Interview L'Oreal

18歳から30歳までの世代を体現できるのを買われて、パリのロレアル社に選ばれたヴィルジニー・ルドワイヤンはロレアル社のフェイス・ケア商品プレニチュード:イドラトニックのイメージ・キャラクターとして近くテレビに登場する。

若い女性の肌のために特別に作られたイドラトニックは、その瑞々しいテクスチャーとフレッシュな香りでヴィルジニーにピッタリだ。

ロレアルの一番ホットで、活動的なイメージ・キャラクターとの出会い。

この製品、イドラトニックへの第一印象は?

私の第一印象はもう去年の5月の時だもの!今は発売中だけど、私が初めて使ってみたのは、ビアリッツの自分の家でのことで、テスト出来るようにプレニチュードのスタッフに予め送ってもらっていたのね。すりガラスの小瓶に入っていたんじゃなくて、無地の瓶に入っていて、商品名も知らなかったのね。名前も考えてみてくれないって言われて、いくつか考えたんだけど、私のアイデアは採用されなかったのよ!でも、正直言って嬉しい驚きだった。家にはいつもプレニチュードはあったのだけど、私と同年代の人には合わないと思っていたから。調合がすごく柔らかくて、付け心地が良いし、ギトギトしてなくて、シットリした感じね。全部、私向きかな。

1世代を代表するイメージ・キャラクターになるのはどんな意味を持っていますか?

私は23歳。同世代の女性は、そこそこお金を出せば、最高級の化粧品を買えると思うの。何十年も待つことなんか全くないんじゃない?私はみんなと同じようにスーパーで買い物するし、25歳の女の人なら、そこそこの値段で、いいクリームでも口紅でも買えると思うのね。ロレアルの売り方は、かなり度胸があると思うわ、だって若い人に、「これは若い人向けの商品ですよ」って言ったら、欲しがらなくなっちゃうでしょ。だから若い肌用に昼間つけれるクリームを作って私たちの期待に応える必要があったのよ。みんなが私に同感してくれれば本当にいいなと思っているのね。

若い人たちはどんなイメージを持っていると思いますか?

フランスでは、むしろ政治的な内容の映画で、現代的な問題を抱えた、今の若い女性を私は演じています。だから、とても親しみやすい、地に足を付けて現在の若者の問題や気持ちを反映する人物のイメージだと思います。

どんな点で、イドラトニックは、若い人たちのための商品だと思いますか?

私たちの期待に良く応えていると思う。私は皺が話題になるような商品は使いたくないし、私はある種の「コスメチック文化」を持った世代に属してるわ、特に女性向けメディアのお陰で、ここ数年来、若い時から良い習慣を付けるように言われてるもの:肌に水分を与えて、夜は必ず化粧を落とすとか、もろもろね。でもこれまで、本当に自分にぴったりあうものがなかったの。若いからって、必ずしも脂性で、吹き出物とニキビがあるって言うことにはならないでしょ。皺の話も聞きたくないし、油っぽいとか濃いクリームもいや。反対に肌がしっとりして、きれいな商品がいいわ、匂いも良くて、やる気が起きるようなやつ!イドラトニックはこの定義にぴったり当てはまるわね。

自分がロレアルに選ばれたのはなぜだと思いますか?

私がフランスの女優で、コマーシャルをやるのは初めてで、広告の契約で食べているモデルとは少し違った次元になるからかしら、何かフレッシュな感じがあるんでしょうね!ロレアルは世界的な企業だから、海外でも少しは知られている若いフランスの女優を探していたのだと思います。私は、ジェームス・アイボリーやレオナルド・ディキャプリオとも仕事をしたから、アメリカでもアジアでも、顔は知られていると思うわ

「私にはその価値があるから。」と言うスローガンをどう思いますか?

これは、私には結構ショックだったわ。みんな覚えていると思うけどね。今では、ブランドを超えてしまって、社会現象になってしまったわね。尊敬に値するわよ!アメリカでは" Because I'm worth it "でしょう。もう15年も続いていて、これを聞いたら皆、ロレアルだなって分かるもの。その意味を少しは考えてみたの:自分を気遣って、私たち一人一人が、大切な人間で、最高の物を持っていいってことよね。これに反対を唱える人はいないんじゃない?有名人が"I'm worth it." って言うのだから、世界中の女性が意識するものね。これは役得よね!

女優にとって、過ぎ去って行く時間は、残酷なものですか?

女優にとって、大変なのは、絶対若さを失わないってことじゃなくて、年の取り方を知るほうだと思うの。どんな女優さんに似たいか?って聞かれたら、私はいつも、アンナ・カリーナ、シモーヌ・シニョレ、イザベル・ユペール、アン・バンクロフト、キャサリン・ヘップバーンって答えるのね。若い時にデビューして、どんどんうまくなって、成長して知的に勇気を持って年を取った女優たちよね、時の重みを顔に刻むのを厭わなかったの。私から見たら、彼女たちは成熟して、最高の役柄と出会えたんじゃないかと思う。私は時間が経つのは怖くない、平常心よ。

ヴィルジニー・ルドワイヤン、どうも有難う…★

日本ロレアル・サイトのヴィルジニーのページはこちら。

>index