J-Pop Chronicle

明治維新 (1868年) から大正〜昭和〜平成と100年以上にわたるJ-Pop (歌謡曲) の歴史を探ろう、というのがテーマです。
昔懐かしいヒット曲を年代別 (発売年月/流行年代順) に集めて、データベース化しました。勝手なコメントもついています。

Home > J-Pop Chronicle > 1868-1872 (明治01-05) 年

Google WWW検索 サイト内検索
流行年月 曲名 歌手・アーティスト ひとこと
1867. ええじゃないか メロディが今日まで伝わっておらず、どのような曲であったか不明といういわくつきの流行り唄。慶応3年8月中旬、尾張・三河・遠江の三国に伊勢神宮の御札が降ったと言う流言をきっかけに巻き起こった狂乱の嵐。三味線・太鼓・笛などで囃し立て、女装の男性や男装の女性などが踊り狂い、「ええじゃないか」は翌年の春まで続いたという。また、関西で「ええじゃないか ええじゃないか」を繰り返すテレビCMが流れていたことがあったが、これは新たに節を作り直したもの。ちなみに、GSバンドのモップスは「いいじゃないか いいじゃないか」という歌詞に乗せて阿波踊りとハードロックを融合させた「御意見無用」(1971年) を発表している。
1868. 野毛の山
(さいさい節、ノーエ節)
幕末から流行、横浜の野毛山にできた異人館の風俗を唄にしたもの。大正6-7年頃まで、歌詞を替えて何度も流行した。
1868. 宮さん宮さん
(トンヤレ節)
1868年3月、徳川幕府討伐の軍勢が錦の御旗を立てて進撃する際に道々で歌っていたものとされている。明治の新しい流行歌の第1号とも、近代軍歌の第1号ともいわれているが、本当に行進しながら歌っていたかは不明。なぜなら、当時の日本の兵隊は西洋の兵隊のような音楽に合わせて規則正しく歩く訓練を受けていなかったと考えられているからだ。作詞は討伐軍の長州藩士・品川弥二郎、作曲は同じく大村益次郎と伝えられているが、贔屓の芸者に教えてもらったなど諸説あり、はっきりしない。果ては、イギリスからの逆輸入ではないかという説もある。というのも、アーサー・サリバンのオペレッタ『ミカド』 (1885年) にこの曲が登場するからだ。簡単に整理しておくと、作曲が大村益次郎である確固たる証拠は発見されていない。誰が作曲をしたかについては、 (1) 大村益次郎、 (2) 品川弥二郎と懇意にしていた祇園の芸者・君夫、 (3) 弥二郎が宿泊していた京都の田中文求堂の田中ふきが三味線で節をつけた、 (4) 江戸時代に流行した猥雑唄「トンヤレ節」の歌詞を変えたもの、などがある。
1869. 大津絵節 江戸は元禄の頃、近江 (現在の滋賀県) 大津に住んでいた浮世絵師又平が土産を売るために描いた絵が「大津絵」とされる。江戸時代だけでなく、明治時代になっても愛唱されており、現在では端唄の代表曲となっている。
1869. ギッチョンチョン 文政-天保 (1818-1843) 辺りに流行した「ピヤポン節」が変化したもので、囃子詞が「ギッチョンチョン」になったものだと言われている。
1869. 猫じゃ猫じゃ 幕末から明治初年にかけて流行し、座敷唄としてよく唄われた。
1870. よさこい節 高知県高知市に残るお座敷唄。もとは鹿児島県で8月の夜、相手を思う「恋唄」として唄われていたもので、「よさこい」とは「夜さ来い」という意味がある。これが高知県に伝播すると、1855年の竹林寺での僧・純信と上女中・お馬とのスキャンダルで「坊さんかんざい買う-」という歌詞で有名になった。
1871. ざんぎり頭 「ざんぎり頭を叩いてみれば 文明開化の音がする」で有名な曲。
1872. 流行節
(チョックラチョイト節、チョイト節、紫節)
「さのさ節」の変調。「チョックラチョイト節」という別名は、囃子詞から来ている。

Google WWW検索 サイト内検索

Years Navi