大木裕之/映像作家
 
 
  

プロフィール

おおき ひろゆき

1964年3月23日、東京生まれ。1991年から高知市に移り住む。現在も四国・高知在住。

 

東京大学工学部在学中より映画を撮り始め、1988年に東京大学工学部を卒業したのち、イメージフォーラム付属映像研究所で映画製作を学ぶ。

同研究所の卒業展に3時間の長編『松前君の映画』(1989)を発表。『遊泳禁止』(1989)が、イメージフォーラム・フェスティバル1990の審査員特別賞を受賞。

審査員の一人、フランスの著名な文学者で映像研究家でもあるドミニク・ノゲーズに、

「ランボーの末裔」と絶賛される。
1989年イメージフォーラム附属映像研究所卒業。

 

以後、精力的に作品を発表。

 

多くの国際映画祭から招待を受け、「バンクーバー国際映画祭」「ロッテルダム国際映画祭」「ニューヨーク・レズビアン&ゲイ映画祭」「サンフランシスコ国際アジアン・アメリカ映画祭」「サンダンス映画祭」などで毎年のように長短編映画が招待される。

イギリスの映画批評家トニー・レインズから、北野武と並び「日本を代表する若手映像作家」と絶賛される。

山形国際ドキュメンタリー映画祭1991で6作品上映を皮切りに、

1992年にはドイツ人プロデューサー、ユルゲン・ブリューニンク製作「ターチ・トリップ」パリ・ポンピッドゥー・センター、高知県立美術館製作「天国の六つの箱 HEVEN-6-BOX」(1995年)が第45回ベルリン国際映画祭のシンボル「フォーラム」部門から招待を受け、ネットパック賞スペシャル・メンションを受賞、1997年・愛知県芸術文化センター制作による『3+1』97山形国際ドキュメンタリー映画祭コンペ作品、「優勝-RENAISSANCE-」(1995年〜)がサンダンス映画祭、「心の中」(1997年〜)がバンクーバー国際映画祭など、各国で作品が招待上映される。国際舞台に招待・上映されるようになり、世界的に評価を確立していく。

また、世田谷美術館「時代の体温展」(1998年)、ワタリウム美術館「GAME OVER」展(2000年)など、映像インスタレーションを発表。

 

多彩な活動は、映画界のみならず現代美術の世界からも大きな注目を浴びる。

 

他に『ジーンズ・ファクトリー』TV-CM制作。

 

<作品集>

1984 『正しい欲望』 8ミリ 60分

1986 『移動教室』  8ミリ 25分

1988 『自分にとっての美と醜』 8ミリ 3分

1989 『松前君の映画』 8ミリ 180分

    『遊泳禁止』   8ミリ 89分  イメージフォーラムフェスティバル審査員特別賞       

                    92バンクーバー国際映画祭         
                       94ロッテルダム国際映画祭招待                

                    96ICA new Japanese Cinema

1990 『松前君のための映画』 8ミリ 80分
     『感染』   8ミリ 77分
     『夏至の子』 8ミリ 20分  96ICA new Japanese Cinema

1991 『松前君に成るための映画』 8ミリ 90分
    『主人公』 8ミリ 26分  92バンクーバー国際映画祭
                 94香港レズ&ゲイ映画祭招待  

      『乱気流』 8ミリ 50分
      『色風』 8ミリ 10分   93サンフランシスコ国際レズ&ゲイ映画祭   
      『光景獲り』 16ミリ 5分 92エンコントロス国際ドキュメンタリー映画祭     

                     93サンフランシスコ国際レズ&ゲイ映画祭
                     94香港レズ&ゲイ映画祭                  

                     96ICA new Japanese Cinema

1992 『松前君の旋律』 16ミリ 50分  92バンクーバー国際映画祭             

                    92エンコントロス国際ドキュメンタリー映画祭
                    93サンフランシスコ国際レズ&ゲイ映画祭   

                    94香港レズ&ゲイ映画祭    

     『色目』 16ミリ 5分   93サンフランシスコ国際レズ&ゲイ映画祭         

                 93LAアジアンパシフィックフィルムフェス
                 94香港レズ&ゲイ国際映画祭                

                 94ロスアンジェルス国際レズ&ゲイフィルムフェス    

   『六月の唇』 16ミリ 15分    94香港レズ&ゲイ映画祭    

                    94ロッテルダム国際映画祭招待
1993 『松前君の後輩の映画』 16ミリ 83分
   『ターチトリップ』 16ミリ 64分  93バンクーバー国際映画祭   

                     94ロッテルダム国際映画祭
                     94タルオミナ国際映画祭 他
   『七月の思想家』 16ミリ 100分

1994 『松前君の兄弟の映画』 16ミリ 17分

   『色寝』 16ミリ 9分  95バンクーバー国際映画祭    

                    96ロンドンレズ&ゲイフィルムフェス
                    96ロッテルダム・アーツカウンシル
   『あなたがすきです、だいすきです』 35ミリ 58分  94バンクーバー国際映画祭  

                              95ロッテルダム国際映画祭
1995 『HEAVEN-6-BOX 天国の六つの箱』 16ミリ 60分
                     95イメージフォーラムフェスティバル特別招待            

                     95バンクーバー国際映画祭
                     95ケララ国際映画祭                                                 

                     96ベルリン映画祭ネットパック賞
                     96サンフランシスコ国際アジアアメリカン映画祭    

                     96ニューヨークレズ&ゲイ映画祭
   『青い墓』 16ミリ 10分 96ICA new Japanese Cinema

   『エクスタシーの涙 恥淫』 35ミリ 64分

1996 『松前君の愛の映画』 16ミリ 2分 96 ICA new Japanese Cinema
   『優勝』 Renaissance 16ミリ 64分     99サンダンス映画祭招待作品

1997 『3+1』16ミリ 83分  97山形国際ドキュメンタリー映画祭コンペ作品

1999  『心の中』16ミリ 89分 98バンクーバー国際映画祭招待作品

                99山形国際ドキュメンタリー映画祭招待作品

                     at.シネマ下北沢 レイトショウ公開にもかかわらず、連日盛況となった。

−−−ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

1998年8月にせとうち映像祭'98-特別企画として行われた、総勢80名の参加者と合宿形式で作品を制作した『デジヤマ−天地創造−』がある。

1999年より船橋ダンスワークの会(現:caF)とのコラボレーションによるアート・プロジェクト『光の庭の子どもたち』開始。知的障害児を含むダンスワークショップ(リーダー:中嶋夏)のドキュメンタリー映像を素材に独自の作品として毎回異なる内容の映像+パフォーマンスを展開する。2月『光の庭の子どもたち』#01−訓練− at.世田谷美術館講堂(with:川野直輝)、8月『光の庭の子どもたち』#02−cafe− at.渋谷Xp(with:川野直輝、劇団解体社、P−ブロッ)、『光の庭の子どもたち』#03−孤島− at.佐渡島・離島センター(with:川野直輝)。

 

2000年2月29日、『アモヒル』公開。at.長谷寺(長野)

2000年3月、ワタリウム美術館において『GAME OVER』展にて40名のワークショップ参加者と製作した『超全体主義的性交』上映。

 

2000年7月、渋谷・Gallery Le Decoにおいて、統合アートイベント『CrossbreeD』(主催:caF)にレジデント・アーティストとして参加。『光の庭の子どもたち』最新バージョンを、4台のモニターと液晶プロジェクタを駆使したライブインスタレーションとして発表した。
           レジデントアーティスト:大木裕之、gene.
           ゲストアーティスト:劇団解体社、バイターズ、study of liveworks発条ト、塚本由晴。

2000年8月、高知県立美術館において、『M・I』ワークショップを行なう。
      「デジママ〜追放」撮影

2000年9月、バイターズらとともに、スウェーデンにて展覧会開催。

2000年10月、オオタファインアーツにおいて、『3+1』展参加。

2000年10月、『art Link 上野-谷中 2000』において、『谷中の恋』を発表。日暮里の町を見下ろす、諏訪神社境内でのライブ演奏付き野外上映。

    

「光の庭の子どもたち」(現在撮影進行中)。

1998〜2000「デジ・シリーズ」を香川県舞台に映画制作中!

大木監督リンク集

大木監督インタビュー
山形国際ドキュメンタリー映画祭ホームページ内の、大木監督へのインタビューのコーナー。
スタンス・カンパニー
宣伝、配給、字幕製作から上映にいたるまで、総合的に、または多角的にプロデュースするスタンス・カンパニー。
大木監督の新作「心の中」もプロデュース、大木監督ファンは必見です!!

Setouchi links

せとうち映像祭ワークショップが縁で知り合った参加者やスタッフ、
また映画、映像などに興味のある人が交流。

 


 


『デジタマ』ホームページ デジ日記&お知らせ Links

 マッキープランナーこのプロジェクトに協力しています。  

お勧め映画の最新情報をE-mailでお届けいたします。ご希望の方は下記をクリックして下さい。

メールマガジン申込み

 

このページは、制作協力しているマッキープランナーが運営しています。
メールはsetonet@clsjp.netまで。