28冊目です。
2月22日で4周年です。ご愛顧、有難う御座います。

砥部粧 - 02/02/22 17:21:04
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
砥部こめ。
>4周年でした。5年目です。
公式も立ちあがり、慌ただしい2月です。この1ヶ月、カウンターは過去最高を記録。1日平均55カウントの壁を越えました。
あ、これを期に新しいことを何かやろうとしてたんですけど、過ぎちゃいましたね。RYOさんとこでやってらっしゃる、芳名帳みたいなものをウチでもやりたかったんですが。ま、そのうち。
>これからも、よろしくお願い致します。

初音むつなさん、いらっしゃいませ。
>いえ、まだ十二分に間に合うと思います。砥部も「多分」参加−ですので、池袋に引き続きお会いできるといいですね。
>恵那さんがなんかあらぬことを口走っておられますが・・・。ご乱心?

はまださん、いらっしゃいませ。
>ブラレって、キャラクターも山田テイストなんですね。そ言えば砥部、まぼろし劇場及びfm3、やり掛けで放置してます。

恵那さん、いらっしゃいませ。
>お加減いかがですか。あまりご無理の無きように。オフ会辺りでぶり返さないように、今から精進なさってください。
>あのぉ、SIVAさんみたいにぼそっと言って去らないように。活人?ネット検索では、キョンキョンのボディペイントの創刊号と未少年特集号とかの第2号しかヒットしませんでした。このどちらか?それとも3号以降が?正確には「毎日グラフ独特別冊活人」みたいです。
で、これが何?山田ネタ?だったら「ヤ」だなぁ。でもそうですよね・・・。これ、86年の雑誌で、創刊号は市場価格3000円くらいでした。2号は1000円くらいみたいですが、数が出て無さそうだし・・・。ひぃぃぃぃ。

Sammyさん、お久しいらっしゃいませ。
>・・・。駄目?思わず炙り出しでは?と思ってしまいました。時間切れ?またのお越しをお待ちしております。

Junさん、いらっしゃいませ。
>失礼しました。Junさん買うことあるんだ。いつもの読了報告は勿論立読みですよね。
>甘い!レアではありますが、「ガリアン」のLDBOXのジャケイラがあります。ちゃんと目一杯ロボットです。凄い描き込みです。多分、先生、ロボット描くの好きだと思います。でも、ラーゼのロボットってふにゃふにゃしてるんで、あんまりメカっぽく無いですよね。あ、アンドロイドものだと結構ありますよ。

菜露様、2度いらっしゃいませ。
>結局「原案」・・・。イメージコンセプトやらは何処へ・・・。肩書き的にはラーゼと同じですね。内容的には大分違うみたいですけど。マーメ再びですかぁ。楽俊があれだもの・・・。
>確かにフクちゃんの記念館ですけど、高知県出身漫画家コーナーですよね。はらたいらとか、やなせたかしとか・・・みんな平仮名。やなせ先生は漫画家ぢゃないか。いや、別に原画ぢゃいけない必然性はありません。はい。駅から近いです。脈絡の無い文?

色見本=#B6DDDE=瓶覗(かめのぞき)

菜露 - 02/02/22 12:53:51

コメント:
JUN様>ニアミス失礼! がんばって探します。 『麻雀放浪記』名作の誉れ高いです。 ギャンブルはパチンコすらしないんだけど(超ケチなので;)自分のお金さえ無事ならば、賭博ゲームはめちゃくちゃ好き!です。 麻雀もやるし馬も好き。パチスロの確立変動も得意! 他人のお金でしかやりません♪ 漫画や小説、Vシネマもこの手のものは大好き! 『賭博師』とか『プロ』とか『荒らし』とか、燃えます! 

菜露 - 02/02/22 12:21:56

コメント:
はまだ様>パーティーが増えたのですね、おめでとうございます! エルフの女王、絵だけ見ました。キレイ?

RYO様>『は〜ふと〜ん♪』の英語の意味が解らなかったので、シカトしてしまいました。(ゴメンナサイ;) 何にしても、褒めてあればヨシ!!(笑;)

>昨日、『十二国記』製作スタッフ(スタジオぴえろプロデューサー)との打ち合わせがありました。 山田センセは『メインキャラクター原案』という肩書きに落ち着きました。 山田センセの絵(小説の挿絵)を全体的に使うというのは、どう考えても不向きなので。(^o^;) 製作の方も4月スタートに向けて、順調に進んでいるみたいだヨ♪

てんてん様>ウチは子供のころ鳥屋敷でした。玄関脇の一部屋が、全部鳥かごになってたです。 餌を買いに行く鳥屋さんには大きなオオムが居て、人間並みにシャベるんだけど、よく家の前を歩く大学生をからかってました。(^o^) すごく長生きだよね。 とっても欲しかったんだけど高いので、四十雀やセキセイインコ、文鳥、カナリヤどまりでした; 犬はねぇ、おばさんがチャウチャウを、従兄弟がボクサーとスピッツを飼ってます。ウチに居る時は一緒にケージで寝るんだけど、よく踏まれるので痛いです; わたしはコッカスパニエルと柴犬を飼いました。あとバイトで猟犬の世話もしましたが、私が飼うと、甘えん坊の吼えない犬になってしまうのでダメです; 今一番欲しいのはカイ犬! ブルテリア、ピレネーもいいですね♪

初音様>お会いできるのを、楽しみにしています! 東京オフ会、よければ参加を希望しまス。 私の知らない本が、きっとあると思う;

砥部様>その通りです。原画はありません。 何と言っても『横山隆一記念館』ですから;

Jun - 02/02/22 11:08:29
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
4周年、おめでとうございます。益々のご発展を。

<ハーフトーン てんてんさん、あまり過大評価されると照れちゃいます。いやあ、こういう技法的なことは全然知らんのです。ということで、RYOさん、ご説明頂きまして、ありがとうございます。絵の世界は奥が深いですねえ。いや、深いのだか何だかもわかってないですが。で、砥部さん。ハーフトーンが何かわかってない、てのはバレバレですが、『このSFが読みたい!』は立ち読みじゃないです。買っとります。そんな毎度毎度人が立ち読みばかりしているような言い方を……。
『ラーゼフォン』のノベライズは山田センセイですか。……って、ロボットとかはどうするのでしょうか。なんかこう、これぞロボット!という山田先生の絵はまだ見たことがないような。FM3とかでもメカは書いてなかったですよね、確か。『鋼鉄のパンドラ』くらいかな……。まあ、精密に言うとあれもロボットとは違うのかもしれませんが。

>菜露さん クラフト・エヴィング商會はちょっと大きめの本屋に行かないとないかもしれません。
阿佐田哲也『麻雀放浪記』読了。悪漢小説、ってヤツですね。多分麻雀知らなくても楽しめるのではないかな、と思います。博打が好きな人や博打で身を滅ぼしたい人にはオススメです。それではまた。

Sammy - 02/02/22 09:46:31

コメント:


恵那 - 02/02/22 07:28:08

コメント:
砥部さん4周年おめでとうゴザイマス♪
今月人間様もPCも調子悪かったわ…来月は復活したい…ライブもあるしー。
ところで毎日グラフ別冊・活人の話って出てた?

はまだ - 02/02/22 02:18:23
電子メールアドレス:byi15567@nifty.ne.jp

コメント:
菜露様>
まだ、「緑色の人」らしき人とは会ってませーん、と思います?
今の進行状況は、パーティーが初期状態の3人から6人になって、
魔法陣を通って第2ステージ(?)に行ってみたけど何もなくて、
どうやらアイテムかイベントが不足してるらしい...といった所です。
パーティーメンバー以外の登場人物というと、
半分引退の大魔術師、エルフの女王、ドワーフの長ぐらいですね。

4周年おめでとうございますぅー。


初音むつな - 02/02/22 01:11:12
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<うっかりしてましたが、3月23日の京都、予定が立ちました。ので、まぜてくださ〜い(^^;)<あ、もしかしてもう遅い??

<なんとなくわたわたしているので、あとは週末(^^;)

砥部粧 - 02/02/21 23:28:41
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
RYOさん、いらっしゃいませ。
>ハーフトーン、有難う御座います。砥部の説明で合ってるんですよね、結局。

菜露様、いらっしゃいませ。
>高知に一泊して、翌日高松でうどん食べて、そのまま帰京ですか?多少ハードな気もしますけど。営業日・営業時間とかの兼ね合いで、うまく回れない可能性が・・・って、本当に決まってから考えりゃいいや。
>あ、えーと、その情報はウラではないので、公式向きですよね。フラウスの引き延ばしってことは、原画にあらずってことですか?

てんてんさん、いらっしゃいませ。
>え?あ。
いや、でも、Junさんですから、そのまんまハーフトーンの意味が分からなかっただけだと思います。そですよね、Junさん!?
私「も」?Junさんは確実にただの立読みです。そですよね、Junさん!?
>片付けられない派ですか・・・。なのに、他人のものは捨てたいですか?ウチも状況的に似てますが、「自分がちゃんとしてから言って」と突っぱねてます−ちゃんと出来ないことは明白なので。へへ。
>鳥、アレルギー無しですか。無しでしょうね。うちはそう言うのに対して免疫無いので、非常に逡巡してます。でも飼いたいっ。
>エルリックは幻想文学です。詳しくは作品目録をどうぞ。

砥部こめ。
>てんてんさんにご提案いただきました、図書館利用に踏み切りました。とりあえず、板東真砂子。
>今日、かの有名なCLAMPさんのサイトを覗いてきました。良いお手本ですねぇ。

色見本=#92CAD6=水浅葱

てんてん - 02/02/20 16:13:53

コメント:
昨日は時ならぬ大雪でびっくりしましたが、今日はうって変わって春ですねえ。
>Jun様&砥部様&RYO様。
Junさんは別にハーフトーンの意味を聞きたかった訳では無いのではないかなあ。
どちらかと言えば先生の絵ってハーフトーンを極力排除した、墨線と白で表現されているし、並び称されている末弥純さんにしてもモノクロイラストは筆の大胆なタッチで描かれていて(今持っている本の挿し絵以外の仕事は知りませんのではっきりとは断言できませんけど)、『ハーフトーン処理の見事さ』と言うコメントはトンチンカンに聞こえると、そう言いたかったのでは?何で末弥さんと双璧なのかもよくわからんし。。。
筆者はRYOさんの言われたような意味でああいう表現をしたのでしょうねえ、きっと。それにしても、『精細な筆致』とかもう少し誉めようもあるでしょうに。(^^;
>『SFが読みたい 2002年版』私も買おうかなと思っています。この10年文化的にあまりに不毛だったので少しガイドも必要かと。。。

>砥部様。?私は全然片付けられない派です。おほほ。
>私は犬を飼うならビーグルがいいなあ。でも、うち鳥がいるのでだめかな。ヨウムといって言葉を喋るちょっと大型の鳥です。宅配とか来客があると面白いよ。
客「ちわ〜、◯◯で〜す!」
ヨ「はい。」
客「おおきに〜」
ヨ「いつもすんませ〜ん。お〜ほほほほ。」
客「???うわ。鳥!?」
こんな感じ。変なところで妙にタイミング良く返事するので面白いですよ〜。

>菜露様。別に強要するものではありませんが。(^^;;;;;そんなに嫌なのね。
エルリックのイラスト?あっっっ!?見たような。気のせいか?それはSFマガジンのお仕事で?


菜露 - 02/02/20 15:08:46

コメント:
砥部様>母親を預けて、高知へ(一泊くらい)帰ってもいいかな?と。 うどんに魅かれて高松を巡ろうかなぁ...? 記念館では、フラウスの引き伸ばした絵が一点のみです。

RYO - 02/02/20 13:46:36

コメント:
こんにちはRYOです。
「ハーフトーン」私が記憶しているのだと、いろんなサイズの点(丸)で、色の濃淡を表現しているヤツだと思います。
よーするに、一色をベタで塗るとその色そのものですが、例えば細かい点にすると薄い色に見えたりするじゃないですか、そーゆーヤツっす。
Junさんの書き込みの「墨一色でのハーフトーンの・・・」と言うのは、墨一色で薄いグレーも濃いグレーも表現しているのがすごい、と言う意味だと思います。
人物の影とかも手書きの線でグレーを表現されるじゃないですか、画伯は。その辺りの事だと思います。いわゆる市販のトーンを使わないと言う。

ちょっと不安・・・・しっ、SIVAさーん、あってますかー?

砥部粧 - 02/02/18 19:31:58
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
猩々丸さん、いらっしゃいませ。
>うろ覚えでした。調べまして、「コガラ」であることが判明しました。スズメ目シジュウカラ科です。丸まっちくて、実に可愛いです。動物飼うのは大変です。

菜露様、いらっしゃいませ。
>カウンター回ってますか?確かに、何時の間にか「44444」を突破してますね。矢張り「公式」のお陰でしょうか?
>コレクター高じて古本屋・・・まるで京極堂のような。
>ミニ動物園ですか。どうせ菜露様の独壇場です。
高知はうどん駄目です。高松に帰って巡る?楽しいかどうか判りませんが、遮二無二回っても1杯100円なので、お金かかりません。って、菜露様、参加?−それより、先生の展示あるんですか?
味噌煮込みは名古屋で食べないと。余所で食べると別物です。手羽先と一緒ですね。

色見本=#007D94/浅葱色

菜露 - 02/02/18 12:03:44

コメント:
砥部様>なんかカウンターえらく回ってますね。 「結局捨てられる」発言、当たりだヨ♪ コレクターにはそれが一番の恐怖でしょうね; 友達にコレクターが高じて、古書店をやっている人が三組います;ペットねた、ホントは犬が飼いたかったんだけど「ダメ!」って言われてます;  京都に来たら『ミニ動物園』見に行きませう! うどん、羨ましい〜; 最近は名古屋の味噌煮込みにはまってました。 高知(?)オフ会、うどんツアーにしません?

JUN様>ノベライズの挿絵はウチが描きますヨ。 クラフト・エヴィング商會、面白そうなので買ってみます♪

猩々丸様>ひどい目にあってるなぁ; ウチは近所の中学生が、夜中に自転車やプランターを、前の車道にバリケード状態に並べてくれるくらいです;
片付けはねぇ、結婚しても上手くならないに一票!(笑) 思い切って捨てるしかないヨ。 捨てられない雑誌や本は、『図書館』に寄贈するのがベスト。ウチも漫画図書館をやっている友人に寄贈しました; 後はネェ、しょっちゅう人をウチに呼ぶ。他人が頻繁に家に来ると、仕方が無いからヤル! 片付けにはコツがあって、そういうのを教えてくれる『忙しい主婦』のお友達を作ると便利。 安売りの時に三段、五段のカラーBOXを数個(2の倍数)買い、同様にプラスチックの五段引き出し式ケース等を幾つか買い込み、家具の空いてる空間に天井まで積み上げ、裏をガムテで止めてビッシリ設置。 棚と棚の間に板を渡すのもイイです。つっぱり棒式棚も便利。 棚の仕切りや細い空間は、ダンボールやティッシュの空き箱、トイレットペーパーの芯で工作。 封筒を切ってポケット状にした物を、棚などにガムテで貼り付けると意外に便利。 色々な袋をフックやピン、ハンガーで吊るす。 ちゃんと整理しようと思わずにひたすら詰め込めば、経費も安く、あっという間に見た目はキレイさ♪

てんてん様>写真いるゥ? やめよォ〜よ; 傘回しやって貰うとか? ラッカム、メアリー・バッカー好きです!『エルリック』わかる、わかる; 山田も一回、挿絵描きましたヨ。

猩々丸 - 02/02/18 00:20:13
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
タイヤの穴・・・自分でやった時はまず気が付きます。車から出るとシュ〜って空気の抜ける音がしてます(苦笑いの経験者は語る)。それに運転しにくくなるで〜。しかし、何が面白くてやるんでしょうねえ?なにやらそそられる車だったとか?
職場の人は朝出勤しようとしたら車体がブロックの上に乗っていたと・・・これは明らかに窃盗ですが。

砥部さま&てんてん様>片付け下手の傾向と対策(笑)・・・ありがとうございます。そうか、その手もあるかぁ。身の回りの片づけが出来んのだから自分が片付く訳も無く・・・と言い訳している今日この頃。くあぁぁ自爆した〜

ペット!!バッセットハウンドだっけ?ビーグルが凶悪になったような顔の犬。あれ好き!といったら頑固な性格で10分で歩けるところを1時間かけて散歩するようなワガママさんだそうだ。と、ところでコゲラって飼えるのかい?

砥部粧 - 02/02/17 23:09:56
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。
>ハーフトーンすか?中間色じゃないですかね。そのまんま?こぉ言うのはイラスト描きのSIVAさんやRYOさんに聞けばすぐ分かりますかね。いや、もしかしたら、常識で、知らぬはJunさんと砥部だけかも知れません。
>情報ありがとう御座います。ノベライズですか。漫画描いてる方の方が、メカ・キャラともにこなせるので、適任だと思いますが。

てんてんさん、2度いらっしゃいませ。
>あ。そですか。失礼しました。どちらにしろ、大事に至らず何よりでした−と。
>確かに、色の組み合わせがね。それ考えると、妙に使える色が限定されて来るんですよ。この掲示板自体は、データ保存が出来るし、そこそこ見易いので気に入ってるんですけど。ま、ちょっと、今後、考えてみます。
>片付け上手のパートナー・・・ですか?それだと、てんてんさんトコや山田邸みたいな状態になり、結局捨てられるんぢゃないでしょうか?それよりも、そ言うことに寛大なパートナーを見つけた方が良いような・・・。ま、他人のことはいいや。

砥部こめ。
>昨日と今日で、うどん屋4軒回りました。ハイペースです。
>ペット屋覗きました。ウェルシュ・コーギーの子犬、やっぱり足短いです。人気があるらしく、4匹もいました。1匹10万円。めちゃカワイイです。飼うならコーギー−と再確認。
ハコガメも矢張りいい味。鳥もねぇ、コゲラ?
今思い出したんですが、何故ネコが居ない?あ、イグアナもちょっと惹かれました。
>右耳たぶが霜焼けに。歳か?

色見本=#4FB2BD=新橋色

てんてん - 02/02/17 14:29:49

コメント:
あ、なんかエラーが出ました。続き出るかな。>菜露様。
>なんて餌を振りまかれると食い付かぬ訳にはいかないではありませんか。(^^)
でも、他にもアーサー・ラッカムやシシリー・メアリー・バーカーみたいな繊細な妖精を描く人たちの流れもヨーロッパにはありますよね。
私はモンスターやバーバリアン的なマッチョなイメージは、イコール『ヒロイックファンタジー』イコール『アメリカ』って感じがするんですけど。(このへん、『感じ』だけで喋ってますので鵜呑みにしないでね)私が心底がっくり来たのはマイケルムアコックの『エルリック・サーガ』のアメリカ版(多分)を見た時ですね。物語はひ弱でアルビノの普段は薬に頼らないとへろへろという主人公がある剣を持った時だけ無茶苦茶パワフルになると言うとてもエロチック(^^)な暗喩も入っているヒロイックファンタジーなんですが、日本版は天野義孝さんの美しい絵なのに、そのアメリカ版は赤目で皮膚が緑色のムキムキマンが、血刀を下げて立っていると言う図なんですね。ぶっとびましたね〜。彼の国ではこの絵柄で売れるのかと。
>ちょっと違うのですが『ハリ−ポッタ−』のイラスト展開にも首をかしげましたです。よその国の人はあのイラストの付いたグッズを平気で買うのかねえ。どう見ても『桃◯のごは◯ですよ』のCMみたいなんだけど。単行本もあの顔が付いたのが結構あって、日本であのイラストが付いた単行本を出してたらこれほど売れなかったのではと思います。

>猩々丸様。(T^T)
それはかなり辛い思いをされましたね。私はタイヤだけで済んでまだしも良かったです。
>片づけは、できる人はできるし、出来ない人は出来ないです。(爆)コレクション癖がおさまるかどうかとは別問題でしょう。子どもができれば更に無茶苦茶になります。それでもきれいな部屋に住みたいと言う片づけ下手なあなた、片づけ好きなだんなを見つけましょう。


てんてん - 02/02/17 14:26:17

コメント:
>砥部さん〜。(T^T)だって、タイヤの横っ腹に一辺が2センチ程もある山形(くさび形?)の穴が開いていたんですよ。私の親指がすっぽり入るような穴が走行中に開いたらすぐ気が付くと思いません?だいたい何処にどうやってぶつかったらタイヤの横にざっくり刃物で切ったような穴が開くっていうんだ?スタンドのお兄さんも「『タイヤの横』はやられたのが多いんですよ」って言ってたし。それに私はそんな下手な運転はしないぞ!ウ〜〜ガルルル。(この件に関してはまだ私は感情的ですからね。噛み付くで〜)
>パソ画面を長時間眺めるのは仕事柄さほど苦痛では無いのですが、余りにもコントラストが強いのは参りますね。

>菜露様。
>> 西洋文化圏の人たちって本来、<ドワーフやエルフ>=<異形のモンスターやバーバリアン>なんだなぁ...と。 日本人はフラウドの絵を<妖精>とたいがい認識してるけど、フラウドが変わってたんですね。

Jun - 02/02/16 15:58:17

コメント:
『SFが読みたい 2002年版』が発売されました。今回は特別ガイドで「ファンタジイが読みたい」と題して、おすすめファンタジイが100冊ほどセレクションされています。「十二国記」(「神仙ファンタジイ」って括り方は初めて聞きました。納得しましたが)は勿論入っていましたが、一条理希『鬼童来訪』、ダンセイニ『エルフランドの王女』も入っていて驚きました。ということで非常に小っちゃいですが、カバーが見れます。本当にちっちゃいけど。で、「ファンタジイコミック10」の方には『ロードス島戦記 ファリスの聖女』が。「墨一色におけるハーフトーン処理のみごとさは、末弥純とともに双璧をなす名人芸である」とか。ハーフトーンって何ですか・・・。
それでまあ、各社SF関連新刊情報「このSFを読んでほしい!」って企画もあるんですが。「現在放映中の出渕裕初監督のSFアニメはなんと神林長平がノベライズ、『ラーゼフォン 時間調律師』とか。」と、徳間書店からのコメント。挿し絵は山田センセイになるんでしょうか。その辺は書いてなかったですが。

何か最近妙に書き込みをしているような気がしますが。まあ、現実逃避が50%近く占めている気がするのでご容赦を。で、阿佐田哲也『東一局五十二本場』を読了。表題作は文句なく、麻雀小説の傑作。いや、あまり麻雀小説読んでないのでわかりませんが、多分。でも、麻雀知っている人でないと薦めにくいのですが・・・。でも、傑作。毎度色変えようと思って忘れてしまうので今回こそは。それではまた。


砥部粧 - 02/02/16 12:29:06
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
今回も失礼させていただきます。

Junさん、2度いらっしゃいませ。
>BE、なんかまとめに入ってる感じですよね。多分、先生は終らせようとしてるんじゃないかなぁ−と思うんですが、何故かうまく行かなくて、結局年末年明けくらいにやっと終る、と言うシナリオ書いてます。
>パトは押井さんじゃないんだぁ。ミニパトは脚本が押井さんって書いてありましたが、監督も?どちらにしろ、ちょっと見る気失せてきました。ごめん。
>「公式」、最初だからねぇ。見切り発進してますから、色々付け足しがありまして。リンクのページも重くて、ちょっと困ってます。

なすもとさん、いらっしゃいませ。
>いえ、ちゃんとね、そこら辺のこと考えてる人も居ますよ、って例示にね、使わせていただきました。
>電話代2万・・・。何故?ADSL云々よりも、テレホーダイとかそう言う方面のサービスの利用で済まないんすか?
>ペンギン・・・そ言えば、こっちでは見たことありませんねぇ。地域限定?
どちらにしろ、そんなにお気を遣っていただいてたなんて。適当に切り上げていただいて構いませんよ。
>チョコエの方はどないですか?

菜露様、いらっしゃいませ。
>え?中一コース、自信「無し」ですか。・・・矢張り。でも連載ですよね。入学準備号は確か年に1冊ですよね。むむ。
>本気もなにも、ここ、菜露様の私用伝言板以外の何者でもありませんけど。でしょ?

てんてんさん、いらっしゃいませ。
>タイヤに穴?そんな暇人いますか?パンクしてて空気が抜けただけでは?まぁ、どちらにしろご愁傷様です。そのまま気付かずに運転して事故らなくて幸いでした。
>確かに、近影と言うからには「最近の影像」なんでしょうが。違う?
>馴れ合い?うーん。よく判りませんけど、「初音博士の探究の部屋」みたいなものを作れと?まぁ、作るのは吝かではありませんが。初音さんが作るの面倒だったら、こちらで作って検閲してもらってアップでも可能です。コメント抜き出せばいいんですから。
兎に角、やってもいいんじゃない?って方、賛同のご意見をお待ちしております。
>過去ログにかかわらず、パソ画面を長時間眺めるのは止しませう。ダウンロードして、ゆっくり読んでおくれやす。

猩々丸さん、いらっしゃいませ。
>結婚後、直るかどうかは、パートナーの選択如何でしょう。部屋が狭いと、率先して片付けざるを得ない−ってことですからね。豪邸、空き部屋多数、見合う方をお探しください。

砥部こめ。
>食玩松本零士、3コ買った内のひとつにエメラルダスがあったので、打ち止め。も一個はアルカディア号でした。このテのフィギュアは顔が矢張りショボいです。でもよく出来てます。
>「公式」のリンクにある、キャラアニの人気投票なんですが、得票の高いものを商品化するそうです。今の処、投票数が100に満たず、40票くらいで1位です。山田ネコは砥部の1票のみ。まぁ、商品化云々は抜きにしても、投票、しませう!
因みに、キャラアニは画像満載で、各ページ、とっても重く、行き着くまでの苦難は並大抵ではありません。覚悟してお臨み下され。

色見本=#3E745F=青緑

猩々丸 - 02/02/16 02:13:12
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
ああ、週末です。でもなんともブル〜です。ふう、いつものことだけど山田ネタはな〜し!

てんてん様>私は数年前、道路に面した駐車場に半分ほど車体を入れたところで直進車に突っ込まれました。でも、直進車の進路妨害ということで私の8割負担となりました。むちうちの通院のオプション付き。ふう、こんなこともありました。
カイル、『ツインピークス』の前に妹が写真集を買ってきてたので若かりし頃のイメージが強くて、なんだかとってもおじさんに見えてしまった(笑)。

菜露さま>その知り合いの方、すごいですね。思いきる奥様もまた。表と裏、陰と陽のバランスですか。ウチの場合コレクターとは言い難いですが、父に限っていえば古いものが捨てられないのは確か。貧乏性ともいう。はっはっはっ

『ブルーベルベット』まずまず好評のようですね。ビデオ借りてこようかしら。ブラッドベリは竹宮恵子の『私を月までつれてって』で名前を知り、あの邦題の付け方がなかなかステキで気にはなっていたものの、読まないまま今日に至っております。う〜む、今、林望の本『日本語の磨きかた』を父から渡されています。暗におまえの日本語は乱れていると言いたかったのかしらん?

砥部さま>うむむむむ、片付けの出来ない人が結婚後、出来るようになるかは言及されてませんね。参考情報求む。

初音さま>あまりに絶妙なタイミングでの登場に思わず笑ってしまいました。偶然とはいえさすが〜。

京都オフ、もう一度名乗り上げなおそうかと思いましたが仕事のある日でした〜。時節柄、控えます。グスン でも、6月なら仕事も薄いし行くわよ〜初音家探訪の旅!

3月1・2・3日のいずれか横浜に拘束です。がるるるる

Jun - 02/02/16 01:24:08
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
あ、なるほど。「公式」サイトがあんなに頻繁に更新されるとは思いませんでした。失礼しました。うーん、久しぶりですね、「おぼろ」の新しい絵。満足しました。

>パトレイバー では、菜露さんと砥部さんの感想を聞いてから見に行くことにします。映画を見慣れていないので、1500円と2時間使って微妙なヤツは見たくないのです。せこくてお恥かしいですが。
>なすもとさん ……4万円って。いくら中古でも安すぎやしませんか。人徳というか何というか。羨ましい限りです。
>初音さん 都合が合えば是非、初音さん宅オフ会に参加したいです、はい。って、まだまだ先の話のようですが……。

クラフト・エヴィング商會『じつは、わたくしこういうものです』読了。新刊出たのが嬉しくてついつい手を出してしまいました。不思議かつ精緻な作品による展覧会と、それらの作品と共に紡ぎ出された物語を「本」の形にする創作活動を展開しているユニット、クラフト・エヴィング商會。結構な量の装丁を手がけているので見たことはある筈。『絶対音感』とか。東京・新宿の紀井國屋書店で2月21日から展覧会やるので気になった方は是非。『どこかに○いってしまった○ものたち』(筑摩書房)は本当にオススメです。それではまた。

てんてん - 02/02/16 00:47:13

コメント:
こんちは〜。(T^T)
久しぶりに仕事で外に出たら、出先で車のタイヤに穴開けられてしまった。(><)ショックです。7200円の日給稼いで6500円のタイヤ買うなんて。。。ああ、無駄な1日だった。とほほ。
皆さんは、こういう理不尽な目に合ったことはあります?

>今日公式ページ覗いたらセンセのイラストがアップされてましたね。噂のイラストの絵柄はこれのことかな?いつもより多めに回しております〜!ってやつね。

>菜露様。でも著者近影はやっぱり最近の写真がいいなあ〜。やっぱ20年前の写真はまずいんじゃあ。。。 ブラッドベリ紹介して下さってありがとうございました。参考にします。それから、前回お母さまの話題が出た時にうっかりしておりました。菜露様、お世話されていらっしゃるんですよね。御苦労さまです。お母さま、お大事になさって下さい。

>砥部様&初音様。君たちはな〜にを馴れ合っておるのかね。(^^)
これはもう砥部さんが『初音部屋』(楽隠居だから『初音庵?』)を作って独立ページにするしかないね。何でかというと、ここの過去ログは長時間読めない。無理して読むと涙が出てくるんだもの。
>京都オフ。子連れですか?う〜〜〜〜ん。一瞬揺れたけど、そんなパワー無いです。お金もかかるし。

>いかん。『ラーゼ』の録画の準備をしなくっちゃ。

菜露 - 02/02/15 11:34:05

コメント:
はまだ様>古いゲームって、経験値ホント上がらないですよねぇ; 今みたいに、一週間以内で解くなんて考えが、無かったですからね。 <緑色の人>使ってます? この仕事を請けたとき、エルフのお姉ちゃんのゴツさに文化の違いを感じました。 西洋文化圏の人たちって本来、<ドワーフやエルフ>=<異形のモンスターやバーバリアン>なんだなぁ...と。 日本人はフラウドの絵を<妖精>とたいがい認識してるけど、フラウドが変わってたんですね。 同様に台湾のゲームでは、主人公の顔色は<紫>なんです; 紫は神様の色なので。 でも、主人公が<紫色の人>で平気でプレイ出来るところが、文化の違いだよね。
>音無しといえば、『忘れえぬ炎』を音無しで観ました。

JUN様>流石だわ! 菜露は『パト』観に行きます。 砥部さん達の話は多分、私が送った年賀状メール用オリジナルイラストの事でしょう。『おぼろ』です。

初音様>『中一コース』自信ありません; 入学準備号だったかも? ワイロにKINKIKIDSのポラ写真を貰ったので(恥ずかしい;)、膨大なファイルを調べれば剛くんの髪型で、何年の何月号か位までなら特定出来ます。 ただ学年誌は写真を使いまわすので、何年生誌かは特定出来ないです;

なすもと様>サンキュー!です。 XPの迷惑メール防止機能ステキっすよ。 ガンガン危なそうなメール排除してくれますし、すかさずワクチンも配信してくれます! が、友達が変な形でクリップ付けて来たのもパスするので、痛し痒しです;

砥部様、皆様>『京都オフ会』3月23日に決定です。 時間、場所等はメールで。 いつも幹事をやってくれる恵那のパソがトラブってるので、集まりにくくてゴメンなさい。 大して集まらなくてもイイかも? わたし、ココを本気で伝言板に使ってますね; 失礼しました;

なすもと - 02/02/15 06:57:58

コメント:
どうもご無沙汰しとります。砥部さん、パウチのことですが、わたしゃコミックガムのイラストはパウチしましたが、BofEまではできません。クリアーファイルには入れてますが。 じゅんちゃん> すまん。最近海外サイト(米国ヤフオクで取引き始めたもので飛んで来るのが手ぇ込んでてすまんです。近日中にニューマシンで対応しますのでもうそんなことはないようにいたします。実は電話代がかかりすぎるのでADSL対応にと申し込んだらWIN95ではだめなので2000かMEにしろとプロバイダーに言われ、中古パソコン屋に4万前後でモニター、本体、その上2000かME対応にしろと無理を言い、その上今は金がないのでカードで夏のボーナス一括(うちも出るかはわからんのですが)にしろと無理を通して会社の車で運んで今セッティング中です。月2万円台の電話代が3割でも安くなれば1年で元は取れます。ヤフオクなどの画像のUPに時間がかかるのがあれは絶対無駄です。先にADSLにした友人がADSL推奨してます。 更に砥部さん> ペンギンズランチのこと。もちっと待ってね。ノーマル8種は全部無理かもしれませんが6種は送れます。なんとか自分の分も含めて集まりそうっす。あのヒナがなかなかねぇ・・・ 初音さん> ガムのテレカの当選連絡来ないっすね。 菜露さん> 遅れ馳せながらお誕生日おめでとうございます。

Jun - 02/02/15 02:24:51
ホームページアドレス:http://www.bandaivisual.co.jp/patlabor/main.htm
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
「バーズ」ようやく読んできました。そろそろ終わりそうな感じもしつつ、まだまだ続く感じもしつつどうなんでしょう。しかし初音さんのコメントは一体……。「おぼろ」の新作が出るとか、画集の表紙が「おぼろ」とか、そんなんですか……。前者だととても嬉しいのですけれど。うーん。わかりません。

>砥部さん 「パトレイバー掘廚牢篤帖遠藤卓司さんだそうで。TVアニメ版『X』の副監督をやっているそうです。脚本のとり・みきに驚きました。で、同時上映の「ミニパト」が押井守が監督だそうで。何だかシャッフル上映とかいうけったいなことをしています。詳しくは上記URLが公式サイトです。友人たちと見に行こうか行くまいか迷ってます。うーん。

なすもとさーん。 数日前の話ですが、思いっきりあやしげなメールが来たんですが、またウイルスにかかっていませんか。大丈夫ですかー。

<ブラッドベリ 私もブラッドベリ読んだことないのです。『10月はたそがれの国』読もうかなあ、と思ってはいるのですが。翻訳って未だに手が出しにくいです。ああ、読みたい本は増えるばかり。

とか何とか言いながら。流行に遅れること3,4年。ようやく決心してダン・シモンズ『ハイペリオン』読み始めました。まだ最初の方ですが結構凄そう。殆ど山田ネタなかったですがまあ、それもありってことで。それではまた。

砥部粧 - 02/02/14 23:46:02
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
はまださん、ニアミスいらっしゃいませ。
>イラスト目当てで「ブラレ」まで。って事は、結構いろいろ集めてらっしゃるんですよね。もう、開陳するものはありませんかぁぁ?

初音むつなさん、いらっしゃいませ。
>そですねぇ。確かに、取り上げてはくれてますねぇ。他に何も無いってのもあるよぉな・・・。
個人的には春休み公開の「機動警察パトレイバー」ですね。またかいって感じですが、これ監督誰?
>あ。???う。紅色とおぼろって、どう違うんでしたっけ?着物着てるからおぼろで。

砥部こめ。
>「バーズ」げっと。ちゃんと人魚のお話、繋がってましたね。失礼。その前の将門ですでに脱落組多数?ま、なんか、収束しつつある様ですね。
で、次号予告なんですけど。BEのラストには、4月号に続くとのコメントあり。巻末の次号予告には、名前も載ってませんが・・・。危険、幻冬舎。
>食玩松本零士購入。チョコ、結構イケます。1個目はコスモドラグーン。これねぇ、7種類なんですが、バーコードを10枚集めて送るとピンズの全プレがあるんです。極悪です、フルタ。10個買うと3000円なんすけど・・・ひぃぃぃぃ。大リーグピンズなんてのも出てますね。セリエAなら買うかも。
アギトピンズ2、ギルス1個出ました。嬉しいです。龍騎もいい感じ。
>最近、讃岐うどんにハメられてます(自分でハマったのではない)。本場香川県ならではの、うどん八十八ヶ所巡りなるもの(確かキリンだかアサヒだかが協賛してて、全部回った人にはなんかくれると言う、毎年恒例になりつつある大掛かりなイベントです)や,うどん攻略本なるものがベストセラーになっています。まぁ、確かに慣れると便利です。今時、昼飯300円前後で済ませられる食文化が残っているって事が、どれほど凄いことか、・・・分かります?砥部なんて、230円で済ませてます。凄いです。おそるべし、讃岐うどん。

色見本=aliceblue

初音むつな - 02/02/14 23:31:38

コメント:
<ちなみに先日来初音が探索に出かけてました国会図書館では、5月5日の国際子ども図書館(上野)の開館に向けて、子ども向け雑誌(含むマンガ雑誌)および子ども向け書籍(ゲームブックなども含む)は見ることができない状態になっています。というわけで、残念ながらやる気はあっても「中一コース」の調査ができないのです。悲しい(;−;)

初音むつな - 02/02/14 22:44:47
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<砥部さん、ラーゼ設定集、出るんじゃないかなあ、と希望的観測です(^^;)いや、一応業界では話題性があるみたいなので(各アニメ誌で巻頭特集組もうって話ですから、そりゃあもう)・・・。そして出るなら、山田画がばんばん掲載されているに違いないと思われるので・・・(^^;)アニメージュ系で出ると、立派なものができそうですが、さてはてどうなりますやら。<3週も続けて見てると、だんだんはまってきたみたいです。ラーゼフォン(^^;)<え?ソフトバンクか中央公論に脅しを?いや、そんな恩を売れるほど大層なコトはしてないので、それはムリかと(^^;)

<菜露さま、未確認作品、残りわずか??え?いや、そんなことはないと思いますが、たぶん(^^;)<しかし、菜露さんのところでわからないとなると、なかなか探索が困難っぽいですねえ・・・うーむ・・・ほんとに中一コースなのかなあ・・・?(^^;)

<「あれは「紅色」じゃなくて「おぼろ」じゃないかしら?まあどっちでもいいんだけど。おにゅうなイラストが見れたから」と謎の科白を残しつつ、それでは(^^;)

砥部粧 - 02/02/13 23:56:15
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。
>「バーズ」、ですよねぇ。本屋行ったのに忘れてました・・・。まずい。鬼王丸、まだいたんだ。前回は確か純友が人魚獲るとか言うお話でしたっけ?付いてきてるのは、最早ファンのみ?コミックスで通しで読めば、納得の出来栄え、なんでしょうね、多分。
>「ゲームギャザ」。・・・細かいっ!もぉ、片時も山田を見逃しませんね。砥部、すかすかです。
>矢張り。予想通りのお答え。ま、気が向いたらお声を掛けてください、いつでも委譲いたします。
>「ラーゼ」、設定集、どこからかお話あったんですか?設定集って、余程のものぢゃないと出ない気がしますが。最近、「犬夜叉」が出てましたが。しかも、ラーゼの場合、設定画ではなく、欲しいのは原画ですよね。ソフトバンクさんを脅しましょう。いや、初音さんなら恩を売れます。中公新社さんでもいいや。
>「GQ Japan」ですか。平成7年。菜露様、記憶無し。情報、有難う御座います。鋭意捜索。

山田邦博様、はじめましていらっしゃいませ。
>いつもお世話になっております。
>駄目ですか・・・。括弧して、「御本人は否定。ガクト似?」ってのはどぉですかね。
ご意向は承りました。尊重致します故、ご安心ください。
>今度、文化センター建ちますねぇ。元はなんだったかお伺いしたら(HPの担当のヒトんに)、魚市場だったそうです。あんな所にそんな大スペースがあったとは、2年通ってて知りませんでした。漫画館ツアー組んで、そのまま高知オフ会ってのも、いいかもしれません。花粉、盛大に飛んでますねぇ、その時期。行くって言っちゃったしなぁ。

菜露様、2度いらっしゃいませ。
>ガクトとTK・・・格好いい兄弟です。
>京都、日程決まったら教えてください。参加するかどうか、それから決めます。
恐らく、参加者は今から増えると思います。大体、連絡方法が曖昧です。「掲示板に書いて」は乱暴です。連絡係だけでも決めた方が良いと思います。前回、あんだけ集まったんですから。2〜3人って、marinさんと柘榴さんでもう2人ぢゃないですかっ。
>XP、猛威を振るってますねぇ。大容量なのに、マシン、重くなるほど色々入ってますか。
>先生、お風邪でしたか。TVの仕事でやたら移動したのが良くないんでしょうね。お大事に。パーマ、直しに行かないんすか?暇無し?

砥部こめ。
>公式、少し進化。
>食玩「松本零士」、第3弾まで出るとか。とりあえず、香川はコンビニと、何故かLoftに置いてあります。300円で中身不明。フルタさん、あんまりです。
>今日はかに三昧。ケーキも久々にホールで買った。

色見本=darkolivegreen

はまだ - 02/02/13 23:34:37
電子メールアドレス:byi15567@nifty.ne.jp

コメント:
砥部粧さま、菜露さま> m(__)m
BR2、ちゃんとプレイできてます。音楽は鳴りませんが。他のソフトでは鳴るので相性がちょっと悪いようです。
買ったのはPC98が下火になって対応ソフトが投げ売りされた頃です(^^;。
当時もってたハードは白黒液晶のノートたっだので、まともにプレイできるのは私もこれが最初の状態です。
あくまで箱絵目的でしたが、買ったからには元を取らないと(^^;。

PS。この手のゲームをやりなれてないせいか、経験値がなかなか上がりません。ふー


菜露 - 02/02/13 11:23:06

コメント:
>昨日から今朝にかけて、パソコンの大掃除をしたので、少し軽くなりました。 いつの間にか<京都オフ会>になった割には、少人数(2,3人 笑;)なので、日時繰り合わせは直接メールしますネ。

柘榴様>風邪ひいてる人多いですね。 山田センセも昨日から風邪です。 直ったと思っても、うがい手洗いはまめにした方が良いみたいですヨ。 『砂の惑星』のカイル君、戴冠式のシーンには、流石はシェークスピア劇やってた人だわ〜と、思ったですよ。(ロミオ役で有名に)

初音様>メール有難うございます!...って、ココで言う事じゃないんだけど; コンセプトデザインは、コンセプチュアルデザインの間違いですかねぇ?総合美術アドバイザーって事?22日に監督との打ち合わせがあるので、そこではっきりするでしょう。今のところ、そんな仕事はやってません。ただ、メインキャラクターデザインのはずが、<おけ>とか<あばら家>って発注も来るので、現場の都合上そうなったのかも知れません。 トレカについては砥部さんの仰るとおりです。今後しばらくトレカはやりません。 それと未確認作品、残りわずかと言う事で、本当にご苦労様出す。 初音博士に判らないものが、菜露ごときに判るはずがありましょうや!(オイ、オイ;)

砥部様>誤字、Mmarinがmarlinになったのは、XP君の親切設計の賜物です; 綴りの間違いを直してくれる機能を、切ってやりました! パーマ、ショボイままです;

てんてん様>著者近影ですか...昔の写真でよければ。(笑) イラストとかを載せれば?って事ですよね。 時期的に掲載可能なイラスト、考慮中です。 風邪大丈夫?私も花粉症なの;辛いわこれからが; 『リバーランスルーイット』こっちの誤字はXP君も直せなかったみたいです;(笑) ブラッドベリイは、一冊読むと全部読んじゃいますよ。『10月はたそがれの国』が入り易いんじゃないかなぁ。 私は「苺色の窓」とか、地球最後の日にキャベツ畑で淡々と暮らす老夫婦の話とか、色々好きな話があります。 東京オフ会、私も母親と猫の世話に阻まれてます; お互いがんばりましょう!

菜露 - 02/02/13 10:02:31

コメント:
>ども!菜露です。 お兄ちゃんから<異議申し立て>メールが来ました。(^o^) 松本兄に似ているの件、ひょうきんな部分をちょっとクローズアップしてみただけで、実物はもっとずっとカッコイイんですヨ! シブイ系の武闘派ってカンジです。 異議申し立て方が、「ちょっとガクト入ってる♪」と言ったら、これも却下されました; どうも天然キャラと言われるのが『兄弟揃って』イヤみたいです。(笑) おちゃめ妹のすることだから、笑って許してくれるはず! もう、掲示板でネタにしないからネ☆ ゴメンネ、おにいちゃん。(^o^)

山田 邦博 - 02/02/13 09:28:42

コメント:
山田兄です。多分最初で最後の書き込みです。でも ずっと見てますから。 用件は、お願いですから私の事を『ダウンタウンの松 本似』ってプロフィールに書かないで下さいってこと です。どうかよろしくお願いします。ではみなさん、 RYOさんのHPやMLでお会いしましょう。

初音むつな - 02/02/13 00:30:19

コメント:
あ、書き忘れ(^^;)<てんてんさん、そこが買い控えどころです!「ラーゼフォン」はきっと設定集が出ますから、「アニメージュ」は店頭確認するだけにしときましょう!でないと、きっと泥沼にはまります(^^;)<砥部さん、初音も「カスタムコミック」は初期の平綴じのものをずっと捜していました。あれ、ナゼか古いものの方がよく残ってるんですよねえ・・・そしてやたら高く売られていたりするんですが(^^;)よかった、片っ端から手を出したりしなくて(^^;)

<そういえば、ちょっと前に「GQJapan」の山田風太郎特集号(平成7年3月号)に山田センセのイラストが載ってるだの載ってないだのという情報を流しましたが、結局載ってたようです(すいません、ややこしくて(^^;))。カラーイラストのはず。現在鋭意捜索中です(^^;)

初音むつな - 02/02/13 00:10:15
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
まいど、速報屋です(^^;)<発売日通り発売の地域では、「バーズ」の3月号が出ましたね。「BofE」第42話、ちゃんと載ってます(^^)/なんか久しぶりに、鬼王丸せんしゅの姿を本編で見た気がします。元気そうでよかったです。

<トレカ・・・そうか、確かにあれは「天使」ですね。抽選で当たる「スターターパック」の「2枚」って、「傭兵騎士団」が2枚ってコトですか。むむ(^^;)<というわけで、TCG専門誌(あるんですよ。そーいうのが)の「ゲームギャザ」今月号(2002年3月号)を見ますと、ちゃんと載ってました「スターズ・オブ・ヘブン」のコーナーに「傭兵騎士団」が。ちっちゃくですけど(^^;)絵柄の確認がてら、ちらっとご覧になってはいかがでしょう?

<てんてんさん。え?自分でサイトを?私が?うーん・・・でも、掲示板に書いた情報も、流れて消えていっちゃうわけじゃなくて全部残ってますしねえ・・・(^^;)あのー、気楽なんですよ、かなり。ただ情報を出してくだけでいいっていうのは(^^;)ほら、情報出すだけ出して、楽隠居っていうのが目標ですから私は。わはは(^^;)

<砥部さん、そういうわけで私は楽させてもらいますので、頑張ってくださいね(^^;)<あ、それと、実は私は今の掲示板は背景が白くて何色選んでも無難なのでいいなあ、とか思ってたんですよ・・・(^^;)というわけで昨日のは猩々丸さんに煽られたからじゃなくて、単純にヒマがあったのと、宿題ができあがったからアップしただけでした(^^;)<なんだかんだ言って、ここの掲示板ってかなりムチャができて私にはやりやすいんですよねえ。うーむ・・・やはり最初に出会った掲示板がここだったというのが、そもそも問題だったのか・・・??(^^;)<といったところで、それでは(^^)/

砥部粧 - 02/02/12 19:01:08
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、いらっしゃいませ。
>見づらいと言えば、最初から色設定でイっちゃってるんですから、全然問題ありません。それよりも、書くの大変だろうなぁと。文書くのみならず、タグも付けてる訳でしょう?ご苦労様です。
>82年・・・そ言えばそですね。いやぁ、80、81で必死に探してました。なので新し目。
>天使と騎士・・・初音さん、ヘブンは傭兵1枚です。天使はすでに入手済でしょ。砥部は捜索中ですが。
>猩々丸さんのコメントは「長文かまして早めにこのページ終らせちゃいましょう」とか言うヤツです。夫妻がコレクターなのは、すでに判ってますって。
>コンセプトデザイナーってのは「公式」みたいです。「アニメージュ」にも載ってました。異様に情けない表紙で、レジで哀愁を帯びてしまいました。なんか、もう少し硬派だと思ってましたけど、「アニメージュ」。
>幻想円舞曲ですか・・・。仮題で良かった。松本零士ぢゃないんだから。でも、仮題集めてみるのも楽しいかもしれませんね。と言っても他はあんま面白いのは無かったですね、確か。

てんてんさん、いらっしゃいませ。
>著者近影・・・こんなこと言ってますけどぉ、菜露様ぁぁ。依然パーマ失敗の痕跡を留めたままですよね、先生。ぁあ、そのまま誕生日迎えてしまったんですかね。ふっ。
>げ。初音さんを唆さないで下さいよぉ。まぁ、御本人にその気があれば、ここを委譲しても、砥部は構わないんですけどねぇ。多分断ると思います。でしょ?
>砥部は山田ネタ以外は全て切る−で。問題は矢張り、DVDですね。30分であの値段ってことは・・・ぁぁ。
>京都オフ、是非。お子さん、連れて来ちゃえば問題無いんじゃないでしょうか。次って、いつあることやら判りません。前回が2年半前ですから。

砥部こめ。
>「アニメージュ」げっと。設定画ではないんですねぇ。所謂、キャラクター原案ですね。設定イラストの方は、どれが山田絵なのか、判別が・・・。未熟。
ぺらぺらと捲ってると、遂に、あんまり見たくなっかた12のセル画が。・・・ひどいですね。本編大分見たくなくなりました。スタジオぴえろ、高田先生の絵は、もちょっと忠実に起こしてた記憶が・・・。アニメーターに恵まれない山田章博。駄目出さんか、監督さんよぉ(柄悪くなってます)。きぃぃぃ。

色見本=indigo

てんてん - 02/02/12 12:45:51

コメント:
山田センセお誕生日だったんですか。公式サイトオープンも、あわせておめでとうございます。でもさあ。著者近影くらい付けない?
>私、風邪ひーてます。これが直ると私も花粉症に突入でしょう。花粉症を煩っておりますと、「あ〜、こうやって人間は自然によって淘汰されていくのかもしれんなあ」と思ってしまいますね〜。

>初音さん、いつもながらすごいなあ。サイト立ち上げればいいのに。掲示板で流れ行くままに埋もれてしまうのは勿体無い気がしますけど。

>砥部様。
うふふ。ちょっと『恨み』入ってましたか?でもね。前言撤回いたします。これに関しては男も女も関係無いですわね。私の友だちで(主婦・2児あり)マンションの一室全てシルバニアンファミリ−部屋になっているそうな。すごいわ〜。それに、私自身もこの掲示板に来るようになってからずいぶん壊れてきましたし。10年前に仕事ネタ以外の雑誌購入は全てやめ、マンガは単行本のみ、文芸書は図書館利用という私のポリシーが、ここに来てもうグラグラです。ほら、もう『アニメージュ』が気になってる。お金無いってのに。
>マークハミルは美しくない。(爆)

>菜露様。ブラッドベリってそうなんですか。結構タイトル見ると読みたいと思うんですが、未だに読んでないのです。脂ぎっしゅというのは意外です。お勧め作はありますか?
>”リバーランド”ではなく”リバーラン”ですぞ。リバーランドだと河の国の王子様とかが出てくるおとぎ話のような雰囲気がありますね。(笑)あの映画で初めてブラピを見て、ホントにレッドフォードの息子かと思いましたですね。割にだらだらした感じでしたが河は素晴らしく美しかったなあ。
>『ジェヴォーダン...』先生見にいかれるんですか。嬉しいな。やっぱり見に行こうかな。「ネイティブアメリカンがカンフー云々...」発言。>出た!山田章博を読みとくキーワード。>先住民族![ex:ケルト.アボリジニ](笑)

>カイル意外に人気ありますね。でも、独特の雰囲気があるので、彼を使えるのはデビッド・リンチくらいなんでしょうか。
>猩々丸様、『ツインピークス』ではおじさんでしたか(^o^)?私はツインピークスのカイルが一番好きでしたが。『ブルーベルベット』はなんでだか途中までしか見ていないのでなんとも言えません。ただ、「お、今耳拾ったで。耳」というのが印象的でした。(そんだけか?)デビッド・リンチつながりで『オン・ジ・エアー』はご覧になりました?ツインピークスに出てた人がいっぱい出てくるコメディ。面白いけどやっぱり何となく変。

>京都オフ。行きたいなあ。でも、今の状況を考えると。。。金銭的には行けないこともないけど、子どもをどうするか、ジジババからの反発は必至だろうなあと思うと憂鬱。春以降なら下の子も保育園に入るし、私ももう少し稼げると思うので次回に持ち越そうかな。

初音むつな - 02/02/12 01:03:03
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<初音です。「歌草子」情報、空白が大きすぎて微妙に見づらいですよね。かなり反省中です。毎度毎度すいません(^^;)<ところで砥部さん、82年って、20年前で山田センセはデビュー2年目のハズなんですが、新し目ですか??(^^;)
<新トレカ「スターズ・オブ・ヘブン」、もしかしてと思ってましたが、やはりこれでしたか。確か菜露さん情報では「天使」と「騎士」の2枚でしたよね?ということは体験版がもらえても、全部は手に入らないってコトですね。むむ。
<猩々丸さんのコメント???あ、話題の「男は何故雑誌をため込むのか?」ってやつですか?(^^;)ウチは夫婦そろって雑誌でもなんでもため込んでいるので、あんまり参考にはならないかなあ・・・そろそろ処分を、とか言っててもう半年です。どちらも「積み上がったモノに囲まれている暮らし」が好きなので、まあ片付かないのも道理なんですが、床が抜けるとあとが面倒なので、早めに対処したいですねえ(^^;)

<ちなみにアニメ版「十二国記」、ニュータイプ誌では山田センセの役割が「コンセプトデザイナー」という聞き慣れない呼称になってるんですけど・・・なんでしょうか、これ?「スーパーバイザー」なみに、何をするんだかわからない呼称なんですが(^^;)うーむ・・・「キャラ」も「世界観」もってことで「コンセプト」?

<あと超プチネタですが、1983年3月発売の「幻想文学」第3号の裏表紙の見返し(表3)青心社の広告に、山田センセの83年7月発売予定の新刊告知として「幻想円舞曲(仮題)」というのが掲載されています。しかしこれは「星界物語」のコトですので、「え?山田センセのこんな幻の単行本が!?」と動揺しないようにしましょう。しないって誰も・・・・(^^;)<では(^^;)

砥部粧 - 02/02/11 23:53:42
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
猩々丸さん、いらっしゃいませ。
>「ブルベ」、そぉですね。柘榴さんもおっしゃってますけど、これもツインピと同じD・リンチ。一時期この監督好きかもと、勘違いして色々見ましたが、あまりフィットしませんでした。の中で、ブルベは非常に一般向けです。勿論、相当妖しいですけど。綺麗です。
>掲示板配色、凄く不評のようですねぇ。まぁ確かに。初音さんの活躍でマジで短命に終りそうです。

Junさん、いらっしゃいませ。
>アニメ情報誌の情報、有難う御座います。待ちに待った設定画集っぽいやつですね。明日買いに行こ。どうせ、入荷は明日です。
>ぉお、公式の連絡は取れない筈なのに・・・・。泳ぐんですね。そぉかぁ、詠んじゃ駄目だ。有難う御座います。色々チェックしてやってください、みんなの公式です(無責任)。リンク集は、正直言って空ろになりました。結構面倒。

初音むつなさん、3度いらっしゃいませ。
>やりましたね。久々ですね。猩々丸さんのコメントを受けての発動なら、もう一報告欲しいところです。
にしても、歌草子って連載だったんですねぇ。こんなに新し目だったとは・・・。
まんが展、お調べになってたんですねぇ。凄いです。博士というより、追っかけ隊「隊長」ってかんじです。凄すぎて放心しますよ、本当。ご苦労様でした。
>あ。ついに実現ですか。新婚1年以内に実現するとは、ちょっと意外でした。6月ですかぁ。・・・って、行くのか?行きたくはあります。

菜露様、2度いらっしゃいませ。
>お兄ぃさん松ちゃん似ですかぁ。プロフィールに書き加えときます。
>ご本人に成り代わって、言っておきますが、「marin」さんです。marlinさんだと、まんま魔女です。気をつけませう。
marinさん、パソ、この際。XPに買いかえませう。
「ジェヴォーダン」ですかぁ。砥部も少し心惹かれました。よりね、「ターンAガンダム」見たいんですが、いまだにTVを見てないので云々・・・。

柘榴さん、いらっしゃいませ。
>快気祝い。
>魔女でしょ?
>京都も初音邸もですか。marinさんから菜露様への電話も、メールできないからその件でしょうね。前回より更にハイパーなメンバーになりそうですねぇ。

砥部こめ。
>公式にアップされましたが、新柄トレカ、無料ゲットのチャンスは14日までですので、まだの方は急ぎ「公式」へ!但し、抽選ですが。更に言っとくと、公式で貰えるわけぢゃなくて、そこから余所へ飛びます。
>昨日、即答で京都オフ会不参加を表明致しましたが、撤回します。土曜日なら、取り敢えず、お伺いできると思います。バスで行きます。気晴らしは大切です。

色見本=mediumpurple

柘榴 - 02/02/11 15:49:21

コメント:
熱が下がりました。風邪とインフルエンザの違いを初めて認識しました。
■砥部さま
魔女って・・・でも、マリンさんのことずっとマーリンさんだと勘違いしてました・・・それじゃ本当に魔法使いですね。ふふふ。
■猩々丸さま、菜露さま
カイル・マクラクランかっこいいですよね。砂の惑星(こういうダサいSF好き。キンザザとか・・・)で始めてみたとき、牛若丸の頃の志垣太郎(古すぎ)のイメージでした。ブルー・ベルベットはD・リンチらしい美しい作品だとは思いますが、あまり記憶に残っていません。わたしはあまりアメリカ映画は観ないのですが、カイルなら観ちゃいますね。

最近の映画は『アメリ』が異常に面白かったです。ハマリました。
京都(帰省も兼ねて)のオフ会も、初音博士宅訪問も行きますよー。

菜露 - 02/02/11 14:16:10

コメント:
すいません。書いてる途中で買い物行きました;のでニアミス;

JUN様>有難うございます。 本ネタけっこう参考にさせてもらってます。 感謝!

初音様>流石、大先生ダワ! 編集者までお世話になっております。謝謝。 6月オフ会、スゴソウデスね!

菜露 - 02/02/11 14:04:03

コメント:
>誕生日を祝ってくださった皆様、どうも有り難う!今年の誕生日は、メールちょうだい♪ と言ったら、弟思いのお兄ちゃんから、鯛がバンザイしている携帯用壁紙が送られてきました。(笑) お兄ちゃんは、ダウンタウンの松本の兄ちゃんに、声も容姿も性格も似います。 松本の兄ちゃんは『かぐや姫』を熱唱してくれますが、ウチのお兄ちゃんは『ビーチボーイズ』を演奏してくれます。 お兄ちゃんありがとう!

はまだ様>「ブラックレインボウ2」プレイ出来ましたか? ウチにも在るんだけど、機種の関係で出来なかったので。 また経過を教えてください。

猩々丸様>遺伝的コレクター気質? 知り合いに骨董趣味の方が居るのですが、わざわざ古美術オークションで手に入れた『エジソンのラジオ』が、大ゴミの日に家の前に出されていました; 奥様の仕業だったみたいですが、危ないので博物館に寄贈されました; 昨日も玄関に、いかにも古い蓄音機があったので、あぶないなぁ...と、思っています。(笑)
『黒後家蜘蛛の会』15年前かぁ〜、超ビンボー時代ですワ。 山田先生、月収4万円なかったですし; ガス止まってるのに「竹やぶ付きの豪邸に住んでいる、金持ちのおぼっちゃん」説が流布しておりました。(笑)
 暇が出来たら会いましょう。 会員権が勿体無いからカキコしたけど(-.-;)普段は低予算ダゼ; 節約、節約!

>『ブルーベルベット』はお勧めだヨ。 妖しさがコンパクトに纏ってて、『ベニスに死す』とか『リバーランドスルーイット』みたいに、監督と役者の関りについて(代表作と言っていいのかはわからないけど;) 全作品を見なくても、これ一本観とけばいい的小品だと思うわ。

Marlin様もパソコンが壊れているとのこと(お電話有難う!)お悔やみ申し上げます。 恵那様も、早く文字化け直るといいね。

てんてん様>『ジェヴォーダンの獣』山田センセ、「ネイティブアメリカンがカンフーを使うらしい♪ 絶対観る!!」そうです。(笑)  

初音むつな - 02/02/11 13:52:01
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<Junさんから報告のあった、アニメージュの別冊付録。後半、山田センセだらけでなかなかお買い得です。よしよし、こうでなくっちゃ(^^)

<えーっと、そうだ。菜露さんに対抗してじゃないんですが、これも懸案になったままの「初音さんちオフ会」、今年の6月の土日どっかなら、なんとかなるんじゃないかという方向で考えてます。まだちょっと先なんですけど、参加したい方はスケジュールあけといてくださいね(^^;)

初音むつな - 02/02/11 13:40:14
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<もうひとつ長いこと宿題(^^;)になっていた、通称「日本マンガ展」についてなんですが、このマンガ展を監修された夏目房之介さんの「マンガ世界戦略〜カモネギ化するかマンガ産業」(小学館刊)という本の第7章に、この展覧会の開催までの様子が詳しく述べられています。詳細はそちらを読んでいただければと思いますが、この展覧会には山田センセの「おぼろ探偵帳・第1話」が出展されています。これは、パリの日本文化会館が「パリ」と「ロッテルダム」での開催を企画した「欧州マンガ展」用に、日本側の主催者(外務省の外郭団体「国際交流基金」)からの要請で企画に関わった夏目さんがセレクトした作品の中に「おぼろ」が含まれていた、というのが、そもそもの経緯だったようです。

<実際の出展に関しては、夏目さんの「印刷されたものが漫画のオリジナルのカタチ」という理念にもとづいて、「原画」ではなく「複製コピー」が「本を読むように読めるカタチ」で展示されていて、そんなわけで展覧会が開かれている間に「おぼろ」の新装版が出版できたわけです。ちなみにこの展示の方法については、下のいしかわじゅん先生のHPで見る事ができます。日本語のネームも生かすため、見開きの左右に翻訳文を載せる、というカタチになってます。
http://www2.justnet.ne.jp/~j-i/travel.html

<展示会は「パリ」で「MANGA展」として1999年10月に開催された後、「ロッテルダム」で開催され、その後好評につき現地で引き合いがあり、予定を変更して巡回展としてヨーロッパ各地を巡るというコトになり、「現代日本短編マンガ展」として各地で開催された模様です。 <初音がこれまでに把握したのは以下のような日程です。なんか時々だぶってるんですが、とりあえずネットで拾えたのはこんなところです(^^;)ちなみにパリとロッテルダムの日程等に関しては、捜した限りでは「破弧」の情報がいちばん詳しかったという、なかなかやれやれな事態に陥りました(^^;)

1999年10月12日〜12月22日
フランス「パリ」
国際交流基金パリ日本文化会館
『現代日本マンガ展(MANGA展)』

2000年1月〜3月
オランダ「ロッテルダム」
ロッテルダムクンストホル
『現代日本マンガ展(MANGA展)』

以下、ヨーロッパ5ヶ国(?)『現代日本短編マンガ展』として・・・

2000年9月8日〜10月22日
ドイツ「ケルン(ノルトライン−ヴェストファーレン州 )」
日本文化会館
『漫画―日本コミックの世界』

2001年1月25日〜1月28日
フランス「アングレーム」
PLACE DES HALLES
『アングレーム国際コミックフェスティバル「日本特集」』
http://www.mangazoo.co.jp/jp/press/pressmz00-011.html

2001年3月2日〜4月18日
ドイツ「ミュンヘン(バイエルン州)」
ガスタイク・文化センター(Gasteig Rosenheimerstr)
『バイエルン独日協会創立40周年記念関連行事』
http://www.embjapan.de/muenchen/jp/DJG_40_Liste_gesamt_27_12_1.html

2001年7月5日〜9月16日
ドイツ「ベルリン(ベルリン州)」
ダーレム博物館センター・東アジア美術館(Museum fur Ostasiatische Kunst)
『Manga −Die Welt der japanischen Comics(漫画展 −日本コミックの世界)』
http://members.tripod.co.jp/yasumoto_totori/tvanime/13anime.html
http://www.embjapan.de/nihongo/gyouji2001.htm
http://www.dgok.de/dgok-ausstellung02_manga.html

2001年9月15日〜10月6日
イギリス「サザンプトン」
Millais Gallery
『Manga:Short Comics from Modern Japan』

2001年9月27日〜10月31日(?)
ドイツ「ハレ(ザクセン−アンハルト州)」
製塩美術館(Technischnes Halloren −und Salinemuseum)

2001年11月29日〜1月19日
ドイツ「フランクフルト」
日本語普及センター
http://www.okada.de/jing/moto/moto.htm

※ドイツでは『ドイツにおける日本年 1999−2000』の一環としてほかに「ケムニッツ(ザクセン州)」に巡回?。

2002年1月9日(水)〜2月8日(金)
イギリス「ロンドン」
The London Institute Gallery
チケット:入場無料
※イギリスでは、『Japan2001』の一環として「ダービー」「ブライトン」ほかでも開催 。
http://www.japan-journals.co.uk/010503/holiday/h_p3.html

<展覧会の名称に関しては、開催地によって変わってしまうようで、いわゆる「正式」なものはないようです。はい。つーか、国際交流基金さんの方でイベントスケジュールとか出してないんですかねえ・・・ネット上では見つからなかったので、膨大な時間を費やしてしまいましたが(^^;)<ちなみにこの先、どこで行われるのかもよくわかりません。「○○における日本年」みたいなイベントの一環でやってることが多いんですけど、次はどこでやるのかなあ・・・うーむ・・・<あ、なんか長々と書いてますが、展示されているのはあくまで「おぼろ」の「原画」じゃないですからね。お気をつけください(^^;)


初音むつな - 02/02/11 13:35:49
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<山田センセお誕生日おめでとうございます。1日遅れですが(^^;)<公式サイトスタートもおめでとうございます。砥部さん、RYOさん、SIVAさんお疲れさまでした(^^)/あ、菜露さんも(^^)/京都・・・行きたいですケド・・・年度末なので・・・時間の余裕が・・・むむむ・・・

<さてさて、恵那さんからはるか昔に情報のあった「歌草子」の詳細ですが、だいたいこんなところです・・・
<「歌草子」は、「カスタムコミック(日本文芸社)」誌上で、〈巻末ロマネスク〉として2色カラー4Pで計5回掲載された作品です。扉を除く各ページは、艶っぽい芸妓さん(?)のイラストと、くずし仮名で書かれた「王朝期の歌謡(というふれこみですがこれは都々逸(^^;)?)」を組み合わせるという構成でした。インテリジェンスが不足していますので、イラストの説明が間違ってる(もしくは説明不足)かもしれませんが、まあ勘弁してやってください(^^;)

1982年6月号(no.27)
  定価230円(雑誌コード03701−06)

P1)扉
憂いを帯びた芸妓の横顔のイラスト。
※落款がわりの「山田」の三文判(?)が印象的です。

○編集部のアオリ  恋情はいつも秘めやかに
             そして激しく燃えている
             ・・・驚異の新鋭山田章博
             が王朝期の歌謡を題材に
             流麗なタッチで描く幻想
             と耽美の世界・・・。

P2)
障子に手をかける芸妓の後ろ姿。肩まである艶やかな黒髪。濃色の着物に白い帯。
※P2とP3が見開きで鏡面のようになるような構成です。

◇歌  たまぐさの たまぐさの
      やえの折りめに 砂入れて
      白砂よ しらすなよ 人にはしらすなよ

P3)
障子に手をかける芸妓の後ろ姿。肩まである艶やかな黒髪。白い着物に柄物の帯。

◇歌  しらすなよ
      しらすなよ 人には知らすなよ

P4)
濃色の着物を纏った2人の芸妓の座り姿。

◇歌  恋し小川の鵜の島みれば
      あいをくわえて瀬をのぼる


1982年7月号(no.28)
  定価230円(雑誌コード03701−07)
  1982年5月29日発売

P1)扉
もの言いたげな視線の芸妓の姿。
※落款はこの号から四角いものに変更されています。

P2)
俯きつつこちらへ視線をやる芸妓の顔。髪は後ろで結っている。

◇歌  あめのふる夜は
       まつまい 来まい
      濡れてお肌に
        そわれまい

P3)
おきゃんな風情に髪を揺らすうら若い芸妓の姿を正面から。

◇歌  娘島田に
     蝶々がとまる
     とまるはづだよ
     花ぢゃもの

P4)
襟元を乱したまま煙管を手にする芸妓の姿。遠い視線。

◇歌  うたで
      気をはりょ
      たばこでわすりょ
       とかくたばこは
         わすれぐさ


1982年8月号(no.29)連載「其之参」
  定価230円(雑誌コード03701−08)
  1982年6月29日発売

P1)扉
B5の誌面いっぱいに、芸妓の横顔。
※この号から「其之参」と連載回数が入りました。また山田センセのくずし仮名では達筆すぎて読者がついてこれなかったらしく、この号から各歌に写植もつきました。

P2〜3)見開き
横座りに寝とけた芸妓の姿。背景の襖には、百人一首に収録されている藤原朝忠の歌「あふことの たえてしなくは なかなかに 人をもみをも うらみざらまし 」が書き込まれている。

◇歌  高根の雪は
      朝日に
        とける
       娘島田は
      ねてとける

P4)
蛇の目を手に遠方を見やる芸妓の姿。髪は後ろで結い、羽織を纏っている。

◇歌  さして
      ござれよ
       長柄の傘を
        沖の暗いは
      雨ぢゃもの


1982年9月号(no.30)連載「其之四」
  定価250円(雑誌コード03701−09)
  1982年7月29日発売

P1)扉
丸い手鏡に映る、おしろいをはたく芸妓の姿。

P2〜3)見開き
背景に柳の揺れる橋の上で、欄干に手をかけ遠くを見やる芸妓の後ろ姿。手には朝顔柄の団扇。

◇歌  お月さまのよな
       おなさけ
         ぶかい
      ここで逢へとて
          雪影を

P4)
竹縁でうち沈む芸妓の後ろ姿。手には団扇、天井より風鈴。

◇歌  心ばかりを 通はせおいて
      蝉のぬけがら
           身はここに


1982年10月号(no.31)連載「其之五」
  定価250円(雑誌コード03701−10)
  1982年8月28日発売

P1)扉
扇子の絵柄に、秋の草々と風鈴に手をやる芸妓の腕。

P2〜3)見開き
「松川」ののれんをくぐり出る、身支度を整えた芸妓の姿。

◇歌  来いと
      いはれて
       でてゆく夜半の
     あしの
       かるさよ
         うれしさよ

P4)
恋文をしたためる、凛とした芸妓の座り姿。

◇歌  さまよ
      さまよと 恋い
          こがれても
      末にゃ
       そうやら そわぬやら

<以上5回で、カスタムコミック休刊につき、連載も終了しました。単行本などには未収録となっています。あ、ちなみに「歌草子」収録当時の「カスタムコミック」の判型は、中綴じのB5判でした。結局、初音は国会図書館でしか発見できませんでしたが(^^;)


Jun - 02/02/11 12:35:47
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
『ニュータイプ』『アニメージュ』と発売されていたので見てきました。『ニュータイプ』は表紙がラーゼフォンで中身も巻頭でアニメの話が。山田先生ファンには『アニメージュ』ですな。下で菜露さんが触れている「小冊子」にはキャラクターの設定画が載っていました。はい。

公式ページオープン並びに山田先生お誕生日、おめでとうございます。で、ですね。おめでたい中、茶々入れて申し訳ないのですが、「リンク」に誤字が。『ドイル傑作選』の出版社は「翔泳社」なのですが、報告する場所がわからず、とりあえずこちらに。

>柘榴さん ありがとうございます。漸く本快致しました。 ということで、『怪奇探偵小説名作選 小酒井不木集』読了。実は小酒井さんは殆ど読んでいなかったのですが、雰囲気が良いです。既刊の「怪奇探偵小説傑作選」はどれもオススメです。それではまた。

猩々丸 - 02/02/11 01:18:51
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
1日遅れで山田先生お誕生日おめでと〜&祝公式サイトオープン

主婦の敵&お母さんの敵、散らかし魔でござんす。本人が一番途方に暮れているのですが、困ったもので・・・誰か助けて〜。これ、遺伝してるかもしれないのでご注意を。わが身を振りかえってみたら父がそうで、母方の祖父がそうでした。タラ〜。

うれしいなカイル好き?私はTVでたまたまこの映画を見てはまりました。なんともクセのあるキャラで。ただ、『デューン砂の惑星』(この原作はやたら長い)や『ツインピークス』がやけにオジさんだったのでン〜!ではあるけれど・・・『ブルーベルベット』は見たことないけど面白い?

菜露さま>まあ、デートのお誘い!いま義理チョコ貧乏なんだよ〜。
『黒後家蜘蛛の会』のゲーム。古いよ〜多分15年くらい前。雑誌で見かけただけなので内容は皆目不明、パソコンゲームっだったかと。パソコンはない、ファミコンもない環境下だったので「へ〜推理小説がゲームになるんだ」と思っただけでした。ま、いまだにゲームはやんないけど。誰かの記憶にでも残っていないかしらん?自分で振っておいてなんですが気になりますな。
恵那さん、しばらくご無沙汰ですねえ。元気?

てんてん様>ル・グイン情報ありがとうございます。そうか、そうなのね。家にある本ははたして再版か?本が見つかったら見てみよう。
ハインラインは鷹派〜!気にもせず読んでた私もやっぱ鷹派!?否定しがたい・・・どうしても肌に合わない作家って出てくるんですよね〜。ファンが多そうなので言わないが。

色彩感覚・・・良識の範囲はどこにいった?ちなみに私、色彩感覚つうか配色のセンスはからっきしありません。夏休みのポスターの宿題は悲惨でした。色塗りしてから愕然とすることもしばしば。なんでや〜!って、修復できなくなるまで気付かないアホ。こういうのも訓練である程度はなんとかなるらしいので暖かく見守りましょう。とりあえずこのページは長い書込みでとっとと片付けますか?

砥部粧 - 02/02/10 21:10:37
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
猩々丸さん、2度いらっしゃいませ。
>不治・・・ですか?てんてんさんが、所帯持ったら女性だけ直るって言ってますねぇ。

柘榴さん、2度いらっしゃいませ。
>オフ会ってよりも、魔女の集会?あわわ。混ぜて欲しいですが、如何せん遠いです。

てんてんさん、いらっしゃいませ。
>うーん、なんか、聞いてると、やりたいのに我慢してる、もしくは結婚してから無理矢理断念したように、聞こえますけど。単に羨ましいだけ?
でもね、ある日突然、コレクションを処分なんかしちゃったら、それはそれで何事?って心配しそうです。
>カイル、ツインピークスでは確かに嵌まり役でしたけど、マーク・ハミルと運命は一緒?

菜露様、2度いらっしゃいませ。
>毎日1冊なんかじゃありません。凄い日は3冊も4冊も読むんです。アホですね。
>「コンコンの本」、誰も解答をくれませんけど、ハードカバーのことなんですね。難儀。
>宮部先生と、対談?ではなく、徳間さんの接待ですか?お忙しいそぉですねぇ。
>先生、また歳取りましたね。御愁傷様です。
>京都オフ会、第2弾ですね。砥部はご遠慮させていただきます(呼ばれてねぇよ)。花粉飛んでますって。それ以前に移動出来ない(資金不足)。

砥部こめ。
>「宴」再読了。良かったです。感無量。
>高知市民文化センター、ちょっと楽しみです。

色見本=purple

菜露 - 02/02/10 11:06:52

コメント:
私信です。 柘榴様>デート続きで羨ましいゾ! Marlinちゃん、悪口言ってなかった?(笑) 今月末には時間が空くようになります。 誰かデートしてくれ! <海鮮盛り合わせと黒豚しゃぶ食べ放題3900円>と<近江黒毛和牛しゃぶ食べ放題3800円>と<高級イタ飯...7名様まで、お一人様7500円以上が3500円に>さらに会員様割引いずれも500円! 3月末までです。(^o^;) 現地(京都)集合できる方、ご連絡下さい!

恵那様> パソコン直った? また連絡下さいネ。

柘榴 - 02/02/10 11:04:32

コメント:
山田先生のお誕生日、そして公式HPおめでとうございます。

昨日のmarinさんとの優雅なデート、楽しかったです。(笑) 後半ずっと山田先生の話題でした。2人オフ会? オペラシティは寒すぎて、風邪をひいてしまいました。
咽喉が痛いのでお薬を飲んで寝ます。おやすみなさい。 皆さまも気を付けて下さいねー。

菜露 - 02/02/10 10:31:25

コメント:
 ハッピバースデー ツー ユー♪ 山田章博センセ、お誕生日おめでとぉ! って事で、本日《公式》オープンですね。 コンセプトは【リンク総合窓口】って感じで、シンプルにお願いしました。 BBSはそれぞれのリンク先HPを、そのままご利用下さいネ☆

砥部様>お忙しい中、ご苦労様です! それはそうと、毎日一冊って、どうやったら読めるの? 山田センセも<速読派>だけど、菜露には2or3日に一冊が関の山です; 徹夜しても読み終わらなくて、よく学校の近くのお寺の庭に忍び込んで、隠れて読んでました。 住職の奥さんにお茶貰ったりして(-.-;)

猩々丸様>不治の病...ですか; しかたの無い事なのですねぇ;(途方に暮れる) 『未来の2つの顔』コンコンの本の時、買って読みました。後は安くなってから...と思ってて、読みそびれてます。コンコンの本、高い!(他人のこと言えないんだけど;) 『黒ゴケ蜘蛛の会』のゲーム、知りませんでした! 面白いの??? 山田先生はじめ作家の方々は、アドベンチャーゲームが参考になるとかってお得意の様ですが、菜露は全然ダメです; 「他人の話をちゃんと聞く」とか「探す」とか、DNAの中に無いみたいです; ちなみに私もカイル好き!

てんてん様>もろ「ライディ〜ン!」だったよネ♪ 豪華スタッフの隠しだまを探すのも、このアニメの醍醐味では? 3月号の『アニメージュ』に付録小冊子が付いてて、ドーテムのデザイン画が載ってます。 クリオネにかわいい〜!
タカ派!ウケました。(笑) ラヴクラフトの差別偏見よりマシ? 私が意外だったのは、ブラッドベリーくらいです。脂ぎっしゅヤンキー!

>宮部みゆき先生とお会いしました! ベリーキュートで控えめで、とっても気さくな方でした♪ ちゃんとした方は、偉そうにしないんだなぁ☆と。 こーきゅうーりょーてい(高級料亭)の一番いいお部屋で<焼き蟹>食いました! 至福! サイン貰っちゃった♪ うれぴー!(超ミーハー;) 山田センセ、お誕生日のプレゼントとバレンタイインチョコ頂きました。 宮部先生、徳間書店K女史、誠に有難うございます!

てんてん - 02/02/10 00:35:16

コメント:
夕べ『ラ−ゼフォン/第2楽章』(笑)見ました。(^^;;;;;
あ〜。。。と口を開けているあいだに終わってしまった。(^o^;;;;;
『第3楽章』(笑)の予告を見て「ラ〜イディ〜〜ン!!」と叫んだ人は私だけではあるまい。いいなあこういうの。想像以上に楽しいわ。でも、東京と約3週も開きがあると話がしづらいものがありますね。見られない地区もあるし。。。

>主婦友:菜露様。クリオネ共感していただいて嬉しうございました。誰も共感してくれないのかと思った。
菜露様のネタばれ話はちょっと聞いてみたい気もするけど、やはり問題発言になる可能性あり?製作裏話などは?
>年間100冊読んでいた方にお勧めするなんざ、釈迦に説法とかいうものではないでしょうか。

>砥部様。やっぱり2月は要注意ですね。私も咽が痛くなってきました。
>色彩感覚がマトモだと思うその主観が他の人とずれているかも。
>アンヌ不要。(笑)本郷猛様もさ〜、コスチュームが悪いよね。すごい幅広の襟のダブルのジャケットにベルボトムのピチピチパンツとかだったら買ったかも知れないのに。
>え〜。差別だと思います?でも、女の場合結婚して家事をすることを選んだ場合、どうしても無節操なコレクションは自粛あるいは管理できる程度に縮小せざるを得なくなるんですよ。家ん中収集付かなくなるもん。その点男の人って、結婚しようが子どもが出来ようが無頓着かつ無邪気に趣味に走れる人が少なくないと思うんですけど。どう?今、胸が痛くならなかった?(笑)
>>365冊以上読みましたよ
>って。(^^;ちゃんと勉強はしてたんでしょうね。
>公式ページ明日公開ですね。楽しみにしております。

>猩々丸様。
ここにも主婦の敵が。(笑)
>私は『夏への扉』が余りにも面白くてこれはいけると思って『人形遣い』を読んだんですが、この作品で、ハインラインがとってもタカ派おやじだった事を知って急速に醒めてしまったですね。
>『ヒドゥン』(映画)面白かったですよねえ。安っぽくって。主人公がカイル・マクラクランだと言うだけで私的にはOKでした。
>ル・グィンのお母さんの情報は合っているようですよ。詳しくは下記URLへ。
http://homepage2.nifty.com/hakubai/sf/leguin/
http://www.fsinet.or.jp/~eureka/le_guin/lg_chro.htm

『ジェヴォーダンの獣』って誰か見られた方おられます?
なんか、だんだん長くなってるな。私。


猩々丸 - 02/02/09 23:52:11
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
ああ!『ヤヌスの2つの顔』じゃなくて『未来の2つの顔』でした。訂正のみ。

柘榴 - 02/02/09 10:56:19

コメント:
砥部さま、みなさま、こんにちは。

いろいろ忙しい日が続いておりました。
なんと、本日はmarinどデートします。(笑)

■RYOさま
「ラーゼフォン」ありがとうございます。うれしー。
また、メールしまーす。

■Junさま
風邪、お大事にね。

猩々丸 - 02/02/09 03:33:37
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
週末だわ〜よって湧いてまいりました。

菜露さま&てんてん様>それは不治の病なんです。それも遺伝・環境・性別に関係なく発病してしまうのです。かくいう私もその一人。それも性質が悪くて捨てられないでモノが溜まって、片付けられないという・・・部屋に人は入れられません。コレクションなだけマシと思って暖かく見守ってやってください。
う〜ん、じゃあ今は亡きアシモフはどうじゃ?『私はロボット』はかの有名なロボット3原則だ!『悪徳なんて怖くない』はちょっとエロくてドタバタしてなおかつ面白かった。そういや『黒ゴケ蜘蛛の会』はゲーム化されてた。う〜んと前に。『人形遣い』はハインラインでした?映画『ヒドゥン』の原作のようなストーリーでナメクジのような宇宙人が寄生して悪い事をしていた。それとホーガンも好きだけどこれはそれほど古くもないか?この人の本はぶ厚い文庫なんで、ちょっと腰が引けて手を出さなかったのだけど案外面白いので読んでみて。『ヤヌスの二つの顔』は漫画化されてるけど、私には向かなかった。なんだか昔の記憶を掘り起こしていると無性にまた読みたくならない?
そうそう、人から『イシ』ってノンフィクションを書いた人がル・グインの親だと聞きましたがこの情報は正しいのでしょうか?
ああ、本ネタだけで徘徊する私って・・・なんて時間だ・・・

砥部粧 - 02/02/09 00:32:30
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
てんてんさん、いらっしゃいませ。
>インフルエンザ、猛威を振るってるみたいですねぇ。追い討ちを掛けるように、花粉が・・・・。お大事に。
>色彩感覚はまともです。ただ、色々組み合わせてみたいじゃないですか。管理人の職権乱用です。その内、どこかのタイミングで、なんか統一した方がいいかもしれません。
>食玩ネタ、有難う御座います。実はアンヌ隊員、2つありますので、差し上げてもいいですよ。いらんか・・。しかし、あれ、子供は買いませんよねぇ。完全に大きい子供狙いってのがねぇ。
>え?男?それはちょっと差別的発言ぢゃないですかぁ。貯める人は貯めるんです、女でも男でも。「バーズ」なんて捨てられませんよ。と思ってたら、なすもとさんなんか、要るトコだけ取ってパウチなんかしちゃってるんですから、男でも綺麗に貯めてる見本でしょう。確かに嵩張るのは困る。
>100冊くらいで驚いちゃいけません。でも継続してるから凄いですけど。砥部、中坊ん時、365冊以上読みましたよ、確か2年ん時だったかな。何してたんでしょうね。ちゃんとした文庫本とかです。

Junさん、いらっしゃいませ。
>意外と早い復帰でしたね。
>ま、とにかく、期待しないことです。意外と「まし」だった時に結構嬉しいもんです。ラーゼそだったもん。

菜露様、いらっしゃいませ。
>苦悩は継続中みたいですねぇ。砥部も今日の午前中、メールソフトを求めて、ウロウロした挙げ句、ダウンロードして動かす度にフリーズする電信なんとかや、何故か何度クリックしてもダウンロードが始まらないネスケメール等、数々の苦難を乗り越え回避しつつ、結局3時間以上経過して、キレて辞めました。なぜちゃっちゃと動かないんでしょうねぇ。泣いてます。
>うへぇ、結局どう言うことになってるのか、菜露様の方でもお分かりにならないってことですかぁ。広告出てるけど、山田サイドは知らん−と。ふぁんたって、すでに出来上がってるんですねぇ。そっちの方が矢張り楽しみですねぇ。年内に少なくとも2冊拝める可能性も、無きにしもあらずですね。

砥部こめ。
>公式サイト、10日中の立上です。アドレスは、RYOさんやSIVAさんのサイトで案内してもらいます。
でも、最新情報くらいですから。余り期待しない様に。ま、どちらにしろ、表の情報はあちらに任せることになると思いますので、宜しくご愛顧のほどお願い致します。
こちらは裏に徹します。
>ボロボロのリンクを、近日中に整理します。新しいものも探索中です。

色見本=red

菜露 - 02/02/08 01:44:12

コメント:
メールが二通来る謎は解決したのですが、メール内のネットアドレスをクリックすると、フリーズする新たな謎にハマッテいる菜露です; おかげで今日も、皆勤賞です;

砥部様>お手数をかけて、申し訳ありません; これで兄も見易いと思います!

RYO様>詳しい説明を、有難うございます。 初心者の菜露、勉強になります!

JUN様>試験から解放されて、おめでとう。 こころなしか文章も、落ち着いて見えます。

初音様、皆様>編集担当と私は「ふぁんたすてぃか」を構成しておりました。が、ナチュラルハイな時期はずれの年賀状とともに、「クロスワードマガジン」が届き、背表紙がああなっておりました。 多分、IWAOっちに神の啓示が下ったのかと存じます。(-.-;)

「十二国記」の広報宣伝ブツ、セル画等、一切見ておりません。 こちらに届いているモノを見る限り、美形男子は「守護星様、Love Love!」が入ってる気がします。(セガのゲームをやった人は意味がわかるでしょう;) ねずみ(らくしゅん)は、挿絵そのままだとアニメとして、動かしづら過ぎることが判明。 山田、アニメ向きにデザインし直しましたが、採用されるかは本編を見てのお楽しみ。

てんてん様>主婦友!だわ。 特典は難しいかも;
ハインライン、フレドリックブラウンなんて、懐かしい名前を挙げてくれて有難う。わりと頭の悪い菜露さんは、何も考えずに行動するタイプ。「スペオペ読んで見たら?」と薦められると、本屋さんに「スペオペ下さい!」と元気よく言っちゃえるくらいです;
子供にとって<本>は未知の世界です。学校の先生の言う事は「ぜひとも実行せねば!」と単純に思えるオバカサンにとって<100冊もの本=めくらめっぽう>な訳で、学校の図書館、市立図書館の本を、端から全部読んじゃったので、結局あんまり身につきませんでした; お勧めの本、これからも教えてください。

ちなみに「二度と読まねエ!」と思った本。「フランダースの犬」「路傍の石」(子供や犬が、ひどい目にあって何が嬉しいのか判らなかった)「パンセ」(文章の意味が解らない;)パールバック「大地」(たるいうえに長い!)

Jun - 02/02/07 18:56:58
電子メールアドレス:jaik@excite.co.jp

コメント:
「ラーゼフォン」3話目にしてようやくオープニング見ました。菅野さんの曲好きです。で、今月のホワイトハートの新刊の帯に「十二国記」のアニメのセル画が、という情報を十二国記ML麒麟通信」で流れたので本屋に行ってきました。陽子と景麒が契約を結ぶ1シーン。景麒の横顔が微妙な感じでした。ラーゼフォンより山田先生の雰囲気が抜けているかも、という印象を持ちましたが、まあ何とも言えませんね、はい。後、初音さんが仰っている『すうべにいる』の広告も見に行ったのですが、掲載雑誌を忘れてしまい、いくつか探したのですが、諦めて帰ってしまいました。パズル系の雑誌ってなんであんなに出てるんだろう。今度は覚えてから行こう。

>てんてんさん ありがとうございました。「パーンの竜騎士」から入ることにします。いや、その前に読まないといけない本を片付けないといかんのですが。
>砥部さん いくらなんでも前回の書き込みはもはや「見にくい」とかじゃないです。「見えない」です。はい。で、広告探索は初音さんの方がよく見つけなさるので是非初音さんに。がんばれー、初音さーん。
で、試験終わった途端、気が抜けたせいか風邪をひいてしまいました。ノドにきました。試験結果は来月末までのお楽しみ、ということで。……楽しみじゃないけど。で、古川日出男『13』読了。その後の活躍ぶりを見るとこのデビュー作はまだ荒削りなんですが。でも巧いです。自分的には昨今のエンタテインメント・純文学ではピカイチなんですが、オススメはしにくいです。いやあ、久しぶりに新刊が読めた。それではまた。


てんてん - 02/02/07 16:38:08

コメント:
こんにちは〜。ここ2日程、子どもが熱を出して見に来れませんでした。
>も〜、砥部さんやだ〜。↓あなたの色彩感覚は天性のものと言ってもいいでしょう。(笑)でも、面白いから変えなくていいです。
>本郷猛!私買いそうになってしまったわ。でも、理性の方が勝って、思いとどまりました。アンヌ隊員のもあったねえ。

>菜露様
>>ジャンルを問わず、音楽や本の悪食っぷりったら...主婦の敵!! ゴミの日には常に「捨ててやろう」と、虎視眈々と狙ってるんだけど、ヤツは部屋にカギをかけてやがる
ああ!わ、わかる〜。(><)うちもゴミの山ですもん。男ってやつはどうしてこうもいろいろ溜め込むのが好きなんでしょう。特に雑誌は最悪ですね。いつか捨ててやる。
>>(しかも主観的解釈付き)長時間のコノ至福の時を、代わって頂けるファンの方、募集中です!(T.T)
はいは〜い!立候補。(うそ)でも描き下ろしのイラストがもらえるとかの特典付きなら行く。(爆)
>年間100冊の読書を実行していたんですか?凄いですねえ。月に8〜9冊と言うことは週に2冊以上ですか?(;_;)とてもまねできません。シマックとかクラ−クって古典?(笑)ハインラインならなんとか。あ、フレドリックブラウンには一時期はまってました。活版印刷で新聞作ってる近未来。(笑)『古き良きアメリカ』って感じが好きな方はお勧めだなあ。今の私は児童文学に凝ってます。児童文学のいいところは1日2日で読めてしまうところですね。忙しい主婦にもぴったりさ。

>初音様。私も見たよ。『すうべにいる』の広告。アールデコしてた頃の画集ですね。古い資生堂の広告風、鶴田一郎風、画材もトレペを使ったりマーカーと思えばパステルを使ったり。。。この頃って今程山田章博カラーが確立されてなくて興味の赴くままに描いてらしたような気がしません?今のお仕事も卒が無くて素晴らしいけど、あの頃はもっと自由で、楽し気だったなあと思ってしまいました。懐かしいですよね〜。何となく、隣のお兄さんのスケッチブックを覗かせてもらったようなドキドキ感を思い出します。

砥部粧 - 02/02/07 00:07:07
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
あれ?見にくいですか?これはどぉかなぁぁ?
初音むつなさん、3度いらっしゃいませ。
>ぇぇええ?!判明してたんですか。これこれ。
>え?「ラーゼ」、もぉ、一般人の鑑賞に堪えられる展開になっちゃったんですか。つまんないなぁ。もぉちょっと、訳の分からん状態を引っ張って欲しかったんですが。
>ぇぇええ?!「すうべにぃる」ですか?うーん。そぉ言うお話は聞いたこともありませんでした。先日、日本エディターズさんとは連絡取ったばかりなんですが・・・・。公式HP、大丈夫かなぁ。ふぅ。
>なんか見易くなってるなぁと思ったんです。初音さんの仕業でしたか。白地に蛍光緑、頭痛がしますね、確かに。

柘榴さん、いらっしゃいませ。
>5時間も絵ぇ描いてらしたんですねぇ。立派です。砥部はそんなに集中できません。

はまださん、お久しいらっしゃいませ。
>あ、どぉも、明けまして・・もごもご。
>おかぁさんって、いましたっけ?
>何時の間に、「ブラックレインボウ2」なんて入手されてたんでしたっけ?やるんですか、わざわざ、そんなものまでパソにインストールして。ぁぁ、砥部も新しいパソコン欲しい。
軽量ノート買うのと、デスクトップとモバパソ両方買うの、価格的には同じ位かと。どちらの方が、いいんでしょうか?

菜露様、3度いらっしゃいませ。
>公式ホームページ、まだですからね、菜露様。アドレスも公開してないし、今試験的にアップしてるヤツは、転居しますからね。要注意です。
>ぁぁ、先生と意見が合いましたか。嬉しいです。ムーミン万歳。
>「ラーゼ」広告イラストですか。捜すの、困難を極めそぉですねぇ。
>そ言えば、試験が終ったら立読み王、Junさん、全く姿を現さなくなっちゃいました。現金です。広告捜索、Junさんに任す。
>やはり、「ラーゼ」公式HP、おかしいですよね。なぜ?
>あ、忘れてた。先生に近しい方がお二方とも、ここを覗いていただいてるとは。有難う御座います。見にくい?聞こえねぇな。

RYOさん、3度いらっしゃいませ。
>色々有難う御座います。色設定まで説明していただいて。すみません。
>あと、3日ですねぇ。実は、9、10日と義祖母んとこに泊りに行くことになってまして、正味2日で、10日に帰って来て、アップ−と言う段取りになりそぉです。タイトルも、仮のまま発進しますので、よろしく。

と言うことで、公式ホームページ、謎のまま、アップの日が迫っております。10日はうろうろしてて下さい。
>今日、ミニストに入ると、フルタの「松本零士」が。相変わらず、中身が分からん。エメラルダス欲しいです。
>と共に、仮面ライダー旧シリーズが!戦闘員の2タイプと本郷猛。不要。
>仮面ライダーと言えば、龍騎、見ました。相変わらずのほのぼの路線です。今回も面白そぉです。ミラーマンみたい。ハリケンジャーもなんか気になります、3人ですよ、今回。
>今回、リンク見直しで、新たな山田サイトを発掘しております。その内、公式にはアップできないヤツを、ここにこそっとアップしたいと思います。

色見本=mediumseagreen

初音むつな - 02/02/06 20:31:29

コメント:
あわわわ、久々に色で遊ぼうとおもったら失敗してしまった。ごめんなさーい(^^;)

初音むつな - 02/02/06 20:28:31
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<初音です。いやあ、うっかり見逃してましたが、新刊情報です。<現在発売中(2月1日とか2日とかに発売だったハズ)の「クロスワードDay」および「ナンクロプレゼント」誌(いづれも2002年3月号)の裏表紙に、日本エディターズ「山田章博全集」の新刊告知が!次回復刊は「すうべにいる」。84年当時と同じ予価1500円で、「近日発売」>とのコト。なお日本エディターズのサイトでは、まだ告知はありません。<広告に使われている絵柄は「すうべにいる」44ページのイラストです(あ、これなぜか「Figs」ナンバーが入ってませんね)。久方ぶりに見ると、なかなか新鮮なものがあります(^^;)ぜんぜん印象が古くならないですねえ。一瞬新作かと思いました(^^;)<あれ?そういえば菜露さんが、次回は「ふぁんたすてぃか」と言われてた気も・・・??

RYO - 02/02/06 18:42:50

コメント:
追伸:
もっと手っ取り早い方法は、文字を全部選択してしまう方法です。文字色が反転して読みやすいです。

RYO - 02/02/06 18:40:46

コメント:
ああー、ちょいと見当違いの答えだったのですねーー、すみません〜

配色を変えてしまう方法ですね。
マシンに寄ってなのかはちょっと不明なのですが、とりあえずWinでの方法をば。(ブラウザによってなのかもしれないのでMacでも試してみて下さい)

Netscape
ブラウザの上の方にある[編集]→[設定]を押します。すると設定ウィンドウが開くので、その中(左側に注目)の[表示]カテゴリにある[配色]をクリック
すると右側に配色を設定できるフォームが出てきますのでその中にある
[配色]の「文字列」と「背景」の色をご自分で設定します。(多分黒と灰色が入っていると思います)
その後、その下の「常にこの配色を使用してドギュメントを無視する」にチェックを入れます(レ点が付きます)
これで[OK]ボタンを押せば完了です。

Internet Explorer
ブラウザの上の方にある[ツール]→[インターネットオプション]を押します。
インターネットオプションウィンドウが開くので、その中の[全般]タグを選択します。
下の方に[色]と言うボタンがあるので、それを押します。
左側にある[色]の中に表示されている「Windowsの色を使用する」のチェックを外します。
その後「文字列」と「背景」の色を任意に設定して[OK]ボタンを押せば完了です。

ちなみにこれはNetscape4.7 Internet Explorer5での説明です。
バージョンが違っていても似ていると思うので、試してみて下さい。

それでは。

菜露 - 02/02/06 13:55:27

コメント:
RYO様>有難うございます。 ニアミスってしまいました; ええ!それも知りたかったですし、後、コノページを読みやすい色に変えるのは、WindousとMacでは違いましたよねぇ?(ほら、自信が無い;) お兄ちゃんはMacで、ヒッキーは98です。 よろしくご指導くださりませ;

菜露 - 02/02/06 13:48:16

コメント:
砥部様HP有難うございました。SIVA様、RYO様、初音様、ご協力下さった皆様、有難うございました。 実にキレイなページが出来上がっておりました。 これで皆さん、飛びやすくなったっしょ!

砥部様>機種替えしたところだったので、扉しか登録していませんでした。ゆえにヤフー飛びです; やっぱ「ドリトル先生」ですかねぇ。山田も「ムーミンは、やめとけ」と言ってました; 「ラーゼフォン」の広報宣伝物イラスト依頼は色々来ていますが、どれくらい描けるかは不明。決定したらカキコミます。 「ラーゼフォン」DVD等の予約特典の<箱>は、事前予約者のみですので、お間違えの無いように。
「ラーゼフォン」のページは飛びにくいです。 画面の右側に「ボンズ」という処があるので、そこをクリック。 BBSに登録をするとメールが届きます。 メールの中のアドレスをクリック。 ID=登録した名前 パスワード を入力すると色々見れますデス。

てんてん様>4話までいくヨ。5話から落ち着いて観れるんじゃないかなぁ。 クリオネ...マジするど〜い! ありかも〜ぉ(笑) あんまりネタばらし出来ないんだよねぇ; 私し的に青いヤツは「つばめ」と呼んでいた;佐山さんの力作を!なんてふとどきなのォ; 放送日等は、ラーゼフォン、ボンズ、フジテレビ、各公式HPに掲載されています。
山田センセのプログレ趣味について。 そ〜なの、そ〜なの、ついてけないのぉ〜; プログレなんでもイイらし〜のよォ;? 解ってあげられるのは<なすもと君>くらいじゃないかしら?(笑) ジャンルを問わず、音楽や本の悪食っぷりったら...主婦の敵!! ゴミの日には常に「捨ててやろう」と、虎視眈々と狙ってるんだけど、ヤツは部屋にカギをかけてやがる;チィッ; まぁココの男の方連中は耳の痛い話でありませう(笑) 手に入れた音楽はゼッタイ聴かせる。読んだ本の内容は必ず語る。(しかも主観的解釈付き)長時間のコノ至福の時を、代わって頂けるファンの方、募集中です!(T.T)

猩々丸様>「コロボックル」かぁ〜。いただきます! てんてん様の「キング」もイイですねぇ。 そういえば山田、アボリジニ好きです! 本&関連品、山です; フィールドワークだのファンタジーのルーツだの幻想と怪奇だのは、山田センセの十八番です。 菜露も好きですが「耳にタコ」です; 菜露の好きな本は、シマックの「都市」とかクラークの「地球幼年期の終わり」とか、「猫と狐とアライグマ」とかって可愛いヤツです。 小学校5年の時に「年間で本を100冊読みましょう!」と先生に言われて以来、まじめに20歳まで実行していたわりには、あまり進歩がないようです; 映画は18歳の時に淀川長治さんが「年に300本以上は観ないと」と仰ったのを聞いて、4年間実行しました。 とっても影響され易いタイプです。(笑;) 外国モノよりは日本映画の方が多く観ています。 高倉健、命!

RYO - 02/02/06 13:05:40

コメント:
どもども、RYOです。

柘榴さん>
「ラーゼフォン」もちろんビデオ撮ってますよ〜〜♪
まるまる一本になったらお貸ししますか?それとも第4話が放送される前に見ますか?ふふふ。

菜露さま>
文字を変える暗号と言うのは、掲示板に書き込む時の事ですか?こんな風に?
それならば

<font color="#000000"> 本文 </font>

と、こういう風に書きます。
#000000の所は16進法で指定するか、colornameと言って色の名前で指定するか。です。
ちなみに#000000は黒、colornameなら「black」(英語)です。
16進法の場合、"#RRGGBB"(光の三原色Red Green Blue)を0〜Fの間の数字で指定します。
赤なら"#FF0000" 緑なら"#00FF00" 青なら"#0000FF"
colornameの方が簡単かもしれないですね。
使える色リストはhttp://www.where-i.com/~misasagi/hp/colorlist.htm
ここを見てみて下さい。

って、そもそもこの事に付いての質問じゃなかったらどーしよ(笑)
それでは。


菜露 - 02/02/06 12:06:13

コメント:
お願い>ども!菜露です。 ウチのお兄ちゃんと、山田の絵を時々手伝ってくれるヒッキー(菜露が働いていたテキスタイルデザイン事務所社長〜関西ではトップクラスの絵のウマイ人)が、砥部っちのページの文字を色変えする<あんごう>を教えてくれ!と言ってきたので、菜露は自信がないので、誰かもう一度カキコミして下され; 過去ログ何番にあったか?でもイイです; お願いします!

はまだ - 02/02/05 23:28:27
電子メールアドレス:byi15567@nifty.ne.jp

コメント:
年明け後、初書き込みでございますm(__)m
「ラーゼ」随分もりあがあってるようですが、
お母さんの血が青いのを見たら、自分の指先針でつついて
「おお、俺の血が青かったなんて!」とか
「俺の血が赤いって事は、あの人は母さんじゃなかったのかぁ!」みたいな
展開になるかと思ったんですが、
いや、かまわないんですけどね。

PS. PC-98のエミュレータをdownloadして
「ブラックレインボウ2」プレイしてみてます。


柘榴 - 02/02/05 01:10:43

コメント:
みなさま、こんばんは。
「ラーゼフォン」第3話見逃してしまいました。あーぁ。TVの前に座って楽しみにしていたのに、夢中になって絵を描いていたら、時計の針が13時から18時になっていました。きゃーっ!来週は放送しないみたいなんだけど、ついてゆけるかなぁ・・・?

RYOさま、ビデオ撮ってますか?

初音むつな - 02/02/05 00:40:20
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<28枚目、おめでとうございます。探せの「歌草子」、ごめんなさい。いや、実は判明してるんです。ただ、ちょっとくずし仮名に読めない部分があって、それの読み方を調査中なのです。読めるようになったらすぐアップしますので、しばしお待ちを(^^;)

<さて、昨日は月曜日。というわけで、東京では「ラーゼフォン」第3話が放映されました。感想。第1話でムリにでもこのシチュエーションまで持っていってほしかった・・・前振りが長すぎるんじゃないだろうか・・・うーむ・・・というわけで、今回はおもしろかったですよ(^^)/<作風的にはTV版の最初の「マクロス」の色が見えたりして、初音的にはかなり楽しめました。特に前半はノリもよかったです。この分なら巨大ロボットを使わないままのSFアニメとして、続けてもらっても面白そうな気もしましたが(つまり、ラーゼフォンは邪魔に見える・・・?)、まあそれは言わない事にしておきましょう(って言ってるって(^^;))<第4話の予告を見ると、次回はなかなか絵柄が山田テイスト濃そうです。相方が、特にキャラの目に山田さんの色が濃い、と言ってました。はい。そんでは、また(^^)/

砥部粧 - 02/02/04 15:52:12

コメント:
化け方も凄いし、配色も非常に目に良くないですね。すみません。

私のホームページへ | Hollywoodのページへ | メイン | 今すぐ登録