京都・東映太秦映画村<ナイターまつり>見聞記!
京都市にあるテーマパーク、東映太秦映画村で
お盆の期間中の8月12日〜15日、ナイターまつりが行われました。
普段は夕方5時で終了するところ、夜9時までの営業でした。

今回はその見聞記です。
クリックすると一枚表示します 太秦(うずまさ)界隈(京都市右京区)
京福電鉄嵐山線の太秦駅付近。
京福電鉄には開業90周年を記念したイベントで作られた、
特徴のあるペイント列車が3両あります。
これはそのひとつ、「のりよし」くん。他に「おこしやす」くん、「のりーな」ちゃんが
あります。茶色を基調にしたレトロ電車も2両あります。
付近には右京区役所・右京消防署・太秦警察署があり、ここは右京区の中心です。
クリックすると一枚表示します 広隆寺
太秦駅西側にある広隆寺。
聖徳太子が建立した日本七大寺の一つだそうです。
広隆寺には国宝第1号の宝冠弥勒菩薩半跏思惟像があるので、
たくさんの方が拝観に訪れます。
弥勒菩薩像は社会の教科書でお馴染みですね。本当にお美しいお姿ですので、
ぜひ一度ご覧になってください。
クリックすると一枚表示します 東映太秦映画村
京福太秦駅から歩いて約5分で太秦映画村に着きます。
これはエントランス。タクシーがずらりと並んでいます。
一般車両もいくらかは駐車できます。
右側の建物が屋内施設のパディオスです。
クリックすると一枚表示します 入り口前の風景。バス63番が到着です〜。
お向かいは右京図書館です。
クリックすると一枚表示します 案内看板です。
今は8月11日公開の映画「RED SHADOW 赤影」の
キャンペーン中です。
クリックすると一枚表示します 普通なら、個人のお客は右側のパディオスの入り口から入るのですが、
今回はナイターということで、左側のこの大手門(団体入り口)から
入場しました。
入り口にはよくお侍さんが立っています。(^^)/
クリックすると一枚表示します 入場するとすぐの広場には、空を忍者が横切っています。(笑)
真ん中へんです。わかりますか…?
クリックすると一枚表示します アップで見るとこんな感じ。
一日中、せっせと仕事に励む忍者さんです。ご苦労さま…。
クリックすると一枚表示します パディオスに通じる建物の裏側の入り口は赤レンガの建物、
明治時代の駅になっています。
このあたりには、チンチン電車、ポリスボックスなど明治時代を彷彿させるものが
集められています。
クリックすると一枚表示します 江戸の町の中。
クリックすると一枚表示します こんな和服姿に扮装した女性が歩いていたりします。
お姫様、殿様、忍者、侍など、希望の扮装にしてもらって写真を撮ったり、
散歩することも可能です。
クリックすると一枚表示します お化け屋敷
ここは夏ならではのお化け屋敷!!!
その名も「絶恐のお化け屋敷『幽鬼楼」!
クリックすると一枚表示します 入り口はこんなのです。
有料で、大人500円、子ども400円、修学旅行生300円です。
おどろおどろしくてかなり怖そうでした。
ちょっと入りたい気もしましたが、
子どもを放ってまでは入りませんでした。(笑)