There is no business,

lile a counselling business!


 えー、今の世の中、人の弱みにつけこむっていう、悪どい商売をしてる奴がおります。返せるあてのない金を貸すとか、何も知らない奴にクズのような土地や株を売り付ける、とかいろいろありますが、その中に、人の悩みを聞いて金を取る、ていうのがあります。いろいろありますわな。壷うんたらとか、具体的にいろいろ列挙するとちょっとヤバ目なんでやりませんが、まあカウンセリングなんてのもその一つですな。解決できるような「相談」っていうのは、結局のところ適切な情報が足りなくて、その情報を求めてのことでしょう。例えば、このホームページがアップロード出来ないんだがどうしたらいいのか、といった、具体的な質問。これならば、そのスジの人に聞けばなんとかなるでしょう。でも、今不倫してるんだけどどうしたらいいのか、なんて質問された日にゃ、勝手にしろとしか答えられませんて、本当。まあそれでも、うんうんと聞いてあげて、何か毒にも薬にもならないような事を言って、納得した気にさせて帰ってもらうと、結構喜ばれるんですな、これが。え? あたし? あたしゃしがない落語家でさあ。関係ありませんて。まあ、そういう話があるっていうことでございます。これは、どちらかというと、解決できる方の相談のようで…

Pt(患者):ご隠居! てえへんだてえへんだ!

Dr(医者):だれがご隠居だよ。それはお前さん、落語の聞きすぎってもんだよ。今日はいったい何だってんだい。

Pt:何だってじゃねえってんだよ! あんた、医者だってのに、この大変さが解らねえってのかい? それでも医者かい?

Dr:また無茶な事を言う人だねえ。最初から、何があったのか、落ち着いてちゃんと話してごらんなさい。

Pt:これが落ち着いていられるかってんだ。最初からだあ? しょうがねえ、話してやるか。昔、世界は渾沌だった。そのあと、天と地に別れ…

Dr:最初から過ぎるってんだよ。あたしゃ別に創世記聞きたいわけじゃないんだから。何か事件があったんだろ。それを話してごらんって言ってるんだよ。

Pt:そうですかい。いや、実はね、あっしの隣に住んでる奴で、独り者なんだが、最近、同棲でもしてるのか、やたら話し声がする。

Dr:いいねえ、若い人は。それのどこが大変なんだい。

Pt:話しはこれからでさあ。まあ、あっしもそう思って放っておいたんだ。でも、今日、回覧を届けに行ったら、誰もいない空間を相手に喋っているじゃねえか! これがびっくりしなくて、何がびっくりするってんだ!

Dr:ああ、なるほどね。確かに、それは分裂病の疑いがあるな。

Pt:でしょう! だから、ここは先生の出番ですぜ。

Dr:あたし? あたしが何をするんだい?

Pt:トボけちゃいけませんぜ、先生。病人が居るんですぜ。先生の出番でしょう。

Dr:往診しろってことかい。で、その人は、何か人に危害を加えるとか、食事もしないでずっと喋っていて、生命に支障がある、とかいうことはあるのかい?

Pt:いや、そんな事はねえな。食事も、居もしない彼女の分まで作って食べてるし、もともと根っから温厚な奴で、血を見たら卒倒するのも相変らずだし、毎日働きにも出てるし、夜はあっしより早く寝ちまう。

Dr:じゃあ大丈夫じゃないか。まあその人には、何か困ったことがあったら、あたしの所に来なさい、とでも言っておいてくれ。

Pt:そんなこといっても先生、気持ち悪いじゃないですか。とっとと強制入院でもさせて下さいよ。

Dr:そんな事言ってたら、おまえさんの顔だって気持ち悪いじゃないか。入院するかい?

Pt:先生、そんな人が気にしてることを…そんな事はどうでもいいや。だって先生、さっき、分裂病って言ったじゃないですか。

Dr:疑いがある、と言っただけだ。そんな、見たこともない人の診断はできないよ。それに、その人自身や、周りの人が何か困ってる、というのでなければ、治療の対象にはならないんだ。

Pt:ですから、気持悪くて困る。

Dr:だから、そういう主観的な「困る」じゃだめなんだよ。まあ、近所の人皆が気持ち悪がってて、本人に家から出ていってもらう、という話にまでなったら別だが…まあ難しいところなんだ。そんな動きはあるかい。

Pt:いえ、この事はあっししか知らないと思います。

Dr:お前さんとその人は仲が良いのかい。

Pt:まあ、ずっと隣同志だったスからね。

Dr:それだったら、さっきも言ったけど、あたしの所に一度来るように言ってみな。みんな気持ち悪がってて、ここに居られなくなるかもしれないぞって説明してな。職場でも同じこと言われてるかもしれないしな。それで来ないなら、それでいい。

Pt:それでいいんですかい。よく新聞で、精神病の人が人を刺した、とかあるけど、そういうことにはならないんですかい。

Dr:それはいわゆる関係妄想ってやつだな。これこれこうなったのは、誰々のせいだって思い込むやつ。でも、人を傷つけるってのは、本当に稀なんだよ。だいたい、お前さんだって、殺したいほど憎たらしい奴って、いないかい?

Pt:ああ、いますいます。○○医○の病○の○○とか、××科の××の××とか。

Dr:これこれ、そういう実名を出してはいかん。一字でも漢字があるとバレる恐れがあるから、ほとんどど伏せ字になってしまったではないか。で、そいつらを、本当に殺そうとしたことはあるかい?

Pt:うーん、本当に怒ったら衝動的にやるかも…

Dr:じゃあお前さんのほうが危ないってことだよ。あとは理性がどれだけ強いかってことだね。分裂病では、理性の低下はない、とされている…何に書いてあったかはちょっと忘れたけど、実践で見た限りではそうだと思う。だから、そういう事件というのは、結局は病気のせいではなく、その人自身の問題だと思うぞ。

Pt:今日はやけにマジですね。学会が近いからかですかい。じゃあ、あの、法律で、精神障害者だと無罪って奴は…

Dr:あれもいいかげんなんだ。分裂病でも有罪になる奴は有罪になる。だいたい、医療刑務所ってのがあって、そこは半分は精神科の病棟だってのはどういうことなんだ。見沢知廉が言ってたぞ。

Pt:宮崎とか、酒鬼薔薇は…

Dr:酒鬼薔薇暗黒療法でちょっと説明してある。宮崎の方は、偉い人たちの論争って感じだな。まあたとえ無罪になって世間に出てきても、あれだけ有名になったら、もう悪さは出来ないだろう。

Pt:宮崎で思い出しましたけど、多重人格ってやつは分裂病と何か関係あるんですかい。

Dr:それはだな…おっと、時間となってしまった。これはまた今度にしよう。で、このコーナーでは悩めるメリーサンの楽ありゃ苦もあるさ、何だかわからなくなったな、からの人生相談を募集している。マクラではああ言ったけど、別に解決しようのない問題でも結構だ。ただし下の注意事項を良く読む事。

人生相談にあたってのご注意

 この人生相談のコーナーは、あくまでシャレでありますので、以下の方は相談をご遠慮下さい。

  • シャレの解らない方
  • 犯罪等、悪事の相談をしようと考えている方
  • 日本語を解せない方(英語は簡単なのならOK、独語・仏語は勉強中)
  • 同業者の嫌がらせの方
  • 本気で悩んでおられる方

 さあ、もう悩みごとはない。レッツ高○クリニック! 日○逮捕!(関係ありません)

 

それでも相談してみよう、という奇特な方は

NO FUTURE「闇の医療相談室」にどうゾ

ああ馬鹿くさい、戻るべ、という方は

Tamalunch Fuct.Terminal Geo City.