皆様のお陰を持ちまして、ついに4枚目に突入致しました。 初めての方は、よくおやりになるんですが、自分のコメントが出てないやん! と思ったら、「再読み込み」して下さい。出ます。 HTMLも使えます。何それ?という方は、右クリックして「ソースを見る」で どうやって書いてるか見てみて下さい。勉強にもなります。

初音むつな - 99/03/29 01:26:01
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
ああっ、Junさん。前の書きこみとニアミスだったんですね。山田与糸絵先生=菜露与糸可さんです(^^)もう気づかれたでしょうか?私の持ってる最新の与糸絵先生の作品は98年3月号と4月号のドラゴンマガジン掲載の「水都異聞」という竹河先生の短編のイラストです。その後は・・何しろ章博先生以上に神出鬼没な方ですので(^^)もしかしたらあるのかもしれません。初音は与糸絵先生のファンでもありますので(章博先生より若干クールなところがグーです(^^))、一生懸命さがしていますが、多分コミックの単行本は、出てないですよね?(誰に聞いているのだ(^^))挿絵のお仕事だけでなく、「空想科学冒険活劇・・・」などではコミックも描いていらっしゃいましたよ(^^)<「おぼろ」については、「すうべにいる」とほぼ同じぐらいの厚さというのが正確だと思いますが・・・そうだなあ・・・「色彩王国」の3分の2ぐらいの厚さという感じでしょうか。<別に初音は人が知らない事を知ってるわけじゃないですよ(^^)ぜんぶ、書店や古本屋で手に入れられる(た)情報ばかりです。先生と近しい方を知っているわけでも、編集者に友達がいるわけでもありません。たまたま巡り合わせで「WHAT!」とか「空想科学・・・」が古本屋のサービスコーナーに5冊で100円とかいって置かれている頃に(90年代初頭ですが)集めることができた、というだけです(^^)今から収集される方には本当に同情してしまいます。あの頃100円で売っていた同じ店で平気で1500円とかついちゃってますもんね。やれやれ。あとはさっきも書きましたけど、あけっぴろげで情報を公開することにあんまりためらいがない性格だ、というだけですよ、ほんとに(^^)<長居をいたしました。それでは、また。

初音むつな - 99/03/29 00:57:21
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
まだちょっと緊張しています。再び初音です(^^)とりあえず、今までに何かやばい事を書いてたんじゃないかと怯えていますので(^^)今日は、追加情報他のみで(^^)<まず、問題の「人魚変生」の一件ですが、恵那さんが前から言われているように、確かに「軽装版」というものがかって出版されていた時期がありました。これは「マイコミックス」ではなく「シティコミックス」という廉価版シリーズの一環として東京三世社から出されたもので、私も見かけはしましたが、どうも装丁が気にいらなかったもので買い渋っていたらいつの間にやら店頭から消えていました(^^;)。まあそれはともかく「マイコミックス」版の方の話なのですが、実はこちらに「ハードカバー」版と「ソフトカバー」版の2種類が存在しているのです。つまり「人魚変生」はそういう意味では3タイプあったわけなんですね(^^;)ちなみに初音の所有している「人魚変生」は初版のハード版と90年発行の第6版のソフト版です。どちらも装丁は一緒。ソフト版にも印刷サインが入っています。どのあたりでソフトカバーに切り替わったか、なんてのはもう書誌屋さんの仕事になっちゃうので言及するのはよしましょうね(^^)<さてさてシマリスさん、ものすごいニアミスでしたね(^^)あの時渋谷まんだらけであなたが「カフェド・・」を手に取られた時、うしろにいて友人とバカ話をしていたのは、実は私です(^^)あんまりお顔を思い出せないのでくやしがっておりますが(^^)あの方が「シマリスさん」なら、お名前通りの可愛い方だったのだなあと納得してしまいます(^^)って、こんなところでナンパしてても仕様がないですね(^^)まんだらけのは、実はかなりナイスな価格設定です(「漫画・夢の博物誌」以外は、ですが)「カフェド・・」とか1500円とか平気でつける店もありますからね(^^;)もしお持ちでなければ、即買いに行かれた方がいいでしょう。損はしませんよ(たぶん(^^))。でも、まんだらけは回転早いですから、今買い逃してもそのうちちゃんと入荷するはずですけどね(^^)<猩々丸さん・・・し、「師匠」もできれば返上させていただきたいのですが(^^;)まだまだ私も修行中の身の上ですので(^^)山田ファンのお仲間のひとりという事で、仲良くしてくださいませ。私はちょっとあけっぴろげでおしゃべりが過ぎるだけの人です(^^)<最後になりましたが砥部さん、下の私信に勝手にお名前を使わせていただきました。事後承諾ですいません。許してね(^^)ではでは、またそのうちに。

Jun - 99/03/29 00:09:50

コメント:
おこんばんわぁ。一日あけてのぞいてみれば、いつの間にこんな大量に入っていたんだっ、というぐらい入っていたので非常に驚きました。えーと、『ラス・コン』の件については、もうしばらくお待ち下さい。記憶をさぐっておりますので。何の件についてか分からない方は前回の私のコメントをお読み下さい。しっかし、なんでここの方々は普通知らないようなことを知っていらっしゃるんだろう。初音なつむさんとか、菜露与糸可さんとか、etc……。猩々丸さんはエセファンとおっしゃってましたけど、それをいうなら私は何なんだろう。ファン歴も4年ぐらいですしねぇ。うーむ。まぁ、いいか(苦笑)。そういえば、『おぼろ』ってのはそんなに薄いんですか?具体的な厚さを教えて頂きたいんですが。取り敢えず、探す時の参考に どなたか、教えてください。それから、山田先生の奥様の与糸絵さんは、『太閤』の時に挿絵を描いていらっしゃいましったが、現在はなにをしていらっしゃるんでしょうか ?イラストレイターとかでしょうか。こちらの方も知っている方がいらっしゃいましたら御一報下さい。ではまた。

初音むつな - 99/03/29 00:09:48
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
拝啓、菜露与糸可先生。直々のご解答、本当にありがとうございました。しかし、まさか、まさか奥様から・・・掲示板を見てしばし呆然としてしまいました。<ハルマゲドン・ストーリーについては、たいへんよくわかりました。インディアンの少女とコヨーテの方については「伝説」というタイトルですでに2度世に出ているものだと思われますが、もう一方の後藤由紀子編については・・・平井先生からの公開の許可は下りそうにない、という事ですね。つまりは。<わかりました。仕方ありません。初音は今は想像だけで楽しむことにいたします。初音は山田作品の中で1点だけ持ってあの世へ行けると言われたら、迷わず角川版「地球樹」の5巻を手に取るような後藤由紀子のファンだったりしますので、実は「後藤由紀子と桜」というそのタイトルだけでも、もう満腹状態なものですから(^^)本物など見たら、目が潰れてしまうかもしれません(^^)なので、静かに公開される時が来るのを待っております。いつまででも(ちょっと怖いかな?)<なお前回の書きこみでゴシップ記事のような事をうっかり書いてしまいました。申し訳ありません。以後注意しますので、書きこみに来ていただけないまでも、ファンの果てしない繰り言をまた覗きにいらしてくださいませ(それともいつも見られていたのでしょう(^^;))。砥部粧氏になりかわり、よろしくお願いいたします。<追伸、与糸可先生ご自身の新作も読みたいものです。何か掲載されることなどありましたら、宣伝にいらしてくださいませ。では、今回は完全に私信モードで失礼しました。また後ほど。

猩々丸 - 99/03/28 21:59:50
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
ありがとうございます。おかげさまで私の?は氷解いたしました。あまり寝ぼけたことばかり言っていると、ここの品位を下げてしまいますね。(反省)
ゲロしちゃいますと、私エセファンなんです。経歴は10年弱ぐらいになるのですが、本はきょうだいで共有だし(同じ屋根の下重複して持つのも・・・)、雑誌や本の挿絵は目をつぶって通りすぎるし・・・でもすきなんだよ〜。きりう様、買い揃えるから全20巻途中でくじけず全巻出して下さいまし〜。挿絵とかゲーム関係も充実してくれるとうれしいです。
追伸、初音さま師匠とおよびしたい。

シマリス - 99/03/28 16:00:52
電子メールアドレス:kkitoh@msn.com

コメント:
昨日、渋谷まんだらけにて「カフェ・ド・マキニカリス」をゲットしました。600円でしたよ。他に先生のはBAMBOOと百花庭園、あと「おぽろ探偵帳」の入ってる「夢の博物誌」が500円でした。が、それは買ってません。やっぱり買っておくべきでしょうか。ちょうど私が先生の本を物色してるときに、近くにいた人が「おぽろ探偵帳は今は高いだろうなぁ。」などど会話していたもので。
それにしても、まんだらけは相変わらず濃いところでした。
>砥部粧さん、「たまのみすまる」の件ありがとうございました。初音さんもおっしゃてるとーり大昔の人がすばるに付けた名前なんだそうで、何でも「古事記」の神話に五百津之美須麻流之珠(いおつのみすまるのたま)などど記述されている宝石の名前を星団につけたらしいです。昔の人はいいセンスしてますねぇ。 それでは。

菜露与糸可 - 99/03/28 15:58:29
電子メールアドレス:cbe35350@pop06.odn.ne.jp

コメント:
山田章博ハルマゲドンストーリーについては、8頁で二作品があり、アメリカインディアンの少女とコヨーテの 話と、後藤由起子と桜の話があります。 これらは平井和正先生の許可がないかぎり世にでることはないため、今は山田宅押し入れで眠っています。 単行本にも収録される予定はありません。

恵那 - 99/03/28 13:21:54

コメント:
「人魚變生」はですね、ハードカバー版とソフトカバー版(軽装版)の2種類が存在します。多分、中身は同じと思うんですが。ハードカバーは初版だけ、ではないですよ。ちゃんと重版ありました。どっちかというと軽装版の方が先に見なくなったなあ。 あと、サイン会で売られちゃった作品は「心霊術」モノクロ版ではなかったかと。 marinさーん、あってます?(こんなとこで確かめるなってば、自分)

初音むつな - 99/03/28 06:13:47
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
ああっ、そういえば!<三度、失礼いたします初音です。突然思い出したものですから。<あのですね、96年2月4日に京都で行われた「阪神大震災チャリティーサイン会」に行かれた方、けっこういらっしゃったと思うのですが(実は私もそのひとり(^^)そしてサイン会やってる脇でこっそり「奥様に」花束を渡していたというのはヒミツです(^^))、さてあの時、チャリティーオークション用に用意されていたイラスト原画の一部がオークション前日に「東京からきました」という方に売れてしまったというのは、ご存知ですよね?(その後、先生のご好意でオークション用の原画が増やされたわけですが)で、ですね、その事前に売られてしまったものの中に「コミック原稿」もありましたよね、確か?手元の記録によると、12万円(!)で売れてましたが、あれタイトルなんでしたっけ?確かけっこう初期のやつっぽかったですよね?当時の記憶では単行本で見覚えがあって、メモには「バンブーハウス収録作品?」とか書いてあるんですが、あんまりアテにならないものですから(^^;)<というわけでかなり記憶があいまいなんですが、たいへん心配です。「全集」、元の原稿が足りなくてもちゃんと出るんでしょうか?きりうさ〜ん、そのへんどうなってますかぁ?<ではでは、突然思い出した話でした。またそのうちに。

初音むつな - 99/03/28 05:18:57
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
続けざまですが初音です(^^)ちょっと長くなりすぎる感じがしたので2回に分けてみました(^^)(←こんなに長々掲示板に書きこむやつはいないと友人にまた怒られた(^^;))<まずきりうさん。早速のお返事どうもありがとうございます。やっぱりそうでしたか(^^)本を探す時に以前関係した作家さんとか編集さんが出した本から探るというのも、まあ常套的ですがひとつの手として使ってますので一応確認がとりたかった、とまあそういうわけです(^^)すっきりしました(でもクロスワードの雑誌にカット載せてたりしないでしょうね?知らないうちに(^^)そこまで追跡しきれない(^^;))。初出に関しては、ご容赦します(^^)そのかわりちゃんとした情報を!ぜひ!(^^)<恵那さん、早速買いに走りました。ありがとうございます(^^)ちゃんと手にとったんですが、完全に見逃してました。他にもチェックしている人がいるというのは、心強いものですね(^^)今後もがんばりませう。<砥部さん、私はヒンギスより全盛期のサンチェスの方が好きです。ではなくて(^^)モンコレ「空中庭園」の追加情報ですが、「コミックドラゴンJr」5月号にリスト掲載されました。「グレンデル」の他にもう1枚「生命の泉」を担当されてるようです(じゃあ、2枚だけ?かな)。あと「エンドセクター」のガイド本、私も入手しましたが「ロゴスアトリビュート」の1枚だけ、ということでいいんですよね。カード系はなかなか面倒ですな、しかし。<長らくお騒がせしてましたが、例の「スニーカーシアターvol18」ようやく入手しました(^^)スニーカー文庫「パワードール」はさみ込み。ダークブラウン基調のイラストです。いいなあこれ。ちなみおに割と意味不明な山田センセのコメントつきでした(^^)「末娘はほうき星のように夜の牧場の上を飛ぶ。犬は夢から醒めて鼻を鳴らすし、まあ何て可愛らしい」<確かにほうきに乗った少女がモチーフのイラストですが(^^)それがどうこの文章とつながるのでしょう・・・ご存知の方、お教えください(^^)ちなみにこのイラストのテレカ(K−BOOKSでかつて通販までやってたアレですが)、実は50名さまに進呈だったことがわかりました。じゃあ1万円って実はリーズナブル?(^^)(「パワードール」はまんだらけで200円でしたけどね)<香山滋さんの「月ぞ悪魔」、おとつい買ったんですけど(「ふしぎ文学館」の1冊とは気づかなかった(^^))、砥部さん「帯」ついてました?なんで「帯」にだけ山田センセの推薦文が掲載されているんでしょう(^^;)しかも裏表紙にあたるところに(^^)悪夢のようです。危うく破けそうになってようやく気づきました(^^)やれやれ。<あ、そうそう猩々丸さん、あれは「たまのみすまる」と読むんですよ。プレアデス星団=すばるの別名です(実は天文ファンでもあった初音むつな(^^))。<ではでは今宵はこのあたりで。大ネタを使ってしまいましたが、まだありますのでお待ちくださいませ。小ネタばっかりの様な気もしますが(^^)では。

初音むつな - 99/03/28 04:31:37
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
初音です。よ、横綱・・・?(^^)いやいや、ありがたい称号をいただきましたが、私、ファンクラブが以前あったことなんかここに寄せてもらうまで全然知りませんでしたし、「月ぞ悪魔」とか昨日ようやく買ったぐらいですから(リアルタイムなのは、ロードス、デスタワーの連載あたりからですしね。東京三世社に至っては「夢の博物誌Α廚らという低たらく(^^;))、恵那さんやうづきさんなんかと比べるとまだまだ前頭5枚目ぐらいなのではないかと思われます(^^)というわけで「横綱」は謹んで返上させていただきますね(^^)<でもお褒め(?)をいただいて嬉しかったので、前にお約束した「ハルマゲドン・ストーリー」の断片(ずっと捜索中でしたよね)をご紹介したいと思います。情報ソースは今は亡き徳間書店の「SFアドベンチャー」誌です(ついでなので、「ハルマゲドン・・」以外の情報も入れておきますね)。<まず87年4月号「ウルフランド・レポート」(平井和正御大のコーナーです)にて「山田章博氏、ハルマゲドンを描く!」の見出しで「ハルマゲドン・ストーリー」の速報が掲載されました。角川春樹氏と平井御大の「ハルマゲドン対談」に収録されるという情報とミニインタビュー(山田センセの持つハルマゲドンのイメージについてなど)が収録されています。イラストはなし。<続いて87年5月号の「ウルフランド・レポート」には角川文庫版「真幻魔」のイラストについてのミニインタビュー(キャラクターデザインについてのもの)が掲載されています。「新幻魔」と「星界物語供廚らのイラストの転載あり。<その後しばらく情報が途絶、発売予定日は87年初夏から毎号どんどんずれていきます。<そして88年1月号の「月刊変生倶楽部」(平井御大のコーナーのリニューアル版)にて「地球樹の女神」の速報(奥様の与糸絵先生の速報4コマつき(^^))と同時に「ハルマゲドン・ストーリー」についての追加情報が掲載されました。それによると、山田センセはこの作品に8ヵ月の時間をかけられたそうで内容は「明治、大正、昭和の三代を生きた女性が、孫娘に語る女の一生の物語である。その中に見え隠れする謎の青年がいた・・・」というものだとの事。なお88年2月号の時点では、発売予定は88年2月となっています。<続いて88年3月号には、与糸絵先生による「地球樹の女神」のすごろく(^^)が掲載。ちなみにこれは当時募集された「地球樹」のテストリーダーのみが楽しめるという、とってもいやーんなものだったようです(「地球樹」の「野性時代」掲載開始は88年6月号から)。なお「ハルマゲドン対談」発売は3月に延びています(結局出版されませんでしたが)。<以後「地球樹」が角川「野性時代」での掲載になったため、徳間「SFアドベンチャー」での平井御大コーナーは消滅。「ハルマゲドン対談」ひいては「ハルマゲドン・ストーリー」情報も途絶します。<さて月日は流れ90年4月号、改ざん事件により「地球樹の女神」が「SFアドベンチャー」に移籍。この再開第1回のイラストを山田センセが担当されています(単行本では徳間完全版の第6巻にあたる部分→つまり単行本には未収録)。計17枚。<続いて90年7月号、「地球樹」再開第2回(徳間完全版・第7巻相当)のイラストも山田センセが担当されていました。計13枚。なおこれ以後の「地球樹」のイラストは泉谷あゆみさんにバトンタッチされています(山田センセが「野性時代」でカルナーのイラストをやったからというのは、下司の勘繰りでしょうか(^^;)ちなみに「カルナー」の第1回掲載は90年8月号の「野性時代」でした。まあ今となってはどうでもいい事ですが(^^))。<さてその後「ハルマゲドン・ストーリー」について言及があったのは平井御大の「夜にかかる虹・下巻」(90年7月刊)の「ハルマゲドン幻想ノート」(これがアスペクトの「幻魔大戦」に転載されたみたいですね)においてなのですが、とりあえず「諸般の事情があって刊行が中止された」ということがようやくここで判明したわけです(^^)<というわけで、「ハルマゲドン・ストーリー」についてはこんな断片しかわからないんですが、どういう事情があるにせよ、せっかく山田センセが精魂込められた作品をこのまま幻にしとく手はないですよね(^^)だいたい、一般の読者には目にするチャンスすらなかったというのは、あまりにひどい話です。まさか原稿が紛失しているわけでもないでしょうから、きりうさん、八方手を尽くしてでもこれだけは是非とも「全集」に収録していただけませんか?よろしくお願いします。<という感じでいったんアップします(^^)また後ほど(^^)

猩々丸 - 99/03/28 03:35:40
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
度々こんにちは。     すっかりここにはまり込んでしまいました。ああ、ここはお宝の山です〜。      全然関係ないのですが、掲示板の少し前を見てましたら花粉症の話題が出てましたね。私の生息地も花粉がいっぱい飛びます。赤い車の上に黄色くほこりが積もるんですよ〜(笑)。もう、杉から桧に変わるころなので白いほこりになりますが。                   シマリスさんの最後の疑問に答えている方がいないようでしたが、”たまのびすまる”って読んじゃ間違いですかねえ?                        仮眠を取って起きたらいきなり地震に遭遇してしまった!今日はご忠告にしたがってOFF書きしました(笑)。ありがとうございます。

砥部粧 - 99/03/28 01:09:44
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。>またまたニアミスですね。どうもアクセスタイムがシンクロしてるようです。>「ラスコン」の超ソフトカバーの件、置いちゃいけません。是非詳しく。それは新事実ですから。>「ボートラ」発売告知してるだけで、無謀だと思います。先生は多忙です。「BofE」だって何度か落としたんですから。ま、納得いくまで作り込んでいただければ、ファン冥利に尽きると言うものです。>大全集、画集の巻もあると思いますけど。コミックだけで20巻だと、ペラペラになっちゃいますもの。

色見本=slateblue

砥部粧 - 99/03/28 00:59:53
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
SIVAさん、お久しいらっしゃいませ。>実は砥部も訃報の届くつい2,3日前に出したばかりなので、多少不安に思ってます。

恵那さん、いらっしゃいませ。>おぉっ、ゲーム誌に発表されるまで誰も知らなかったのは、結構珍しいかも。「フロントミッション」って、確かスクエア&天野の黄金タッグシリーズのひとつですよね。ゲーム的には「テラファン」ですが、つらいでしょうねスクエアですから。>情報、有難う御座います。「マーメノイド」捨てないように。クソゲーなら中古落ちが早いというメリットもありますし。

猩々丸さん、2度いらっしゃいませ。>エンターキーを2度押しちゃう−ってことは、即座に停止をクリックすればなんとかなるんじゃないでしょうか。ON書きしてらっしやるとか。一旦回線切って、OFF書きを勤めましょうね。>「おぼ探」ってそんなに薄いんですか。なんかやだなぁ。>「人魚変生」、おめでとうございます。猩々丸さんがお持ちのハードカバーは、初版限定仕様です。多分2刷目からは、普通の大判コミックです。>ワイド判って表記は、実は新書判より大きいものすべてを指しているのですが、分かり難いので、今後ちゃんとサイズを表記していきたいと思っています。はい。

みなさん、折角きりうさんが、大全集に入れて欲しいものを聞いて下さってんですから、なんか一言でも添えましょうね。>挿絵や表紙絵など、もし残存していないものがあれば、我々のコレクションからの提供も惜しみませんので、本当に出す方も買う方も、満足の行くものを作っていただきたいと切に思います。

色見本=tomato

Jun - 99/03/28 00:41:51

コメント:
あれっ?私が持っているのは、ソフトカバーですが。まぁ、確かにハードカバー版も売っていましたけど。中身は一緒だったと思います。そういえば、『ラス・コン』も ソフトカバー版と超ソフトカバー版(?)がありませんでしたっけ。違ったかな。それはさておき(おいちゃいけないかもしれませんが)、先日『RackAce』を見たら 『ボーナス・トラック』の発売日が、4月下旬となっていたんですが(値段は変わらず、1200円)、もっと日付を限定できないもんなんでしょうか?やっぱり、出版社としては、責任がとれないことはしないとか、そういうことなんでしょうか。まぁ、『BofE』の時は非常にくるしみましたが(笑)。それから、やっぱり、全集には『紅色』とか『ボーナス』は入るんですよね?他に何が入るのかも知りたいし、ついでに画集とかも全何巻とかでだしてほしいなぁ、と思う今日この頃。ではまた。

猩々丸 - 99/03/26 23:47:20
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
すいませ〜ん。 またやってしまいました。ついEnterキーを余計に押してしまう・・・・ここを人に教えてきたんだよ。やばい、いじめられてしまう。 初音さま、すばらしい解答ありがとうございます。私には、どのみち答えられませんでした。で、お勉強しようと思って、作品リストのページを印刷したら、すごい量になってしまいました。おおっ! 「おぼろ〜」は、よくイラストや画集といっしょに並んでいて、背表紙も薄いので見つかりにくいかも?前はよく見かけたような記憶が・・・雑誌掲載の「おぼろ〜」をばらして持っている奴を知っています(笑) 「人魚変生(字が出てこない)」ワイド判になっているようですがハードカバーですよね??

猩々丸 - 99/03/26 23:13:55

コメント:
1

恵那 - 99/03/26 14:46:07

コメント:
SIVAさんおっとこ前〜(笑)
スコラの件は、新雑誌が出ないとイマイチ安心できないとこもありますが、なっちゃったモンは仕方ないですね。はー
夏に「フロントミッション サード」が出るそうです。メインキャラデザ山田章博。
詳しくは本屋にGO。「ファミ通」「ファミ通PS」に速報アリ。
あーっ、でも夏って「マーメノイド」もだっけ?「マーメノイド」捨てようかな・・・アニメ、涙出そうだったし
「フロントミッション」シリーズは好きなゲームだあ。嬉しいなぁ。

SIVA - 99/03/26 11:48:27
ホームページアドレス:http://www.ann.hi-ho.ne.jp/siva

コメント:
スコラがややこしいってのに今日の消印有効だからと滑り込みでテレカプレゼント出そうと思ってる私ってチャレンジャーですかね?へっへっへっ。

砥部粧 - 99/03/26 00:33:10
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
えー、風邪で早めに寝た一日が、なんか激動だったみたいで、いない方が盛り上がってるみたいで、ちょっと寂しいです。>恵那さん、いらっしゃいませ。>なんか恵那さんも、激動の日にのんびりしてますね。更新の時はいつも次の日の日付にしています。だいたい日付変更時間での作業が多いもので。今回は早朝だったので、確かに当日でも全然いいですよね。はい。

Junさん、2度いらっしゃいませ。>激動の日の火付け役、よくぞそんな記事を見つけましたね。>森先生との対談、も気になりますが、いまだに「ミステリィ工作室」が見つからない高松も実に不快です。>制作に関わったヒトシリーズの情報交換はどんどんやってください。砥部はあまり興味無いのでノーコメントです。

きりうさん、2度いらっしゃいませ。>流石はその筋の方。貴重な情報をありがとうございます。ま、先生の作品は必ず日の目を見ます。廃刊だろうが、倒産だろうが…あれ?ほんとに偶然?まいいか。>頑張れ、「BIRZ」。>大全集って、全部載せるんじゃないんですか?もぉ、挿絵やら、付録絵やら、お菓子のパッケージやら、全部全部載せて下さい。価格なんていくらでもいいですから、完全予約でどかーんと行きましょう。全20巻、100万!でも買いましょう。それ以上はちょっと勘弁して下さい。

初音むつなさん、3度いらっしゃいませ。>なんかもぉ、女王ヒンギスらくらくグランドスラム−では、ちょっと違うか。横綱、胸を貸す−って感じですか。すごいです。>「おぼ探」の謎、氷解です。>新ネタ、ありがとうございます。一覧とユアコレクションとの照合も大変だとは思いますが、これから後も、ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い致します。>あぁ、「でかい本」。「おぼ探」のことだったのですか。そぉですね。そういえば、以前に聞いたような聞かないような。捜す時、見落としてる可能性大ですね。トホホ。>テレカ、着いてませんけど。やばい気配ですね。

BGM「椎名林檎」4枚連奏、ちょっとやかましいです。深夜なのに。

色見本= rosybrown

Jun - 99/03/25 13:08:13

コメント:
きりうさん、どうもありがとうございました。まぁ、山田先生の漫画が読めるならいいです、スコラが潰れても(スコラの社員のかたには悪いんですが)。あと『しびとの剣』が不安だったんですが。あぁ、良かった。えーと、それでですね、すんげぇマニアックな会話の上で悪いんですが(笑)、森先生と対談なさるというのを、森先生のホームページでみたんですが、どなたかご存知の方は、公的なものなのか私的なものなのか、やるとしたらどんな雑誌やら本なのか、を教えてください。しかし、掲示板を拝見してから本を見てみると確かに岩尾氏がいらっしゃいますねぇ。すごいなぁ。ところで、東京三世社の発行人の山岡総一氏と『魔法使いの弟子』の発行人の山岡総一氏とはやはり同一人物でなんでしょうか。そうだったら、山岡氏は東京三世社から独立して、昔のよしみで本が出たんなぁ、やっぱり。話がかわりまくっててすいません。ではでは。

きりう - 99/03/25 02:45:07

コメント:
うづきさんのご質問への解答です。 −−−−− 「紅色」の広告見たさに「クロスワードDay」買ったんです けど・・・こ、この編集・発行人の「岩尾収蔵」氏というのは、かつて「SFマンガ競作大全集」やら「WHAT!」やら 「少年少女冒険漫画競作大全集」やら「クレッセント」やらを編集していた、あの「スタジオIWAO」の「岩尾収蔵」 氏なのですか? −−−−−            おっしゃるとおりです。岩尾氏は同一人物であります。 初出のミスに関しては、すいませんとしか言いようがありません。言い訳させていただけるなら「紅色」は前の担当の人のお仕事で、僕はまだタッチしていませんでした。今後はミスのないよう努めますのでご容赦ください。    大全集の方も、じわじわと企画を進行しています。『是非これを全集に載せて欲しい!』という作品がありましたらお聞かせください。

初音むつな - 99/03/25 01:32:16
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
おおっと、さすがはうづきさん(^^)なかなかマニアックで燃えますねえ(^^)ご指摘の通り「あの雑誌」は「少年少女SFマンガ競作大全集」というタイトルでした。ところがぎっちょんちょん(死語)もしお持ちなら、よーく背表紙をごらんくださいませ。実はPART16までが「少年少女SFマンガ競作大全集」、PART25までが「SFマンガ競作大全集」、そして最後のPART30までが「SFマンガ大全集」となっているんですねえ(^^)まったく困ったもんですが、そういうわけなので、一応「SFマンガ大全集」に関してはセーフかな、と思われるのですが(^^)はっ、しまった。思わずマニアの血が騒いでムキになってしまいました。すいません。仲良くしてくださいね(^^)<って、「BofE」の一大事にこんなどーでもいいこと書いてる場合なのか・・・?と再び反省の初音でした(^^)ではまた。

うづき - 99/03/25 01:06:29
電子メールアドレス:uzuki@infoweb.ne.jp

コメント:
あと、「少年少女SFマンガ競作大全集」もね。(^^;)
 # 奇想天外社の「SFマンガ競作大全集」のパクリだけど。

初音むつな - 99/03/25 00:56:30
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
初音です。すいません、Junさんときりうさん。重要情報の上に長々と書いてしまって(;;)反省してます。ついでに雑誌名も間違えてました「少年少女冒険漫画・・」ではなく「空想科学大冒険活劇競作大全集」でしたね。すいませんでした。しゅん。

初音むつな - 99/03/25 00:32:15
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
おひさしぶりです。初音です。ええっ、スコラつぶれたんですか?うっわー。いや、おかしいなとは思ったんですよ。BofEの表紙テレカ、今月は異様に早く届いてましたから。なるほどなあ、やっぱメインの雑誌が苦戦してるっぽかったですもんねえ。でも続きが読めるなら一安心。かな?(うーん)<ところで砥部さん、まだ「おぼろ」お持ちじゃなかったんですね。というわけで答えは《「おぼろ探偵帖」の単行本は「すうべにいる」サイズで出ている》ということになります(^^)いや、あれ最初に見た時はびびりましたよ。ホントに(^^)どこの世界に掲載時の倍のサイズで単行本にする出版社がありますか、まったく(^^)<ちなみに「おぼろ」の続きというのは、「コミックダブルX 弖悩椶痢屬ぼろ探偵帖・始末記」の事です。船が嵐に巻き込まれて南洋に行ってしまうというもので(^^)4ページあります。アシヤさんとすでに了解ができているものだと思ってたんですが、よく見るとリストでは「記事」になってますね(^^)あれは文章ではなくコミックなんです。ちなみにそれを受けて「ダブルエックス◆廚粒ぢ吋團鵐淵奪廚描かれたんだ、と初音はずっと解釈してましたが、まあそれはどうだかわかりません(^^)<ところで安心情報ありがとうございますのきりうさん、質問があります。「紅色」の広告見たさに「クロスワードDay」買ったんですけど・・・こ、この編集・発行人の「岩尾収蔵」氏というのは、かつて「SFマンガ競作大全集」やら「WHAT!」やら「少年少女冒険漫画競作大全集」やら「クレッセント」やらを編集していた、あの「スタジオIWAO」の「岩尾収蔵」氏なのですか?だとすると、かつて「東京三世社」で出してた本がなんでいきなり「ペーパーハウス」で出るようになるのか、ようやく腑に落ちた、という感じなのですが(^^)なにしろ古くからのおつきあいですもんね、編集の「岩尾」氏と「山田」センセは(この一連の文章がよくわからない方は、東京三世社刊の単行本の奥付とかを見て考えてくださいませ。バンブーハウスの装丁とかにも「岩尾」氏の名前が出ています)。でもそーだとすると「紅色」の初出のミスは笑ってすませないですよ(^^)(←笑ってますけど(^^))なにせ初出の雑誌出してた張本人が間違った情報流したことになるわけですから。もし初出がきちんと把握できたら、教えてくださいませね(^^)<では新ネタです。 屬僂奸Τ荵倶楽部Special2」95年5月発行(いまは定期刊行されてますね)のこの「ぱふ」別冊の表紙、山田センセです。初音のお気に入りのひとつ。今までなんでこれが話題にのぼってなかったのかよくわかんないぐらいお勧めの一品です(^^)眼鏡の青年学者さんと髑髏のある書斎のとりあわせです。◆崚撤毒和叡帖徃口明雄著(徳間ノベルズ)。「白狼伝」の樋口氏の小説です。表紙、挿絵を山田センセが担当。かなり地味めなので、今まで言及されなかったのでしょう。95年8月刊(ISBN4−19−850248−X)、780円です。<ちなみに「まぼろし劇場」はPSがウチにはないのでただ眺めるのみ(;;)「ガメラ」は・・・そのうちコンテ集でも出るのを待ちます(^^)最近そーいうの多いから、出ますよねきっと。1万とかしたらヤですけど(^^)<ではではそんな感じで、またお邪魔しに来ます。あ、そだ。猩々丸さん、答えを盗っちゃってごめんなさい。以後注意します。では。

きりう - 99/03/25 00:12:33

コメント:
「スコラ」つぶれましたねぇ。これはスコラという出版社全体を指しているようです。で、『BofE』のほうなんですが、マンガ編集部自体はそっくりそのままとある出版社の方に移行するそうです。だから、『BofE』の続きは読めるそうですよ。もちろん移行するにあたって時間が必要なので、雑誌の方は1、2か月休刊するようですが。 又聞きなので確かなことは言えませんが、とりあえず、読者としては安心してよいでしょう。

Jun - 99/03/24 23:34:38

コメント:
前回はおてつきでしたか、申し訳ない。えーと、それでですね、今回は質問なんですが。3月24日の朝刊に載っていたんですが、スコラが事業停止になったとか。このスコラってのは『BofE』のスコラなんでしょうか?それとも、男性雑誌のみを発売していて、漫画の方とは何にも関係はないんでしょうか。どなたかご存知の方は教えてください。(もしも関係が合ったらなんて想像するだに恐ろしい事態だ)

恵那 - 99/03/24 14:02:19

コメント:
早速ですが、砥部さん、更新日付間違ってますよ。といっても、あと半日もすればどこかは判らなくなるデス(笑)
イヤなあげあしとりでスイマセン。
ガメラ3、この連休に見てきたんですけど(JR京都駅の「ガメラ展」まで見に行っちゃいました)、私もどのシーンが「ラスコン」流用だったのかはさっぱり。
イリスがエヴァに見えたってくらいです、私は(笑)。でも、「ラスコン」自体が特撮モノみたいだしー。因みに映画館はがらがら。ウルトラマンの方が混んでました。


砥部粧 - 99/03/24 06:53:33
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
きりうさん、お久しいらっしゃいませ。>先生の本が出ている日本エディターズ絡みの、確かPAPER HOUSEの方です。お仕事ご苦労様です。>コアな情報ありがとうございます。>うーん、怪鳥が街を襲うシーン…ですかねぇ。いくら暇でも、ちょっと見当もつきそぉにありませんねぇ。「これだっ!」と言ってみたところで空しい思い込みですし。まぁ、でも、このサイトにふさわしい濃いネタだと思います。早速アップして、「ガメラ3」を先生のファンの方には見に行っていただきましょう。注:春休みに入ったので、地獄の「子供だらけ状態」です。>「ボーナストラック」情報も、いいですねリアルタイムで。全20巻があとに控えてますから、あんまり頭でせっぱ詰まって欲しくないなぁ。とりあえず、「頑張って下さい」>皆さんも声援よろしく。

色見本=rosybrown

きりう - 99/03/24 01:22:25

コメント:
お久しぶりです。 あいかわらずここの情報網はすごいですね。 皆さんどこから仕入れて来るんでしょうか?  ちょいと聞いた話ですが、 「ガメラ3」の絵コンテ、一部「ラストコンチネント」のシーンが使用されてるとのこと。 お暇な方が居たら確認してみてください。      p.s「ボーナストラック」せっぱ詰まってます。

砥部粧 - 99/03/24 00:37:20
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
猩々丸さん、いらっしゃいませ。ニアミスですね。>そうなんです。「RPG云々」というヤツです。まぁ、済んだことはよござんす。>それより、実は「おぼ探」、私、持ってません。その替わり、「漫画夢の博物誌 銑ァ廚泙濃ってるので、オッケー−と思っていたのですが。第3話に続きがあるんですね。確かに、最後「外国にでも」と強引に連れてかれるトコで終わってますよね。>是非、どこに載ってたかを思い出して下さいね。全国数人の山田章博ファンが期待しています。(言わずもがなですが、先生のファンが数人しかいないワケではなく、期待してるファンが数人しかいないということです。)>で、「でかい本」ってなんですか?なんか、猩々丸さん、色々知ってそぉですね。いつか教えて下さいね。待ってますから。では。

色見本=salmon

砥部粧 - 99/03/24 00:24:00
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
Junさん、いらっしゃいませ。>初心者にも厳しいですよウチは。「コミックダブルX」はお手つきです。でも、エディタ版「紅色〜」の誤りが多い初出一覧の確認が取れました。ありがとうございます。現在、「CRASH!」の類で初出一覧に載ってるにもかかわらず、掲載されてない号が出ており、全く信用しておりませんので。>これからもちっちゃな情報でも良いので、よろしくお願いします。

marinさん、いらっしゃいませ。>素早いですね。私、今、「テラファン」やってますけど…。>ラストにイラストですか。なんかその為だけにゲームをクリアしなくてはならないみたいですね。プレステ2が出たら中古で買おう。

色見本=purple

猩々丸 - 99/03/24 00:00:42
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
く〜  知らんかった。 4年前に同じ場所で山田先生の絵が出ていたんですね。なんだか、とっても悔しいぞ。そういえば、「おぼろ探偵帳」の最終話(イギリスへの船上でゲロゲロしておわっていたと思う1〜2P程度)どこかで本に載りました?あのでかい本が出てから見た記憶があるのですが??

marin - 99/03/23 13:04:01

コメント:
この3連休は、「まぼろし劇場」三昧してましたー。 おかげで、レミールくんは無事クリアできましたよん! 最初は動きがぎくしゃくしてイライラしたけど、慣れれば わりとさくさく進みますー。 でも、ラストのボス戦はけっこうあっけなかったので、ちょっと 物足りないかも。 エンディング(スタッフの名前とか出るやつね)では、20枚くらい 山田さんのイラストが見れますよー!!

Jun - 99/03/23 00:50:36

コメント:
また来ました。えーとですね、山田先生の作品はもっているんです(笑)何を考えて書いてるんだろう、じぶんは。 すみませんでした。謝罪がわりに、情報をば。『コミックダブルX』の3巻の表紙には、紅色魔術探偵団第2部開始 とありました。値がはったため、中身は見ていません。う ーむ、情報になってなかったか(笑)次こそはまともな情報を!

砥部粧 - 99/03/22 23:50:47
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
Junさん、はじめましていらっしゃいませ。>いやぁ、この3連休のせいでいまだ四国には入荷してきてないんですよ18日発売。>先生の別名ですか?聞いた事ありません。何か、「ミステリィ工作室」のエッセイと関係あるネタふりなんでしょうか?いや、別に関係なかったらいけないということではありません。まぁ、先生が公的に文章を載っけること自体まれですから。ありがたいことです。>先生は基本的におとぼけ系です。また是非寄って下さい。出来れば本業の漫画の方も読んでみて下さいね。

うづきさん、いらっしゃいませ。>いいんですって。>そぉでしたね。そんなのもありました。何度も読んでる割りによく覚えてませんね。>「支配者の黄昏」でブレイクしたのかとも思ったのですが、…実写でも是非やってほしいですね。今の日本ならできますよね、技術的・俳優的にも。>話は戻りますけど、大きくなりすぎて描けなくなったんじゃ…。永井某先生のように。では。

なので、「まぼろし劇場」の攻略本も全然見当たりません。その替わり、「RPGツクール95」と「エンドセクター」の攻略本を見つけました。新柄を見る事が出来て幸せです。

色見本=orangered

うづき - 99/03/22 13:12:16
電子メールアドレス:uzuki@infoweb.ne.jp

コメント:
砥部粧さん、こんにちは、うづきです。
「低俗霊狩り」、3巻でまとまってるとの話ですけど、2巻の「自動人形」が未完のままなんですけど。
ああ、山田ネタがない。(^^;)

Jun - 99/03/22 12:19:19

コメント:
はじめまして。Junと申します。若輩者ですがなにとぞよろしくお願いします。さて……3月18日に森博嗣『ミステリィ工作室』を読みまして、はじめて山田先生の事を知りました。ファン歴は短いですが、ずっと山田先生は“墨の魔術師”や“筆先の魔術師”だとばっかりおもっていたのになぁ。“おとぼけ難解漫画家”だったとは……。いやぁ、すっかりだまされていました。まぁそういわれればそうなんですが。ところで、他に先生の異名というか、仇名というか、二つ名というものはあるんでしょうか?どなたかおしえていただけないでしょうか。ではこれからも宜しくお願い致します。以上。

砥部粧 - 99/03/22 02:35:26
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
猩々丸さん、はじめまして3度いらっしゃいませ。>ぜんぜんオッケーです。1週間で掲示板に書込みまでされるとは。私はただウロウロしてました1年くらい。>滋賀にいらしたんですか。以前の先生が出展なさった時の目録なぞ売ってなかったでしょうか?美術館に電話しようと思っていまだにしてません。>是非また寄って下さい。原画はありませんが。

うづきさん、お久しいらっしゃいませ。>いいんですよ、奥瀬サキネタ。リンクの話題ですから。「低俗霊狩り」って一応3巻でまとまってると思いますけど。描こうと思えばいくらでも描けちゃいますよね。「こっくりさん〜」や火炎魔人シリーズだって、奥瀬ファンはぜ〜んぶ消化不良なんです。「フラワーズ」だってコミック出たのにストーリーが見えん。>「紅色〜」お気の毒です。コミックは取り寄せだと、余程の専門店でもない限り、とても待たされます。ネット通販は送料が余分にかかりますけど、全然早いです。使い分けた方がいいかも知れません。街に出てゲットした方が良かったかも。ご冥福をお祈り申し上げます。そんなんだと「トリガー」とかどうされたんでしょうか。−といらない心配までしてしまいます。じゃ。

色見本=magenta

うづき - 99/03/22 00:18:35
電子メールアドレス:uzuki@infoweb.ne.jp

コメント:
しばらくぶりのうづきです。
あり!?「フラワーズ」出たんですか?う〜ん、あたしゃそれより「低俗霊狩り」をなんとかしてほしいんですが。(^^;)
あっと、場違いなネタでしたね。
話変わって、「紅色」未だ入手できておりません。田舎なんで、入荷がなかった様です。
予約頼んだんで、発注は掛けてもらってるみたいなんですが、まだ届きません。(T_T)
であであ〜〜。

猩々丸 - 99/03/21 00:07:48
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
 突然2回も失敗してしまいました。ゴメンナサイ 月曜日からインターネットを始めたばかりで・・・・ めちゃくちゃ緊張してキーを打っています。  今日、滋賀県立近代美術館へ往復4時間がかりでイラストレーターの原画展に行ってきました。これで山田章博様の原画が拝めればと、関連の情報を探していたところここにたどり着きました。うれしかったのでコメントをしようと思ったらこの始末です。  また立ち寄らせていただきます。本当にごめんなさい。

猩々丸 - 99/03/20 23:50:28
電子メールアドレス:ape@imix.or.jp

コメント:
1

猩々丸 - 99/03/20 23:49:24

コメント:
1

砥部粧 - 99/03/20 23:40:45
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
「自体」ではなく「時代」です。すみません。

砥部粧 - 99/03/20 23:38:45
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
アシヤさん、いらっしゃいませ。>そぉですね。でも、ネット関係だけならパソ買わなくても安価にできますよね。段々お手軽な自体になってきました。私は増設がある程度自由に出来るセカンド・パソを持ちたい−と思ってます。既製品はどうも踊らされてるようで。>「まぼろし劇場」、皆さんホントに素早いですね。私も明日、攻略本くらいは捜しに行こうかなと。花粉飛んでるんであんまり外出は。

恐らく私のリピート読数は先生の作品と同等の、奥瀬サキ先生の「フラワーズ 廚出ました。「BIRZ」で隔月連載されてるヤツです。別にススメません。

色見本=fuchsia

アシヤ - 99/03/20 11:58:20

コメント:
こんにちは。・・・はぁ。はやく自前のパソが欲しい。>>MAまぼろし〜、出ましたね。ゲーム売場に寄ってないのでブツは拝んでませんが、本屋で攻略本から買っちゃいました。MAの攻略本出してるとこ、いっこだけじゃないかも知れませんね。>>チャートがきっちりラストまで載ってるみたいなので迂闊には読めない・・・。ゲームやりたいし。>>てなことを呟きつつ去ります>>ではでは。

砥部粧 - 99/03/20 01:20:14
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。>うーん。「…プレゼント」と書いてらっしゃる次の文字で3度とも文字化けしてますよね。その字を使用禁止にしましょう。恐らくその字が元凶と思われます。>で、意味としては、「イラストのプレゼントがどこやらであって、そのイラストがK−BOOKSの通販で1万円で売られてた」でいいんでしょうか?>相変わらず素早いですね。「まぼろし」もぉ買われたんですか。「電撃PS」の情報、ありがとうございます。>モンコレのカード、この1枚なんでしょうか?「エンドセクター」の情報もいまだ掌握してませんし、トレカは中々難しいですね。>「デスタワー〜」絶版ですね。泣きながら捜してます。先生のイラストが載ってるんですね。そこら辺の情報が無かったので、リストには載せてなかったんです。

シマリスさん、いらっしゃいませ。>それは当りですね−第9話に間違いありません。エディター版「紅色〜」も是非買って下さい。テレカ全プレ、逃しちゃあいけません。>「En」−よく読めましたね。もしかして、私だけですか?本を横にして読めばいいんだって気がつかなかったのは。あと、「心霊術」も読めませんでした。>「たまのみすまる」だと思います。>「クルー19」、ほんとに表紙だけですよ。なんかシマリスさん、深みにはまってますね。ほどほどにしとかないと、私みたいになっちゃいますよ。

色見本=mediumorchid

シマリス - 99/03/19 23:06:03

コメント:
>砥部粧さん 私、「紅色」はエディター版が出る直前に旧い方を新刊で買ってしまったために第9話がどんな話か知らないんですが、表紙がカラー1P、その裏にもカラーがもう1Pあって、モノクロが10Pというやつです。なるほど、前後編ならばこの少なさも納得できます。内容は、子どもの陛下の護衛をしているやつです。
ちなみにその古本屋にはクルー・19の先生が表紙のやつもありました。百円だったので(安いなぁ・・。)今度行ってあったら買おうと思います。きっと山田先生のファンが売ったのでしょう。(いや、そうとしか思えない。)
 昨日、BAMBOO HOUSEを読み終えました。なんというか、ツボです。見事に。「En」などは特にそうですねぇ。ますます大好きになってしまいました。ところで、「多麻能美須麻流」さんの下の名前はなんて読むんですか?ナゾです。 それでは。

初音むつな - 99/03/19 03:42:57
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
ふたたび失礼します。初音です(^^)なんだかまだ暗号になってるとこもありますが、まあ肝心な情報は送れたのでよしとしましょう。ああ、すっきり(^^)<さてすっきりしたところで「MAまぼろし劇場」のこと。無事昨日入手しました。解説書には例の「ファミ通」に載った広告のイラストも掲載されていました(裏表紙のやつです)。よかったよかった。雑誌で攻略小特集が組まれてるのもありますが、お勧めは「電撃PS(vol.101)」でしょうか。6ページ分ぐらいで、イラストが大きくて嬉しいです(^^)<なお「マーメ」の広告イラストも「ファミ通wave」99年4月号にどどんと見開きで掲載されてます。絵柄はNT誌に載ったのと同じですけど、大きくていいです(^^)<そういえばトレカのイラストが載ってるのもありました。モンコレ・空中庭園の「グレンデル」は「コミックドラゴンjr」99年4月号で見られます。あと例の「覇王の進軍」のカラー広告が「ドラゴンマガジン」99年4月号に掲載されていました。「覇王の怒り」が中央にどどんと、なのはいいのですが文字がけっこう邪魔です。広告の宿命ですが(;;)<あ、そうそうゲームウォーカーのインタビューの件は初音の妄想の産物であった事が判明しました。すいません。掲示版見直してて気づきました。掲載されてたのは、カットだったんですね(;;)<お詫びにちょっと前に話題になっていた「デスタワー」情報を。スニーカーG文庫にて、総集編が出版されています。93年11月発売です。タイトルは「デスタワー・冒険の足跡 シナリオ総集編」でISBN4−04−480401−X。最近新刊書店で見かけないので絶版かもしれません。さすがにイラスト全掲載とはいきませんが、マル勝スーファミを探すよりはずいぶん楽かと思います。<あ、そだ。砥部さん、「RPGツクール95」は、古くはないですよ。発売97年ですから。アスキーの「ツクールシリーズ」の1本です。棚に置かれてると、グレーの背表紙だけになってしまうのでけっこう地味です(^^)ちなみにガイド本の方は97年6月発行のようです。<では今宵も長々とお邪魔しました。またそのうちに。

初音むつな - 99/03/19 02:23:17
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
すいません。ここんとこお見苦しい事になってる初音です。とりあえずもう一度挑戦してみて、ダメなら砥部さんにメールで送ります。もう煮るなり焼くなり好きにしてって感じでしょうか(;;)<問題のイラストのプレゼントゥ譽は、K−OOKSで1万円の値がついていました<それを買うのはちと悔しいので、捜索しています。スニーカー文庫挟み込みのチラシ「スニーカー・シアターVOL18」<挟み込まれているはずの本は96年1月発売の「MAZE爆熱時空外伝2・比翼の兄弟」「卒業〜クロスワールド・出会いはメロディアス」「パワードール」「魔王の降臨・アルスマグナ5」の4冊。帯び付き初版なら、もしかしたら・・・<あとスニーカーG文庫の「ガープス・リングドリーム・リプレイ」「ガープス・ルナル・アドベンチャー・月を追うものたち」も可能性があります。<特殊な文字を使っているとは思えないんですけど、まずとりあえずこの分のみ送信します。

砥部粧 - 99/03/19 01:04:43
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。>うーん、途中だけ。初音さん、なにか特別な文字を使ってらっしゃいませんか?それ以外だとちょっと見当がつきません。>おそるべし秋葉原ですね。まぁ、でも、新刊本でもあるとこにはあると思いますよ(当り前か)。>「RPGツクール95」、ありがとうございます。しかし、パソゲーのこんなに古い攻略本、果たして見つけられるかどうか。

シマリスさん、はじめましていらっしゃいませ。>お役に立てて光栄です。それにしても、そんなにポンポンゲットされると、延々捜している身にはちょっと羨ましいです。横浜も結構古本事情はいいんですかね。先生のファンにとって−という意味ですけど。>「クルー」の3って、やっぱり「紅色〜」の第9話後編でしたか?また良かったら教えて下さい。>「バンブー〜」も「ラスコン2」も重版されています。初版獲得はラッキーだと思いますよ。>これからもよろしくお願いします。

「ガメラ3」見てきました。3部作の完結編と言ってた割りには「は?」って感じでしたが、作品単体でみればまぁまぁの出来かと。

色見本=hotpink

シマリス@神奈川 - 99/03/18 03:23:59
電子メールアドレス:kkitoh@msn.com

コメント:
初めまして。実は私、ずっと黙ってROMしてました。すみません。
今日はどうしてもお礼が言いたくて顔を出してみました。このサイトの強力なリストのおかげで先生の本が古本屋で4冊も買えたのです。友人に借りた「BofE」ではまった新参者には山田章博の世界は奥が深すぎて、(東京三世社の名前すら知らなかったのです。)もしかしたら一生その作品に巡り会うことはなかったかも知れません。感謝感激です。
ちなみに今日入手したのは「バンブー」「百花庭園」「ラストコンチネント2」「Crew3」です。「Crew3」は特に掘り出し物でした。何回か古本屋をたらい回しにされたようで、「バンブー」「ラストコンチネント2」はなんと初版でした。(それとも初版しか出てないんでしょうか?)これ4冊で800円でした。安かったです。
これでもまだまだ持っていないのがたくさんあるので、これからもこのサイトを参考にして本屋巡りをしていきたいと思います。突然に、しかも長文、失礼しました。それから、改行失敗してたらごめんなさい。

初音むつな - 99/03/18 00:40:01
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
あっれえ?おっかしいなあ、なんでスニーカーシアターの話のとこだけ暗号化されちゃうのかなあ・・・いや、わざとじゃないですよ。原因不明ですけど、今日はもう遅いのでこのまま失礼しますね。おっかしいなあ・・・(困惑しつつ去る)

初音むつな - 99/03/18 00:35:29
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
ちょっとだけお久しぶりです。初音むつなです。今日は「ミステリィ工作室」を入手したので、その話をとか思ったんですが・・・あらら、ほんとだ。前回の途中から暗号化してますね(^^)たいした事は書いてなかったはずですけど、多分「その絵柄のイラストのテレカ(読者プレゼントい譴燭發痢砲K−BOOKSで入手できますが、1枚1万円ですから、ちょっと気が引けてチラシの方をさがしてます」という内容だと思われます。<そのスニーカー文庫挟み込みのちらしの事ですが、その後の調査の結果はさんで売られていた本が何だったのか判明しました。「MAZE爆熱時空・外伝2・比翼の兄弟」、「卒業〜クロスワールド・出会いはメロディアス」、「パワードール」、「魔王の降臨・アルスマグナ5・大いなる秘法」の4点がそれです。初音はそれぞれ現物は発見しましたが、肝心の「スニーカー・シアターol.18」(つまりこれが挟み込みチラシのタイトルですが(^^)念のため)の方はまだ見つけられません(;;)<ちなみにイラストはファンタジー系のオリジナルもので、1995年12月5日号の「Theスニーカー」にモノクロで掲載されています。<で、本題の「ミステリィ工作室」の方ですがまだ未入手の方の方が多いでしょうから内容には触れません。ので、とりあえず山田センセ自身が書かれたと思われる筆者紹介文がおもしろかった。とだけ書いときますね(^^)立ち読みしてて思わず噴き出しそうになってしまいました(^^)まったく山田センセってばお茶目なんだから(^^)ちなみに本自体は「Trigger」と同じ四六版で1300円でした。<さて今日行ってきたのは秋葉原の書泉ブックタワーなのですが、色々置いてありましたから、それぞれ未入手の方にはお勧めです。紅色(新版)、BofE、Triggerは言うに及ばず、バンブーハウス、カフェドマキニカリス、夢の博物誌(正・続)、色彩王国1などなどが「定価」です。あと1冊しかないのもありましたけど。しっかし、なんで残ってるかなあ、こんなんが(^^)<さらにちなみに、リストからもれているアスキー版パソコンゲーム「RPGツクール95」の攻略本も4冊ばかり置いてありました。絵柄おんなじでゲームが5000円OVER、攻略本が1500円ですから、本買うのが賢明でしょうね。やっぱり。カバーイラストのみ参加ですから。「デジタルファミ通・RPGツクール95完全網羅ガイドブック(ISBN4-89366-741-6)」アスペクト刊です。ちなみに初音は攻略本の存在を知らず先にゲームを買いました(;;)やんないのに(^^)<さてさてではでは、またそのうちに。早く花粉がいなくなるといいんですが(;;)

砥部粧 - 99/03/12 00:55:12
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、いらっしゃいませ。>花粉、飛んでますねぇ。でも、四国はすごいですよ。自然の力が全然違いますから。花粉、積もりますから。>「まぼろし」、確認できないままでしたが、予定通りという事ですね。良かったです。ソフトよりも、公式ガイドブックが出るのなら、押さえとかないと、中々入手困難になります。>テレカブック、こちらも届きました。テレカをとると、粘着状態に。なんか違うんじゃないかと思うんですが、仕方ありません。>’96.1ですか。なんでしょうね。そのあたりは時期的には「カルナー」ですよね。カルナーはスニーカーじゃありませんけど。こちらでも調べてみます。>途中で暗号化してますね。少し気になります。

「Trigger」渋谷のbook 1stに山積みでした。やっぱり東京はすごいです。良かった良かった。>ということで、無事東京から戻ってきたワケですが、初音さんの絶大なご助言もあり、大漁でした。古本屋の情報と合わせて、リストの方もアップしていきますので。>ちなみに収穫は、ラスコン2・アラン2冊・ぱふ5冊・人魚変生ハードカバー・バンダ・ノーザントレイル1・夢幻界戦記大陸版・グレープフルーツ・クラッシュ2冊−でした。帰りの荷物は少し重すぎました。

色見本=maroon

初音むつな - 99/03/07 02:00:42
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
初音です。ぐしゅ。東京もだいぶ花粉が舞っています。古書店巡りにも行けやしないです。<ところで「MAまぼろし劇場」3月18日発売みたいですね。今週の「ザ・プレイステーション」によると。<あ、そうそうBIRZのテレカ、届きました。ホッ(^^)これで今月の全プレも出す気力が沸いてきました(^^)<さて捜索願いを出したいのですが、どなたかご存知の方よろしくお願いします。 モノは1996年1月刊のスニーカー文庫に挟み込みチラシでついていた「スニーカー・シアター(vol.18)」。この扉を山田センセが書き下ろしていらっしゃるのですが、1996年1月に刊行されたスニーカー文庫って、何でしたっけ?うっかり資料を紛失して現在捜索中です。<ちなみに「K−BOOKS」の通販でこのプレゼントゥ譽が何千円かで買えるみたいです。あんまりテレカには執着してないので、買ってませんけど(^^)<それでは、またそのうちに

<font color=hotpink>砥部粧 - 99/03/06 01:22:04
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
<font color=gold>ちょっと失敗しちゃいました。

色見本=<font color=hotpink>hotpink

<font color=hotpink>砥部粧 - 99/03/06 01:19:37
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
<font color=gold>SIVAさん、いらっしゃいませ。>実はこの処忙しくて、「BIRZ」まだ買ってません。しかも四国は花粉だらけで、体調も絶不調です。

初音むつなさん、2度いらっしゃいませ。>「コミックアクションシティ」ですね。見たことも聞いた事もありませんが、貴重な情報有難う御座います。>細かい訂正も大歓迎です。早速直しておきます。>コミッカーズにゲームウォーカーですか。ここまで追っかけると、側から見るとちょっと恐いでしょうね。でもすでに止まらなくなってます。捜しましょう!>テレカブックですが、ご安心下さい。砥部はその存在すら忘却してました。そう言えばそんなのあったな−という感じです。いつか来るでしょ。

私事ですが、3/8月曜、東京神田です。1日中回ります。頑張ります。>椎名林檎、売れましたねぇ。でも、「だんご」で吹き飛びました。久々に訳の分からない大ヒットですね。世紀末という感じです。タンゴが売れたのは「黒猫のタンゴ」以来じゃないでしょうか?

色見本=<font color=hotpink>hotpink

初音むつな - 99/03/05 01:24:09
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
本当にごめんなさい(平身低頭)。今、前に書いたのよく読みなおして気づきました。つまり「YA!Goods=付録=レコードレーベルやら蝶のモビールやら=ヤマダアキヒロ・コレクション」という情報がうまく伝わってなかったわけですね。失礼しました。これで、わかってもらえましたでしょうか?<自分の失敗を棚にあげて、という感じですが、せっかくのリストですので「WHAT]のところさらに訂正させていただきます。まず創刊号のTシャツは「表紙」のイラストです。ポスカとは別柄です。あと7月、8月号の記述に混乱がみられます。正しくは、7月「ヴィジティングカード」「カセットレーベル」「メッセージカード」8月が「カレンダー」です。情報が一気に行くと(しかも文字だけ)やっぱり問題も起きますね。仕方ないですが。<ついでなので、今思い出した重箱の隅情報を(っても3月3日に新刊が出たようなのでもう旧聞ですね。すいません)。「季刊コミッカーズ」冬号(もちろん1999年版ですよ)のアンケート「プロの使っているマンガの道具はコレだ!」に山田センセが登場されていました。ちょびっとですけどね。59ページのまんなかへんです。まあ、マニアの方のみ嬉しい、とそういう内容ですが。ショックなのは、前に表紙になったイラストのポスカプレゼントをやっていたのを今、発見したという事でしょうか(;;)1月20日締め切りです。はるか昔ですね。いやあ、いいんですけど・・・どうせ抽選に当たったためしがないですから(;;)<ところでアフタヌーンで見たんですけど、「まぼろし劇場」のシナリオも山田センセが手がけてらっしゃるっていうのは前に話題になってた「ゲームウォーカー」のインタビューにのってたんですか?あれ、手に入れそこなったんですよね(;;)どっかで売ってないかなあ・・情報系の雑誌は難しいですよね。買い逃すと(;;)<では、長々と失礼。またそのうちに。

初音むつな - 99/03/05 00:41:12
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
どうもすいません。初音むつな、頭を抱えております。意味不明ですね、確かに。眠くて、「でも何か書かなきゃ」という意識状態だったんでしょう。というような感じでご理解ください。いやあ、しまったなあ。<というわけでもっかい説明しますと、まずリストを見て「付録○○、ほかに「YA!Goods」なるイラスト」と書いてあったので、「それは違います」という事を言いたかったのです。じゃあ何か、と言いますと「付録=YA!Goods」である、とまあそれだけが言いたかったんですよ。ほんとのところは(^^;)すいません。無駄に言葉が多すぎましたね(;;)気をつけます。<子供雑誌の組み立て付録云々は、忘れてください。もしあえて「何ができるのですか?」と問われても、「レコードレーベルや、蝶のモビールや、お年玉袋ができるのです」としか答えようがないものですから(^^)<じゃあ、お詫びにお約束のリストにない情報を(^^)ブツは「コミックアクションシティ」司書房刊、サイズはA5(「漫画・夢の博物誌」サイズですね)で、発行が1992年7月25日。雑誌コードは58050−02。掲載作品は「アンドロジーナ・オブ・シティ・ビザール」16ページ(カラーなし)。未来ものサイバー系SFです。グロテスク&ライトエロスって感じでしょうか(意味不明ですね、また。すいません。あんまり言葉知らないもんで)。ブツ自体はまだ手に入る可能性はあると思いますが「空想科学・・」のようにアダルトコミックコーナーにまぎれてる可能性大です。がんばってください。<ところで先日中野まんだらけにて「西崎まりの」入手しました。もうAGFさんと砥部さんには足を向けて寝られません。ありがたやありがたや。山田センセ探しのついでにこの方のも探しています。この頃は。<SIVAさん、ファンタジー展2こと「現代空想絵師展」ですが、調べました。今月のニュータイプに載ってます。会期が2月27日から3月28日まで(あ、これじゃ行けないや)で、出展者は雨宮慶太、いのまたむつみ、開田裕治、笠井あゆみ、弘司、小林智美、高田明美の7人だそうです。雨宮さんの原画は見たいかも(;;)<あ、訂正をふたつ。まず太田忠司さんのお名前を間違ってました。ごめんなさい。あと「新版紅色」と「Trigger」はA5版ではありません。これ、四六版というやつですね。どうもすいませんです。今回は謝ってばかりですね。いやあ、お恥ずかしい(^^;)<ちなみにどなたかBIRZからテレカブック送られてきてる方いらっしゃいますか?まだ来ないので、「事故」かなあとはらはらしてるんですけど(^^)といったところで今夜はこのあたりで。また長々と情報を持ってまいります。では。

SIVA - 99/03/04 16:28:31
ホームページアドレス:http://www.ann.hi-ho.ne.jp/siva
電子メールアドレス:cha@cefi.or.jp

コメント:
こんにちは。バーズの表紙いいですねぇ。龍の色遣い、とりわけ水滴で部分的に色を抜くあのやり方が好き〜♪マーメノイドのデザインの時も、水ボカシですごくサカナっぽい表現をされていて、非常にうたれました。素敵だなぁ。うっとり。 >砥部さん。リンク確認しました。ありがとうございます〜。 >初音さん。今度のファンタジー展って誰でしたっけ・・・たしか笠井あゆみさんに高田明美さんに・・・とか聞いているんですけど・・・・・。今回は情報に疎いです。あんまり大々的に宣伝してないんでしょうか?

砥部粧 - 99/03/02 01:41:52
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、いらっしゃいませ。>「YA!Goods」の説明、イマイチよく分かりません。綴じ込みの紙製組み立て付録−ということですよね。組み立てたら何になるのか、教えて欲しいです。暇な時に是非。>「Trigger」、もぉ入手されましたか。四国高松では、「BIRDS」さえ店頭に並ぶのは月曜日という悲惨さです。見つけるのは困難を極めそうです。

ついに、セガサターン(ガンダム)を買いました。今ごろ何を−とお思いでしょうが。「テラ・ファン」サクサク進んで面白いです。

色見本=mediumvioletred

初音むつな - 99/03/01 23:03:29
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
<初音です。さっそくWHATの情報がリストに載ってたので何というか、嬉しかったです(^^)せっかくの休日に砥部さんごくろうさまでした。気が合う、かどうかは実際にお会いしてみないと何ともいえませんけど(^^)どうも共通項はいくつかありそうですね(^^)<さて、一応情報提供した責任もありますので、一応訂正をしておきますね。WHATの「YA!Goods」なんですが、あれこそが、まさに今まで「ヤマダアキヒロ・コレクション」と呼ばれていたもので、付録=「YA!Goods」なのです。どこかに誤解を生むような書き方があったんでしょう。どうもすいません。というわけで「YA!Goods」というイラストはありませんのであしからず。なお付録は「ただのイラスト」というより、「切り抜いて遊ぶためのイラスト」といった代物です。ま、児童雑誌の紙付録みたいなもんですね(^^)<お騒がせしましたが、「Triger 凶星の歌」無事入手しました。表紙がちょっと変わった印刷ですが、山田センセです。中のイラストはキャラ設定画といった趣のもの。ちょっと期待はずれでした(もっと情景的なものを期待していたものですから)。ま、ただでさえお仕事が多いですから、多くは言いますまい(--)<書誌的なデータとしては、サイズはA5(新版「紅色」サイズ)で定価1200円、ISBN4-09-385134-4です。東京でも町の本屋さん程度の店ではあまり入荷していないので(予定表にありませんとか言ってた店もあったし)、大きな書店が近くにない場合は注文した方が早いかも(小学館なのに・・・)。と、こちらも情報発信者としてフォロー情報でした(^^)ちなみに初音は中野ブロードウェイの「明屋書店」で入手。<えーっと、モンコレもですか、あとなんだかわかんないのも(^^)やってらっしゃるんですねえ・・もう何でもありですねカード系は(;;)困ったもんです。<あ、そういえばSIVAさん、先日はおじゃましました。ちょっと故郷のネタに舞い上がってしまいました(^^)そうですか、湖の国にお住まいなんですね。と、いうことは例のファンタジーイラスト展2にも、簡単に行けるんですねえ・・いいなあ(^^)山田センセは出展されないみたいですけど、私も里帰りのついでに行こうかなあ(^^)あ、私信でした。すいません。ではまたそのうちに。

砥部粧 - 99/02/28 03:06:14
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、3度いらっしゃいませ。>やりましたね。「WHAT」の情報公開、ありがとうございます。一気に「WHAT」の項目が潤っちゃいました。ホントに昔からのファンでいらっしゃるんですねぇ。すごいです。>ふふっ、初音さん、みなさん忙しいんですよ。レスが来ないのって、孤独ですよね。でも、ずーっと管理してる砥部などは、その悲哀をいつも経験してます。仕方のない事です。>4/25イベントですか。行きたいですね。先生のサインとか貰えるのなら。>初音さんとは多少気が合いそうですね。共通項は先生と林檎ですか。これからもよろしくお願い致します。

恵那さん、いらっしゃいませ。>情報早いですね。ついに「ファリス」が再開ですか。誰か以前、打ち切りとか言って顰蹙を買ったヒトがいましたが、それも良き思い出です。素直に喜びます。>しかし、先生のお体は大丈夫なのでしょうか。連載2本、本は出すわ、挿絵は描くわ、トレカのイラストは参加し放題だわ。

で、モンコレの「空中庭園の降臨」、4月上旬発売にも、参加するそうです。あと、「エンドセクター」というトレカTRPGにも参加なさってることも判明。これはもう発売済ですが。>「トリガー」確かに27日時点では、高松には存在してませんね。発売してても置いてない−ってことはないですよね。太田先生のご本ですから。>今日は訪ねた古本屋さんが、また閉店しててガッカリでした。

色見本=indianred

初音むつな - 99/02/27 18:18:54
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
続けざまに失礼します。初音むつなです。なんというかその、私なんかのひとり言が続いてますけど(^^)皆さんお忙しいのでしょうか? <さて今日は新ネタです。BIRZも出ましたが、それよりもロードスファンの皆さんオメデトウございます。ようやく再スタートですね(再々か(^^))。しかしまさか「The Sneaker」で新連載とは・・・ちょっと意表をつかれました。でもSneakerはもともと野性時代の子孫ですから、まあ考えてみれば順当なところかも(^^)新ロードスの連載もやってますしね。あとはどういうサイズで掲載になるのか、とかまた単行本1の続きからなのか(^^)とか不安もありますけど、まあSneakerはしばらくはなくなる事はないでしょうから、今度こそ完結(!)するのではないでしょうか。なお次号6月号からのスタートで、4月28日(水)発売ですね。次号予告によると。ロードス特集の号にもなるみたいで、期待大!春を待ちましょう(^^)<例の「Triger」なのですが、なぜか見つかりません。どうなっているのでしょう?太田忠志さんの公式HPでは、ISBNまで掲載されているのですが・・・発見情報をお待ちしています。<あ、4月25日(日)には新宿でイベントまであるんですね・・・(BIRZ情報)うーん、どなたか行かれる方がいらっしゃいましたら、ご一緒したいですね(^^)次号予告にBofEがのってないのが気がかりですが・・ロードスと交互に書くとかそういう事なんでしょうか?さてさて、ではまたそのうちに。

恵那 - 99/02/27 18:07:26
電子メールアドレス:spangle@mwb.biglobe.ne.jp

コメント:
祝!!連載再開(はあと)
次号(翌々月かな?)からですけど。
THE スニーカーで「ロードス島 ファリスの聖女」ああっ、楽しみ。

初音むつな - 99/02/27 06:09:57
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
すいません。長々と書いたくせに書き漏らしました。「ふぁんたすてぃか」は書き下ろし単行本なので、「WHAT」への掲載はないはずです。 <ちなみに椎名林檎、私も目をつけてましたよ。「幸福論」がなんかアヴァンギャルドに(^^)なっちゃてて、私はシングルの普通バージョンの方がどっちかっていうと好きです(^^)まあ「丸の内サディスティック」がちゃんと聞けてよかったかな、とか(^^)あ、私的なことですいません。ではまたそのうちに(^^)

初音むつな - 99/02/27 05:53:21
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
初音です。ここに寄せていただくようになって以来、古書店巡り病が再発してしまいまして(^^)蔵書は大混乱、リスト作成遅々として進まずというまことに困った事になっています(^^)「持ってる本を買ってどーするんだ!」と古書店で見かけた方はどうぞお声をかけてやってくださいませ(^^) <さて何か隠してるみたいで嫌なので、砥部さんにはお約束の「WHAT」の情報です。本気で長くなるので覚悟してね(^^)<創刊号は1985年の6月号。山田センセのお仕事は表紙(支倉教授)、創刊記念ポストカード(涼しげなご婦人の絵です)、そして「ラス・コン」第1回(40枚、最初の8ページが2色カラーになってます)あとは、創刊記念でTシャツプレゼントがあったみたいですね(創刊号の表紙の絵の)。発売は5月6日、らしいです。以後毎月6日発行との事。<7月号も山田センセが表紙(支倉教授と滝子さん)巻頭の付録は半透明の「Visiting Card」住所や名前メモなどを書いて使いませうとの事。名刺の台紙みたいなものが2枚ある・・という感じでご理解いただけますか?トレカとは少々趣が違います。「ラス・コン」は第2回(32枚・・単行本1の76ページまで。扉絵そのまま)。付録は巻末にもうひとつあって、カセットレーベルとメッセージカードです。<8月号も表紙(地底人の謎の女(^^))ですが、山田センセが表紙を書かれたのは「WHAT」ではこれが最後ですね。付録は巻末に7月と8月のカレンダー(人物なし)、「ラス・コン」は第3回、31枚(1巻の77から104ページ。カラーあり。単行本1巻の2ページから4ページがそれです)ちなみに「すうべにいる」の広告もついてます。イラストは「すうべにいる」fig33待月。「ふぁんたすてぃか」の予告つきです。予約申し込み者に「限定オリジナル版画」を予定とかかいてあります(;;)<9月号から付録に「YA!Goods」というタイトルがつきました。巻末に「リフレッシュ・レコードレーベル」。絵を切り抜いてシングルレコード(・・・ドーナツですね(^^))のレーベルに貼ると、上に貼りつけた人形がくるくるダンスを踊る(よーに見える)というもの。さすがに試す気にはなれません。もったいなくて(^^)コミックは前号で「ラス・コン」の予告があったのに、なぜか「夏人記」掲載(^^)「続・夢の博物誌」で読めますよね。カラーもページ数もおんなじです。なお重箱の隅ネタとして、当時の同人誌で「島津修子個人誌 艶」というのの「題字」を山田センセが書かれたようです。あとは、まだ「すうべにいる第二集」の仮タイトルの「ふぁんた」の告知が直筆で掲載されてます。奥様からの近況報告つきで1ページ。<10月号の付録は「オリジナルモビール」でビクトリアキンモンアゲハ。切り取って組み立てると蝶が風でくるくるまわるルームアクセリーになるという一品。「ラス・コン」第4回で32ページ。1巻の105ページから136ページ(扉絵はそのまま)。「ふぁんたすてぃか」告知、バックのイラストだけ変えて直筆の文字はそのまま掲載されてます(ただし奥様のお言葉はなし)。<11月号、持ってません。探してます(;;)「ラス・コン」はこの号で第一部完結。<12月号、付録は「フレッシュ・レコードレーベルpart2」今度は蝶が舞います(^^)。ようやく「ふぁんたすてぃか」のタイトルになって告知ページあり。たぶん自筆で1ページ(直筆とか自筆とか書いてますが、要するに写植でない、とそういう意味で使ってます)。コミックはなし。<続いて1986年1月号・・・あるんでしょうか?情報をお待ちしています。<2月号、この号から隔月化。付録は「年始心得袋」お年玉袋です(^^)あげるためのものでなく「いただいたお年玉を直ぐ物品に換えるのではなくこれにいれて、ソレッという時に備えませう」というもののようです(^^)「ふぁんたすてぃか」はすでに発売後の広告。なお特筆すべきは「ラス・コン」のカラー4ページが掲載されていることでしょう。多分2巻の巻頭に使うつもりだったんじゃないかなあと思われるものですが、なぜか2巻には未収録です。1ページ目がモノローグとイメージイラスト数コマ。2、3ページが見開きで支倉博士と謎の女の扉絵。4ページ目は銀座で地底人が腕を広げています。ストーリーには絡んでないのでマニアな方のみにお勧めかも。<なお4月号、抜けてます。<6月号、山田センセは何も載ってません。YA!Goodsは2月もしくは4月号で終了のようです。<8月号、コミック・巻中カラーショート4ページで「月人」収録。これも「続・夢の・・」と同じもの。<10月号「ラス・コン」一挙72ページ!とあとは砥部さんのデータ通り。2巻の3ページから73ページです。2巻では最初の4ページがカラーになってますが、掲載時はモノクロです。なおよく見るとこの号の最後のページ、単行本では削られてます。翼竜のコマと廃墟のコマなんですが、まあマニア以外にはどうでもいいですね(ってマニア以外で読む人がいるのか?)。<12月号、「モニュメント」掲載。「夢の博物誌」のカラー4ページのあれです。<1987年2月号、「花仙」掲載。「続・夢の博物誌」に収録されてます。単行本と同じく2色カラー7ページ。「ラス・コン」完結編の予告あり。<さて長々書いてきましたが、いよいよ最後です。4月号、何もありません。「ラス・コン」の完結編88枚の予告があるだけです。この先にまだ1冊ぐらいあるかもしれませんが、一応初音の持ってる情報としては「WHAT」はこれで終わりです。この後、雑誌は「空想科学・・」になるわけですが、またそれは別の機会にでも。長々と読まれた方、お疲れさまでした。 <あ、なおYA!Goodsに関してはほとんどA5サイズの半ページ程度の大きさで、あんまり耽美美麗系のではなく、どっちかというとかなり肩の力が抜けた感じのものばかりです。あまり過大な期待は抱かれないほうがよろしいかと(って持ってるから言える事ですね。すいません)。ではこんなような情報でもよろしければまたそのうちに。 <追伸。砥部さん、ちゃんと逃げずに暇をみつけて書き込みますから心配しないでくださいね(^^)スキャナーは・・・古本屋めぐりが落ち着いてから・・かなあ(^^)

砥部粧 - 99/02/23 00:31:49
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
SIVAさん、いらっしゃいませ。>リンク、確認させていただきました。中々いいコピーだと思います。有難う御座いました。

恵那さん、お久しいらっしゃいませ。>え?「マーメノイド」延期ですか?私はどこで発売日の情報を仕入れたのか忘却してしまいまして、ホームページでは「1999年発売」としか書いてませんね確かに。ボチボチ確認してみます。>恵那さん、テレカプレゼントの締切は来年の2月末ですよ。私も間違えて「急げ!」とか書いちゃいましたけど、のんびりで良かったんです。ま、無くさない内に出しといて正解だと思います。

で、私的なことですが、昨日、2/22はこのサイト立ち上がり1周年記念日でした。まぁ、本当はよく覚えてないんで、2/22のゾロ目がいい感じなので、この日にしたのですが…。更に私的な事ですが、椎名林檎というアーティスト明日「無罪モラトリアム」というアルバムを出します。ちょっと気に入ってまして、個人的にヘヴィローテーション入ってます。是非、お店の試聴機で聴いてみて下さい。歌詞をちゃんと聞いてやってね。では。

色見本=orchid

恵那 - 99/02/22 10:32:04
電子メールアドレス:spangle@mwb.biglobe.ne.jp

コメント:
こんにちは。ちょっと御無沙汰しておりました。砥部さんはじめみなさんお元気ですか?
PS「マーメノイド」、発売日が不明になってしまいましたね(笑)広告見たんですけど。とりあえず「春発売」でしたね。
「紅色」は、大阪・難波で約30冊積み上げている書店発見!なんばウォーク内日本橋寄りです。私が見た最高記録。(私が購入した書店は15冊程度でした)
実はアンケート、やっと出したトコロです(苦笑)どうもギリギリになって慌てる悪いくせが・・・

SIVA - 99/02/22 02:53:00
ホームページアドレス:http://www.ann.hi-ho.ne.jp/siva
電子メールアドレス:cha@cefi.or.jp

コメント:
リンク張り完了致しました。紹介文がイカれてますが不都合がございましたらご連絡ください。当方へのリンクは何ら不都合ございません〜。

砥部粧 - 99/02/22 01:32:02
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
きりうさん、いらっしゃいませ。>「紅色」好調ですか。ファンとしても、売ってる方としても、実に喜ばしいことです。>「ボーナストラック」、実現すればいいですね−とあまり気のない反応を返しておきます。>それよりも全20巻の方の未確認・いい加減情報とかが、すごく聞きたいです。宜しくお願いします。>久し振りに聞きました。め、痛いですか。目と言うのはいつも「のほほん」としてますから、これは訓練になるんです。−って、あんまり無茶な事は言わない方がいいですね。左クリックしたまま「ビー」と流して下さい。色が変わって見やすくなりますよ。

やっと「あなたの町の古本屋さん(略してAMF…)」に他の方のコメントが載りました。嬉しいです。数が増えれば役には立つと思うのですが、ある程度はデータを構築しないと。

色見本= lightcoral

きりう - 99/02/21 01:16:47
電子メールアドレス:kiriu@tky2.3web.ne.jp

コメント:
こんばんは、きりうです。 「紅色」おかげさまでまずまずの売れ行きのようです。 ご購入してくださった方々、ありがとうございました。 本のサイズ、初出の間違いのご指摘など、ご意見も今後の参考にさせていただきます。 ボーナストラックも制作快調!(ということにしておいてください) 山田先生のことでちょっと情報があるのですが、こちらはまだ未決定のため、確定次第またカキコさせていただきます。    ちょっとここは目が痛いです(;;)

砥部粧 - 99/02/21 00:43:12
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
SIVAさん、お久しいらっしゃいませ。>はい、無事届いてます。滋賀美術館の件、有難うございました。なぜ岐阜と滋賀を取り違えるのか、多分歳なんでしょう。>正式名称ですか…。困りましたね。実は、indexはなんとかしなくちゃと、ぼーっと考えてはいるのですが、どうも面倒で。これ以上ホームページ・メイドの知識を仕入れるのが億劫になってまして。今のままでで充分じゃんと思ってしまって。ま、それはいいんですが、「山田章博作品目録」としといて下さい。リンク張っていただけるのは、嬉しい限りです。差し支えなければ、こちらからもリンクを張らせていただきますので、差し支えあるなら言って下さいね。では。

色見本=darkmagenta

SIVA - 99/02/20 11:23:34
ホームページアドレス:http://www.ann.hi-ho.ne.jp/siva
電子メールアドレス:cha@cefi.or.jp

コメント:
こんにちは、ちょっとお久しぶりです。あのー、砥部さん、メール届いてますでしょうか?送信の時にファーストエイドさんがエラーを検知なさって(絶対アレ、何でもないハズだ・・・)イマイチ送信が疑わしいです。未着でしたらもう1回送ります。あとですね、こちらにリンクを張ろうと思っているんですが、このサイトの正式名称って『作品目録』なんですか?前から尋ねようとずっと思っていたのをやっと質問してみたりして。今日は送信が上手く行くことを祈りつつ。(超私信ッスね、すみません)

砥部粧 - 99/02/20 01:28:30
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp.Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
AGFさん、いらっしゃいませ。>今読んでやっと気付きました。うーん、なんで滋賀と岐阜を間違えるのでしょう。しかも、実は今回が初めてじゃありません。訳の分からん誤解を招く勘違いで、大変お騒がせしました。AGFさんをはじめ、読まれて「あれ?」と思われた方、謹んでお詫び申し上げます。

marinさん、いらっしゃいませ。>決まりましたか発売日。待ち遠しいですね。>PS「マーメノイド」冬出来ませんか。その前にPS持ってませんけど。関連商品とかも出ると嬉しいですね。当分、ゲーム誌から目が離せそうにありません−って、実は今思っただけで、そう言えば最近手に取らない。PSは持ってないので特に。

色見本=deenpink

marin - 99/02/19 16:03:31

コメント:
マーメノイドのデモ版を見た知人が言ってました。 「画面が青い(海の中だもん)から、めちゃ寒ぅー。 冬にリリースしなくてよかったんちゃう?」 プレイするなら、夏がよろしいようですー(爆) 森博嗣さんの「ミステリィ工作室」は、3/18発売です。(森さんのHPで見た!) 山田さんはコラムとイラスト(まどろみ消去バージョン?)をかいてるらしいよん。

AGF - 99/02/19 04:03:06
電子メールアドレス:takehide@pop01.odn.ne.jp

コメント:
砥部粧さん、早速のお返事ありがとうございました。滋賀近代美術館のファンタジー展は、実は私行ってきました。岐阜の現代美術館と書かれておられたので、もしやまた先生の絵を直接見れるのかなと思ってしまったもので、返事ありがとうございました。滋賀のファンタジー展は、加藤洋之、後藤啓介さんの絵を見にいったら、山田先生の絵も展示されていて、凄くうれしかったことを覚えています。(加藤、後藤先生の絵が見れると思って何も調べずに行ったもので)目録がまだ余ってるといいですね。あと、宜しければ皆さん、加藤、後藤先生のホームページも見てください。http://www.bekkoame.ne.jp/~anakuro/です。山田先生以外のこと書いてすいません。では、また。

砥部粧 - 99/02/19 01:18:25
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
wadaさん、はじめまして、4度いらっしゃいませ。>何か不都合があったみたいですが。大丈夫でしょうか?わかるかどうか、あんまり自信ないんですが、何かわかんないことがあれば遠慮なくどうぞ。>ついに、この掲示板でも、不都合なコメントなんかを削除する機能が付いたみたいです。ま、不穏な発言以外はあまりいじらないという方針で行きますので。>そぉですねぇ、みなさん色々情報を持っていらっしゃいます。wadaさんも、marinさんと同じく横浜なんですか?昨年はベイスターズ優勝おめでとうございます。実は私は密かに「たいよう」フアンなのです。>wadaさんも、今回のような細かい情報も大歓迎ですので、ちょこちょこ気が付いたことをコメントいただけると大変嬉しいです。或る程度は自力で見つけてますが、やっぱりひとりよりは大勢の方が精度も上がると言うものです。

色見本=darkred

marinさんのおっしゃている横浜の本屋さんは栄松堂と いう本屋だと思います。しかし、皆さんどこからこんな に情報を手に入れるのでしょう。頼りにしています『ada - 99/02/17 21:41:12

コメント:
だめだ。また出直します。

wada - 99/02/17 21:40:18

コメント:
§?8

wada - 99/02/17 21:34:37

コメント:
ごめんなさい。下の書き込み変になってしまいました

wada - 99/02/17 21:20:26

コメント:
?`(?????A?h???X

砥部粧 - 99/02/16 00:25:30
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、いらっしゃいませ。>え?平成12年…。太っ腹な出版社さんだったんですね。そうかぁ、扉の告知、書き直しときます。>「まぁ〜んがのもりもぉり〜」という天地無用キャラのCMを思い出しました。私はいまだに店頭に「紅色〜」を発見した事がありません。>高原書店ですね。アドレスの打ち込みは全然問題ありません。通販は便利ですよ。3年前には紀伊国屋の通販でも新品で先生の作品が沢山入手できたんですが。行ってみます、早速。>「MAまぼろし」の広告。そう言えばホームページ以外でお目にかかった事がないですね。1/29号ですか…ちょっと今からでは無理そうですが、多分ずっと載ってませんかね。今度立読みしてみます。>色々情報を有難うございます。

AGFさん、いらっしゃいませ。>西崎まりの、男性なんですか。ちょっと残念。あの完成で女性だったらすごいなぁと思ったんですが、男性ならまぁうなづけると言うか。>岐阜県ですね。岐阜といえば現代美術館、「ファンタジー展」ですが。今度電話して、まだカタログあるのか聞こうと思っています。

アシヤさん、いらっしゃいませ。>今は亡き大陸書房ですか。時々ごそっと固まってますから、是非見つけてみます。>アシヤさんって東京ですが?与野駅ってどこでしょう。こういう情報を、是非、「あなたの町の古本屋さんに書き込んで欲しいんです!!宜しくお願いしまぁす。> 「すうべにいる」、もう1冊買っといても良かったんじゃないでしょうか。急げ!与野駅前!

色見本= chocolate

アシヤ - 99/02/15 11:41:51

コメント:
こんにちは。>>だいぶ前のカキコのレスになっちゃいましたが、「夢幻界〜」の版元違いは大陸書房から出てました。確認が遅れてスミマセン。・・・「琥珀〜」のほうが大きいタイトルになってまして、夢幻界がサブタイトル扱いになってるみたいです。>>与野駅前のちっちゃい古本屋にて「ふぁんたすてぃか」ゲット。持ってるので買いませんでしたが「すうべにいる」もありました。>>町田駅近辺のまんがの森やアニメイトには「紅色」、山積みになってます。書いといてナンですが こんな情報でお役に立つのかなぁ。(^^;

AGF - 99/02/15 01:16:30
電子メールアドレス:takehide@pop01.odn.ne.jp

コメント:
お久しぶりです.「美熱少女」見つかったようで、良かったですね。そうですね、名前から受けるイメージとはかなり違った内容です。たしか、西崎まりの先生は男性だったように覚えています。確信が持てないんですが・・・。西崎先生に作品はこの5年ほど、商業誌では、見かけなく、少し残念です.同人誌の方で、活動なさっておられるようですが、こちらも詳細は分かりません.分からない事だらけで、返って混乱させてしまうかも知れず、すいません.山田先生の本が多く置いてる本屋がありました。岐阜県ですが、「カルコス」という本屋さんです。紅色は十冊くらい平積みでありますし、カフェ・ドやバンブー、星界3冊があります。岐阜の方は、ぜひ寄ってみてはいかがでしょうか?では、この辺で

初音むつな - 99/02/15 00:27:16
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
ここのところプレゼントの類が異様に多かったので、みんなでうっかりしてましたね(^^)紅色の単行本の表紙テレカの応募締め切りは「平成12年」の2月28日ですよね(^^)あんまり慌てなくてもよさそうです。まあ世の中何がどうなるかわかんないですから、早く送るにこした事はないでしょうけど(^^)<ちなみに初音は紅色を新宿のまんがの森で入手しました。友人も上野のまんがの森で入手との事。さすがまんがの森、どちらも山積みでした(2月10日頃までの状況ですけどね)。<他に情報として、山田センセの単行本を1冊1000円程度で通販してくれる古書店を発見しました。人魚変生とか。高原書店という新宿、町田、横浜に店舗のある古書店です。アドレスはhttp://www.kosho.or.jp/TAKAHARA/。まだよく理解できてませんが、ネットで注文できるみたいです。<書いてからで何ですけど、こういうアドレスって、こういう風に書き込んでしまっていいものなんですか?まずかったら、すいません。消せないんですよね、確か(−−)<トレカの件。なるほど、ネット上でトレードですか!うわあ、世の中進んでるなあ・・・(^^)だいぶカルチャーショックうけました(^^)<ちなみにロードスのトレカ、中古で1枚100円ぐらいって書きましたけど、10枚セットで300円とか、そういう売られ方をしている可能性もあります。<久しぶりに秋葉原に行ったらシングル売りのロードスはあまり見かけなかったので、中古屋での入手はちょっと困難になりつつあるかも。<ところでMAまぼろし劇場関連で、週刊ファミ通(No.528)1月29日号に折り込み広告でカラーイラストが出てるんですけど、どなたかチェックされてましたっけ?友人経由で今日もらったところなので、なんか情報としては少し古いですけど念のため。<では今夜はこのへんで。またそのうちに。

砥部粧 - 99/02/14 23:50:04
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
見つけました。「美熱少女」by西崎まりの。お名前から受けるイメージとは大きく違い、中々ハードな題材で。どちらがどちらかは判りませんが、影響を受けてるんではないでしょうか。西崎先生って、お名前は女性ですけど、ほんとに女性なんでしょうか?絵は、先生が後書を引き受けるくらいですから、なんかファンになっちゃいそぉな、なんとも言えないものです。

色見本= coral

砥部粧 - 99/02/13 00:13:11
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
marinさん、いらっしゃいませ。>それでいいんです。次にmarinさんがその本屋さんに行くと、恐らく先生の本は全部売れちゃってるでしょう。−そんなにこの掲示板見てるヒトがいるんでしょうか?−いますとも。多分…。>うーん、いいじやないですか。初回特典ですよ、2刷からは付かないんですよ。先生の希望−という線もありますし。>「まぼろし」発売日決まってたんですか。なんか「紅色〜」からこっち先生関連のものがわやわやとすごい勢いですね。先生、仕事なさってるんだなぁ−と、久し振りに実感しました。勿論、先生はいままでも日夜お仕事に励んで来られてるわけですが。身体にはなにとぞ気を付けて下さい。

宣伝と言うか、お願いと言うか。扉にある、「あなたの町の古本屋さん」、是非あなたの町の古本屋さんを紹介して下さい−って、そのまんまですね …。或る程度たまってきたらデータベース化して、公開に踏み切るつもりです。今はここでリンクしてるだけということです。気が向いたら是非。

色見本=(これまた見えないと思うけど)crimson

marin - 99/02/12 14:44:28

コメント:
横浜の本屋…名前は覚えてないんだもん。たまにしか行かへんしー。 場所は、横浜駅ビル・シァルの中です。5Fだったかな? けっこう、マニアックなマンガ本があったりするので、横浜近郊の方にはオススメかもー。 ところで。「紅色」のポストカードの先生のサイン、なんで赤いんやろー(泣) ふつーに黒いほうが目立ってええなぁ、思うんやけど…… そうそう。「まぼろし劇場」、3/18に発売ですー。「マーメ」はいつになるんやろう?

砥部粧 - 99/02/11 00:48:16
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
初音むつなさん、いらっしゃいませ。>数々の貴重な情報を有難う御座います。>トレカ、そぉですね。確かに、カード屋で指名買いした方が、BOX買うリスクを負うよりは全然お金もかかりませんよね。こちら香川県ではあまりカード屋がないこともあって、大量買いのあとトレード−という方法を取らざるを得ないという事情もありますが。一応、ネット上でトレード交渉をしてまして、5枚中4枚はゲット出来ました。>ほんとに色々ありがとうございます。

marinさん、お久しいらっしゃいませ。>やりましたね。この掲示板で初のフォントサイズ変更です。おめでとうございます。>そっかぁ、思わずプロフィールのページで確認入れちゃいました。先生、お誕生日、おめでとうございます。これからもご活躍をお祈り致しております。>「横浜の本屋」って…。marinさん、ここまで書いていただいたんですから、もぉ一声、店名もいただければ−と思います。いい本屋さんは宣伝してあげましょう。

色見本=darkgoldenrod

marin - 99/02/10 17:23:39

コメント:
HAPPY BIRTHDAY -!!山田センセー
(ちゃんと表示されるかしら?ドキドキ) 今日は、山田さんの43回目のお誕生日でっすー。
ということで、それを理由にケーキを食べよう!(爆)
そうそう、話題の新刊「紅色」は、横浜の本屋で12・3冊まだ残ってましたよん。
解説が4Pもあって、うれしかったです!

初音むつな - 99/02/10 02:37:56
電子メールアドレス:mutuna@mail5.alpha-net.ne.jp

コメント:
紅色発売の余韻もさめやらぬ今日この頃ですが、新作の情報が入りました(^^)ひとつ目は、カードネタです(;;)2月5日にメディアワークスから出た「電撃キャラクターマガジンvol.2」にラフが公開されています<「央華封神TCG」の新シリーズとして3月20日に発売される「覇王の進撃」の1枚として山田センセが「覇王の怒り」という作品を描かれたようです<ほとんど手に入らない超レアものとか書いてあります(;;)<ちなみにカード付き直筆サイン色紙のプレゼントが(!)4月5日締め切りで、3名に。というわけで、とりあえず初音は2冊買いました(^^)でも無理だな。くじ運悪いし(^^)< さてふたつ目ですが、こっちは小説の挿し絵。新宿少年探偵団の太田忠司さんの新刊でカバー&挿し絵を山田センセが描かれたようです(情報提供は太田忠司さんのホームページで日記を見た友人より)2月26日に小学館より発売予定でタイトルは「Trigger 凶星の歌」作者名は「霞田志朗」の名義になっているようです。<サイズとかいまいち不明なので、情報があったらよろしくおねがいしますね。<砥部さんも、ロードストレカを購入との事。がんばってください。ちなみに私は根性なしなので、すべて中古カード屋で入手しました。<東京ならK−BOOKSとかぽち(あ、ぽちは大阪の日本橋にもありました)ですね。秋葉原あたりのマニアなお店にいけば、わりと何とかなると思います。<ちなみにカオスギアのカードもイエローサブマリンというお店で先日入手しました。その時は1枚500円ぐらい。<ロードスのカードに関してはスペシャルでもないので、探せばたぶん1枚100円はしないで入手可能だと思います。<まーた長いなあ・・ごめんなさい。次こそ短くします(;;)

砥部粧 - 99/02/10 00:34:22
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
中村百々さん、はじめましていらっしゃいませ。>サイン入りですか。いいですね。ずっと大切にして下さいね。>画像ですが、まぁ、堅い事を言うようですが、先生の著作権を侵害したくはありませんので、関係各方面に了承を得てから−などと言って、まだなんにもアクションを起こしていない砥部です。>作品目録の下に関連のリンクが沢山張ってあります。殆どが画像を載せてらっしゃるサイトですので、是非そちらの方を覗いてご覧になって下さい。漫画だけでなく、小説の表紙なんかも載ってます。>では、また何かありましたら寄って下さいね。

色見本=darkkhaki

中村百々 - 99/02/09 23:56:02
電子メールアドレス:nakamura@soundhouse.co.jp

コメント:
私の持っている“人魚変生”には山田章博氏の直筆サインが入っています。 ちょっと自慢♪ ところで何とか画像も載せてね。デジカメを持たない私はデスクトップの壁紙を各種ホームページから取り込んでいるのです。ビンボーは敵だ〜。

砥部粧 - 99/02/09 00:58:27
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
購入しました。「紅色魔術探偵団」。「ボーナス・トラック」も「山田章博大全集」の広告も、この中に入ってたんですね、納得。テレカ・プレゼントが2月末までなので、まだ購入してない方は、是非焦って下さい。>因みに、天下の徳島「南海BOOK’S」さんにも、店頭在庫は見つかりませんでした。目撃情報をお寄せ下さい。まだ見つけられずに泣いてるヒトへ、愛の手を。>あと、いまさらながら、「ロードス島戦記」のトレカを見つけ、BOXで買ったのですが、なんと全150枚中、1枚しかヒットしませんでした…。80枚に1枚と言われるスペシャル・カードは3枚もあったんですが。今度こそトレード小僧にならなければいけなさそうです。

色見本=(このバックで見えるのか不安)dardorange

砥部粧 - 99/02/06 23:50:39
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
アシヤさん、いらっしゃいませ。>みなさん素早いですね。私は念の為、今日いきつけの本屋に行ってみましたが、影も形もありませんでした。明日、早起きして徳島まで電車で行ってきます。>テレカってのはなんですか?くれるんでしょうか?>大全集の話は「紅色〜」の中に載ってるんでしょうか。出所は?

私は今日、岡山に行って参りまして、奉還町のきゃ楽&SORDで、「ぱふ坂田靖子特集号」をゲット。先生の「マネキン」掲載号です。他にも、拾い物の情報がありましたので、近々にアップいたしますので、乞うご期待です。>にしても、ノーマルで書くと、さっぱり見にくいですね、この掲示板。失敗です。すみません。

色見本=goldenrod

アシヤ - 99/02/06 11:07:51

コメント:
こんにちはっ!昨日手に入れてきました。「紅色〜」。>>大全集、ぶったまげました。うっひゃあ〜!嬉しいですけど、ほんとびっくりです。全既刊本をシリーズにして、ということですが未収録のモノは入らないんでしょうか???う〜ん。>>オリジナルテレカ、ポストカードと同じ絵柄じゃないほうが嬉しかったかも。サイズが小さいってのも皆さんと同意見です。>>書き下ろしの表紙と解説はやっぱうれしかった。表紙の梨華はキュートさUPしてますね。小悪魔くんは色気がUP?

砥部粧 - 99/02/06 01:45:39
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
すみません、名前を書き忘れました。

色見本=gold

- 99/02/06 01:42:59
ホームページアドレス:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/4335
電子メールアドレス:chapter@orange.ocn.ne.jp

コメント:
えー、なんか、また、配色に難があるように思います。まぁ、素直に白地にすればいいんですが。楽しく生きましょう。

で、すみません、折角初音さんがいいコメントを書いて下さった直後にページを変えてしまって。決して嫌がらせではありません。1ページが1kb越えると新しいページ移るようにしてるので。是非、3ページ目も、覗いてない方は覗いてみて下さい。ちょっと盛り上がってますので。

色見本=firebrick

私のホームページへ | Hollywoodのページへ | メイン | 今すぐ登録