映画館の音響について


■ 「もののけ姫」の音響について

 良い映画は、良い音響の映画館で観たいものです。私が「もののけ姫」を観た映画館の音響について、 レポートしてみたいと思います。ただし、音響は映画館によって差があるかも知れません。 音響方式に対応しているだけで高音質が保証されるわけではなく、あくまでも映画館の音響特性、 スピーカーやアンプの性能、残響時間などに音質は左右されます。 そういう意味で、THXシアターは高音質が保証されていると言えるでしょう。
※「もののけ姫」が、対応している音響システムは、ドルビーステレオ・ドルビーSR・ドルビーデジタルです。
 また、THXとDCSは、映画館自体の基準規格です。


■ 映画館の音響システム

DOLBY
ドルビー (ドルビーステレオ)

・ドルビー研究所が開発した音響システム。
・アナログ方式によりノイズを低減するステレオ録音・再生システム。
・ノイズ・リダクション(光学式プリント再生時に発生する光学粒子ノイズを低減させる効果)および4ch(チャンネル)のサラウンド再生の規格。
・録音時は、ノイズ発生帯域の記録レベルを上げておき、再生時は上げた分だけレベルを下げて再生することにより、相対的にノイズを小さくする。
・中央・右・左・サラウンド(客席のまわり)の4ch再生。
・録音時に4chの音源を2chに合成し、再生時に演算処理することにより4ch再生を実現。

SR
ドルビーSR (SR=スペクトラル・レコーディング)

・ドルビー研究所が開発した音響システム。
・ドルビーステレオ方式と同様に4ch再生。
・ドルビーステレオ方式よりノイズリダクション機能が強化され、また、ダイナミックレンジの拡大を実現。

SRD
ドルビーデジタル (SRD=スペクトラル・レコーディング・デジタル)

・ドルビー研究所が開発した音響システム。
・デジタルのクリアーなサウンドと、各チャンネルの優れた分離性が特徴。
・5ch(中央・右・左・サラウンド左右2ch)+0.1ch(重低音専用のサブウーファー)の5.1ch再生。
 (※サブウーファーは、再生帯域が狭い為、0.1chと数える。)
・音声圧縮は、AC-3方式(圧縮比 12:1)。
・ダイナミックレンジ:90dB以上。

SRD-EX
ドルビーデジタルサラウンドEX (SRD-EX)

・ドルビー研究所とルーカスフィルムが共同開発した音響システム。
・ドルビーデジタルの5.1chに、バックサラウンド(後方中央)を加えた6.1ch再生。
・ドルビーデジタルのシステムに、専用のサラウンドアダプターユニット(SA-10)を追加することでバックサラウンド音声を生成。
・フィルムはドルビーデジタルと互換性があり、ドルビーデジタルシステム対応の劇場では、5.1chで再生。

DTS
DTS (デジタル・シアター・サウンド)

・デジタル・シアター・システムズ社開発の音響システム。
・5ch(中央・右・左・サラウンド左右2ch)+0.1ch(重低音専用のサブウーファー)の5.1ch再生。
・フィルムに記録されているタイムコードに同期させて、CD-ROMから音声を再生。
・他のデジタル方式よりも、安価にシステムの導入が可能。
・音声圧縮は、APT-X100方式(圧縮比 4:1)。
・ダイナミックレンジは95db。

DTS-ES
DTS-ES

・デジタル・シアター・システムズ社開発の音響システム。
・DTSの5ch(中央・右・左・サラウンド左右2チャンネル)+0.1ch(重低音専用のサブウーファー)の5.1chに、サラウンドセンター(後方中央)を加えた6.1ch再生。
・DTSと互換性があり、DTS対応の劇場では、5.1chで再生。
・サラウンドセンターの音声は、専用アダプターユニットにて生成。

SDDS
SDDS (ソニー・ダイナミック・デジタル・サウンド)

・ソニーとソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントが開発した音響システム。
・5ch(中央・右・左・サラウンド左右2チャンネル)+0.1ch(重低音専用のサブウーファー)に、フロント2ch(左・右)を加えた、最大7.1ch再生が可能。
・音声圧縮は、MDと同じATRAC方式(圧縮比 5:1)。
・ダイナミックレンジは90dB。


■ 映画館の基準規格


以下のTHXとDCSについては、音響システムのことではなく、映画館自体の規格です


THX
THX

・ルーカス・フィルムが提唱している映画館の規格。
・映画制作者の意図したサウンドを映画館で忠実に再生することを目的として開発された。
・基準を満たしているシアターが、THXシアターとして認定される。
・ドルビー、DTS、SDDSの全ての方式に対応。


【THXの認定基準の概要】
・客席において、空調ユニットや映写機等からの騒音(ノイズ)が基準(NC-30)を超えないこと
・隣接する劇場から漏れる音を含む外部からの騒音を適切に遮断していること
・劇場内の残響時間が定められた範囲内であること
・スクリーンから最も遠い席でも適切な視野角であること
・スクリーンに対して映写機が適切に設置されていること
・THXが認可している機器を使用していること
・機器の設置が適切であること

※日本のTHXシアター
・立川シネマシティ(CITY2)
・ワーナー・マイカル・シネマズの一部のスクリーン
・ヴァージンシネマズの一部のスクリーン
・ユナイテッドシネマの一部のスクリーン
・シネプレックスの一部のスクリーン
・MOVIXの一部のスクリーン
・IMAGICAの試写室 (※商用劇場ではありません)

DCS
DCS (デジタリー・コントロールド・サウンド)

・THXのコンセプトをデジタルの面でさらに進化させたシステム。
・劇場内の音響特性を分析し、音響システム全体をデジタルでコントロールすることにより、デジタル・サウンド・トラックを映画制作者の意図に忠実に再生することを可能にした世界初のシステム。
・音場プログラムについても上映作品ごとにセッティングすることで、デジタル・サウンド・トラックを最良の状態で再生できる。
・空席時・満席時などの客席状況に応じて残響音と周波数のコントロールを行うことにより、すべての客席で同じサウンドを楽しむことができる。

※DCSシアター
・立川シネマシティ(CITY1)
・ベッセルおおち (※映画館ではなく多目的ホールです)






HOME - 作品紹介 - 関連情報 - ニュース - 映画を観て - 映画館の音響 - コミュニケーション - 関連ページ
2002/08/11