やっと21冊目です。2月22日は3周年です。

砥部粧 - 01/04/15 13:22:12
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
すみません、「げっと」への書込み、レス抜けてます。
なすもとなおすさん、書込みありがとう御座います。>「ミスティック・アーク」ですかい?「まぼろし劇場」ぢゃなく?中々貴重です。力押しのなすもとさんにしては、値段もとても適正です。良い買い物でしたね。おめでとうございます。「まぼろし」の方のポスターもいい出来です。>ところで、私信ですけど、チョコエッグの件、フリーズしてますよね。メールしときます。

「バーズ」、買って参りました。今回は、後書を削除する余裕はあったが、表紙は手後れ−というパターンでしたね。来月は表紙+巻頭ということですので、クオカードが抽選で貰えます。そろそろ「BIRZ」のデータをアップしたいのですけど、砥部、あんまり手持ちがありません。1999年1月号からしか手元にないので。どなたか資料提供をお願いします。休載が多いし、プレゼントとかもあって、結構面倒でせうけど、ご協力感謝します。

今さっき、ヤマト便で、無事、「コスチューム」、届きましたっ。帯の「53巻」を見て、「え!?全53巻?」と恐れおののきましたが、「第53巻」だったのでひと安心です。このテの本、53冊は拷問です。にしても、需要あるんですねぇ、53巻目ですからねぇ。わからん…。>過去の掲示板から、情報の漏れを拾っています。ただいま、やっと2000年。で、気付いたんですけど、アニメ化、ずっと「西遊記」だと思い続けてまして、何度かそれっぽい言動を繰り返して来た砥部ですが。間違えてますね。この処、リリース予定目白押しの「12○○」だったんですね。新作リリースで話題を振り撒いて、秋からいざ新番組ってことでせうか。>で、あともひとつの企画って、なんなんでせう?立ち消え?>小野先生の短編、「IN-POCKET」にも載ってますねぇ。メフィストは見つけられませんでした。やっぱり読みたい「十二国記」。

色見本=mediumblue

砥部粧 - 01/04/14 14:27:46
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。>「十二国記」関連、バッチリフォローしておられますねぇ。「メフィスト」に短編ですかぁ…買わなくちゃ駄目ですかね。5月に出て、また7月に新刊ですか、まぁ小野先生は、体を壊さない限り、かなりいいペースで生み出される方ですからねぇ。でもねぇ、挿絵画家はそぉは行かない…。まぁ、でもDBも終りましたし、先生も結構いいペースなのかも。

royonさん、いらっしゃいませ。>漫画専門店で山積みですか。完全山だファン狙いですね−完売されることをお祈り申し上げます。>ホワイトハート版のみ上下巻かも−と。やはり挿絵画家に気を遣ってでせうね。良いことです。上下同時発売だと意味ありませんけど。

DB、終りましたね。終ったといっても、ファーストコンタクト編が終っただけなんですけど、今後の展開についてのコメントはなし。これで後は新書で書き下ろしなんでしょうかね。なんにしろ、無事連載終了、ご苦労様でした。>ところで、「バーズ」は?まだ本屋に行けてないので。

色見本=plum

royon - 01/04/13 22:34:39

コメント:
「コスチューム」を見かけたのは「わんだーらんど」という漫画専門店で、平積みしてました。この本屋では「カフェドマキニカリス」「箱入り星界物語」など山田先生関係ではお世話になってます。山田先生の本ってふつうの本屋では発売日に置いてなかったりするんで。あと「旭屋書店」でも見かけました。そこは一冊しか置いてませんでしたが。十二国記の新刊ホワイトハートのチラシには上下巻とありました。山田先生の挿し絵であることを祈っておきます。

Jun - 01/04/11 23:16:42
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
無事、講談社版『黄昏の岸 暁の天』(十二国記の新刊)が出ました。十二国記の本編は今まで上下巻だったのですが、今回は一冊のみ。で、帯の裏を見るとホワイトハート版も来月出るようです。小説現代増刊の『メフィスト』に十二国記の短編が載っていたんですが、イラストは山田先生ではなかったし、「画・山田章博」というのが今までどこにも出ていないのがなんか不気味なような。いや、多分山田先生でしょう。きっと。そして、7月にまた「文庫オリジナル新刊」が出るようです。予測でいくと短編集なのではないか、と思われますが。どうなのでしょうか。これまたホワイトハートに落ちて山田先生が挿絵描かれるんでしょうか。うーん。

押井守ってあまり文章が上手くない、と聞いたんですが。面白いのならば読んでみようかな……。奥泉光の『鳥類学者のファンタジア』を読了。ナチと宇宙オルガンとロンギヌスと。って訳がわかりませんが、凄いです。物凄い。まあ、書店で手にとってみてみて下さい。凄いです。それではまた。

砥部粧 - 01/04/10 22:27:32
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
royonさん、はじめましていらっしゃいませ。>ぇえ!全然知りませんでした。ホントだ、何時の間にか発売中に…。予告通り4/上旬に出すとは思いませんでした。おそるべし、新紀元社さんっ。情報、ありがとう御座います。とりあえず、買いに行きました、新紀元社のHP。店頭には無さそおですもん。royonさん、良ろしかったらその奇特なお店を宣伝してあげてください。>で、ぇぇえ!アニパロのネコミミ美少女トレカ!!…確かに、先生のお名前が………。久し振りのトレカですねぇ。しかも「ネコミミ」、脱力です。またボックス買いですかね。とりあえず、直販通販あります。 https://www.chara-ani.com/index.htmlに、今すぐアクセスッ!因みに、1BOX=¥6000でっす。あーやだやだ。重ね重ね、情報ありがとう御座います。royonさん、凄いです!これからも宜しくお願いします。

ところで、今日は「バーズ」の都会発売日ですねぇ。

色見本=yellow

royon - 01/04/10 15:02:19

コメント:
はじめまして、山田先生にはここをみてちょっとはまってしまいました。そおいえば「コスチューム」を本屋で見かけましたが、表紙だけで1800円はちょっと...なのでながめるのみです。それと、もう知っておられるのならすいませんなのですが、キャラアニのネコミミ美少女トレカのイラストレーターのなかに「山田章博」ってあるような...。掲示板に書き込むのは初めてで、いろいろ至らないところなどあると思います、がまた書き込みたいと思います。

砥部粧 - 01/04/09 23:17:26
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow.mx8.tiki.ne.jp

コメント:
まずは「げっと」への書込みから。
シマリスさん、激お久し、書込みありがとう御座います。>お元気そぉで。1年経ちましたね。新入生が入って来て、これからは先輩です。頑張ってね。>で、げっとですが、「帰山」ですか。おめでとうございます。まぁ、あれはCDブックが本体ですから、その小冊子自体は4千円もしませんけど…。そぉですかぁ、あれ、何時の間にか稀少になってたんですねぇ。そぉ言えば、一回も聞いてないよ、あのドラマCD…。

初音むつなさん、いらっしゃいませ。>ぇえ!?終わりなんですかい?知らなかった。でも、このお話ってまだまだ続きますよね。ずっと先生が挿絵とは限りませんか。取りあえず、先生、週刊で且つ場面展開の少ないお話でご苦労様でした。だけど、盛り上がらないお話でしたねぇ、いいんでしょうか、これで。

はまださん、激お久しいらっしゃいませ。>またそんな謎な事を…。結末の一端って。最近「BE」がなんの話だったかよく判らなくなってきてますけど。別に「BE」と題材が被ってるってだけですよね。−NO.9って、第2弾ですよね。

最近、話題ないです。まずいなぁ。>あっ、ネットバンクに口座作りました。入金は他銀行からの振替でも、手数料無料。その代わり、出金は住友三井かam.pm.の@バンクのみ…(どこにあるんだ!ここは四国だっ)。ネットバンク内の他口座への振込に手数料がかかる(普通の銀行なら同支店の場合無料)など、なんか納得行かないですね。しかも、30万以上預金が無いと毎月口座使用料を払わなくてはなりません(今の処、無料ですが)。面倒になったら解約ですね。とりあえず、ヤフオクの参加料が無料になるのだけがメリット。なるのか?

色見本=yellowgreen

はまだ - 01/04/09 01:17:37
電子メールアドレス:byi15567@nifty.ne.jp

コメント:
フルタの「百鬼夜行」シリーズのNo.9を買ったんですが、 妖怪の解説を読むと何故か
「BofE」の結末の一端が記されていました。


初音むつな - 01/04/05 23:43:05
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
そういえば、週刊アスキーの「DB」の連載は次回で完結ですね。計14回、結局3ヶ月半にわたる週刊連載でした。一度もオチなくてよかった、よかった(^^;)

砥部粧 - 01/04/05 22:15:37
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。>マーメカレンダー、中々豪華でしょ。3000円ってのがいただけませんけど。>新紀元社さん、出す気はなんとなく伝わってきますね。まぁ、本屋には並ばないでしょうから、発売したら即通販ですね。>「アヴァロン」、もぉそっちではとっくの昔に終ってますよね。1日は映画の日、1000円ですから、ひと月に一度くらいは劇場に足を運びましょうよ。関東圏だったら名画座なんかもあるでしょ。まぁ、言ってる本人が今年初めて見たのが「アヴァロン」なんですけど…。>押井監督の小説も中々の出来です。当然SFですけど、いい感じです。

色見本=powderblue

Jun - 01/04/03 01:05:37
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
や、申し訳ないです。通販のでしたか。通販で買うほどの山田ファンではない筈なんですがねえ、カレンダーくれた友人。なんで持っていたんでしょう……。

しかし、3月は新紀元社からの『コスチューム』が出なかったなあと思いつつ、新紀元社のHPへとんだら案の定、四月上旬予定になっていました。このままだらだらと発売延期されていくのでしょうか。題名は『コスチューム』で本決まりみたいですし、大丈夫でしょうか。うーん。

『アヴァロン』見たいんですけどねえ。お金がなくて……。それではまた。

砥部粧 - 01/04/02 22:29:32
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。>「マーメカレンダー」、レスありがとう御座います。なんだ付録かどうかわかんないのか。GameWalkerの付録だったら新ネタだと思ったんですけどね。

初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。>通販のヤツですよね、結局、「マーメカレンダー」。ちゃっちゃっと1行載ってますぜ。テレカとポスター合わせて、とんでもない価格でした−確か。まぁ、角川さんをうまく巻き込んだ某氏の手腕発揮という処だと思います。>フィギュア、やっぱりリストに載せといた方がいいでしょうねぇ。写真で見ちゃったんで、どぉも気乗りしませんけど。海洋堂、「チョコエッグの」と冠が付くことに恐らく憤りを感じていると思います。でも、完全に代表作になっちゃいましたね、けけけ。

押井「アヴァロン」、観て来ました。別に押井さんのファンってワケぢゃないんですけど、ちょっと観たかったもので。中々いい感じでした。噛めば噛むほど味がでる−というか、あとで回想することが出来る作品でした。帰りに押井監督原作の「Avalon 灰色の貴婦人」、捜して買っちゃいましたもん。砥部としては、こういう問題提起型よりも、「パトレイバー」っぽい完結型の方が好きですけど。>そろそろ花粉が緩くなってきましたかねぇ。

色見本=mediumorchid

初音むつな - 01/04/01 02:34:35

コメント:
あちゃ、やっちゃいましたね。下のは初音です(^^;)とっとと寝よう(^^;)

- 01/04/01 02:32:10

コメント:
マーメノイドカレンダーって・・・そういえばリストアップされてないですねえ・・・。えーっと、初音は当時上野のアニメイトで買いました。というわけで売り物です。Game Walkerの文字がなぜ入っているのかは、当時から謎でした・・・(^^;)なおカレンダーの入っている箱によると企画製造元は(株)共信サンライト、発売元は(有)磯村商事だそうです。<あんまり謎なハナシばかりでもあれなので1997年11月のニュータイプ誌を見ますと、このカレンダーは基本的には通販で97年10月にアニメとのタイアップ企画で発売されたもので、定価は3000円。通販していたのはエディット90という会社らしいです。が、どちらにしても耳慣れない会社ばかりでなかなか困りものですね(^^;)

<あと、ヤフーオークションに出ていたので、チョコエッグの海洋堂が出していたフィギュアモデル「ロードス島戦記・ファリスの聖女」(1/12レジンキャストキットシリーズ)の情報を。発売は計6点で、原型制作はコンプRPGでも紹介されていた村田明玄氏と、阿鬼羅氏というおふた方。まず94年の11月に阿鬼羅氏作のフラウス(4800円)、ベルド(6800円)の2点が。その後95年3月頃に村田明玄氏作のカーラ(8800円)、フレーベ(7800円)、ウォート(8800円)、アークデーモン(8800円)の4点が発売されたようです。しばらく模型誌の海洋堂の広告欄に載っているのですが、95年10月号あたりには消えてしまいます。まあこの販売期間の短さが少量生産のガレージキットの宿命ってコトでしょうか。パッケージは、ヤフーオークションの方でまだ見られるハズ。描き下ろしではありませんでしたね。というわけでそれでは(^^)/

Jun - 01/04/01 00:50:24
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
友人に聞いても、マーメノイドのカレンダーが一体何で持っていたのか、何にくっついてきたのかは忘れてしまったとのことなので、「Game Walker」の付録かどうかもはっきりとはわからないんですが。取り敢えず、マーメノイドのファンでも山田章博のファンでもないので、単品で買ったものではなさそうです。

「Kenji Terada's THE BOOK OF MAREMANOID Character Design by Akihiro Yamada 1998 CALENDAR Game Walker」と書いてある表紙をめくると、偶数月・奇数月で一枚の6枚綴りのカレンダー。一枚に一人ずつキャラクターが載っています。大きさは新聞紙半分の一回り小さいくらいでしょうか。カレンダーなので、1997年の12か1998年の1月やらに買ったものなのでしょうが。3年も前のことなので記憶にない、とのこと。

クラフト・エヴィング商会『らくだこぶ書房』をようやく読了。いや、いい本です。未来から送られてきた古書の目録、というもの。取り敢えず、ご自分の目で見て確かめてみてください。ワイド版の大きさなんですが、ジャンルがよくわからず、本屋のどこに置いてあるのかわからないのが問題なんですが……。それではまた。

砥部粧 - 01/03/31 19:31:38
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
Junさん、「げっと」への書込み、ありがとう御座います。>人徳…なんすか?そのゲームウォーカーの付録らしき「マーメノイドのカレンダー」の件、詳しくお知らせください。多分知られざるネタのような。

で、砥部もまたまた「マル勝」をげっと。同じ方からですが、間の92年はすでに他の方にお譲りになった−と言うことで。>更新、まるで出来ません。あ、さう言えば、「ロケットボーイ」、あっと言う間に終りましたね。中嶋朋子さんが出てたので見てましたけど。ユースケ、いいです。>ところで、山田本、「DB」12、今回は病床の父との会話に終始。先生、意地になって変化の無いシーンを描いてます。回想のシーンとかもあるのに。他のはいつ出る?

色見本=indianred

砥部粧 - 01/03/28 22:11:49
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、いらっしゃいませ。>地震、他人事はそんなもんです。えひめ丸(だったか?)だって、お隣愛媛県の宇和島で、署名までしましたけど、実感はねぇ。>A4…そぉですか。反省してます。会社でいやって程、A4とB5は目にしてるんですけど…。

宇多田VS浜崎、ほぼ互角の戦いのようです。ただ、東芝宇多田は商品供給を断つという姑息な手段に出て、品薄感を煽る作戦らしいです。浜崎の通常盤は早くも今週末に市場に登場、宇多田は来週になる模様。どちらに軍配が上がるのでせうか。>砥部は林檎のマキシをげっと。相変わらず新鮮な林檎節です。今後の産休のブランクを経て、また復活する日まで。ラジオはやるみたいですけど、ウチラヂオないし。>そぉ言えば、サッカー、完敗でしたねぇ。フランス、凄いです。次回が楽しみです、全日本。も少し、中田に合わせられるヒトが欲しいですね。

色見本=darkmagenta

初音むつな - 01/03/27 02:36:47

コメント:
地震たいへんでしたね。縦ですか。うーむ。なんかうっかり次の日の夕方まで詳細がわからなくて、世間様に取り残されてる感じがしました。ずいぶん脳天気なコト書いたのが無念だったり(^^;)<あと、ずいぶん前にもこの手のハナシがあった気がしますけど、バーズはB5です。なので、A4だとひとまわり大きいですね。すうべにいるサイズというか、旧おぼ探サイズというか(^^;)それ以上だとB4とかA3でハードカバーだと家に持って帰るのに重くて困るとゆーか、いくらするんだそれ、というサイズになるのでまあ妥当な線じゃないかと思いますが(^^;)

砥部粧 - 01/03/26 23:28:13
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。>砥部も「鬼童〜」入手しました。読むのは相当先になりそぉですけど…。チラシのラフ、確かに−レアかも。>ハトバさんのネタ、いいですよねぇ。あるんですねぇ、まだ。確認よろしく(勿論、こちらでも捜します…多分)>地震ですか。縦揺れでした。初体験ですね、縦は。たまたま出勤してたんですけど、揺れてる最中、「この次にどデカいのが来たら、ここで死ぬんだなぁ」−って思いました。「人生って儚い…」当分びくびくするんですよね。その内忘れるんですが。>画集情報、有難う御座います。中公さんのサイトには影も形もありませんでした。A4ってことは、「バーズ」サイズですか。もぉ一声欲しかったところですけど、値段に免じて許す。値段的に、凄く期待が膨らみますよね。しかし、また今夏予定ですか…。なんか以前にもこのテの会話があったよぉな。

3/28、宇多田VS浜崎です。明日が店頭なので、まぁ少し結果が楽しみです。個人的にはヒッキー嫌いなんで。どーせ本命は林檎のマキシですし。先行のLP買いました?(誰に聞いてる)>「トリスタンとイズー」読了。悲しく「ヘン」なお話でした。>今更ながら「バースディ」読了。「ループ」の文庫化待ちだったので。中々、いいお話でした。>花粉、どぉにかして。今年はやられっぱなしです。>やっと、おらが町にも「アヴァロン」が来ます。たったの1週間。果たして、花粉症を押して見に行くことができるのか…。>ちょっと高いけど「ムーミンコミック」買ってます。シュールでいいっす。

色見本=aliceblue

初音むつな - 01/03/25 16:24:22
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
えー、初音です。件の中央公論新社刊の「山田章博画集」の続報がよーやく(^^;)入りましたので、速報です。

<ニュースソースは「C☆NOVELS NEWS」の2001年3月号(いや、よーするにチラシなんですが)。これによりますと、「A4判・152頁・ハードカバー・予価8000円(税別)・初版封入特典付き」だそうです。気になる内容は「卓越した描写力と色彩感覚で読者を魅了する画師・山田章博。SF・ファンタジーから時代ものまで、広範囲にわたる小説のカヴァー・挿し絵イラストを中心に、その多彩なアートワークの軌跡をたどる、山田章博初の本格的画集。描き下ろしイラスト多数を含む、豪華特装版でお届けします。」と、かなり砥部さん好みの作品集となるコト必至のようです・・・かな?(^^;)で、発売時期ですが春ではなく「今夏発売予定・最寄りの書店にて近日予約受付開始!※当社HPの情報にご注意ください」とのコト。あ、ちなみにチラシに掲載のイラストは夢幻界戦記3巻の表紙ですね。

<なお中央公論のこの手の画集は特装版が出た後、3000円程度のソフトカバーの軽装版が出るというのが一般的(?)なので、特装版は早めに入手すべし、と相方からアドバイスをもらいました(^^;)<と、いうわけでそれでは(^^)/

初音むつな - 01/03/24 23:39:08
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
初音です。「鬼童来訪」読みました。まあ、それなりに読める文体でしたが、内容が暗いのが・・・とりあえず「起の章」ってコトは4巻構成ってコトですかね(^^;)イラストのタッチはかなり好きな感じだったので、とりあえず続いてくれればいいなあ、と山田センセファンとしては思います(^^;)<ちなみに中のチラシに表紙のラフが載ってますのでご注意を(^^;)<ハトバさんの「ロードス」関係、以前どこかでそんな情報を聞いたんですが、その時は、どの本だかわからなかったので(なにせ同じようなのがいっぱいありますからね(^^;))、放り投げていたのですが、今度また調べてみます〜。<砥部さん、地震って、どんな揺れだったんですか?ニュースは駅のホームの電光表示で新幹線が止まってるっていうのを見ただけだったり(^^;)でもともかくご無事なようでなによりです。

砥部粧 - 01/03/24 22:45:10
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
Junさん、2度いらっしゃいませ。>「十二国記」新作発売ですか?砥部は無理だと思うけど…。表紙絵を墨絵風にして、挿絵なしとか−。>3万、どうも。砥部が覗いたら「2」過ぎてました。でもね、確実にアクセス数は落ちてます。

ハトバさん、はじめましていらっしやいませ。>覗いていただいて有難う御座います。その上、情報までいただいちゃって。新ネタですねぇ、こちらも確認に動きます。是非また寄ってください。

恵那さん、いらっしゃいませ。>地震、来ました。砥部は運悪く出社してまして、お得意先の安否確認に、就業時間の大半を費やしました。愛媛の沿岸部がそこそこ揺れたみたいです。>花粉だ地震だと、非常に体調不良です。

「DB」11話、今回も場面展開なし。樹々の間で二人の立ち話です。先生、ちょっと困ってると思います。

色見本=darkolivegreen

恵那 - 01/03/24 18:54:12

コメント:
砥部さん、地震大丈夫でした?何か崩れませんでした?雑誌とか書籍とかCDとか…

ハトバ - 01/03/23 02:08:27
電子メールアドレス:GZC03674@nifty.ne.jp

コメント:
はじめまして。ある小説タイトルで検索をかけてこちらに辿り着きました。沢山の情報が集められていて凄いなぁ…と、感嘆しきりです。 検索をかけた作品とは関係無いのですが、私が持っている本の情報が無いようでしたのでお知らせを。(もしも勘違いでとっくに乗っている情報でしたらごめんなさい)「ロードス島戦記 ハンドブック 1」株式会社ビー・エヌ・エヌ(ISBN4-89369-168-6 C3055)1992年8月30日発行 1500円 PC9801版「灰色の魔女」「五色の魔竜」の攻略本です。当時、たまたま見つけて購入しました。 キャラクター紹介用にモノクロのカットが28点(パーンとスパークのパーティ他)乗ってます。私は他では見たことの無い絵ですが、書き下ろしかどうかは分かりません。他にも私の目が確かなら(数人でカットを描いていらっしゃるので…)コーナーごとの表紙用のカットもそうじゃないかと思います。(6点) どういう風に書いたら良いのかよく分からなかったのですが、こんな感じでいいんでしょうか。お役にたてれば幸いです。

Jun - 01/03/23 00:06:56
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
なんか28000あたりからのカウンタの回りが物凄かったですね……。30000ヒット、おめでとうございます、砥部粧さん。これからもますますマニアへの道をつっきってって下さい。うーん、それにしても30000ヒットって凄いですね、ここのサイト……。凄いです。

Jun - 01/03/22 01:17:21
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
いや、十二国記の新刊は5月に講談社ホワイトハートX文庫から発売予定、なので多分挿絵は山田先生でしょうから、結構すぐです。順調に行けば後1月ちょい。 ということで、『鬼童来訪』を読み終えました。なんというか。「鬼」ものとしてはよくあるパターンというか。なんか雰囲気もよくあるパターンというか。まあ、狙って書いているのでしょうが。まあ好きな人は好きかもなあ、という感じでした。それではまた。

砥部粧 - 01/03/20 13:20:58
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
まずは久々の「げっと」への書込みから。
Junさん、書込みありがとう御座います。あと、2度いらっしゃいませ。>100円ですよね。ブックオフにかかると文庫は全部100円ですから、まぁ有り難いんでしょうけど…。>デュアル文庫出ましたか。このハードなスケジュールの中、表紙絵だけと思ってたんですが、先生、仕事し過ぎぢゃないでしょうか?のりのり?>十二国記、でも講談社文庫ですよね。先生の絵ぢゃなきゃ読みませんぜ。

初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。>本当にお久し振りです。今回はもしかして、過去最長ぢゃないでしょうか?おいしそぉなネタですよね、「デスタワー」は。是非入手したいものです。>「SF JAPAN」げっとおめでとうございます。なんか、「こんなのあったんだ」って感じですよね。

ヤフーオークション、ついに有料化ですねぇ。まぁ、「ヘン」なひとが居なくなるのは良いことです。クレジットカードかネットバンク口座開設が条件になります。口座開くと1年間参加費無料ということなんで、申し込んでみました。ブラウザの暗号化機能が必要と言うことで、ブラウザのバージョンアップが必要になり、ちょっと面倒でした。ウチのマシーンにネスケ6を乗せるとフリーズしまくりで、諦めて4.7にしました。そろそろニューなマシンを買う時なんですが、もぉちょっともぉちょっと−と思ってると、益々買えなくなるんですよね。

色見本=indigo

Jun - 01/03/20 02:03:30
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
小野不由美ファンの友人に、十二国記の新刊のタイトルが『黄昏の岸 暁の天(そら)』かもしれない、というあやしげな情報を教えてもらいました。『月の影 影の海』『風の海 迷宮の岸』『風の万里 黎明の空』と「十二国記」シリーズの本編は漢字がダブるので、結構本当くさい情報でした。ということで、一晩に二度の書き込み、失礼しました。それではまた。

Jun - 01/03/20 00:41:52
ホームページアドレス:http://member.nifty.ne.jp/r_ichijo/index.htm
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
ということで、出てました、『鬼童来訪 起の章』。ジャパネスク・ホラーのようです。表紙と口絵、各章の扉に一枚ずつ挿絵が入っています。まだ読んでいませんが。一条理希先生ご本人のHPで初めの部分だけ読めます。上記のアドレス。「起の章」ってことは続刊があって、きっとまた山田先生が描かれるのでしょう、挿絵。

『幻の探偵雑誌 猟奇』を読了。昔の人は気概があったのだな、と非常に思わせるコラムが良かったです。いや、昔の探偵小説雑誌の傑作選なんですけど。それではまた。

初音むつな - 01/03/17 15:47:34

コメント:
データだけというのも何なので、どうでもいい事ですが(^^;)砥部さま、初音は事務室勤務のため一応週休2日です。ありがたい事です(^^;)<あと星雲賞の方は、この掲示板で以前に情報を出されてる方がいらしたかと(^^;)そこから引っ張って情報収集した覚えがあるので。<といったわけで、まだヒマにはほど遠いですがとりあえず本屋で散財してきた初音でした。やっと買えたよSF JAPAN(^^;)<あ、JUNさん、堀晃先生は「梅田地下オデッセイ」というのが今年10数年ぶりでデュアル文庫から再刊されるはずなので要注目ですよ(^^;)いや、別に山田先生画というわけではないんですけど(^^;)<それではまた(^^)/

初音むつな - 01/03/17 15:36:59
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
初音です。えー、前回が「掲示板20」の昨年12月21日だったので、かなり間がありましたが、デスタワー情報の第4回・完結編と参ります(^^;)では、さっそく・・・

<92年1月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.3〕Chapter12 謎の城跡
《扉》「謎の廃墟でトラップに悪戦苦闘する4人とそれを物陰から見つめるガルダの図」(未収録)
《シナリオ◎危機一髪》「石の扉のトラップに落ちるジェフとそれを助けるランディの図」(未収録)
《シナリオ◎ネズミのランディ》「かみつきネズミと化したランディとそれを見つめるジェフ・マリー・マックの図」(文庫P139上)
《シナリオ◎ガルダの試練(文庫では「ネズミのランディ」の一部)》「懇願の涙を流すマリーとそれを見つめるガルダの図」(文庫P139下)
《情報》「妖剣ギーグの眠る湖のそばに住む人々」の顔カット4点(文庫P183)と〈モンスター〉「眠らせザル」「マッドリザード」「人つつき」「アローフィッシュ」「ウォーターエンジェル(文庫P146)」「ミートボール」の計6点。

<92年2月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.5〕Chapter13 湖に眠る剣
《扉》「小船で妖剣ギーグの眠る湖にこぎだすジェフ・マリー・マックの図」(未収録)
《シナリオ◎湖の底》「湖の底に突き立った妖剣ギーグを発見するジェフとマックの図」(文庫P151上)
《シナリオ◎ギーグの力》「ウォーターエンジェルを倒しジェフを救うマックと妖剣ギーグの図」(文庫P151下)
《シナリオ◎金をバラまくゾンビ》「ソロン・タウンの酒場で金をばらまくゾンビとゾーン団の噂を聞くマリーとガルダの図」(未収録)
《情報》「ソロン・タウンに住む人々」の顔カット4点と〈モンスター〉「ゴーストシェフ」「金金ゾンビ(文庫P158)」「ガウガウ」「アシッドゼリー」「なぞなぞの木」「貯金ブタ」の計6点。

<92年3月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.7〕Chapter14 デスタワーへ
《扉》「妖剣ギーグを背負ったマックとネズミのランディ(文庫P174)
《シナリオコンテスト&モンスターコンテスト結果発表》〈モンスター〉「アルコール漬けゴースト」「雪ダマ」「マリオネットウッド」「ランスラット」「アップルバット」「やじるし蛇」「跳び卵鳥」「大わらい」「イリュージョンメーカー」「クリスタルウッド」の計10点
《シナリオ◎ナゾの祭壇》「焼けこげた盗賊団のボス・ゾーンの部屋の図」(文庫P163上)
《シナリオ◎ガルダの遺恨(文庫では「ナゾの祭壇」の一部)》「金金ゾンビのゾーンと対峙するガルダとそれを見守るマリー、マック、ジェフの図」(文庫P163下)
《シナリオ◎ゼークスの復活!?》「金金ゾンビのゾーンに吹き飛ばされるフレイムハウンドのマルスの図」(文庫P171上)
《シナリオ◎デスタワーへ・・・》「マックのふるう妖剣ギーグの前に倒れるゾーンの図」(文庫P171下)

と、ここまでのシナリオが文庫版に収録されている部分です。この先のパートは未収録で、当然ながらイラストもほとんどが文庫未収録となっています。またこの号までで本編シナリオと読者参加企画の連動は終了し、それぞれ独立したもの(《シナリオ編》と《クエスト編》)にリニューアルされました。その結果掲載されるイラスト・カットのパターンも若干変更になっています。

<92年4月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.9〕Chapter15 ゼークス討伐
《扉》「ドラゴンヤードを見下ろす竜神マールの図」(文庫P197)
《シナリオ◎マールのひとりごと》「デスタワーへと向かう観光客たちの図」
《シナリオ◎塔の中へ》「ガルダ、マリー、ジェフ、マックの前で開かれるデスタワーの扉の図」
《シナリオ◎謎の老人》「デスタワーについての説明をしようとする受付嬢のテスの図」
《シナリオ◎再出発》「謎の老人アルーマによって人間に戻されるランディと素っ裸のランディから目を背けるマリーの図」
《シナリオコンテスト入賞作◎おてんば魔女はぬいぐるみがお好き》「ぬいぐるみのクマさんに話かけられるランディとそれを見守るマリー、マックの図」
《情報》「カリン・タウンに住む人々(ぬいぐるみ)」の顔カット4点と〈モンスター〉「ダンウォール」「レッドサンダー」「ファーファ」(←魔法少女!)「ノイジーケトル」「ポム」「ブルーウォーカー」の計6点
※こんなものを書かせてもいいのかと、編集の方がひたすら恐縮していたという、伝説の山田版「魔法少女」の回。ところでその情報が掲載されてたのって(インタビューだったかな?)何でしたっけ?

<92年5月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.11〕Chapter16 新たなる力
《扉》「新たなる旅に赴く、装備を新調した4人の図」
《シナリオ◎新しい力》「ランディの剣に新たな力を与えるアルーマの図」
《シナリオ◎大教会へ》「ドラゴノポリスの大教会で父・エドワードと再会するマックの図」
《シナリオ◎あやしい男》「怒りに燃える目でランディたちを見上げる謎の男の図」
《シナリオ◎女武闘家・サラ》「酒場でゾーン団のアジトに行った仲間達の奇禍について話す女武闘家・サラの図」
《新コスチューム解説》「ランディ」「マリー」「マック」「ジェフ」の新コスチューム図計4点

<92年6月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.13〕Chapter17 ゼークス始動
《扉》「ゼークスに立ち向かう4人とサラの図」
《シナリオ◎ゼークス、怒る》「ゾーンの残していった本とゼークス復活について語り合う5人の図」と
「ゼークスの祭壇の前で祈りをささげるゾーンの図」の2点
《シナリオ◎奇襲》「ランディたちの部屋の扉を開く怒りの形相のゾーンの図」と
「ゾーンに必殺の電撃で倒されるサラの図」の2点
《クエスト編》〈モンスター〉「ユニコーン」「フレアリザード」「ツインヘッド・ベア」「盗賊・アーチー」「泥巨人」の計5点と〈アイテム&宝物〉「子守り歌の笛」「すばやさのオーブ」「力のオーブ」「氷の剣」の計4点

<92年7月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.15〕Chapter18 危機脱出
《扉》「怒れるゾーンと対峙する4人の図」
《シナリオ◎交換条件》「ジェフの出したレリーフを受け取るゾーンの図」
《シナリオ◎秘密の洞窟へ》「腹に傷を負ったまま、ゼークスの肉体の眠る地下への階段を降りるゾーンの図」
《シナリオ◎ゾーンを追え!》「病床のサラとマリーを見守る3人の図」と
「アルーマからゼークスが眠る地下の洞窟の地図を渡されるランディの図」の2点
《クエスト編》〈モンスター〉「巨大アリ地獄」「ボーンジャイアント」「砂使い」「高見の仙人」「オアシスの悪徳商人」の計5点と〈アイテム&宝物〉「知力のオーブ」「風車の盾」「幸福のオーブ」「呪いの砂時計」の計4点

<92年9月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.17〕Chapter19 不協和音
《扉》「背を向けあうサラとランディの図」
《シナリオ◎地下迷宮へ》「地下への入り口に立つ5人の図」
《シナリオ◎トラップ!?》「階段を降りていくランディとマリーの後ろ姿の図」と
「穴の底に落ちるランディ、マリー、サラの3人の図」の2点
《シナリオ◎仲間割れ》「不気味なうなり声に振り向く3人と背後に光る2つの目玉の図」
《クエスト編》〈モンスター〉「サイクロプス」「マッスル・フェアリー」「エレファント・アーマー」「ジャイアント・ビートル」「リビング・ロック」の計5点と〈アイテム&宝物〉「力のはちまき」「根性のオーブ」「不動のくつ」「団結力の腕輪」の計4点

<92年10月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.19〕Chapter20 新たなる危機
《扉》「イノシシ頭の獣人アックスと対峙するランディ、マリー、サラの図」
《シナリオ◎迷宮の番人》「アックスと話しをするランディ、マリー、サラの図」
《シナリオ◎エリザベス》「大ワニ・エリザベスと戦うランディの図」
《シナリオ◎サラの一撃》「渾身の力で裂空拳を放つサラの図」と
「不気味な笑いを浮かべてゼークスの紋章にレリーフをはめ込むゾーンの図」の2点
《クエスト編》〈モンスター〉「眠る雑兵」「金の巨人像」「眠る近衛兵」「スリーピーキャット」「眠る門番」の計5点と〈アイテム&宝物〉「器用さのオーブ」「マスターキー」「やさしさのオーブ」「めざましラッパ」の計4点

<92年11月発売〔マル勝スーパーファミコン 92年vol.21〕Chapter21 最後の対決!?
《扉》「ランディ、マリー、マック、ジェフとサラ、クロード(ゾーン)の顔の図」
《シナリオ◎反逆》「マールの氷像と対峙するゾーンの図」と
「ゼークスを封じる壺を手にしたゾーンの図」の2点
《シナリオ◎ゾーンの最期?》「ゾーンを火竜斬で火ダルマにする妖剣ギーグとマックの図」の2点
《シナリオ◎サラの涙》「マリーの横で泣き崩れるサラとそれを見守るジェフ、ランディ、マック、アックスの図」
《シナリオ◎封印》「巨体をのたうちまわらせ苦しむアックスと、ゾーンを封じる呪文を唱えるマリーの図」と
「ゾーンを封じた壺に触れるサラの図」の2点
《シナリオ◎旅の終わり》「新たな旅に出るランディたち4人の後ろ姿の図」

といったわけで、長々とスミマセン(^^;)一応これにて「第1部完」でございます。それぞれの号の発売月については若干誤りがあるかもしれませんが、お許しくださいませ(^^;)

砥部粧 - 01/03/12 21:47:41
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、お久しいらっしゃいませ。>お忙しそぉで。学校関係だと完全週休2日ぢゃないのがつらいですね。>星雲賞、そぉ来ましたか。博学です。SFマガジンにコメントがねぇ…。大変そぉです。>小説June、コンプリートしたと思ってたので、目もくれてません。まだあるんですね。とりあえず、確認ですね。色々情報を有難う御座います。

Junさん、いらっしゃいませ。>「神宝潮流」、新作ですか。書き下ろしちゃうんですねぇ。>「バーズ」、早いですね。…って、そぉ言えば学生さんは春休みですかい?ソニマガ、強行手段に出ましたか。正解ですけど、今後の先生の体力は?

「げっと」にも書きましたが、「マル勝PCエンジン」を大量にげっと。コミック1巻と、再開部分の溝がこれで埋まるんですかね。これにて、少しの間、オークションから遠ざかります。金、使い過ぎ。その分、検索や更新にちょっと配分をと。>「SF JAPAN」、買いました。Junさん、ありがとう。本当に「DB」でした。宮部先生へのインタビュー読んでると、この話、全員捕まえるまで続くらしいです…。山田章博、降板せずに最後まで付いて行けるのか?ちなみに、今回は見開きフルカラー1点でしたけど、これってモノクロ3点より明らかにハードでは?森脇先生の漫画も載ってて、お買い得でした。「SJ」全然見つからなくて。「SFマガジン」と同じ大きさで、置いてあるところも同じです。季刊らしいけど、これって次号、いつ出るんでしょうね。あっ、ストーリーは面白かったです。

色見本=mediumpurple

Jun - 01/03/12 19:26:32
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
あ、初音さん、お久しぶりです。星雲賞とってらっしゃいましたか、やはり。SFマガジン探せなくはないのでしょうが、面倒ですねえ。そんなに前のだと。何月なのかもよくわからないですし。うーん。
それから、「神宝潮流」シリーズは昔竹河先生がやっていたシリーズが打ち切られたために、同じ世界設定で書き始めた新作、だそうです。なんか今月出るのかどうかがとてもあやしくなってきましたが。
てことで、埼玉県ではバーズが出ました。まだ将門編は続いています。というか、今月は載っていました。先生のコメントを見るとなにやらカン詰めにされていた模様。大変なんですね……。

第1回日本SF大賞 掘晃の『太陽風交点』を読了。ハードSFってなんでこんなにどれもこれも文体が似ているような気がするのだろう……。って感想はともかくこういうのはアイデアが凄いですね。上手い。掘さんは寡作な方なので少々残念ですが。それではまた。

初音むつな - 01/03/12 01:51:54
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
初音です。コンバンワ。ここんとこ慌ただしくて、せっかくJUNさんが情報をくれてるのに、本屋にもなかなか行けません。ネットもなかなか徘徊できなくて、というわけでご無沙汰でした。<星雲賞の件ですが、第27回 1996年(第35回日本SF大会 こくらのみこん)の回でアート部門を受賞、されてるハズなので、その頃のSFマガジンにコメントが掲載されている可能性が高いです。余裕がなくて調べてないんですが(^^;)ダメダメですね(^^;)<あと、ヤフーオークションの3月上旬の出品データより、「小説ジュネ」86年2月号掲載の石原郁子『北都小話』が山田センセの挿絵のようです。既出だったらスイマセン(^^;)<それと、夢博のエディターズ関連で、これも既出だったらスイマセンですが、ボートラの新帯(本自体は初版なので、いつ頃からついてたものかはよくわかりません(^^;))の裏表紙のところに、次のようなコメントがありました。曰く「山田章博全集を刊行しておりますが、特にご希望がありましたら下記へ郵送にてご一報願います。どのようなご意見でもけっこうです。ファンの方々の希望に添った、他に類を見ない豊かな全集にまとまることを、著者自身も願っております。また、ホームページについてのご意見もお待ちしております。」で送り先は「162-0837 東京都新宿区納戸町7-101 日本エディターズ編集部・山田章博全集係」とのコト。何か思いつく事、希望などあれば、送ってみてはいかがでしょう。サイズそろえてくれ、とか、刊行予定をHPに挙げてくれとか、そういう事でもいいと思われますんで。エディターズさんに関しては、ラスコンが文庫じゃなくなったりと実績も(?)あるので、意見を出せばけっこう有効票になるんじゃないかと、個人的には思います(^^;)なお、編集部は営業部とは住所が違うようなので住所まで書き込みました。まずかったらゴメンナサイ。<というわけで、次回はいつになるやらわかりませんが、よろしくお願いします。ではでは(^^;) 

砥部粧 - 01/03/10 10:05:30
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
junさん、いらっしゃいませ。お気づきでせうか?完全に2人ののんびりチャットと化してます。>そぉですかぁ。立読みしてたら「たまたま」。エディターズのサイトさえチェックしてない砥部は、すでに「先生の作品を待ちに待ってる大フアン」失格状態かも…。>神宝情報は文庫の発売ではない?なんか文庫くさいなぁ。ま、も少し待ちましょ。って月末ですよね…>夢博、大判B5って書いてありますねぇ。おぼ探をわざわざA5に縮小しといて、今度は拡大ですか。なんか、全集の割りに不揃いなんですけど、まぁ、出れば取りあえず良しとしましょう。

辛島美登里の「私は恋だけじゃ嫌です」を読了。ま、エッセイ集なんですけど、2時間もあれば終ってしまう素朴で軽い読み物でした。>「DB」9、やっとなんとか面白くなってきました。先生の方は段々「線」が少なくなってきているようなのは…気のせいか、意図的なもの…ですよね。週明け「バーズ」ですね。今月は載ってますかね。>チョコエッガーの皆様、四国、日本の動物4、発売開始しました。関東のペット1はまだまだ先と言うことで、お気の毒です。今頃、中国では急ピッチで5の彩色ですかね。

色見本=mediumseagreen

jun - 01/03/08 23:56:06
ホームページアドレス: http://www.nihon-editors.co.jp/
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
ども、「目」です。角川春樹事務所のHPには出てませんねえ。うーん。取り敢えず、竹河先生の小説はノベルスのようですが。うーん。で、『夢博』はあれです。RYOさんの作ったMLでRikoさんという方に教えて頂いた日本エディターズのHPアドレスからとんだら、ありました。で、見ていくとわかるんですが、『夢博』のところをずっとnextしていくと発売日が。上のHPアドレスのところです。

薄井ゆうじ『星の感触』を読んだのですが、 どんどんどんどん背が伸びていく巨人の話。このまま伸びたらどうなるのか、という物理的な話と大きくなっていく人の気持ちの話。いや、なかなか。それではまた。

砥部粧 - 01/03/08 22:51:13
ホームページアドレス:http://www.geocites.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx.tiki.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。>え?え?え?砥部があまりに怠慢なだけ?そぉですかぁ、でも「神宝潮流」は「文庫」ですかい?もしかして、新書の文庫化?春樹事務所のサイトには載ってないんですよねぇ。うーん。>そぉ言えば新紀元社ってのもありましたねぇ。完全忘却状態でした。>それに5月に「夢博」っなんですか?…砥部だけか?知らないのは?山田マニア失格決定ですね。ははは。>星雲賞…はて聞いたことがあります。確か…。>沢山情報を有難う御座います。Junさんが砥部の目です、耳です。有難う。

げっと、「クルー」。ちょっと最近息切れしてます。お金使い過ぎ。自重します。げっとのコーナー、10連続砥部コメントで敷居の高さを誇示しています。>今日、四国は大寒波に見舞われました。高松にあれだけ雪降ったのはこの冬初めて。他県はそれは凄い状態で、高速道路があちこちで寸断。大変です。にしても、花粉の季節がやって来ましたね。春一番の大風に乗って来るわ来るわ…。

色見本=ivory

Jun - 01/03/07 23:37:49
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
あー。なんで妙に早いのか、というとただ単に趣味というかそういうものに合っているだけスね。「SF JAPAN」とか「十二国記」とかは。趣味に合わないので、週刊アスキー連載とかは知りませんでしたし、全然。てなことで、ニュースソースは「十二国記」が今月発売のX文庫折り込みチラシから。「神宝潮流」は今月号の「ダ・ヴィンチ」の今月出る文庫から。「SF JAPAN」は本屋で手に取ったら載っていた、と。それだけです。
てなわけで、予定通りにいけば、今月中旬に新紀元社からの『コスチューム・ファンタジー』、下旬に竹河聖「神宝潮流」シリーズ最新刊、「十二国記」最新刊が講談社文庫版が4月15日、X文庫版が5月1日。極めつけに5月10日には日本エディターズ版『夢の博物誌』も。って、そんな嘘くさい……。ま、予定は所詮予定ですしねえ。その間に「BofE」と「DB」の連載と、って。なんだかな。

中井紀夫『山の上の交響曲』を読み終わったのですが。ある作曲家が一生をかけて書いた譜面をずっと演奏し続ける人々を追いかける物語なんですが……。星雲賞を受賞しています。そういや、山田先生は星雲賞って受賞されてないんでしょうか……? それではまた。

砥部粧 - 01/03/07 22:41:01
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。>「とむらい〜」足掛け3年捜し続けました。涙です。>池袋のジュンク堂って何処にあるんですか。街は少しずつ様子が変わっていきますねぇ。昔はよく徘徊したもんです。ま、あんまり詳しくはないですけど。>「神宝〜」…今月末…。まぁカラー1枚ですけど、ホントに出るんですかぁ?Junさんマジで最近凄いですね。努力?それとも横流し?>そぉ言えば、もぉすぐバーズですねぇ。Junさんの情報が逐一正しければ、怒涛のお仕事の幕開けです。果たして2ヶ月連載なるのか?!(ですよね?)

色見本=darkorange

Jun - 01/03/06 23:24:47
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
……『とむらい機関車』羨ましいです。全然見つかりません。最近、「世界最大」とか銘打たれた東京・池袋のジュンク堂へ行ってきましたが、案の定なかったです。いや、むちゃくちゃ広くなってましたけど、ジュンク堂。
てことで、竹河聖「神宝潮流」シリーズが今月下旬に出るそうです。が、題未定・値段未定らしいのできちんと出るのかどうかわかりませんが。出るでしょう、多分。

多島斗志之『海賊モア船長の遍歴』を。海賊小説です。格好良いです。海賊のことなんか知らなくても読めます。良いです。時代的にはキャプテン・キッドの時代ですね。それではまた。

砥部粧 - 01/03/06 22:57:01
ホームページアドレス:http://www.geocites.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
猩々丸さん、お久しいらっしゃいませ。>最近、過去の掲示板で色々新ネタやげっとの情報を補完してるんで、現行の掲示板とダブって過去やらなんやらよく判らなくなってます。>啓蟄…ですか。便利ですね。自分ではすぐに出てきませんよね。おやすみなさい−−ぢゃなくて、ドリームバスターの感想とか、ファリスやBEの今後や、色々話題あるでしょ。

Junさん、いらっしゃいませ。>DBの中篇?他誌連載途中のものを、イラスト込みで。変なの。…「SF JAPAN」っすね、−そんな雑誌知らん。情報、ありがとう御座います。どっから拾ってくるのか、最近Junさんこぉゆぅ情報、妙に早いですね。凄いです。>しかも2つ!…しかし、あと2ヶ月ですよね。順調にこなせば、その前にDBが8回、BEが2回、ファリス増ページにロードス挿絵…+十二国記?うそだぁ〜。「あちら立てばこちら立たず」−情報ありがとう御座います。でもねぇ…。

げっとです。大阪圭吾の「とむらい機関車」。探偵クラブ、コンプリートしましたぁ。ホラファンに続き、ご縁なのか旅の本屋さんに、またまたお世話になってしまいました。両方ともコンプの1冊と言う、実に有り難い本屋さんです。勿論、イージーシークさんには、他にも色々お世話になってます。山田もの以外が多いんですけど。>チョコエッガーの皆さん、言いましたっけ?キタダニリュウ、1個出ました。

色見本=antiquewhite

Jun - 01/03/06 00:44:42
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
し、猩々丸さんって虫だったんですか……。
徳間書店から出ている小説誌「SF JAPAN」が先日出たのですが、そこに宮部みゆきさんの『ドリームバスター』の中篇が。山田先生も見開きで描いてます。『ファリス』もクライマックスだし、凄いペースで描いてますね、しかし……。 それから、講談社X文庫の方が創刊10周年ということで、なんか色々とやっているんですが。5月に小野不由美「十二国記」の新刊が。4月に講談社文庫で出て、1ヶ月で「文庫落ち」ってのもなんだかなあ、という感じですが。タイトルも出ていないし、変更があるようなことも書いてあったので、山田先生の挿絵次第とかなんでしょうか。うーん。ま、出るようです。仕事しているなあ。

海外の異色作家スタンリイ・エリンの怪作『鏡よ、鏡』を読了。主人公の意識の流れ、で書かれている作品なので時間がしょっちゅうとぶんですが……。いや、ラストも凄いものでした。それではまた。

猩々丸 - 01/03/05 23:51:01
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp
ポスペ用アドレス: 上と同じ

コメント:
砥部さま3周年おめでとうです!!
啓蟄なので出てきました。でも、寒いのでまた潜ります。
というか、提供できる話題がないんで・・・シクシク

砥部粧 - 01/03/04 23:10:48
ホームページアドレス:http://www.geocites.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
ぉお、3連ちゃんです。飛ばしてます。>げっと、しました。ついに。「ツインビー・ミックス」。不本意な落札金額でした。ご丁寧に砥部の入札金額まで上げて去っていった方がおられまして…。まさになすもとさんの力押しを上回る金額でした。まぁ、落札してから受け取るまでは間があるんですけどね。やっぱりオークションは怖いです。>でもね、当り前ですけど、先生のイラスト、いいです。

色見本=aqua

砥部粧 - 01/03/04 12:20:20
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
買って参りました、「ザスニ」と「ビースト」。>良かったです、魔神王の甲冑姿〜。次回最終回って書いてありますね。次号予告にも一応載ってましたけど、次号…とは限りませんよね、多分。…しかも増ページって、オイオイ。どちらにしろ、コミックスは、早くて今年後半、ヘタすると2002年ですね。>「アラバキ」は今年の7月に出るんですかね。>あと、次号特別読み切り「ロードス島伝説」ってのは、なんですかね。先生、増ページの上に挿絵も!?角川さん、年末コミック出せなかったことネに持ってます?激務ぢゃないですか!+毎月BE+毎週DB、こなせるのか!?山田章博。−…BEは確実に1回は落ちますね。
>「ビースト」の方は、売ってる店が限られて来ました。号を追う毎に購読部数は必然的に減ってきますから、地方の方は要注意です。なるべく早めに最も近い最も大きい本屋さんに走った方が無難かと。そこでなかったら、通販ですね。>お話の方は一応すでに佳境に入ってる感が。まぁ、いくらでも続けられますからね、煉太郎がいきなり死なない限りは。>ところで「ハドソン夫人」って誰?
ついでに「ぱふ」がベストテン号だったので買って参りました。残念ながら先生は、ぱふ読者の嗜好には合わないようです。後ろの作品リストも、「BE」のみ。ザスニへの連載と言うことで、「ファリス」は無視です。−ほぉ、そぉ言う態度なの。
あとついでに、「夜刀の神つかい」と、「オーラバトラー戦記」の1〜5も。新書持ってるから買うつもりなかったんですけど、「ザスニ」に富野先生大幅加筆!−って書いてあったもんで「おいおい」と思って。>色見本=darkorchid

砥部粧 - 01/03/03 10:27:18
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、いらっしゃいませ。>と言うことは、初音さんコンビニ派ですね。>今週の「DB」第8回は中々でしたねぇ。最後のヘンゼルとグレーテル」の絵が…。これ、ポンと出されて「誰の絵?」と言われても、プロかどうかも判らん−と解答しそぉです。本当に先生の絵なのかどうかも断言しづらいですね。やはり先生は基本的に「おちゃめ」と言う事を再認識しました。>年度末…。砥部としては月度末の度にしんどいです。

「げっと」のコーナーは最近砥部のワンマンショー状態です。げっと記録をアップした途端、どなたも書き込まなくなってしまって。砥部的には結構最近飛ばしてます。>で、「CRASH!」2号。菜露様も描いておられる夫婦共載号です。

初音むつな - 01/03/01 23:58:02

コメント:
ワタシも今週出たハズのやつはまだ何も・・・っていうか本屋に行けないんですけど(^^;)週アスはなんとか買ってますが・・・色んな絵柄が楽しめるのがある意味いいかな、と(^^;)>いま帰宅です。年度末って怖いわ(^^;)

砥部粧 - 01/03/01 21:51:11
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
なすもとなおすさん、いらっしゃいませ。>ですか。ですね。ハハ…。>荒巻先生も頑張っていらっしゃるんですね。

はまださん、激お久しいらっしゃいませ。>「ザスニ」掲載報告ありがとう御座います。先生、頑張っておられます。まさに鬼神のごとく。おとすとお体の具合でも−と心配し、おとさないとお体の具合が−と心配し、山田ファンは心労が尽きません。>甲冑着ましたか。それはそれで早く見たいです。まだ、何も買えてません。土曜日を待ちます。

週刊アスキー、なぜか四国は金曜発売らしいです。なぜ?

色見本=khaki

はまだ - 01/02/28 22:35:19
電子メールアドレス:BYI15567@nifty.ne.jp

コメント:
「ザ・スニーカー」、おおむね買わないつもりで書店へ行きましたが、「ファリス」ちゃんと載ってまして、びっくりしつつ買いました。(失礼な奴)
魔神王様、せっかくの麗しい裸体を甲冑で覆うなんてもったいない...

3周年、おめでとうございます。

なすもとなおす - 01/02/28 21:01:01

コメント:
こんばんは、なすもとです。先日の反応はゼロです。いるか! そんなもん! て、とこですかねぇ。(笑) で、来月のリイドコミックで荒巻圭子様の新作が載ります。以上!

砥部粧 - 01/02/27 23:08:03
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp
ポスペ用アドレス: tobeshow@mx8.tiki.ne.jp

コメント:
失敗。