の中でジーッとしているのって好きじゃない。 だからひとりで外へ出ちゃう。 街をウロウロシテネ。 それで買い物なんかもしちゃう。
未 来これから先、10年やるか20年やるかわからないけど、 丸くなって、なあなあになって、「チャゲ&飛鳥ののれん」でやることだけは、絶対にしたくない チャゲ&飛鳥の世界を確率しながら自分の世界を作らなきゃね。 お互いがそれぞれの世界を持ってね。 「チャゲ、そろそろコンサートでもやろうか?」ってね。